スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

購入履歴(11月中盤 Ver.2015)

2015年11月の

ガガガ文庫&富士見ファンタジア文庫&一迅社文庫

の新刊

※ 画像は21日昼ゴロまでに追加します

<ガガガ文庫>

とある飛空士への誓約 9
妹さえいればいい。 3


toaruhikuusiseiyaku9.jpgimoutosaeirebaii3.jpg

とある飛空士への誓約の9巻

最終巻!

って事でついに彼ら7人の物語が完結します
さて・・・ハッピーエンドで終わるのか・・・気になるところです。

妹さえいればいい。の3巻

なんか2巻でアニメ化の光と影というか・・・闇を垣間見たわけですが
最終的にそれが・・・主人公のライバルにヒロインがフラグを立てる切欠になり
ラストで気になる発言があって・・・・今回・・・これどうなるんだろうか

<富士見ファンタジア文庫>

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 13 大学生編
ロクでなし魔術講師と禁忌教典 5
ゲーマーズ! 3 星ノ守千秋と初恋ニューゲーム
ケイサル;ブレイズ 2 剣姫統べる生徒会
英雄都市のバカども 〜王女と封鎖された英雄都市〜


omaotaoreria13.jpgrokudenasimazyutukousi5.jpggamers3.jpg
keisarubureizu2.jpgeiyuutosibakadomo.jpg

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!の13巻

主人公がリア充じゃないって?んなわきゃねーなこの作品
作中で高校から大学に移ってなお続くって・・・珍しい感じ
さて・・・今回はどんな事に・・・ってかこんな色々ある時点で
少なくとも人生はエンジョイできてるよね

ロクでなし魔術講師と禁忌教典の5巻

今回は定番のヒロインの婚約者と対峙するって話しみたい
でも主人公的にはまだまだヒロインは教え子なわけで・・・どうなる?

ゲーマーズ!の3巻

↓あらすじから抜粋

伝説のエロゲー》を探求する第三十七代生徒会長コノハ。
生徒会室に眠る秘宝を求め、このエロゲーマニアが所属する楽園の名は
——私立碧陽学園生徒会という。

ん!?

ケイサル;ブレイズの2巻

メインヒロインっぽいヒロインが実は敵だったという1巻
一応、その問題はどうにかなったわけだけど・・・この二人の関係が今後どうなるか気になる
今回は女子校と関わるみたいだし・・・フラグ立つんだろうか

新刊は

英雄都市のバカども 〜王女と封鎖された英雄都市〜

とりあえず”バカども”ってタイトルの一部に惹かれて購入
どんなのかな?

<一迅社文庫>

双剣使いの封呪結界

soukenhuzyukekkai.jpg

一迅社文庫の新刊
好きなコンビさんの作品なので購入。
どんな感じかな?

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

購入履歴(11月序盤 Ver.2015)

2015年11月の

電撃文庫

の新刊

<電撃文庫>

新約 とある魔術の禁書目録 14
魔法科高校の劣等生 18 師族会議編 〈中〉
ストライク・ザ・ブラッド 14 黄金の日々
GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン ガールズトーク 祭と夢
安達としまむら 5
ガーリー・エアフォース Ⅳ
マンガの神様 3
迫害不屈の聖剣錬師(ブレイドメイカー)


sinyakutoaru14.jpgmahouka18.jpgstbr14.jpg
kyouhoragt2.jpgadasima5.jpggirlyairforce4.jpg
mangagod3.jpghakugaihukutu.jpg

新約 とある魔術の禁書目録の14巻

主人公のライバルキャラっぽいのが登場する話かな?
というか・・・うん・・・あれだ・・・

今更ですか!?

どうなるんだ・・・これは・・・

魔法科高校の劣等生の18巻

主人公と妹の婚約発表で色々とあったけど
親しい友人達との関係は元に戻りつつあり
でもこの関係には色々と横槍が・・・って感じで・・・さてどうなる?
ぶっちゃけテロよりも人間関係方面が気になってしょうがない

ストライク・ザ・ブラッドの14巻

色々と不憫だったヒロインさんがついにメインに入ってきて
さて・・・どうなるの?って感じでしょうか・・・
そしてメインヒロインに訪れるらしい異変・・・どうなるんだコレ

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン ガールズトークの2巻

今回は正純の過去話・・・さてどんなのになってるんだろうか・・・
斜め上にぶっとんでもきっと驚かない・・・それともシリアス?

