スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(アニメ感想)神様のメモ帳 第12話

kamimemotitle.jpg

最終話「君と僕と彼女のこと」

電撃文庫原作のライトノベル『神様のメモ帳』の12話の感想
最終回です・・・

さて・・・ではいってみましょー

kamimemo12-1.jpg

「アリスッ!」

「いいから帰れ!」

「あれ?」

「視覚の鋭敏化、AFの常用者にその特徴が現れる
 ・・・そうなんだねナルミ?」


「僕が飲む!」

「覚悟はあるのかい?
 生者の声を聞くために自分が死者になる覚悟が!」


「他に道がないのならこの道を進むしかないだろう、
 それがたったひとつのさえたやりかたなら」


「もう・・・うるさいな!!」

「天使を・・・見つけたよ・・・」


「かならずアジトを突き止めるんだ・・・ナルミの為にも」

墓見坂からの電話を受けて、急いでアリスの元へ行くナルミ
探偵事務所にはすでにニート探偵団が揃っていて・・・って所から始まる今回

彩夏が飛び降りる前にトシに会っていた事は確定し、
そして携帯のGPSから場所を割り出したら・・・

四代目のなわばりの店・・・

四代目は携帯を持っていた下っ端から情報を聞き出すために・・・
ナルミは下っ端が持っていたAFを少佐と共にアリスの元へ・・・

まぁ・・・高校生に・・・そのあとの”尋問”は見せられないわな・・・
一応・・・『組』ですからね・・・こういうのも普通に使うよね・・・

でもナルミはもう四代目の義兄弟なんだけどね・・・

十分すぎるほど関係者だよ!高校生・・・

ナルミはAFを事務所に持っていく過程でその入っている袋に違和感を感じ、
そしてAF服用者の『天使の翼が見える・・・』という言葉からその意味に気づき
透明な袋に透明なインクで描かれた翼の絵に気づく・・・

目がいいとかそういうレベルの問題なのかな・・・これ・・・
まぁデータがわかっているだけで元高校球児のストレートをカットし続けたあげく
決め球であるフォークボールにジャストミートさせた前科があるから
ナルミの目の良さは折紙付きなわけですけどね・・・

ナルミは捜査には自分が役に立たないとわかっていたから自らAFを服用することで
見ることができると思われるAFの売人の証である『光の翼』を探すことに・・・

彼の覚悟を見たアリスはそれを了承し・・・ナルミはAFを服用する事に。
それが”たったひとつのさえたやり方”なら・・と

その前に彩夏のお見舞いに行く・・・
このお見舞いのシーンはなじめていなかったナルミが彩夏のおかげで
クラスになじめるようになったって事が分かるシーンでもあってよかった・・・

そして・・・

アニメで・・・主人公が・・・覚せい剤を!!!??

いいのかな・・・これ・・・本ならともかくアニメって・・・
捜査の為って理由があっても・・・色々と問題にならなきゃいいんだけど・・・

ナルミはかなり思考がアレな状況になり、さらに天使の姿の彩夏の幻覚まで見え出したけど
無事に売人の下まで辿り着き・・・ヒロがその売人の尾行を開始

ナルミは彩夏の幻覚を見て騒ぎ続けたけどテツが回収して前半終了・・・

やっぱり斬新だよね・・・主人公がラリッてるんだぜ・・・このアニメ・・・
原作だと1巻でヒロインの1人が飛び降りた挙句、主人公もこうなったという怒涛の展開でしたからね・・・
買って・・・読んで・・・『え?なにこの鬱展開!?』って思ったもんです・・・

そして後半へ・・・

----------------------------------------------------------------------kamimemo12-2.jpg

「おかえり、ナルミ」

「君や彩夏の体験したのは、ただのバッドトリップだ」


「おい、園芸部・・・借りができたな」

「やぁ・・・随分背の低い天使と思ったら、あんたがアリスか」

「ナガミヒナゲシ・・・いい花だよ・・・アレは・・・」


「そうだボクは神様のメモ帳を見た事がある。
 そこに書かれた14万4千人の名簿に・・・」


「君の名前はなかった」


「立てよ・・・」

「彩夏は・・・彩夏はもっと痛かったんだ!」


”残ったのは痛みだけだった・・・
        僕の拳と張り裂けそうなこの胸の”


目を覚ましたナルミ・・・アリスは死者の代弁者として喪服スタイル・・・
やっぱりアリスには喪服が似合う・・・喪服なのにこう・・・可愛いよね。

そしてアリスから明かされる彩夏の飛び降りの真相・・・
ナルミの目の下に出来た鬱血・・・それはAFの成分に対する拒絶反応
つまり・・・ただのバッドトリップ・・・

麻薬によって不安定になった精神状態で自分が麻薬を作らせられていた事が重なって
後悔を増幅され・・・そして・・・というのが真相みたい・・・

アリス達は尾行の成果から墓見坂達のアジトを突き止め四代目達の協力も得て
突入することに・・・

わかっていたけどさ・・・ナルミ、なにしてんの・・・?

ちょっと前まで拒絶反応の鬱血の跡があったのに、
アジトに到着した時点ではスッカリなくなってる・・・そんなもんなのか?
もうちょっとこう・・・安静にしてなくていいもんなの?

ただ四代目の言葉にも・・・そして墓見坂のAFの摂取によってかなり危ない状況の彼を見ても
ほとんど表情を変えずにいるナルミ
やっぱり影響は残っているって事を表現してるのかな・・・ちょっと怖い・・・

そして墓見坂の目的・・・

AF自身の効果だけで拡散する・・・そういうシステムの構築こそが目的・・・
なんていうか・・・AF自体を生き物みたいに捉えている感じがありますね・・・
AF自身が自分で広がり、そしてAFを欲しい人にしかそれを見つけられない・・・

まぁ最終的にアジトにいたほとんどは自滅状態でしたけど・・・

墓見坂は彩夏が警察に行くと言い出したから無理やりAFを飲ませた事を白状
その上で天使が迎えに来た・・・となんか勝ち誇ったような言葉を・・・

でもそうは問屋が卸さない・・・とばかりのアリスによる言葉・・・

神様のメモ帳に君の名前はなかったよ・・・

ただでさえAFで精神が不安定でアリスが天使に見えるとか言い出していた墓見坂
その天使にお前は天使に迎えに来てもらえない、ここで朽ち果てろ・・・って感じの事を言われて
一気に鬱状態で・・・

まぁ・・・自業自得なんでしょうけど・・・容赦ないな・・・アリスさん・・・

そしてココで登場のダメ兄貴ことトシ

薬を全部吐いてしまったらしく、他の人達よりは元気っぽかったトシ
四代目はぶっ飛ばそうとするけどテツ達に止められ・・・それをナルミに託す・・・

ナルミ・・・トシをフルボッコ!

墓見坂の言葉に多少反応してたけどあいかわらずボーっとした感じだったナルミが
この状況でもAFを求めて擦り寄ってくるトシの姿と言葉にキレてしまった感じ・・・

まさにボコボコって感じでナルミの手がボロボロになる勢いで殴りまくってた・・・
でもこれでようやくナルミが帰ってきたって感じがして安心できるシーンでもあった

最後の最後・・・フルボッコにされる事でようやくこの人は役に立ったな・・・
っていうかアニメだと原作よりもより一層ダメダメだ・・・この人・・・

原作だとアリスの能力を知っていてテツ達の前に姿を現すことで
声にならないSOSを発していたって設定があったんだけど・・・アニメだと色々削られているせいで
この人がなんか本当にダメすぎる・・・

ナルミよ・・・この人の代わりだと思われてる・・・なんて彩夏に言った事はもう1回謝るべきだ。
ナルミの方が断然役に立ってるし、手がかからないよ・・・
もうこの人ダメだよ・・・って感じ・・・

