スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルタ・サギーは探偵ですか? Ⅲ ~ドクトル・バーチ被毒事件~

あらすじ

“強制的に事件を終結させる”『名探偵』のカードを持ち、
現代日本から異世界へと迷い込んだマルタ。

数々の事件を解決しつつも一向にお金が貯まらぬ「マルタ・サギー名探偵事務所」に、
ひとりの女性がやって来た。

カード戦争委員会のシェリー―彼女の訪問から、
マルタは他のカード使いとの戦いに巻き込まれていく。

一方、その頃。マルタの好敵手である怪盗ドクトル・バーチは、
何者かにより、毒を入れられてしまう。

解毒方法がわからぬバーチの執事ジャックは、
渋々マルタに助けを求めるのだが…?

感想

マルタ・サギーは探偵ですか?の全面改稿&再編集版の3巻

表紙はマルタの弟子であるリッツマルタたちの家族であるジョセフ犬
こういっちゃなんだが・・・

リッツ、可愛いな

いや、男の子なんだけどねw
感想は短めで。

今回はサブタイトルである

ドクトル・バーチ被毒事件

って事でマルタのライバルである怪盗ドクトル・バーチが刺され
そしてそれに塗られていた毒によってピンチに陥ります

うん、そのまんまだな!

そしてそれをやった犯人こそが

ウィリアム・デアスミス

『ドクトル・フィランシェ教室』の後継者的立場の存在であり
1巻から続く犯罪組織の暗躍のトップ
そしてリッツの実の兄

こいつちょっと天才すぎる

ってくらい先を読んで行動している感じなんだけど
天才すぎるゆえに・・・

怖い

そんな感じの存在ではありますね・・・超理知的なアウレカと言ってもいいかも
アウレカは素で行動がもう迷惑・・・というか存在がもう迷惑って感じで
周りから疎まれて、関係者は同情されるレベルなわけなんだけど
彼はその代わり行動に嘘がないというか・・・自分がやりたい事を
その時の気分でガー!!とやってまわりに迷惑をかける感じで
困るんだけど・・・どこか憎めないキャラなのに対して
ウィリアムは相手がどう思うか、行動にどういった影響があるのかを
全て察知し計算した上で

やる

って感じが・・・冷たくて怖い感じですね
今回は彼の本格的な登場・・・まぁマルタ達とは邂逅しないわけですが
その結果として・・・リッツにまつわるあれこれの事情がわかる事に

兄が天才でリッツもそこそこだけど両親は・・・
って感じでウィリアムはすぐに世話になっていた屋敷で
認められ、リッツも計算できた事で仕事ができたけど
両親の生活は変わらず・・・それで満足していたみたいだけど
ウィリアムはその生活を嫌っていて・・・声が気に入らないと
毒を呷って高熱を出す事で喉を広げたり、高貴な人間の
立ち振る舞いを見て覚えたりと色々やって・・・
いつのまにやら屋敷の支配者に・・・

いや、マテ!?どんだけ!?

って感じですが最終的には屋敷を焼き払い両親もそれで死亡
リッツには『賢者の石』を作るために必要な素材を生み出す種のようなものを
寄生させて放置・・・で姿を消して犯罪者って事で追われている様子

いつか寄生させた種が育ちきったら迎えに来る
だから大切な人とか作らないように・・・作っても自分が奪うからと
脅しもしていたらしく・・・だからこそ係累の一切いない
マルタに預けられた・・・ってのが事情みたい。

リッツ・スミスってのも偽名で・・・まぁ姓が『デアスミス』ってだけなんですけどね
それでも・・・色々と苦労して苦しんでいたみたい。

今回、それを全部話して・・・マルタからは家族として見られて・・・
色々と吹っ切れたみたいでマルタとの絆が深まった過程はやっぱりいい感じでした。

なんか現実の・・・日本では人との付き合いが限りなく希薄であり
両親との関係すら放任されてほとんどなかった感じのマルタなんですが
『オスタス』で出会った人々との交流のほうが比重が高いというか

こっちの世界こそが彼の世界!

