スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日購入のラノベ(10/31)

角川スニーカー文庫の新刊です。

00はファーストシーズン完結編。
ダンタリアンの書架はとりあえずジェケ買い。
近いうちに感想を載せよう。一週間以内には。

今日、創刊らしいVA文庫が近くの本屋になかった。
ふむ、どうしたものか。

機動戦士ガンダム00  (3)フォーリンエンジェルス (角川スニーカー文庫 0-77)機動戦士ガンダム00 (3)フォーリンエンジェルス (角川スニーカー文庫 0-77)
(2008/10/31)
富野 由悠季木村 暢

商品詳細を見る


ダンタリアンの書架1 (角川スニーカー文庫 123-21)ダンタリアンの書架1 (角川スニーカー文庫 123-21)
(2008/10/31)
三雲 岳斗

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

生徒会の三振 碧陽学園生徒会議事録 3

あらすじ


私立碧陽学園生徒会室—そこは、選ばれし者だけが入室を許される聖域にして楽園(多分)。
今日も今日とて何も起きない生徒会。
いやだがしかし、隣のイラストを見てみよう。
驚きの美少女が—はっ、もしや新キャラ?美少女転校生あらわる?
…すいません、また嘘をつきました。
再登場の藤堂リリシアさんです。
あー平和だなー。事件は会議室で起きてるんじゃない、そもそも起きていないんだ!
なーんちゃって。
って、あれ?実は結構、緊迫した事態に突入してますよ?
忍び寄る魔の手から、学園の平和を守れ!行け、生徒会戦隊ガクエンジャー。

感想

あいかわらずネタ満載のゆるゆる生徒会議事録の3巻です。
1巻、2巻とかわらず生徒会メンバーがだらだらと話をする感じです。
全体的な雰囲気はいままでと一緒なので1話ごとの感想でも書いてみよう。

第1話:変身する生徒会

戦隊モノの話です。深夏は相変わらず熱血系大好きです。
このシリーズなにげに他レーベルの作品名がよくでてるなぁ。
大丈夫なんだろうか。

第2話:旅立つ生徒会


皆でくりむをいじろうとして結果的に皆に不幸が回ってきます。
このごろは真冬は控えめなって印象がだんだんなくなってきてる気が・・・・
生徒会役員限定でしょうか?

第3話:取材される生徒会

新聞部部長・藤堂リリシア視点の話になってますね。
役員同士の絡みがないめずらしい話ですね。
リリシアのちょっとした発言をおおげさにしたり事実を捏造したりするはっちゃけぶりは
この作品らしいと思います。
知弦はともかく真冬も彼女を手玉に取ってます。
あれ?生徒会役員じゃなくても大乗っぽくないか?同姓だからかな。

第4話:食事する生徒会

むにむにアカちゃん』やくりむの発言などとにかくくりむがかわいい。
とにかくかわいいのだ!。

第5話:知られざる生徒会

ハーレムを目指している割に意外に初心な杉崎が見られます。
自分からいろいろ言うのは大丈夫だけど人から言われると照れまくる・・・・。
知り合いにもこのタイプの人がいますね。

第6話:働く生徒会

めずらしくくりむが働く気を起こす話。いや生徒会長がめずらしくってダメじゃ・・・・。
彼女の脳内会議は凄いことになってます。

最終話:差し伸べる生徒会

毎回あるシリアス話。1巻は杉崎、2巻が知弦で今回は椎名姉妹
今回も過去話と現在の展開ってかんじです。
基本笑えるシリーズなのですがこのシリアス部分が結構いい感じだと思います。

ストーリーの裏側で動いていた話にも展開がありそうです。これからどうなるんだろう?
次のタイトルは四○・・・・なんだろう?

最後に一文。くりむのセリフ。かわいいなぁ、こんちくしょう!

「あまぁーいのがいいなぁ」

生徒会の三振  碧陽学園生徒会議事録3 (富士見ファンタジア文庫 あ 3-1-3 碧陽学園生徒会議事録 3)生徒会の三振
碧陽学園生徒会議事録3
(富士見ファンタジア文庫
あ 3-1-3)
(2008/07/19)
葵 せきな

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

君のための物語

あらすじ

華やかさとも成功とも無縁で、幸福や繁栄は手に入らない対岸のもののように感じられる、
そんなひとりぼっちの冬の寒い夜。
ひょんなことから死にそうな目に遭った私を救ったのは、
奇妙で不思議で美しい「彼」…レーイだった。
出会いと喪失をいちどきに運んだ不思議な力、老婦人の昔日の想いが込められた手鏡と櫛、
天使をも魅了する声を持つ女帝とも称された歌姫、そして「彼」を追う魔術師
―私は彼にまつわる不思議な事件に巻き込まれ、そして―?
第14回電撃小説大賞“金賞”受賞。「彼」と「私」をめぐる数奇な運命を綴った物語。

感想

ライトのベルとしてはめずらしい感じの話です。主人公や登場人物もほとんど全てが大人です。

主人公である「私」の視点から書かれている話なのですが基本的なスタンスは
「私」「彼」(レーイ)の2人の親交を書いた作品です。

章ごとに分かれていますがそれがそれぞれ繋がってひとつの大きな話になっています。
物語全体に優しい雰囲気があって面白かったです。

こういう感じの作品は私は好きですね。もしかしたら若い人よりもちょっと上の人のほうが
好ましく思うかもしれません。

読了後、なごやかな満足感が得られました。おすすめに1冊です。

最後に一文。物語の書き出しです。ちょっと長いですが気に入ったので・・・。


奇妙。

そして、

親愛。

彼について語ろうとする時、
程度の差はこそあれ常にこの二つの要素と
無縁ではいられない。
時に交じり合い、時にせめぎ合う。
そして、これらは本人を前にしたとなれば、
より一層、顕著になる。

このような奇妙な感覚を呼び起こす彼は、
何の前触れもなく、衝撃的で、どこか滑稽で、
そして、哀しみを孕んだ鮮烈さと共に
私の前にやって来たのだった。


君のための物語 (電撃文庫 み 13-1)君のための物語
(電撃文庫 み 13-1)
(2008/02/10)
水鏡 希人

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

本日購入のラノベ(10/29)

ファミ通文庫の新刊です。

この頃のテイルズシリーズはPS2ででないからやれてない。
ラタトクスもTOWもやりたいのだが。
WiiもXBOX360も買うお金なんかないんだよぉぉぉぉ。

今、歯医者に通っているのですが次で最後なんですが次は結構代金がかかりそうな気配。
1本(差し歯)5000円くらいと言われたから6本で・・・・・・・・。
ぎゃぁーーーーーーーす。

テイルズ オブ シンフォニア-ラタトスクの騎士- 世界の願い2 (ファミ通文庫 T 1-8-2)テイルズ オブ シンフォニア-ラタトスクの騎士- 世界の願い2 (ファミ通文庫 T 1-8-2)
(2008/10/30)
矢島 さら

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

“不思議”取り扱います 付喪堂骨董店 2

あらすじ

今日も閑古鳥が鳴く付喪堂骨董店。
ごくまれにやって来る客も無愛想な少女のあやしい接客に回れ右をしてしまうのだ。
だが、奇妙な事件だけはほっといても舞し込んでくる。
不思議な力を宿した『アンティーク』を求める人たちは後を絶たないのだ。
映した世界の音を消し去ってしまう鏡『明鏡』、
被せるとまったく同じもう一人の自分が作れる仮面『マスカレード』—。
一見すると便利なものでも使い方を誤れば大変なことになったりする。
彼らは『アンティーク』に飛びつくのだが…。あなたならこの不思議な品をどう使いますか。

感想

1巻と同じく短編が4話収録されており1話に1個、アンティークと呼ばれる不思議な力を持った
道具が登場し事件を引き起こします。

1巻の感想でも書きましたが”アンティーク”を手に入れてしまった人間は最終的に使い方を
あやまってしまうような気がします。
1巻もそうでしたが悲劇的な結末を迎えることが多いですね。

刻也の関係は順調に進んでいる感じがあります。別に付き合っているわけではないですが。
2人とも互いを意識はしているようですが読者から見たらすでに恋人同士です。

4話目の咲の話は悲劇的要素もなく咲がかわいかったです。刻也は鈍感ですが。

最後に一文。
静寂が最大の騒音になることもある。
静寂を求めた彼を最後に煩わせたのは後悔と求めていた静寂だった。

「うるさいんだ──」

付喪堂骨董店 2―“不思議”取り扱います (2) (電撃文庫 お 9-5)付喪堂骨董店 2
“不思議”取り扱います
(電撃文庫 お 9-5)
(2007/06)
御堂 彰彦

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

かくてアダムの死を禁ず 夜想譚グリモアリス Ⅰ

あらすじ

大罪を犯せし者、人界の法にて裁かれざるとき、とこしえの深淵より其はきたるべし―。
(何が何でも守ってみせるさ。僕が、必ず…)
桃原グループの御曹司・桃原誓護は、妹・祈祝とともに両親の墓所で決意する。
憎むべき叔父との対決、そして最愛の妹・いのりを命懸けで守ることを―。
しかし、極度のシスコンでナルシストな美少年・誓護には、
永遠に隠さねばならない秘密があった…。
そんな誓護たちは、対決場所の修道院で不思議な黒い霧に包まれる。
そこに突然、教誨師・アコニットと名乗る謎の少女が現れた!!
いったいなぜ彼女は現れたのか?彼女の正体は?
そして誓護は、無事に妹との平和な暮らしを取り戻せるのか!?
海冬レイジが新たに紡ぎ出す、読み出したら止まらないスリリングなネオ幻想奇譚登場。

感想

ミステリーものです。

桃原グループの御曹司・桃原誓護は、妹・いのりとともに現総師である叔父とあうために
修道院へ向かう。そこに叔父の姿はなく、さらにそこに集まった人々と共に修道院に
閉じ込められ、そこに人の法では裁かれなかった罪人を裁くため教誨師アコニットが現れる。
誓護はいのりの安全を守るため、そして”ある秘密”を守るためアコニットに協力する。

主人公の誓護のシスコンぶりが凄まじいですね。
作中でも言われていますがキショイほどです。読んでいて笑えますね。
っていうか作中に出てくる女性キャラの多くから罵倒を受けていますね。
財閥の次期後継者でルックスもいいのにシスコンっていうだけで・・・・・・・。
強く生きろ誓護。

ヒロイン?のアコニットは人間を信用していないようですが誓護と話すうちに徐々に考えを
変えていきます。
この2人の交流は電撃が放たれたりと過激な部分もありますが互いを徐々に信頼していく
ところはよかったですね。

いのりは10歳の女の子で誓護に依存しているように見えますがきちんと自分でも考えていて
強い子だと思った。若干ブラコンぎみに見えるが10歳ならこんなものだろうか?

