スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(アニメ感想)俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第15話「俺の妹がこれで最終回なわけがない」

第15話「俺の妹がこれで最終回なわけがない」

電撃文庫原作、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のアニメ
分岐ルート4話目

配信版も今回で最後・・・さて黒猫のターンが続いているわけだが・・・
そろそろでてこないとタイトルがまじで変わりかねないぞ妹よ・・・

って感じなのでようやく桐乃が登場します

というわけで感想を・・・

oreimo15-1.jpg

OP前は前回の続き・・・
いい感じの友達になった黒猫と瀬菜・・・
まぁ一緒に作ったゲームの評価は散々だったみたいだけど
その責任をちゃんと”2人”で背負おうとしてたりとちゃんと友達になってる

そしてOPでは桐乃が色々と復活
まぁ初っ端から黒猫全開だったしね・・・
私的には黒猫ヒロインでずっとでも特に問題ないんだけど・・・メインタイトルがね・・・
流石に最終回はでてこないと不味いもんな・・・

----------------------------------------------------------------------

後輩から呼び出し?でも妹がなんかヤバイ・・・

oreimo15-2.jpg

「今日は手伝ってあげなくていいの?」

”三時半に、校舎裏で待つ”

”アンタに預けたあたしのコレクション全部捨てて。”

「着拒!?」

「んな訳ねぇだろ!!」

「その時は・・・その時はどうか桐乃の力になってあげてください」

「わかった」

京介も瀬菜と黒猫が友達になった事で自分が色々と黒猫を気にしすぎだった事を自覚して
そして今の2人の関係を信じてちょこっと放任主義に・・・

まぁ明らかに1人で掃除する黒猫を見た時点で、瀬菜が来る事を予想していた感じ。
ってか本当にこういう女性の心を擽らない部分での物分りはいいよな・・・
麻奈実の好感度は上がってた感じだけど・・・それは最初からだしね・・・

そして2通のメール・・・

まずは黒猫

っておーい・・・それ告白フラグ立ってる・・・

先輩後輩の仲になる前から桐乃を通じて出会い、そして好意を寄せていた感じだけど
桐乃がいない事や後輩になった事でめちゃめちゃ気にして色々と手助けしたせいで
好感度はうなぎ上り状態だったんだろうけど・・・
校舎裏とか定番過ぎる・・・まぁ何気に邪気眼だけど純粋な所あるからな・・・黒猫・・・

次に桐乃

まるで狙ったかのように兄に対する告白を邪魔してる感じも捨てきれないんだけど
内容はもっと信じられないようなもの・・・

っていうかこの文面で京介が自分をどれだけ心配するかわからなかったんだろうか・・・
アメリカに行く前の京介が自分に色々と手助けしてくれたんだからわかりそうなものなんだが・・・

やっぱりまだ原作でも明かされていない桐乃が京介から距離を置くように・・・
そして京介が自分を大切に思っていないって思うようになった切欠のせいだろうか・・・

そして緊迫から一転・・・あやせに着信拒否されていた事が判明してちょっとコメディに
だけどすぐにシリアスへ・・・

連絡がなくて嫌われたのでは?と不安に思うあやせを京介が叱り付ける。
こういうところは本当にしっかりしてる・・・
桐乃があやせを・・・あやせが桐乃をどれだけ大切な友人と思っているか理解しているからこそ
京介は怒ったわけだけど・・・何故そこらへんの事がわかるのに
妹や後輩やらの想いには気づかんのかね・・・

あやせはあやせで桐乃が自分にも連絡しないような事態に巻き込まれても
京介になら連絡をするはずだ・・・という確信があるみたい・・・
多分、京介の元に桐乃からなにかしらの連絡があって・・・だから自分に電話を・・・
って感じでしょうか・・・

あやせは本当に桐乃の気持ちとかちゃんと理解できてる・・・さすが”親友”
まぁ・・・桐乃の趣味に関しては・・・アレだけどね・・・

そこら辺がちゃんとわかっているあやせだからこそ、
最後はもしもの時は京介が桐乃を助けてとお願いしたんだと思う・・・

----------------------------------------------------------------------

後輩に『呪い』をかけられた・・・きっとファンにフルボッコにされる


                                             ↑画像にカーソルをあわせると衝撃のシーン!

「で?あなたはどうして今、こんな所でグズグズしているの?」

「私はとても・・・嬉しかったわ」


「桐乃に・・・会ってくるよ・・・」

「『呪い』よ・・・貴方が途中でヘタレたら死ぬ『呪い』」

やばい・・・ニヤニヤが止まらない・・・
原作も好きなシーンだけど映像としてみるとまた違った感じでいいな・・・
そして・・・

ってか黒猫マジ可愛いんですけど?どうすんのコレ!?

あやせとの会話の最後ではきりっとしてたのに、黒猫の前に来た時は・・・って感じ。
どんだけ妹の事が心配なんだよって感じだけど、
黒猫は聡すぎる位に桐乃や京介の気持ちとか察しちゃうタイプだから
本当は今回、京介にした色々な事への感謝以外の事も言いたかったのでは・・?
と思うんだけど、京介の憔悴しきった顔を見て励ましモードへ・・・

強めな言葉をいいつつも京介が自分の意思に動くように・・・覚悟を決めるようにしてる
そして同時に自分の彼への感謝を素直に伝える・・・

いや・・・まじいい娘だよね・・・この娘・・・

そして桐乃に会いに行く覚悟を決めた京介の頬に黒猫はキス・・・
本人は『呪い』とか言っちゃってるけど・・・

それ『呪い』じゃなくて『祝福』・・・ってか『いってらっしゃいの』///

うん・・・あれだね・・・流石の京介もコレは意識せざるを得ない
クリティカルヒットだったね・・・
流石にコレをされると京介も黒猫を異性として特に強く意識しだすだろうけど・・・
まぁ今回の話ではそれに触れる事無く終わっちゃうから
2期(あるとしたらですが)への伏線って感じで・・・

正直、もう『俺の後輩がこんなに可愛いわけがない』がメインタイトルでいい気がする・・・
そういえば雑誌で↑のタイトルで漫画の連載始まるんだっけ・・・
楽しみだ・・・

----------------------------------------------------------------------

アメリカに妹を迎えに行き、エロゲやるぜ!それと俺はシスコン

oreimo15-4.jpg

「俺が行く!」

「よし!言って来い!」

「エロゲーやりにきた!」

「みんなあたしの事心配してたって言ったじゃん・・・あんたは?」

「俺は・・・寂しかったぞ」

「そうしないと・・・甘えが消えないから・・・」

「でも・・・勝てなかった・・・」


「俺と一緒に日本に帰ろう!」

「俺の妹だ!心配して何が悪い!」


「私は絶対帰んない!あんたなんかには絶対にわかんない!」

「お前がいないと寂しいんだよ!」

「俺は・・・お前がいないと寂しくて嫌だから連れ戻しに来た!それだけだ!
 お前の都合なんか知った事か!文句あっか! 」

「一緒に帰ろうぜ、じゃないと俺・・・死ぬかもしんない」


「ありがとね、兄貴」


とりあえず・・・父も兄も妹大好きだな・・・この家族・・・
高坂父は桐乃から陸上関係の記念品を捨ててくれというメールを受けて
仕事を休んでアメリカ行きを決定したらしい・・・

こういう決断はさすが大人というか・・・親バカというか・・・早い
そして自分が行くと宣言した息子に速攻で了承した事から
息子の事もがっつり信頼してるらしいこの父親・・・

いや・・・まじいい父親ですね・・・

そして兄である京介・・・
うん・・・認めたな・・・完全に認めたな・・・

お前は重度のシスコンだ!!!

桐乃がみんなにも連絡せず・・・そしてコレクションを捨てるように頼んだのは
より自分を追い込む為だったみたい・・・

世界レベルでは自分の陸上の才能では及ばないとわかっていながらも
努力すれば少しは・・・と持ち前の向上心で思っていたらしく
誰かにタイムで勝つまでは連絡を絶つ気でいたみたい・・・
でも勝てず・・・だからさらに自分を追い込んで努力を・・・

小説の時もどうだったけど、結果を得るためには本当に犠牲をいとわない桐乃
特に自分自身の犠牲に関しては本当に無頓着って感じだ・・・
この娘ほど努力する子はめずらしいし凄いとは思う・・・性格はアレだけど・・・

っていうかこれほどまでに努力するようになった原因も京介との過去にあるっぽいけど・・・
なんなんだろうね・・・凄い気になる・・・

そして京介の超発言・・・

あ・・・うん・・・妹いないと寂しくて死んじゃうから
アメリカまで連れ戻しに来たって事だよね・・・

妹嫌いだ・・・とか、妹が可愛くないとか・・・言ってたけど・・・
実は大好きだよね・・・こいつ・・・
まぁここまで行動を起こしても心の底から・・・『妹として大切』って事なんで
まったく兄としては問題ないんでしょうけど・・・
傍から見ると『兄大好き』な妹はこんな事言われたら悶絶ものでしょ・・・

