スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイート☆ライン

あらすじ

才能のある人間をひたすら応援したくなる熱血漢でちょっとバカな高校生・花沢正午。
そんな彼の隣の家にひとりの女の子が引っ越してきた。
新島永遠、16歳の新人声優。
アニメプロデューサーの正午の姉が連れてきて、強引に彼に彼女の世話を頼んだのだが、
永遠はめちゃくちゃ人見知りでしかも超男性恐怖症で・・・。
永遠の欠点を直し、将来を左右するオーディションを成功させるため、
正午は覚悟を決めて彼女と一緒に暮らすことにするのだが・・・。

『いぬかみっ!』『ラッキーチャンス!』の有沢まみずが贈る、
とってもスイートなラブコメディ、開演。

感想

面白く読めた。

まず主人公が熱い。
才能ある人間を応戦せずにはいられない主人公・花沢正午
天性の才能を持つ声優・新島永遠の男性恐怖症をどうにかできないかと
アニメプロデューサーの姉から頼まれ奮闘する話。

奮闘といっても特になにかするわけでもなく一緒に暮らすだけ。
正午は基本的に永遠が嫌がる事はしないしなにかを強請しない。
そんな中で始めは男性が近づくとビリビリしてた永遠も徐々に打ち解け・・・

強請はしないけど正午の考えはなんか・・・変だ

永遠にとって男は常に怖いもの
      ↓
男兄弟もなくおそらく父親とも・・・だろう
      ↓
永遠にとって男性はつねに危害を加える可能性のある存在
      ↓
なら擬似的な家族として同居しよう (゚Д。?)
      ↓
これから「お兄ちゃん」と呼ぶように!


Σ⊂( ̄□ ̄~jいやいやいや

この発想の飛躍が凄い。決して妹萌えとかそういうわけでない所も逆に凄い。
なんだろコイツ・・・
受け入れる永遠永遠だけど・・・

ちなみにビリビリは彼女が護身用に持ってるスタンガン。決して超電磁砲ではありません。

だれかを応援する事が何よりも楽しいという主人公は珍しいかも。
難題を前にした時の正午の盛り上がりは凄い感じです。

凄い環境だ

正午永遠と同居(隣家に越してきたのでそこで)するわけですが、その家には
他にも2人、声優が遊びに来ます。

努力家でおしとやかなタイプの神楽坂 はるか
コスプレ好きで天然な山川 舞

コンビであるこの2人もしょっちゅう現れます。食事まで作ってくれます!

なんて羨ましい環境なんだ!!


そのわりに声優の事などあまり詳しくない正午はどれほど恵まれてるか判ってない。
正午の友人で声優の事に詳しい裕之助の気持ちがわかるような気がします。

知らないから逆に対応しやすいのかもしれませんが・・・・
はるかの方はなにやらフラグが立った感じがありましたし、永遠は言うも及ばず。
続くようなので楽しみです。
まだまだ女の子キャラが増えそうな予感・・・・・・

ちなみに一番のお気に入りははるか

決め台詞(スイートライン)っていうのは本当にそう言うのか、
それともこの作品だけのものなのか・・・どっちだろ?

ちなみに作中のプロダクションの名前であるティターニアオベロンの名前を見て
ファンタジア文庫の作品を思い出した。あれいつか再開されるのかな・・・

最後に一文。
はるか正午になぜ永遠の為にここまで協力するか聞いたときの1セリフ。
彼がどんな人間なのかよくわかる部分だったと思う。
多分この一連の会話ではるかは・・・・・・・

「だから、俺は今、”永遠の兄貴”をやってるんだと思う」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
スイート☆ライン (電撃文庫)スイート☆ライン (電撃文庫)
(2009/05/10)
有沢 まみず

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

本日の騎士ミロク 1

あらすじ

「あのー、ビスマルク隊長」

「なんだ」

「…本当にここ、騎士団なんですか?どうして俺には、

 いや、この隊のみんなには剣が支給されてないんですか!?」

俺、剣バカのミロクはバイトをクビになって困ってたところ、
ジルサニア王国騎士団にもぐりこむことに成功!
式典で見かけたジェルメーヌ姫の美しさに衝撃を受けたまま、「赤目隊」に入ることに。
ウサギの隊長ビスマルクや同僚の豪快アーニィ、不思議ちゃんフェリサといった
変なヤツラにしごかれるうち、ジェルメーヌは超ガサツな少女ジュジュと知ってガックリ、
帯剣はダメと言われ大憤慨。
さらに国外へパシリを命じられた俺はブチ切れて—!?

感想

騎士=公務員な国の少年が騎士(剣を持って戦う方)を目指して入団。
しかし彼の役割はその国の王女の演説の手伝いや我が侭を聞くこと。
隊長はウサギでしかも剣は支給されない。そんな話です。

どんな話だよ!

世界観としては剣と魔法とファンタジー世界。
そこで主人公である騎士・ミロクが活躍する話なんですが・・・・・・
基本的に彼等の任務は王女であるジュジュの手伝いをする事。
途中でこれって○○○だよなぁ・・・って思ったらまんまそうだった。

主人公であるミロクが所属する赤目隊。
基本的にまともなヤツがいない(主人公も含めて)
演説ではおしとやかな姫も素ではわがまま満載のがさつな女の子。
そんな中で剣を持ちたいのに許されないミロクの葛藤が書かれてます。
まぁ色々と理由があるわけですが。
そんな彼等ですが実は・・・っていうのはまぁ予想通りだったけど・・・

面白かった。


戦闘シーンは置いておいて基本的に日常パートが面白かった。
ミロクと家族や町の人々、仲間達との出来事など微笑ましい感じでした。

途中まではミロクに対して

ナメテンノカ?(´゚д゚`メ)

って感じだったんですけどね

そしてフェリサの無口の秘密も蓋を開けたら・・・・ギャップが・・・・・・

最後に明かされたミロクの秘密。
これはこれからの物語の展開にどういう風に影響があるか気になります。
ミロクの過去とか考えると彼の強さは上から数えた方が・・・・
”1”ってあるので続くのだろうから次巻に期待したいと思います。
でもあまり戦いの描写にいかずにアットホームな日常パートも見てみたい。
隊員の過去を1人1人やるだけでも4,5巻できる気がするが果たして・・・・

最後に一文。
竜を駆る竜騎兵に襲われる赤目隊。
彼等の竜の扱いに怒ったミロクが敵を前に言った言葉。
一応、魔法で多少は強化されてます・・・一応

「お前ごとき──ニンジン一本で十分だ」

いやいやいや、ちょっとそれは・・・・・

って勝っっちゃったよ・・・

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
本日の騎士ミロク1 (富士見ファンタジア文庫)本日の騎士ミロク1
(富士見ファンタジア文庫)
(2009/04/20)
田口 仙年堂

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

(アニメ感想)鋼殻のレギオス 第20話「都市戦前夜」

第20話「都市戦前夜」

17syoutai20-1.jpg

「私自身なんて言っていいかわからないんだ」


ニーナが帰ってきたことを喜ぶ仲間達。
幼馴染なだけにハーレイがかなり心配している所がなんとも・・・・・・

ニーナは行方不明だった間の事を自分でもうまく説明できず
整理できるまで待ってくれるように皆に頼む。

レイフォンはなんの逡巡もなく頷いてます。
ニーナが帰ってくれば細かい事はいいのか・・・

17syoutai20-2.jpg

「嘘がつけるほど器用な人間じゃねぇよ、うちの隊長は」

「お前も言うほど器用ではないと思うが・・・」

    --------------------------------

「私の方こそ、お前達の元に戻れて本当に嬉しいと思っている。」


シャーニッドもニーナを信頼し今は事情を聞かないことにする。
何気にシェーナはシャーニッドの事がわかっている。
シャーニッドにもまだチャンスはあるのかな?