って感じもするんですよね・・・そこらへんはちょっと不思議
元の世界で馴染めていなかったからこその・・・って感じでしょうか。

今回の話では『カード戦争』における他のプレイヤーとの対戦も行われ
バーチウィリアムによって被毒したのを『名探偵』のカードで助けて
それで事情を聞いていたときに対戦が行われて
事前にリッツと一緒にデッキ構築や『カード戦争』委員会の人間であるシェリーからの
説明で色々聞いていたけど・・・理解できたのはリッツのほうだったので一緒に対戦

うわぁ・・・相手になってねぇ・・・

っていうか相手のカードの引きが良すぎてあわや1ターンキルされそうになったけど
そこはなんとか防いだんだけど・・・勝利の手段がまた・・・

これは・・・運がいいのか・・・悪いのか・・・

『救援』ってカードの効果が使うと知り合いのプレイヤーを呼んで助けてもらう
ってものだったんだけどマルタの知り合いのプレイヤーで思い浮かんだのは

アウレカ

であり・・・シェリーが彼に最初のチュートリアルを教わったと聞いたら
すごーーーーく同情され・・・この初対戦の相手なんか名前聞いて青ざめて
”アレ”扱い・・・

アウレカ、どんだけ迷惑キャラなの!?

って感じだけど強い事は強いので彼のおかげで勝利
マルタの事を相棒だと連呼したせいでリッツが妙な対抗意識を抱いたりと

お前らは一体なにをしてるんだ・・・

って感じでしたけどね・・・ただ対戦相手が『コンファーメイション派』と呼ばれる
『フィランシェ教室』アウレカと同じ目的を・・・

カード戦争は誰がやっているのか?

を解き明かそうとしている存在だとわかって・・・それがきっかけに
バーチも情報開示に協力的になり3人で知識をすり合わせて
色々とわかってきた・・・って感じではありましたが

他2つは組織的なのにアウレカは一人・・・ってあたりが彼の迷惑っぷりを
あらわしている気がしますけどね

神の存在の解明と交渉

それこそが彼らの目的で・・・ウィリアムは神がゲームをやめる事で
ゲーム盤が・・・世界が消えてしまうのをどうにかするっていう
『フィランシェ教室』の目的をさらに変化させたものらしいけど
さて・・・ここからどうなるのか・・・って事ですよね。

ただこの情報が・・・リッツを・・・家族を苦しめる存在の情報が

マルタの怒りに火をつけた

そんな感じもありますね・・・リッツに寄生している『アテンダント』と呼ばれるものについても
バーチが知っていたからこそ診断できて・・・マルタは何もできないってのにも
無力感を感じていた事もあったんだろうけど・・・
ウィリアムの命令で『名探偵』のカードを奪いにきた彼の部下との『カード戦争』の勝負

マルタはいつもの残念さを一切見せずに・・・

一方的に圧倒して勝利

最初の自分の番で『名探偵』のカードを引いていきなり発動
『カード使い』にとっては仲間であるその敵のカード達が全てマルタ
前に集まり彼に全てを曝け出し・・・その事実に耐えられなかった相手が
その場でリザインしたわけなんですけど・・・全てを暴くってこのカードの効果
ゲームだとこうなるのか・・・なんて恐ろしい・・・

マルタは自首と自供とウィリアムの居場所を命令してそのまま去ることに。
何気に・・・カード使用中のマルタはちょっとトランス状態だけど
そこに怒りが加わったせいなのかちょっと怖い感じでした。

ただその自分の行動に凹んでいるマルタ
今回の序盤のちょっとした事件で出会った

マリアンナ・ディルベルタ

お菓子店のオーナーである社交界の花である富豪
彼女との交流で気分が上向きになった感じでした。

まぁこのマリアンナウィリアムに手のひらで踊らされて

毒に侵される

マルタに助けを求める

リッツに出会って事情を聞く

リッツの診断をする


って行動を全部読まれてそれを確認されて侮辱された

バーチの正体

なんですけどね・・・まぁなんか特殊体質みたいで

どっちが本当?