そして結果をだせるまで帰らないと意地になっていた桐乃も
兄にここまでがっつりと本心を伝えられたら心変わりするわな・・・

落ち込んでいた気分を一転させて、いつものふてぶてしい態度で・・・
でも京介への感謝の気持ちを伝えて、最後の最後に・・・もう一度挑戦へ・・・

ここまでくると・・・どこに仲の悪い兄妹がいるんだろうか・・・?
って感じになってくるな・・・マジで・・・

っていうか妹の為なら爆弾発言も嘘も、土下座もなんのそのだった京介だけど
今回は今まで以上に本心をぶっちゃけた・・・下手したらちょっと引くぐらいぶっちゃけてた・・・
これはやっぱり『呪い』の効果もあったんだろうかね・・・やっぱり・・・

あそこまで激励されれば覚悟は決めるだろうけど・・・京介の覚悟を決めた時の行動は
本当になんか凄い方向にぶっ飛んで行くな・・・まぁそれで解決するんだけど・・・
これ絶対に本人は後で思い出してから悶え苦しむような発言だったよね・・・

----------------------------------------------------------------------

俺の妹が無事帰国・・・よかった・・・

oreimo15-5.jpg

「なにあんた・・・息切らしちゃってるの?
 そんなに早く私に会いたかった訳?」


「数ヶ月ぶりの最初のセリフがそれ?
 あいかわらず礼儀がなってない・・・」


「おかえりなさい」


「うん・・・ただいま」

「でもあたし1回だけこの子に勝った事あるんだよ」


無事帰国した桐乃と京介
そして空港まで出迎えに来た黒猫・・・
この光景を見てると黒猫は桐乃にとって最早『親友』って呼んでも差し支えない気がする。

他の人はきっと用事があったんだよな・・・
沙織は後で合流したけど・・・きっと用事があったんだよ・・・
だって親友が・・・親友の・・・ちょっと異常なくらい桐乃大好きなあやせが来てない!
これが万が一京介が連絡していない事が原因だったら後できっと・・・
まぁそれは置いておいて・・・

黒猫と桐乃のやりとりは本当にいい感じ

再会してまずでるのがお互いへの嫌味っぽいセリフの応酬がまず彼女らしく
でも2人ともきちんと再会の挨拶もして・・・本当にいいコンビ

黒猫は黒猫で話を聞いて桐乃がどういう気持ちだったのか、
そして最後の挑戦で・・・京介が来てくれて絶好調だった故に勝利できた事に気づいて
からかったりとちゃんと相手の思いも気づいている感じがいい・・・

まぁお互い素直ではないんだけど・・・それでもかけがえのない友人同士って感じがいい。

それと写メの画像でリア・ハグリィがでてきたけど・・・2期はあるんだろうか・・・
あれば彼女も登場するんだが・・・
それはこれからのシリーズ展開に期待って感じだけどね・・・

----------------------------------------------------------------------

ラストはおなじみのメンバーでおおくりします

oreimo15-6.jpg

「まぁ・・・なんだ・・・お帰り、桐乃」

ラストはみんなでそろってメルルのイベントに参加
メルル役の声や魔法少女・・・さらに劇場版・・・某作品を連想させるな・・・マジで・・・

まぁこの作品はこの4人が揃っていてこそって感じもするから
やっぱり終わりはこの4人が揃って終わる形がやっぱりベストな気がするので
この終わり方で満足。

桐乃の携帯小説のオリジナル展開以外は原作準拠って感じだったし、
TVシリーズの別ENDも面白かったので満足できた。

ED曲は『keep on runnin'』で歌は桐乃
この曲名がでた場面が猫耳メイド黒猫だった事はきっと必然
可愛いしね・・・

まぁ↑の画像みたいに素直に・・・そして本当に楽しそうに笑う桐乃は桐乃で
可愛いんですけどね・・・特に最後の画像の右上の桐乃はいい感じでした。

というわけで『俺の妹はこんなに可愛いわけがない』のアニメ感想はこれで終了
果たして2期はあるのか・・・そして原作はどう進んでいくのか・・・
なにはともあれまだまだ楽しみなシリーズです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。


------------------------------------------------
言及リンク

http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-5717.html
http://evi1101.blog31.fc2.com/blog-entry-2105.html
http://rideonfree.blog59.fc2.com/blog-entry-5473.html
http://hiroy.blog49.fc2.com/blog-entry-1838.html
http://v1kutor1ka.blog38.fc2.com/blog-entry-1022.html
http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3510.html
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-2192.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3847.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/05/-15-1.html
http://kananta24freedom.blog133.fc2.com/blog-entry-244.html
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/51177433.html
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/blog-entry-110.html
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4830.html
http://kokonoi.blog93.fc2.com/blog-entry-837.html
http://keycafe.blog27.fc2.com/blog-entry-1294.html
http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-889.html
http://himicomu.blog34.fc2.com/blog-entry-6136.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51600367.html
http://kenohito.blog67.fc2.com/blog-entry-1028.html
http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-1574.html
http://blog.goo.ne.jp/gurimoe/e/372c5ebc07a6bc3db2ec81d2f3f7d074
http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1708.html
http://cristal1102.blog84.fc2.com/blog-entry-887.html
http://spadea.jugem.jp/?eid=11059
http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-489.html
http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/blog-entry-367.html
http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/73db79a779adf9a3cc881866a2d5655b
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1982.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-2325.html
http://sigerublog.blog137.fc2.com/blog-entry-299.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-1719.html
http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1748.html
http://dokodemo777.blog57.fc2.com/blog-entry-420.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-6761.html
http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/28758133.html
http://blog.livedoor.jp/asagoegoe/archives/51996669.html
http://blog.livedoor.jp/hibino_fumi/archives/51238811.html
http://tako2008.blog27.fc2.com/blog-entry-410.html
http://blog.livedoor.jp/youotu-roro/archives/2761883.html
http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-769.html
http://junkheadnayatura.blog24.fc2.com/blog-entry-1670.html
http://enkaigakari.seesaa.net/article/205990469.html
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-685.html
http://ameblo.jp/gintoki-sakata-vol2/entry-10909125864.html
http://kaz.anime-life.com/Entry/471/
http://disorellan.blog61.fc2.com/blog-entry-1050.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5173.html
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-965.html
http://naninanikanrenki.blog.fc2.com/blog-entry-79.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2697.html
http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-1490.html
http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52184780.html
http://dragons7.blog94.fc2.com/blog-entry-95.html
http://maguni.com/index.php/view/1391
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-4956.html
http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-1040.html
http://shinsakuranikki.blog90.fc2.com/blog-entry-4152.html
http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-1809.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-6228.html
http://innamiblog.blog28.fc2.com/blog-entry-110.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1433.html
http://ameblo.jp/brook0316/entry-10904914926.html
http://takaseyuka.moe-nifty.com/takaseyuka/2011/06/15-c1cd.html
http://blog.goo.ne.jp/nijigen-complex/e/464d379d3dd9bf66eb6cc1e7868ab14f
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/15-bcd8.html
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1624.html
http://blogreblog.at.webry.info/201105/article_32.html
http://animegm.blog.fc2.com/blog-entry-181.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2011-06-02-2
スポンサーサイト

テーマ : 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
ジャンル : アニメ・コミック

(アニメ感想)俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第14話「俺の後輩がこんなに可愛いわけがない」

第14話「俺の後輩がこんなに可愛いわけがない」

電撃文庫原作、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のアニメ
分岐ルート3話目

実はシリーズ内で好きな話のうちのひとつなのでかなり楽しみだった。

なにせ黒猫のターンだからね!

というわけで感想を・・・

oreimo14-1.jpg

「一年の2人には共同でゲームを作ってもらう」



ゲーム研究会に入部した1年2人・・・黒猫と瀬菜
喧嘩ばかりの2人が協力してゲームを作る事になり、京介もその手伝いをする事に。

でもお互い別々のゲームを作っているから、
どちらを製作するかは多数決・・・と言う事に。

とりあえず穏やかな事にはなりそうにない始まり方。

そしてOPでは前回、そして今回もあまり出番が無い桐乃が結構でてる感じ。
まぁ彼女が出ると基本的に京介が痛い目を見るっていうか・・・
とりあえず妹に蹴られて魂が飛んでいきかけた京介に笑った。

扱いがひでぇ・・・さすが桐乃・・・

そしてOPラストは桐乃の部屋・・・って黒猫さん!?
この時点で彼女が家に来る事を匂わせてるんですね・・・

まぁちょくちょく来てたみたいですけど。

----------------------------------------------------------------------

後輩2人&京介はもうちょっと自重~~!

oreimo14-2.jpg

「こ、高坂先輩・・・」

「そんな付け焼刃じゃ、邪魔にしかならないと思いますよ」


「何故ならうちにはもっと酷いセリフを吐く奴がいたからな」

「でもすでに私の中ではお兄ちゃんとのカップが・・・」

「エロゲ作ろうぜ!」

「先輩が・・・やれって言うなら・・・やってもいいわ」

「これからはセクハラ先輩って呼んであげます」

「オナニー作品がつまらないと言うのなら
 超凄いオナニーを見せ付けてやるだけの事よ!」


とりあえずゲーム作りまでとそのプレゼンが前半

〇 赤城 瀬名

彼女が作りたいゲームの内容はダンジョンRPG
細かい作業が得意なうえ、企画書もきっちりしていて好印象

でも私生活部分・・・というか彼女の脳内が色々と残念・・・
すでに実の兄と部活の先輩の間での腐った妄想&カップリングが成立してるみたい

駄目だ・・・この娘・・・色々と・・・

〇 高坂 京介

妹の事が気になってはいるようだけどとりあえず後輩二人のフォロー
ただしやっぱり黒猫より・・・当たり前だが
そして・・・あいかわらずぶっ飛んだ発想をしてます

高校の部活で後輩の女の子2人にエロゲ作成を提案

大丈夫か?本当に・・・大丈夫か?
ってかこれ下手したら停学とか退学とかなってもおかしくないんじゃないのか・・・?

