スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00 2ndSeason 第25話「再生」

第25話「再生」

setunarebons25-0.jpg

「救世主なんだよ、僕は」

「貴様が行った再生を、この俺が破壊する」

自分を神そのものだと言うリボンズ。
彼を否定する刹那。

この00の物語の始まりはこの2人の出会いから始まり、
2人の戦いで終わろうとしてます。

setunarebons25-1.jpg

「ダブルオーライザー」

「リボーンズキャノン」

「刹那・F・セイエイ」

「リボンズ・アルマーク」

「でる!」

「いく!」

リボーンズキャノン

ネーミングセンスが・・・・・・

神だと言った上、機体に自分の名前をつけちゃったよこの人・・・

        機体名の名乗り
           ↓
        搭乗者の名乗り
           ↓
          掛け声


この展開はやっぱり燃えます。

setunarebons25-2b.jpg


「ここは、俺の距離だ!」

「なに!?」

「あ、あれは・・・ガンダム」

「ツインドライヴシステムが自分だけのものと思っては困るな」

「そうとも、この機体こそ人類を導くガンダムだ!」

リボーンズガンダム

キャノンとガンダムを切り替えながら戦う機体
顔は悪役っぽいですが確かにガンダム。

でもやっぱりネーミングセンスが・・・・・

areruya25-1.jpg

「超兵復活といこうぜ!」

「戦うさ僕達の行動に未来がかかっている」

「こいつ」

rockon25-1.jpg

「そんな機体でこの私と張り合おうなどと」

「システムの助けがなきゃイノベイターもその程度かよ」

ヒリングとリヴァイヴが戻ってきて危機に陥る刹那。
敵が2人増えたので仲間が2人助けに来ました。

アレルヤはハレルヤを認識して完全に超兵としての力を取り戻し、
ロックオンは機体はボロボロだけどリヴァイヴを圧倒する。
そして・・・

areruya25-2.jpg

「ヴェーダに依存しっぱなしで、俺達に勝てるわけねぇだろ!」

「助けてリボンズ」

ヒリング散る

アレルヤにようやく見せ場が!
やっぱりアレルヤにはハレルヤがいなくてはダメなのか・・・
アレルヤの見せ場というよりハレルヤの見せ場だが。

setunarebons25-3.jpg

「この力!」

「純粋種の力か!」


リボンズに挑んだハレルヤは片手間にやられ、
トレミーの援護もほとんど気にしないリボンズ。
ヒリングがやられた事は少しイラっときたのかな?

煙幕の中で刹那がリボンズを見失わなかったのが純粋種の力なのかな?
脳量子波の力ってやつなのか?
このあたりの説明がアニメではほとんどないのが嫌な気がする。
わからない用語がわからないまま終わってしまうようだ。

rockon25-2.jpg


「これが・・ソレスタルビーイングだ」

「なぁアニュー・・・」


たった1秒のトランザム

ボロボロのケルディムでそれを使いリヴァイヴを倒すロックオン。

かっこよすぎです!

これでイノベイターはリボンズだけ。
戦いは最終局面へ・・・・・。

rebonsthieria25-1.jpg

「人類を導くのではなく、人類と共に未来を作る」

「それが僕達イノベイドの在るべき道だ」


「下等な人類などと一緒に!」

かつて自身の存在意義に悩んだティエリアが
リボンズにイノベイドの本来歩むべき道を示す。
しかしリボンズはそれを拒絶しトランザムへ・・・。

setunarebons25-4.jpg


高速で戦う2人。
00の頭部が破壊され再び刹那の純粋種の力が覚醒し量子化。
リボンズの機体にダメージを与えるが00も腕を切り離される。

GNドライヴがついた腕を斬られてどうなんの・・・・でCM

----------------------------------------------------------------------
rebons25.jpg

「これは・・・運命だ」

「まだ僕は・・・戦える」


マジですかぁぁぁぁぁ!

00のGNドライヴを奪ったリボンズ。
機体が限界に近づく中、見つけたのはかつての自分の機体。
Oガンダム。

正直、ここら辺からTVを見ながらニヤニヤが止まりませんでしたね。
この展開は予想してなかったのでかなり驚いた。
Oガンダムの出番は正直ラッセが使い捨てて終わりだと思ってたので。

一方、朦朧とする意識の中で刹那はフェルトから貰った花と光を見る!

rebons25-2.jpg

「どこだ、どこにいる刹那・F・セイエイ」

どっかで見た光景+セリフだ・・・・

もはや完全にファーストガンダムにしか見えないOガンダム。
刹那を探すリボンズの目に留まったのはもう1つのGNドライヴすら
外した00の姿。
そして彼方から近づいてくる光・・・

あれ?まさかここにきて新型機が登場するのか・・・と思っていたら。

setuna25-1.jpg

「ガンダムエクシア」

「刹那・F・セイエイ」

「未来を切り開く!」


エクシア、来たぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

まさかまさかのガンダムエクシアの登場でした。
そういえば回収されてたんですよねエクシア。
途中でスメラギが射出準備させてたR2ってたぶんエクシアのこと。
ガンダムエクシアR2ってことなのかな?
でもここでエクシアとは・・・・・燃える!

