スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロコネクト ヒトランダム

あらすじ

文研部に所属する五人、
八重樫太一・永瀬伊織・稲葉姫子・桐山唯・青木義文は、奇妙な現象に直面していた。

前触れなく起こった青木と唯の“人格入れ替わり”。
それは次々と部員全員に襲いかかり、彼らを異常な日常に放り込む。
戸惑いつつもどこかその状況を楽しむ太一たちだったが、
心の連鎖は彼らの秘めた心の傷をも浮かび上がらせ・・・。

平穏が崩れたその時、五人の関係は形を変える!
第11回えんため大賞特別賞受賞作品、愛と青春の五角形コメディ!!

感想

このブログにコメントをくれた方に薦めてもらった本。
ファミ通文庫、初の感想。

イラストは『扉の外』『ツァラトゥストラへの階段』白身魚さん
ちょっとした噂がある人だが・・・一番前の娘、どっかで見た気が (* ̄▽ ̄)ニヤリ

設定としてはわりと聞く魂が入れ替わってしまう話。
ただしぶつかったとかではなく5人がアトランダムに入れ替わったり戻ったりを繰り返す。

複雑だ・・・でも面白い!

そして主人公(?)である太一の無自覚、鈍感さが半端ない。

ってかモテモテだな、この野郎・・・

同じ部活に所属する5人が謎の存在『ふうせんかずら』によって人格の入れ替わりをされ、
その中でお互いが持っている”悩み”を少しずつ解決していく感じ。

それぞれが持っている”悩み”は本人からしたらとても深いもので、
これからの生き方にも大きな影響を与えてしまいかねないようなもの。

でも他人からみたら気にすることでもないような事でもある。
世界の危機とか残酷な過去とかそういうのではなく、誰にでもあるかもしれない”悩み”
それを人格の入れ替えを通してメンバーが一人ずつ乗り越えていく感じ。

まぁ大体は太一が持ち前の自己犠牲精神で関わっていって
女性メンバーの好感度を上げてる感じがする。

太一以外の唯一の男性メンバーである青木は実はメンバーの中で一番安定してるし・・・
太一伊織に告白して受け入れられたけど、残りの2人の気持ちはちょっと気になる。
どちらも好意を抱いている事は間違いないだろうし・・・
の場合は青木との関係も気になるが。

こういう人と人との繋がりが描かれている作品は好きなので読んでよかった。
個人としては稲葉が好き。
太一稲葉の悩みを話させるためにとった方法はある意味で勇者。
同級生の異性にアレを言うなんて・・・凄ぇとしか言えない。

を立ち直らせる為のショック療法もそうだが本当に自己犠牲野郎だな・・・太一は。
あの(金的の)痛みは女性には絶対わからない痛みだろうなぁ・・・

『ふうせんかずら』についての謎とかまだ残っているけどこれは読みきりなのかな?
続くとしても別のメンバーになるのか、
それとも『ふうせんかずら』の別れ際のセリフで

『では、また』

というのがあったのでまたこのメンバーでなにかに巻き込まれるのか・・・
続きがでるようならチェックしていようかと。
ついでにこの作品がデビュー作らしいこの作者さんもチェックだな。

ちょっとした難点としてはたまに誰が誰だかわからなくなるところかな。
本文中で入れ替え時は名前【外見】って感じで書かれているんだけど
たまに間違えて疑問に思ったりした。
考えてみると文章のみの人格入れ替わりってかなり難しい気がする。

最後の一文の前に、薦めてくれた ひふみむぅ さん ありがとうございました。
面白くてお気に入りの1冊になりそうです。

最後に一文。

読んでいて一番インパクトがあった太一のセリフ
稲葉の悩みを解消させるために彼女の悩みを仲間達に話すべきだという太一
渋る稲葉太一が取った方法は、人に知られたらまずいと思う事を
まずは自分が稲葉に話すことだった。
それが・・・コレ

「俺は稲葉を───オカズにしたことがある」 ΣΣ(゚Д゚;)アンタ、勇者だ

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)ココロコネクト ヒトランダム
(ファミ通文庫)
(2010/01/30)
庵田定夏

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

庵田定夏「ココロコネクト ヒトランダム」

 文章が下手で、表現力の乏しい小説っていうのは、やはり面白くないのである。  小説書けないなら、脚本家になればと思うライトノベル作家が多数。脚本家は脚本家なりに重要な ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

kenkenMk2さん
私が紹介した本を読んでもらえただけでなく、
感想までうpしてもらってありがとうございます。

kenkenMk2さんなら稲葉んを嫁に選ぶと信じてましたw
というよりも(あのセリフ)を聞いたら世の中の男性の、
9割は落ちちゃいますね^^(太一は残りの1割)

今回ふうせんかずらのことは丸投げでしたが、
このことを書くとなると某ラノベのような立方体になってしまうか、
主要人物を減らすかしないといけなくなりそうなので、
このくらいがラノベとしてはちょうどいいんだと思いました。

またこのメンバーでの続編は難しいでしょうが出てほしいですね^^
新作を出すとしても庵田先生&白身魚先生のコンビでの続投だと最高ですよね?

P.S.稲葉んは貰っていきます^^

Re: No title

コメントどうもです。

>>(あのセリフ)を聞いたら世の中の男性の~

うん。わかる。あれはちょっと反則だった。
最後の一文はどっちにするか迷った。

>> P.S.稲葉んは貰っていきます^^

きっと中身は青木ですよ。ww

No title

すごく良かったです

助かりました!!

Re: No title

コメントありがとうございます。

お役にたてたならよかったです。

No title

大好きーーーーーーーーーーーーーーーー!

Re: No title

コメントありがとうございます

> 大好きーーーーーーーーーーーーーーーー!

えっと・・・?
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。