ミステリーものですが設定上は完全犯罪に近いものを調べるわけですから誓護はけっこう
すごいヤツです。完全にミステリーとは言えないですけど楽しく読めました。

最後に一文。アコニットのセリフ。彼女の過去が気になります。

「絶対に、あの子を裏切らないで」

かくてアダムの死を禁ず (富士見ミステリー文庫 66-8 夜想譚グリモアリス 1)かくてアダムの死を禁ず
(富士見ミステリー文庫 66-8
夜想譚グリモアリス 1)
(2007/03)
海冬 レイジ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

機動戦士ガンダム00 2ndSeason 第4話「戦う理由(わけ)」

004.jpg


第4話「戦う理由」

sumeragi4-3.jpg


復活のスメラギさん。

ついにスメラギさんが復活です。制服にも腕を通し・・・・・・・・・・。
とにかくこれからの彼女の戦術予報に期待です。


marry4.jpg

「決まっているじゃない、生きていることへよ」


areruya4-1.jpg
areruya4-2.jpg


”それは文字通り、僕にとっての洗礼だった”

マリーとアレルヤの出会い。
アレルヤがすごい主役っぽい。こんなことがあればあれだけメリーに執着するのがわかります。
マリーが主人格なのかそれともピーリスが。どっちなんだろう。
それに2人の出会いも仕組まれたものである可能性も。

No!.jpg

「違う」
「違います」

恋人同士かと聞かれ即答。
照れるでもなくどもるでもなく即答。主人公とヒロインだよね君達?
でも息はぴったりな2人。やはりこれからなのか。

4wa.jpg


felt4.jpg

「!!!!!!!!」

やはり叩いた。さすがに怒るだろこれは。これからギクシャクしそうだ。

rockonR4.jpg

「比較されたらたまらんだろう」

ごめんなさい。おもいっきり比較してました。
確かに彼は”ニール”ではなく”ライル”。
このセリフで少し彼を好きになれた気がします。

MrBusido1.jpg

つ、ついに人に名前を呼ばれてしまった。
ミスターブシドー。
自称なのかな?他称なのかな?
仮面でおとめ座の武士。なんかめちゃくちゃだ。

setumari1.jpg

「俺にできるのは戦うことだけだ」

setumari2.jpg

「争いからは何も生み出せない。失くしていくばかりよ」


setuna4.jpg


「世界の歪みをガンダムで断ち切る。未来のために」

「それが俺とガンダムの戦う理由だ」


思いっきり否定していたのにやっぱり恋人同士もしくはそれ以上の関係に見える。
そして刹那はやっぱりかっこいい。
刹那を心配するマリナ、それを受けながらも自分の意思を貫こうとする刹那。
このやりとりは刹那の心に迷いを生じさせるのか? それとも?
戦闘中に刹那がこのやりとりを思い出すのはよかったですね。

areruya4-3.jpg

「僕はマリーを取り戻す。
       ハレルヤが逝き、脳量子波が使えないとしても」


thieria4.jpg

「戦う理由か。昔なら否定してしただろうが」

アレルヤが戦う理由。そしてティエリアの成長。
脳量子波が使えないって結構大変なことでは?
これからハレルヤがいたころまで成長できるのか?それとも別の方法で?

------------------------------------
戦闘パート

sumeragi4.jpg

「ラッキーね、私達は!」

復活のスメラギさん。この状況でこの言葉。これでこそスメラギさん。
完全に相手の戦略を読みきってます。

tranzam1.jpg
tranzam2.jpg

トランザムの連続です。なんか有り難味がなくなってきた感じがします。
前シリーズのピンチになったらトランザムよりはこういう機転を利かした使い方の方が好きですが
ちょっと簡単に出しすぎな気がします。さらなるパワーアップがあるのかな?
トリロバイトはなんかあっさり退場。これからも活躍する機会があるのかな?
何気にガンダム達は水中戦が苦手っぽい。なんでもあり感があったが意外な弱点。 

MrBushi4.jpg

「生き恥をさらしたかいがあったというもの!」

戦い方で刹那と気づき歓喜するミスターブシドー。
もういいです、あなたは好きなだけはっちゃけて下さい。それが貴方の魅力です。(@▽@)


sirin4.jpg

「地球連邦のやり方に意義を唱える女よ」

マリナを巻き込まないようにマリナの元を去った感じがするな。
とりあえずマリナはここでカタロン側に保護されるのかな?

--------------------------------------

sumeragi4-2.jpg

「サイズ合わないの。きつくて」

あれ?スメラギさんがかわいい。サイズがあってない制服の意外な破壊力。
照れてるスメラギさんはかわいいと判明。

birry4.jpg

「踏みにじったんだ、僕の気持ちを」

怖いことになりそうです。良心とかなくして凄い方向にすすんでいきそうなビリー。
ミスターブシドーとの再会とかこれからが気になるキャラです。

--------------------------
daigowa.jpg

次回は「故国燃ゆ」

その再会は劇薬か!

誰とのでしょうか?なにげに沙慈くんが活躍しそうです。
上の画像だと全然わからないですがアザディスタンが燃えます。
一体どうなるんだぁぁぁぁぁ!

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

アスラクライン 2 夜とUMAとDカップ

あらすじ

夏目智春は一見ごく平凡な十五歳
しかし、幼なじみの美少女、操緒の幽霊が憑いていて、なんと彼女は機巧魔神という、
とんでもないモノになったりして、もはや平凡とは言えなくなりつつある。
そんな智春が通う洛芦和高校恒例、新入生オリ合宿。
それはお気軽な学校行事のはずだった。
目的地ののどかな湖に、謎の未確認生物が出現するまでは―。
第一生徒会から怪獣退治の依頼を受けた智春たち科學部の御一行。
怪獣退治の期限はわずか三日間。
しかも遭遇した未確認生物は、智春の機巧魔神でも歯が立たないような化け物で…。
好評スクールパンク第2弾。

感想

アスラクラインの2巻です。

今回のメインとなるのは嵩月奏
1巻でもそうだったけど智春に取り付く幼馴染の幽霊・をおしのけるほどメインヒロインっぽい娘。
いや、もうメインヒロインでいいんじゃねぇ?

タイトル通り”おっぱい”が重要な要素になる今回。
事件解決にはDカップ以上の胸が必要になっていて・・・・・。
いろいろつっこみどころ満載です

基本的にはコメディ色が高くシリアスもそんなに重くならない話なのでさくさく読めます。
契約者(コントラクタ)””使い魔(ドウター)”等の”悪魔”関連の言葉がちらほらでてきます。
まぁ今回メインの奏と新キャラは悪魔なのでそれでなのでしょう。

智春はあいかわらずヘタれなんですがフラグはあいかわらず立ちまくってますね。
ツンデレキャラの佐伯玲子とかは結構いい感じのキャラだと思います。
まぁ彼女のお兄さんはアレなんですが。

最後に一文。結構凄いことを言っちゃてる奏さん。”使い魔”は……しないとできないのです。
智春、なんてうらやましいやつ。

「だったら……わたしの使い魔(ドウター)があなたを守るから……」
アスラクライン〈2〉夜とUMAとDカップ (電撃文庫)アスラクライン〈2〉
夜とUMAとDカップ
(電撃文庫)

(2005/10)
三雲 岳斗

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

神曲奏界ポリフォニカ ロマンティック・クリムゾン

あらすじ

はじまりは些細なことだった。
バスから見かけた自然公園の前を歩く美しい少女-シェルウートゥと、
彼女に心奪われた少年-カティオム。
ようやくたどり着いた2人の関係は、その公園の前でときどき行き会って5分ほど会話を交わす、
それだけ。

惹かれているのに、どうしても手の届かない少女。
素性も住んでいるところも、何も教えてくれない。

「彼女のことをもっと知りたい」

少年が意を決してフォロン達の事務所の戸を叩いたとき、
それは精霊と人間の関係をあらためて問いかける、
事務所のメンバーにとって他人事ではない重要なできごととなった。

感想

「赤」のポリフォニカシリーズの小説版2作目です。

1作目に比べてプロの神曲楽士としてフォロンは順調に仕事をこなせるようになってます。
ちょっとした失敗はすることもあるけどそれにきちんと対応していたりと成長がみられます。
まぁ完璧というわけではないようですが。

