スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくのゆうしゃ 8

あらすじ

私、田舎のしがない村娘サクヤ・ルーンはずっと勇者様に憧れていました。
危機に颯爽と現れ、悪を滅ぼし、人々を救済する勇者様。

…かくしてその人は実際私 の前に現れました。
私は彼をすぐに大好きになりました。

でもそれは決して、彼が勇者だったからじゃありません。
彼がトオルさんだったからです。

…ねぇ、ト オルさん。
貴方に改変されたこの世界では今でも、
ファルディオさんが、セシリアさんが、レイアさんが、魔王ヨルさんが
―あらゆる生命が皆必死に戦っていま すよ。

聞こえていますか、トオルさん。
私は―私達はいつまでも、貴方の帰還を、幸福を、笑顔を、心の底から願っています。

感想

ぼくのゆうしゃの8巻

最終巻です!

というわけで前回のラスト・・・主人公であり『勇者』であるトオルが当初の目的通り

自分の命と引き換えに兄・ヒロキを救った

って事で死んでしまったわけで・・・オイどうするんだよこれ・・・って感じだったわけですが
今回はトオルが死んだ後の・・・彼の願いとは別のもう1つの決断

異世界ノルンガルドの魔物と魔法について

に焦点を当てつつ・・・仲間たちの動き・・・そして・・・って感じになってます。

この世界では世界が生み出した魔物から力を奪うことで人間が魔法を使っていて
人間が魔法を使い続ける限り魔物達は力を搾取さて続けているってのがこの世界の実態で
『勇者』はそれを審判してどうするのかを決める存在だったわけなんですが
トオルが考えたその決断は

完全廃止

なわけなんだけど・・・徐々に弱体化していき、その間に色々と事情説明を
この世界では『女神』と呼ばれるアウルに頼み、魔法に代わる存在として
禁忌魔法を・・・この世界の人類がようやくたどり着いた自分達の力のみで発動できる
魔法を一般に周知しよう・・・ってものであり世界中の人間に世界の魔法の仕組みを暴露
教会とかの上層部やかつての人間の闇を全部暴露して色々と固定概念を破壊しつつも
希望を残して・・・というか

お前らさっさと自立しろ

という厳しくも優しい決断でしたね。
そんな中で教皇に選ばれたセシリアファルディオレイアヨルというメンバーで
トオルが作り変えた世界をめぐる旅に・・・

教皇と大魔導士と魔王と魔法少女

が一緒に旅に・・・

どんな状況だ!?

というかアウルトオルの頼みで生前のぶっ飛んだ性格で
世界中に色々とバラしまくって・・・

女神?え?女神って一体・・・

魔法使えなく何の?今の生活どうなんの?

って状況でこのパーティーで旅・・・もはやカオスしかない・・・
ただ一応、あの場でトオルと争ったヨルファルディオには
代理人としてトオルの審判を認めるか、認めないかを投票する権利があり
それもあって・・・世界中を巡って・・・それについても決めることに。

トオルがもういない世界だけどね

って部分が色々と切ないし・・・ヨルとしては魔物を救う選択肢である
この結果は感謝に値する事でありいまさらファルディオ達と戦うまでもないし
って事で・・・意外とおちゃめな『魔王』とそれを問答無用で弄る人間達という
いや、お前ら・・・それでいいのか・・・というパーティーに

いや、マジでいいのかこのパーティー

そしてヨルレイアはそんな中で姿を消した『魔人』スーリムを警戒
あの他者の不幸を悦とする歪んだ相手がどう動くのか・・・
読んでるこっちも気になっていたわけですが・・・

あれ?聖域着いちゃったんですけど?

これは恥ずかしい・・・レイアヨルがシリアスに警戒しようって話し合ってただけに
すげー恥ずかしい・・・ってか旅に何の妨害も無いとか・・・もはやただの観光じゃん!?

魔物についても言うほど強化されてる感じがしないし・・・という違和感はあったんですが・・・

ここからが本番!

って事でスーリムトオルに細工をしていて代理人に選ばれていたみたいで
最初からこのゴールで待ち構え・・・そしてもう1つの細工で準備が整うのを待っていた
と言うことで・・・総力戦に・・・総力戦に・・・

駄目だこいつら!?

という事で何故かヨル以外がさらっとスーリムによって異空間に飛ばされピンチとか!?
そしてスーリムの目的・・・

初代勇者 クロノフブキの復活

というのが判明してヨルと因縁がある相手であり・・・そして間の話で

フブキはヒロキの父親

って事が明かされることに・・・つまり再婚前の
トオルの兄・・・ヒロキの実の父親である彼が・・・って事に。

まぁ当然、ファルディオ達はそんな事一切知らず・・・さてどうなるのか・・・と
思っていたわけなんですが・・・
復活したフブキはかつての洗脳状態のままで暴走して・・・
さらに巨大な怪物のようになっていて大暴れで大ピンチに・・・
そしてここで・・・

ファルディオ・・・お前ってやつは!!

って事で彼がトオルから与えられていた代行者の権利で
1つだけ願いを叶えてもらえる権利で

トオル復活!

とあいなって・・・前より何故かパワーアップしてるトオルの力で
危機に立ち向かうことに。

世界の危機にこそ勇者が必要だろ!

ってお約束なんですが・・・命にかかわる願いにはそれと等価の代償が
必要なはずであり、だからこそトオルヒロキのために自分の命を使った
ならトオルの復活に使われたのは?という疑問については
ファルディオがことごとくスルーして・・・うーん、なんだろ?って感じでした。
まぁラストでわかるんですけどね。

そしてここからの戦いは・・・

こってこての王道展開

でした・・・スーリムフブキのパートナーだった魔物・・・こっちも暴走してたんですが
それの分身体をトオル達と関係が深い6つの都市に放って動揺させようとしたんですが

セシリアの街は同僚の騎士達が『魔人』イグニール

闘技大会があった街はかつてトオルがサクッと倒した戦士達が

魔法都市では覚えたての禁忌魔法で魔法使い達が嬉々として

港街ではトオル達を乗せた海賊っぽい船長達が戦って

頑張って撃退してました・・・これはまぁ・・・うん、いいよね
ただ残り二つ・・・・医療都市とサクヤの故郷であるヴェリール村には
戦力らしい戦力が・・・と思ってたら・・・

『魔人』ミュートとゴムックス

で無事撃退成功・・・前者は・・・まぁ縄張りとも言えるし納得・・・
ただ後者は

また、それか!?