EXIA_VS_O-GUNDAM.jpg

マリナの刹那宛の手紙の内容とマリナと子供達の歌が流れる中で決戦。

いやいや、最終決戦なんだからその歌はちょっと・・・

刹那とリボンズの会話もほとんどなくただマリナの歌と声が・・・・
せめてリボンズの最後の言葉とか入れられなかったんだろうか?
戦いそのものは特に文句なかったのにここでこんな風にしなくても。

手紙の内容そのものは刹那を想うマリナの気持ちなんだろうから
語られてもいいと思うのですがなぜこの場面で・・・・・

----------------------------------------------------------------------
marina25.jpg


「刹那、私はこの小さな平和を広げていくわ」

「物語が語り繋がれるように」

「歌が人の心に染み入るように」


連邦政府の力で復興したアザディスタン。
どのくらいあとのことなんだろう?
少なくとも1年くらいはたってるのかな?
結局、宇宙に上がったのに一度も刹那と会わず戦闘も遠めに見てただけ。
いままでで一番、扱いがひどい広いんだったのではないだろうか?
まぁ、本人は国が復興できて子供達が笑っているから幸せなんだろう。
うん、きっと・・・・・

----------------------------------------------------------------------
sagiruis25-1.jpg

「考える必要があるんだ」

「本当に・・・平和を求めるなら」

「世界について考えることが」


「うん」

本当に・・・・よかった!

この2人が無事生き残り、一緒にいる。
これはかなりうれしいことです。
途中何度かルイスが死んでしまうのではとハラハラしましたが本当によかった。

1期では2人とも戦争とは無関係だと思っていた。
2期では2人とも戦争の中にいた。

この2人だからこそ、”平和”という言葉の大切さがわかると思う。
誰もが世界の住民なのだから世界について考える。
自分は無関係だとは思わない。

2人ともとても成長したと思います。

----------------------------------------------------------------------
cora25.jpg

「大佐、なにやってんすかぁ?」

生きてたぁぁぁぁ!

しかも・・・

coramanekin25.jpg

「不死身のコーラサワー改め
 幸せのコーラサワーになりました」


「やれやれ・・・・まだまだだ」

結婚したぁぁぁぁ!!!!

もしかしたら生きてるかもと思っていましたが結婚はさすがに予想外。
なにげにこのシリーズで一番幸せなやつはコーラサワーなんじゃないかな?
どんなにやられても死なないし、意中の女性と結婚したし。

うーん、でもすげぇ!

----------------------------------------------------------------------
sonota25.jpg

「父と母が目指した軍人に」

アンドレイは両親の遺志を継ぎちゃんとした軍人を目指すことに。
彼は彼なりに両親のことを尊敬してたんですね。
まぁ許せませんけど。とりあえずルイスから離れたようでよかった。

グラハムは・・・・・・・・

最終回の出番これだけ!?

喋ってないし・・・・・・・

ビリーはおじさんが切腹したのに・・・・・スメラギといい感じ・・・なにか?

----------------------------------------------------------------------
rockonEND.jpg

「ロックオン・ストラトスとしてこの世界と向き合う」

家族とアニューにガンダムマイスターとして生きることを報告するロックオン。
家族の墓の横にアニューの墓があるあたりで彼の彼女への想いがわかる。
アニューが示した彼への愛がある意味でイノベイドの本来の道だった。

幸せになってほしかったなぁ・・・・・

areruyaEND.jpg

「見つけるんだ、僕達が生きる意味を」

「その答えを」

マリーと共に旅立つアレルヤ。
彼らはソレスタルビーイングをやめたってことなのかな?
それとも一時的に離れているだけなのかな?

とりあえず幸せそうだからいいか。

thieriaEND.jpg

「来るべき、対話の時まで・・・さようなら、みんな」

ヴェーダの一部となり、時期が来るまで眠りに付くティエリア。
彼はきっと安心し、そして人類を信じて眠りに付くのだろう。
彼が次に目覚めるのは・・・・いつかな?

setunaEND.jpg

「俺達はソレスタルビーイング」

「戦争根絶を目指すもの」

「世界から見放されようとも」

「俺達は世界と対峙し続ける」

「武力を行使してでも、世界の抑止力となって生きる」

「だからこそ俺達は、存在し続けなければならない」

「未来のために」


ソレスタルビーイングは存在しつづけなければならない。

いいですねぇ。
たとえ世界中から敵と見なされても抑止力として存在しなければならない。
存在そのものが目的に反する矛盾をかかえた組織。
だけど確かに彼等の存在は必要不可欠なのかもしれません。

----------------------------------------------------------------------

最終話を振り返って

マリナが最後までヒロインっぽくなかった気がします。
周りから見たら刹那とマリナの関係は恋人のように見えていたみたいだけど
本人達はぜんぜんその気がなかったのかな?
そういうのとは関係なく深い所で互いを想いあっていた気がするが・・・・。

あとマリナと子供達の歌の使いどころが微妙だった気がします。
マリナと子供達が平和への願いを込めて作った歌なので
もうちょっと物語りに関わる感じで使ってほしかったですね。

マリナの手紙のBGMで歌が流れるのはピッタリだと想うのだが
映像は刹那とリボンズの最終決戦。
これはさすがにまったく意図が読み取れなかった。

今回はソレスタルビーイングの仲間がほとんど死ななかった。
アニューは残念だったが一応、敵だった。
ティエリアも精神は生きて今も存在している。
ラッセの細胞異常も刹那の力で直ったようで・・・・・

まだまだ全然活動できるようです。
だからなのかな・・・・

gekizyoubann00.jpg

総集編みたいなものか、それとも続編なのか・・・・楽しみです。
グラハムが活躍すると嬉しいのだが・・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムOO
ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダム00 2ndSeason 第24話「BEYOND」