ってのはわからないんですけどね・・・性格はマリアンナの時は
猫をかぶってる感じだけど素はバーチのときみたい
姿と性別は・・・さてどっちなんだろう?って感じですが。

まぁそこらへん読者はわかっていてマルタだけわからないんですけどね
バーチの事をライバルらしくかなり理解している感じのマルタだけど
さすがにこれは気づかないみたいだけど・・・
なんだかんだで・・・

仲良くなっちゃってる

のはどうすんだよオイ・・・って感じでもありますね。
この関係性は・・・かなり古い作品ですが『キャッツアイ』を思い起こす感じです。
まぁあれとはちょっと・・・というかかなりお互いの関係は違うんですけどね

ここらへんの恋模様とまだ呼んでいいのかわからない部分も
今後の展開に期待したいところ・・・まぁ結果というかどうなるかわかってはいるわけですが

ただちょっと不思議な事に旧版の内容はここらあたりまでは
結構はっきり覚えていたんですがこの後はちょっと穴が開いたように
抜けてる感じが・・・ラストとその前・・・さらに印象深い場面は覚えてるんですが
どういう流れでそうなったのかが記憶からすっぽり抜けてる感じで
旧版を探して読もうかとも思ったんですが・・・

これはこれでもう1回楽しめるからいいか

って事で読まないことにしました。
読んだ後に違いとかないか確認するとかにしようかと
って事で何気に4巻がいまから楽しみです。

えっと・・・たぶん短編集の内容になると思うんだが・・・何の話だったか・・・
マジ全然でてこない・・・マルタが探偵事務所で働く・・・とかあそこらへんまで
内容がぶっ飛んでる・・・なんでだろうか・・・

最後に一文。

マルタのセリフ

事務所に来たバーチジョセフ犬を可愛がったり、キスしたりするのを見て
文句を言ったマルタリッツマルタの2人はいいのか?と聞いたときの返答

色々と隠して、危険に晒してもいるリッツにとっては
とても心にくる・・・でもとても温かい言葉だったみたいなのでコレで。

「僕とリッツはいいの。家族だから」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
マルタ・サギーは探偵ですか? (3) 〜ドクトル・バーチ被毒事件〜 (富士見L文庫)マルタ・サギーは探偵ですか? (3)
〜ドクトル・バーチ被毒事件〜
(富士見L文庫)

(2015/04/15)
野梨原 花南

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

マルタ・サギーは探偵ですか? II ~名探偵と助手と犬・春から秋までの事件簿~

あらすじ

学校をやめたその日、
手に入れた“強制的に事件を終結させる”という『名探偵』のカードにより、
マルタ・サギーは現代日本から異郷の街オスタスへと迷い込んだ。

無事に「名探偵」としての初めての事件を解決し、
オスタスの暮らしにも慣れてきたマルタの事務所に、押しかけ助手のリッツがやって来る。

喧嘩しつつも男二人の共同生活を送ることになった彼らのもとに、
怪盗ドクトル・バーチの新たな予告状が届いた。

早速現場に赴いたマルタだったが、事故に遭ってしまい・・・!?

「ここはどこで・・・僕は誰だ?」

感想

マルタ・サギーは探偵ですか?の全面改稿&再編集版の2巻

旧版の短編集にあたる巻になってますね。
7章構成なので各章ごとの感想って感じで書いていきます。

・第一章 助手登場

このシリーズの主要人物の1人である

リッツ・スミス

が登場する話・・・そういえば旧版だと短編で登場して
そのまま本編って流れだったんだよな・・・

何かしら事情を抱えているみたいで刑事であるトーリアスの紹介で
マルタの事務所に住む事になり彼の助手になる少年
どっちかというと

リッツがマルタの世話をする

って感じで明らかに

どっちが雇い主だよ!?

って感じの関係になっちゃうんですけどね・・・
マルタは家事全般適当でボロボロだしね・・・お金の管理すら・・・
そんな感じだからなのか

とりあえず『カード使い』に憧れていたみたいなんだけど
出会った最初の本物の『カード使い』がコレだからな・・・

ちなみにこの話では仲の悪い貴族の息子と娘の駆け落ち騒動を解決

あいからわず『名探偵』のカードが凄すぎる

ってことがよくわかる感じになってました。

・第二章 ドクトル・バーチはそのころ何を?