安達としまむらの5巻

主人公とヒロインがなんかもう色々とヤバイ方向に行きつつ
その友人二人ももうヤバイ領域にいたりして
さらに主人公の昔の女がヒロインとニアミスをし始めて・・・

どうなんのこれ!?

だって主人公も女の子っすよ!?

ガーリー・エアフォースの4巻

今度はロシア機・・・段々知識増えてるな・・・
こういう知識収集結構好き

マンガの神様の3巻

主人公のノリが面白い感じのこのシリーズ
ただ女の子方面はまだまだ・・・今回はまたヒロイン増えるんだろうか?

新作は

迫害不屈の聖剣錬師(ブレイドメイカー)

さて、どんなのかな?

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

落第騎士の英雄譚 8

あらすじ

無数の剣で磔にされた珠雫と、その前で哄笑する天音―
一輝の対戦相手を決める準々決勝の戦いは、開始前の惨劇で幕を閉じた。

そして迎えた七星剣武祭準決勝戦。

“紅蓮の皇女”と“風の剣帝”、二人のAランク騎士は、
かつてない規模で会場全体を蹂躙しつくす、埒外の戦いを繰り広げる。

さらにもう一つの準決勝、“無冠の剣王”と“凶運”の戦いは―

「僕、―この試合を棄権しようと思うんです」

天音の思わぬ発言で波乱の幕開けとなった!

どこまでも翻弄してくる天音に、揺るがぬ覚悟で対峙する一輝。
最愛の恋人と約束した、決勝の舞台に向けて突き進む第八弾!

感想

落第騎士の英雄譚の8巻

七星剣武祭、準決勝・・・決着!

というわけでついに今回の話でベスト4が決定し・・・そして決勝進出者も決定します
でもそのまえに準々決勝・・・主人公である一輝の妹である珠雫の戦い・・・と
思われたら前回のラスト・・・控え室で血まみれの珠雫
その前に立つ天音の姿・・・って状態だったわけなんだけど・・・

珠雫の作戦、あっさり破綻

ってのが真相だったみたいで・・・天音の能力が

運命すら捻じ曲げる幸運

というもので彼が望んだ結果に運命が導かれるってものだったわけなんだけど

天音が準々決勝の勝利を望んでる

なら負け前提で反則で事前に襲って無力化しよう


って理由でアリスの協力を得て襲ったんだけどあっさり失敗
というか魔力の制御ミスとかありとあらゆるミスが重なり
そして天音の適当な攻撃がことごとくヒットするという

え?なにこれ・・・無敵じゃね?

っていう天音の能力・・・勝つ負けではなく

一輝と対峙したい

って願いの邪魔になるなら実力差とかルールすら捻じ曲げて
彼の望む結果に落ち着かせるとか・・・ちょっと洒落になってない能力

この後、珠雫は失格になったんだけど、放送で一輝への・・・
実の兄への恋慕の情を天音に暴露されて・・・いろいろと可哀想でした
でも・・・うん・・・あれだ・・・読者からしたら

うん、知ってた・・・ってか同じ学園の人ならみんな知ってね?

って感じでしたけどね・・・というか恥ずかしいんだ・・・流石に・・・
それを暴露されるの・・・まぁその暴露に関しても

壁をぶち破って救助にきたステラ

によって中断させられたんですけどね・・・さすがメインヒロイン

すげー男前だぜ!・・・ん?

そして普通に珠雫の気持ちに気づいていた一輝・・・
なんで本当に大切な人達にはあんまり意味ない嫌がらせでしたね。

そんな感じで・・・ついにベスト4が決定して・・・
ついに準決勝・・・それぞれについて短くコメントを・・・

・準決勝 第一試合 ステラ VS 王馬

王馬・・・昭和の○○の星か!?