今回の話のテーマは”精霊と人間の関係”でしょうか。

ペルセリテプリネシカの知り合いであるカティオムという少年からシェルウートゥという少女の
身元を調べてほしいと依頼されます。彼女のことが気になるが自分は彼女のことを
なにも知らないからと・・・・・・。

しかしその調査でカティオムは驚くべき真実を知りショックを受ける。

人間と同じ姿をとることができるが人間とは別の生命体である精霊。
そこで紡がれる関係はいろいろあるようです。
特に1人の神曲楽士と専属で契約を結ぶ精霊契約は精霊にとって強大な力を得ると同時に
重大な弱点を抱えてしまう諸刃の刃のようです。

主人公のフォロンコーティカルテの2人にもこのことは当てはまります。
コーティカルテはフォロンの独占欲がさらに強く描かれてますね。
ペルセから引き剥がすため事務所を辞めろと言ったり、それが最善の一手でも他の精霊を
呼ぶためにフォロンが神曲を奏でることを嫌がります。

再び奏でられる”ダンテの奏始曲・天国変
それによって引き起こされる悲劇
そしてカティオムの決意。

ダンテの奏始曲のようなある意味販促のようなものがないとコーティカルテが強すぎますね。
ちょっと気になったのはプリネシカの秘密がかなり普通に発覚します。
キネマティックノベル版を読んだ人にはわかっていることですが本だけの人には
いきなりすぎて????って感じだと思います。

そして終盤でユフィンリーやフォロンが神曲や精霊に対する気持ちをカティオムに話す場面は
とてもいい場面だったと思います。
近いけど違う人間と精霊。それでも隣人として共に歩いていくことができるのだと。

最後に一文。後半に結構いいセリフがあったのですが序盤でこれが一番インパクトが
ありました。何が?とは書きませんが( ̄∀ ̄)

「……しようと思えば出来るんだからな」

神曲奏界ポリフォニカ ロマンティック・クリムゾン (GA文庫)神曲奏界ポリフォニカ
ロマンティック・クリムゾン
(GA文庫)
(2006/05/12)
榊 一郎

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

神曲奏界ポリフォニカ エターナル・ホワイト

あらすじ

グラナード家に仕えるスノウドロップは、誰よりも敬愛するプリムローズお嬢様第一主義者の
「超」堅物メイド。
彼女の日常はすべて、プリムローズのためだけにあった。
そんなある日、年に一度開催される音楽コンクールでプリムローズが優勝し、
精霊島にある音楽学院への入学が決まる。
しかしそこは、招かれた者しか行くことが出来ない場所であった。
お嬢様のため、なんとかして精霊島へ潜り込もうと画策するスノウの前に一人の精霊が現れた。
彼の名はブランカ。
伝説のコントラバスの化身だというこの精霊の登場で、
スノウの運命は思いもしないものになってゆく!

感想

「白」のポリフォニカシリーズの小説第一弾。時間軸的には「赤」「黒」と比べて過去。
しかも大昔といってもいいくらいの過去です。

「赤」「黒」と比べると結構コメディ要素も強いですが(「青」よりは控えめですが)
精霊の誕生する”精霊島”や”始祖精霊”と”聖獣”などポリフォニカ世界の謎に迫る話です。
何気に現実世界とのリンクもあるようです。

主人公はスノウ・ドロップ

グラナード家に仕えるメイドさんでそこのお嬢様であるプリムローズ命の少女。
剣術を習っているため口調が侍っぽいです。孤児でグラナード家にくるまでの記憶もない。
プリムローズが”精霊島”へ行くことにになり自分も付いていきたいが自分は神曲楽士ではない。
どうしよう!・・・・・という所に伝説のコントラバス”エターナル・ホワイト”に宿る精霊・ブランカ
が現れ彼女を持ち手として選び契約すると言い共に”精霊島”へ行くことになる。

ブランカが梅干の入ったツボを抱えていたりプリムローズが意外と黒かったりと結構笑える
ところが多いですね。スノウのキャラもあれですし。

シリアスな場面もきちんとしていて面白いです。
ちょいネタバレですがスノウが歌で消えかけていた精霊を救い契約するところはいいです。
雫(しずく)、かわいいですね。

ポリフォニカ世界の過去になにがあったか気になるシリーズです。

最後に一文。スノウのセリフ。後半はネタバレがあるので省略。

「命は、長いことに意味があるんじゃない。
 短いことに意味があるんじゃない。
 長いものがあり、短いものがあることに意味があるんだ(略)」



神曲奏界ポリフォニカ エターナル・ホワイト (GA文庫)神曲奏界ポリフォニカ
エターナル・ホワイト
(GA文庫)
(2006/07/12)
高殿 円

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

泣空ヒツギの死者蘇生学

あらすじ

人生初のラブレターをもらい、幸せの絶頂にあった氏姓偲の人生は、
突如後頭部に叩き込まれた一撃で唐突に断ち切られてしまう。
死んだはずの偲が目を覚ますと、目の前には黒ずくめの少女・泣空ヒツギが立っていた。
死者を蘇生させる特殊な能力を持ち、巷で噂の連続猟奇殺人の犯人でもあるらしい
不機嫌少女の凶行を止めるため、偲はいやいやながらも彼女の「実験」に
従うことにしたのだが…。
第二の人生を強制的に歩まされることになった死人と、彼に執着する少女たちが織りなす
ネクロマンティック・ラブストーリー開幕。

感想

読了後にまず思ったことは・・・・・怖っ!

いや近頃流行り?のヤンデレ・・・・。怖いですよ。まじで怖い。

主人公・氏姓偲(しかばねしのぶ)

冒頭でいきなり殺される悲運の主人公。
異常なまでの環境適応能力をもつ。異常な事態でも客観的に物事を考えられます。
絶対に女運がないと思う。

メインヒロインである泣空ヒツギ(なきぞらひつぎ)

ツンデレです。”人を殺せることが常識”である環境で生まれながら人を殺すことができない
ことで”欠陥品”と呼ばれる少女。
生体縫合師死霊義装士
死体のパーツを繋ぎ合わせて偲の体を作りだした少女。
いや・・・・・ヒロインなんですよね?
かわいいですけど。

偲の幼馴染・故不院埋(こふいんまい)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・怖い

サブキャラの唸吼去殺(うなぼえこころ)
ヒツギの世話をするメイドの冥途(めいど(名前です))
名前そのままのようなキャラ・・・・ではないですね。
前者はちっこい怪力少女で後者は家事ができないメイドさんですから。
キャラクターはこれだけですね。電話で登場した人物とかは続編でかな?
けっこう少ないです。


とりあえずヤンデレは怖いという感想が大きい作品です。
話そのものも面白かったのですが恐怖に全て吹っ飛んでしまった感があります。
あそこまで一途に思われるのはさすがに・・・・・・。

あと登場キャラの名前を見るとわかると思いますが名前が凄いことに・・・・。
最初のページにある殺人の被害者一覧の名前も結構凄いです。

続きそうな感じです。

最後に一文。この言葉が発せられた状況を知っていると怖い・・・・・。

「わたしは、偲ちゃんが好き、です」

泣空ヒツギの死者蘇生学 (電撃文庫 あ 26-1)泣空ヒツギの死者蘇生学
(電撃文庫 あ 26-1)
(2008/10/10)
相生 生音

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

影執事マルクの手違い

あらすじ

ヴァレンシュタイン家の新米執事・マルクは優秀だった。
柔和な笑顔にスマートな身のこなし。よく気がついて知識が豊富。

「マルクさんって、何でもできるんですね!体は弱いけど」

素朴に感心する使用人たち。
うら若き美貌の主・得るみなも無表情ながら満足のご様子。
だが本人だけは不本意だった。

私はなぜ「おいしい紅茶」なんて淹れているんですか!?
山犬の精霊<クフ・リーン>を使役する「影使い」の暗殺者がなぜ!?

─なぜ? それは、強大な精霊に守られたエルミナに返り討ちにされたから。
絶対服従を強いる「空白の契約書」にサインしたから・・・・・。

風変わりな主と執事のコミカル・バトラー・ファンタジー!

感想

戦う執事さんとお嬢様の話。

暗殺者としてエルミナの元を訪れたマルクが暗殺者であることに気づいてもらえずに
執事として雇われてしまう。
暗殺とかギャングとかがでてくるわりには明るい雰囲気で話が進みますね。

それぞれ暗い過去があり精霊と契約することによって対価を支払ったりと暗いイメージも
あるにはあるのですが基本的にはほのぼのしているような感じです。

主人公で新米執事・マルク


山犬の精霊<クフ・リーン>を使役する「影使い」。影を操り干渉して戦う契約者。
通常の戦闘能力も高い。

何気に執事が天職である気がする。
過去のいろいろな職歴が全て、執事の仕事をするのに必要な能力を得れるものだったり。

マルクの主人・エルミナ

強力な精霊に守られたヴァレンシュタイン家の当主。
病弱であまり表情を表に表さない。

花占いでマルクの雇用を決めたり、マルクの意外な才能(紅茶入れ、料理)に驚いたりと
意外に天然な気がする。照れたりする場面はかわいい。

使用人仲間のアイシャドミニクもいい感じです。
ドミニクが花と会話(多分脳内)するシーンは笑った。

自分が執事をやっているのは契約書のせいで自分の意思ではないと思っていたマルクが
ただ自分をだましていただけだと気づきエルミナに仕える決意をした場面はよかった。
エルミナの過去の謎などこれからが楽しみです。
マルクに届いた<処刑予告(ラブレター)>の行方も気になります。( ̄0 ̄)

そういえばこの作品、だれかに敗北すると幸せになる傾向が・・・・。
エルミナに敗れたマルク、マルクに敗れた脇役の皆さんとか・・・。

最後に一文。マルクの決意

「執事(バトラー)を続けさせていただけませんか?」

影執事マルクの手違い (富士見ファンタジア文庫 て 1-1-1)影執事マルクの手違い
(富士見ファンタジア文庫
て 1-1-1)
(2008/10/20)
手島 史詞

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

女帝・龍凰院麟音の初恋

あらすじ

人よりちょっぴり巨乳が好きな高校一年生である俺─月見里悠太(つきみさとゆうた)は、
人生最大のピンチに直面していた。
なんせ、夏休みの記憶をきれいさっぱり無くしてたんだ。
しかも、忘れちまった夏の間に俺はとんでもないことをしでかしてしまったらしい……。
なんと『学園の女帝』と恐れられる超堅物の風紀委員長にして、日本有数の大財閥のご令嬢、
アイドルも逃げ出す超絶美少女・龍凰院麟音(りゅうおういんりんな)と恋に落ちたみたいなんだ。

──なに?おいしいシチュエーションじゃないかって?