第24話「BEYOND」

setuna24-1.jpg

「そんなことを、させるかぁぁぁぁぁぁ」

TRANS-AM BURST24
setuna24-2.jpg

「そうだ、未来を作るために」

「俺達は、変わるんだぁぁぁぁぁ」

rezyene24.jpg

「完全なる進化を遂げたか刹那・F・セイエイ」

「君こそが真のイノベイターだ」

仲間達の叫びが刹那に完全なる変革を起こさせる。
なんかデタラメなGN粒子放出量です。

そして仲間達に、戦場の人々に刹那の心の光が降り注ぐ。
状況の感想は↓でそれぞれの場面ごとにしてます。

しかしリジェネ、ただでは終わらないと思ってましたが精神は生きてたようです。
再生の名前持ちだけにしぶといです。

----------------------------------------------------------------------
regnantolaizer24.jpg

「貴様達を倒すためなら」

「だめだぁぁぁぁぁぁ!」

ガンダムを倒すためなら、自分が犠牲になってでもというルイス。
彼女の悲壮な覚悟に沙慈はついに引き金を引く。

やるせないです・・・・・。

ここでルイスが退場か・・・と心配しましたが・・・

ruisu24-1.jpg


「ルイスは?」

「大丈夫だ」

「彼女を連れて安全な場所へ行け、敵が来る」

無事でした。
接近するリヴァイヴとヒリングの機体を察知し沙慈をルイスと逃がす刹那。
一瞬、オーライザーで離れるかと思ったのですがノーマルスーツで宇宙遊泳。

いやいや、戦場でそれはかなり危ないよ!

そして目覚めたルイスは憎しみで沙慈に襲い掛かる。
しかし彼のする指輪を見て過去の光景がフラッシュバックし・・・

ruissagi24-1.jpg

「ルイスゥゥゥゥゥゥゥゥゥ」

沙慈の叫び。ルイスは死?それとも精神崩壊でしょうか・・・。
この叫びが刹那を・・・・


そしてGN粒子が降り注ぎ・・・

ruissagi24-2.jpg

「沙慈、私、もう・・・」

「何も言わなくていいさ、わかってる」

やっと本当の意味で再会した2人。
この場面が見れただけでもこの番組を見てきたかいがある。
本当に沙慈はかっこよくなった。

お姉さんの件が完全にスルーになってるのがちょっとだけ残念。
彼女の死の真相を沙慈が知ることは恐らくないかな?

----------------------------------------------------------------------
thieriarebons24-1.jpg

「僕達はイノベイターの出現を促すために、

 人造的に生み出された存在」


「イノベイドだ!」

「僕はイノベイドを超え、

 真のイノベイターをも超える存在になった」


ここにきてティエリア達がイノベイターの発生を促す為に作られた『イノベイド』と判明。
でもリボンズはイノベイターすら超えた存在に進化したと言う。

ラスト前にまた用語が増えた・・・・・。
そして・・・

thieriarebons24-2.jpg

「言ったはずだよ、僕はイノベイターをも超える存在だと」

「ヴェーダは渡さない!」

「そうさ人類を導くのはこの僕だ!」

(〝ロ゛)アアアアアアアアア!!

まじですか?ティエリアさん・・・・こんなあっさりと死んで・・・・
どうあっても助からない傷です・・・・・
CBの第2期、戦死者第1号(アニューは除く)はティエリアなんて・・・・・

しかしGN粒子が降り注ぎ・・・・

thieriarebons24-3.jpg

「ヴェーダが僕とのリンクを拒絶した?」

「リボンズ、君の思い通りにはさせない」

「そうだろ?ティエリア」

serafim24.jpg

セラフィムのトライアルシステムが作動しイノベイトの機体は停止していく。
これは!!!ティエリアがぁぁぁぁぁ・・・・

thieria in veda 24-1


「勝手に殺してもらっては困るな」

「今、僕の意識は完全にヴェーダとリンクしている」

「僕はイノベイター、いやイノベイドでよかったと思う」

「この能力で君達を救うことができたのだから」

「今こそ話そう、イオリア計画の全貌を」

生きてたぁぁぁぁぁぁぁ?

ヴェーダと完全にリンクして精神は生きていたようです。
肉体を再び持つことは可能なのかな?それともこのまま・・・・。

自らを人間だと言っていたティエリアが仲間を助けられたからイノベイドでよかったと
言ったのは凄い感動した。
やっぱり前期に比べて格段に成長したかんじだ。
精神面では他のイノベイドの比じゃないんじゃないかな?

予断だがヴェーダと繋がったティエリアを見て思ったんだが・・・

reopaldo24.jpg

彼が思い浮かんだ!

声、一緒だし一人称が僕だし・・・・

※もふさん、コメントでの指摘ありがとうございます。
  なんでこんな勘違いしたんでしょうか・・・・?

----------------------------------------------------------------------
berrysumeragi24-1.jpg

「有史以来、人々が求め続けた理想郷が

 実現しようとしているというのに」


「過去に犯した過ちを、
 
 自分達で払拭しなければ本当の未来は訪れない」


「だから私は戦う!」


スメラギとビリー。
復讐の鬼となっていたように見えたけど本人を前にして投降の呼びかけ。

あれ?

berrysumeragi24-2.jpg

「自分達の意思で未来を作るために」

「どうして君はわかってくれないんだ」

恒久平和の為、スメラギを撃とうとするビリー。
しかし、GN粒子が降り注ぎ・・・

berrysumeragi24-3.jpg

「君を、ぼ、僕はずっと・・・僕は」

「ずっと君のことが好きだった」

?????