でもちゃっかり生き残っちゃうあたり・・・運がいいんだろうな・・・トシ・・・

そしてエピローグへ・・・

----------------------------------------------------------------------

「そしていつも言う・・・また明日と・・・」

「ニートというのはねナルミ・・・
 何かができない人間や何かをしようとしない人間の事じゃない。」

「違うのはただルールなんだ。
 ルールが違う以上ゲームを同じように進める事は出来ない。」

「参加者は戸惑い、眉をひそめる。
 そしてラベリングやレッテリングにやっきになり隔離し安穏を得る」


「そのレッテルがニート?」

「だがニートはレッテルじゃない、生き様なんだよ。
 そしてボクはニート探偵、死者の代弁者だ。
 今、失われた言葉を暴こう」

「彩夏はね、屋上を閉鎖するために屋上から飛び降りたんだ」

「君と過ごした聖域に何人も踏み込ませないようにする為に
 ここから飛び降りたんだ」

「見てごらん・・・始まるよ・・・」

「ナガミヒナゲシ、夜明けに咲き一日で散る」

「彩夏は薬で塗りつぶされたいたかもしれない、
 でも最後にコレを思い出したんだ」

「この場所を守る事を・・・彩夏は君の事を考えていたんだよ」

「ボクはこんな風にしか世界と関われない。
 救う事も止める事もできず、全てが終わってしまった後で
 ただ空虚な言葉の為だけに墓を暴き掘り返すことしか・・・」


”アリスが言った事がある。
 すでに失われてしまったモノに対して意味ある仕事ををなせる職業は
 この世でたった2つしかない”

”それは作家と探偵だと”

”作家だけがそれを夢の中で甦らせる事が出来る
 探偵だけがそれを墓の中から掘り返して情報に還元する事が出来る”

”だから・・・だから僕はこの物語を語ろうと思った・・・
 神様のメモ帳に記された言葉を夢の中で甦らせる為に”

”それが失われてしまったものに対して意味ある事だと信じて”


彩夏のサインに気づけなかった事から目を覚まさない彩夏の見舞いに行き
はなまるの様子や学校での様子を話すナルミ

季節は冬が過ぎ・・・そして春が近づいてくる・・・

1話で引っ越してきて、入学・・・だったからアニメを通して1年間の話だったって事になりますね。

目を覚まさない女の子の所に行って話を聞かせ帰る・・・どんな気持ちなんだろうか・・・
その前にまずナルミの彩夏への想いが友情か愛情かそれ以外なのかなんなのか・・・
が気になるところですけどね・・・

きっと病院の看護士さん達には目を覚まさない彼女のお見舞いに通う
彼氏って感じに絶対勘違いされてるよね・・・コレ・・・

そして病院から戻るナルミの前に喪服姿のアリスが・・・
アリスが喪服姿で・・・そして事務所の外に出るという事は
死者の代弁者として動くとき・・・

という訳でアリスがずっと疑問に思っていた彩夏の飛び降りに関する
もう1つの謎・・・なぜ学校の屋上からだったのかに対する答えを見るために
アリスはナルミと共に彩夏がナルミと出会い・・・そして飛び降りた学校の屋上へ

彩夏が学校の屋上から飛び降りた理由・・・
それはナルミとの大切な場所を文化祭によって片付けなければいけなくなっていたから・・・
事件を起こすことでその場所を利用不可能にして守ろうとした・・・

彩夏はバッドトリップ状態になっていても・・・ナルミの事を考えていた・・・

お前ら、もう付き合っちゃえよ!?

だってナルミも幻覚として見ていたのは彩夏の姿だしさ・・・お似合いだよ・・・

まぁ薬を飲んで錯乱気味の状況でお互いの事を考えていることが
果たして良い事なのかは疑問だけどさ・・・

そして・・・

MGC

ナルミが彩夏の為に作った園芸部の腕章のマーク・・・
その形に咲いた彩夏が残したナガミヒナゲシの花・・・

彩夏がAFの原料である花を知らずに育て・・・その代価に墓見坂に貰った花・・・
出自はアレでも・・・花そのものには罪はない・・・

エンディング曲である『あすなろ』の開始に合わせてこの花が咲いていくって演出は
正直かなりぐっときました・・・夜中なのに思わず『おおっ!』ってなってしまいました・・・

なんかコレを見れただけでもこのアニメを見てきてよかったって思えるかも・・・

彩夏はナルミが作った腕章の事をどれだけ喜んでいたのかがよくわかる演出だったし
それをナルミとアリスが・・・一緒に見てナルミが彩夏のメッセージをようやく受け取れて
涙を・・・ってシーンも良い感じでした・・・

最後はアリスの涙・・・そして目覚める彩夏・・・そして・・・って所で終了・・・

----------------------------------------------------------------------kamimemoAEND.jpg

エピローグの最後の最後・・・エンディングの演出が私的には凄く良かった・・・
この演出の為に原作1巻の内容を最後に持ってきたというなら文句は言えないかも・・・

いや・・・まぁ・・・原作どおりの方がよかったんだけど・・・って思いはやっぱりあるんですけどね・・・
それでも・・・って感じの終わり方だったんで満足

ナガミヒナゲシに関してもAFの・・・麻薬の原材料となる花を騙されて作らされていた彩夏が
その対価として貰った花がアルカロイドを・・・麻薬の材料となる物質を含んでいない
この花だったっていうのも墓見坂に対する痛烈な皮肉っぽくてよかった・・・

本人はアレはいい花だ・・・って言ってましたけどね・・・

神様のメモ帳って話自体がナルミが執筆した手記って感じになっていて
探偵であるアリスと助手で作家であるナルミ・・・という
某有名探偵コンビを髣髴させる感じになってるんですね・・・

どちらも失われてしまったモニに対して意味のある仕事ができる職業
だからこそお互いに足りないものを補えるコンビだ・・・という事なのかな?

まぁ有名コンビの方は助手で作家で本業は医者でしたけどね・・・
ナルミは・・・本業は・・・学生?やーさん?・・・それとも・・・?

29日にはアニメ1巻のDVD・ブルーレイが発売になるので
小冊子の書き下ろし小説が楽しみだ・・・どんな感じなんだろう・・・

それにしても・・・最近はラノベのアニメ化が多いので感想をどうしようか悩む・・・
とりあえず10月からのアニメの感想は休む気だけど・・・
1月とかのはどうしたもんかな・・・

とりあえずアニメ感想はこれで最低3ヶ月くらいはお休みして
ラノベ感想のみになっていく予定。

アニメ感想を書いていると感想を書けない本が溜まっていくという危機感もあったりなかったり・・・

最後にお気に入りの一枚を・・・なんかアリス格好良い!

kamimemoBEND.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。


------------------------------------------------
言及リンク
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-6080.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-6666.html
http://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/09/post-ad10.html
http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-1993.html
http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-949.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-1973.html
http://shittakaanime.blog86.fc2.com/blog-entry-409.html
http://intyo649.blog77.fc2.com/blog-entry-547.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-2220.html
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-5077.html
http://marixanzu.blog60.fc2.com/blog-entry-98.html
http://ameblo.jp/brook0316/entry-11025140772.html
http://blog.goo.ne.jp/nijigen-complex/e/3571bbbeac49f4fcbbb196d0788cc2ad
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-3249.html
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1230.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-4094.html
http://78216303.at.webry.info/201109/article_29.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51624596.html
http://spadea.jugem.jp/?eid=12620
http://animehigurasi.blog92.fc2.com/blog-entry-407.html
http://blog.livedoor.jp/s_396n/archives/51786633.html
http://shirousausa.blog106.fc2.com/blog-entry-454.html
http://animeyotabanashi.blog63.fc2.com/blog-entry-730.html
http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3635.html
スポンサーサイト

テーマ : 神様のメモ帳
ジャンル : アニメ・コミック

(アニメ感想)神様のメモ帳 第11話

kamimemotitle.jpg

第11話「ぼくのかけら」

電撃文庫原作のライトノベル『神様のメモ帳』の11話の感想

前回・・・衝撃的な終わり方をしたその続きから・・・
さて・・・来週の最終回に向けてどう話が展開していくのか・・・

kamimemo11-1.jpg

「その朝、篠崎彩夏は校舎の屋上から飛んだ・・・
 誰に、何も告げる事無く」


「なんでなんだー!」

「アリス、君に依頼しにきた」


「わかった、引き受けよう。
 今回は報酬もいらない。」


「なぜ彩夏は学校の屋上から飛び降りたのか?」

「君は僕のそばにいてくれるかい?」


「僕が背負える重荷はせいぜい5%だけだけど
 それでもよければ・・・」


「君は今この瞬間から僕の正式な助手だ。」

「君の腕も、君の脚も、君の目も耳も、
 君の喉も、君の爪も歯も舌も、
 君の最期の血の一滴までも・・・今は全てぼくのものだ」


まずは彩夏の飛び降りシーンから・・・
涙が頬を伝い・・・そして空に身を投げ出す彩夏・・・
周りの光の感じとかのせいで妙に綺麗に見える所が・・・なんか複雑な感じ

一応、一命は取り留めた彩夏

でも奇跡でも起きない限りは意識が戻らないと診断されたみたいで
ナルミからしたらそれは死んでしまったの同じ事みたい・・・

ナルミ、アリス、ニート探偵団、ミンさんの面々も元気ない感じ・・・
大体は表面上は普通に生活してるけどナルミは軽く引き篭もりに・・・

だけど姉の言葉で一念発起
最後の後押しをテツにボクシングを教わり体を動かすことで受けてアリスの元へ

彩夏の飛び降りそのものもショックだったのは確かなんだろうけど
それ以上にナルミが腕章を作った事にあんなに嬉しそうにしていた彼女が
何も相談もせずにこういう行動にでた事がよりショックだったんだろうな・・・
ボクシングの最後・・・彼の叫びがそれを表している感じです。