当然反対する瀬菜だけど黒猫は京介が望むならOKらしいし
部長とかもなんか乗り気・・・

そもそもこの部活が大丈夫なのか?って問題の気がしてくる・・・
っていうか黒猫・・・可愛すぎるし健気だけど・・・もうちょっと内容考えなきゃ・・・

〇 黒猫

予想通りというか・・・ノベルゲームを企画
そして相変わらずの分厚い設定資料・・・

ちょっと量を自重しなきゃね・・・

そして彼女のゲームに・・・同人にかける熱意からでた言葉

いや・・・本当に・・・自重しろ・・・

桐乃に言われた事とか漫画の持込みが上手くいかないとか
色々と鬱憤がたまっていたんでしょうけど・・・セリフをもうちょとと・・・ね?
なんかトンデモない事を口走っちゃってるよ・・・

ゲーム研究会はこんなトンデモ人物が3人も入って本当に大丈夫なんだろうか・・・
いや・・・考えようによってはこの部活意外じゃ駄目だったって考えも・・・

とりあえず黒猫と瀬菜のやりとりは黒猫と桐乃とはまた違った感じだし
後輩になってからの黒猫の京介への態度などは可愛くていい。

というわけでここまでが前半・・・さて後半は・・・

----------------------------------------------------------------------

黒猫マジ可愛い、そして黒猫&瀬菜コンビもいい感じに・・・

oreimo14-3.jpg

「お前が作ろうとしてるのはロープレじゃねぇ!ガチホモゲーだ!」

「お兄ちゃんに言いつけてやるんだからぁぁぁぁ」

「好きよ、貴方の妹が貴方を好きなくらいには」

「お願い、力を貸して頂戴」

「一度決めた事は最後までやり遂げる、
 誰かさんを見習って私はそう決めたのよ」


「遠くに行ってしまった、大嫌いな友達の話よ」

「仲間がいれば私はまだまだ頑張れるのよ、最近わかった事だけど」

「手伝いませんよ・・・一緒に作るんでしょ?」

”俺って奴は・・・なんて思い違いをしてたんだろう”

プレゼンの結果は全票が黒猫に入って黒猫の勝利

だって瀬菜のはガチホモゲーで色々とヤバイからね!

一番自重が必要だったのはこの娘だったみたい・・・
なにせ自分の作品のどこが悪いのかまったく理解していないうえに、
嬉々として内容を語り、しかもガチホモのモデルは部の男性メンバー
そりゃ票が離れるよ・・・ってか当たり前だよ・・・

瀬菜はイジケて部を去り、黒猫と京介は2人でゲームを作る事に・・・

ってか黒猫さんも自重してーーー

高校生の男女が男の部屋で2人っきりという状況がすでに結構凄いのに
2人ともあまり意識していない・・・あまつさえ黒猫は京介のベッドで作業
確認のために京介を呼ぶし・・・

Webの予告で言っていたようにエロゲだとかなりあっち方面に言ってしまいそうなシーン
しかも黒猫が京介の事を『好き』発言

京介は『桐乃が自分の事を好きなくらい好き』と言われたので
眼中にないって受け取ったみたいだけど・・・お前は馬鹿だ・・・
それは・・・

大好きって事だろうがぁぁぁぁぁ!!!

まぁ・・・桐乃の態度が態度だから気づきにくいんだろうけどね・・・
なんていうかもどかしい二人でした・・・

そして最後はゲームに発生した致命的なバグをどうにかするために
黒猫が瀬菜に助けを求める事に。

黒猫は黒猫で瀬菜の能力を高く評価していたみたいだし、
ゲームの期間内での完成には彼女の力が必要不可欠とわかっていたから
あまり人付き合いが苦手な彼女が頭を下げてまで頼み、
さらにゲーム開発にかける情熱を語った・・・

思いっきり気持ちをぶつけられて瀬菜もわだかまりを捨てて一緒のゲーム作りを再開

京介のセリフは自分が心配したり、2人の仲を取り持つ必要が
最初から無かったのかもしれないって感じのことだったのかな?

今回は色々な黒猫の姿が見られたのでかなり満足かも・・・

----------------------------------------------------------------------

これはもう、どこから見ても『友達』だ!

oreimo14-4.jpg


「モノがデジタルデータなら、私に解けないガードはないです…多分」

「光栄に思いなさい、
 これから貴方の事は魔眼使いと呼ばせていただくわ」


「厨ニ病全開の二つ名!?」

そしてラスト・・・
2人で一緒にゲームをつくり、色々と言い合いながらも笑いあう黒猫と瀬菜
やっぱりというかなんというか・・・同じ趣味の相手とは仲良くなり易いですよね・・・
桐乃とは違った、瀬菜との友達の形・・・これはこれでいい感じですね。

----------------------------------------------------------------------
oreimo15yokoku.jpg

次回「俺の妹がこれで最終回なわけがない」

EDは『贖罪のセレナーデ』で歌ってるのは・・・
まさかの京介&黒猫

すでにわかってはいる事だけど、このタイトルの歌を黒猫が歌って
画像がこれだと・・・もうどういう事か明らかだよね・・・

エンドカードは huke さん

『Steins;Gate』のキャラデザの人ですね・・・
『Fate/Extra』の宝具デザインもしてるのか・・・

あとはなんといってもこの人が原作の『ブラック★ロックシューター』
毎回本当に有名どころが描いてる気がするな・・・コレ・・・
まぁ無名の人が描いたら???ってなるから当然なんだけど。