ステラ・・・火力王女から物理王女に進化


とりあえずこれですね・・・ええ・・・
王馬は人間離れした耐久力について伏線が張られていた訳なんですが
今回明かされた事実は・・・

風の能力で常に体を圧迫していた

というもので・・・かつて『解放軍』のリーダーにやられた後
次は負けないようにと・・・普通に訓練したのでは無理だと思ったので
風の能力で自らに負荷をかける事でなんとかしようと・・・つまり

伐刀者養成ギブ

を自作して身に着けて・・・そんな状況で肉体のほうがそれに適応
進化した結果が人間離れした肉体・・・って事だったみたい

なんで黒鉄の男ってみんなこうなの!?

まさにこの一言に尽きますね・・・彼が力を求めるのも

一番になりたい

という子供のころの想いを突き詰めたためであり・・・
それが才能があり愛したこの戦いの世界であり
一度は破れ・・・でもそれでも目指した結果がここにある・・・という
なんというか・・・一輝の兄貴なんだなぁ・・・って人でしたねやっぱり
男というか・・・珠雫も似たようなものなんで・・・黒鉄の血・・・なんですかね・・・

そしてステラを強敵と・・・本気を出すに値する相手としてついに風の拘束を解き
フルパワーになった王馬だったわけなんですけど・・・

よかったな・・・蹂躙されたいって言葉・・・叶ったぜ!

というわけで・・・前に一輝に言っていた言葉がまさにフラグだったのか・・・

本当の力に目覚めたステラにぶっ飛ばされる

という結果になってしまったわけなんですが・・・これはこれで満足だったのかも。
ただ最後まで諦めず・・・そして最後まで立ったまま敗北した姿は
やっぱり・・・一輝の兄貴でしたけどね

あ、ちなみにステラの覚醒は

実は『炎使い』じゃなくて『ドラゴン』だった

という彼女の勘違いによるもの・・・炎の力が最初に芽生えたから
ずっと炎使いだと自分でも思っていて・・・それでも世界有数の実力だったけど
寧音との修行で最後に自分の本当の力に気づき・・・

竜神憑依(ドラゴンスプリット)

概念干渉系の能力であり『ドラゴン』を体現する力こそが真の力であり
流石の進化した肉体を持つ王馬でも・・・・『ドラゴン』は無茶だったみたい

殴っただけで骨まで燃やされるとか・・・もはやどうすんだよこれ・・・って感じ
ぶっちゃけ覚醒後は・・・ほとんど相手になってなかった感じでした

このヒロイン・・・もはや怪獣である!

それでいいのか・・・メインヒロイン・・・それにしても・・・
生真面目すぎて考えすぎたり、
一輝に負けたりしたせいで自信を失ってたけど
寧音曰く、生まれつきの強者なんだから自信さえ持ってれば
才能がそれに応えて力を与えてくれるという・・・まさに

純正の天才

なんですね・・・このヒロイン・・・才能の欠落を別の才能で補って
ちょっと人間の範疇を超えつつある主人公とは対極の
最初から最後まで強い・・・という・・・ある意味で正反対の立ち位置の二人

だからこそ惹かれあうってのもあるんだろうか・・・どうなんだろう

・準決勝 第二試合 一輝 VS 天音

こっちの試合は・・・

天音の心を救うための戦い

って感じでしたね・・・天音は自分の運のよさ・・・能力を
これでもかと今までの試合の不戦敗っぷりで見せ付けておいて
自分は棄権・・・一輝を応援するって言葉によって
一輝がたとえ優勝してもそれは彼の努力のせいではない・・・と
周りに思わせようとしたくらい一輝を憎んでいたんだけどそれは

彼がその能力ゆえに努力を一切認められない人間だったから

努力してテストでいい点数を取っても、努力して運動で活躍しても
命がけで人助けをしても・・・周りは彼の能力によるもの
人助けで表彰された一件については自作自演では?とまで疑われ
唯一、認めてくれていた母親を試すために能力を切ったら
母親の仕事がうまくいかなくなり・・・

どうして私を愛してくれないの?