彩夏が何故飛び降りたのかを知りたいから・・・彼女に依頼するために。

アリスはすでにその理由を知っているみたいだけど、
彼女が知りたいのはもっと違う事・・・彩夏がどうして『学校の』屋上から飛び降りたのか・・・
そして自分なら彼女の異変に気づいて止められたはずなのにという後悔を持つ彼女

そんなアリスの重荷を5%だけでも肩代わりすると・・・かつて言われた事を口にし、
アリスはナルミを正式に自分の助手として任命

この時の・・・まさに『契約』と言ってもいいシーンはなんかいい感じ・・・
噛み砕くと『これでナルミの全ては私のモノだ!』って言ってるんですけどね・・・

しかもパジャマ姿の女の子と制服姿の高校生がぬいぐるみ満載のベッドの上で・・・

それでもなんかしっくり来てしまうから不思議だ・・・

ここで前半終了・・・本格的な捜査は後半って事になる模様・・・

ナルミの姉が久々に登場したけど流石は姉・・・弟の様子はわかってるって感じで
彼が立ち上がるキッカケになる言葉をかけたところは凄かった。
ナルミはあんなだけど・・・お姉さんは色々とできた人なんだね・・・
まぁ家庭環境を考えればそうならざるを得なかったんでしょうけどね・・・

ミンさんが忙しさのあまりつい彩夏を呼んでしまうシーンも色々とせつなかった・・・

----------------------------------------------------------------------kamimemo11-2.jpg

「天使が・・・天使の翼が・・・」

「綺麗さっぱりなにもねぇ」

「お兄さんが種をくれて、珍しい新種を育ててるって」

「このデータを今すぐ四代目の所に届けてくれたまえ」

「連中の頭を派手に吊るしてやれ!」

「落とし前は俺がつける。たとえそれが・・・彩夏の兄貴だろうとな」


「自分のせい・・・なのか?
 自分のせいで彩夏は・・・」


「でも僕は知らなくちゃいけないんです。
 彩夏の伝えられなかった言葉を、その思いを探し出したい!」


「依頼しろ俺たちに・・・お前が!」

「トシさんを見つけてください!一刻も早く!」

調査を始める事にしたナルミ達。
だけどエンジェル・フィックスは徐々に蔓延してる感じなのかな?

ナルミは調査といっても園芸部としての活動を通して彩夏について色々調べていたが
思考はついついネガティブな方向に・・・まぁ・・・それが普通だよな・・・

ようやくアリスから連絡があり温室に向かうけど、四代目がやってきて
温室の様子を見て去っていく・・・ナルミには関わらせたくないって思ってるのかな?
義兄弟なのに・・・いや、義兄弟だからこそ・・・なのかもしれないけど。

だけどナルミは温室で見つけた花びら、彩夏が育てていたらしい花の事を聞き
アリスの元へ・・・そして前回の話でトシと一緒にいた男・墓見坂が胴元である事。
トシが彼から直接エンジェル・フィックスを貰ってばら撒いていた事、
そしてトシが彩夏を利用して原料となる花を栽培していた事を知る・・・

いや・・・トシ・・・まじでダメ兄貴・・・ってかもうクズレベル

ナルミはアリスが集めた売人のデータを四代目に届けさせ、
四代目は集められるだけの人間を集め、その連中を徹底的に潰す事にした模様

ナルミは四代目にトシをどうするのか訪ねる場面があるのですが
ここは・・・色々とせつないな・・・

ナルミにとってトシは彩夏とナルミの2人が喧嘩をする原因を作った人物。
でも彩夏の兄であり、テツ達や四代目、アリスの友人でもある人物
そして彩夏の飛び降りの原因を作ったかもしれない人物で
麻薬をばら撒き、本人も服用している・・・
そして四代目にいたってはかつての友人

厳しいな・・・そしてやっぱりトシが・・・

四代目は麻薬をやるような奴はゴミだといい、許すつもりはないようだけど
ナルミは許せないけど聞きたい事があると・・・

だけど四代目はやっぱりナルミにこういう事に関わって欲しくない感じなのかな?
相手がトシでも・・・彩夏の兄で自分の友人でも自分の手で落とし前を付けると宣言

こういう面倒ごとを自分で被ろうとする所が四代目の格好いい所ですね・・・
時にそれが錬次の時のような問題を発生させてしまうときがあるんですけどね。
基本的にこの人って身内認定した人には甘いんでしょうね。
敵対したら容赦は一切しないんでしょうけど・・・

場面は変わってニート探偵団・・・
トシが麻薬を売りさばいていて、彩夏に原料の栽培をさせた事を知り元気のない三人

だけどナルミは彩夏が飛び降りた本当の理由を知りたいという意思に感化され
彼に自分達にどうしてほしいのかを依頼しろと言い、ナルミは3人にトシの探索を託す・・・

こういう場面で後押しするのもナルミの役目だな・・・

アリスの依頼でいつも動いている3人がナルミに依頼するように促し、
そして依頼を受理して動き出した・・・

ニート探偵団の3人もナルミをアリスの助手として認めた感じがしていい感じだった。
まぁ今まででも十分認めていたんだろうけど・・・
今回は元気のない3人をいつもの3人に戻したから・・・これはこれで凄い事

----------------------------------------------------------------------kamimemo11-3.jpg

「これがあの三人の本来の力さ。
 その力に方向性を与えたのは君だよ?」


「案外、君の一番の価値はそういう所にあるのかもしれないね」


「たとえ多くを失ったとしても、
 僕らはまだ全てを失ったわけじゃない」


「また明日!」


「やっぱ凄ぇよな~化物だよアイツ」

「なぁ・・・助け・・・くれよぉ・・・」


「お前がアリスか?」

「俺を見つけてみろ、捕まえてみろ!
 早くしないと飛んで逃げてしまうよ?」


「天国への扉を叩けるのは選ばれた者だけ、
 つまり俺の作ったピンクの羽根を付けた者だけだ」


「君はどうする?羽根を付けて飛びたいと思わないか?

 ”あの娘”のように・・・

ナルミの依頼を受けて動き出したニート探偵団

本当は友人であるトシを助けたいと思っていた3人
だけど見つけ出せば彼に何が待っているかもわかっていたから動けなかった3人
その3人をナルミは動かし、そして本気で動き出した3人の力は本物
それぞれの得意分野を生かして情報を急速に集めだす・・・

アリスが言う世の中の人間は

スカラー(大きさのみを持つ量)ではなくベクトル(大きさと向き)

という言葉も納得の手腕です・・・
方向性を与えられてようやく成すべき事をなせる・・・
そして今回、ナルミはその方向性をみんなに与えた。

アリスが欲しいタイミングでドクペを渡した時だったので
アリスの褒め言葉がドクペの受け渡しについてだとナルミは誤解したっぽいけど
アリスが褒めたのはこのナルミの資質についてですよね・・・きっと・・・

プルタブも助手に空けさせようとするアリスだけど・・・空けられないのか・・・非力で・・・

そしてナルミは最初とはうって変わった明るい表情で意識の戻らない彩夏を見舞い
その帰りに彩夏の携帯から電話を・・・トシからの連絡を受ける

いや・・・本当にダメ兄貴・・・

彼が彩夏の携帯電話を持っている時点で彩夏の飛び降り前に会っていた事がほぼ確定ですからね・・・
でも自分が・・・そして黒幕である墓見坂の顔すら手配されている事を知って
アリスの力に戦きつつも、彩夏の件については色々と後悔している様子