次はトゥルールートの最終回
サブタイトルが思いっきり最終回を否定してるけど・・・最終回
そしてサブタイトルどおり妹・・・桐乃は登場するのか・・・気になります。

っていうかメインタイトルに俺の妹って入ってるのに
2話も登場してないな・・・回想とか想像以外では・・・
まぁ黒猫好きだからまったく問題ないけどね。

原作と比べるとちょっとカットされて残念な場面もあったけど
おおむね満足が行く話だった。

さすがに応募したゲームの結果が上の画像だけだったのは
ちょっと物足りなかったですけど・・・

とりあえず次回も楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。


------------------------------------------------
言及リンク

http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-5595.html
http://haruhiism.blogism.jp/archives/52119157.html
http://rideonfree.blog59.fc2.com/blog-entry-5430.html
http://keropo2.blog.shinobi.jp/Entry/916/
http://saitoat.blog.fc2.com/blog-entry-6.html
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4738.html
http://sorakakeruhosi.blog109.fc2.com/blog-entry-3357.html
http://keycafe.blog27.fc2.com/blog-entry-1248.html
http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-803.html
http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-1490.html
http://ren.anime-japan.net/Entry/957/
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/04/-14-2.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-2609.html
http://blogreblog.at.webry.info/201104/article_20.html
http://amakuni186.blog136.fc2.com/blog-entry-125.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51588943.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2011-04-27
http://dokodemo777.blog57.fc2.com/blog-entry-388.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3777.html
http://ameblo.jp/brook0316/entry-10870758389.html
http://kenohito.blog67.fc2.com/blog-entry-972.html
http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-1809.html
http://pruuun2.blog11.fc2.com/blog-entry-305.html
http://blog29taka.blog107.fc2.com/blog-entry-1311.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-2262.html
http://blog.livedoor.jp/andewa/archives/51935301.html
http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/cb425cbae43980fc98ab6d7688826ac4
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-881.html
http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52173453.html
http://blogs.yahoo.co.jp/merekkutausu/62397030.html
http://animegm.blog.fc2.com/blog-entry-109.html
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/51162535.html
http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/blog-entry-361.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1910.html
http://blog.livedoor.jp/youotu-roro/archives/2619502.html
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-636.html
http://akikakeru.blog117.fc2.com/blog-entry-1071.html
http://sukothi55.blog71.fc2.com/blog-entry-184.html
http://enkaigakari.seesaa.net/article/197897542.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1381.html
http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1719.html
http://shinsakuranikki.blog90.fc2.com/blog-entry-4083.html
http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-719.html
http://blog.goo.ne.jp/gurimoe/e/152c29a32d1e5083bd13a94c92dc899e
http://kaz.anime-life.com/Entry/321/
http://tako2008.blog27.fc2.com/blog-entry-383.html
http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1657.html
http://himicomu.blog34.fc2.com/blog-entry-6078.html
http://naninanikanrenki.blog.fc2.com/blog-entry-39.html
http://ameblo.jp/gintoki-sakata-vol2/entry-10873189988.html
http://disorellan.blog61.fc2.com/blog-entry-991.html
http://cristal1102.blog84.fc2.com/blog-entry-746.html
http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-450.html
http://junkheadnayatura.blog24.fc2.com/blog-entry-1636.html
http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-958.html
http://nontananime.blog33.fc2.com/blog-entry-333.html
http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3468.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2634.html
http://maguni.com/diary.cgi?no=1359
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-6113.html
http://innamiblog.blog28.fc2.com/blog-entry-71.html
http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-1380.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-4914.html
http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/28520236.html
http://kate555.blog59.fc2.com/blog-entry-1394.html
http://kananta24freedom.blog133.fc2.com/blog-entry-213.html
http://blog.crosschannel.jp/Entry/2645/
http://subcul.jugem.jp/?eid=1956
http://shirousausa.blog106.fc2.com/blog-entry-331.html
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1576.html
http://hiroy.blog49.fc2.com/blog-entry-1821.html
http://kokonoi.blog93.fc2.com/blog-entry-804.html
http://spadea.jugem.jp/?eid=10662
http://yaplog.jp/cyoi-gaki/archive/648
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1576.html
http://kidar.blog110.fc2.com/blog-entry-1196.html
http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/blog-entry-42.html
http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/201104280000/
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-6698.html
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-2162.html
http://blog.goo.ne.jp/jin-d/e/73a6fe0aea6bdadd3f0270ab8a57dcab
http://alberoalbero.blog39.fc2.com/blog-entry-37.html
http://originscenery78121.seesaa.net/article/198875205.html
http://blog.livedoor.jp/asagoegoe/archives/51984463.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-1653.html

テーマ : 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
ジャンル : アニメ・コミック

(アニメ感想)俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第13話「俺の後輩がこんなに腐ってるわけがない」

第13話「俺の後輩がこんなに腐ってるわけがない」

電撃文庫原作、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のアニメ
分岐ルート2話目

こっちは原作準拠になってます・・・今回から原作5巻の内容

というわけで以下感想

oreimo13-1.jpg

「おはようございます・・・先輩」

「お前・・・黒猫か?うちに入学したのか?」

アバンタイトルとOP・・・

アバンタイトルは前回の12'話からそのまま続いて、
京介の通う学校に入学した黒猫に驚く京介という場面

何気に京介の喜びっぷりは凄い気がする・・・

OPはめるるとマスカラのキャラのカットが増え、
そして一番変わっているのは終盤のカットで
桐乃の姿が消えている事。

彼女が海外に行ってしまったという事実が反映されてる・・・
なんか寂しさを感じる場面

----------------------------------------------------------------------

妹はいないけど・・・可愛い後輩ができた・・・

oreiom13-2.jpg

「五更 瑠璃・・・それが人間としての私の名前」

「少し怒るくらいの無礼は許してくれてもいいとは思いませぬか?」

「よし、なら今日は3人で遊ぼうぜ。
 でもって日記にその事を書けよ。
 あいつが読んだらきっと悔しがるぜ」


「それはいい考えね」

「ベルフェゴール・・・」

「打ち切られたみたいな言い方はやめろ!!」


「よかったら、やっていって下さい」

妹がいなくなり、寂しがっているのでは・・・と京介の部屋でくつろぐ黒猫と沙織

って黒猫・・・ソコは京介のベッドだ・・・

実際は黒猫と沙織も桐乃がいなくなった事を寂しいという感情があるみたいだし、
相談もせずに海外に行ってしまった彼女の事を怒っているみたい。
沙織とか思わず素の沙織の口調が垣間見えたりするくらいだったし・・・

っていうか年上の男性の部屋に普通に遊びに来る女の子2人って・・・
どんだけ仲いいんだよ・・・って感じだな・・・

3人で仲良く遊んだ事を桐乃に伝えて悔しがらせようという京介の提案と
それにノリノリの2人とか・・・本当に仲がいい感じ・・・

一方で黒猫の学生生活の方は・・・ちょっと微妙な感じ。

まぁ京介は京介でいきなり麻奈実を紹介しようとするとか、明らかに空気読めてなかったり
していたし黒猫は黒猫で好きなアニメの打ち切り疑惑の話題になった時は
おもいっきり口調と態度が変わってたけど・・・

ただこの時点でも大分、京介以外の相手とのコミュニケーションが駄目駄目っぽい感じ。
ただ部活勧誘をする『ゲーム研究会』が置いていたシューティングゲームに
惹かれる物があったらしく、京介に言われてハードモードをクリア

勧誘に立っていた2年の真壁は黒猫の腕にビックリしてた・・・
そういえばアニメではあまり触れられてないけど
対戦型格闘ゲームの世界大会で上位入賞するくらいの凄腕ゲーマーなんだよな・・・黒猫って・・・

黒猫の本名が明かされたり、黒猫と麻奈実がついに対面したりとここまででも大分面白い
まぁ本名がわかってもとりあえず黒猫って通称で書いていきますが。

----------------------------------------------------------------------

後輩を部活に入れよう!

oreimo13-3.jpg

「クラスメイトと一緒より、貴方と一緒にいたいわ~」

「変な解釈をしないでちょうだい!」

「可愛い後輩に格好いいところ見せたいぜ。
 そんでHなお礼をしてもらっちゃうもんね~」


「あ、貴方・・・私に何をさせるつもりなの!?」

「でも、心配でなんとかしてやりたいって思ったのも本当で・・・
 それは嘘じゃないんだぜ!」


「ならば、部活動に入ってみてはどうでしょう?」

「赤城さんといい、今年の新入生はレベルが高いですね」

「家で一人でやるより、少しはマシかもしれないわね」

今回の話を見て今までも薄々思っていた事がよーくわかった・・・

桐乃がいないと安心して見てられる・・・

基本的に京介、黒猫、沙織の3人だとちょっとしたいい合いになっても
微笑ましい感じでギスギスした雰囲気にならないからいい。

まぁ桐乃の場合、素直じゃない事に加えて京介に対する態度がキツイうえに
兄妹という事があってか遠慮がない感じで雰囲気が悪くなる時があるからな・・・
まぁそれでも兄妹の絆があるからこそ・・・の喧嘩なんでしょうけど・・・

学園で孤立する黒猫を心配する京介とそれをお節介と言う黒猫
2人だけだと話が進まなそうだけど沙織がいい感じで言葉を入れて
雰囲気を軽くするのでいい感じに話が進み、
京介が黒猫を心配している事、そして力になりたいと思っている事が
ちゃんと伝わり、沙織の意見もあって黒猫を部活に入れることに。

というわけで彼女が序盤で興味を持ったゲーム研究会へ向い
そこの設備の充実さや活動の自由度もあって入部決定。

そしてここにきてようやくTV放映のコミケや前話で登場していたキャラが正式に登場

ゲーム研究会部長・三浦 絃之介
そして部活勧誘をしていた真壁 楓

ようやく13話にして京介の友人である赤城 浩平以外の同年代の男キャラが増えた。
麻奈実の弟のロックとかは・・・ちょっとね・・・

っていうか京介は桐乃や黒猫に友達がいない事を心配していたけど
コイツ自身も幼馴染の麻奈実と赤城以外の友達と一緒に居る場面がない・・・
いるんだろうか・・・他の友達・・・

三浦部長が何気に何回か留年済みで年上みたいだけど
前話の時の事もあって京介の事は気に入ってるみたいだしおもしろいキャラ。

----------------------------------------------------------------------

友人の妹は・・・恐るべき変態だった・・・

oreimo13-4.jpg

「私は貴方の妹の代用品ではないわ!
 馬鹿にしないでちょうだい!」


「拙者達と一緒にいる時間が減るのを
 嫌ったのではないでしょうか」


「クラスで一番うざったい女よ」

「クラスで一番の問題児です」

「ホモゲ部ってやった事ある?」

「あれって神ゲーですよね!!」

「そうですよ私はホモが好きですよ!超腐ってますよ!」

「極端な話、フォークとスプーンで愛の形は表現できるのです」

「昨夜は真壁先輩が男性部員全員に(自主規制)」

「計算外よ これほどの邪悪を秘めていたなんて・・・」

「真壁、お前は我が部に恐るべき変態を引き込んだぞ!」

そしてついに登場する京介の友人である赤城の妹である瀬菜
兄にホモゲーの深夜販売を頼みこれまたかなり特殊な性癖を持ったキャラ

っていうか恐るべき変態だよ・・・

京介は名前を聞いた時からもしかして・・・と思っていたらしく
確認のために赤城が買って行ったゲームの話題を振ったんだろうけど、
予想以上の食いつき、そして彼女の趣味を知った黒猫の誘導によって
部のメンバーに隠しようがなくなってしまったせいか暴走。
自分のホモ好きを堂々と宣言した挙句、それはもう色々と・・・語ってくれた