という・・・というかこの村の人達の変な方向の逞しさが凄い・・・
トオルの武器を開発したエイリが開発した

周囲の人間の魔力を電気に転換する石畳

を村中に敷いてあり・・・村を襲った魔物がその電撃によって黒焦げに・・・
村人はゴム製の靴のおかげで無傷という・・・ついでに
トオルに悲惨な光景を見せるためにスーリムが各街の様子を
空に投影していたのを幸いにと・・・

靴ならやっぱりぃ~?ヴァリール村のゴムックス!

と宣伝までしてましたからね・・・商魂すらも逞しい・・・

そして・・・決着については・・・

仲間の力を束ねて,必殺のミョルニルハンマー

と1巻で使ったあの武器の改良版を・・・さらに自分とそして
仲間たちの魔力も使った一撃・・・そして最後の最後に
幻聴かもしれないけど死んでしまったルゥの声の一押しで
フブキを打ち破るという・・・

うん、やっぱりこういう展開はいいよね

っていう・・・王道展開は王道だからこそってのがありますよね。

この後、トオルからフブキの正体がヒロキの父親ではなく

弟であるフウト

ではないのか?って事が明かされ・・・パートナーであった魔物こそが
フブキの魂を宿した存在だったみたい・・・って事が判明。

フウトは死に瀕してこの世界に呼ばれ・・・憧れからフブキの外見になり
そしてフブキを模して行動していた・・・だけど根は純粋な子供であり
そして異世界で生きる楽しみを知ってしまったからこそ死を恐れて
そして洗脳も相まって暴走してしまった・・・ってのが真相だったみたい。

というかこの異世界の召還システム・・・

トオル関係者に迷惑かけすぎだろ!?

ってツッコミを入れたい気分・・・この後、フウトはこの世界に残り
精一杯生きていく事にしたみたい。

現実では交流が無かった義理の兄弟であるトオルフウト
もうちょっと二人の会話を見たかったなぁ・・・って部分もあるかな?

そしてこの後・・・今度は平和な世界を見て回った後
ヴァニール村の・・・トオルが召還された森まで戻って帰還・・・って流れになり
サクヤセシリアが切なそうだったり・・・セシリアがキスしたりと
色々ヒロイン勢ともあったんだけど・・・

最後はファルディオと一緒に

って事で最初に出会ったこの二人で最後の別れ・・・
そしてトオルが生き返った代償と罰について・・・

ファルディオ・・・お前ってやつは・・・

トオルが生き返った代償はこの世界のトオルに感謝する人間
そして結果的に力の搾取がなくなって救われた魔物・・・その

総勢25億から寿命を1秒ずつ

というもので・・・それによって約80年分の寿命を確保してトオルを復活させた
って事みたい・・・この展開の何がよかったかっていうと

トオルが凄いショックを受けた

って所だと思いますね・・・1秒くらいなら・・・なんて思わずに
こんなに大勢から命を分けて貰って自分はなんて罪深い存在なんだ
こんな大きな借りを返せるわけが無い・・・と思うような・・・
子供らしくない子供だった所でしょうか・・・

自分なんかはそこまで気にしないでも・・・って思ったんですけど
この後、ファルディオが大きな借りを作ったトオルにこの異世界の・・・
『ノルンガルド』の代表としてトオルに与えた罰こそが・・・
これまでの全部の伏線になっていた感じで・・・
子供としては色々と考えすぎて・・・自分の命すら担保にしてしまう
トオルを本当の意味で救うために・・・この言葉を贈る為に
今までの全部があったんじゃないか・・・そんな気がしました

その言葉を最後に一文に

トオルはこの後、無事現実世界に戻って蘇生も成功したみたいで
ヒロキも元気になり・・・というかトオル『勇者』パワーも持ったままで
ちょっと力をもてあましぎみってオマケもあり・・・
そして家族の関係も・・・ぎこちないけど・・・前とは違うものになって
家族で食卓を囲んで・・・ちょっとした切欠で笑える・・・そんな普通に
幸せな家族になれたみたいだし・・・ハッピーエンドでした

それも全部、ファルディオのこの言葉のおかげ・・・って事でコレで

何気に・・・表紙でハッピーエンドって事はわかっていた気もしますけど・・・
ここまで満面の笑みの主人公って・・・何気に今まで表紙ではなかったしね

「─お前はこれから、元の世界で、幸福に生きろ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ぼくのゆうしゃ (8) (ファンタジア文庫) ぼくのゆうしゃ (8)
(ファンタジア文庫)

(2015/9/19)
葵 せきな
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

スカイ・ワールド 11

あらすじ

スカイワールド―それは魔法と科学技術が同居する世界で、
無数に浮かぶ島から島へと飛空艇で旅をするオンラインRPG。

世界は激動の時を迎えていた―。

最終試練、ゲート・オヴ・ファーに突入したジュンたちは、
ついに第一軌道島『アイオーン』の地を踏み、
サクヤの復活と地球への帰還という願いを叶えるべく、邁進していた。

一方、リザードマンの帝国・クネッティによるスカイワールド各地への侵攻が加速。
さらに、『神秘の座』の襲撃が全プレイヤーを震撼させる事態を巻き起こし―!?

希望壊す終焉に抗え、熱きオンライン冒険ファンタジー!!

感想

スカイ・ワールドの11巻

最終巻です!

というわけで今回で完結となってしまいますね・・・この作品も。
前回の話でついに

ラストダンジョン&ラスボス戦へ

ってところで終了してついにゲームとしては最初の終わりが見えてきたわけなんですが
このMMOORPGの醍醐味ともいえるグランドクエストのボスは・・・

50ページほどで終わります

ええ、それはもうサクっと・・・いや、苦戦はしてるしめっちゃ危ない戦いだったけど
攻撃極振りモードとそれを守るガッツ付のタンクって感じで
ここまでついてきたレンドメンバーフルに活用してぶっ倒してしまったんですよね・・・

そしてついに

ギルド『帰還』により、第一軌道島『アイオーン』への道が開いた

『スカイ・ワールド』内の全冒険者に希望とも言える文章を届ける事に成功。
挑戦前にジュン『帰還』ってギルドを作ってレイドメンバーを加入させる事で
帰還を望む大勢の冒険者にその意思を伝えたわけで・・・これは粋な計らいって感じでした。

ただ・・・まぁわかってはいたんだけど・・・

ここからが本番!!

という事でこの世界のGM的存在であるカリム、そしてそれに協力する冒険者達の『神秘の座』
彼らと共闘関係にあるリザードマン達との戦いがついに幕を・・・

あれ?なんかちょっと・・・違くね!?