レイフォンとニーナ
2人とも相手が好きだと自覚してないっぽいのになんだろこの雰囲気。

----------------------------------------------------------------------
haia20-1.jpg

「レイフォン・アルセイフ・・・いい名だ」

子供の頃のハイア。

意外とかわいい。

憧れ好きだった養父がレイフォンが天剣授受者になったことを喜んでいる。
この頃からレイフォンにライバル心を持っていたのでしょう。

そしてリュホウさんが渋くてかっこいい!

----------------------------------------------------------------------
nina20-1.jpg

「ディン、私もお前と同じだ。どうすればいい?」

「私はどうすればいいんだ、ディン」


廃貴族に憑りつかれたニーナはかつて同じことになったディンの元へ。
同じ境遇に陥った者同士だがディンは・・・・・・・

かなり情緒不安定な感じのニーナです。
いつ暴走するかわからない者が身体の中にいて、
わけのわからない出来事に巻き込まれる。
そしてそれを仲間達にうまく伝えられない。
1人で悩むのはニーナらしいといえばらしいのですが・・・

あったこと全部、話せれば少しは楽になれたのだろうけど。

----------------------------------------------------------------------
reifongolsyante20.jpg

「今日はもう無理ですね。明日もします?」

「あ、当たり前だ!」

「それが一番だと判断した。それだけだ」

「前回も対抗試合が終わった、この頃だった」


「都市戦ですか!」


確執よりも都市の為にシャンテの訓練をレイフォンに頼むゴルネオ。
今までの経験から都市戦が近い事を感じているおうで・・・

ここらへんの考え方ができるゴルネオは大人な気がします。まだ学生ですが。
どこぞの凶悪な兄とは大違いです。

シャンテが微妙にツンデレに見えた。

実際はゴルネオ一筋なんですが・・・・

17syoutai20-3.jpg

「勝てますよ、きっと」

「ああ、勝つさ」

「お前さんがいるからなぁ、楽に勝てると信じてるぜぇ~」

「なにが面白いのですか?」

「他人の強さを当てにする発現のどこが面白いのです?教えてください」


ニーナが戻って前回までの荒んだ気配は消え凄い前向きなレイフォン。
どんだけニーナに依存してるんでしょうかこの人。

レイフォン達がテンション高い中、1人フェリは暗い表情。
シャーニッドの軽率な発言に怒り部屋を出て行ってしまう。

本当の所はちょっと違うわけですが・・・

reifonferi20.jpg

「フォンフォン、何故あの人は何も話さないのです?」

「あなたは本当になんとも思わないんですか?」


「僕は信じていますから」

「フェリの気持ちはわかります。」

「でも、さっきのはシャーニッド先輩達に失礼です。早く謝ったほうが・・・」


「嫌です!」

「あの人が帰ってきただけであんな・・・」


嫉妬してます!

追いかけてきたレイフォンにニーナの事を聞くフェリ。
レイフォンはただ信じていると言う。

∑(゚□゚;) おい

ニーナが帰ってきただけでレイフォンが元に戻り心穏やかでない様子です。
それにしてもレイフォンは鈍い・・・・・・

フェリはゴミ箱に八つ当たりなどしているがその後ろにはハイアが・・・・・・

フェリは何気に器物破損が多い気がしてきた・・・・
まぁかわいいからいいけど。

----------------------------------------------------------------------
regisekkin20.jpg

「マイアス・・・」

「放浪バス・・・かな?」


    ----------------------------

「ツェルニです」

「あそこにレイフォンが・・・」


都市戦の相手としてツェルニに近づいてくる影。
それはニーナが飛ばされていた学園都市マイアス。
そしてマイアスから一台の放浪バスが・・・

そのバスの中にはリーリンとサヴァリス。
いよいよ再会の時が近づいてきた感じです。

reifon20.jpg

「面白くなってきたさぁ」

「フェリ・ロスが」

「サリンバン教導傭兵団、ハイアに拉致されました」

「ハイアはレイフォンとの一騎打ちを望んでいます」

「レイフォンとフェリの分は私たちがカバーしてみせます」


「僕が、僕が救います。フェリ先輩もツェルニも・・・」

「今の彼を・・・レイフォン・アルセイフを止められる者など誰もおらんよ」


都市戦前夜。
レイフォンの元にハイアがフェリを誘拐したという手紙が届く。
ニーナはそれをカリアンに知らせハイアが望む
レイフォンとの一騎打ちに彼を行かせる様、提案する。

ここでカリアンがそれに反対するような事を言っているけど本心は違うと思う。
誘拐されたのは妹であるフェリなわけですし。

レイフォンの意思を確かめようとしているように見えました。

レイフォンはそんな状況で自分がフェリと都市を守るといい退室。
カリアンも最終的に彼がい行く事を許諾する。

身内や仲間が関わっている時のレイフォンはやっぱりどこか怖い感じがする。
そしてなまじ力が強いせいか他の人に頼らず自分だけでどうにかしようとする。
ここらへんがやっぱり彼の歪み・・・ダメな所な気がします。

カリアンの最後の言葉ですが。
リーリンならあるいはレイフォンを止められるかも知れません。

ririn20.jpg

「ここのどこかに今レイフォンが・・・」

「約束を果たせて満足です。シノーラさんとのね」

「私の事サヴァリスさんにお願いしたのってシノーラさんなんですか?」


正妻リーリン、ついに到着!

ついにリーリンがツェルニに到着。
サヴァリスはリーリンを守るように言ったのが
シノーラとの約束だと彼女に教え姿を消す。

来週あたり再会しそうです。
楽しみだ。

----------------------------------------------------------------------
regiED20a.jpg

「困った事になりました・・・」

都市を見つめるレイフォンと囚われのフェリ。
困った事になったと言うわりに表情が・・・・・・

----------------------------------------------------------------------
regi21wa.jpg

次回は「奪われたフェリ」

来週は都市戦+ハイアとの一騎打ち+リーリンとの再会・・・かな?
全部やるとしたらかなり濃い話になりそうだ。

予告でレイフォンを叩いていたのはやっぱりリーリンだろうか?
次回はかなり楽しみだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。


-------------------------------------------

言及リンク

http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3459.html
http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/200905270000/
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1143.html
http://aricnia.blog122.fc2.com/blog-entry-289.html
http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-1447.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-375.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51248915.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-1033.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-1293.html
http://rakusyasa.blog41.fc2.com/blog-entry-309.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2125.html
http://fanblogs.jp/gyobayashi/archive/956/0
http://lilyiris.blog26.fc2.com/blog-entry-850.html
http://shoumo2.blog14.fc2.com/blog-entry-295.html
http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65202384.html
http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/200905240001/
http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-1146.html
http://blog.livedoor.jp/granzchesta/archives/51217183.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-1897.html
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/200905240002/
http://moon12.blog.so-net.ne.jp/2009-05-24-1
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-1577.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-746.html
http://blogs.yahoo.co.jp/honeybear62444/17329913.html

テーマ : 鋼殻のレギオス
ジャンル : アニメ・コミック

覇者の三剣 3

あらすじ

人に近く、人に非ざる生物“異魔人”が跋扈する現代。
強固な壁に囲われた“武街”に、少年少女を戦士として育成する学園がある。
転入後、初めての校外学習に出かけた蒼と、幼馴染の要だが、
二人が不在の学園と蒼達の訪問先に、大量の異魔人が襲来する。
次々と倒れていくクラスメイト、仕掛けられた恐るべき罠、
そして、ついに姿を現した異魔人の最強種に戦いを挑む蒼だったが―!?