バカ言うな!麟音はなあ─天下無敵のド貧乳なんだよ!
巨乳命の俺にとって、なんの魅力もないんだ!
と・こ・ろ・が。
同じように記憶を失っていた麟音は、とんでもないことを言い出しやがった。

「一週間以内に恋なんてしてなかったと証明しろ。さもなくば死刑にする!」

そんなこんなで、俺の命懸けの一週間がはじまってしまったんだ──
笑いあり、涙あり、おっぱいあり(?)の記憶喪失ラブコメディ、ここにスタート


感想

主人公の悠太は夏休みの初めから終盤までの記憶を失いその間に学園の女帝と呼ばれる
麟音と付き合っていたらしい。しかしその麟音もさらに夏休みに一緒に過ごしていたらしい
麟音の家の別邸の使用人達も全員記憶喪失で・・・・・・。(別邸は焼き落ちたらしい)

そんな彼等が焼け跡から発見された麟音の日記から同じ行動をして記憶をとりもどそうとする。
でもそれは恋人ではなかったことを証明するためで・・・・・。

だいたいこんな感じでストーリーは進んでいきます。基本的にはコメディですね。
おっぱい大好きな自分が貧乳の麟音を恋人にするはずがないと断言する悠太と
悠太のような人間を恋人にするわけがないという麟音。
2人の記憶を取り戻すための”恋人ごっこ”は笑えます。

でも堅物ながら恋に憧れる麟音とタイプじゃないと言いながらも彼女に付き合う悠太。
読んでいてほほえましいです。

ちょっとネタバレですがこの巻ではまったく謎が解明されません。
1巻はまるごとプロローグ的なあつかいで2学期が始まってからの学園生活が本番のようです。
続きが楽しみです。

最後に一文。巨乳な娘を見たときの悠太の”セリフ”。そこまで好きなのかおまえ・・・・・

「おっぱい!おっぱい!おっぱい!
                おっぱい!おっぱい!おっぱい!」


女帝・龍凰院麟音の初恋 (一迅社文庫 か 2-1)女帝・龍凰院麟音の初恋
(一迅社文庫 か 2-1)
(2008/08/20)
風見 周

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

覇者の三剣(トリスアギオン)

あらすじ

その街は、世界を拒絶していた。
限りなく人に近く、人に非ざる生物が跋扈する現代。
<武街>と呼ばれるその街は、築かれた強固な壁の中で、少年少女を戦士として育成する学園
を有していた。
そこに転入してきた一人の少年―那斬蒼(なぎりあおい)。
異形なる剣と強大な力を持ちながら、しかし、彼は戦う自分を否定し続ける。

「誰も守れない、守る資格なんてない。ただ殺すための剣だ」

幼馴染みの少年と、「会ってはいけない」大事な人が待つ学園で、蒼は進む。
真紅に彩られた、修羅の覇道を―。
やがて滅びゆく世界のために、俺達に何ができるだろうか。
閉ざされた世界で戦う少年達の、血と絆のソード・アクション。

感想

富士見ファンタジア文庫。10月の新刊。新シリーズです。

人を喰らい、近代兵器が効かない「異魔人(メギド)」と呼ばれる生物が現れた世界。
異魔人に効果があるのは剣や刀、弓、拳などの原始的な武器。

重火器よりも刀剣類が好きなので楽しく読めましたね。
キャラクターもそれぞれいい感じです。

主人公・那斬蒼(なぎりあおい)

学園に転入(正確には1ヶ月遅れの新入生)してきた少年。
”正宗”と呼ばれる大太刀をもっている。
戦士を育成する学園に来たのにすでに一部では”最強”といわれ
個人戦跡も世界トップクラス。

反則的な特殊能力をもっていてちょっとすごいですね。
能力を生かすための努力も怠っていないようで最初から強いです。
精神面はめためたな気もしますが・・・・・。
でも幼馴染であるにツンデレ発言をしたりとちょっと面白い。

「ふんっだ、べ、別にアンタとご飯食べたかったわけじゃないんだからねっ!」
「要は俺の嫁だから」


↑のセリフを踏まえたうえで蒼の幼馴染・飛流要(ひりゅうかなめ)

幼馴染の女の子・・・・・・ではなく男です。
ドSです。女の子の顔にアイアンクロウを決めたり熱した鉄板に顔を押し付けたりもするようです。
なによりものことを優先して無駄なことが嫌い。
嫁らしく最低限の食事しかしないのために食事を作ったりと甲斐甲斐しい。
でも男です。
彼は”最怖”でしょうか。主人公の蒼よりも強く、敵には一片の容赦をしない。
後半の戦闘シーンの挿絵の彼は明らかに敵キャラな感じです。
本編序盤のネタ通りの能力をもっていて笑った。世紀末覇者( ̄∇ ̄)

月島琴美飛流美亜。この2人がヒロインかな?
ヒロインはなんか完全に蚊帳の外って感じです。
の間には何者も入れないって感じですね。
1巻ではほとんど活躍がなかった2人ですがに惹かれ始めている琴美
蒼の”会ってはいけない大事な人”である美亜
これからの活躍に期待ってところでしょうか。

の決意や過去、使命。まだまだ謎が多く続きが楽しみです。

最後に一文。蒼のキメ台詞。

「見斬った」

覇者の三剣 (富士見ファンタジア文庫 と 1-1-1)覇者の三剣
(富士見ファンタジア文庫
と 1-1-1)
(2008/10/20)
十月 ユウ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

機動戦士ガンダム00 2nd Season 第3話「アレルヤ奪還作戦」

第3話「アレルヤ奪還作戦」

003.jpg
seravi3.jpg
arios3.jpg
keruvim3.jpg

ついに4人のガンダムマイスターと4体のガンダムが揃った。
素人のはずのロックオンが敵機を撃墜した謎も気になるところだがやはり目に付いたのは
刹那、ティエリア、アレルヤの連携。特に前者2人は連携するだけで驚かれてただけに
成長の跡がみられます。

setuna3.jpg

「俺達は、どんなことをしてでも、アレルヤを、仲間を、
              助けたいんだ。頼む、俺たちに戦術をくれ」


刹那は大人になった。そしてかっこよくなった。
こんなことを言われたら自暴自棄になったスメラギさんも協力しないわけにはいかず・・・

putore3.jpg

えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!

大胆とかそういう次元の話じゃないだろ。大気圏から減速なしで海に突っ込むなんて・・・・。
あいかわらずGN粒子の万能性が目に付く作品だ。
でもいくら機体が耐えられても中の人は大丈夫なのかこれ?

thieria3.jpg

「ここは死守する」
「テコでも動かん!」

本日のティエリアの成長が見られるセリフ。

前シリーズのガンダムや太陽炉を守るためというよりも仲間のために・・・という感じ。
やはりロックオン(先代)の影響は大きかった・・・・・。
このほかにも刹那にマリナを救出するように促したりと内面の変化が著しい。
でも下のセリフはちょっと笑った。ティエリアが真面目顔でテコでもって・・・・・・

maryy.jpg

マリー・パーファシー

これが彼女の本当の名前なのかな?ソーマ・ピーリスはハレルヤと同じように異なる人格。
それで本人はその自覚が無いって感じかな?
これからどうなるか気になります。

areru.jpg

「マリー、必ず迎えに来るから。必ず!」

今回タイトルにも名前が入っていて話しの中心のアレルヤ。
ずっと拘束されてたのに元気に動き回っていた彼。マリーとの過去。
いろいろと活躍の場があった彼。2ndSeasonから両目をだしていてかっこいい。
ロックオン(ライル)の時の反応を見てあまり変わっていないのがわかり安心。
こうでなくてはアレルヤじゃないよね。

でも見た人は結構思ったと思うけど刹那は再会時の対応がおざなりだった。
時間が限られていたのもあると思うがマリナ優先な気が・・・・・。

rokkuon3.jpg


「どうにかだな」

うーん。ロックオンは微妙だ。先代のイメージが強いためか軽薄は雰囲気が拭えない。
本人はそんな気はないんだろうがティエリアやフェルトが・・・・・・。
カタロンとも繋がりはやっぱり残っていたようで・・・・スパイかな。
彼の存在が刹那達のウィークポイントにならないことを祈るばかりだな。

thieria3-2.jpg

「おかえり、アレルヤ」

areruya3.jpg

「ああ、ただいま」

なんかいい感じです。ティエリアが仲間を呼び捨てで呼んでいるのを見るといいなぁと感じる。
そして先代ロックオンのことが悔やまれる。
現段階ではあまりロックオン(ライル)のことを好きになれないなぁ。

marina3.jpg

「あなたが泣かないからよ・・・。」

4年ぶりの再会。2人ともずっと互いを気にしていたんだね。
↑のセリフを聞いて立ち尽くす刹那の驚き(?)
もしかして今まで一番近くにいる時間が長いことになるのかな?
次回2人がどうなるのか気になりますねぇ。

