スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 4 絆の支柱は欲望

あらすじ

三月三十一日。マユが破綻した。
四月一日。僕は単身、かつて誘拐犯が住んでいた邸宅に足を運んでいた。
つまり元我が家だ。
今では、そこは『大江家』の所有物となっていた。
元自宅で待ち受けていたのは、以前の姿を一片も感じさせない増改築。
窓には鉄格子がはめ込まれた、歪な洋館的風貌。
屋内では、家人による鳥肌な歓迎と忌まわしき過去との再会。
僕はすべてを受け入れ、屋敷を探索する。
求めるものは、マユがまーちゃんにもどるための何か。
しかし事態は混迷を極め始める。
切られた電話線、水没する携帯電話、大江家の皆さんと共に閉じ込められる僕ら……ら?

そうだ。伏見、なんでついてきたんだよ。クローズド・サークルって、全滅が華なんだぞ。

……さて僕は。この小旅行中に、みーくんを取り戻し、まーちゃんを救うことができるのだろうか。

感想

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃんの4巻。5巻に続く上下巻です。

まーちゃんが壊れます。いままでも十分壊れていたんですが今回はもっと壊れます。
周りに対して、みーくんに対しても無反応になり食事すらできず呆けてます。

みーくんはそれを直す手段を見つける為に過去の事件の舞台だった元自宅を訪れ
事件に巻き込まれます。なぜか伏見柚々と一緒に。

お気に入りキャラの柚々がヒロインポジションな話です。
なにげに一章の最初に柚々のみーくんへの気持ちが書いてあるのがいい感じです。

今回はミステリ色が強い話です。外に出ることができない屋敷の中で殺人事件が起こり・・・
という推理ものの王道です。しかし探偵役は嘘つきなみーくんで登場キャラも全部変です。

特に大江家の長女・湯女(ゆな)はお気に入りキャラ2ですね。
みーくんと思考が重なる所が多いけれど嘘は最小限しかつかない。
みーくんと互いを”人畜無害の、なにか”と評する。
そして何気にこの話でみーくんにキスしちゃたたりしてます。
まーちゃんがいなくてよかったね。柚々はいたけど。(笑)
彼女も一応みーくんに好意をもっているのかな?微妙なところです。

今回はまーちゃんが序盤で退場してしまうのでいつものバカップルっぷりがあまり見られません。
そのかわり柚々のかわいいところがいっぱい見れて私は満足でしたが。

最後に一文。柚々のみーくんへの信頼の言葉かな?

「お前は人殺しなんかしない!そんなやつじゃない!
                                      ぜったい、ぜったい!」

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 4 (4) (電撃文庫 い 9-4)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 4 絆の支柱は欲望

 (電撃文庫 い 9-4)
(2008/04/10)
入間 人間

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

葉桜が来た夏

あらすじ

アポストリ―身体能力と科学技術に優れた、女性だけで構成される異星人。
目が赤いほかは、外見的特徴は人間と同じ。
琵琶湖周辺は彼らと人間が共存する居留区となっていた。
高校二年の南方学は過去に起きたとある出来事からアポストリを憎んでいた。
ところが、“共棲”と呼ばれる居留区のシステムに則り、一人のアポストリと同居することになる。
彼女の名は、葉桜―評議長の姪でもある美しい少女だった。
二人は激しくぶつかり合うが、その共棲にはある意図が隠されていて―。
第14回電撃小説大賞“選考委員奨励賞”受賞作。

感想

過去の出来事からアポストリを憎む南方学が共棲相手として来た葉桜とのふれあいの中で徐々に打ち解けていく。よくある展開です。

ですがよくある展開=王道。だからこそ多くの人がすんなりと読めると思います。
(個人差はあると思うので苦手な人もいると思います。あくまで私見ですが)

私個人は葉桜のような性格の女性はけっこう好きですね。ツンデレ属性なんだろうか?
人間の社会に興味津々なのに微妙に常識を知らずあたふたする彼女はかわいいです。

主人公の学はアポストリという種族そのものを憎んでいて殺すこともいとわないほどなのに
葉桜に初めて出会ったとき”綺麗だな””天使のようだ”と思ったり、困ったり苦しんでいる
葉桜を見捨てられなかったりとけっこう優柔不断な印象を受けました。
(私見だと種族そのもの憎むというのは間違っている気がします。まぁ理想論だとわかっているのですが。)

本質的に優しい少年で(ちょっとネタバレ)学と同じような体験をした葉桜とだからこそなのかもしれませんがもうちょっと打ち解けるまでの描写をちゃんとしたほうがいい気がします。

全体的にこういう話は好きなので2巻も期待したいです。

最後に一文。アポストリを憎んでいた学の葉桜へのセリフ。

「俺達は────共棲体だろ」

葉桜が来た夏 (電撃文庫 な 12-1)葉桜が来た夏
(電撃文庫 な 12-1)
(2008/04)
夏海 公司

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

カレンダー(月別)
08 ≪│2008/09│≫ 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。