「格の違いってヤツ…実感してみる?」

武街の危機に「第四の男」―冴木蘭丸の力が顕現する。
運命とやらを叩き潰すために、俺達は存在する。
閉ざされた地で戦う少年達の、血と絆のソード・アクション。

感想

覇者の三剣の3巻。
あいかわらずがドS・・・

表紙はドSで鬼な冴木先輩
色々な意味で凄い組み合わせだ・・・。
のドSは子供の頃からだったみたいだ。

なんていうか巻が進むごとに加速度的にキャラが強くなってる気がする。
ただの生徒と蒼達極者との差がありすぎるのもあれですが、
敵である異魔人も前回の技では勝てない相手がすぐ出てくる。
それに対応しての隠された力、朱雀の覚醒などがあったわけですが・・・
今回はついに冴木先輩がその力を見せます。
前回、とっとだけ見せた力の片鱗。
解き放たれた力はすべての”先”
かなり半端なかったです。

基本的に極者に到達したキャラはなにかしら過去に抱えているものがあるようです。

朱雀は父親との確執が薄くなって良かった感じだが
現在進行形でに弄られているので明らかにマイナス。
しかもこの巻までで出てきた極者の中で一番モノを知らず一番弱い。
そしてなぜか一番真実に近づく可能性があるらしい。
将来心労で禿げなければいいが・・・

物語の本筋は新たにでてきたの第三の解放”真紅の大獄”
の過去。
そして現れた”天剣”の剣守り
”地刃”の剣守りである剣翁の正体など一気に加速した感じです。

そしてこのシリーズで影の薄い女性キャラ

の姉である美亜は相変わらずほとんど事情を知らされないながらもを心配し、
も彼女を心配し護る。

そしてクラスメイトの琴美は兄に出来損ないと言われるが、その一言に切れた
にその兄をボコボコに・・・
が乗り移ったかのように徹底的に・・・

要がマジギレ・・・いい笑顔、正し怖いです

も今回の事件で彼女が怪我を負ったとき”星拳”を使ってまで彼女を治療し
なにげにマジギレしてたのである意味で琴美が一番凄い気がする。
まぁがキレたのは多分、琴美の事が0.1%くらいで
後は全部自分がムカついたからだと思うが・・・・

このあと敵は琴美の分ということでデコピンを喰らったあと
の分の攻撃を受ける事に・・・
最弱にして最凶の星拳によって気がすむまで ガクブル(((;゚д゚)))ガクブル

そして今回、最大のインパクトを私に与えたキャラクター

九曜綾姫

学園の3年生で生徒会長。槍術部の部長でもある。
苗字が違うが冴木蘭丸の妹。

最初は道場破りをした(正確には違うが)朱雀と一緒にいたを目の敵にし
勝負を挑んできた彼女。

なにかと邪魔が入って勝負は延び延びになったが物語のラストで
よりによってに挑み手加減(小指一本)された上で負け
さらにドSなにズタボロに言われた。
多分それだけで済んだのは兄である冴木を意識してで
彼女自身にはなにも感じてない様子。

強い兄がいてよかったなぁこの娘と思っていたんですが・・・

後日何故かの下駄箱に手紙が・・・綾姫からなので果し状かと思い
と共に中を見る

今回はこれを最後の一文として書いておきます。
内容は・・・

(色々と省略)・・・よかったら付き合って下さい。

               (・_・)

登場した時はこの娘もに惚れるのかなぁ?とか思っていたのですが・・・・・
よりによってに惚れたよこの娘!
の言葉も色々といい意味に捉えてるし・・・・流石にこれは驚いた。
すらどう反応していいかわからなかったみたいだし。

でもこの恋は絶対に実らない気がする。

一文の時点はが父親の事を思い出した時のセリフかな?
彼の過去を知ってからだとかなり怖い・・・。

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

覇者の三剣3 (富士見ファンタジア文庫)覇者の三剣3
(富士見ファンタジア文庫)
(2009/05/20)
十月 ユウ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

(アニメ感想)アスラクライン 第8話「災厄の王の末娘」

第8話「災厄の王の末娘」

reishirouyou8a.jpg

「申し訳ありません。取り逃がしました」

「これで8人目か・・・」

使い魔と戦う翡翠。
だが逃げられてしまう。

佐伯兄と一緒にいたのはGDの3人。

やはり使い魔と戦うとなったら神聖防衛隊なのかな?
実際は狩りの対象の悪魔を守っているわけだからそこの所はどうなんだろう。
あくまで彼等の基準で”危険な”悪魔を滅ぼしはするが無差別ではないのかな。

GD側が佐伯兄に手伝いを頼んだってところだろうか?
それとも瑶のコネだろうか?

----------------------------------------------------------------------
kagakubu8.jpg

「帰って・・・いいから・・・帰ってぇぇぇぇぇ」

           -----------------------------

「夏目君、お願い!」

「お父様の護衛は学校にも行けないから・・・夏目君がいい」

           -----------------------------

「アニア・フォルチュナ・ソメシェル・ミク・クラウゼンブルヒだ。ニアと呼んでくれ」

奏が怖い・・・

悪魔狩りの護衛の為、嵩月組の者が来るが学校にも通えなくなる為、奏は智春の下へ。
さらに智春の兄から預けられた悪魔の子、ニアも智春の家に住む事に。
そして奏の胸が・・・胸が・・・智春の膝に・・・

智春・・・お前ってやつは・・・・・・・(~ロ~゚。)

tomonia8-1.jpg

「お前達、付き合っているのか?」

「そんなこと断じて許さん!」


「運喰らい、ラックイーターは他人の運気を吸う能力を持つ悪魔です」

ニアの悪魔としての力が判明。
他人の運気を吸い不幸にする力。
ただ不幸にするだけじゃなく貯めた運気で大きな不幸を相殺したりもするらしい。
戦闘向きではないが能力としてはかなり性質が悪いのではないだろうか?
智春は周りが美少女だらけなので多少不運になってもまだ+な気がする。

原作の話になってしまうが日本の高位の悪魔は花鳥風月の4家らしい。

確か

”華島”が”雷”
”鳳島”が”氷”
”風斎”が”風”
”嵩月”が”炎” 


奏はこれに当てはまる高位の悪魔になるわけです。
アニメではこの話でてくるのかな・・・・・

tomonia8-2.jpg

「妹がいたらこんな感じかな?」

「智春、甘いホットミルクが飲みたい」

「トイレの場所を教えろ」


わがまま言い放題のニア。まぁこれには色々と訳があるわけですが。
そんなことより・・・・・・

奏の入浴シーン&パジャマ姿が!!!

パジャマ姿の奏に見とれる智春だったとさ・・・・・・。

ところでニアは何故に入浴中にシャンプーハットを?

