スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英雄教室 2

あらすじ

念願の友達100人を達成した元勇者・ブレイド。

今日も一般人ライフ万歳、ごくフツーの学園生活を送っているつもりが、
ナゼか身の回りではハプニングが途切れない。

魔王の娘が登場してブレイドにライバル宣言!?

クラスの授業ではまさかのバトルロイヤル・デスゲームが勃発!?

さらには国王のいつもの「実戦的訓練」により王都が巨大怪鳥に襲われて大ピンチ!?

だが国王は動じない。

「大丈夫!!なぜなら彼がいるからだ!!」

アーネストの炎のダイエットや実は泳げない超生物・ブレイドの水泳特訓など、
学園の日常も大充実!

勇者に美少女、魔王っ娘に巨大モンスターまで、
すべてがトモダチになってゆく“楽しすぎる”学園ファンタジー待望の第2巻!!

感想

英雄教室の2巻

『魔王』を倒したけど『勇者』としての力を失ったブレイド
だけど

普通になりたい

と願っていた彼にとってはそっちのほうが良かったんだけど
彼は特になんとも思ってなかったんだけど『勇者』の力とか関係なく

超生物

と言っても過言ではないレベルで凄まじい強さを持っていて
あれ?これ普通とはほど遠くね?って感じのブレイド
英雄を育成する学園に入学して友達を作っていくほのぼのストーリーがこの作品

前回は学園の女帝と呼ばれていたアーネストの苦しみを救い
人工的に造られた『勇者』であるソフィと心を交わし
ドラゴンの子供であるクーフーリンを踏みつけて親認定され

最終的には

108人の友達ができた

って事で友達たくさん作る事に成功したわけで・・・今回はその続き。
学園の雰囲気的には今回はかなりよくなってましたね。

前回は下級クラスと上級クラスの間に格差というか・・・
それによる階級のような感じがあったけどクーフーリンに人間を
認めさせるために全員で頑張った結果、結束力が強くなって
いい感じにまとまったみたい

全部で3章仕立てなので章ごとの感想を

・第一章 ローズウッド学園の訓練

前回のクーフーリンとの戦いで魔力などを直結したことで
みんな1段階上の実力を得た生徒達

より実戦的な訓練を!

と・・・学園長でありブレイドの知り合いでもある国王ギルガメッシュことギルガメッシュ
色々と画策して・・・生徒達をレベルアップさせようとするわけですが

ろくでもない

この一言に尽きる感じで・・・内容が厳しかったり色々と凄い感じ。

ってかこの世界の技術どうなってんの!?

って感じでVR世界みたいなので相手を殺せる訓練とか・・・
もちろん仮想のフィールドなんで本体には影響ないんですけどね
生き残りが最後の一人にならないと現実に戻れないと言う条件で
殺し合いが・・・その結果・・・

アーネストが暴走

なんか血の味を覚えてしまって暴れだし・・・
クーフーリンは友達であるクレアを食べちゃったり

お前ら・・・大丈夫か、オイ

って感じだったけど全員・・・普通に『勇者の力』を使って挑んできたソフィ
含めてブレイドが倒して全員現実に戻したんですけどね

なんだろ・・・まともなヒロインがソフィしかいない・・・
いや、まぁクレアもまともだけどメインじゃないしね・・・

まぁその後・・・こんなことやらせやがって・・・と
生徒達にVR世界でギルガメッシュはぼこぼこにされたんですけどね。

この次の訓練は・・・水上・水中訓練・・・

ブレイク・・・かなづちと判明!

という事でみんなで協力して泳ぎを教える事になるんですが

アーネスト・・・水に突き落として頑張れ

という無茶振りでなんかヒロイン度をますます下げ

ソフィ・・・胸に顔を埋まらせて安心させる

ってのは女の子の胸に顔をつけてれば大丈夫になっただけで
泳げるようにはならず・・・最終的に

クーフーリン・・・足がつって溺れる

というのを見て親として子供のピンチに助けに行くために
自然と泳ぎを会得という・・・いい感じで終わり

そしてラストはアーネストの訓練・・・という名の

ダイエット

今まで自分を律して魔剣の支配に抗ってきたけど
前回の話で正規契約を結んで律する必要がなくなり
友達もできて万々歳だったんだけど・・・今まで食べてなかったお菓子が
あまりにもおいしい・・・って事で

太り

それをブレイドに指摘されてショックを引きこもった・・・と思ったら

さらに激太り

涙流しながら止まらない~とか言ってるし・・・うん、あれだ・・・

だんだん残念になるな、お前!?