最後に搾り出したかのように助けを求めて・・・
そして電話は黒幕・・・墓見坂へ・・・

彼はナルミやアリスに探せるものなら探し出してみろといった趣旨の言葉を残し
通話は終了・・・彼の目的はわからず・・・今回はここまで

墓見坂とトシ・・・この2人に会ってなにかがあって彩夏は飛び降りた・・・
それがほぼ確定した訳ですが・・・その真相、そして事件の決着は最終回で・・・って事ですね

前回の話でトシがナルミを彩夏は自分の代わりだと・・・って発言をしてたけど
ぶっちゃけ何処が?って話ですね・・・

彩夏の事にショックを受けて引き篭もったけど、立ち上がり
そして周りのみんなにもいい影響を与えつつ進むナルミと
ラリッたあげくに妹まで犠牲にしたトシ

ダメだ・・・トシのいい所が思いつかない・・・

格ゲーがうまい・・・だけかなぁ・・・
このダメっぷりが・・・なんかこう・・・なんだろうなぁ・・・って感じ・・・
うまく説明できないな・・・

----------------------------------------------------------------------kamimemo12yokoku.jpg

次回「君と僕と彼女のこと」

次回はついに最終回

アリスが1話以来の喪服姿で登場します・・・
さて・・・原作とは時系列が違うので所々違いがあるアニメ版

どんな結末を迎えるのか今から楽しみです。

アリスと言ったら・・・やっぱり喪服ってイメージがあるんだけど
原作の表紙でも喪服姿ってあんまりないんですよね・・・実は・・・
パジャマ姿の方が多いし・・・

まぁ基本部屋ではパジャマで一番着ている時間が長いしね・・・
あと何故かたまに本格的な着物を着たりしてる・・・

普通の・・・まっとうな私服姿ってほとんどないんじゃなかろうか・・・
アニメだと・・・野球の・・・ってそういえばアレもパジャマだったっけ・・・

とりあえず次回でアニメも終わり・・・
後はDVDの冊子に付いている書下ろしを楽しみにしようかと・・・
最終回より発売は後だけどね・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。


------------------------------------------------
言及リンク
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-6061.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-6641.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-4081.html
http://ayatokamina.blog112.fc2.com/blog-entry-1232.html
http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-1960.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-3238.html
http://spadea.jugem.jp/?eid=12504
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-5063.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51623412.html
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1215.html
http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-2019.html
http://intyo649.blog77.fc2.com/blog-entry-532.html
http://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/09/post-ca1c.html
http://blog.goo.ne.jp/nijigen-complex/e/80fbd9bded4866fecee35a706d435540
http://ameblo.jp/brook0316/entry-11018515184.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/tokyomx91611-f6.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/66864364.html
http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-940.html
http://setumizu.blog136.fc2.com/blog-entry-240.html
http://blog.livedoor.jp/s_396n/archives/51784604.html
http://gokuuyo.at.webry.info/201109/article_29.html

テーマ : 神様のメモ帳
ジャンル : アニメ・コミック

(アニメ感想)神様のメモ帳 第10話

kamimemotitle.jpg

第10話「きみについて」

電撃文庫原作のライトノベル『神様のメモ帳』の10話の感想

ついに来た・・・原作1巻の内容です・・・
アニメの1-9話の中でも少しだけ伏線としてあった『ある薬』にまつわる話・・・

原作だと1巻にしてある意味でもっとも衝撃が大きかった作品・・・
アニメだと順番が違うわけだけど・・・されどうなるのか・・・

おそらく最終話まで使ってこの話をやると思われる・・・

kamimemo10-1.jpg

「お兄ちゃん!」

「気をつけろよ?お前、俺の代わりみたいだからさ」

「エンジェルフィックス」

「彩夏には黙っとけよ・・・
 兄貴が薬に手を出してんのは知らねぇんだ」


「ねぇ、なんか言ってなかった?お兄ちゃん」

「墓見坂?」

「仕事の依頼だ」

「直で買った奴が売人かどっちかだ」

「なんでそんな事、言うの・・・」

帰ってきた彩夏の兄・トシ

彼が得意だとゲーセンの店長が言っていた格ゲーでテツと勝負し
圧勝するトシ・・・でも彼の体調は悪そうで・・・

でも心配する彩夏を邪険に振り払い、外へ出て行くトシ
そして彼を追いかけたナルミは彼から彩夏が自分を兄の代わりに世話を焼いていると言われ
さらにエンジェル・フィックス(以下:AF)という薬を飲むのを目撃する・・・
そして彼が謎の男性と一緒にいるのも目撃・・・

うわぁ・・・駄目兄貴だ・・・これ・・・

彩夏もかつては登校拒否をしていたらしく、そんな彼女が自分の心配なんて
・・・って感じなんでしょうがナルミに言う必要ないだろ・・・

まぁ・・・逆にリアリティのある兄妹像なのかも知れませんが・・・
アニメとかラノベとか・・・妙に仲がいい兄妹とかいるけどこういう方が自然に感じる・・・
まぁ本当に仲のいい兄妹もいるし、妹が兄を邪険に・・・というのもあるだろうけどね・・・

彩夏はトシが薬をやっているのを知らされていないらしく、テツ達から口止めされるナルミ
だけど彩夏はそんなナルミの不自然な態度を逆に怪しんでたみたい・・・

そして翌日、アリスの事務所では一転していつもの雰囲気のアリス&彩夏・・・だったけど
四代目が死人もでているという事件を・・・蔓延を始めた新型の薬・・・
AFについての捜査依頼が舞い込み事態は一気に深刻に・・・

彩夏を追い出し、ニート探偵団も召集・・・ナルミはトシがAFを飲んでいた事をみんなに話、
四代目は買った人間が砕いたり、粉にしたりして配っていて販売ルートが特定できないこの薬を
錠剤の形で持っているトシが売人・・・もしくは胴元だと・・・

流石に死人も出ている事件に義兄弟とはいえ高校生を関わらせる気は無いらしく
ナルミに彩夏のフォローを頼みニート探偵団&四代目はトシの探索へ・・・

兄はヤク中で売人or胴元・・・

駄目兄貴どころか普通に犯罪者です・・・はい・・・

そして高校生にインディーズのバンドの広報を任せるくせに
麻薬が関わる事件には関わらせない気の四代目・・・

いや・・・義兄弟になるきっかけの事件がそもそもヤクザのマネーロンダリングだったんだけど
今更ナルミをのけ者にするのかよ!?って感じです・・・

いや・・・まぁ・・・こっちが普通なんですけどね・・・

フォローを頼まれたナルミは、トシがアリス達が調べだした事に関係してると彩夏に気づかれ
そして兄のように何も話してくれない・・・という言葉にトシの言葉を思い出し、
つい彩夏を傷付けてしまうような言葉を言ってしまう・・・

なにやってんだ・・・コイツ・・・

まぁ・・・自分が誰かの代わり・・・って思われてたら流石にいい気はしないでしょうけど・・・
彩夏にしたら自分だけのけ者にされたあげくにナルミにそんな事言われてショックだよね・・・
そして話は後半へ・・・

----------------------------------------------------------------------
kamimemo10-2.jpg

「もういいよ・・・自分でもわかんないんでしょ!
 だったらもういいよ・・・」


「何が最善かなんてわからない。
 それでも今、僕ができる事は・・・彩夏の笑顔を・・・」


「ごめん」
「ごめんなさい」

「内側から読むんだよ・・・御園高校ガーデニングクラブ」

「ありがとね!すっごい嬉しい!」

「藤島くんは代わりなんかじゃないよ!
 藤島くんが藤島くんだから・・・私は・・・」


「それからの1ヶ月余り、
 屋上の床に溜まっていた闇は夏の空に吸い込まれ
 僕と彩夏は以前のように笑いあえた」


「でも、空が秋の雲に覆われる頃
 その闇はまた次第に広がっていった・・・」


翌日、彩夏に謝ろうとするナルミだが彼女はかなり怒っているみたい・・・

こんなに怒っている彩夏はアニメ始まって以来はじめてだな・・・
アリスを怒っている時も『しょうがないなーもう・・・』って感じなのに
今回の怒りは色々と投げやり間がある・・・

そしてナルミが彼女に許してもらうために・・・彼女の笑顔を取り戻すためにした事・・・
それは破いてしまった園芸部の腕章を直す事・・・
しかもデザインを自分で考え、それをヨシキさんのところで作ってもらったらしい・・・

でも学校を休んでそれをするのは、どうなのよ!?

