スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸

あらすじ

御園マユ。
僕のクラスメイトで、聡明で、とても美人さんで、すごく大切なひと。
彼女は今、僕の隣にちょこんと座り、無邪気に笑っている。
リビングで、マユと一緒に見ているテレビでは、平穏な我が街で起こった誘拐事件の概要が流れていた。誘拐は、ある意味殺人より性悪な犯罪だ。
殺人は本人が死んで終了だけど、誘拐は、解放されてから続いてしまう。
ズレた人生を、続けなければいけない。
修正不可能なのに。
理解出来なくなった、人の普通ってやつに隷属しながら。

──あ、そういえば

今度時間があれば、質問してみよう。
まーちゃん、キミは何で、あの子達を誘拐したんですか。って

第13回電撃小説大賞の最終選考会で物議を醸した問題作登場。

感想

本日2回目の更新。最初にこの本を読むまでの私の状況を書いてみる。

本を買う(特になにも気づかず表紙の絵&あらすじで買いました)

家に帰りカラー絵見てみる。(ブックカバーを付けたため表紙は見えない)

仕事の休憩時間に同僚に何を読んでいるか聞かれ、ブックカバーを外す。

表紙を見せるときカバー裏が黒いのに気づきカバーを取ってみる

怖っ!


実際すごいことになってます。どこのホラー映画ですか?って感じです。

内容は心が壊れた少女とその壊れているが故の異常な行動を受け入れ面倒をみる少年の話。
これに過去の事件、現在の事件が関わってちょっとしたミステリーです。

事件そのものよりも少女・まーちゃんと少年・みーくんのやりとりが見所?でしょうか。

まーちゃんはもう致命的なまで”壊れている”娘なのでみーくんとのやりとりも突飛で読んでいて
マジですか?って感じです。

"ヤンデレ"なのかな?確かに心を病んでいるんですが、もはやそれすら越えてしまっている
気もします。綺麗な子なんですがねぇ。

みーくんは表面上は正常に見えますがやはり心を病んでいるようです。
でも壊れきれていない。こっちの方がきつい感じがします。h

他のキャラクター。精神科医の恋日先生、刑事の奈月さん、誘拐された池田兄妹
全員みーくんに好意をもってます。池田兄(小学生)以外はフラグが立っている気がします。
でもなんか全員微妙にまともじゃない気もします。

1巻で完結だと思っていたら何気に続いてます。2巻以降の感想は後日。

最後に一文。みーくんの口癖

「嘘だけど」

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫 い 9-1)嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん
―幸せの背景は不幸
(電撃文庫 い 9-1)
(2007/06)
入間 人間

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

死神のキョウ

あらすじ

「はじめまして、死神です。あなたのことを守りにきました」
「いや、殺しに来たんじゃねぇの?」

笹倉恭也は不幸の神様に見込まれているのか、やたら事故や事件に巻き込まれるも、
いつも間一髪での生還を果たすと評判の高校生。
そんなある日、木から降りられなくなったネコを助けていた恭也の前に、自分は死神だと名乗る
「鏡(キョウ)」という少女が現れる。
災難から恭也を守ろうとしては被害を拡大させてしまう鏡との、迷惑ながらもどこか楽しい
ドタバタな日常。しかし、大変な事故に遭遇したとき、恭也が忘れたはずの暗い過去を思い出す・・。

感想

大人気ゲーム『CLANNAD』の人気ヒロイン・藤林杏シナリオの作者"魁"
初のオリジナル小説ここに登場!!


帯に書いてあったこの一文で購入を決めました。CLANNADでは杏が一番好きなキャラなので。
ちなみにヒロインのがCLANNADの杏(キョウ)と性格が似てる気がします。

ストーリーはやたら事件、事故に巻き込まれる恭也のもとに寿命が来るまで命を守るといい
死神である鏡がくるところから始まります。

ですが鏡は浮いて恭也の前に現れたので履いていた縞パンツを見られてしまい対価に命を
差し出せと刀を振り回し実際に恭也を斬ります。(生き物を斬っても死ぬほど痛いだけらしい)
その後もはずかしかったりすると問答無用で斬ります。
恭也、哀れな・・・・・・

まぁ鏡が恭也を守るため同棲することになるのでその対価だと思えば安いでしょう。
年頃の少女と同棲。しかも読んでいれば鏡が恭也にラブなのはわかるのでこれでいいのかも。

恭也と他のキャラとのかけあいも楽しく読めると思います。

恭也を狙う親友の克己です。狙うのはあっちの意味で)
恭也に想いを寄せる従姉妹の小桃
恭也と克己のBLをブログに載せるクラス委員長の

小桃がかろうじてまともでろくな知り合いがいないな恭也。

徐々に近づいていく恭也と鏡の関係。しかし2人は人間と死神なわけで・・・
前半の彼らの楽しいやりとりがある分後半のシリアスな展開のできごとがつらいのですが・・・

物語全体を通して特に違和感なく読めるのでもし興味を持ったら読んでみてもいいと思います。

あとがきに編集者さんと魁さんのやりとりが載っているのですが抜粋

編「魁さん、物語の季節はいつにしますか?」

魁「夏で。薄着のほうが好みですから」

編「制服のデザインですけれど、どんな感じがいいでしょうか?」

魁「背伸びした時におへそが見える感じでので」

編「キョウの胸はこれっくらいでいいでしょうか?」

魁「もう少し大きくお願いします」



魁さんの趣味趣向がわかります。作中にもこれでもかというくらいその方面のこだわりがあります。

最後に一文。ラストの鏡のセリフ。

「あたしはあんたの死神よ。
             あんたが死ぬまでそばにいるんだから」


死神のキョウ (一迅社文庫 か 1-1)死神のキョウ
(一迅社文庫 か 1-1)
(2008/05/20)


商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

カレンダー(月別)
08 ≪│2008/09│≫ 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。