『アイオーン』で待っていたアリスカリム『あの方』と呼ばれていたコノハ
彼女はたどり着いた冒険者達の願いをシステムの許す限り、
そしてシステムに矛盾を生じさせたりしない限りは叶えてくれて

頭装備を性能そのままにメイド服に
性別を変えてくれ
俺だけの派手な音が鳴る魔法(花火がでる魔法になりました)


などなど色々と叶えてくれたわけなんだけど現実世界への帰還だけは

カリムが今は権限を持っている

って事で不可能・・・ただしカリムのGM権限を一時的に・・・
冒険者達の蘇生システムも一緒に止まってしまうけどって条件で
停止する権限を与えてくれてカリムとの戦いの手札は揃ったわけなんだけど
まずカリムをおびき出すためにジュン・・・そして合流したキーサンドラ姫によって

クエスト

を生み出され・・・それによって『神秘の座』カリムは追い詰められる事に。
襲撃するとか基地を探して襲うとか・・・そういうのではなく
キーサンドラ姫の力で

カリムと『神秘の座』を可能なかぎり追い詰めろ

という条件があいまいなクエストを発生させてトライ&エラーを繰り返す・・・
それに参加する帰還を望む冒険者たちが集めた報酬の情報を収集

報酬が良くなった=敵に不利益な行動

って事なのでそれを繰り返すことで相手の嫌がる行動をピックアップして
延々と繰り返していく・・・

エグイ・・・超外堀から削りにいってる!?

人数少なければ影響は軽微だろうけど万単位でこれをやられたら
少数精鋭の『神秘の座』はたまったもんじゃないよね・・・

ってかここでクエストで相手を削るってあたりジュンのクエスト好きって設定が
がっつり生かされてるのがわらった・・・
プレイヤー側がクエストを意図的に生み出す事で影響を与えるとかどんだけ・・・

そしてそれで業を煮やして現れたカリム相手に仲間たちの協力を得つつも

ジュンが中心で倒す

という・・・奇跡も偶然もない・・・

ゲームとして倒す

っていう・・・事前の準備と作戦で相手を弱体化させ
仲間の力とチームワークで翻弄して後はプレイヤーのスキルでという

いや、色々と斜め上の手を使ってるけどね!?

ってツッコミはありつつもそれでもなお・・・レイドボスクラスの耐久値があった
カリムを無事倒すことができて・・・今度こそ終了

冒険者の帰還に関しても

希望者のみが帰還
帰還者は因果律が操作されて1年間留学していた事になる。
未帰還者は最初から存在しなかったとして扱われる


って感じで問題は最小限になるみたい・・・社会人は元の環境に戻るのが
大変かもしれないけどね・・・

一応、帰還者たちで会社を作って・・・って話がでていて社長は

リュカ

でいこうという話がかなり現実味を持って相談されていたりして

おい中学生に何させる・・・いや、できるな

と納得できるような・・・事を考えてましたしね・・・
実際に戻った後はアドバイザー的な立場で落ち着いたみたいだけど・・・
これ単純に学校卒業した瞬間に社長就任させられるんじゃないかなぁ・・・

そして1万3千人以上が『スカイ・ワールド』に残り冒険を続けていく・・・
世界はゲームのようにアップデートされ新しく構築もされていくらしいし・・・

ジュン達の冒険は続く!

って事みたい・・・『スカイ・ワールド』が生まれた時に同時に生まれたらしい
色々な異世界とそこからの侵略についても匂わされていたし
まだ解いてない謎とかも残っているらしいし・・・きっと冒険者たちは今度こそ

全力で冒険を楽しむ!

って事をして生きていくんだなぁ・・・って終わり方でしたね。
今までは多分楽しんでいても・・・戻らないと決意はしていても
現実世界の事がどこかで頭にあったはずですからね・・・
これはこれで・・・いいエンディングでした。

さて・・・そして最後に・・・ジュンの女性関係について

も げ ろ

もうこれでいいんじゃないだろうか・・・って感じですけどね・・・
唯一の心配事だったサクヤについては

実はコノハと融合していた

って事が判明・・・ただ彼女はゲーム直後に融合した魂の半分であり
もう半分・・・一緒に冒険した彼女は消えてしまったって事みたいなので
ちょっと切なくはあるんですがこっちのサクヤにも記憶としては残っていて
それを気にしてジュンと距離を置こうとしたけど

サクヤに関してはめっちゃアクティブ

ジュンは無理やりキスして関係を改めてやり直そうと提案して
結局元に戻しましたからね・・・まぁサクヤは魂を再び分けてスズランと同化

これでジュンのお嫁さんになれる

スズランが喜びつつジュンサクヤの人格が同居するスズラン
受け入れなくてはならない模様

おまわりさん、このロリを捕まえてください!

ほかのヒロイン・・・

カスミは不動の正妻だし
ユーカリアはジュンがいないと生きていけないし
ヒカルもべた惚れだし
アミリィも残る決意したし


って感じで

奥さん4人

って状況になった感じだしちゃっかりエリも残ってるわけで

いや、絶対この2人くっつくわー

って未来図しか思いつかないからね・・・これにスズランinサクヤが追加で

6人(7人?)

今後の行動でどう増えるかわからんしね・・・ユズリハは婚約者がいるからと帰還したけど
チョココロネはこっちの方がおいしいものが食べられるからと残ったし
彼女とのフラグについてもどうか・・・ってのがあるし
めっちゃ意気投合する腹黒コンビなキーサンドラ姫との関係も気になるところ
うん・・・やっぱり女性関係についてはあんまり書くことないよね・・・

も げ ろ

これでいい・・・現実世界との回廊についても落ち着いたらまた開けるかもって事で
リュカとの再開フラグもあるしね・・・

ゲームを思いっきり楽しみ、女の子たちに好かれまくって
大勢の人々を救った・・・

これがリア充かコンチクショウ!

ジュンはリアルではゲーム廃人だったと思うんだが・・・どうしてこうなった・・・
でもこういう感じのいくらでも先を想像できる終わりかたは結構好きですね

カスミコノハにウェディングドレスを貰ったりとまったくブレず
最後までジュンを守ってって完全に正妻モードでしたしね。

っていうかヒロイン達がまったくブレずにジュン一筋で独占欲もほとんど出さず
ジュンがきちんと付き合うなら認めるって感じで仲いいし
ぶっちゃけた話、ヒロイン関係で一番問題あったのはサクヤだったなぁ・・・
彼女だけは本当の意味でジュンの特別・・・恋愛と関係ない部分も含めて
半身って感じだったからこそなんだろうけど・・・最後はロリに変わって
最終的に問題解決・・・いいのかそれで?