彩夏はナルミが学校を休んでいたので気にしていたし・・・
でもまぁお互い同じタイミングで謝って笑いあっていたから結果オーライかな・・・

ナルミのニートへの道がまた縮まった気がするけどね。
いや・・・でもこういうデザイン関係の仕事なら十分食っていけるのでは・・・?
ライブを成功させたっていう実績もあるし・・・妙な人間関係があるせいでツテは豊富だ・・・
危ない方面やニートがほとんどだけどね・・・

彩夏はとても喜び、そして彩夏が何故ナルミに話しかけたのかを彼に話す・・・

人と話のが苦手な彼女はある日屋上に上がり・・・そこで1人でいるナルミを見た。
彼と話したいと思った彼女は屋上にプランターを移動し、部活動をしているフリをして
彼と話す機会をうかがっていた・・・

どこの恋する乙女だ・・・

多分恋愛感情とかではなく自分と同じように人の輪に入っていかない彼と
話をしてみたいというのが理由だったんでしょうけど何気に行動的だよね・・・彩夏・・・
まぁ付き合ってる連中が連中だからアレなんだけど・・・
それでも人と話をするのは苦手なんだな・・・人の心って不思議・・・
まぁ・・・わからなくはない・・・

その後、話は1ヶ月くらい一気に動くみたい・・・
その1ヶ月間は園芸部として、そして同じはなまるのバイトとして仲良く過ごしてたらしい2人

あれ・・・?これ彩夏ルート突入してね?

って感じだけど・・・秋に入り・・・不吉な影が・・・と言う事で終盤へ・・・
っていうかアリスの出番が・・・

----------------------------------------------------------------------


「アリスから頼まれて大学の薬学部の資料棚から拝借した
 ドラッグの原料になりそうな植物の資料と成分表ですからね」


「おかえり!」

「ただいま」

「私を引っ張り上げて・・・だっけ?
 ティラミスってそういう意味なんだって」


「ティラミスを最初に作った人もこういう気持ちだったのかな?」

「あそこは、あそこは僕たちの・・・」

「僕たちの?」

「また明日ね!」


「前にも一度見た彩夏の笑顔。
 でも僕は今でもはっきり思い出す事ができる
 彼女の無傷の笑顔を」


「もしもあの時、彩夏を引き止めていたら・・・
 あるいは何かを聞けていたら僕は開かずにすんだのか?
 神様のメモ帳に書かれた・・・その1ページを」


ニート探偵団の方ではちゃくちゃくと情報を集めているみたいだけど
トシの行方は掴めてはいないみたい・・・

そしてやっぱりナルミは仲間はずれ・・・

でもなんかその分、同じように仲間はずれの彩夏との関係がいい感じになってる・・・
はなまるにバイトに来て『おかえり』『ただいま』の件はお前らどこの夫婦だよ・・・って感じ

でも何気に彩夏に秘密・・・と言っていたテツと少佐の話を立ち聞きして
トシが薬をやっているのを知ってしまった後の無理をした笑顔なんだよな・・・これ・・・
そこが・・・痛々しい・・・

そして帰り・・・一緒に帰る彩夏とナルミ
文化祭で屋上を使うためにプランターを片付けるように言われた園芸部の2人
だけどアレは2人を繋げた大切なもの・・・だからこそ2人とも片付けたくない様子・・・

何気にこの会話の時の2人の雰囲気はまさにカップルって感じ・・・
お互いが出会うきっかけとなった場所を失いたくないって・・・ねぇ?

でも・・・2人が別れた後のラストシーン・・・

『また明日ね!』

と言った彩夏は学校の屋上から転落・・・
そして彼女の目の下には黒い隈が・・・

映像で見てもやっぱり衝撃的ですね・・・
音とかも控えめで転落地点の花壇の花が飛び散る演出のおかげで
見られない・・・って感じではないですけど・・・
あの彩夏が・・・って感じがやっぱり・・・厳しいな・・・

彼女の安否については原作読んでるので知ってるんですが・・・
それでも・・・キツイ・・・

----------------------------------------------------------------------
kamimemoyokoku11a.jpg

次回「ぼくのかけら」

なんか次回予告のナルミが凄いアグレッシブ・・・というかやる気・・・

原作だとこの話が1巻でニート探偵団とも4代目とも・・・そしてアリスとも関係が薄い
その中で彼なりに足掻いて・・・そして彼らの協力を得て真実に近づいていった訳だけど
アニメだとすでに実績と・・・そして信頼関係が結構出来上がっているからな・・・

彼が彼なりにできる事・・・それをする・・・
そう考えると原作よりもこの時点での彼は多少とはいえ前向きなのかもしれない・・・
まぁ実際は次回を見てみないとわからないんだけどね・・・

それにしても・・・もうちょっとで終わりか・・・

秋のアニメはどうしたものか・・・”僕は友達が少ない”か・・・”境界線上のホライゾン”か・・・
それとも小説の感想中心でアニメ感想は止めておくか・・・そろそろ決めなきゃな・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。


------------------------------------------------
言及リンク
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-6041.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-6615.html
http://ayatokamina.blog112.fc2.com/blog-entry-1220.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-1942.html
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-5048.html
http://setumizu.blog136.fc2.com/blog-entry-234.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/66832056.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-3226.html
http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-1923.html
http://spadea.jugem.jp/?eid=12380
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1199.html
http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/blog-entry-766.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-4066.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51622232.html
http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-925.html
http://marixanzu.blog60.fc2.com/blog-entry-82.html
http://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/09/post-3339.html
http://ameblo.jp/brook0316/entry-11010649795.html
http://intyo649.blog77.fc2.com/blog-entry-516.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/tokyomx90910-e3.html
http://blog.goo.ne.jp/nijigen-complex/e/6a9d5ffde3de9711c095b0efd07c7c48
http://blog.livedoor.jp/s_396n/archives/51782488.html
http://animehigurasi.blog92.fc2.com/blog-entry-397.html

テーマ : 神様のメモ帳
ジャンル : アニメ・コミック

(アニメ感想)神様のメモ帳 第09話

kamimemotitle.jpg

第09話「あの夏の21球」

電撃文庫原作のライトノベル『神様のメモ帳』の9話の感想

原作5巻の短編の1つですね・・・
時系列的に8話の後の話ですから特に違和感はないはず・・・

kamimemo9-1.jpg

「あの夏、彼の放った白球は
 矢のように速く、高く空に向かって・・・」


「この夏、僕の心を捉えたのは
 球場の青空に吸い込まれる白球だった」


「ネモ・・・さん!?」


「ほぉ・・・ひさしぶりやなぁ・・・」

アバンタイトル・・・いきなり夏の甲子園の映像から始まり、すぐに別の舞台に・・・

オンラインの設置型野球ゲームか・・・

ナルミやニート探偵団の面々が現在はまっているらしいゲーム
選手の名前を入力するとネット上に蓄積された膨大な選手データから
それっぽい能力が割り振られて選手として使えるってゲームみたい。

アニメでは語られてなかったけど原作だと本物の野球選手だとクセや仕草
アニメやゲームキャラだとそのキャラっぽいステータスになって
好きなキャラでチームを作れる上に、イラストツール(楕円しか書けない)を使って
好きな絵をキャラに張れるという事で人気を博してた・・・

ナルミはこの楕円しか書けないイラストツールで色々なキャラの絵を描くという
なんか無駄に凄い才能を発揮してみんなに重宝されてましたしね・・・

っていうかなんでそこカットしたの!?