フォークとスプーンで・・・とか
リアルの人間でも妄想はOK,昨夜の夢も真壁が・・・っていう
まさに・・・腐女子と呼ぶに相応しい性癖がガンガン判明

同じ顔で髪の色がわずかに違うだけの他のメンバーすら思いっきり引き
さらに話を振って性癖を暴露させようとした黒猫すら引いてしまうほどの
腐りっぷりを披露・・・

まさに恐るべき変態という三浦の発言の・・・そして今回のサブタイトル通りのキャラだった。

京介の妹である桐乃も妹好きという変わった性癖だけど
瀬菜に比べたら大分マトモな気がしてならない・・・

でも瀬菜と彼の兄である赤城の関係は京介達とは真逆でお互いにブラコン・シスコンで
京介が電話で赤城に連絡を取り、自分の性癖がばれて暴走した彼女をなだめる事に成功。

でも赤城・・・お前は本当にこの妹でいいのか・・・?
なんか色々と危ない方向に行っちゃってるぞ・・・この娘・・・

類は友を・・・じゃないけど黒猫の周りに集まる同姓はなんかみんな特殊だよな・・・
桐乃にしろ沙織にしろ瀬菜にしろ・・・
このメンバーだと邪気眼で厨ニ病っぽい黒猫でもまだマトモに見えるのが不思議・・・

普通に京介への行為が垣間見えたりする女の子らしいところがあるからだろうか・・・
桐乃も同じなんだけど彼女の場合は微笑ましいとは思えないからな・・・実妹だし

それにしても瀬菜の性癖がわかって部室内が静寂に包まれたシーンの
黒猫の反応が面白かった・・・(上に載せてないけど)
よく見てると唇が笑みをかたちどってたからな・・・

何気にあの後の瀬菜に対しての黒猫の色々な発言のシーンは
桐乃相手の時と同じくらい楽しそうだったな・・・

----------------------------------------------------------------------

妹がいない事も原因の一つ、それでも俺はお前の世話を焼く

oreimo13-5.jpg

「認める。妹がいなくなって俺は寂しかったらしい」

「俺は・・・その、お前の事が心配だ
 だから、これからもお節介を焼くよ」


「勝手にしたら?諦めたわ・・・」

そしてラスト・・・
夕暮れの中、一緒に下校する京介と黒猫・・・

やっぱりこの2人のこういうシーンはいいなぁ・・・

一緒に歩いていて頬を赤くする黒猫とか可愛いし・・・可愛いし・・・

京介は自分が桐乃がいなくなって寂しいという事を認めつつも、
黒猫本人の事が心配である事も本当の事だから、これからもお節介を焼くと
思いっきり口説き文句になっちゃうセリフを言ってるし、
黒猫は黒猫でそのセリフを聞いて、笑みを浮かべてた・・・

お前らもう付き合っちゃえよ・・・

まぁ妹とか妹とか妹とか・・・障害は多そうだけどね・・・
幼馴染は京介が選んだならって身を引きそうな予感があるしな・・・
まぁ麻奈実は麻奈実で京介とはお似合いなんだが・・・

----------------------------------------------------------------------
oreimo14yokoku.jpg

次回「俺の後輩がこんなに可愛いわけがない」

EDは『†命短し恋せよ乙女†』で歌ってるのは黒猫
すでにわかってはいる事だけど、このタイトルの歌を黒猫が歌って
画像がこれだと・・・もうどういう事か明らかだよね・・・

エンドカードは 杏仁豆腐 さん
『THE IDOLM@STER MASTER』関連の絵を描いてる人か・・・

今回のエンディングは結構いい感じなので好き

この歌を今回の話でやっておいて、次回のザブタイトルがあれだと
なんていうか色々と楽しみになってくる・・・マジ楽しみ。

っていうかこのシリーズのメインヒロインってもう黒猫でいいんじゃね?
って思ったり思わなかったり・・・

なにせ『俺の妹』こと桐乃は本編に出番なかったからね・・・
次回配信は来月?それとももっと先か・・・とりあえず楽しみに待っていようかと。

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。


------------------------------------------------
言及リンク

http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-5498.html
http://blog.livedoor.jp/kotarou_break/archives/3647847.html
http://plaza.rakuten.co.jp/accessairphoto/diary/201103290000/
http://spadea.jugem.jp/?eid=10331
http://haruhiism.blogism.jp/archives/51544738.html
http://evi1101.blog31.fc2.com/blog-entry-2083.html
http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-672.html
http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/28346000.html
http://sumi4460.blog63.fc2.com/blog-entry-2821.html
http://blogs.yahoo.co.jp/merekkutausu/62323132.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-4839.html
http://plaza.rakuten.co.jp/koumeinowana/diary/201103290001/
http://innamiblog.blog28.fc2.com/blog-entry-48.html
http://alberoalbero.blog39.fc2.com/blog-entry-5.html
http://nontananime.blog33.fc2.com/blog-entry-308.html
http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-728.html
http://blog.goo.ne.jp/nijigen-complex/e/e2f842388059de92fe3d8ecd47503d56
http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-402.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1848.html
http://blog.goo.ne.jp/gurimoe/e/984254b2e31a546b957d45c590fb0be2
http://fanblogs.jp/gyobayashi/archive/2189/0
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1340.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-2206.html
http://shirousausa.blog106.fc2.com/blog-entry-301.html
http://maguni.com/diary.cgi?no=1335
http://animegm.blog.fc2.com/blog-entry-56.html
http://sukothi55.blog71.fc2.com/blog-entry-137.html
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4667.html
http://ameblo.jp/mamoyuyu/entry-10844305236.html
http://shinsakuranikki.blog90.fc2.com/blog-entry-4021.html
http://rollingstar77.blog103.fc2.com/blog-entry-348.html
http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3432.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5022.html
http://blog.crosschannel.jp/Entry/2594/
http://keropo2.blog.shinobi.jp/Entry/895/
http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-1809.html
http://keycafe.blog27.fc2.com/blog-entry-1215.html
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-586.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2556.html
http://kenohito.blog67.fc2.com/blog-entry-927.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-1937.html
http://disorellan.blog61.fc2.com/blog-entry-943.html
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-815.html
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201103290003/
http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-894.html
http://cristal1102.blog84.fc2.com/blog-entry-654.html
http://naruhya.blog.so-net.ne.jp/2011-03-29
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/03/-13-2.html
http://kokonoi.blog93.fc2.com/blog-entry-774.html
http://enkaigakari.seesaa.net/article/193131455.html
http://kaz.anime-life.com/Entry/210/
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3724.html
http://sorakakeruhosi.blog109.fc2.com/blog-entry-3356.html
http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52163770.html
http://blog.livedoor.jp/andewa/archives/51919861.html
http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/2b22e515b3bc6c5004d89c3ba8d92b6f
http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-1277.html
http://moeanimerac.blog86.fc2.com/blog-entry-1228.html
http://aquamarine1030.blog75.fc2.com/blog-entry-1337.html
http://ameblo.jp/gintoki-sakata-vol2/entry-10846069319.html
http://amakuni186.blog136.fc2.com/blog-entry-112.html
http://kananta24freedom.blog133.fc2.com/blog-entry-191.html
http://ren.anime-japan.net/Entry/888/
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-6027.html
http://blog.goo.ne.jp/satoshiakira1019/e/3c980db09012e3c5502a44174b8c6897
http://akikakeru.blog117.fc2.com/blog-entry-1048.html
http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1693.html
http://blog29taka.blog107.fc2.com/blog-entry-1295.html
http://ecolekyouzai.hamazo.tv/e2931240.html
http://himicomu.blog34.fc2.com/blog-entry-6021.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-6644.html
http://redfin1984.blog79.fc2.com/blog-entry-92.html
http://hiroy.blog49.fc2.com/blog-entry-1792.html
http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/201103310001/
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-2138.html
http://ameblo.jp/atgpt/entry-10847121620.html
http://ayatokamina.blog112.fc2.com/blog-entry-967.html
http://plaza.rakuten.co.jp/mmpinpoint/diary/201103310001/
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2011-03-29-3
http://kazekura.seesaa.net/article/193984357.html

テーマ : 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
ジャンル : アニメ・コミック

(アニメ感想)俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第12話’「俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない TRUEROUTE」

第12話’
「俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない TRUEROUTE」


電撃文庫原作、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のアニメ
分岐ルートです。

序盤はTV版最終話である12話と展開が似ているけど
途中の展開、そしてラストもまったく違う展開に・・・

まぁ『TRUE ROUTE』と言うだけあって原作準拠ですね・・・

というわけで以下感想

oreimo12a-1.jpg

とりあえずTV編12話にはなかったOP・・・
新しいだけに新規カットがちらほら・・・

原作を読んでると『謎の痛チャリオーナー』がいた事から原作準拠だ!
ってこの時点でわかるかも・・・

っていうか・・・この人の登場をコミケのモブ以外で持ってくるって事は・・・

----------------------------------------------------------------------

最後の人生相談は・・・エロゲの深夜販売・・・だと!? Ver.T

oreimo12a-2.jpg

「せめて、朝までに帰って来れない?」

「なんとかする!」

「その自転車、俺に貸してください」


「このゲームが好きなヤツに悪いヤツはいないってな!」

「ねぇ、一緒にやんない?久しぶりにさ」

とりあえず前半は同じ展開なので後半から・・・

違いは京介が終電に乗り遅れた・・・という事。
この事が切欠で帰るために『謎の痛チャリオーナー』から自転車を借りる事に・・・

っていうか・・・そこまでするか・・・京介・・・

帰りを待つ桐乃の為に土下座して・・・そして秋葉原から千葉の自宅まで自転車で帰宅
お前は正真正面・・・どんな御託を並べ立てようと・・・

重度のシスコンだ!・・・間違いなくシスコンだ!