そういえばちょっと前に感想書いた作品も先を色々と想像できるけどアレは
想像しないとやってらんない・・・っていうものだったけど
こっちはただ楽しいのがいいところ・・・

あっちはあっちで悪くはないんだけどね・・・
今でもふと考えちゃうんですけどね

なにはともあれ

完結!

というわけで作者さん、おつかれさまでした。
次回作にも期待したい感じです。

最後に一文。

ジュンのセリフ

レイドモンスタークラスのHPがある自分が敗れようとしている事を
理解できないカリムジュンが言った言葉

いや、純粋に凄いとは思う・・・思うんだが・・・
こいつはどこまでいってもゲーマーなんだなぁ・・・楽しんでるなぁ・・・と
やっぱりこういうMMORPGを題材とした作品世界だと
主人公はそこをゲームに類似した世界だと認識しつつも
ゲームとしても楽しめるって要素が一番大事なのかも・・・と思えたのでこれで

「そこに少しでも可能性があるなら」

「おれたちは、そこにたどり着いてみせる。


 それが、ゲーマーだ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
スカイ・ワールド (11) (富士見ファンタジア文庫)  スカイ・ワールド (11)
(富士見ファンタジア文庫)

(2015/8/20)
瀬尾 つかさ

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

デート・ア・ライブ アンコール 4

あらすじ

ふむ、なるほど。仕事をして金子を稼ぐのか」

あの十香がバニーガール姿でアルバイト!?

「天宮市の平和は、あなたたちの働きにかかっているわ」

四糸乃がとある物資を運ぶため、潜入任務!?

「……普通が、一番」

「その猫さんを渡してくださいまし!」

ほかにも折紙普通化計画や、狂三との猫争奪戦。
さらには貴重なDEM時代の真那の一日など
普段は見られない少女たちのプライベートな日常が明かされる! 

そして平穏かと思われた日常は、
一人の魔王によって再び崩壊の危機に……。

感想

デート・ア・ライブ アンコールの4巻

表紙は琴里
短編集の4巻目

ブルーレイ&DVDについていた特典小説をまとめたものに
書き下ろし短編を加えたもの。

基本的にアニメの時系列までの話
書き下ろしは最新時系列まできてるけど。

短編集なので短編ごとの感想で

・十香ワーキング

十香亜衣、 麻衣、美衣に頼まれてカフェでバイトをする事に

ふ・・・不安しかねぇ!?

って感じなんですが心配した士道の思惑とは別に
結構順調に仕事していて安心・・・仕事内容を誤解していた事もあり
なんとかなったんだけど・・・その裏には・・・

客のほとんどがラタトスクのメンバー

という琴里たちによる超過保護によるものだったという・・・
ライバル店舗が送り込んだクレーマーも穏便に連れて行かれて後日

もし許してもらえなかったら((;゚Д゚))

十香に土下座をする感じで対処・・・

穏便じゃないよね!?何したんですかねぇ!?

ただラスト・・・十香がバイトを了承した理由が

士道にプレゼントするため

だったのは彼女らしくて良かった感じ。
まぁ髪飾りだったのは・・・うん、やっぱり彼女らしいかも

・四糸乃ハイスクール

四糸乃が来禅高校に潜入する話。
大事に任務・・・

士道と十香のお弁当を届ける

というもの・・・士道が忘れたんで届けなくちゃならない。
何故なら

お弁当が無い=十香、暴れる

という危機を防ぐために・・・うん・・・いや、マジで起きそうだけど
こんなんで滅びかける街ってのは怖い・・・めっちゃ怖い

そして四糸乃視点だと潜入はかなりハラハラするものなんだけど
読者視点だとコメディなんですよね・・・

そして最終的にロリコン疑惑がかけられる士道・・・

うん、いつも通りだよね。

・折紙ノーマライズ

士道の好みの女性が

普通の女の子

ってのを聞いて自分は彼女だけど・・・すでに運命の相手だけど
士道の好みにも合わせよう・・・って事で折紙が普通の女の子を目指す話。

授業中に当てられてわからないと言ってみたり(テストいつも満点なのに)
女子同士の会話に加わってみようとしたり、
可愛いものが好き=十香が可愛いって事で可愛がる

などを頑張ったわけなんだけど・・・最後の部分が・・・

十香を可愛がり、優しくする

これが問題・・・というか折紙に凄まじい心理的負担をかけていたみたいで

ぶっ倒れる

という事態に・・・

どんだけ!?どんだけ無茶してたの!?

ってくらいですね・・・ってかそこまで十香嫌いなのか・・・
というか『精霊』嫌いなのか・・・まぁわからんでもないが・・・
それでもなお士道の好みに合わせようとしたのは凄い・・・

凄まじく重い愛

ではあるんだけどね・・・

・狂三キャット

街で偶然、飼い猫が行方不明になった女の子と出会った狂三
気になって分身を使って猫を捜索させ・・・
その猫を十香士道がみつけていたのでどうやって回収しようか・・・って話

狂三、マジでネコ大好きだな!

というか・・・

なにこのキャラ!?可愛すぎなんですけど!?

もう狂三がメインヒロインでいいんじゃなかろうか・・・というかこの話は

狂三が可愛い!

だけしか感想がでてこない・・・なんてこったい

・真那ミッション

真那『DEM社』時代の話

アイザックがスカウトした魔術師が銀行強盗を起こして問題に
だがしかし・・・その銀行にはたまたまお金を引き下ろしに行った真那が・・・

うん・・・オチがこの時点で読めた

というわけで・・・犯人はぶっ飛ばされました・・・
『DEM社』の魔術師だって言えばなんとかなる・・・って思っていたら
相手は実はそこのNo.2

罠を用意してあってそれのおかげで勝てる・・・と思ったら
超力技でぶっ飛ばされる・・・とまさに

格が違う

って感じの力を見せ付けてましたね・・・真那さん・・・
この娘、何気に作中でもトップクラスの戦闘能力持ちなんですよね・・・
すげー爆弾を抱え込んでしまってるんでアレですが

彼女も最終的には無事に生き延びて欲しいけど・・・本編ではどうなるんだろう?

・琴里ミステリー

『フラクシナス』内で神無月が殺された・・・転移装置でしか出入りできない状況
つまり・・・

犯人は艦内にいる!

って事で主要メンバーを集めて動機になりそうな話やアリバイを聞く事に・・・

この変態・・・いつ殺されてもおかしくねぇ!?

って事実が明るみにでただけでしたけどね・・・うん・・・
しかもオチは

盗撮カメラを琴里の部屋に仕掛けようとして転んで頭を打った

ってもので・・・死んですらいなかったしね・・・
おまわりさん・・・コイツです!