楽しみにしてたのに・・・orz

本編は突然ヤクザが店の奥から出てきて、閉店を宣言
客を追い出し始める・・・そしてその中には2話でナルミやテツと一緒に寿司を食べたネモさんが・・・

----------------------------------------------------------------------
kamimemo9-2.jpg

「法の外におるからヤクザなんや」

「愚かだ・・・実に愚かだ・・・」

「面目ない・・・向井均、一生の不覚・・・」

「藤島中将は戦力外だしな」

「なら、これで足りるか?」

「チームの監督は、このぼくだ!」

「ネモさん、野球やってたんですよね?
 それどころか甲子園出場校のエースで勝利投手にもなったって」


「夏が終われば用なしや!ただのゴミなんや!」

「この野球は金になる。だからワシが投げる・・・
 それだけのこっちゃ・・・覚悟しとけや・・・」


不当にゲームセンターの家賃を25%上げようとするネモさん
少佐はそれに断固反対の姿勢をとり、ネモさんは少佐やナルミ達がパワレボ・・・
野球のゲームに夢中になっているからと野球勝負を提案

ナルミ達が勝てば家賃はそのまま、負ければ値上げ

という事に・・・
だけど問題が一つ・・・少佐はパワレボでの勝負だと誤解したみたいだが
ネモさんが提案したのは実際の野球・・・

ニートが野球勝負・・・しかもヤクザと・・・

うん・・・なんだろうね・・・この奇妙な状況・・・

最終的に少佐はアリスに頼み込み、メンバーを集めて野球に挑む事に。

最終的にメンバーは

テツ、ヒロ、少佐、ミンさん、四代目、メオ、店長(ゲーセンの)、平坂組の2人(鉄男と電柱)

が選手

監督がアリスでその助手&補欠がナルミという事に・・・

そっか・・・満場一致でナルミはメオより使えないって認識なんだな・・・
現役高校生・・・少しは運動しろよ・・・

そしてなんだかんだと文句を言いつつもやる気満々な感じのアリス・・・
ひきこもりなのにね・・・何気に元気だよね・・・この娘・・・

みんなで練習したり作戦を立てたりするメンバー
情報収集や練習方法などは確かにこっちに分がある感じ・・・

ニートと言ってもアグレッシブなメンバーが多いのでみんな、運動神経はいいっぽいし
確か原作だと店長は元球児だったから・・・
やっぱり戦力的にアレなのはナルミとアリスって事になるのか・・・

アリスはそれを補って余りあるほどの戦略を練れるけどね・・・

いい感じに練習して力を高めるメンバー達・・・
でもアリスが集めたネモさんのチームの実力もまた凄いものに・・・

元名門校の球児を始め、陸上のインターハイ出場者・・・
そしてネモさん自身が30年以上前の甲子園勝利投手・・・

ヤーさんのスペック凄いな・・・オイ・・・

ナルミはネモさんに彼がかつて甲子園勝利投手である事を訪ねるが
彼はソレに対して怒りをあらわにし、その程度の業績なんて夏が過ぎれば・・・
そして30年も経てば覚えているものなんていないと言い放ち、
今回の野球も金になるから自分が投げるといい去っていく・・・

あー・・・確かに夏って高校野球見る事あるけど投手の名前とか全然覚えてないな・・・
勝ち負け関係なく・・・
印象に残ってるのってプロとかのスカウトが注目してて話題になる選手くらいだしな・・・
まぁ私が野球自体にそんなに興味を持っていないって言うのが一番問題なんでしょうけど・・・

一応、小3までは近所の野球チームにいたんですけどね・・・
運動嫌いだったんでやめちゃったしなぁ・・・
友人の応援とかにはその後も行ってたからルールは覚えてるんだけど
プロも高校野球も全然興味が・・・

イチローの記録とかWBCとかそのあたりにしか見ない気がする・・・
このあたり、どうなんだろうな・・・

そして物語は試合当日へ・・・

----------------------------------------------------------------------
kamimemo9-3.jpg

「ヨシキさんが作ってくれたんだ、どうかな?」

「助手さーん!」

「相手球団だけでなく、太陽と大気の全てが僕の敵だ!
 でも、ボクは逃げない!」


「いや、十分逃げてるって・・・」

「問題は・・・次のバッターだ・・・」


「根本喜一がどんな選手だったのか、どんな球を投げ、
 どんな汗を流し、どんな思いを刻んだ人間だったのかは
 どこにも残っていない」


「頑張れ、頑張れ、ート

「でも僕はその時、何故かそれを疑いもせず走っていた。
 きっと誰かが覚えているはずだ、あの夏の日の事を」


「選手交代、代打はぼくだ」

「いまだ・・・ナルミ・・・」

「なんでや?なんでワシの決め球が
 あのフォークボールだと知っとった?」


「ネモさんの事を覚えていた人達が記録したんです
 きっと30年前、ネモさんの投球を直に見て
 心に刻んだ誰かが・・・」


「アホくさ・・・けど負けは負け。家賃は据え置きや」

ネモさんの過去・・・それはヤクザの野球賭博に関わったとされ
自ら野球部を去った事・・・

それが事実かどうかは明言されていない・・・でも暗い過去・・・
それを踏まえたうえで試合は開始・・・

審判はメオの父親である草壁とその知り合い(?)が担当。
両方の知り合いだから公平に・・・って事ですね。

娘&自分の恩人と杯を交わした相手・・・まぁどっちにも肩入れできない・・・かな?
その当の娘が片方のチームメンバーなんだけどね・・・

何気にメオに怪我をさせたら許さないとナルミに釘を刺しているあたり親バカだよね・・・この人・・・

そして監督であるアリスは流石に引きこもってるわけにもいかずに・・・

って埋もれてる!?ぬいぐるみに埋もれてる!?

車のこれでもかというほどぬいぐるみを詰め込み、そこから顔を出して指示を出す事にしたらしいアリス
とりあえずそうしないと外にはでたくなかったみたい・・・

太陽と大気の全てが敵だ・・・と言っていたけど・・・その状況だと逆に暑くないだろうか・・・

そして何気にアリスが決めたであろうチーム名・・・

ニートテディベアーズ

やっぱこだわりがあるんだな・・・ニートに・・・
確かにメンバーのほとんどがニートだけどさ・・・
ここまで堂々とニートを宣言されると逆になんか凄い感じがするな・・・ニート・・・

四代目がピッチャーで好投を見せ、他のメンバーも健闘し試合は一進一退に・・・
だけど錬次の件で負った怪我が本当は野球なんてできるレベルじゃない四代目は
徐々に限界に近づき、相手は後半に温存していたネモさんが控えている・・・

っていうかこの人、なにしてんの!?

意識不明で危なかったのに起きてきて錬次と殴り合い・・・
さらに傷が治らないうちからヤクザと野球・・・四代目・・・何気にノリがよすぎる・・・
妙なところで冷静じゃないよね・・・この人・・・

投球データも30年前では残っておらずどうすれば・・・という所で
追い込まれた時のナルミの閃きが・・・

そして試合後半・・・
四代目がダウンして1点ビハインドの9回裏

四代目の代打を頼まれるが躊躇するナルミ・・・
そこでコールされる選手交代・・・

代打・・・アリス

ちょ・・・それ無謀・・・って感じだけど体の小ささを生かしてストライクゾーンを狭め
そして最後は振り逃げ・・・

球審のコールに文句を言っているフリをして何気に進塁していたアリス・・・
うまいな・・・それ・・・

この『振り逃げ』ってルールそのものが色々とわかりにくいからな・・・
二アウト状態じゃなきゃできず、ストライクの3級目を捕手が捕れなかった場合だけ
発生するイレギュラーみたいなもんだし・・・

何気に『進塁』のサインであるメットを2回叩く動作をして
1塁にいた平坂組のメンバーを進塁させてるし・・・

最終的にアリスは2塁まで進み、ランナー2塁・3塁に・・・
アリスが全力ダッシュとか・・・もう二度と見れないんじゃないだろうかってくらいの
レアショットだよねコレ・・・

そして9回裏、1点ビハインドでランナー2塁・3塁で2アウトという・・・
まさに逆転のお膳立てとも言える状況でついにナルミの出番・・・

目だけはいい・・・ってオイオイ

駄目駄目っぽいと言われていたナルミ・・・
だけど目だけはいいらしくネモさんの剛速球をバットに当ててファールに・・・
いや・・・それ十分凄いと思うんだが・・・

目がいいからといって、見えているからといってボールにバットを当てるのは
視力とはまた別の力がいると思うんだよ・・・十分凄い・・・

そしてネモさんの21球目・・・決めようとするネモさんに対して
ナルミは予告ホームラン・・・

それに対してネモさんが投げた決め球・・・フォークボールをナルミはジャストミート

ランナー2人がホームに帰り試合はニートテディベアーズの勝利・・・

戦力外通知されてたのにね・・・ナルミ・・・
追い込まれた時の力はやっぱり凄いな・・・

まぁヒットだったんですけどね・・・ホームランでなく・・・
流石にここでホームラン打ってたら凄すぎですからね・・・

っていうか今までは閃きの方だったけどこういう”力”の方でも
追い詰められるとでてくるタイプなんだな・・・ナルミって・・・

ネモさんは何故ナルミが自分の決め球がフォークである事を知っていたのか訪ねる。
ナルミは彼の・・・30年前の彼のデータがこの試合の発端となったパワレボのデータの中に・・・
30年前に直に試合を見て覚えていた誰かが入力したデータから知った事を伝え
ネモさんは潔く負けを認め・・・去っていった・・・