途中、その痛チャリに引かれたりもしながら家に到着
シャワーを浴びて、桐乃から一緒にゲームを誘われる・・・という
TV版ルートと同じ展開へ

それにしても『謎の痛チャリオーナー』もいきなり土下座されてびっくりしただろうな・・・

でも同じゲームをやってるプレイヤーに
悪いやつはいないと言って承諾した『謎の痛チャリオーナー』

でも何気にプレイするのは桐乃なんだけどね・・・
しかもなんか赤城とのやり取りのせいでホモと間違われてるし・・・
まぁ彼自身は家に帰れないからその場でインストールして
ゲームを始めようとしてたある意味で猛者だからね・・・
彼が正式登場する原作5巻の内容に期待・・・

----------------------------------------------------------------------

妹が素直・・・でも兄はその理由に気づかない・・・

oreimo12a-3.jpg

「お前・・・うんこ喰うの?」

「このアルバムなんだけど・・・見る?」

「とりあえず今日は、こんくらいにしとこうぜ」

「その中に私が陸上を始めた理由があんの」

「これからもだからね」


「あたりまえだ、アホ。俺はお前の兄貴だからな」

「じゃあね、兄貴」

TV版と同じようにエロゲーを一緒にやり、
今までの積み重ねの信頼により、もっと恥ずかしい物を見せると言い出す桐乃

ちょっとしたハプニングで凄まじく危ないジャンルのゲームもでてきて
一波乱あったけど・・・そこにはあまり触れないで置こうかと・・・
あのジャンルだけは理解不能というか理解する事を拒絶するというか・・・
とにかく気にしないで置こう・・・

そしてここで現れたアルバムを『見る』『見ない』の選択肢で
京介は『見ない』を選択

まさに・・・選択肢によるルート分岐

でもこのルートで京介が知る事になる、なんでもできる桐乃の能力
でも今も続けている陸上だけは最初からできたわけではなく・・・むしろ苦手で
でも努力に努力を重ねた結果が今に繋がっているという話はやっぱり大きいかと・・・

彼女も彼女なりに・・・人一倍努力した結果が今の優秀な桐乃
これを京介が知る事ができた事がこのルートのいい所でしょうか。

まぁ通知表を見る限りは勉強の成績はずーっと良かったみたいなのですけどね・・・

そして自分がどういう気持ちで陸上をしてきたか、
そして京介に見せた品々が自分にとってどういう物なのかを伝え、
今後もこの品物達を守るように頼んで人生相談は終了

部屋を去る京介の背には桐乃の別れのセリフ・・・

TV版ではアルバムを見る事で発覚する事実が、こちらのルートでは発生せず
そしてそれが今後の展開を一気に転換していく事に・・・

----------------------------------------------------------------------

妹は黙ってアメリカへ・・・でも後輩として妹の友達が入学

oreimo12a-4.jpg

「そうして俺の妹はいなくなった」

「桐乃は今朝、アメリカに発った」

「清々したぜ・・・」

「頑張りやがれ・・バカヤロウ・・・」


「おはようございます、先輩」

部屋を出る時のセリフ・・・あれは長い別れを意味するものだった・・・

桐乃・・・アメリカへ・・・

何気に内容的には『GOOD END』ルートよりも厳しい事になってます・・・
桐乃がいなくなった事に気落ちしながらもエールを送る京介

明らかに元気ないですけどね・・・

この事を理解したうえで最初から見ると、桐乃のいじらしさとかがわかって
ちょっといい感じ。
朝までには帰って~の件は自分がアメリカに行くまでにってニュアンスもあったんですね・・・

でもそんな展開を吹き飛ばす事が最後の最後に・・・
ついに・・・ついに・・・彼女が本格参戦!

黒猫、京介と同じ高校に入学

桐乃との会話にあった『もうすぐ呼び方が変わる』というのはこれを意味していた言葉
あの電話の時点ですでに京介の後輩になるのは決まっていたのかな?
ぶっちゃけ桐乃よりも黒猫のほうが好きなのでこの展開はかなり嬉しい。

それにしても・・・制服姿の黒猫もこれはこれで可愛いなぁ・・・

----------------------------------------------------------------------
oreimo12a-ed.jpg
次回「俺の後輩がこんなに腐ってるわけがない」

EDは『READY』で歌ってるのは桐乃

エンドカードは コヤマシゲト さん
今だと『STAR DRIVER 輝きのタクト』にでてくるサイバディのデザインをした人か・・・

次回予告のタイトルは公式サイトから・・・
予告映像が無かったのがちょっと残念でしたね・・・

でもタイトルでニヤニヤできるのは原作読者の強みかも・・・

『後輩・腐った』

ときたら・・・もう『彼女』の登場で間違いない・・・
楽しみだ・・・

まぁそんなことよりも・・・

黒猫 後輩Ver

がどれだけ可愛いかが楽しみなんだけどね!
次回から原作5巻のないように突入。
15話までらしいから3話かけてやるのか・・・楽しみだ。
桐乃がメインに戻ってくるのはやっぱ15話なんだろうな・・・
しばらく黒猫が出ずっぱりだろうからまじ楽しみ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。


------------------------------------------------
言及リンク

http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-5410.html
http://plaza.rakuten.co.jp/accessairphoto/diary/201102240000/
http://kananta24freedom.blog133.fc2.com/blog-entry-168.html
http://moeanimerac.blog86.fc2.com/blog-entry-1194.html
http://pruuun2.blog11.fc2.com/blog-entry-286.html
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1491.html
http://plaza.rakuten.co.jp/8thIsland/diary/201102220006/
http://evi1101.blog31.fc2.com/blog-entry-2056.html
http://sumi4460.blog63.fc2.com/blog-entry-2756.html
http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1667.html
http://umaretate.seesaa.net/article/187441442.html
http://plaza.rakuten.co.jp/ozuma/diary/201102230000/
http://crazylazykikujira.blog57.fc2.com/blog-entry-126.html
http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-2729.html
http://plaza.rakuten.co.jp/eyeshield10/diary/201102220002/
http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-653.html
http://itigototyoko.blog109.fc2.com/blog-entry-187.html
http://happy2material.blog41.fc2.com/blog-entry-2041.html
http://keycafe.blog27.fc2.com/blog-entry-1188.html
http://blog.goo.ne.jp/jin-d/e/c81127ee21423f73e8d5d9e526744aa1
http://blogreblog.at.webry.info/201102/article_42.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51694018.html
http://blogs.yahoo.co.jp/merekkutausu/62238479.html
http://kenohito.blog67.fc2.com/blog-entry-872.html
http://kate555.blog59.fc2.com/blog-entry-1329.html
http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1586.html
http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-629.html
http://amakuni186.blog136.fc2.com/blog-entry-97.html
http://liv3liv.blog56.fc2.com/blog-entry-788.html
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4601.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3668.html
http://sukothi55.blog71.fc2.com/blog-entry-111.html
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201102220003/
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/12-true-route-2.html
http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/a7056401305a836ebe026eaeb70d9a3a
http://shirohebi17.blog136.fc2.com/blog-entry-236.html
http://hiroy.blog49.fc2.com/blog-entry-1769.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51573473.html
http://naruhya.blog.so-net.ne.jp/2011-02-23
http://blog29taka.blog107.fc2.com/blog-entry-1279.html
http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52148959.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-2150.html
http://kaz.anime-life.com/Entry/117/
http://shirousausa.blog106.fc2.com/blog-entry-278.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-1541.html
http://plaza.rakuten.co.jp/mmpinpoint/diary/201102220001/
http://blog.livedoor.jp/andewa/archives/51893489.html
http://kakureotanchi01.blog20.fc2.com/blog-entry-337.html
http://blog.goo.ne.jp/gurimoe/e/cd046544472a3a4d2ac2e7398f6caca7
http://tokkurin.blog109.fc2.com/blog-entry-2838.html
http://blog.livedoor.jp/youotu-roro/archives/2285647.html
http://junkheadnayatura.blog24.fc2.com/blog-entry-1552.html
http://shinsakuranikki.blog90.fc2.com/blog-entry-3955.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1767.html
http://ameblo.jp/mamoyuyu/entry-10809726563.html
http://fanblogs.jp/gyobayashi/archive/2158/0
http://aniponda.blog119.fc2.com/blog-entry-834.html
http://sorakakeruhosi.blog109.fc2.com/blog-entry-3062.html
http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/blog-entry-352.html
http://subcul.jugem.jp/?eid=1874
http://himicomu.blog34.fc2.com/blog-entry-5960.html
http://rollingstar77.blog103.fc2.com/blog-entry-274.html
http://kazehak860.blog102.fc2.com/blog-entry-207.html
http://sigerublog.blog137.fc2.com/blog-entry-152.html
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/51068638.html
http://ameblo.jp/gintoki-sakata-vol2/entry-10810007080.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2496.html
http://haruhiism.blogism.jp/archives/52102410.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1343.html
http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-369.html
http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-823.html
http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3386.html
http://disorellan.blog61.fc2.com/blog-entry-896.html
http://nontananime.blog33.fc2.com/blog-entry-281.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-5915.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1289.html
http://innamiblog.blog28.fc2.com/blog-entry-23.html
http://kokonoi.blog93.fc2.com/blog-entry-739.html
http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/28133644.html
http://plaza.rakuten.co.jp/koumeinowana/diary/201102220001/
http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-1192.html
http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51746285.html
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-544.html
http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-820.html
http://cristal1102.blog84.fc2.com/blog-entry-578.html
http://enkaigakari.seesaa.net/article/187223581.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2011-02-22-2
http://plaza.rakuten.co.jp/sealsoldier/diary/201102220001/
http://anime.ldblog.jp/archives/51736613.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-4734.html
http://maguni.com/diary.cgi?no=1318
http://aquamarine1030.blog75.fc2.com/blog-entry-1297.html
http://animerurubel.blog112.fc2.com/blog-entry-823.html