・十香リバース

反転した十香が何故か出現してしまい街で彼女を見かけた
四糸乃や七罪が彼女をいつもの十香だと思って騒動をフォローして周り
ついにはフォローできなくなってきた所で琴里折紙が合流

八舞姉妹は彼女が破壊したパンチングマシンの責任を取らされそうになり
美九は・・・

抱きついてイロイロしようとしたら叩きのめされて警察に

↑おまわりさん、このアイドルです

うん・・・なんか最後だけそのままスルーでいい気がガチでしますね。

最後はマンションに帰った彼女がお風呂に入っていたら士道と遭遇
さらにそのまま士道を警戒した彼女と色々あって・・・

倒れた拍子にキス

これにて一件落着・・・家に戻った琴里の前にはいつもの十香
微妙に挙動不審な士道が・・・

士道・・・コイツは爆発してもいい!



本編でもギャグっぽい要素は結構あったりするけど、いきなりシリアスになったり
重い過去とか重い設定とかぶっこんできたり、殺伐としたりと
色々とあるわけですがこういう短編集だと日常のキャラ達の
こういう姿を見れて楽しいですね

映画公開されたりもしてるわけなんですが・・・

近くでやってない!

って問題がね・・・いや、行こうと思えば行ける映画館もあるんですけどね
基本的に隣の市くらいまでが行動範囲という狭い地域で行動する自分としては
映画のためだけに・・・ってのはモトベーションが・・・

本の限定表紙版を手に入れるためにアニメイト千葉店まで足を伸ばし
地元で買い忘れて在庫無くなった本を探すために東金の書店まで行ったり
ラーメン屋巡りでいつのまにか隣の県に居たりとか
興味があることになら行動範囲が簡単に限界突破するんですけどね

映画の場合は『待ってればいずれこっちにも来るよなぁ』って考えがあるせいで
やっぱり微妙にモチベーションが・・・いや、この作品の映画近くで上映するか
わからないんですけどね。

いざとなったらレンタルになってから・・・って手もあるんですが
さて・・・どうしたものか・・・

最後に一文。

狂三のセリフ

猫を十香士道の元から自分の下へ誘導するために
猫にひそかに呼びかけて呼び出したわけなんですが・・・

挿絵もあって破壊力抜群だったわ!

って事でこれで・・・やっぱりこの娘がヒロインでもういいんじゃ・・・
大量虐殺とかしちゃう娘なんですけどね・・・

「ミャ~オ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
デート・ア・ライブ アンコール (4) (富士見ファンタジア文庫)  デート・ア・ライブ アンコール (4)
(富士見ファンタジア文庫)

(2015/8/20)
橘 公司

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

ハイスクールD×D 20 進路相談のベリアル

あらすじ

「―オーフィスが邪龍に襲われたそうだ」

俺、兵藤一誠は、絶句するしかなかった―。

それは行方不明になっていたフェニックス兄妹がアジュカさまに保護されていると聞き、
俺たちグレモリー眷属が家を留守にしたちょっとの間の出来事だった。

すべてはリゼヴィムの陽動。
それは俺でも理解できることだった。

しかし、奴の卑劣な魔の手は俺の両親にまで及び…。

超クライマックス突入、学園バトルファンタジーコメディ、
レッドゾーンを振り切る赤龍帝のパワーアップが止まらない!!

感想

ハイスクールD×Dの20巻

表紙は・・・まさかの
                 バランスブレイク
アーシアの禁手!

と言っても作中で実際行われるそれはここまで実態のある鎧ではなく
オーラでしたけどね・・・というかヴァーリ回だって話だったんだけど実は

兵藤家回

だったよね・・・うん・・・今回の話って・・・

今回の話の流れ的には前回のラストで行方不明になったライザーレイヴェル
心配する一同・・・そしてそれに関わってる『皇帝』ベリアル
それに対してどうしたものか・・・って感じなんだけど
事態は・・・冥界の暗部・・・

レーティングゲームの闇

についての話になっていく事に・・・その正体こそが

王(キング)の駒

本来は主となる悪魔自身がその代わりである・・・とされてきたんだけど
実際は存在して・・・その力は

宿主の力を少なくとも10倍から100倍以上の強化

ってゲームのバランスを破壊してしまうものであり
だからこそ『悪魔の駒』を作ったアジュカ四大魔王たちは
政府に反意を持つものなどがそれで強化されてしまうのは危険だと
使用を禁止して存在そのものを秘匿したものだったんだけど
ゲーム運営をする冥界の上層部・・・古い世代の悪魔たちが
ひそかに自分の子飼い等に与えていて・・・彼らはそれによってトッププレイヤーになっていた。

ベリアルは使ってないけどランキング上位陣には結構使ってる相手がいて
そして・・・ベリアルの従妹であり妹のように思っていた女性悪魔が・・・
18巻で人間と・・・しかも教会の人間と恋に落ちたリアスの前任者でありクレーリア

彼女はこの人間との恋愛を原因に粛清された・・・と思われていたんだけど
どうやら古い悪魔たちは彼女が『王』の駒の秘密を知ってしまったために
口封じされた・・・ってのが真相だったみたい・・・

老害・・・マジ老害

ゼクラム・バアルが登場したときも思ったけど古い価値観に凝り固まって
既得権益を求めるために今を生きる若者に害をなすってのはどうなの?って感じ。

古き良きもの・・・残すべき伝統とかは確かに存在するけど
これはちょっとどうなの・・・って感じです。

この真実を知るためにベリアル『クリフォト』に・・・リゼヴィムに協力していたみたいで
今回の話で・・・この真相を『冥界』中に暴露してましたね・・・

これによって悪魔たちが・・・古い世代と新しい世代・・・それぞれがどう動くのかは
今後描かれるっぽくて今回はありませんでしたが・・・さて・・・どうなるのか・・・

そして本題である

人生相談

からの流れはまず学校での進路相談・・・みんな今後を考える中で
親同伴で教師と将来について話し合うわけなんですが

一誠がすごくしっかり考えてる!?

とちょっと驚くことに・・・まぁ考えてみたらこいつは
当初から

ハーレムを作る!