というかもうそろそろヒロインとして危ないんじゃないだろうかコレ・・・
この後、みんなでダイエットするも意味がなく・・・最終手段として

魔剣の力のさらなる進化

に突き進み自らを炎と化すという初代の契約者以外達成できなかった
力をついに会得・・・この技・・・

カロリーを燃焼させて燃えている

らしく・・・使うと凄くカロリー消費する・・・一気にやせる
ってか魔剣が

この力で何を倒すのだ!

とテンションあがってたら、いや脂肪だよ・・・脂・・・と言われて
???となってたしね・・・まさかこの技を強制ダイエットに使われるとは
魔剣も思わんかっただろうね・・・そしてこの後の展開はお約束

いつでも痩せられるのでお菓子食べ放題

とムシャムシャ・・・

駄目だ、このヒロイン!? 

・第二章 魔王の娘

クレアの友人であるマリアが魔獣とのハーフであり
前回の一件以来、徐々に力の制御ができなくなって危ない・・・って事で
ブレイドが相談に乗り・・・とりあえず一度全部解放してみようってなったら

君、どこのZ戦士!?

って感じで・・・四肢に各1個ずつ力を半減させる封印をしていて
さらにつけていたペンダントが力を1/10にする・・・つまり

160倍

それがマリアの全開だったわけで・・・しかもハーフであるがゆえに
迫害された過去などからもう1つ人格を持っていたみたいで
そっちは魔獣よりの人格であり・・・そしてマリアの父親・・・

魔王

だったみたいで・・・つまりサブタイトル通りにこの娘・・・

魔王の娘

だったわけですよ・・・で自分は『魔王』だと名乗って暴れ始めてピンチになり
ブレイドが全盛期の30%の力をだしたら死ぬ・・・と言われていたにも拘らず
力を引き出してなんとか止めたけど・・・マリアの人格は戻らず
『魔王』『勇者』であったブレイドに興味を持ってそのまま学園に通う事に

どうしてそうなった!?

というかギルガメッシュは最初から知ってたみたいだし・・・

大抵こいつが騒動の種

だよね・・・うん・・・ただ何気に・・・マリアはともかくこの魔王ちゃん(自称)とは
ブレイドとフラグが立った感じ・・・あと昔から知り合いらしい
保険医もめっちゃブレイド心配してるよね・・・うん・・・

この結果、ブレイドは15%までしか力が出せない・・・となって
本人は普通に近づいた!と喜んだけど・・・いいんだろうか・・・

そして魔王ちゃんの方は何気に人気者になったけど
魔獣としての認識はあって微妙に相容れない部分もあり・・・
だけど最終的に・・・マリアがずっと不安だった
生まれたときにはすでに傍にいなかった父親が自分達を愛していなかったのでは?
という不安が彼女のペンダントに残されたメッセージで解消され
マリア魔王ちゃんを受け入れて一件落着

ただし魔王ちゃん、残留

正確には徐々にマリアと融合していくって事で髪を下ろすと魔王ちゃん
人格に変わる・・・という状態に落ち着く事に・・・
力のほうもかなり落ちたみたいだし危険性はないみたい

最終的にマリアがどうなるのか・・・気になるところではありますけどね

・第三章 将軍と怪鳥

有名な将軍であり『セントール族』というケンタウロスの女性であるディオーネが登場

ちょっと脳筋

って感じだけどブレイドと一緒に闘ったこともあり、ブレイドを子供の頃から知っている人であり
英雄の一人でもある・・・まぁブレイドほどではないけど超生物っぽい女性。

彼女が学園の教官となって訓練が厳しくなったり・・・まぁ色々あるんだけど

やはりお前か!国王ーーーー!!

って事で国王が『霊鳥シームルグ』の卵を盗んできて学園に置き
取り返しに来た親鳥との間に

実戦的な訓練

をさせられる事に・・・いや、もうこれ実戦だよね?

ってブレイド、めっちゃ指揮できる!?

一応学園でも習ってるので誰でもできる・・・と本人言ってるけど
親鳥は当然2匹なのでそれに応じて戦力を振り分けて
怪我などで戦力の均衡が崩れたら適時予備戦力を補充・・・とか
何気に優秀・・・戦闘方面はまじ凄いなコイツ・・・

ただこの話で一番印象的だったのは卵が孵化するようにと
卵を高いところに運んで夕日を浴びせる予定だったんだけど
それが失敗して・・・ブレイドが駆けつけるシーンの時に

自分達にまかせて先に行け!