テーマ : 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
ジャンル : アニメ・コミック

(アニメ感想)俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第12話「俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない-GOOD END-」

「俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない-GOOD END-」

oreimo12-title.jpg

電撃文庫原作、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のアニメ
『TV放映版』の最終話。

今回は桐乃が言っていた最後の人生相談・・・だと思ったけど・・・

というわけで以下感想

----------------------------------------------------------------------

最後の人生相談は・・・エロゲの深夜販売・・・だと!?

oreimo12-1.jpg

「あー、おはよー」

「ハイ、あんたの分」

「あれは桐乃じゃない、桐乃の顔をしたなにかだ・・・」

「エロゲー買ってきてほしいんだよね」

「おねがい・・・」

「どこの世界に兄貴にエロゲーを買いに行かせる中学生の妹が
 ・・・いるかもしれねぇな」


なんか・・・素直だな桐乃・・・
前回の話で感謝の言葉を京介にきちんと伝えられた事が影響してなのか
妙に京介に対して『普通の妹』にような態度をとる桐乃

確かに違和感が・・・

今までの悪態をつく桐乃の印象があるから、京介に対して素直な感じの桐乃は新鮮
・・・というよりもちょっと不気味
嵐の前の静けさって感じで・・・
そしてついに語られる最後の人生相談・・・それは・・・

エロゲーの深夜販売に行って来て

ヾ(゚ロ゚ )オィッ

原作を読んだ時も思ったんだが・・・これはないわー
っていうか明らかに18禁のゲームを中学生が買おうとするのもアレですが、
妹の為に買いに行く、高校生の兄も・・・なんか色々駄目だ。

なんていうか京介は本当に口ではなんて言っていてもシスコンだよね・・・

そして深夜販売では友人の赤城に出会い、彼には腐女子の妹がいること、
そして彼女の場合はホモゲーを兄に買いにこさせていると判明。

なんなんだろうね・・・この世界の女子中学生・・・

そしてホモゲーと妹について熱く語る赤城のセリフは明らかに周りに誤解を与えてしまい
おそらく京介と赤城はカップルだと認識されてたっぽいよね・・・
特に女の子たちの反応が顕著だったし。

----------------------------------------------------------------------

なんか妙に妹が素直だと思ったら・・・

oreimo12-2.jpg

「まぁいいわ、そのうち呼び方が変わるから」

「いっしょにやんない?久しぶりにさ・・・」

”俺の妹のブツが普通なわけがない”

「このアルバムなんだけど・・・見る?」

「わかったよ・・・見せろ」

「お前・・・アメリカ行くの?」

深夜販売から無事帰宅した京介を待っていたのは人生相談の続き。

エロゲーを一緒にやろう!

なんか人生相談って言えば京介がなんでも聞いてくれると思ってるんじゃないだろうか・・・
そして人生相談と言われた以上はついつい付き合ってしまう京介
桐乃は京介なら・・・って感じで、京介への信頼から、
京介は妹の為に・・・言われると頼みを聞いてしまう。
やっぱり十分仲がいいよな・・・この2人

今までの人生相談や京介の行動から、前よりも彼を信頼した為か
京介にさらに恥ずかしいものを見せる決意をした桐乃。

ここでその見せようとしたものであるアルバムを
『見る』『見ない』の選択肢が現れて京介は『見る』を選択したわけだけど
やっぱり配信版では別のルート・・・『見ない』を選択した場合の話になるのかな?

なにはともあれ、アルバムを見ようとした京介が発見したものは、
桐乃の小学生の頃の写真とアメリカ行きの航空券

原作ではアメリカ行きの事は、桐乃が実際にアメリカに行ってしまってから
京介は知るみたいだけど、アニメ版ではここで先に知ってしまう。
この出来事はやっぱり影響あるのかな?

あとは黒猫が先に繋がるセリフをボソッと・・・
京介に対して『兄さん』という呼び方を最近してるけど
それが近いうちに変わる・・・

結構意味深なセリフ。
原作読んでると理由は分かるのですが・・・
原作5巻の内容もやっぱりアニメになってほしいなぁ・・・
配信版でそこまでやらないかな・・・

----------------------------------------------------------------------

妹が・・・アメリカへ!?

oreimo12-3.jpg

「むこうで陸上の指導を受けるの、高校入学まで戻ってこない」

「なんで俺には黙ってた?」

「行けよ!行ってこいよ!俺には関係ない話だ」


”お兄ちゃんが止めてくれたら、私どこにも行かないよ?”

「行けよ!清々するわ」

「桐乃は・・・」


「ウザッ!どけって・・・」

桐乃のアメリカ行きの話を聞いて、険悪な雰囲気へ・・・

この兄妹は本当に・・・素直じゃない・・・

ここまでは結構素直に京介に接していたのに、ここにきていつもの憎まれ口が・・・
売り言葉に買い言葉で京介も桐乃がアメリカ行く事に反対もせず・・・
なんだかなぁ・・・

桐乃が今回の話で京介に素直だったのは、
アメリカに行くからその前に京介と過ごしたかったのと、
その事を京介に伝えたかったから。
そして・・・多分止めて欲しかったのかな?

なんか都合のいいくらいいい場面で、エロゲーのゲーム画面から
まるで桐乃の思いを表しているかのようなセリフが聞こえてきたし・・・

それでもなおアメリカに行けと頑なだった京介に桐乃のヘッドバットが炸裂

いや・・・京介・・・それはさすがにお前が悪い・・・

朝、気を失っていたらしい京介は眼を覚まし、桐乃が怪我の手当てをしたらしい痕跡。
そしてリビングに行くといたのは父親と母親・・・桐乃は・・・

後ろにいました・・・

このまま原作どおりに・・・いやそれ以上に悪い状況下でアメリカに行ってしまったのかと
思ったらまだ家にいたみたい

----------------------------------------------------------------------

人生相談はまだまだ続く

oreimo12-4.jpg

「アメリカに行くのやめます!ごめんなさい!」

「そ、そうか。まぁ俺はかまわんがな・・・」

「あんたがあんまり行け行けって言うから、
 なんか急にむかついたっつーか、白けたっつーか?
 関係ないけどね」


「そうか」

「たいしたことじゃねけ・・・ただ俺の妹が・・・」

「人生相談・・・あるんだけど」

「お、おう!」

京介があまりにも行け!というから逆に行かない事にした桐乃
長々と言い訳まがいの事を、京介と一緒に登校しながら話してたけど・・・
やっぱり素直じゃない・・・

行け!と言われたから行かないというのは桐乃らしいと言えば桐乃らしいけど。

そして・・・

父親と京介の機嫌の良さが半端ない・・・

厳格な父親だけど何気に親バカ(娘限定)っぽくもある高坂 大介
桐乃がアメリカ行きを突然やめるといってた事を母親である佳乃が驚くなか
凄まじく乗り気でその意見に賛成。

この親父・・・娘と離れるのが嫌だったんだな・・・

まぁ桐乃のモデルとしての記事をスクラップブックにまとめていたり、
仕事風景を見学に行って写真を撮ったりしてるらしいしね・・・
3話くらいまでの厳格さはどこにいったんだろうか・・・