と悪魔になった後の未来について漠然と煩悩全開で考えつつも
自分なりにどうしたいか・・・はずっと考えていたりして
アーシア達を連れて行くとかについても了承していたし
不純な動機はあれど・・・最近はきっちり考えていたし
年下へはかなり顕著・・・同世代でもそうですが

物凄く面倒見がいい

それが一誠ですからね・・・何気に教師からの評価もそういう面では
かなり高評価であり、リアスの家の会社に入って・・・
いずれは自分で・・・って意見を親や教師に伝えていて
両親としては・・・

息子の成長が嬉しい

って感じだったみたい・・・まぁエロ方面については注意されてて
謝ってましたけどね

そしてそんな両親が・・・

クリフォトに誘拐されることに・・・

これは・・・

一誠の・・・赤龍帝の逆鱗に触れる

という事でガチギレします・・・しかも誘拐した時に
二人を人質にしてオーフィスを邪龍が嬲ったりしてボロボロにしたんで
めっちゃ怒ります・・・ってかただひたすら下種な邪龍でしたね・・・

まぁ・・・不死身に近い力を持つというこの邪龍も
一誠リアスの合体技

クリムゾン・エクスティンクト・ドラグナー
真紅の滅殺龍姫

『白龍皇の妖精達』リアスに次々に取り付いて鎧と化し『禁手』のような状況になり
制限はあるけど一誠と同じ力が使えるようになるというこの新技でぶっ飛ばされ
それでもなお復活して襲おうとしてたんだけど

三日月の暗黒龍 クロウ・クルワッハ

ドラゴンを知るためにオーフィスを観察するって事で最近は一誠の家にいた彼が
敵の行動があまりにも気に障ったみたいで参戦・・・

格が違う

とばかりに・・・そして俺に任せて先に行け・・・と・・・

あ・・・兄貴!?格好いい!?

って感じになってます・・・何気にこの行動の理由の一端に
アーシアからもなった

バナナ

が気に入ったってのもあったみたい・・・

あれ?いいのかそれで・・・最強の邪龍さん!?

そして親を助けに行くのは子供の役目・・・って事で
救出には一誠ともはや実の娘と変わらないアーシアが向かったわけですが

ベリアル・・・悩みすぎ

リゼヴィム・・・卑劣で最悪


って感じですかね・・・彼ら二人とバトルになったんですがべリアルは
自分の行動に迷いつつ・・・そしてリゼヴィムは最悪なことに

一誠を両親の前で龍化させる

という・・・最悪の状況を作り出して精神をへし折りにきましたからね・・・
最悪です・・・そして・・・

どうしようもなく小物

でしたね・・・リゼヴィムが・・・前に今までのふざけた態度ではなく
魔王の息子らしい態度を見せていたわけなんですが
孫であるヴァーリにはそれが虚構で素はふざけてる方だと見破られ
一誠の心をへし折る予定だった兵藤夫妻は

ちょっとした仕草で息子と確信して守ろうとする

という・・・

なんていい両親なんだ!?

ってくらいいい人で息子である一誠を・・・実は2度の流産を経て
ようやく生まれてくれた息子をとても大切にしている二人であり
たとえ見た目が化け物になろうとも関係なく守り抱きしめることができる親であり
そしてそんな両親の姿に・・・両親の愛に

子供たちが奮起しないわけがない!

って事でアーシアは二人を守るために上で書いたファーブニルの力を借りた『禁手』
広範囲を魔力で守り範囲内のものを回復させる力みたいですね・・・
そして一誠は・・・

ド ラ ゴ ン イ ン フィ ニ ティ ド ラ イ ブ
Dragon ∞ Drive 

真二天龍の片割れ、悪魔にして真紅の赫龍帝

『D×D
(ディアボロス・ドラゴン)


今の一誠の体を構成するグレートレッドの肉とオーフィスの力を解放し超強化

なにしてんのこいつ!?

リゼヴィムの特性である『神器無効化』もできないほどの強大なエネルギーで
無理やり攻撃を通しぶっ飛ばすことに・・・ここに至って一誠
『冥界』の3人の『超越者』のうちリゼヴィムは他の二人に二枚も三枚も劣ると確信
リゼヴィムは逃走する事になり・・・兵藤夫妻の愛を見たべリアルは
リゼヴィムが持っていた『フェニックスの涙』の効果を自身の力で『無価値』にして
最初からそうする予定だったようにリゼヴィムを裏切って投降・・・
二人が出会ったクレーリアの魂の姿を聞いて敗北を認めることに。

この人の今後については・・・どうなるのか今のところわからないですね。
レーティングゲームで戦ってみたいって人は多いみたいだし・・・

そして一方で逃走したリゼヴィムは・・・さらに格を落とすというか・・・駄目駄目に・・・
元々今回の作戦もかなり焦りがあったみたいで粗が多かったんだけど
その原因は前にファーブニルの逆鱗に触れて襲われた時のあれで

呪いを受け、眠ると夢の中でファーブニルに殺され続ける

って状況で睡眠をまともに取ることができずに憔悴状態であり
さらに自分の護衛としていたオーフィスの分身体であるリリス
悪ふざけでつけた感情が予想以上に育ってしまい・・・↑の戦闘の前に
アザゼルが接触して餌付け・・・さらに一誠オーフィスの事を出汁にして
勧誘された事で迷いが生じてしまってリゼヴィムを守れなくなり
さらに因縁を断ち切るために・・・追いかけてきたヴァーリに命乞い・・・

兵藤夫妻の愛が理解できず
虐待してきた孫に命乞いをして
リリスの中では お菓子 > リゼヴィム
自分が復活させた邪龍『アジ・ダハーカ』『アポプス』に見限られる


と・・・うん・・・あれだ・・・

もう駄目だ、これ

って感じです・・・邪龍たちには『聖杯』を自分の力で隠しておいたのに
それをあっさり奪われて持ってかれちゃうし・・・
そして最後は・・・孫や主人公に・・・『二天龍』に滅ぼされるって名誉すら与えられず・・・

かつて触れてしまった龍王の逆鱗

傷を負いアーシアの召喚に応じることもせず夢の中でリゼヴィムを襲い続け
そしてここにきてようやく本体の位置を補足した存在が・・・

  ギガンティス・ドラゴン
黄金龍君ファーブニル

が現れ叩き潰し・・・そして噛み潰して終了・・・いや、あの・・・

変態とか言ってスミマセン、怒らないでね?