と友人達が・・・みんなが行ってくれてブレイドがそれを信じるシーン
『勇者』だった時もみんなで生き残ろうと約束して・・・でも自分以外は死んだりした
でも今は・・・『勇者』ではなく・・・友達がいる・・・って部分が

あー、これいいなぁ

と思いましたね・・・『勇者』の力を失い、自身の力のほとんども使えない
でもそれ以上に大切なものをブレイドをきちんと得ていて・・・それが
新しい力となってる・・・そんな感じです。

まぁヒロインなのに最強の力を使うごとにカロリー消費するんで
いちいち街中のお菓子店でお菓子を食べまくって補給していたヒロインとか

ヒロインとしてそれでいいのか?

って友人もいるんですけどね・・・あと魔王の娘とか・・・
何気にマリアの父親倒したのってブレイドなんですよね?
やはりこう考えると・・・メインメンバーだとソフィが一番か・・・
次点がクレアで保険医とかに続きそう・・・

ちなみにこの一件の真相は親鳥が卵を孵化させるのに適さない
場所に巣を作ったから彼らに昔命を助けられたらしいギルガメッシュ
気を利かせて孵化できる場所に運んできたみたい

ただし感謝が一方通行

親鳥達からするとギルガメッシュには恨みしかないみたい・・・というか卵の事以外でも
なにかしら恨みがある感じで・・・昔ギルガメッシュが助けられた一件でも
何かしらの迷惑をかけられたっぽい・・・

やっぱりお前のせいじゃねーか!?

一応、卵はちゃんと孵って、最初に見たのがブレイドだったので親と思われ
クーフーリンは妹弟ができたと喜んでたわけで・・・
さらに『霊鳥』が2羽友達に加わった・・・って感じで終了

基本的にシリアスはほとんどなしでこれからも行くみたい。
ブレイド1回死んだりしてるけどそれもネタの1つみたいだが

緑のヒロイン?

が次は追加されるかもしれないみたい
赤・青・黄・黒と来たのでメイン格って事だろうけど・・・さてどんなトンでもキャラなのか
怖いような楽しみなような・・・

最後に一文。

ブレイドと仲間達の会話。

過去の記憶から躊躇するブレイドが友達を信じて・・・先に行く
ってのがとてもいい感じなのでコレ

「ブレイド。行って」

「いや──、しかし」

「十秒。すべて残しているわ。
 
 こんなときのため」


「いや──、だがな」

「私を信じて。皆を信じて」

「そうだ。行け。ブレイド。

 ここは俺たちに任せておまえは行け!」



「わかった」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
英雄教室2 (ダッシュエックス文庫)英雄教室2
(ダッシュエックス文庫)

(2015/05/22)
新木 伸
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

英雄教室

あらすじ

勇者とは”超生物”である!?

魔王と相打ちになって勇者の力を全て失った元勇者の少年ブレイド。

念願叶って普通の学生になれるはずが、
入学させられた学園は、なんと勇者を養成するエリート学校だった!? 

そこに通う生徒たちはもちろん優秀。
だが“本物”の勇者だったブレイドは心技体すべて英雄すぎる!? 

実技の授業で校舎は半壊! 

国王とは旧知の仲でタメ口上等! 

学園の“女帝”である怖いお姉さんに睨まれても気づきやしない!!! 

ドラゴンの脱走でパニックとなっている学園でも、
一人だけマイペースにカツカレーを食っている!? 

やることなすこと「超生物」な主人公の、
無理・無茶・無謀・不自然極まりない「平静学園俺ライフ」!? 

いまここに開幕!!

感想

剣と魔法の世界で勇者が『魔王』を倒した後の後日談な世界が舞台の物語

主人公は『元勇者』であるブレイドであり・・・彼は

普通になりたい

という願いの元、学園に通うことになるわけなんですが
元であろうと『魔王』と相打ちで『勇者』の力を失っていても・・・

コイツはおかしい・・・超生物すぎる!!