第一章のバーチ視点の話

『名探偵』のカードの効果が因果にすら及んでるのか
事件発生直後になんかすでに解決への道のりが
バーチが関わる事で出来上がりつつあるというちょっと考えると怖い話

バーチが新聞での自分への文句で凹んだり、褒められて喜んだりと
色々と素直な部分も見れて面白いかも。

ってかこの人、マルタ大好きだよね!?

正体はマリアンナって美人さんなわけで・・・マルタ、こんちくしょうめ・・・

そして何故かバーチの補佐であるジャックからは嫌われるマルタ
ちゃらんぽらんは嫌いみたい・・・そりゃそうだ

・第三章 リッツ・スミスのカーテン選び

みんなリッツに優しい

という面白い状況の話
マルタの世話をする事になるなんてなんて不幸なんだ・・・って感じで・・・
知り合い達が色々とくれたりする話

マルタ・・・お前どんだけ・・・

でもなんだかんだいって現代社会とはまるで違う
暖かい近所づきあいって感じでもありますね。

・第四章 マルタ・サギーの三日間

マルタが事件捜査で訪れた地で記憶喪失になり
バーチに保護されて面倒を見てもらう話

嬉々としていろいろと面倒を見るバーチ・・・

いや、だからどんだけ好きなんだよ

そもそも今回の依頼主は犯罪者なんで、証拠になる絵を
盗むのやめて?とか頼むマルタ
その前にすでにどうしようと悩むバーチ

お前ら仲いいよね!?

そして何気にバーチが記憶喪失のマルタと夏祭りに行く約束したんだけど
記憶戻っちゃってご破算になったんだけど
1人で参加して言い寄ってくる男共をひたすら振るという八つ当たりをしたみたい

いや、だからお前どんだけ・・・

・第五章 リッツ・スミスは十五歳

リッツの誕生日が数日前に過ぎていたことを知ったマルタが誕生日を祝おうと
ケーキを手に入れるために奔走する話。

バーチの正体であるマリアンナの店にマルタが来店して
バーチがなんか色々とテンション上がったり・・・・いや、だからどんだけ・・・

ちなみにマルタが嫌いなジャックリッツは気に入ってるみたい
真面目な人間が好きなのか・・・主がアレだと思うんだが・・・

しかもリッツを自分も祝いたい、マルタの手伝いをしたい・・・って事で
考えた結果、バーチがやったのは

変装してケーキを無理やり渡す

というぐだぐだの方法・・・自分でもなんじゃそりゃ!?って後で後悔していたわけで
ぶっつけ本番に弱いらしいバーチ・・・いや、怪盗としてそれどうなんだ・・・

今回の話ではマルタがなんだかんだ言いつつも年下である
リッツを大切に思っていることとか、なんだかんだ言いつつリッツ
マルタを大切に思ってることがわかる話になってましたね

あとバーチが二人を大切に思ってることも・・・
それでいいのか探偵と助手と怪盗よ・・・

・第六章 探偵M氏の迷宮入り事件

ジョセフ犬、登場!

の話。彼女もまたこのシリーズには欠かせない重要人物。
マルタ側の主要メンバーはこれで勢ぞろいかな?

本名は『ジョセフィーヌ』らしいけどマルタジョセフ犬と呼ぶために
本人はそっちが名前だと認識した人犬族

マルタはそれを知らずに普通の犬として彼女を拾い
飼ってもいい?とリッツに言って貧乏なのに何いってやがると怒られる事に。

まぁそれでもどうにかならないかと頭を悩ませるあたりリッツは優しいし
道端であの犬はいい犬で探偵の仕事にも役に立つよ・・・と通りすがりの老人に言われ

バーチ、なんでこんなことすんの?