色々とスメラギへの復讐心からぶっとんでいたビリー。
恒久平和の為とか言っているけど完全に復讐のためだった。
でも愛情の裏返しの憎しみだったので心での語り合いで再び裏返し。
そして告白へ・・・・・。

一言だけ言わせて下さい・・・・

ふざけんなぁ!

nanndesokoniiru.jpg

そして普通にプトレマイオスのコクピットにスメラギといるビリー。
いいのか?本当にそれでいいのか?
なんか納得できない・・・・・。

人々が分かり合えるようになるのがイオリアの最終的な目的だったらしいけど・・・
いいのかこれは?
どさくさにまぎれて・・・スメラギはそれでいいのか?
嫌いではなかったんだろうけどさ・・・色々と・・・・。

話が変わるがビリーの友人である彼の出番は・・・・・?
機体が壊れていても見た目、完全にフラッグになったし来週でてこないかなぁ。
後日談とかでの登場よりもう一度、戦場にでてきてほしい。

あー・・・でも出て来たら死ぬかも。

----------------------------------------------------------------------
CB24-1.jpg

それぞれの戦場で苦戦する仲間達。

CB24-2.jpg

そして絶望的な状況に陥る仲間たちの声をトランザム状態の刹那は聞く。

そしてGN粒子が降り注ぎ・・・・・

rockonareruya24-1.jpg

ロックオンとサーシェスの戦いはさらに激しく
アレルヤはハレルヤと共にトランザムへ・・・

andoremaryy24.jpg

「ならどうしてあの時、何も言ってくれなかったんだ」

「言ってくれなきゃ、何もわからないじゃないか」

「言ってくれなきゃ」

「大佐・・・」

父であったセルゲイを知ろうとせずに自らを知ってもらおうとしていたアンドレイ。
血は繋がらなくともセルゲイのことを深く理解していたマリー。

もしかしたら兄妹になっていたかもしれない2人。
悲しいすれ違いですね。
アンドレイとセルゲイについてはどっちも反省する点があったと思う。
殺しちゃったのはダメダメだが・・・・。

アンドレイ、なんとなく生き残りそうな予感・・・・・。
まぁ少々反省したようなので名前で書いておこうかと。
GN粒子は人を素直にさせる能力ももっているのだろうか?
それとも粒子を発生させている刹那の心の影響だろうか?

粒子の中でCBの仲間たちも生き残る希望を見出す。
ラッセの症状もなんか治まったようだし。
あいかわらずすごいGN粒子。

areruyamaryy24-1.jpg

「大丈夫かい?マリー!」

「大丈夫、もう大丈夫よ」

「ありがとう、アレルヤ」

再びめぐり合うマリーとアレルヤ。
正直言うと今回もうちょっとアレルヤは活躍すると思ってた。
ハレルヤがでてきて破壊しまくったり、前期の思考と反射の融合とか・・・

マリーは自分の因縁の相手であるアンドレイへの復讐をやめ一応の決着をつけたが
アレルヤはただマリーの周りで彼女を守ってただけ。
十分凄いことだが・・・・・・地味だよね。
いや、まだもう1話残ってる。
期待しておこう。

rockon24-1.jpg

「兄さんの事を責められねぇなぁ」

「こいつだけは・・・許せねぇ」

家族の復讐を誓っていたニールのようにはなれないと言っていたライル。
しかし、彼の中にも兄と同じ気持ちが宿っていたようです。
そして・・・

rairusasyes24.jpg

「こいつが、父さんも母さんもエイミィも・・・」

「兄さんも・・・」

”ライル・・・私達、わかりあえたよね?”

「馬鹿がぁ!!」

サーシェスを追い詰め、銃を向けるライル。
しかし愛した女性であるアニューの声を思い出し引き金を離す・・・・
その隙にサーシェスは銃を取りライルを撃とうとするが・・・ライルは彼を撃つ。

rockon24-2.jpg

「アニュー、お前のおかげで人と人とが

 わかりあえる世界も不可能じゃないと思えたんだ」


「だから、世界から疎まれても、咎めを受けようとも」

「俺は戦う」

「ソレスタルビーイングのガンダムマイスターとして」

かっこいいよ!ロックオン!

ここにきて、彼に足りなかった『覚悟』がついに備わった感じです。
でもあと1話。
無事に生き残ってほしいけどどうなることか・・・・。

----------------------------------------------------------------------
last24-1.jpg

「我々の武力介入行動は、矛盾を孕みつつも
 世界の統合を促し、例え滅びようとも
 人類の意思を統一させる事にあった。」


「それは人類が争いの火種を抱えたまま
 外宇宙へ進出する事を防ぐためだ。」

「人類は変わらなければ未来を紡ぐ事は出来ない。」

「いずれ巡り合う意思との対話に備えるためにも。」

「その為にも僕達は」

「わかりあう必要がある」

明かされるイオリアの計画




そして、破壊されるセラフィム。

プトレマイオスのクルーはセラフィムにティエリアが乗っていると思っているのかな?
すごい悲しんでました。
セラフィムが大破してもヴェーダと繋がってるだけだから大丈夫ですよね・・・多分。

そして・・・・・

rebons24.jpg

「感謝してほしいな」

「君がその力を手に入れたのは、僕のおかげなんだよ」

「刹那・F・セイエイ」

・・・・・赤いガンキャノン?

ずっとガンダムタイプの機体だと思っていたのに・・・・裏切られた。
っていうかトランザムライザーに勝てるんだろうか?
今までの機体でもトランザムライザーと戦うのはかなり無理っぽいし、
今のトランザムバーストができる状態では脳量子波も妨害されるからかなり無理な気が・・・
来週、どのような戦い方をするか楽しみではある。
00を圧倒したらどうしよう・・・・・。

----------------------------------------------------------------------
00last.jpg

次回は「再生」

ついに次回は最終回。
とくに言う事はないです。

次回を楽しみにして待つのみ!