----------------------------------------------------------------------
ania8.jpg

「大丈夫ニアちゃん。だめだよ無理しちゃ、とろいんだから。」

「ねぇ、ニアちゃんは機巧魔神の専門家なんだよね?」

「どんなこと調べてるの?」


「教えん。お前達に教える必要はない」

     -----------------------

「アニア・フォルチュナは居るか?」

「悪魔狩りの件について君に聞きたい事がある」

「全ての被害者に共通しているのは大量の血液が抜き取られていること」

「悪魔狩りに使われている使い魔はスライム」


「スライムはクラウゼンブルヒ一族の使い魔です」

「君のお姉さん、クルスティナ・フォルチュナは今どこに?」

「貴様、姉さまが悪魔狩りに関わっているとでもいうのか!」

「夏目君、一緒に・・・」


操緒が何気に酷い事言ってる気がする。
ニアが機巧魔神の専門家である事は知っていても
なにを調べているかは智春達には知らされていないようだ。

そして悪魔狩りの捜査の為にニアを訪ねて来る、佐伯兄&瑶
悪魔狩りに使われている使い魔がニアの一族のものであると、
そしてニアの姉の行方を聞く2人。
ニアは姉が疑われ激昂して佐伯兄を噛み飛び出していく。

我が侭なニアに悪印象を持っていたらしい智春は追いかける事を躊躇するが
奏に言われ追いかける。

操緒の言葉より奏の言葉か・・・・・・・

使い魔の種類で生み出した悪魔の一族が判るという事はそれほど多くないのかな?
それとも有名な使い魔&悪魔の一族ってことだからかな?

tomonia8-3.jpg

「ニアさんは我が侭なんて言った事はない・・・です」

「まぁ確かに素直じゃないけどさ」


「なんだよ・・・それじゃあまるで子供じゃないか」

「ああくそ、変な処世術身につけやがって」

「子供なら子供らしくしろっての!」


       ---------------------------------

「私はお前達を調べに来たんだ」

「それがニアちゃんが日本に来た理由」

「理由はもう一つある。数ヶ月前、行方不明になった姉を探すためだ」

「姉さまは優しくて頭が良くて私の自慢だ」

「だから・・・だから姉さまが悪魔に危害を加えるなどありえない。」

「絶対、あるわけがない!」

「ったく、泣く時ぐらい子供らしく泣けよ」

「智春、行きたい所がある」



我が侭を言っているだけに見えたニア。
だがそれには色々と訳があったようです。
操緒と奏は最初から気づいていたようで真実を知った智春はニアを探しに。
そこでニアの日本に来た2つの目的と彼女の頼みを聞く。

この一件でやっと智春もニアと仲良くなれた感じです。
まぁ10歳の女の子に手を出したら犯罪だけどね。

そしてニアの姉であるクルスティナは行方不明であると・・・

----------------------------------------------------------------------
asura8ED.jpg

「姉さまと悪魔狩りの関係についてだ」

「関係がある、ないの話ではない。なぜ関係してるかだ」


     ------------------------------

「翡翠!」

「よくやった。田舎生徒会にしてはやるじゃないか」

「あとは僕に任せて引っ込んでろ」


「あれが悪魔狩りの犯人」

「蒼鉛(ビスマス)」

「巨大化!魔力を注いだのか」


「まさか魔神相剋者(アスラ・クライン)」


病院で被害者を調べるニア。
彼女は姉が関わった事を確信しているみたいです。
そして病院の外で起きる戦い。
今回は佐伯兄と里見恭武の2人。
翡翠が凍らせた所で里見の蒼鉛が前に。

いいとこ取りする気だコイツ・・・

しかし鎖が現れ使い魔に魔力を注ぎ巨大化させる。
さらに薔薇色の機巧魔神が現れる。
機巧魔神と使い魔の間で魔力が循環、そして降り立つ。

それを見て佐伯兄は魔神相剋者と呼ぶ。
この言葉は前に彼の回想で彼等を襲った相手に言った言葉と同じ。
次回どうなるかが楽しみだ。

ヤツの力は反則気味だからなぁ・・・・・・

----------------------------------------------------------------------
asura9wa.jpg

崩れていく          大丈夫

なにもかも          ほら、ここに

 悔しい           顔をあげて

  私は            あなたは


         ひとり
       ひとりじゃない

次回「存在するはずのない禁忌の存在」

ついに出てきた魔神相剋者(アスラ・クライン)。
といっても出てきたのは機巧魔神と使い魔だけですが・・・。

サブタイトルはそのまま魔神相剋者の事を指しているのかな?
そろそろ機巧魔神の秘密や悪魔の秘密が徐々に語られてくるのか・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。


------------------------------------------------------
言及リンク

http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3449.html
http://takaseyuka.moe-nifty.com/takaseyuka/2009/05/8-f806.html
http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51196647.html
http://talkingshop.blog81.fc2.com/blog-entry-161.html
http://d.hatena.ne.jp/nunnnunn/20090523/1243048141
http://dacapo3.blog7.fc2.com/blog-entry-332.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2123.html
http://blogs.yahoo.co.jp/yosyuatoesuteru/16976526.html
http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-1444.html
http://hitblog0115.blog65.fc2.com/blog-entry-667.html
http://d.hatena.ne.jp/syousa/20090522/1242959034
http://moon12.blog.so-net.ne.jp/2009-05-22
http://blog.goo.ne.jp/gurimoe/e/ea940f16fdb64987f06c68b0d8d301f2
http://12091015.blog70.fc2.com/blog-entry-645.html
http://dame2otaku.blog48.fc2.com/blog-entry-2451.html
http://georg.paslog.jp/article/1133803.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-837.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51247448.html
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/200905210004/
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/05/ex008-012a.html
http://shoumo2.blog14.fc2.com/blog-entry-285.html
http://tatibanaasuka.blog39.fc2.com/blog-entry-555.html
http://candlexxxlight.blog16.fc2.com/blog-entry-231.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-1284.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-371.html
http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/200905210001/
http://lessiy.jugem.jp/?eid=1828
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-735.html

テーマ : アスラクライン
ジャンル : アニメ・コミック

これはゾンビですか? 2 そう、私は死を呼ぶもの

あらすじ

上巻の為、主要キャラクターの登場と説明。事件の始まりが描かれているだけなので感想は短

あなたは火の粉を払えますか?
自分の身に隣りかかる面倒事さえ処理し続ければ、それで万事うまくいく。
俺は、世の中そんなもんだと思っていた。
ところが、ゾンビで魔装少女になってしまった俺―相川歩に降りかかってきた火の粉は、
ネクロマンサーのユー、魔装少女ハルナ、吸血忍者のセラだけじゃなかった。
セラと敵対する吸血忍者の少女が現れ、もののはずみでキスしてしまったんだ。
その子、友紀は同じ学校の生徒で、俺の嫁になるってー!?
そればかりか妖怪は大量発生するわ、大先生から変な預かり物を頼まれるわ、
次から次へと降りかかる災難。
あーっ!払いきれねーっ。

感想

これはゾンビですか?の2巻
メインタイトルがサブタイトルより小さい・・・
そして・・・

表紙がユーだ!!!

ユーがいいなぁ。かわいいなぁ・・・

表紙でもってる鎌は彼女の”抱き枕”らしいです・・・鎌が?

あいもかわらずバカっぽい話だったけど前回と比べたらシリアス度がアップ。
どんなにシリアスな話でも主人公はゾンビで変身すると魔装少女・・・男だけど。

1巻で3人の美少女と同棲する事になった主人公の
今回はあらすじにあるように・・・

嫁ができました!!!

相手はセラと対立する吸血忍者である友紀(ゆき)
渾名はトモハル。女の子です。
吸血忍者の掟でキスした相手と婚姻を結ばなければいけない。
セラは無効だと思っていたのだがなぜか本人は・・・乗り気?
家には美少女3人がいて学校では嫁が・・・

なんだろコイツ!!!

今回はユーの宿敵とも呼べる存在が現れシリアス方面でも話が進みます。
色々あったせいで最後にはとんでもないことが・・・・・・
次回はさすがに真面目な話に・・・ならないだろうなぁ・・・。

メインヒロインっぽいハルナが相変わらず戦闘面であまり役に立たない。
彼女の作る食事は美味しいっぽいが・・・・
そして今回の嫁騒動で嫉妬心が沸いてきてるようです。
彼女の活躍はこれからかな?