とあっさり正体を見破ったりと・・・なんかマジでリッツの苦労がわかる話だった。
マルタにわざわざ有利になるような贈り物を匿名でするような人間は
この世界ではバーチくらいだ・・・ってのが正体を見破った理由らしいけど
探偵も怪盗も・・・マジ大丈夫なんだろうか・・・

ジョセフ犬は元々、いけ好かないやつがマリアンナの気をひくために
手に入れたみたいだけどバーチがそれを救いだし
自分に関しては探らない事を条件にマルタの元へ送り出したみたい
さらにマルタが雨の中を自分を抱きしめながら歩いてくれた事で
マルタを主人として認めた・・・って事みたい。

マルタには夜のあいだ人間の姿になれる事は秘密で
リッツは知ってるけど話さないことにしたみたいで・・・
最終的に彼女も事務所に住む事に。

ちなみに迷宮入り事件ってのは『ジョセフィーヌ』って犬が行方不明になった
って事件なんだけど・・・そりゃ依頼主が評判悪いヤツって
わざわざトーリアスが説明してくれてるのに渡さないよね・・・

・第七章 研究対象マルタ・サギー

何気に本編・・・というかシリーズに関わる話になる内容

バーチが青い薔薇を盗むと予告状をだして
リッツも仕事で報酬入るからありがとう!って叫ぶシーンがあったし・・・
いいのかこの関係性・・・

何気にバーチマルタの事務所の向かいに家を借りてたまに観察してるし

お前らマジ仲いいよね!?

この青い薔薇の事件と並行して異世界人であるマルタを調べたいという
研究者の依頼も受けて・・・それがサブタイトルになってるみたい

マルタをモルモット扱いする研究者に対してマルタではなく
リッツが激怒して、怒らないマルタと喧嘩しちゃうという・・・

リッツもマルタ、大好きだなぁ

って感じがよかったかも。

青い薔薇が1巻で事件を起こしたクレイの仲間・・・
警察からは『ノナウムス』と呼ばれる結社が研究者が気づかないように
人間の内臓を肥料に作らせたもので・・・薔薇自体に人間の心を奪う力があるらしく
バーチはそれが危険だから処分するために奪いにきたみたい

そして誰も気づかなかったけどそれと並行して変装したクレイ
マルタの研究調査資料を奪っていったりと・・・

1巻で起こった事件は始まりに過ぎない

と思わせるような話にもなってました・・・
バーチとの対決は楽しいって感じだけど・・・やつらが関わると
途端に血なまぐさい感じになってちょっと嫌な感じですね・・・



今回の感想書いてて思ったんですが、リメイク版って結構感想が難しい
なまじ完結までいっていてそれを知っているからこそ
ついついそっちの内容を書いてしまいそうになるわけで・・・
流石にそれはネタバレがすぎる気もするわけで・・・どうしたもんか

次回はリッツの事情が少しわかったり、『カード戦争』に巻き込まれたりする
話になるわけで・・・ってこれもまたネタバレみたいだけど
まぁこれくらいはいいかな?

なにはともあれ・・・どんな感じになるのか今から楽しみ。

最後に一文。

リッツのセリフ

この話が収録される巻の感想を書こうと思ったときから
これに決めていた言葉

何気に旧作の頃からこのセリフが妙に記憶に残っていたんで

マルタの『名探偵のカード』の効果を目のあたりにした後の言葉になります。

「お前推理もへったくれもねぇじゃねぇかよ!

で、カード使いならそうだって言えよー!」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
マルタ・サギーは探偵ですか? (2)  ~名探偵と助手と犬・春から秋までの事件簿~ (富士見L文庫) マルタ・サギーは探偵ですか? (2)
~名探偵と助手と犬・
春から秋までの事件簿~
(富士見L文庫)

(2014/12/11)
野梨原 花南

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

マルタ・サギーは探偵ですか? I ~レド・ビァ事件~

あらすじ

鷺井丸太は高校を辞めた。
理由は、面倒だったから。

そんな彼が1枚のカードを手に入れたところから物語は始まった。

―『名探偵』。

強制的に事件を終結させる力を持つそのカードが原因で、
鷺井は霧の街オスタスへと迷い込む。

生きていくため、マルタ・サギーと名乗り、
オスタスで名探偵稼業を始めた彼の最初の事件の顛末を、ここに記す・・・。

「僕に推理は必要ない。金の粉が現れ消えたら、すでに事件は解決している」

傑作異郷探偵活劇、著者による全面改稿と再編集を経て、復刊!