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。

続きを読む

テーマ : 機動戦士ガンダムOO
ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダム00 2ndSeason 第23話「命の華」

第23話「命の華」

アロウズは旗艦が撃沈したわりに意外としいつこい感じ。
名前付きキャラはもういないはずなんだが・・・・・・。

syutugeki23-1.jpg

「みんな、行きましょう」

「私たちが世界を変えたことへの償いを」

「そのけじめをつけましょう」

「イノベイターの支配から世界を解放し、

 再び未来を変えましょう」


「未来のために」

suemragi23-1.jpg

「ラストミッション、スタート」

スメラギさんはかっこよくなった。
1期の頃はまだ過去の失敗を引きずってどこか弱弱しく思えたが、
一度どん底まで落ちて這い上がったせいか逞しくなった気がする。

スメラギとカティの間にある種の信頼関係のようなものがあるのもいい。
お互いを認め合ってる感じです。

ソレスタルビーイングとイノベイター(+α)の戦いは最終決戦に相応しく
それぞれが因縁ある相手との一騎打ち・・・一部違うが。

○ 沙慈&刹那 VS ルイス

setunasagiVSruisu23.jpg

「お前達は世界を乱す悪だ」


「お前達さえいなくなれば・・・」

「幸せになれるの?」

「沙慈!?」

「戦いで勝ち取る未来なんて・・・」

「本当の未来じゃないよ」

「僕達は分かり合うことで・・・」

「未来を築くんだ!!」

状況はには完全に敵味方に分かれてしまった主人公とヒロインの会話。
刹那は今回、完全に運転手扱いです。

トランザムを使わずにレグナンオを圧倒しているように思えるんですが
やっぱりそこは変革のせいなのかな?
ルイスも一応イノベイター化しつつあるはずなんですけどね。

空気読まない馬鹿がいたけどほとんど空気だった。
もはやあの戦場ではなんの役にも立たないのでは?

○ ロックオン VS サーシェス

rockonVSari23.jpg

「あの機体は・・・・兄さんの」

ロックオンはリヴァイヴやヒリングと戦うと思っていたが意外にもサーシェス。
ライルの家族、全ての仇であるわけだから間違ってはいない。
でもティエリアが戦うと思ってた。

すでのケルディムはトランザムを使用済みだがまだ使えるんだろうか?
相手が使えたら話にならない。

その上、近接戦では流石にまずい気がする・・・・。
ロックオンが勝って生き残るヴィジョンが見えない。
勝つだけならできそうだが・・・・・・。

そういえばサーシェスはすでに刹那の眼中にはないのだろうか?

○ ティエリア VS ヒリング&リヴァイヴ

thieriaVShiringrivaiv23.jpg

「真打登場ってとこね」

「これ以上はやらせん」

「邪魔をするな」

ロックオンがサーシェスなのでティエリアは余りもののイノベイター。
あれ?2人同時だと色々と問題が・・・・”彼の相手は?”

トランザムを使う2人にあっさり負けるティエリア。
トランザムというアドバンテージがなくなると、どう足掻いても機動性が・・・・

でも今のティエリアは昔と比べて逞しく、脱出して母艦の中へ。
ヒリング達は眼中になかっただかなのかも・・・・。

○ アレルヤ&ピーリス VS その他

areruyasoma23.jpg

「くっ、粒子残量が・・・」

「マリー!!!」

ええっと・・・・・・・
せめてヒリングかリヴァイヴのどちらかを彼らに回すべきだったのでは?
せめて馬鹿息子でもよかったんだが相手は量産型。
まぁ手強い相手ではあるんですが・・・・。

ピーリスはコーラサワーと同じような状況になってしまったがどうなるか。
予告に映っているので大丈夫だとは思うんだが・・・・・。

因縁とか全然関係ないところで戦ってる2人。
でもアレルヤとピーリスには因縁があったような・・・・。

○ スメラギ VS ビリー

sumeragiVSberry23.jpg

「ビリー」

「クジョウ」

スメラギさんじゃオートマトンには絶対に勝てない気がするがビリーになら・・・。
でも彼を倒せてもオートマトンは無理っぽい。
まさかここまできてビリーがスメラギを庇って死ぬとか・・・・ないよね?

来週はビリーの恨みつらみが聞けるのだろうか。

○ ティエリア VS リボンズ

thieriaVSrebons23.jpg

「人類は試されている」

「滅びか、それとも再生か」

「だが、それを決めるのは君じゃない」

「ティエリア・アーデ」

リボンズ、驚いた声してます!!

ここでティエリアがでてくるのは予想してなかったんでしょう。
完全なイノベイターであるリボンズと
イノベイターとして生まれながら”人間”であるティエリア。

来週の2人の会話が楽しみです。
前はティエリア女装(?)で踊りながら話してましたが来週は・・・・。

----------------------------------------------------------------------
rebons23-1.jpg

「僕の意識はヴェーダと直接繋がっている」

「肉体はただの器にしかすぎない」

「君ができないことが僕にはできる」

「言ったはずだよ、僕は君たちの上位種だと」

やっぱり生きてたリボンズ。
まぁ普通に次回予告の映像に映ってたしね。

リジェネはサーシェスに撃たれあっさり退場。
ティエリアと同じDNAを持つ存在の割りにからみが少なかった挙句あっさりと
本当に死んでしまったんでしょうか?

あまりにあっさりしすぎてリジェネの存在理由が良く分からない。
この程度の役回りなら別に同じ顔でなくても良かったのでは?

----------------------------------------------------------------------
CB23-1.jpg

コロニー型外宇宙航行母艦ソレスタルビーイング

イオリアが2世紀以上前から予見していた未知なる種との遭遇
そしてそれとの対話の為の準備として色々な物を生み出した。

そもそもイオリアって何者だったんだよ!