自分の記録が残っていた事にネモさんは『アホくさ』と言っていたけど
実際はもっと色々と思うところがあったんだろうな・・・って感じでした。

アリスは疲れたのかベンチでダウン・・・まぁ・・・全力疾走したからね・・・
普段全然運動せずにエアコン全開の部屋で引き篭もってるのに・・・

そしてそれとは別に・・・応援する彩夏と試合に参加していた元気なメオが
なんか可愛かった・・・

この全員と仲がいいんだよな・・・ナルミ・・・

----------------------------------------------------------------------
kamimemo9-4.jpg

「ただいまもって10連敗中・・・」

「どうやら、パワレボにはまったのは僕達だけじゃないらしく・・・」

「くちゅん」

「あ、そうだ・・・来てるよ、君のお兄さん」

無事試合も終わり再びゲームセンターでパワレボを楽しみメンバー

少佐は10連敗を喫する・・・その相手はユニフォームにクマのマーク・・・
ナルミはそれがパワレボに新たにはまったアリスである事に気づいた様子

っていうかアリスは明らかに事務所のパソコンからゲームシステムに割り込んで
ゲームに参加してるよね・・・これ・・・思いっきり犯・・・まぁいっか・・・

そして最後の最後・・・次の事件の先触れとなる出来事が・・・

一緒にゲームを楽しんでいた彩夏がゲームセンターの店長から
兄であるトシが来店している事を知らされる・・・

ついに・・・この時が来たか・・・

----------------------------------------------------------------------
kamimemo10yokoku.jpg

次回「きみについて」

次回ついに原作1巻の内容に・・・
残り3話だから全部を使ってやるのかな・・・

色々なものが壊れ、色々な辛い出来事が起こるこの事件・・・

アニメ化に際して色々と原作よりソフトに描かれているこのシリーズ

今回の話も原作だと店長が試合にこれないように細工したり、
試合の時間を長くとれないように細工してたりと
ネモさん側のあくどい部分が描かれていたんだけどアニメでは真っ向勝負
妙に正々堂々としたヤクザになってましたね・・・

さらに家賃の値上げは25%じゃなくて250%だったし・・・
それに比べるとアニメのネモさんは大分大人しいヤクザだよね・・・

負けても一切ごねなかったし暴力にも訴えなかった・・・
これを踏まえて果たしてこの原作1巻の内容はどんな感じになっていくんだろうか・・・

楽しみなような怖いような・・・とりあえず次回をハラハラしながら待とうかと・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。


------------------------------------------------
言及リンク
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-6020.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-6587.html
http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-1884.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/66802092.html
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-5032.html
http://shittakaanime.blog86.fc2.com/blog-entry-392.html
http://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/09/post-48b4.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-3212.html
http://ameblo.jp/brook0316/entry-11004304843.html
http://intyo649.blog77.fc2.com/blog-entry-497.html
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1183.html
http://animehigurasi.blog92.fc2.com/blog-entry-388.html
http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-914.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-4050.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51621038.html
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109030002/
http://blog.goo.ne.jp/nijigen-complex/e/a298fa75b6affa3f28f700ec326de91b
http://marixanzu.blog60.fc2.com/blog-entry-81.html
http://shirousausa.blog106.fc2.com/blog-entry-443.html
http://tsukataga.blog54.fc2.com/blog-entry-758.html
http://blog.livedoor.jp/nylon66/archives/51737500.html
http://spadea.jugem.jp/?eid=12241

テーマ : 神様のメモ帳
ジャンル : アニメ・コミック

(アニメ感想)神様のメモ帳 第08話

kamimemotitle.jpg

第08話「僕は運命を信じない」

電撃文庫原作のライトノベル『神様のメモ帳』の8話の感想

原作4巻の内容・・・今回で終了です・・・
さて・・・四代目と錬次のすれ違いは・・・どうなるのかな?

kamimemo8-1.jpg

「危ないかもしれないって・・・」

「暴れてどうにかなるんですか?錬次さんを殺せるんですか?
 四代目が目を覚ますんですか!」


「どうしていいかわからないんだよ・・・みんな」

「メール書いてる途中だったんだ・・・」

「僕はあの人の義弟(おとうと)だ。
 だから、戻ってくるまで組は僕がしめる
 文句があるやつは前に出ろ!」


「やはり君は将来の選択肢に詐欺師を含めてみたらどうだい?」

「君は本当に不思議な男だね。
 頭に血が上ると何故か最短距離で真実にたどり着く」


「今、君にできる事だ」


「大丈夫です。僕の仕事ですから」

まずは四代目の状態から・・・

錬次の行動を警戒して平坂組のメンバーを総出で会場の警護などに送っていたために
1人で事務所にいた四代目が複数人に襲われ重体に・・・

結構危ないって状態みたい・・・

ただこのシーンで気にあるのは普通に救急車とか来ていたのに
一切警察が関わっている様子がないこと・・・

真昼間に人一人が襲われて暴行を受けて重体・・・
いくら被害者が四代目だからって事情聴取とかいいんだろうか・・・
それともテツ達がもう済ませたって事なんだろうか・・・

最終的に事件を解決したわけだけど・・・警察は本当にどうしたの?
っていうかこの町の警察って何してるんだろうな・・・

原作でも結構大きな事件が起きたりしてるのに
解決するのは大概アリス達・・・
それでいいのか・・・国家公務員・・・情報提供だけとか・・・職務怠慢だろ・・・

ナルミは落ち込み、平坂組の面々は報復をしようとやっきに・・・
でもナルミは平坂組の事務所で四代目が襲われたときに、
自分宛に仕事のデータを送ろうとしていた最中だったと言う事に気づき、
平坂組のメンバーの下へ・・・

ナルミ・・・根性すわるとやっぱすげぇ・・・

平坂組のメンバーが暴れる事こそが錬次の企みであり、それによって仕事を、平坂組を・・・
四代目が築いてきたものを潰そうとしている事・・・
そして義弟として四代目が戻ってくるまで自分が平坂組を仕切ると宣言

ぶっちゃけナルミの腕っ節は平坂組の面々と比べれば弱いとしか言いようがない・・・
でもこういう時のナルミの精神的な強さはある意味で四代目に次ぐ・・・
だからこそ平坂組のメンバーもナルミが一番、四代目の意思を継ぐ人物として
彼の言う事を聞く事にしたんだろうな・・・なんか格好よかった・・・

高校生とニート達って考えちゃ駄目だよね・・・うん・・・

まぁ錬次の企み・・・という部分はナルミお得意のでまかせだったんだけど、
アリスが調査した結果、それは事実だったらしく結果オーライ

推理も捜査も全て置き去りにして、最短距離で結果にたどり着く・・・
こういうナルミの土壇場の力はアリスにはないもので
やっぱりこの2人はバランスが取れたパートナーなのかもしれない・・・

基本的にヘタレなナルミに指針を示すアリスを見てると尻にしかれているけどね・・・
まぁその分、家事全般はナルミなんだけどね・・・
そういう部分でもいいバランスの2人だ・・・

----------------------------------------------------------------------kamimemo8-2.jpg

「僕の足跡を辿って来るはずだ・・・
 あのサインが届いているなら」


「安い誘いやな・・・ナルミ!」

「両方とも同じ人間の手によるものだという事だよ」

「そこでヒソンは小さな店を開き、女としての自分も捨て
 君と四代目の間にあった思いも全て押し隠して・・・
 今も生きている」


「そして雛村壮一郎はヒソンを守るという約束を
 果たせなかった事で自分を責め続けている。
 全てを自分の胸にしまいこんだまま・・・」


「何が死者の言葉だ!くだらない」

「そう、選ぶべきだ。その選択を殺す権利は誰にもない
 そうだろ?四代目」


「みんな喋りやがったのかよ・・・」

そして5年前の事件の真相と全ての決着

錬次のTシャツの刺繍を完成させた状態のレプリカを使って錬次を誘い出したナルミ
そしてアリスが気づいたオリジナルTシャツの刺繍と錬次のTシャツの刺繍の共通点

5年前、ヒソンは愛人だった相手の妻に刺された。
でもどうにか一命を取り留める事には成功
ただし刺された結果、子宮・卵巣を摘出する事になり女性としての機能を失った
その後・・・彼女は多額の金を渡され事件は闇に葬られた

そしてヒソンはそのお金でテナントを借りて小さなお店を開き
女である事も捨てた・・・でも生きている

喜善(ヒソン) 善喜(ヨシキ)