今回も色々とわかり難いネタが満載だった。
七鍵守護神とかはかなり笑った。

今回は男のロマンである透視眼鏡をGETしそれをかなり活用してた気がする。

最後に一文。
今回はセリフではないのですが・・・
1話ごとにヒロインの心情を綴ったものと
サブタイトル(キャラのセリフ)+もう一文(多分キャラの心情)が最初にあるのですが
その第3話の部分。セリフはハルナで心情はユー
ちなみにセリフとその下の文は繋がりはありません。
だからこそ笑えたのですが・・・・

「──トイレ行きたい」

”こんな運命に、私がしてしまった。”

ヾ(゚ロ゚ )どんな運命だよ!

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

これはゾンビですか?2  そう、私は死を呼ぶもの (富士見ファンタジア文庫)これはゾンビですか? 2
そう、私は死を呼ぶもの
(富士見ファンタジア文庫)
(2009/05/20)
木村 心一

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

ラプンツェルの翼 Ⅱ

あらすじ

「―ずっとそばにいればいいのよ」

平穏な生活は唐突に終わりを告げる。
奈々が目を覚ました時、見知らぬ場所で一人、全裸で鎖に繋がれていた。
喧嘩しながらもいつも隣で見守っていた遼一から無理やり引き離され、
自分と似たような境遇の四人の少女と対峙する奈々。
彼女たちは奈々と同じく、プログラムに落第した面々だった。
五人の少女が閉じ込められた部屋にあったのは、五つの剣と四つしかない出口。
それは、生き残りをかけた密室ゲームの始まりでもあった。
遼一を想う奈々と、奈々が残した言葉を噛みしめる遼一。
そして彼は―。
ノンストップゲームストーリー第二幕。

感想

土橋 真二郎のゲーム小説第三弾・ラプンツェルの翼の2巻。
1巻の感想で”続けられないわけじゃないが・・・”と書いたが
本当に続きがでるとは思ってなかった。

今回の”ゲーム”は前回と比べて頭脳戦の要素が高くなっている。
そしてかなり性質(たち)が悪い気がする。
読んでいてだんだんと鬱々してきた。

扉の外、ツァラトゥストラの階段と比べて圧倒的のあくどい。
そもそも目的からして違うからしょうがないのかもしれないんですが・・・

ゲームによって心を痛めていく奈々
一方でパートナーであった遼一は姿を消した奈々を心配し動き回ります。
彼に協力する前回のゲームで出会い、正式に天使となったジェシカ
彼女は前回、奈々以外で人間らしい感情を表していた女の子。
奈々よりかなり薄い感じでしたが確かにあった彼女の感情。

まぁその行動すら天使側の・・・・・・

あくどすぎる・・・・・・

奈々に芽生えていた人間らしい感情を削り取っていくゲーム。
そして合流を果たすが追い詰められる遼一奈々
その中で遼一が気づく今回のゲームの真実とその解法。
最悪ともいえる解法を覆したのは削り取られても確かに残っていた奈々の感情。
そしてもう一人の・・・・

この部分を読んだ時はなんかすごく救われた気になりました。
この作者さんの傾向だと3巻は出ると思うんだけど・・・それで終わりなのかな?
っていうかツァラトゥストラの階段の続きが読みたいよーーー。

最後に一文。
今回のゲームで対戦相手を犠牲にする事で生き残り、
人間らしい感情を削っていった奈々
追い詰められた最後の最後で遼一と共に選んだ回答。
その時、彼女は涙を流して・・・

「・・・・・・よかった、まだ涙が残ってた」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ラプンツェルの翼〈2〉 (電撃文庫)ラプンツェルの翼〈2〉
(電撃文庫)
(2009/05/10)
土橋 真二郎

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

(アニメ感想)鋼殻のレギオス 第19話「導かれた出会い」

第19話「導かれた出会い」

maiasu19.jpg

「あきらめろ、リグザリオ、シュナイバルへの縁は我等が手の中にある」

「縁?」

「電子精霊の事だよ」

「早く行け、お前の中の山羊さんを抑えられるのはあの娘しかいないぜ」


狼面衆と戦うニーナ。
狼面衆はリグザリオ、シュナイバルなどのニーナの故郷にある物の名前を言う。
そしてピンチに陥ったニーナを助けたのはディクセリオ。

ニーナは前回の事を思い出しているのかな?
そしてディクセリオは廃貴族の事など全て知っているようで・・・
あの娘っていうのはやっぱりリーリンなのかな?

syanidsyena19.jpg

「お前のがあれば・・・1枚ですむんだけどな」

「やはり死ね」

「仕方ない、じゃあ生き延びるとしますか」


シャーニッドはやっぱりダルシェーナには本気らしい。
実際このセリフはほとんど告白に近い。
シェーナも照れてるし・・・彼女はディン一筋なのかな?
今でも・・・

シャーニッドは全部わかっていてもそれでもシェーナが好きなんだろう。

かっこいいなぁ、もう・・・

ririnnina19-1.jpg

「貴方・・・」

「馬鹿にしやがってぇぇぇぇぇぇぇ」

「武芸者なのに・・・汚染獣を前に逃げたのね!」

ロイに追い詰められるリーリン。
でも些細な事から逆にリーリンがロイを精神的に追い詰める。

ロイは武芸者なのに汚染獣への恐怖から戦場から逃げてしまい都市を追われたのかな?
へたれです・・・いやまぁ無理はないかもしれませんが。
だって汚染獣って完全に怪獣ってランクだし・・・

汚染獣の歯の音がシャーペンの芯をだす音に似てた・・・・
きっとロイはそれいらい鉛筆、もしくは万年筆派だったに違いない。

狼面衆化してリーリンを襲おうとするがニーナが駆けつけ逃げ出す。
ニーナは目が光っていてちょっと怖かった。

ririnnina19-2.jpg

「リグザリオというのは私の故郷、仙鶯都市シュナイバルにある機関の名前だ」

「リグザリオ機関、私も見た事はないが・・・」

「電子精霊シュナイバルに機械的に子宮を取り付け、
 
 電子精霊を生み出す事ができるようにした電子精霊の母となる装置だという」


ニーナは故郷にあるリグザリオ機関の事をリーリンに話す。
真面目な話とコミカルな部分が合わさって面白かった。
むくれるリーリンとか。

それと弱ってる感じのマイアスがなんか可愛かった。

そして廃貴族の暴走で倒れるニーナ。

savarisdick19.jpg

「やれやれ、逃げ癖が付いた武芸者というのはいけませんね」

「死と隣り合わせのスリル・・・それがたまらない」

「確かに化物です。この世界に汚染獣に敵う生き物なんて存在しません」

「でも、そんな汚染獣をも圧倒する力が手に入るとしたら・・・」

「この世界をも凌駕できる力がすぐ側に存在するとしたら・・・」

「ルッケンスの子孫がこんなにたちの悪い男になっているとはな」

「この世界の者ではないとばらしている様なものですよ。さっきの狼面の奴等とも違う」

「感がいい所だけは遺伝か?」


ニーナから逃げ、マイアスを襲う汚染獣からも逃げるロイ。
だがその前に立つのは・・・・サヴァリス

ガクブル(((;゚д゚)))ガクブル

こ、怖いです。なんでしょうこの人・・・異常です。
昔のレイフォンとは別の意味の怖さを持ってる人です。
天剣授受者にまともな人はいないのか・・・
まぁすでに強さがまともじゃないけど。

都市が半滅する覚悟があれば倒せるかもとかつてレイフォンが言った
老性一期の汚染獣を瞬殺。
ロイは汚染獣の死骸を見て気絶。
哄笑するサヴァリスの前にはディクセリオが現れ戦いに。
ルッケンスの家とディクセリオはなにか因縁がありそう。
初代ルッケンスと直に会ったことがあるのかな、ディックは?
歳をとらないのかな?

ririnnina19-3.jpg

「私はそんな自分の弱さが許せない・・・」

「120点」

「ちょっとわかるんだニーナの気持ち」

「私も幼い頃から助けてもらってばかりの人がいるから」

「ニーナの仲間も私を支えてくれた人も一緒」

「みんなを助けたいから、元気でいて欲しいから頑張った」

「なのに弱さを嘆いていたら、きっとその人・・・悲しむよ」


リーリンに女王が感染したぁぁぁぁぁぁ!!!!