もはや天才とかいうレベルじゃない気がします。
もはや鬼才?

ソレスタルビーイング(母艦)が人類を滅亡から救う箱舟とリボンズは言っていたが
同じ名前を持つソレスタルビーイング(組織)もある意味、人類の救い手なのかも
とか考えてみた。

はたして生き残るのはどちらなのか・・・・

----------------------------------------------------------------------
真のGNドライブの奥の手・トランザム

1期ではその凄まじい力で戦況を変え、
2期でも要所要所で躊躇いもなく使われ・・・(ここら辺でもう・・・)

最近では怨念(?)の力が組み込まれた機体でブシドーまでもが使い
ついに今日は・・・・・

toranzam23-1.jpg

もはや奥の手とかそういう扱いですらなく特攻兵器の機動力あつかいです。
動力源はもちろん怨念パワーなので・・・

beryy23-1.jpg

「自らの技術で滅びるがいい、ソレルタルビーイング」

彼は色々な意味でもっとも怒らせてはいけないキャラだったようです。
もし彼がスメラギの正体を知らないままで話が進んでたら・・・・・

あれ?色々と雑魚なんじゃ・・・・

リボンズなら作れたと思いますがでも・・・・・。
グラハムとか話にならなかったかも。

そういえばプトレマイオスもトランザムを使ってたけどガンダム乗せてなくてもできるんだね。
知らなかった。そういう描写どっかであった?
いつもアリオスとかアリオスとかアリオスのトランザムを使ってた気がする。

----------------------------------------------------------------------
プトレマイオスを守る為、カタロンと連邦軍の戦艦が盾となり攻撃を防ぐ。

しかし敵(特攻トランザム)がマネキン大佐のの船へ。
そして・・・・・・・

cora23-1.jpg

「俺の大佐にぃぃぃぃ、手をだすなぁぁぁぁぁ」

manekin23-1.jpg

「パトリック!!」

敵の機体を破壊するが別の機体に組み付かれるコーラサワー機。
そして・・・

cora23-2.jpg

「大好きです、カティ」

cora23-3.jpg

manekin23-2.jpg


「パトリックーーー!!!」

Σ(゚□゚(゚□゚*)パトリックーーーーーー

えーっと・・・・・悲しむべきなんでしょうか?
彼の場合色々と前科があって死んだことが信じられないんですが・・・・。

最終回でちゃっかりマネキン大佐と一緒にいたりしそうです。
でも流石に今回のこれは無理・・・・・・・かなぁ?

それと2人は何気に名前で呼び合う関係になっていたようです。
最後までカティを守って戦った彼は文句なしにかっこいいのですが。

ええ、ブシドーとか怨念技術者、馬鹿息子などより全然。
ブシドーは彼を超える活躍をすることがあるかな?
あと2話だけど・・・・。

----------------------------------------------------------------------

0024wa.jpg

次回は「BEYOND」

刹那、革新者へとなる。

刹那が完全にイノベイター化するのでしょうか?
でも実際どうなるんだろう。結局、刹那は刹那だと思うのだが。
いきなり別人のような喋り方とか思考とかしださないだろうし。

今週の戦死者はコーラサワーさんが一番大物。リジェネもかな?
メインメンバーはいまだ生存してる。
そろそろ怖い・・・・・・

(('゚;Д,゚、.))ガクガクブルブル

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。

テーマ : 機動戦士ガンダムOO
ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダム00 2ndSeason 第22話「未来のために」

生きるために戦え!

第22話「未来のために」

今回はちょっと趣向を変えて最初に刹那のセリフを持ってきてみた。

生きるために戦え    未来のために

おぉ、タイトルとなんか繋がってる感じに。

それぞれの決意を語りアロウズとの最終決戦へ向かうソレスタルビーイング

sagi22-1.jpg

「行くよ、僕の戦いをする為に」

「決めたんです。もう迷いません」

soma22-1.jpg

「私にもそうするだけの理由がある」

元々ソレスタルビーイングのメンバーでもなくマイスターでもない2人。
それでも戦うことを決意する2人。

沙慈はすごく成長してかっこいい感じです。
1stの頃とはもはや別人・・・・・・・。

ピーリスはやっぱりまだ硬い感じがするけどそれでも心を許し始めているかな?
出撃時にはアレルヤにマリーと呼んでもいいと言ってるし。

setuna22-2.jpg

「俺達は未来の為に戦うんだ」

thieria22-1.jpg

「イノベイターの支配から人類を解放する為に」

areruya22-1.jpg

「僕やソーマ・ピーリスのような存在が、
        二度と現れない世界にするために」


rockon22-1.jpg

「連邦政府打倒が俺の任務だ」

「イノベイターを狙い打つ、そして・・・・」

setuna22-3.jpg

「俺達は変わる」

「変わらなければ世界とは向き合えない」

そしてマイスター達の決意。
こういうシーンはやっぱりいいです。

やっぱりマイスターは全員かっこいいなぁ。

ロックオンの「そして・・・」が気になるといえば気になる。
刹那への恨みとかじゃないですよね?