って感じです・・・ドラゴン怒らせるのはやめましょうって格言ができるレベル
ってか実際に存在するわけでそれをサクッと破っちゃったリゼヴィムには
当然ともいえる結果だったのかも・・・いや、それにしてもすさまじい執念・・・

これが

龍の逆鱗に触れる

ってやつだったって事ですね・・・ってかリゼヴィムって
一誠ヴァーリって二人の『二天龍』の逆鱗にも思いっきり触れてたしね・・・
ただ何気に今回のこの一件でヴァーリが兵藤一家の姿に
見とれたりしてましたが・・・才能とか血筋とか圧倒的なヴァーリに対して
一誠が唯一・・・圧倒的に勝っていたものこそが今回のテーマというか・・・

家族愛

でしたね・・・ことこの分野ではおそらくヴァーリ一誠に適わない・・・
それこそ今回の序章で曹操とストラーダの会話で

誰かを愛した時にこそ貴殿を愛するものが現れ力が宿る

って言葉通りに・・・彼が誰かに心を許さない限りは・・・
最近じゃ力の差も縮まってきてるわけだしここらへんが今後のヴァーリの課題かも
といっても修行とかでどうにかなる問題じゃないわけで・・・大変かもしれないけどね。

一応、兄や姉のような存在とか・・・家族的存在は
いるんですけどね・・・あっちの作品のキャラで

さて、こんな感じでここからは『冥界』の闇とも言える問題
リゼヴィムが自分が死んだときに開放されるように仕組んでいた『トライヘキサ』の復活
それと共に動き出す邪龍たち

ドラゴン中心

といってもいい感じに事態は推移していきそうな感じ

アジュカサーゼクスとの友情のために『破壊神シヴァ』が余計な動きをしないように
自ら彼の元へ赴くことで牽制してるし

一誠は・・・今回の『龍神化』による代償で血を噴いて倒れたんだけど・・・
さてどんな恐ろしい代償が・・・

なんかキツイ代償じゃなくて斜め上の愉快な代償な気がしないでもないけど・・・
うん・・・どうなるんだろうか
あとがきによると覚悟が必要らしいけど・・・それは厳しいものなのか
それとも腹筋なのか・・・

最後に一文。

一誠と両親の会話

細かい説明はいらない・・・これが一番印象深かったので。
次点は『龍神化』の呪文とか色々あったんだけどね・・・

「・・・なあ、父さん、母さん。

 ─俺さ、父さんと母さんの子供でいいかな?」


「当たり前だろう」

「一誠は私たちの子供よ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ハイスクールD×D (20) 進路相談のベリアル (富士見ファンタジア文庫) ハイスクールD×D (20)
進路相談のベリアル
(富士見ファンタジア文庫)

(2015/7/18)
石踏 一榮

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

これはゾンビですか?19 はい、お前じゃねぇよ!

あらすじ

幻のこれゾン「裏ファンタジア文庫」が、
書き下ろしエピソードを加えて登場だ。

フリマで売り上げ対決したり、恐るべき大先生が転校してきたり、
スライムにいい感じに溶かされたり、ネコカフェで命がけの早押しクイズをしてみたり

―無駄に元気なハルナやユーたちの騒々しい日々を盛り沢山でお届けするぞ。
これで在庫一掃総売り出し…だよな?

感想

これはゾンビですか?の19巻

シリーズ完結、おつかれさまでした!

次は・・・じゃんけんの3巻かな?


とか前回の感想で書いちゃったわけですが・・・

なんかでた!?

という事で19巻・・・どういう事なの・・・
まぁ蓋をあけてみたらDVD特典の小説に加筆修正を加えて書き下ろしを追加し
刊行・・・って事みたいで時期的にはまだまだ初期の頃の話っぽいですね。

表紙はミスこれゾン第一位のユー

うん、何の問題もないな!

内容は『ヴィリエ』とか『冥界』の事情とかほとんど関係ない日常の話
短編連作って感じなので話ごとにツッコミを・・・うん、ツッコミを・・・

・第一話 「って俺のTシャツっ!なんで勝手に売ってんだよ!」

織戸ハルナにフリーマーケット対決を申し込んでみんなでフリマの話

なんでそんな事に?

と思ったら

ハルナがフリマにでる

セラも出品する

下着をゲット!デュフフフフ


という考えの下だったみたい・・・実際にお古の洋服とかは出品して
いい感じのデザインだった事もあり飛ぶように売れていたけど

下着売るわけねーだろ!

という当たり前すぎる結果に・・・ちなみにセラの商品が売れた理由には
もう1つ理由があるわけなんだけど・・・

まぁそれはおいておいて・・・ハルナが問題・・・

おでんのタネの値段の貼り紙 500円
築地から取り寄せたクロマグロ 時価
風呂桶 50000円
こんがり肉セット 50000円
剣心の逆刃刀 48000円
変なTシャツ 各5000円


おでんより貼り紙が高いじゃねーか!?

などなどツッコミどころ満載でした・・・ええ・・・もちろん売れない
その後、9割引にしたけどやっぱり売れない・・・・でも

セラが売り子になったら売れた

うん・・・あれだ・・・男って・・・アホ・・・
でも最終的にはハルナの元気さで励ましていたほかの参加者が
最後はお店に買いに来てくれて一件落着

ただし・・・なんかちらちら登場していた謎の女性がラストに転校してくることに・・・

アリエル

大先生だったわけですけどね・・・

・第二話 「ハレンチ・スライムってなんですか?」

『魔装少女』としてふさわしいか確かめに来たアリエル
もし駄目だったらハルナの単位と『ミストルティン』は没収
ハルナ『ヴィリエ』に帰還・・・って事になるみたいで

まぁそれはそれとして普通に過ごす

といういつも通りのだったけどハルナは結構焦っていて
授業中に

ハレンチ・スライムを練成

ってのをみんなでやって・・・それが暴れだして大変な事態に。
それをアリエルの前でに解決させて認めさせようって作戦なんだろうけど・・・

ハルナも捕まってるじゃん!?

という・・・グダグダの事態に・・・なお名前の通り破廉恥なスライムなので

服しか溶かしません

うん、だと思った・・・ちなみに全部溶かしたら排出します・・・

下着と靴下を残して・・・どんなこだわりだ!?

まぁうん・・・対象が妙子だったりして挿絵があったりして
グッジョブって言いたい気もしないでもないような・・・

ただこのスライム・・・基本女性狙いみたいで男の服を溶かすと
テンションだだ下がりで大きさも小さくなっていくって事がわかり
それを利用して解決・・・清々しいまでに男に都合のいい破廉恥モンスターだな・・・

ただハルナがこれを練成するのに使った

賢者の石的なモノ

が行方知れずに・・・

・第三話「裸になってでも手に入れたいモノなんだよ!」

ということで『賢者の石的なモノ』を探すために身体測定をする事になった
女子達の服を漁る事に・・・さらには

身に着けてるかもしれないからと身体検査も!

って事で

歩、爆発しろ!