----------------------------------------------------
4wa.jpg

次回は「戦う理由(わけ)」

な、なにしてやがるこの男!このあとフェルトは呆然とするのか?それとも引っ叩くのか?
気になるところです。

いっそフェルトがマイスターになれば良かった気もする。
せっかく両親がガンダムマイスターって設定があるのだし。
実際、両親+もう一人親的存在もガンダムマイスター。
素養はあると思うのだが。無理にロックオンださなくても・・・・・・。

ロックオン(ライル)が出てきて良かったと思える展開になるといいなぁ。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

生徒会の二心 碧陽学園生徒会議事録 2

あらすじ

私立碧陽学園生徒会室
─そこは、選ばれし者だけが入室を許される聖域にして楽園…のはずだった。
突如現れた「生徒会顧問」を名乗る美女。
彼女は不敵に微笑んでこう言った。

「それは、禁則事(自主規制)」

…すいません、また同じ手を使いました。
嘘です。
では改めてもう一度。
彼女は不敵に微笑んでこう言った。

「この生徒会、今日でお終いだ。解散」

愛すべき日常をつづった記録の一端といえば聞こえはいいが、実は何も話が進んでいなかった第1巻。
ここに来て、ついに物語に変化が!?
真実はぜひあなたの目で確かめてほしい第2巻、やっぱり妄想暴走絶好調。

感想

1巻に続き短編形式で私立碧陽学園生徒会で起きたどたばた劇が描かれています。
毎回、生徒会長であるくりむのどこかから仕入れてきた格言から始まり、
杉崎はあいかわらずハーレムを目指し煩悩全開です。

あいかわらずネタが多いです。椎名姉妹が特に凄いことになってますね。
深夏はドラゴンボールネタ等の少年漫画っぽい話をふり、
真冬は自筆のBLが妙にリアリティのある設定になってたり(しかも杉崎主役)と
パワーアップした感じです。

後半ではちょこっとシリアスな話が続きます。
なんと生徒会解散の危機。
その原因となるのは生徒会の顧問になった新任教師・真儀瑠紗鳥
なんと作者の前作『マテリアル・ゴースト』の登場人物です。
発言や行動など完全に同じ感じなのでスピンオフって感じですかね。
立場的にはラスボス?なのかも。

彼女も加わりますますはちゃめちゃ感が増えてます。
ちょっとだけあるシリアスは1巻もそうでしたが言い話だと思います。

最後に一文。名言を言った後それを紗鳥に否定されたくりむがその話の最後に言った言葉。

「今日の私の名言は、薄っぺらくないってこと」

生徒会の二心 碧陽学園生徒会議事録2 (富士見ファンタジア文庫 166-8 )生徒会の二心 碧陽学園生徒会議事録2 (富士見ファンタジア文庫 166-8 )
(2008/04/19)
葵 せきな

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

本日(ほんとは昨日)購入のラノベ(10/17)

買ったことに満足してすっかり書くのを忘れてました。
発売日が日曜もしくは発売前日が日曜だとフライング発売も変動してめんどっちぃ。
確認の為に本屋に行くのはいいんですがなぜか新人として知り合いが働いてた。
なんかレジに並びづらいなぁ。相手は不思議ちゃんなのです。話がよく飛ぶ子です。

富士見ファンタジア文庫&一迅社文庫の10月の新刊。

お気に入りのシリーズが多いです。ファンタジアは新シリーズのうち2冊を購入。
もう1冊は悩み中。

とりあえず新シリーズ2冊を先に読んであとはそれからかな?
いけぬこ研究会から3名が同時リリースか・・・・。

まぶらほとBBBだけ表紙の絵に枠があるのはなんでだろう?
長いシリーズだから前のと絵の大きさをあわせているのかな?

<左→右>

影執事マルクの手違い 新シリーズ
覇者の三剣(トリスアギオン) 新シリーズ
まぶらほ~またまたメイドの巻~
BLACK BLOOD BROTHERS S 6-ブラック・ブラッド・ブラザーズ短編集-
幻想譚グリモアリス Ⅱ 千の獣が吼ゆるとも
神聖のレジスタ 2 魂のオーバーロード
女帝・龍凰院麟音の初恋 2
さくらファミリア! 2


kagemaruku.jpgtorisuagion.jpgmaburahomatamata.jpg
BBBs6.jpggurimo2.jpgrezisuta2.jpg
zyotei2.jpgsakura2.jpg

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

神曲奏界ポリフォニカ インスペクター・ブラック

あらすじ

事件は巨大な屋敷の一室で起きた。

希代の神曲楽士、オゾネ・クデンダルが後頭部を撃たれ、死亡していたのだ。
現場が密室だったことから導き出された第一の容疑者は、彼の契約精霊ニウレキナ。
状況は決定的で、容疑は揺るがないかに見えた。

だが彼女の瞳の奥に、失った契約楽士への愛と絶望を見つけた時、二人の刑事が立ち上がる。

感想

「黒」のポリフォニカ。小説第一弾です。
時間軸的には「赤」の1巻より少し前の話になります。

作品的にはミステリです。
最初に犯行シーンがあり犯人がわかっていてそこに向かってキャラクター達がどのように
推理して犯人を追い詰めるかを楽しむタイプに話です。
刑事コロンボシリーズや古畑任三郎シリーズのような感じですね。

「黒」のポリフォニカの主役はルシャゼリウス市警察の精霊課(精霊が関わる事件専属の課)
に所属する2人。

小柄な少女にしか見えないマティア・警部
慎重が2m以上ある巨漢であるマナガ警部補

彼女達は高名な神曲楽士であるオゾネ・クデンダルが殺害された事件を捜査することに。
容疑者としてあがったのは被害者の契約精霊であるニウレキナ
状況が彼女を犯人と指し示す中でマティアの冷静な目は別の綻びを見つける。

精霊であるニウレキナとその契約楽士であるオゾネに向けていた想い。
契約楽士を失った精霊が辿る道。
そしてマティアとマナガの関係。
精霊と人間の関係が深く描かれている作品だと思います。

ミステリものが好きなので楽しく読めました。マナガが渋くていい感じです。
事件以外のところにもちょっとした謎がありましたがこれは結構すぐわかります。

ちなみにマティアとマナガの出会いの話もキネマティックノベルで発売中です。
そっちを見てからだとちょっとした謎は意味がないんですけど。

最後に一文。マナガの決め台詞。

「罪ってぇのはよ・・・・・・」

「償い時ってものがあるんだ」

「そいつを逃しちまうとな」

「待ってるのは永遠の後悔だ」

「償わせてやるぜ!!」


神曲奏界ポリフォニカ インスペクター・ブラック (GA文庫)神曲奏界ポリフォニカ
インスペクター・ブラック
(GA文庫)
(2006/06/14)
大迫 純一

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

ハイスクールD×D 1 旧校舎のディアボロス

あらすじ

俺、兵藤一誠は、年齢=彼女いない歴の高校2年生。
そんな俺に彼女ができた!友よすまん、俺は一足早く大人の階段を上がる!
―はずだったのに、なんで俺は彼女に殺されてるんだ!?
まだなーんにもしていないのに、この世は神も仏もないのか!?
そんな俺を救ったのは学校一の美少女、リアス・グレモリー先輩。
神でも仏でもなく悪魔だという彼女の口から、衝撃の事実。

「あなたは悪魔として転生したの。私のために働きなさい!」

先輩のおっぱいとご褒美につられた、俺の下僕悪魔としての人生はこうして幕を開けるのだった。
勢いと煩悩のみで贈る、学園ラブコメバトルファンタジー開幕。

感想

人知れず悪魔、天使、堕天使が3つ巴の戦いをしている世界。
主人公は・兵藤一誠とある理由から殺されてしまいます。
(彼に近づくために彼女になった堕天使に)
死に際の強い思いが(えっちな欲望ですが)悪魔であるリアスを呼び出してしまい
彼女の力で悪魔になります。

これだけ見ると結構殺伐としているのですが物語り全体の印象は明るいです。
主人公の一誠が煩悩?を満たすため悪魔として成りあがろうとすることや
悪魔の召喚で転移することができず召喚した人間の所へ自力で向かったり。
喚ぶ人間がことごとく変人で契約することができないのに妙に高評価されたり。
結構コメディイ要素も多いです。

設定やキャラもよくできていると思います。

上級悪魔が持つ『『悪魔の駒(イーヴィル・ピース)』』と呼ばれるチャスの駒を元にした
人間を悪魔の下僕に変えるシステムとかは気に入りました。

主人公兵藤一誠

彼女いない暦=年齢な高校生。エロくて有名。
念願の彼女ができるが実は彼に近づくための偽装でその彼女に殺される不幸な子。
でも悪魔になってからはリアスに傷を癒してもらうため全裸で同衾してもらったり、
(力を送って回復を図っていた、ちなみに一誠に意識はない)
シスターであるアーシアに慕われるようになる。(悪魔なのに・・・)
何気に人間だったときよりフラグ満載の生活を送っているラッキーボーイ。
”神器(セイクリッド・ギア)”と呼ばれるものを所有する。
ちなみに悪魔の駒としての役割は『兵士(ポーン)』

ヒロイン(?)
リアス・グレモリー

一誠を悪魔(下僕)にした上級悪魔で学校の先輩。家の爵位は公爵。
学園の裏の支配者であり学園は実質彼女の所有物。
凄まじい力を持っているが自分の仲間(眷属)には優しい美少女。
一誠の傷を治すために裸で一緒に布団に入ったりしているが特に気にしている様子はない。
お姉さまタイプ。オカルト研究部の部長でもある。

ヒロインアーシア・アルジェント

人間でシスター。道に迷っている所を一誠に助けられる。
一誠の理想の女の子像・金髪美少女版。
どんなものの傷を癒す”神器”を所有する。
ちょっと天然でやさしい女の子。

そして他の仲間(リアスの悪魔の下僕)達。

木場祐斗。一誠と同じリアスの眷属。学園一のイケメン。駒の役割は『騎士(ナイト)』
塔城子猫。リアスの眷属。ロリっ子の高校一年生。駒の役割は『戦車(ルーク)』
姫島朱乃。3年。リアスの眷属。和風美人で優しい、敵にはS。駒の役割は『女王(クイーン)』

彼らが堕天使や天使と戦ったり悪魔の仕事をしたりとドタバタ劇を繰り広げます。

最後に一文。一誠のセリフ。海○王に・・・のパクリ?