----------------------------------------------------------------------

そして物語も終盤なので出撃前の主人公とメインヒロインの会話
ちょっと長いですが勘弁してください。

kaiwa22-1.jpg

「刹那」

kaiwa22-2.jpg

「フェルト」

kaiwa22-3.jpg

「これを・・・」

kaiwa22-4.jpg

「花?」

kaiwa22-5.jpg

「リンダさんがラボで育てたんだって」

「貴方に・・・・あげたくて」

kaiwa22-6.jpg

「ありがとう、フェルト」

「マリナさんに怒られるかな」

kaiwa22-7.jpg

「彼女とはそんな関係じゃない」

「ガンダムに行く」

「あっ」

kaiwa22-8.jpg

「死なないでね刹那」

kaiwa22-9.jpg

「了解」

kaiwa22-10.jpg

そして心配そうに見送るヒロイン

何の問題もない主人公とヒロインの出撃前の会話ですね。


kaiwa22-11.jpg

この人については・・・・

何も言えねぇ゚゚。(>□<)゚。゚゚

----------------------------------------------------------------------
そして出撃

syutugeki22-1.jpg
syutugeki22-2.jpg
syutugeki22-3.jpg
syutugeki22-4.jpg
syutugeki22-5.jpg

ティエリアはヴェーダの奪還を誓い、ロックオンに祈りを

アレルヤはピーリスと会話し彼女の意思を尊重する

ロックオンはアニューに誓いを

沙慈は未来を見つけるために

そして刹那は未来の為に

やっぱり出撃シーンはいいなぁ。
マイスターの中に白いノーマルスーツを着た沙慈がいるのがなんとも・・・・。
彼も立派な男になったということですかね。

ロックオンと刹那も正面からの絵が欲しかった・・・・。

----------------------------------------------------------------------
ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。


長くなったので他の人達のことは続きから読むでお願いします。
今週のグラハムさん、アロウズとの決戦、次回予告などはそっちになります。

続きを読む

テーマ : 機動戦士ガンダムOO
ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダム00 2ndSeason 第21話「革新の扉」

第21話「革新の扉」

setuna21-1.jpg

「最近の君はどこかおかしいよ、今までとなにか」

沙慈が感じる刹那の変化、そして金色に光る刹那の瞳
やっぱりイノベイターになりつつあるようです。

そして

Duel21-2.jpg

刹那とグラハム。
ダブルオーライザーとスサノオ。

2つのトランザムがぶつかり合い、再び謎の空間へ・・・・

nazokuukan21.jpg

「ここは一体、私はすでに涅槃にいるというのか?」

「違う」

「少年!?」

「ここは量子が集中する場所だ」

「なにを世迷い言を」

「わかるような気がする」

「イオリア・シュヘンベルグがガンダムを、」

「いやGNドライブを作ったわけが・・・」

「なに!?」

「武力介入はこの為の布石」

「イオリアの目的は人類を革新に導くこと」

setuna21-2.jpg

「そう、俺は・・・変革しようとしている」

ついに自らが変革しようとしていることに気づいた刹那。
この後、彼はどうなっていくんでしょうか?

リジェネが刹那の変革を促す意味なども気になります。
ぶっちゃけ後4話で色々と回収できるんでしょうか?

それと何故誰も全裸であることにツッコミを入れないんだろう00の世界の人達。

----------------------------------------------------------------------
rockon21-1.jpg

「兄さん」

前回、愛する女性を失ったライル。
刹那に殴ったことを謝罪し自らの意思でイノベイターを倒す事を決意する。

そして刹那への殺意を顕にし背後から銃を向ける。

しかし、撃つことはできず・・・・・・。

刹那もおそらくライルが銃口を向けたのが判っていたと思います。
撃たれてもいいと思っていたんでしょうか?

この2人の間に生じた亀裂が後々やっかいなことにならないことを望むだけです。
今更だけどライルはニールにコンプレックスを感じてるのかな?

----------------------------------------------------------------------
inobeiter21.jpg

「いただくよダブルオー」

先週、いかにして刹那がライルの元へ駆けつけたかが判明。

ヒリング、リヴァイヴ速攻で打ち落とされ、
ティエリア、アレルヤ、ピーリスが苦戦したレグナントも大した苦もなく退ける。

えっと・・・・イノベイターさん?

いくら刹那のイノベイター化が進んでいるとはいえ貴方達もイノベイターですよね?
完全なイノベイターより後天的にイノベイターになりつつあるルイスの方が
戦闘時間が長かったです。
っていうかヒリング達はまさに瞬殺でしたね・・・・・。

いいのか?イノベイター!

やはりリボンズ以外は完全とは言えないのだろうか?
やっぱり最後はリボンズがMSに乗って刹那と対決するんだろうか。
それならやっぱりガンダムタイプのMSがいいと思う。
なにせ声が声だし・・・・。

あいかわらずダブルオーライザーは強い。
強くなればなるほど他の機体の活躍が少なくなってる気がする。

----------------------------------------------------------------------
searin21.jpg

「この歌は・・・」

ちゃくちゃくと世界に広がっているらしいマリナの歌。
どんな状況に置かれても相手を否定するのではなく分かり合おうとするマリナ。
彼女の歌が広まっているということはそれを望む人間がそれだけいると言う事。

だけどソレスタルビーイングとイノベイター、そしてアロウズ。
この戦いにどんな形で歌が関わってくるかはいまだ不明。

マリナの歌で戦闘を止めるようなイノベイターではないと思うし、
アロウズも正直だめのような気がする。

この歌だけは色々な意味で未だ読めない・・・・・・。

----------------------------------------------------------------------
ryumin21-1.jpg

「お兄様に当主としての器が無かったから
 
  私の人生は歪んだ」


「だから私は世界の変革を望んだの」

「そう私は人生をやり直し、私だけの未来を手に入れる」

彼女が狂おしいほど世界の変革を願う理由はなんだったのか。
結構いろいろと考えていたんですけど・・・・

ちっちゃい!