シノーラとの触れ合いで悩み相談の前にはこれだと覚えてしまったのでしょうか・・・
凄い真面目な事をこの後、語ってるのですが・・・・・・120点か・・・・って違う!!

ニーナとリーリン。この時、思い浮かべてるのは共にレイフォンの事だろう。
お互いそうだと知らないのはもどかしい。

そして話が終わったのを見計らったかのように再び廃貴族が暴走。
今度は姿まで現してしまい・・・・・・

SAYA19.jpg

「祈れ、隠れた電子精霊・・・その原型に」

「お願い、助けて。この人を・・・大事な人なの・・・とても、大切な」

「お願い・・・お願い・・・」


「少しだけ力を貸してあげる」

「でも、まだ忘れていなさい。その時はまだ来てないのだから」


     --------------------

「サヤ・・・」

ニーナを助けるためマイアスに言われた通りに祈るリーリン。
それに答える声・・・それは電子精霊の原型と言われる者・・・サヤ。
レジェンド(英語部分)にでてくる女の子・・・ですよね?
英語版の時の登場人物ってなんかみんな怖い感じ。
そちらと比べると随分雰囲気が柔らかい気がする。
なにより・・・・・・

日本語、喋ってる!!!!!

彼女の力に反応して目を覚ますアルシェイラ。
彼女はサヤの名前も知ってるしどんな立場になるのかな?
そして彼女を宿すリーリンは一体・・・・

これだけの伏線を回収しきれるんだろうか・・・・・
ツェルニがいなくなったのはニーナの中で廃貴族を抑えていたからなんですね。
なんていじらしい娘・・・

reifonferikarian19.jpg

「なぜ見ているんですか?」

「わかりません」

「勝てる可能性の低い戦いに、なぜ彼等は向かうと思う」

「彼等には武芸者としての誇りがあるからだ」

「誰のためでもない、自らの誇りが」


「誇り・・・」

「そう、だから揺るがない。君と違ってね」

「誇りを持てとは言わない。しかし戦う理由を他者に預けるのは危険だ」


   ------------------------

「電子精霊・・・ツェルニ」

放たれる剄羅砲。
そして戦いに赴く武芸者達。
それを見るレイフォンとフェリ・・・

勝てるか、勝てないか。生きるか死ぬか。
そんな中で戦っていたレイフォンには彼等がなぜ戦うのかわからない。
それをカリアンは”武芸者の誇り”だと言う。
都市を守るという自らへの誇り。
それがレイフォンには決定的に欠けている。
彼は戦う理由すら他者に預けているのだから・・・・

カリアンはレイフォンの抱える歪みがよく理解できているっぽいです。
この問いかけにレイフォンが答える前にフェリが消えていた
電子精霊ツェルニの反応を都市の外・・・上空にとらえる。

ninadick19.jpg

「なんなんだこれは?」

「予告編みたいなものだ、この世界のな・・・」

「あれには電子精霊の原型が宿っている。あれだけは護れ」

「あとは思うように生きるんだな」


   ------------------------------

「これは・・・これが世界」

「私達の世界」


サヤの力で暴走を抑えたらしいニーナ。
謎の空間でレジェンドの映像をディクセリオと共に見る。
それは世界の予告編だという。
確かに前日譚にあたるので間違ってはいないのかな?
レギオスではほとんど使われない用語が結構あるけど。

ディクセリオはニーナにリーリンを守り、後は自由に生きろといい
彼女を元の空間へ・・・

高き上空から落ちながら自らが住む世界を見るニーナ。
この世界の人はこういう視点で世界を見る事はほとんどないだろう・・・
すごく感慨深いものがあると思う。

reifonnina19.jpg

「誰だ?」

「まさか・・・」


「隊長ぉぉぉぉぉ」

「レイフォン!」

「確認しました・・・ニーナ・アントークです」

「ニーナ・・・彼を戻したな」

爆走するレイフォン。
奮闘するレイフォン。
飛び上がるレイフォン。

最初からクライマックスだぜぇぇぇぇぇぇぇ!

いや、違いますが・・・・

ニーナかもしれないと思ったからかやる気がハンパないレイフォン。
そこまで心配だったかお前・・・・

お互いの名前を呼び合い抱きしめあう2人。
感動的なシーンなんでしょうけど・・・・・

フェリが・・・・・フェリが・・・・

可哀想だろうが!!!!

なんかニーナを確認した声もローテンションな気がします・・・
そしてカリアンも不安そう。
この機会にレイフォンをニーナ離れさせまっとうな道に導こうと思ってたようなのに
戻ってきちゃった・・・・・・複雑だろう。

レイフォン・・・抱きしめあい見詰め合うのはいいが・・・・

正妻はすぐそこまで来てるよ・・・・

ってか汚染物質あるのにマスク脱いで大丈夫なのかコイツ・・・
ニーナはバリア見たいのあるけど明らかにそれに入る前に脱いだ・・・馬鹿だ!

----------------------------------------------------------------------
regi20wa.jpg

次回は「都市戦前夜」

次回はサブタイ通りに都市戦前夜の話になりそう。
自分の中にいる廃貴族の事を話せないニーナが中心になるのかな?
そして、そしてフェリが・・・・フェリが・・・・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。


--------------------------------------------
言及リンク

http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3434.html
http://ameblo.jp/adam/entry-10264207417.html
http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/200905180003/
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1137.html
http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/200905170001/
http://aricnia.blog122.fc2.com/blog-entry-281.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-1275.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-365.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-1885.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-1019.html
http://fanblogs.jp/gyobayashi/archive/939/0
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-1565.html
http://blog.livedoor.jp/granzchesta/archives/51215490.html
http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-1436.html
http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-1473.html
http://lilyiris.blog26.fc2.com/blog-entry-837.html
http://rakusyasa.blog41.fc2.com/blog-entry-305.html
http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-1163.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2107.html
http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65199254.html
http://shoumo2.blog14.fc2.com/blog-entry-275.html
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/200905170002/
http://moon12.blog.so-net.ne.jp/2009-05-17
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-723.html

これでいいのかな?

テーマ : 鋼殻のレギオス
ジャンル : アニメ・コミック

購入履歴(5月中盤)

5月中盤のラノベの購入履歴
GA文庫、富士見ファンタジア文庫、一迅社文庫の新刊です。

<GA文庫>

神曲奏界ポリフォニカ アドレイション・ブラック
神曲奏界ポリフォニカRPGリプレイ 2 貴方と繋がるハーモニー
EX! 8
無限のリンケージ デュアルナイト


kuropori11.jpgporiRPG2.jpg
EX8.jpgmugenrincage.jpg

GA文庫はお気に入りのポリ黒とリプレイ2、EX!が一緒に出た。
ポリ黒はポリフォニカシリーズで一番好きなのでうれしい。
EX!は表紙が・・・表紙が・・・

十季子さんだ!!!