裏返っている訳ですね・・・アニメでは説明されてませんけど

四代目はヒソンがヤクザの組長の愛人であった事、妊娠していた事を
錬次に知られたくなかったから・・・
そしてヒソンを守るという錬次との約束を守る事ができなかったからこそ
自分を責め、錬次に恨まれる事になっても全てを胸のうちにしまいこんでいた・・・

これは・・・キツイ・・・

ずっと錬次の為を思って秘密を守り続けてきた四代目もキツイし
性別を変え、全てをなかったことにして生きるしかなかったヒソンもキツイ・・・

でも親友と好きだった相手に何が起きたかも知らされず、
真実を知らないがゆえに親友を憎み、親友を徹底的に傷付けて
後は親友が築いたものを潰すだけ・・・という段階で真実を知らされた錬次はかなりキツイ

5年前からずっと溜め込んでいた憎しみ
そして彼が東京に戻ってきてから行った行動
それが全てこの瞬間に否定されちゃった訳ですから・・・厳しいな・・・

いや・・・まぁ・・・彼がやった事を考えると同情の余地はないのかもしれないんだけどね・・・
これはアレかな・・・最後まで親友を信じられなかったのが悪いって事なのかな・・・
四代目が否定しなかった事もあるからなんとも言えない状態・・・
なんていうすれ違いを起こしてるんだコイツ等・・・って感じ。

何気に四代目が隠していた事を全部暴露しちゃうアリスが鬼
っていうか死者の言葉なんてくだらないとかニート探偵全否定しちゃってるよこの娘・・・

しかも四代目に遅いよって・・・マジ無茶言ってる・・・
というか四代目・・・動いて大丈夫なのかよ・・・

流石のアリスも四代目と錬次のすれ違いには頭にきたんだろうね・・・
なにせ結果がこんな事態を引き起こしちゃったわけだし・・・

----------------------------------------------------------------------kamimemo8-3.jpg

「こっち戻ってきて、最初に会ったんだろ?
 そこで突っ立ってる俺の義弟(おとうと)に」


「お前、ほんまアホやな・・・」

「わかってるよ・・・でも他にどうしようもなかった
 お前にはわかんないだろうけど」


「わかるわ、アホ」

全ての真実を語り終わったアリスとナルミ、錬次の前に重体の体をおして駆けつける四代目
5年ぶりにようやく顔を合わせ、そして全てを知り、全てを知られた2人・・・

錬次がナルミに・・・自分の義弟に出会ったのは悪運が残っているからだと言う四代目と
それを聞いてナルミの方に視線を送り笑みを浮かべた錬次

ナルミが言ったように彼らの間にナルミがいて・・・
そして2人の切れかけていた絆を繋ぎとめていた・・・って事なんでしょうね。

そして彼らなりの決着は彼ららしいとも言えるただの殴り合い・・・
片方は体がズタボロ・・・片方は真実を知って精神的にズタボロ・・・
それでも殴り合いをしてけじめを付ける事にした2人の顔に憎しみがなかったのが印象的だった。

そして何よりもお互いに預けあった大切なもの・・・『お互いの言葉』を
この殴り合いの最中は互いに返してもらっていたのか2人の語り合いは
四代目が生来の関西弁・・・錬次は生来の通常語で行ってた・・・
これもまた色々と感慨深いシーンだった・・・

なんていうか・・・この2人・・・不器用すぎだよ・・・本当に・・・

----------------------------------------------------------------------kamimemo8-4.jpg

「遅い!品川発16時の新大阪行き新幹線だ!」

「頑張るよ・・・たった5%でも僕がここに・・・
 アリスの傍に居て良いって思ってくれるように」


「ぼくがなんだって?
 そばにプランクトン並の鈍さの君が居る事を、
 ぼ、ぼくがどう思うかって?
 これだけ一緒にいてもわからないのかい?
 君なんて、君なんて・・・ぼくがどれだけ・・・」


「東京土産がこれだけかおもたら泣けてくるで」

「忘れた事も忘れとったわ・・・」

「ちょっと消毒液臭いけどな・・・」

「あのアホ・・・怪我人は安静にしとけっちゅーねん」


エピローグですね・・・

イベントは成功・・・終了後はみんなで打ち上げ
そして後日・・・『はなまる』に忘れられた錬次のサングラスを見かけたナルミは
アリスの元を訪れ、彼女から錬次が東京から去るために乗る電車を知らされ、
そしてアリスから渡されたもう1つの忘れ物を手に錬次の元へ・・・

四代目を間接的にとはいえ傷つけた相手である錬次・・・
でもナルミの態度は前と同じで、錬次も危うさが消えて前の軽い感じ・・・

彼を引きとめようとするけど錬次はけじめだと大阪の方へ行く事に・・・
最後に刺繍を完成させたTシャツを受け取り錬次は去っていった・・・

消毒液の匂いがすることからその刺繍を完成させたのが
怪我人で安静にしていなければいけないはずの親友である事に気づき
涙を流し、そして親友の体調を心配しながら・・・

そして『はなまる』にはヨシキが作った暖簾が・・・
その隅に刺繍されていた二匹の狼はやっぱり2人の事なのかな?

なんていうか・・・こういう状況になっても強く残っている2人の絆がよくわかるシーンだった・・・
でもこの絆もナルミと・・・そしてアリスがいなければ切れてしまったんだよな・・・
そう考えるとゾッとする事態・・・一つ間違えてれば目も当てられない状況だっただろうし・・・
一件落着してよかったよかった・・・

ところでコレ・・・四代目を襲った実行犯とかは平坂組に捕まって警察とかに突き出されたのかな?
計画を立て、命令した主犯である錬次はなんか爽やかに見送ってるけど・・・
きっと錬次・・・捕まった手下のフォローとかしてないよね・・・きっと・・・
仲間って感じではなかったし・・・

そこらへんはなんかやっぱり・・・酷いやつだな・・・
まぁ言及されている訳じゃないからあくまで想像なんだけどね・・・
警察の厄介になってたらあんなにあっさり去っていけないよね・・・

そしてやっぱりというか恒例というか・・・やっぱりあったアリスの赤面劇場・・・

ナルミ・・・口説いている気は本当にないんだよな?

っていうか今回に限ってはアリスが危うく自爆する寸前だったな・・・
ナルミに言われた言葉に動揺して、おもわず自分がナルミの事をどれだけ頼りにしているかを
口に出してしまうそうになってた・・・もちろん顔真っ赤で・・・

何この可愛い生物・・・

無自覚なナルミと徐々にデレていってるアリス・・・
うーん・・・二人の関係は順調・・・と言っていいんだろうけど・・・
なんかこう・・・恋愛って感じじゃないんだよね・・・見てる感じだと・・・
大切に思っている事は確かなんだけど・・・

ここら辺の進展も楽しみの一つだったりするんですけどね。

----------------------------------------------------------------------kamimemo9yokoku.jpg

次回「あの夏の21球」

次回は1話完結の短編かな?

ゲームセンターの存続をかけて野球でネモさん・・・
2話登場のヤクザの人と勝負する事になる話

ヤクザと野球とか・・・だんだん平凡からかけ離れていくな・・・ナルミ・・・

そういえば・・・楕円で作画の話はでるのかな・・・
あの場面はぜひ映像で見てみたいんだが・・・ナルミの無駄に凄い才能が見れるはず・・・

次回も楽しみだー

今回は何度か警察関連の無粋なツッコミが入っているけど感想を書いてて
どうしてもツッコミを入れたくなったので投入・・・
面白かったんだけどね・・・この作品って本当に警察の存在が薄い気がする・・・
まぁ登場キャラ達が結構法律スレスレの手段でアレコレしたりしてるから
でてきたらでてきたで行動が制限されてつまらなそうなんだけどね・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。


------------------------------------------------
言及リンク
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-6003.html
http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/blog-entry-758.html
http://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/08/post-bc43.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-3199.html
http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-902.html
http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-1250.html
http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-1848.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-1908.html
http://shittakaanime.blog86.fc2.com/blog-entry-385.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-6556.html
http://ameblo.jp/brook0316/entry-10996454547.html
http://blog.livedoor.jp/s_396n/archives/51778340.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/66771337.html
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-5018.html
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1167.html
http://spadea.jugem.jp/?eid=12125
http://animehigurasi.blog92.fc2.com/blog-entry-383.html
http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3604.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51619810.html

テーマ : 神様のメモ帳
ジャンル : アニメ・コミック

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。