なんなんでしょうこの理由。
兄が家を継ぐ器でなかったから自分が無理やりならされて人生を狂わされた。
だから世界を変えて自分だけの人生を手に入れる。

この子、何歳でしたっけ?完全に子供の理屈な気が・・・・・。
いや、確かに王家の当主として自分を抑えなくてはいけないようなことも
あったのかも知れませんがここに来てこの理由は・・・・。

ネーナに銃口を向けられ銃声がしてCMへ。
次回に続くとかではないがこの終わり方が最近多い。

紅龍が助けるのかなぁと予測はしていたのですが庇って撃たれるとは・・・。
宇宙では地上のような動きはやはりできなかったのでしょうか?
できればネーナをやっつけられたのに・・・・・。

honron21.jpg

「留美・・・・生きて」

ryumin21-2.jpg

「お兄さま」

背中に何発も銃弾を受けながら妹を庇い逃がした紅龍。
そして兄に手を伸ばす妹。
正直このことで多少は留美が改心するかと思ったんですが・・・・。

ryumin21-3.jpg

「貴方達とは行けないのよ」

「求めてるものが違うんだから」

ダメダメだこの人!

刹那にヴェーダの場所を渡した時の態度とかからほんとに多少は心境の変化が
あったのかなと思ってたんですけどね・・・・・ダメだったようです。

そして

ryumin21-4.jpg

「私はその先にある素晴らしい未来を・・・」

今度こそ本当に 王 留美 死す。
この前のネーナの攻撃で死んでいたほうが正直良かったかもしれません。
今回の話で私の中の留美の好感度はだだ下がりでした。

この後、留美を殺したネーナにも負の連鎖が繋がっていきます・・・・・。

----------------------------------------------------------------------
nena21-1.jpg

「散々、人を物のように扱ってきた罰よ」

留美を殺し、サーシェスやイノベイターへの憎しみを吐き出すネーナ。
しかしハロが・・・・・

haro21.jpg

「ソウイウ、キミノヤクメモオワッタヨ」

「カッテヲスルモノニハ、バツヲアタエナイト」

rebons21.jpg

「君を裁く者が現れるよ」

リボンズはハロも操れるようです。
やっぱり色々と万能なイノベイター・リボンズ。

他のイノベイターとはやはり1段階上の存在なんだろうか。

ネーナは裁く者=兄達を殺したサーシェスと予想するがしかし・・・

ruisu21-1.jpg

「あれだ、あのガンダムだ」

「パパとママを殺した。あの時のガンダム!!」

「家族の仇?私にだっているわよ」

「自分だけ不幸ぶって」

「私は造られて、戦わされて」

「こんな所で死ねるかぁぁぁぁぁ」

「そうね、死にたくないね」

「でも、ママとパパは・・・・・」

「そんな言葉さえ言えなかったぁぁぁ」

ネーナ・トリニティ散る。

ネーナはいずれこうなるのではと思っていたのでいいんですが・・・・・。

家族の仇を討ち、満面の笑みのルイス。
しかし・・・・・

ruisu21-2.jpg

「やったよ・・・ママ、パパ」

「仇をとったよ、ガンダムを倒したよ!」

「ママ?パパ?どこ?」

「私、やったよ、やったんだから・・・」

「だから…褒めてよ・・・・」

「良くやったって・・・言って・・・」

「うわぁぁぁぁぁぁぁぁl」

この負の連鎖はどこまで続いていくんでしょうか?
そして彼女にもいつか裁く者が現れるのでしょうか?

彼女には沙慈と幸せになってほしいのですが・・・・・・・。
それはそれで虫のいい話なのかもしれません。

レグナントのMS形態ってデカくないですか?
いくら手と足が取れててもスローネとあんだけ大きさが違うって事は・・・。

----------------------------------------------------------------------
今週のミスター・ブシドー改めグラハム・エーカー

susano21-1.jpg
guraham21-1.jpg

「4年ぶりだな、少年」

「あの男は…!?」

「少年、ガンダムを失いたくなければ
 
 私の望みに応えて欲しい」


「何が望みだ!?」

「真剣なる勝負を。」

「なに!」

「この私、グラハム・エーカーは

 君との果し合いを所望する」


MSを人質(物質?)にして決闘を申し込むミスター・ブシドー・・・・ではなく

グラハム・エーカー!!!!

ついにでてきました。グラハムさんが帰ってきました。
そして相変わらずの名言を言いました!

guraham21-2.jpg

「そうだとも、もはや愛を越え、憎しみも超越し、

 宿命となった!」


どうやら刹那との関係は愛でも憎しみでもなく宿命にまでなったようです。
だからMSを人質にして決闘を挑むくらいはなんともないようです。
でも刹那だからこそ効果的な手だともいえます。

やっぱり刹那をよく理解してるグラハム。

guraham21-3a.jpg

「これが私の望む道」

「修羅の道だ」

Duel21.jpg

「ダブルオーライザー」

「マスラオ改めスサノオ」

「目標を」

「いざ尋常に」

「駆逐する!」

「勝負!」

見た目が変わっていたのでもしかしてと思っていたのですが・・・・

MSの名前変わってる

結局マスラオで00と戦ったのって1回だけ。
あとは戦いを見てただけ。

やはりビリーの執念による進化スピードか・・・・・

フラッグっぽさが前より多くなっていてグラハムの乗る機体として相応しい感じです。
マスラオはミスター・ブシドー。
スサノオはグラハム・エーカーってところでしょうか。

----------------------------------------------------------------------
0022wa.jpg

次回は「未来のために」

刹那とグラハムの会話と決着の行方がめっちゃ気になります。
次回予告の映像からグラハムがもしかしたら・・・・・

あと正直そろそろバカ息子がいなくなってもいい頃な気がする。

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。

続きを読む

テーマ : 機動戦士ガンダムOO
ジャンル : アニメ・コミック

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。