と・・・母親の愛すら能力目当てであり・・・その不信感で母親の
幸運を望めなくなり・・・虐待されるようになって・・・
そして助けに来た父親がトドメの一言・・・

今度は自分を愛してくれ

そんな天音にとってどん底から努力で這い上がり
みなに認められてる一輝はにくい存在であり・・・だからこそ
それを台無しにしようとしたみたいだけど
事前に彼の事情を知った一輝から逆に挑発され試合は続行に・・・
そして・・・

達人は失敗を苦にしない

えっと・・・一輝くん?そりゃねーよ・・・

何度も天音の能力でちょっとしたミスを起こし、天音の攻撃は
適当なのにことごとく苦手な位置から襲ってくる・・・
それでもなおミスを挽回する技術で挽回し最善の行動で攻撃を防ぎ・・・
と・・・失敗しても瞬時に立て直す事で天音の能力に対抗して
技術そのものは隔絶した差があるので負けない・・・という

それで抵抗できちゃうんだ!?

って感じでした・・・というか努力の結晶で努力を認められない相手に
これでもかと見せ付けるという・・・かなりキッツイ事をしてますよね・・・
天音もイラついてきて最後の手段・・・

一輝の死を望む

って形で能力を使ったんだけど・・・

心臓くらい自分で動かせる!

というエーデルワイスの剣術の応用による肉体操作で
心臓を手動で動かす事で急な心停止にすら対応して
油断した天音に一撃・・・で試合終了

なんか変な方向に人間離れしていく主人公だな

そしてここからが本番で・・・天音

一輝にだけは負けたくない

という・・・努力する事も期待する事も全てを諦めた彼が
それでもなお・・・やりたいと思った事のために能力を暴走させ
触れれば死ぬ・・・そんな危険な能力を暴走させたわけなんですが
それでもなお天音自身の意思で剣を持って挑んだけど一輝には届かず・・・

勝ちたかった・・・悔しい

そう思ったその気持ちを・・・誰であろう一輝に認められて・・・

その悔しさがあるなら、天音はまだ諦めていない

かつて一輝が曽祖父である龍馬に言われた言葉を今度は彼が・・・
かつての・・・龍馬に出会う前の全てを諦めていた一輝に似た天音に伝えた

この流れは・・・とてもいい感じでした。
天音も・・・悔しさと・・・そして自分を倒した一輝への憧憬を胸に倒れて完全決着

この後の天音は憑き物が落ちた感じで・・・今度は一輝に勝つことを目標に
前向きに頑張っていけるといいかな?

ただこの攻防で天音の攻撃が掠っていたみたいで一輝は死亡
やばい・・・ってなったけど帰還したキリコの処置で無事蘇生

天音は一回戦で戦うはずだったキリコの医療技術の前にすら
その能力は敗北した・・・って事で逆にすっきりしてましたけどね・・・

方や対戦相手を圧倒したヒロイン
方や対戦相手を圧倒しつつも死に掛けた主人公


試合後の状況も毎回違う感じがありますね・・・まぁステラは・・・
折れた腕を溶接しちゃったりするんですけどね・・・

そしてラストは・・・目を冷ましたときには決勝の予定時間がとっくに過ぎて
それでもなお会場に駆けつけ、悔しさを露にした一輝の前に
その悔しさを聞き届けた上でステラ一輝の対戦こそを望む大勢の仲間や観客がいて
特別に・・・決勝戦は延期になった事が告げられいよいよ次だ・・・ってことで終了

約束されていたステラ一輝の戦い・・・お互いの事情があるとはいえ
手加減するような二人じゃないし・・・さて・・・どんな戦いが待ってるのか次が楽しみです。

天音の人生を一輝に教えた『暁学園』側の人間であるはずの月影総理だったり
彼の能力で天音の過去を知り彼を救うために一輝に教えたぽかったり
色々と・・・裏で動いていた事にも理由がありそうで・・・今後の展開が気になるところ

ここらへんの真相についても次が楽しみですね。

最後に一文。

一輝のセリフ

このセリフをかつて送られた一輝が誰かに伝えた・・・
だからこそ大きな意味があるって感じだったのでコレで

次点はキリコのセリフだったりしたんですけどやっぱりコレで

「その悔しさを捨てちゃだめだ。

 それは天音くんが自分を諦めていない証だから」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)8 (GA文庫) 落第騎士の英雄譚
(キャバルリィ)8
(GA文庫)

(2015/10/14)
海空 りく

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

カレンダー(月別)
08 ≪│2016/09│≫ 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。