透明人間になる薬で姿を消し、服は消えないので全裸で女子の身体検査現場に踏み込み
石を探すため・・・というていでなんか色々とやらかしてました・・・いや、マジで

bakuhatu.png

というか一番驚きなのがこういう展開では王道とも言える

バレて女子にフルボッコ

的な展開にならなかった事かな?
いや、まぁバレたら本編に影響でるレベルで変態扱い・・・
あ、でも記憶操作できるし・・・って感じで驚きでした。

途中、サラスにばれて透明なのに尻の形でバレて

どんだけ!?

でも『賢者の石的なモノ』の危険性を知っていたので協力してくれ
透明化の効果が切れかけて妙子に見つかるも彼女は

とても・・・とてもいい娘

なのでの言い訳を信じてくれ・・・そして石も彼女が持っていて無事回収

裸になって女子の身体測定に
侵入してでも手に入れたいモノなんだ!


って説得で納得しちゃう彼女の優しさが逆に危険な気もしますけどね・・・
さすが数少ない癒し要因・・・この子がいずれ『ヴィリエ』の女王になるとか
誰が予想しただろうか・・・

この後、無事回収できたわけなんですが・・・途中、つい出来心でアリエルにも
身体検査をしたためにバレ・・・決闘する事に。

あれ?女子にフルボッコされるより怖くね?

・第四話「ブーストっ!いっけええええええええっ!」

アリエルと決闘する事になったんだけど、種目をカーレースにする事で
戦闘を避けた・・・ゴーカートのつもりだったんだけど

サラスに準備頼んだらF1勝負になった

という事で勝負です・・・ええ・・・一応高校生なんだけどな・・・
ってかF1って常人が乗ると意識飛ぶんじゃなかろうか・・・とか思ったけど

常人いなかったね!

ユーとかハルナ友紀なども参戦してたけど全員凄いし
はゾンビだもんね・・・

ただ何故普通に運転してるの!?

ってのはツッコミどころでしたが・・・操縦だけでも厳しいんじゃないっけアレ
まぁこんなのラノベでツッコンでもしゃーなしですけど。

そして勝負はバナナが飛んだり鉄球が転がってきたり
ブーストしたり・・・以外は壁すら走ったりと・・・トンでもレースになり
それでもなんとかチーム戦だった事もあって勝利

許してもらえる事に・・・ただ

メガロが暴れていたのに気づかなかった

という・・・レース中の出来事に注意され、記憶を消されてしまう事に。
まぁ・・・『魔装少女』の仕事を無視して遊んでたらそりゃ認められないよね・・・

・第五話「ああ、コンドル先生からブラは取り戻せなかったけどな」

記憶を失ったが期間以内にアリエルの名前を思い出さなかったら
失格・・・という条件になりみんながの記憶を蘇らせようとする話。

なにかきっかけがあるとそれに関連する記憶が蘇るって判明して
妙に動物の豆知識が多い事からみんなで動物園に行くことになるんだけど
それでまた一騒動・・・って話なんですけどこの話の肝はたぶん

セラが実はかなり必死

というものですね・・・ユーとかは特に気にしてないわけなんですが
セラはいつにもまして協力的であり記憶を戻そうと行動している感じ。

ユー

歩に忘れて欲しくないから

と指摘していたわけで・・・さすがすでに好感度MAXと言っていたキャラ
普段の言動がどうであろうとセラの好感度ってこういうちょっとした部分に現れるんで
いい感じです・・・ツンデレってより

ツンツンツンツンツンデレ

って感じですが・・・、やっぱ爆散しろこの野郎・・・

・第六話「カレー」

続いて大人の猫カフェに行って記憶を取り戻そうと頑張る話

猫=かわいい女の子

と思わせておいて

猫=猫科の動物

とどっちかというと記憶を蘇らせるんじゃなくてを葬ろうとしている感じが・・・
ライオンだのピューマだの虎だの・・・

そして行われる謎のクイズ方式の飲み物や軽食の注文

問題の答え=注文

って事での意思とは関係ないものが持ってこられるわけで
そして最初のコーヒー以外そのほとんどが

カレー

なんでやねん!?と思ったら何気に意味があって後半は

すごく美味しいカレー
え?これカレーなの?なカレー


と届いて誰が作ったのでしょう?とセラが質問したわけで
普段のなら料理の腕でわかる・・・って事だったみたいですね。
間違えるたびにセラが冷たかったわけですが・・・
そして注文もクイズはだしてたけど答え=注文ではなく
が注文として口にしたから持ってきただけで
別のものの名前を言えばそれが届いたみたい。

思い込みは駄目だ

という教訓話になってましたね・・・ライオンとかも強暴だからと
決め付けて触れ合わないのは駄目だろうって・・・

いや、でも怖いよ!?決め付け以前の問題で!

・第七話「すまなかったな。ユー。心配を掛けて」

最後のチャンスという事での夢の中に魔法で入り
その中で夢の中のを満足させ消す事で記憶が戻るって事になり
本人も含めてみんなで夢の中へ

暴食や傲慢など『七つの大罪』をモチーフにしたがいて
それぞれを満足させるわけなんだけど

結局4人しかいないじゃん!?

とかツッコミ入れちゃ駄目だろうか・・・7つじゃないやん・・・
ちなみに暴食はユーのお手製おにぎりで
傲慢はハルナとのノリツッコミで
色欲はセラに身体を洗わせて(目隠しして実際はが洗った。ただし一部セラ

やっぱり歩は爆発しろ!

セラがそこまで妥協してる時点で彼女の想いの大きさがわかるしね。

最後は怠惰でどうでもいい・・・って彼を否定して終了
これはアリエルが力を貸したわけで・・・

1週間、楽しかったから

それで手心を加えてくれたみたい・・・まぁ思いっきり楽しんでましたからね
これにて事件は一件落着・・・の記憶についてまったく気にしてなかったユー
は何気にショックを受けていたわけなんだけど

自分や歩の記憶が消えようときっと私は歩のそばにいる

と一緒にいる事はたとえ何があろうと変わらないという
彼女の強い意思から来るものだったみたいで

何気にこの娘が一番想いが強い

って感じでしたね・・・流石の正妻ポジ・・・可愛すぎて悶える・・・

最後に一文。

ユーのセリフ

なんていうかこの作品を表す言葉っぽいラストの会話

「いつも通りになれるのはいいけど、

 面倒くさいのは変わらないな」


『だけど、それがいい』

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
これはゾンビですか? (19) はい、お前じゃねぇよ! (富士見ファンタジア文庫) これはゾンビですか? (19)
はい、お前じゃねぇよ!
(富士見ファンタジア文庫)

(2015/6/20)
木村 心一

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。