というのがこの作品・・・ってか生物的にもスゲーけど
立場というか・・・そういう点でも色々とおかしい・・・

『勇者』だったので国王とも旧知でタメ口

国王、『勇者』の力を取り戻して欲しいので彼のために学園長に就任

『勇者』だったので一般人のレベルがわからない

え?ドラゴンって割と素手で倒せるよね?(←普通無理です)


などなど・・・極めつけは物語開始時点で『魔王』との戦いの
ダメージからようやく回復しつつあるんだけどそれでもボロボロだから

全盛期の3割の力をだしたら死ぬぞ

と主治医に言われている状況でコレだという事・・・まさにあれだ

チ  ー  ト
超生物

ってルビを振ってもいいんじゃないか・・・・そんなデタラメな存在。
そんな彼が普通を目指して『英雄学園』・・・次世代の英雄を育てる
訓練学校的なところに入学して色々とするってのがこの物語であり
3歳の頃から『勇者』の力を発揮して育ててくれた人も周りにいた人も
英雄と呼ばれる規格外ばっかりだったために

普通がよくわからない

って状況で色々と巻き起こし・・・でも凄まじく純粋だったりするために
まっすぐに問題に取り組もうとしてその態度に徐々に周りが感化されていったりと
話の流れはとてもいい感じ。

今回の作品では3人のヒロインのそれぞれの問題について取り組み解決したわけで
それと同時にブレイドの心の成長も描かれている感じでした・・・

とりあえず3人のヒロインについて

・アーネスト・フレイミング

貴族の子女で学園の主席、そして女帝と恐れられる・・・

ボッチ

あまりにも自分にも他人にも厳しすぎるためにボッチです・・・ええ・・・
彼女がそうなってたのは家宝の魔剣の所持者に意図せず
なってしまい、常に自分を律していないと魔剣に意識を乗っ取られて
破壊の限りを尽くしてしまう・・・という責任感と重圧のためだったんですが
ブレイドと遭遇して

挨拶して名前を覚えたら友達だ!

というどんな子供だ!?的な発想の彼を相手に調子を崩され
さらに蓋を開けてみたらブレイドは凄まじく強い・・・
厳しく接してもあまり気にせず対応してくれ友達になってくれて

あれ?なんかめっちゃ喜んでる!?

となり・・・いやいや、浮かれちゃ駄目だ・・・と思っていたら
アーネストの態度とかを不信に思ったブレイドが彼女の事情を
国王の伝手とか使って調べ上げ

もし取り込まれたら自分が斬ってやる

ブレイドはそういって彼女に魔剣に主と認めさせる試練を受けさせ
無事解決に・・・

そりゃ惚れるわ!

その後は取り込まれる心配がなくなって厳しいながらも
他者を受け入れる余裕ができて雰囲気も柔らかくなり
ブレイドの事については色々と気にして女の子らしい行動を取ったり
ブレイドがデートすると聞いて尾行・・・一緒に尾行した女の子たちと仲良くなったり
友達増えたりと・・・ボッチじゃなくなっていっていい感じでした

・ソフィティア・フェムト

アーネストに次ぐ実力を持つ女の子
最初のキャラ紹介画像を見たときは魔術師系だと思っていたら

ガチ格闘タイプ

だったのはちょっと驚きでした・・・
基本的に行動が受動的で何かをしようと言われても

それは命令?

と聞き返して命令なら従う・・・って感じの女の子だったわけですが
ブレイドアーネストから彼女の事を頼まれるわけですが
国王からソフィティア・・・ソフィ

人工勇者

『勇者』の力を模して人工的に生み出された存在であると知らされ
ブレイドは自分の存在のせいで・・・と責任を感じて
今の自分が思ってるように普通の・・・

学生らしい青春

ソフィにも過ごさせたいと色々考えて行動する事に
お前もな・・・って言ってやりたいところですが・・・
まぁその結果、デートする事になったわけで
アーネストブレイドが学園に来てすぐに仲良くなった
クレアとかも気になって尾行してきたわけですが・・・

最終的にブレイドは自分が『元勇者』であるとソフィにだけ明かして
謝ったけどソフィは全然怒らず逆に『勇者』だった事について・・・

子供の頃からひたすら頑張って死に掛けたりもして

みんなから期待されて

期待を裏切れば文句を言われ


なりたくてなったわけじゃないのに理不尽で・・・それを吐露するブレイド
ソフィは自分は人工勇者として生まれた事を誇りに思うと・・・
本物の『勇者』であるブレイドがやった事や救った人々を見てそう思ったと
そしてブレイドがそれを重荷に思うならそれはそれでいい・・・と受け入れ
ブレイドを思いっきり泣かせる事に・・・

あれ?ブレイドの方が救われてる!?