そして京介も桐乃の言い訳まがいの説明を長々と聞かされる中
顔が常に満面の笑み

そんなに嬉しいのか・・・お前は・・・

それなら最初から素直に止めておけよって言いたいけど・・・
まぁこれがこの兄妹なんだろうけどね・・・
収まるとことに収まった感じ。

最後は再び桐乃から人生相談があるといわれ、何気に嬉しそうに返事をする京介。

やっぱりお前は・・・シスコンだ・・・間違いない

それと

エンディングが流れる場面の黒猫が可愛すぎた・・・
ただ猫ミミメイドでポーズとっている所を妹2人に目撃されてるんだが・・・
まぁ可愛いからどうでもいいか・・・

----------------------------------------------------------------------
oreimo12-end2.jpg

EDは『ただいま。』で歌ってるのは桐乃

エンドカードは『化物語』のVOFAN さん
なんか桐乃が忍に見える・・・

そしてアイキャッチ・・・そういえばこんな感じのゲームが実際に出るんだよな・・・
PSPで・・・
あれは内容はどんな感じになっていくんだろ・・・

TV版はこれにて終了
あとは配信版ですね・・・どんな感じになるか今から楽しみです。
あとは・・・それがいつからか・・・ですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。

------------------------------------------------
言及リンク
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-5231.html
http://aquamarine1030.blog75.fc2.com/blog-entry-1213.html
http://blogs.yahoo.co.jp/gonta918komu/62110497.html
http://blogs.yahoo.co.jp/merekkutausu/62042745.html
http://droberthing.blog86.fc2.com/blog-entry-75.html
http://umagoya39.blog.shinobi.jp/Entry/480/
http://yaplog.jp/water_bed/archive/2874
http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-1833.html
http://ameblo.jp/atgpt/entry-10743910639.html
http://inocybe.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/tv-eaf8.html
http://pottopetoru.blog22.fc2.com/blog-entry-921.html
http://akira198x.blog28.fc2.com/blog-entry-444.html
http://originscenery78121.seesaa.net/article/174295779.html
http://kokorokotoba0502.blog38.fc2.com/blog-entry-772.html
http://ren.anime-japan.net/Entry/717/
http://blog.livedoor.jp/geallza/archives/51164941.html
http://plaza.rakuten.co.jp/ozuma/diary/201012200000/
http://kate555.blog59.fc2.com/blog-entry-1281.html
http://sirubaniablog.blog17.fc2.com/blog-entry-757.html
http://brilliantcorners.blog54.fc2.com/blog-entry-304.html
http://yasu92349.at.webry.info/201012/article_23.html
http://japanimation2009.blog47.fc2.com/blog-entry-295.html
http://blog29taka.blog107.fc2.com/blog-entry-1250.html
http://hiroy.blog49.fc2.com/blog-entry-1721.html
http://fujifutaba.blog103.fc2.com/blog-entry-27.html
http://ayatokamina.blog112.fc2.com/blog-entry-823.html
http://sumi4460.blog63.fc2.com/blog-entry-2631.html
http://mekabisyo.blog118.fc2.com/blog-entry-81.html
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1400.html
http://glossyleaf.blog8.fc2.com/blog-entry-1253.html
http://blog.livedoor.jp/ttyuasa/archives/3160867.html
http://blog.livedoor.jp/andewa/archives/51806329.html
http://kokonoi.blog93.fc2.com/blog-entry-671.html
http://blog.livedoor.jp/electro_railgun/archives/51637137.html
http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1626.html
http://sigerublog.blog137.fc2.com/blog-entry-53.html
http://shirousausa.blog106.fc2.com/blog-entry-211.html
http://karuiongak.blog37.fc2.com/blog-entry-857.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-1442.html
http://crossingheartbreak.blog2.fc2.com/blog-entry-330.html
http://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2010/12/post-cbf2.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3554.html
http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/9cd373bfdd32e6cb8c5dab680f82c7fd
http://blog.livedoor.jp/voler/archives/52728091.html
http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3285.html
http://yasuto07.blog38.fc2.com/blog-entry-1002.html
http://fanblogs.jp/gyobayashi/archive/2077/0
http://marushou.blog68.fc2.com/blog-entry-909.html
http://haruhiism.blogism.jp/archives/51542664.html
http://www.animenote.jp/archives/2010/12/20101220_2034.php
http://kazekura.seesaa.net/article/174285915.html
http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-504.html
http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-660.html
http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-1068.html
http://tsukataga.blog54.fc2.com/blog-entry-596.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51654803.html
http://cactusanime.blog104.fc2.com/blog-entry-1349.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1625.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2010-12-20-1
http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/51784635.html
http://28903894.at.webry.info/201012/article_53.html
http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/blog-entry-344.html
http://blog.livedoor.jp/kotarou_break/archives/3160545.html
http://rain-privatediary.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/12-goodend-0baf.html
http://subcul.jugem.jp/?eid=1799
http://blog.livedoor.jp/asagoegoe/archives/51934856.html
http://thetwinkleofstars.blog71.fc2.com/blog-entry-1056.html
http://myuvi.blog59.fc2.com/blog-entry-304.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/12-f9d6.html
http://animehigurasi.blog92.fc2.com/blog-entry-182.html
http://blog.goo.ne.jp/migie_no_migite/e/07e17a4ab431ca9572a461a683b30ebb
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-2049.html
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-462.html
http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1486.html
http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/27649485.html
http://anime.ldblog.jp/archives/51719993.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1207.html
http://flanpoemega.blog42.fc2.com/blog-entry-1843.html
http://mihokano.blog136.fc2.com/blog-entry-36.html
http://plaza.rakuten.co.jp/koumeinowana/diary/201012200000/
http://naruhya.blog.so-net.ne.jp/2010-12-20
http://78216303.at.webry.info/201012/article_7.html
http://kenohito.blog67.fc2.com/blog-entry-739.html
http://shittakaanime.blog86.fc2.com/blog-entry-192.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1195.html
http://moeanimerac.blog86.fc2.com/blog-entry-1128.html
http://manaduru3.blog24.fc2.com/blog-entry-686.html
http://sos0707yuki.blog68.fc2.com/blog-entry-701.html
http://anigame1.blog118.fc2.com/blog-entry-103.html
http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-1168.html
http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-535.html
http://pruuun2.blog11.fc2.com/blog-entry-264.html
http://sironsiron.blog70.fc2.com/blog-entry-735.html
http://uhdintd.blog121.fc2.com/blog-entry-905.html
http://blog.crosschannel.jp/Entry/2487/
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201012200000/
http://junkheadnayatura.blog24.fc2.com/blog-entry-1450.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-4589.html
http://gototoraku.blog14.fc2.com/blog-entry-303.html
http://shinsakuranikki.blog90.fc2.com/blog-entry-3841.html
http://spadea.jugem.jp/?eid=9143
http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51671294.html
http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-304.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-2702.html
http://blogreblog.at.webry.info/201012/article_20.html
http://blog.goo.ne.jp/nijigen-complex/e/04e259414a19b71874091a083cb50d80
http://liv3liv.blog56.fc2.com/blog-entry-770.html
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4473.html
http://enkaigakari.seesaa.net/article/174214606.html
http://alicetail904.blog42.fc2.com/blog-entry-492.html
http://kuraltuka.blog8.fc2.com/blog-entry-508.html
http://maguni.com/diary.cgi?no=1280
http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-735.html
http://rollingstar77.blog103.fc2.com/blog-entry-163.html
http://angel-teruteru.at.webry.info/201012/article_33.html
http://akashiima.blog57.fc2.com/blog-entry-493.html
http://happy2material.blog41.fc2.com/blog-entry-2013.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-1862.html
http://coffeemonster.at.webry.info/201012/article_34.html
http://plaza.rakuten.co.jp/sealsoldier/diary/201012200000/
http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-1894.html
http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-2583.html
http://keycafe.blog27.fc2.com/blog-entry-1116.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2341.html
http://plaza.rakuten.co.jp/kiko000/diary/201012200000/
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-2028.html
http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201012200000/
http://nontananime.blog33.fc2.com/blog-entry-182.html
http://cristal1102.blog84.fc2.com/blog-entry-394.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51555245.html
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/t_cherry398/51555245
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2010/12/-12-good-end.html
http://blog.livedoor.jp/mazamazadesuyo/archives/1381392.html
http://mutekidesutekina.blog52.fc2.com/blog-entry-1500.html
http://illust.go-jin.com/e9319.html
http://kazus.blog66.fc2.com/blog-entry-7436.html
http://www.mypress.jp/v2_writers/firstsnow/story/?story_id=1958831
http://blog.goo.ne.jp/jin-d/e/4aaf4ff35dc78ce3f9c9541f4a820732
http://kakureotanchi01.blog20.fc2.com/blog-entry-256.html
http://ameblo.jp/gintoki-sakata-vol2/entry-10747375068.html
http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-607.html
http://blog.livedoor.jp/maikyodai/archives/51550683.html

テーマ : 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
ジャンル : アニメ・コミック

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。