「ハーレム王に俺はなるっ!」

ハイスクールD×D1  旧校舎のディアボロス (富士見ファンタジア文庫 い 3-1-1)ハイスクールD×D1
旧校舎のディアボロス
(富士見ファンタジア文庫
い 3-1-1)
(2008/09/20)
石踏 一榮

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

ほうかご百物語 3

あらすじ

美術部の幽霊部員・穂村からのSOSメールで、雪深い温泉宿へ向かうことになった
僕とイタチさん(と、その他の面々。)
イタチさんとの温泉旅行にワクワクを隠せない僕だけど、着いた先では衝撃の出来事が
待ち受けていて!?
イタチさんとの冬休みは、他にもドキドキな事件がいっぱい。
パンツ一枚の怪人には襲われるし、イタチさんのニセモノ(!?)が登場するし、
稲葉先生はなぜか大ピンチだし。(イタチさんがいてくれれば、僕的には万事OKなんですが)
そんなワケで、ピュア可愛いイタチさんと僕の放課後不思議物語、
第14回電撃小説大賞<大賞>受賞作第3弾登場です!!

感想

あいかわらずイタチさんへの愛を語る真一と可愛いイタチさん。そして、その仲間達が
妖怪退治をします。

あいかわらずイタチさんがかわいいです。
浴衣姿や学ラン姿などいろんな格好をしますがそれもまた可愛いです。

今回も新キャラ登場。
箕輪八雲慈悟朗木の葉天狗の求道丸(ぐどうまる)

八雲
慈悟朗は真一とイタチさんの関係を考えさせるキャラですね。
彼らとの出会いが2人の未来にどのような影響を与えるかこれからが楽しみです。

そして求道丸。見た目ムエタイのお兄さんです。
昔の格闘ゲーム(たぶん餓狼伝説だったかな?)にこんなキャラがいた気がします。
結構おバカです。結構強そうなんですがあんま活躍してない感が・・・・。

3巻は真一とイタチさんの関係とその未来を2人に考えさせることになります。
そして謎の人物の存在が明かされたりと続きが気になります。

今回いちばん気に入ったのはイタチさん・・・ではなく稲葉先生
普段の絵は特になにも思わないのですが289ページの挿絵はよかったです。
ロングの彼女は綺麗でかっこいいです。
この場面のあとの真一と彼女のやりとりも面白かった。

最後に一文。真一から学ランを借りたイタチさんのセリフ。かわいいなぁ。

「真一の匂いが、したから」

ほうかご百物語 3 (3) (電撃文庫 み 12-3)ほうかご百物語 3
(電撃文庫 み 12-3)
(2008/10/10)
峰守 ひろかず

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

EX!3

あらすじ

「この学園を去れ、大和一哉」

生徒会長補佐・千路美尋は冷淡に言い放った――。
聖クレス学園に通う一哉は、同級生たちとのにぎやかな日常を過ごす一方で、
学園トップクラスの実力者たちに訓練を受けるといった、充実した日々を過ごしていた。
だが、学園に通うすべての生徒が、無条件に一哉を受け入れているとはかぎらない。
千路美尋の言葉は、それを再び思い出させることになる。
生徒会長・周防比夜に付き従っているだけだった美尋が、突然行動した理由は?
山中の戦いで見た、金色に輝くエクステンド状態の比夜と関係があるのか?
一哉を中心に、さまざまな思惑が動き始める!!

感想

EX!の3巻です。

学園でもトップクラスの実力者である先輩2人・十季子羽月から訓練を
受け己を高める一哉

一方、比夜千尋は学園の上位組織である”ARES”の上司からある実験の成果を聞かれ……

今回のメインは比夜と美尋の2人です。

真っ直ぐな一哉に心を許している比夜と一哉をよく思わない美尋。
体調を崩す比夜。
一哉を学園から追い出そうとする美尋。

そして2人に体内に埋め込まれた<シェアリングシステム>
その到達点である<神の視点>

一哉はその2人の事情に頭をつっこみます。

そして・・・

比夜から知らされる真実。
比夜と美尋の過去。
2人の上司・蔵方の悪辣な行為

そこで一哉は自身の中に流れるもう一つに血が覚醒し・・・・・。

あいかわらず燃える展開です。今回は1巻の敵が可愛く見えるほどあくどい”敵”が現れます。
この敵・蔵方の存在が一哉に、比夜、美尋を悩ませます。(十季子もかな)
羽月は逆に一哉達に助言を与えて助ける立ち位置にいますね。
今回の戦いは一哉にとって一番きつい状況での戦いだったのではと思います。

今回の話は”信頼”がキーワードでしょうか?
比夜と美尋の信頼関係。
一哉と仲間達との信頼関係など”信頼”が辛い状況でも彼らの助けになります。

そして謎の組織や謎のエクスター、一哉の力、由良の力などこれからの複線が多い話でも
ありますね。
ちなみに序盤の”必殺技”の件は笑えます。

最後に一文。比夜の選んだ未来。親友への言葉。

「あなたの命ごと改造人間を救う未来
      ─これが私たちが目指すべき本当の選択肢のはずよ」


EX!3 (GA文庫 お 1-4) (GA文庫 お 1-4)EX!3
(GA文庫 お 1-4)
(2007/09/12)
織田 兄第

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

本日購入のラノベ(10/15)

GA文庫の神曲奏界ポリフォニカの「黒」の最新刊です。

この「黒」シリーズが一番好きかも。
マティアもシェリカもマナガも好きだ!

まだ表紙とイラストしか見てないけどいつもと全然違う格好してるのがGOOD!

神曲奏界ポリフォニカ アイソレーション・ブラック 神曲奏界ポリフォニカ (GA文庫 お 2-16)神曲奏界ポリフォニカ アイソレーション・ブラック 神曲奏界ポリフォニカ (GA文庫 お 2-16)
(2008/10/15)
大迫 純一

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

ほうかご百物語 2

あらすじ

イタチさんが美術部の一員になってからしばらく。
学校で起こる不思議な現象の対処は、なぜか美術部の担当になってしまっています。
とはいえ、イタチさんと過ごす秋祭やプールでのバカンス(もちろん妖怪付き)など、
ワクワクなイベント盛りだくさんの二学期です。
そんな中一番の事件といえば、調査に行った階段で僕らを襲った怪しい影…。
イタチさんを狙う犬神使いの短髪美少女の登場で、僕らの放課後はまたまた大波乱の予感ですっ!
ピュア可愛いイタチさんと僕の、ちょっと不思議な放課後物語。
第14回電撃小説“大賞”受賞作、第2弾登場。

感想

前回の話からしばらくして校内の怪奇現象への相談を寄せられるようになった美術部。
いろいろと持ち込まれる相談を真一達は解決していきます。

今回は新キャラが登場します。
滝沢赫音。犬神使いの少女で真一のクラスメイトで委員長。
そういう家系かと思ったら最近突然犬神のライカを呼べるようになり独学で力の使い方を
身に着けた真面目ででも思い込みの激しい娘ですね。

あいかわらずイタチさんがかわいい。
真一のストレートなほめ言葉に照れるイタチさん。・・・・かわいいなぁ。

物語は基本的に妖怪が起こす事件を解決しながら真一とイタチさんが仲良くなっていく。
1巻と基本的に変わらないですがより親密度がUPしてます。

2巻では2話の秋祭りの話と4話の河童の話がお気に入りです。
真一とイタチさんの交流は読んでいて心が和みます。

サブキャラクター達の活躍も増えてきて続きが楽しみです。

最後に一文。真一のイタチさんへのセリフ。
新年の挨拶なのだが『今年も』と限定してないところがいいですね。

「じゃあー『これからも』よろしく、ってことで」

ほうかご百物語 (2) (電撃文庫 (1606))ほうかご百物語 (2)
(電撃文庫 (1606))
(2008/06/10)
峰守 ひろかず

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

アマデウスの詩、謳え敗者の王─黄昏色の詠使い 3

あらすじ

“大丈夫。一緒にいてあげるよ”

クルーエルさんの言葉は、本当だった。
一緒にいて僕を孤独から、危険なことから守ってくれた。
僕はただ、与えられた優しさを受け取るだけ。
だから今、彼女が僕の助けを必要としてくれるなら。
全力で応えるために、夜色の詠を詠う。
不完全でも、不恰好でも、これは僕が彼女のために紡ぐ詠――。

想いを世界に反映できる召喚術・名詠式。
その専修学校トレミア・アカデミーに、人を石化する灰色名詠の使い手が侵入した。
目的不明のまま、自らを「名も無き敗者」と称する使い手は、
校内の人々を次々と石化していく。
そして、ついにクルーエルとネイトたちにも「敗者」の手が伸びるのだが――!?
大切なもののため、少年は立ち上がる。
召喚ファンタジー第3弾!