ソフィは最初からブレイドに何かしら感じるものがあったみたいで
彼が『勇者』だったと聞いてその理由がわかり・・・そして彼を受け入れた
この一件で仲良くなってよかった・・・って感じ。

ブレイドのほうの心の問題が色々解決したって・・・なんか逆だけど
ソフィもこの一件で多少周りにも心を開くようになった感じでよかったのかな?

ただこの話の一番のツッコミどころはソフィが人工的で10秒しかもたないとはいえ
使える力で・・・ブレイドがかつて使えて今は失った

勇者の力

のような気がします・・・なにせ

物質の性質を変化させ

体重を1万倍にしたり

時間と停めたり



なんだそれは!?

って感じです・・・まさにチート・・・ってかデタラメ・・・
これないと戦えない『魔王』ってどんなだよ・・・って感じです。
超生物って呼ばれるくらい物理的に凄まじいブレイド
かつてはこんなチートすら・・・それでほぼ相打ち・・・

『魔王』も絶対超生物だコレ!?

・クーフーリン

学園の生徒に大型の魔物との戦いを学ばせるために捕獲された
ベビードラゴンがブレイドに拳の一撃でのされた後に人化した女の子

この世界のドラゴンは生まれながらの強者なので
生まれてすぐに親が子供を踏み潰すことで上位存在を自覚させるらしく
このベビードラゴンは生まれたときから親がいなかったみたいで
意図せずブレイドが親代わりの行動をしたことで

親さま

と呼んで慕うように・・・ただしブレイクのみ
ブレイドクーフーリンって名前を付けて面倒を見る事になるんだけど
ドラゴンゆえの・・・弱い存在を同列の存在と認めないがゆえに

友達ができない

という悩みに・・・ブレイドは親として立ち向かうことに
今回の問題で大きかったのはすでに認められているブレイド
何かをしても結局はブレイドの成果になってしまって
クーフーリン・・・クーが他者を認める事にならない・・・って点ですね。

だからこそ”友達”が動く!

アーネストソフィクレアや他のクラスメイトがブレイドのために動き
下級クラスの生徒に土下座してまで頼む事態に・・・

ちくしょう・・・こいつら全員いいヤツすぎるだろ!?

クークーでドラゴンは孤高だから一人で大丈夫とか
言ってたけど誰も見てないところで人形遊びをしていて
ドラゴンの人形と人間の人形が友達になる遊びをしていた・・・
まぁそこはいい・・・その上で

登場する人間が108人

という・・・学園の生徒全員と同じ数であり・・・しかも

全員の名前を覚えている

という・・・なんかもう泣けてくる状況ですからね・・・友達作ってやらなきゃ・・・っていう
ただそのためには同列とみなせるようにならないとだめ・・・って事で

全生徒 VS クーフーリン(ドラゴン体)

って事になり・・・ブレイドは指示をだすだけで後はみんなが頑張って戦い
そして勝利

お前ら・・・青春してるじゃねーか!!

普通の青春とは違うかもしれないけど・・・ブレイドも含めて
みんな良いヤツで友達のために行動して

これを青春と言わずなんと言う!

って感じでしたね・・・最終的にはブレイドも友達沢山できて

友達100人できた

って感じになってるわけで・・・すげー事になってる・・・
続きも予定されているみたいなんで・・・この状況からどうなるのかが
気になる所なんですがさて・・・どうなるのかな?

アーネストは重荷がなくなる柔らかくなり
ソフィは感情を表現するようになってきて
クーはみんなを認めて友達になって心を開き始め

と主な問題は解決しているみたいな感じだけど・・・
新しいヒロインが何か問題を抱えているのか
それとも何かしら彼女達が巻き込まれるのか・・・気になるところです。

あとがきで作者さんが

『勇者』であるがゆえに何ももってなかった少年が
ガールフレンドを得て、母親を得て、娘を得た・・・と表現してましたけど
なるほど・・・って感じですね。

ソフィは母性をクーは逆に娘・・・ですしね。
そう考えると一番希望があるのはアーネスト・・・なんだろうか・・・
一番理解してるのはソフィなんだが・・・さてこっちの進展についても気になる所
なにせブレイドが一番そっちに疎いわけだし・・・

最後に一文。

クーと生徒のセリフ

色々とあったんですけどね・・・ブレイドの叫びとか・・・
ソフィのセリフとか候補は・・・

でもやっぱり最後まで読んだならこれかな?って事でこれで

「トモダチになってください!」

「よろこんで!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
英雄教室 (ダッシュエックス文庫)英雄教室
(ダッシュエックス文庫)

(2015/01/23)
新木 伸

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。