感想

マルタ・サギーは探偵ですか?シリーズの全面改稿&再編集版
感想はかなり短めに

あとがきに

6年ぶり、2度目のグランドツアーを始めましょう

って書いてあるのが色々といい感じです。
基本的な話の流れは変わらないみたいなんですが今回のバージョンでは
作中の新聞記事(短編集1巻冒頭)などでサラッと流された事件が描かれていたり
1巻で描かれたマルタの靴擦れの怪我と新しい靴とか
探偵事務所になる物件での大家さんとの出逢いとか色々と追加されていて面白い

というかこのシリーズがリメイクされると聞いて

めっちゃテンション上がった

そんな人間なので実際に読んでみて懐かしさもそこそこに
かなり楽しく読めました。

推理を一切しない『名探偵のカード』という事件を因果律とかにまで影響を及ぼして
強引に解決させるというチートアイテムで『名探偵』をする主人公・マルタ

犯罪に美学を追求して『怪盗』として悪党からだけ盗み
しかも派手で見事な盗みをする『怪盗』ドクトル・バーチ

マルタ『カード戦争』と呼ばれるカードを用いた”何者達”が開催するゲームに巻き込まれ
そこでアウレカという・・・迷惑だけど憎めないヤツと出会って・・・
そのアウレカのせいで”何者達”を呼び出してしまって逃げ出して・・・
異世界の都・オルタスにたどり着いたマルタとそこで華々しく『怪盗』デビューしたバーチ

宿命のライバル 運命の出会い

って感じで二人は出会ってこれから戦う・・・というかお互いに相手を尊敬と言うか
尊重しつつ関わっていく・・・その始まりの物語ですね。

マルタの少年として不器用で・・・普通の世界では生きづらい感じだった彼が
オルタスで思わず忠誠を誓ってしまうような今回の改変でより可愛くなった感じの女王との出会いや
彼を保護してくれて治療もしてくれて・・・でも最終的に酷い裏切りをしたグレイとの出会い

うーん・・・あれだ・・・なんだろうか・・・

そうだ・・・これがマルタ・サギーの始まりだ!

って感慨とか2度目なのにわくわく感とか・・・そして新作部分でテンション上がったりとか
なんか前に1度読んでいたからこその楽しさがある感じでした。

細々とした演出とかもいい感じに変更されたりしてるし
このまま先に進んで・・・

あの話とかあのシーンは変化するのかな?

とか2巻・3巻とかの展開を思い出しながら読んだりとか・・・凄く楽しかったです。

まだ1巻で物語を彩る重要なキャラクターが何人か未登場なんですが
彼らの登場シーンとかも色々と気になりますね・・・
旧作のほうは1巻の感想だけを短めに書いただけで今回も短めなんですが
2巻からは通常通りに感想を書く・・・と思います

ってか2巻、来月じゃん!?

サブタイトルからすると短編集1巻と本編2巻を合わせた感じでしょうか
あのキャラとかあのキャラとか恋模様とか『カード戦争』とか・・・
色々と今から楽しみです。

それにしても・・・

名探偵のカード効果には笑った

相変わらずというかあれはもう凄まじすぎる・・・
でもその結果が結構コミカルだったりするから面白い
怖いときには怖いんだけどね・・・

最後に一文。

マルタ『名探偵のカード』呪文

まぁ鉄板だし前回は載せなかったのでこれで。

それにしても・・・あいかわらず理不尽なカードだ・・・
でも前よりカードの意思がわかりやすくなってる感じかも

「I'm Marta Saggy!」

「Open your fuck'in gate of THE POWER.」

「I Will use the card・・・・・・・・・.

"DETECTIVE"!!」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
マルタ・サギーは探偵ですか? (1) ~レド・ビァ事件~ (富士見L文庫)マルタ・サギーは探偵ですか? (1)
~レド・ビァ事件~
(富士見L文庫)

(2014/11/13)
野梨原 花南

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。