感想

学園で日常を送るクルーエルやネイト達。

その一方で各地の研究所が謎の灰色名詠使いによって襲撃される。

その事件を調べるためカインツやエイダの父・クラウスが所属する組織『イ短調』
動き出す。

そしてついにネイトやクルーエル達の前にいままでの事件の犯人である灰色名詠の使い手が
姿を現します。

現在1番お気に入りの本の3巻です。

異端である夜色名詠の使い手であるネイト、急激に力をあげていくクルーエル
若くしてジルシュヴェッサーの名を継ぐエイダ、そして灰色名詠士。
彼らがトレミアアカデミーに集い事件が急展開を見せます。

そしてクルーエルとネイトに関係にも変化が見られます。
いままではどちらかが護ったり護られたりだったのに比べて今回は”一緒に立ち向かう”
という感じです。

ネイトを信頼するクルーエルとクルーエルの信頼に応えようとするネイト。
とてもいい感じです。
2人のやりとりは読んでいて恥ずかしくなるくらい初々しいです。
エピローグとかは悶絶ものです。

今回から話に出てくるエイダの父・クラウスをリーダーとする超越者達の組織『イ短調』
虹色名詠士であるカインツも所属し今回トレミアアカデミーを訪れるサリナルヴァも
ここに属しています。所属するそれぞれに異名?が付けられていて面白いですね。

そして数年前、イブマリーの前に現れた老人が語ったこと。
ますます謎が深まる感じです。

最後に一文。クルーエルのセリフ。現実でも結構多いことだと思います。

「あなたは、いいえ、『大人』は大事なことを忘れてる!」

アマデウスの詩、謳え敗者の王 (富士見ファンタジア文庫 さ 2-1-3 黄昏色の詠使い 3)アマデウスの詩、謳え敗者の王
(富士見ファンタジア文庫 さ 2-1-3 黄昏色の詠使い 3)
(2007/07)
細音 啓

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

機動戦士ガンダム00 2nd Season 第1話「天使再臨」&第2話「ツインドライヴ」

ちょっと遅れた感じはあるが機動戦士ガンダム00 2ndSeasonの感想を書いてみようと思う。
ライトノベルじゃないじゃん・・・・・・スニーカー文庫ででるしいいよね!(自己否定&自己弁護)

第1話「天使再臨」

沙慈がちょっと不運。
知り合いがカタロンの構成員だったせいで彼も捕まり強制労働?みたいな感じです。

アロウズを調べていた刹那はそこで沙慈と再会。

ecusia.jpg

そしてエクシア登場。
さすがガンダムバカな刹那。壊れていてもずっと大事に使ってたのね。

00の出番は2話からのようで今回はエクシア
でも所詮5年前の機体ということで結構あっさりやられてしまいました。

kao.jpg

そこへ助けに来たティエリアがのる新型・セラヴィーガンダム
背中の顔が・・・・・。
やっぱり中に別のガンダムが入っているのかな?

setuna.jpg

そして刹那は仲間達と合流。

一方アロウズ

ルイスはなんか強化人間っぽくなってますね。
そして乙女座の人。正体隠すきないんだろうなぁ。

hamu1.jpg

「自分が乙女座だった事をこれほど嬉しく思った事はない」

いや、もういいですから。仮面はずしてくださいハムさん。

そしてロックオンが登場。正確には彼の弟らしい。

---------------------------------------------------------------------

第2話「ツインドライヴ」


ついにガンダム00(ダブルオー)が起動!

プトレマイオスが襲われる中、機体に乗り込みトランザムによって無理やりツインドライヴ
起動しようとするも出力は安定せず起動しない。

twindraive.jpeg

「ここには0ガンダムとエクシアと・・・・・俺がいる!!」


刹那の叫びに応えるかのように起動した00.燃える展開です。
強いですね00
まだまだ底が知れません。(初起動なのであたりまえですが)

今回の話ではアロウズ側とCB側の両方が戦力を集めています。

アロウズ側はソーマ・ピーリス中尉カティ・マネキン大佐
マネキン大佐アロウズを疑っているふしがありますね。
ピーリス中尉セルゲイ大佐、そしてアンドレイ少尉の今後が気になります。
セルゲイ大佐は今回出番がなかったですが。

CBには戦術予報士スメラギと新しいガンダムマイスターライルを刹那が迎えにいく。
スメラギの方はちょっと乗り気じゃない感じがしますね。

rairu.jpg

ライルの方はカタロンとの関係やニール(先代ロックオン)の事もあり結構あっさり仲間に。
彼と出会ったときにいちいち皆が驚きますね。なにせそっくりですし。
結構波乱がありそうです。ティエリアフェルトとの関係がどうなるか気になります。

沙慈は軟禁されているが与えられた赤ハロからルイスを襲った事件の概要を知る。
ハロの「あいつら敵」のセリフに驚いてました。
彼は今後どのような道を辿ることになるんだろう?

marina.jpg

マリナはいきなり捕まってしまいました。理由ぐらいわかるようにしてほしかったです。
ガンダムの出現でもしや刹那もって感じだったのがよかった。
今回はもうちょっと刹那との絡みがあるとうれしいな。
メインヒロインなはずだけど。

hamu2.jpg

乙女座の人はあいかわらず浮いてる。なざあんな格好を?

---------------------------------------

areruya.jpg


次回は「アレルヤ奪還作戦」 

個人的にはマリナを救出に行って早く刹那と再会してほしいのだが。
マリナが捕まっている場所とアレルヤが拘束されているのは一緒なのかな?

基本的に日曜日は仕事でリアルタイムで見れないことが多い。
録画だけだと急な時間変更などに対応できないかも。
何事もなく最後まで見れればいいなぁ。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

ほうかご百物語

あらすじ

「いきなりで悪いけど、あなたの血、吸ってもいいかな」

高校生で美術部員の僕は、夜の学校で銀色に輝く瞳を持つ不思議な少女に出会う。
少女の正体を“イタチ”だと見抜いて吸血(!)の難を逃れた僕は、
その夜、彼女とある『約束』を交わす。
翌日。美術室に現れたイタチ少女は、僕に告げた。手遅れになる前に約束を果たしに来た。
約束を果たすその日まで、僕のことを守ってくれる、と。一守るって、一体何からっ!?
ピュア可愛いイタチさんと僕の、ちょっと不思議な放課後物語。
第14回電撃小説大賞“大賞”受賞作登場。

感想

美術部に所属する白塚真一(しらつかしんいち)は絵を描くことに目がなく”美しい”と思った
対象には咄嗟にモデルを申し込むほど。

そんな彼が夜の学校で妖怪であるイタチさんに会い正体を見破る。
そしてかれはつい彼女にモデルを申し込んでしまう。
そして翌日、イタチさんが真一の前に現れ・・・・。

基本的には学園ラブコメなのかな?
そんな2人を中心に妖怪に詳しい経島御崎(ふみしまみさき)や他の面々を巻き込み
校内の妖怪退治や日常生活を営んでいきます。

イタチさん、可愛いです。途切れ途切れな感じの言葉のつたなさや
あまりにストレートな真一のほめ言葉に照れる姿はそれはもうかわいいです。

妖怪の設定等もなかなか面白いですね。ちょっとネタバレになりますが、
イタチさんは最初『変化して相手の血を吸う』という感じで実体化して真一の前に現れますが
正体を見破られモデルの約束をして一度消え翌日現れたときには『血を吸う』のではなく
『真一のモデルになる』という目的で実体化してるため吸血衝動がなくなってます。
他の妖怪も人間の認識によって姿を変えたりします。
あと結構知らない妖怪が多いですね。メジャーな妖怪もでますが。
そのため、ちょっと妖怪の説明文とかが長い気がしました。

最後に一文。凄くクライマックスっぽいセリフなんですが序盤のセリフ。
真一君は咄嗟にこんな事を言う子です。
内心、序盤に出てくるセリフじゃないだろ!とツッコミをいれました。

「忘れるもんか。たとえ世界の全てが忘れても、
                    僕はあなたを覚えています!」


ほうかご百物語 (電撃文庫 み 12-1)ほうかご百物語
(電撃文庫 み 12-1)
(2008/02/10)
峰守 ひろかず

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

鋼殻のレギオス Ⅱ サイレント・トーク

あらすじ

汚染物質が生態系を破壊し、人類は世界から隔絶された“自律型移動都市”で生きている。
その中のひとつ、学園都市ツェルニの武芸科新入生レイフォン。
発端は彼が故郷に残してきた幻馴染みのリーリンからレイフォンに宛てられた手紙。
偶然手にして、そっと開けてしまったひとりの少女だった…。
そんなことはつゆ知らず、レイフォンは小隊長ニーナとのぎすぎすした関係、
さらに「戦う」ことの意義について悩み中。
一方ニーナも「強さ」とは何か、自問自答する日々を送っていた。
そして手紙は、気まぐれな風のようにあちらこちらと飛び回り―。
強烈大ヒット、最強学園ファンタジー第二弾。