お気に入りのキャラが表紙だとテンション上がるなぁ・・・

新シリーズは無限のリンケージ。ヒロインがかわいいので購入。
さて中身の方はどうだろう・・・

本日は昼にGAマガジンVol.2を買いに行かなくては・・・・・・・

<富士見ファンタジア文庫>

鋼殻のレギオス 13 グレー・コンチェルト
オール・オブ・レギオス II 鋼殻のレギオス ワールドガイド
BLACK BLOOD BROTHERS 11-賢者転生-
覇者の三剣 3
狗牙絶ちの劔 3―刀と鞘の物語―
これはゾンビですか? 2 そう、私は死を呼ぶもの
剣をつぐもの ソード・ワールド2.0 1
GENEZ-1


regi(Book)13.jpgAllOfRegi2.jpgBBB11.jpg
torisagion3.jpgkugatati3.jpgzonbiedesuka2.jpg
kenwotugu1.jpgGENEZ1.jpg

富士見ファンタジア文庫は"BLACK BLOOD BROTHERS"がついに最終巻。
どんな展開になるか今から楽しみです。
そしてレギオスの新刊。
あとがきによると次で・・・・第二部完。
どこまで話が膨らんでいくんでしょうか?
まぁグレンダンのイザコザがどうにかなっても世界そのものの話がまだあるのかな?

覇者の三剣はあいかわらずドS満載で女の子が影薄そう。
そろそろ女の子の極者がでてこないかな・・・・・
”これはゾンビですか?”はこれが本当にメインタイトルなんですよね・・・
作品的に”これ”って主人公のことだよなぁ。表紙がグッジョブ
狗牙絶ちの劔は連載の方で最後の選択が・・・・4巻で終わりなのかな?
それとも次に続くのか・・・どっちだろ。

新シリーズは2冊購入。

剣をつぐもの・・・期待大。表紙、あらすじを見て購入。さて中身は・・・
GENEZ・・・なんとなく購入。こういうことするからお金が・・・

<一迅社文庫>

女帝・龍凰院麟音の初恋 3

rinnenohatukoi3.jpg


女帝・龍凰院麟音の初恋の3巻・・・2巻の最後からどう展開するか楽しみです。
一迅社の作品は色々と危なくて面白い。

表紙の麟音からはなんかピンクのオーラが・・・・・・

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

森口織人の陰陽道 巻ノに

あらすじ

自分のエロ妄想が周囲にだだ漏れになるという、
人生に不必要な能力を持つ令嬢・遙奈原初雪。
転校以来、彼女のことが気に掛かっていた森口織人は、
ふとした出来事をきっかけに、初雪とある約束を交わすことになる。
その約束とは、『初雪を(彼女自身のエロ妄想から)護る』こと。

「絶対に、(エロ妄想から)護ってみせる…!」

そう固く決意する織人は、陰陽師一族の末裔でもある初雪と共に妖怪退治に出かけることに。
が、当然のように淫靡でドリーミィな自らの思考が初雪を苦しめ・・・!!
織人よ、お嬢様をちょっとエッチな妄想癖から護り抜け。

感想

ささいなことでエロ妄想をしてしまう陰陽師の少女・初雪
彼女のサポートをする普通の少年・織人の物語。第二巻。

1巻から結構間が開いた気がします・・・7ヶ月? 
長かったな・・・まぁ年単位じゃないだけ偉い事だと思いますが。

なんていうか初雪がもはやすごいエロイ少女になってる気がします。

妄想例

ペットボトルを所持してコンビニに入る
     ↓
窃盗と疑われるかも・・・
     ↓
服のままお風呂に入れられて万引きGメンにウナギを・・・


2列目まではいいのになぜ最終的にそっち方面に・・・・・・・
そして織人はその妄想を全部見せられることに。

うらやましいような、そうでないような・・・

今回の話の本筋は前回の話で”調伏”された妖怪、”河童””猫又”
(大好きな)初雪と対等な立場になるために陰陽師を目指す話。
なぜか織人はそれに協力する事になります。

なんか織人のポジションは色々とおいしい気がする。
妖怪といっても織人達のクラスメイトの女の子に憑依しているので見た目は人間に近い。
でも妖怪だから人間に裸を見られても特に気にしない・・・・

なんですと!!!

羨ましくなんかないからね。本当だからね!!

新キャラは2名(?)
1人は紆余曲折があって織人の式神となったネユ
彼女は医療器具の”憑狗模神”で怪我人を治すことに執着する女の子。
ただし彼女は

浣腸器の憑狗模神


傷を治すために使わなければいけないのです。
ブスっと!最初の被害者はもちろん織人
ご愁傷様です。

2人目は三兆院琉夏
陰陽師なのに妖怪に憑依されて”砂御門”に保護を求めてきた。
なんか凄まじく矛盾を孕んだ存在な気がします。
まぁ彼女も初雪の事が大好きで彼女の隣の席(織人の席)を狙ってます。
隣のクラスなんですけどね彼女・・・

っていうか主要人物に全然”男”が増えない。
なんなんだろうね、コレ。

そして物語の最後で織人がする決意。
やっとタイトル通りに話が進んで行く感じですね。
これからもエロ妄想とともに話はすすんでいくのでしょう。
次の巻はもうちょっと早く出てくれるといいなぁ。

最後に一文。
ちゃんとシリアス部分もあったんですが一番心に残ったのはこの一言。
織人がネユに始めて会った時、彼女が”何の”憑狗模神か気づいた時の絶望の一言。
これはさすがに叫ばずにはいられないだろう・・・

「か、浣腸器の”憑狗模神”ぃぃぃ──ッ!?」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
森口織人の陰陽道〈巻ノ2〉 (電撃文庫)森口織人の陰陽道〈巻ノ2〉
(電撃文庫)
(2009/05/10)
おかゆ まさき

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

(アニメ感想)アスラクライン 第7話「無常な空に散った夢」

第7話「無常な空に散った夢」

tomomisao7-1.jpg

「みんなに盗られちゃったね」

操緒の姿が一般人にも見えるようになり友達も増えた操緒。

・・・・・・この学校の生徒の神経はすげぇ!!

宙に浮いたり壁をすり抜けたりする幽霊(正確には違うが)と
普通にコミュニケーションとってる。
すごいな・・・・

tomokanade7.jpg

「寂しいですか?」

「操緒さんの気持ち・・・よくわかる。

「夏目君と出会うまで私もそうだったから」

「友達って・・・うれしい」


     ---------------------------
「中学、楽しみだね」

「友達たくさんできるかな」


友達と話す操緒を見て智春は過去を思い出す。
中学入学前の春休み、操緒の親に会いに行く為にイギリスへ行く時の事を。

智春達はこの旅行で事故にあい、操緒は結局、中学に通う事がなかった。

なんか切ないです・・・。

そしてあいかわらず奏がかわいい。

----------------------------------------------------------------------
過去の出来事

過去の出来事を時系列順に考察・・・多分これで合ってるはず。

asurakako7-1.jpg

「前に進まないと。だって過去には戻れませんから」

黒崎姉妹の過去。
入れ替わって瑶を騙そうとする朱浬と紫浬。
でも瑶にはバレバレで。

仲がいい3人です。
そして紫浬が・・・紫浬がかわいい。
朱浬は今とほとんど変わらない性格っぽいです。
でも・・・

you7-1.jpg

「大丈夫よ、穴掘りするわけじゃないし・・・」

「親の言う事は聞くものね」

「あれってひょっとして・・・」

「そうだ、1順目の世界を飲み込んだ破滅からこの2順目の世界を救う希望」

「初めて見た・・・」


父親と一緒に遺跡に入る瑶。
父親の前だと女の子らしい・・・なんか凄い違和感がある。

この時、遺跡にあったトランクが白銀のだったのだろう。
どうやら遺跡の発掘のスポンサーは神聖防衛隊だったようです。
だけど遺跡を守護する機巧護衛機(カスタス・マキーナ)に襲われて・・・・・・・