感想

1つはレイフォンの圧倒的な強さにニーナが悩み、あせる話。
圧倒的な力を誇るレイフォンがいても小隊同士の模擬戦闘で負けてしまい”強さ”について
悩むニーナ。自分が強くなることでどうにかしようとするのですが空回りしてしまい・・・。

もう1つはレイフォンの幼馴染・リーリンの手紙が誤送され、それがよりによって"彼女達"に
読まれてしまい・・・・という話です。

レイフォンが知らないところでフラグが立ちまくってます。
レイフォンはニーナと気にしている(恋愛感情ではないと思う)一方で
メイシェンにお弁当を作ってもらったり
フェリと食事したり2人だけの呼び方を決めたりと何気にモテです。

一方で新しい剣のテストや都市警の手伝いなど武芸者としての力を使い
やっぱり悩んでます。基本的に戦闘以外のことは優柔不断ですね。

今回の汚染獣との戦闘も基本的にレイフォンとフェリと大きな力を持った2人が挑むことに。
でもそれでけだはなく仲間達も駆けつけます。
つねに1人で戦ってきたレイフォンにはとても大きな出来事なんだと思います。

この話でニーナが知る大切なこと、ニーナ達を通してレイフォンが知る大切なこと
彼らはまだまだ成長していくのだと思いました。

最後に一文。1人で戦いに赴くレイフォンに自分の呼ばせ方を決めさせての一言。

「帰ってきたら、ちゃんとそう呼んでください」
鋼殻のレギオス(2) サイレント・トーク (富士見ファンタジア文庫)鋼殻のレギオス(2)
サイレント・トーク
(富士見ファンタジア文庫)

(2006/05/20)
雨木 シュウスケ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 1

あらすじ

私立碧陽学園生徒会室?そこは、選ばれし者だけが入室を許される聖域にして楽園。
生徒会メンバー中、唯一の男性である副会長・杉崎鍵は、今日も生徒会室の中心で愛を叫ぶ。

「俺は美少女ハーレムを作る!」と(ただし、扱いは空気以下)。

そして、お子サマ生徒会長・桜野くりむは、今日も生徒会室の中心で身勝手を叫ぶ。

「ただの人間には興味あ(自主規制)」

日々くり広げられる、ゆるすぎる会話。
日々費やされる、青すぎる青春。
いざ行かん少年少女よ、妄想という名の大海原を!
これは、ユカイツーカイついでにちょっぴり秘密アリな碧陽学園生徒会メンバーたちの、
愛すべき日常をつづった記録の一端である。

感想

舞台である私立碧陽学園の生徒会は校内の人気投票でメンバーが決定される。
人気投票なのでメンバーは必然的に美少女で構成されている。
その美少女達と唯一人気投票以外で生徒会に入れる”優良枠”で生徒会に入った少年の話。

この生徒会メンバーが生徒会室でいろいろな活動をしてそれを生徒会の議事録として出版した本
という形式をとったいます。でもこのメンバーがいろいろ問題です。

副会長 杉崎鍵(すぎさきけん)

各学園の年度末の試験のトップの者は本人が希望すれば優良枠として
生徒会に所属することができる。
このシステムを使い生徒会に入った唯一の男子生徒。
ちなみに入学当初はほとんど最下位の成績。
生徒会に入った理由は『生徒会メンバーによるハーレム』
自分の感情にまっすぐです。だれか1人でなく本当にハーレムを狙っているのが凄いところです。
何気に気が利くので無意識にメンバーの好感度を上げているのだが、自分で好感度を上げたり
すると必ず好感度を下げ、まっすぐすぎる欲望でさらに好感度を下げてしまう。
無意識な行動が好感度を上げるあたりが主人公っぽいな。

生徒会長 桜野くりむ

3年生でロリでちょっと頭の弱い娘です。
短編形式の物語の冒頭は彼女がどこかから聞いた格言からはじまります。
この格言を元に毎回いろいろな企画や議題をだしてはそれを暴走させたりメンバーにいじられたりします。
でも最終的にメンバーを恐怖に陥れることもある。
まぁかわいいので全部許せますけど。

書記 紅葉知弦(あかはちづる)

クールビューティ、ただし極度のS。
3年生でくりむのクラスメイトにして親友。くりむ大好きな美少女。
基本的に冷静な発言をするのですがSな発言も多いです。
初恋の子に一日300通『好きです』だけを羅列した手紙を渡し精神崩壊に追い込み
それで恋が冷めたとか発言してます。結構怖いです。
でも一番お気に入りのキャラだったりします。

副会長 椎名深夏(しいなみなつ)

杉崎とクラスメイトで熱血大好きな元気娘。ただし若干百合ぎみ。
男子向けの漫画とか大好きみたいです。
議事録を書く杉崎に自分の描写に指定した言葉が

『美しい』『格好いい』『頼りになる』『優雅』『最強』『華麗にして繊細』
『戦乙女という称号が相応しい』『閃閃風神(ライジングエア)』

あとは能力者をだせとかけっこうむちゃなことを言ってます。
途中杉崎を番長にしようとしたりします。鍵盤

会計 椎名真冬(しいなまふゆ)

1年生で深夏の妹。引っ込み思案で儚げで男性が苦手。ただし腐女子。
黙々とBL本を読んでたりとそっち方面では引っ込み思案もなんのそので
嬉々として意見を言います。自分で執筆したりしてますし。
男性が苦手という設定だけど杉崎は大丈夫らしいので設定を生かしきれてないかも。
基本的に生徒会メンバー以外が絡むことがほとんどないので。

杉崎の過去話とかシリアスな場面もあるけど基本はコメディです。
くりむが書いた(という設定の)議事録のあとがきはけっこういい話です。
プロローグとエピローグはちょっとミステリーですね。これからが気になります。

最後に一文。セリフではなく、くりむが書いたあとがきの結び。・・・笑った。

「終わちっ!」

生徒会の一存 (富士見ファンタジア文庫 あ 3-1-1 碧陽学園生徒会議事録 1)生徒会の一存
(富士見ファンタジア文庫 あ 3-1-1 碧陽学園生徒会議事録 1)
(2008/01/19)
葵 せきな

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

森口織人の陰陽道

あらすじ

遙奈原初雪様。
校内一と誉れ高き麗しのお嬢様。
完璧な容姿と物腰でクラスでも信頼が厚い…のですが、そんな彼女にも悩みがありました。
それは“自分の思考が他人に流れ漏れてしまう”こと。
思春期ど真ん中な彼女は、ついついえっちな―もとい、扇情的な妄想をしてしまい、
それが他人へと伝わってしまう危機的状況に…。
そんな初雪様を守るため、織人様が孤軍奮闘(七転八倒)するのでございます。
ええと、「陰陽道」はどこにいったのでしょう…?
「電撃大王」連載『森口織人の帝王学』と一緒に読めば全てお分かりになるでしょう。
おかゆまさきの新作登場、でございます。

感想

撲殺天使ドクロちゃんの作者さんの新作。そういえばドクロちゃん読んでないな。
気になってはいたんだけど。

森口織人の陰陽道、確かに陰陽術とかでてくるけど・・・・・・

ヒロインの遙奈原初雪陰陽師なのだがとても厄介な能力を持っている。
それは・・・・”自分に触れている相手に自分の妄想が伝わってしまうこと”。
しかも彼女は誇大妄想・被害妄想がひどいののでそれはすごいことに・・。
しかもエッチな方面のものばかりなのでかなりヤバイです。
挿絵とかもそれはもうすごいことになってます。

主人公の森口織人はそんな彼女と転校初日に出会い、彼女の体質を知り
さらに陰陽術の世界に巻き込まれます。
妄想を見たり、妖怪に襲われたり、妄想を見たり、妖怪に襲われたりと大変です。

式神などもでてきて普通の陰陽師系の話っぽいところもあるのですがやっぱり
初雪の妄想がなによりも見所な気がします。
初雪の妄想力=霊力なので悪いことばかりではないのですが。

あんまり殺伐としたところはなく妖怪も危険だけどゆるい感じがして普通に読めます。
式神も体がこんにゃくでできた狐のレキや遙奈原家の式神達も読んでいて楽しいです。

電撃大王で連載してる”森口織人の帝王学”と話がどう変わっていくか楽しみです。

最後に一文。秘密を知っても友達になってくれた織人への初雪のセリフ。

「・・・私は、あなたを信じます」



森口織人の陰陽道 (電撃文庫 お 7-12)森口織人の陰陽道
(電撃文庫 お 7-12)
(2008/08)
おかゆ まさき

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

本日購入のラノベ(10/9)

電撃文庫10月の新刊です。

注目はキノの旅の新刊ですかね。
アスラクラインも前回気になる終わり方をしたので楽しみです。

アニメも始まったことだしとらドラ!もそろそろ集めようかな。スピンオフもあわせると
結構お金が・・・・・。

電撃文庫といえば狼と香辛料のアニメ第2期が決定しましたね。
このごろ電撃文庫のアニメ化が多いな・・・・。
あれ?なんかアスラクラインもアニメ化っぽい・・・。

<左→右>


キノの旅 ⅩⅡ
アスラクライン 11 めぐりあい異世界
はにかみトライアングル 7
ほうかご百物語 3
きみと歩くひだまりを 3
境界線上のホライゾン Ⅰ <下>
泣空ヒツギの死者蘇生学


kino12.jpgasura11.jpghanikami7.jpg
houkago3.jpgkimito3.jpghoraizon1b.jpg
nakisora.jpg

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

カレンダー(月別)
09 ≪│2008/10│≫ 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。