tomoyou7.jpg

「お姫様は蝶のように自由に飛びまわっているみたいだね」

「スタビライザも罪な事を」


「少しも自由なんかじゃないですよ。いつまでもあんな機械の中で・・・」

「全ての事象には必ずなにかしらの意味があるんじゃないかな?」

      ------------------------------

「君はやっかいを背負い込まされたと思っているようだけど」

「大事なのは事実を受け入れ、その意味を知る事だ。僕はそう思う」


「操緒が閉じ込められた事になんの意味があるって言うんだ・・・」

機巧護衛機により父親を失いトランクを託された瑶。
ここらへんが彼女の使命感の根幹になっているのでしょうか?
智春は操緒の事にも理由があると言われているようで納得はしていない感じですが。

瑶は3年なので学校にいる事は別にいいんだがせめて制服着ろよ・・・
元とはいえ生徒会長なんだから・・・

asurakako7-2.jpg

「これをスポンサーに届けるの」

「ごめん、悪いけど遊んでる時間は・・・」

「安心してパパ。責任持って届けるから」


   -------------------------


「早く着かないかなぁ」

3年前のイギリスへ向かう飛行機。全ての始まりとなった事件ですね。
映画監督に呼ばれイギリスに行く事になった紫浬とそれに付き添う朱浬。
父の遺志を継ぎトランクを届けるためにイギリスに向かう瑶。
そして操緒の両親に逢うためイギリスに向かう智春と操緒。
まるで狙ったかのように揃ってます。

瑶はおそらく父を亡くしたばかりで完全に余裕がない感じです。

asurakako7-3.jpg

「ごめんパパ、神聖防衛隊には届けられなくなった。」

「でも約束するよ。責任はちゃんと果たす。」

「紫浬」


   -------------------------


「私の声が聞こえますか?そこはあなたの宿木ではありません」

「取引をしましょう」


「誰?」

「夏目直貴の代理の者です」


   -------------------------


「おかえり、朱浬」

「なに言ってるの?私は紫浬よ」

「あいかわらず演技が下手だね朱浬」

       ・・・・・・・

「君が知ってる雪原瑶はあの事故で死に、責任と使命を与えられて生まれ変わった」

「気に入らないようけどあの時、僕はできる精一杯の事をしたつもりだよ・・・朱浬」


瑶は事故で瀕死だった紫浬を救うためにトランクを開き彼女を副葬処女にすることに。
どうやら朱浬はもう駄目っぽい状態だったみたい。
でも2人の魂を中に入れたっぽいトランク。
謎の声を聞き、その内の1人は去っていく。

そして智春の兄である直貴の代理を名乗る者に取引を持ち出され・・・・

その後、再会した瑶と少女。
瑶は彼女を朱浬と呼ぶが彼女は自分が紫浬だと言う。

あーーなるほど・・・。

おそらく瑶は微かに息があった紫浬を助ける為にトランクを開いた。
でも選ばれたのはすでに息を引き取っていたっぽい朱浬の魂。
そしてまだ息のあった紫浬は直貴によって機巧化人間に・・・

瑶はそこで紫浬を救った気でいるから目の前にいるのが朱浬だと思い込んでしまった。
ってところでしょうか。

”あの状態からよく・・・”って感じの言葉はすでに脈がなかったのに蘇生できたと
思ったからかな?

射影体である朱浬と会話ができないっぽいのも理由かもしれないが。

姉妹の見分けも付かなくなったのは使命感とが父を失ったショックが原因かな?
このことで2人の中は険悪に・・・。瑶はそれほどではないみたいだけど。

この事で今、智春達といる朱浬は本当は紫浬って事でほど確定な気がする。
原作でもあまり詳しく語られてないからこれは驚いた。

----------------------------------------------------------------------
kagakubu7.jpg

「エッチな事してたでしょ?」

「し、してませんよ」

「あの、朱浬さんは朱浬さん・・・ですよね?」


「決まってるじゃない。それより奏ちゃん、なんとかして」


「エ、エッチな事・・・・・・」


智春は朱浬の正体に疑念を抱いたようで彼女に直接確認する。
でも朱浬は・・・・・
そして奏は朱浬の発現でちょっと暴走。

友達が居なかった彼女にそっち方面の免疫はないようだ。
照れただけで炎を発せられたら付き合う事になる男は大変だろう・・・

tomomisao7-2.jpg

「うーん、やっぱりここが一番落ち着くかも」

すごくいい雰囲気

人と話せる様になって色々と飛び回っていた操緒だが
彼女が居るべき場所は智春の隣。
これは射影体になる前から変わらないような気がします。
普通に恋人同士のように見える・・・・この野郎。

asuraED7.jpg

「今夜も現れる。そんな予感がする」

集結するGD。そして奏の前に現れる複数の黒い影。

GDが集結した理由は・・・ついに彼等が登場かな?

黒い影・・・奏関連だとあの人達しか考えられないけど。

----------------------------------------------------------------------
asura8wa.jpg

  逢いたい          平気

そんなはずない       わかってる

   理由?        信じているから

 信じられない         なぜ?


         人間なんか


次回「災厄の王の末娘」

アニア、登場!!!

来週はついにアニア・フォルチュナ・ソメシェル・ミク・クラウゼンブルヒが登場。
フルネームを覚える事は早々に諦めましたが・・・。
これで智春の周りにはロリっ娘も完備。

今週の作画は先週ほどひどくなくてよかった。
このままの状態で最後までいってほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。

テーマ : アスラクライン
ジャンル : アニメ・コミック

らでぃかる☆ぷりんせす! せかんど

あらすじ

モニカを目の敵にする発明少女、アリサ襲来!
手始めとして柳楽をオとすことを画策し、
怒涛の三角関係に──というベタな展開になるはずだったのに、
学校の謎の地下ダンジョンで密室に閉じ込められてイロイロあったり、
柳楽の兄、恭平が率いる生徒会の女子委員と
何故かプール&水着でバトルすることになったりと奇天烈な事件が続発!
しかしその影で、アリサの新たな発明品『カバカバフューチャー』によって
柳楽の「死」が予見されてしまい・・・・・・!?
どうなる柳楽!?
お色気&コメディ大増量の『せかんど』、満を持して登場です☆

感想

自身の遺伝子と合わさる事で絶大な力を発現させる
遺伝子の持ち主を探して地球に来た宇宙人のお姫様とその相手である主人公の話。
2巻です。

前回の感想を見たらほとんどキャラ紹介とそれに対する感想だけっだった。
今回は新キャラが何人か増えたのでまた紹介を・・・

○アリサ・シャムロック

大企業のお嬢様で発明家な宇宙人。
まぁ例にもれず美少女。基本的に男性が苦手
モニカに対抗意識を持っていてオリヴィアの意見を聞き
を虜にしようとするが・・・

こういうキャラって大体いつの間にか本気に・・・

○灰谷亮介

の先輩で幼馴染。
基本的に女性が苦手。
あくまで苦手であって興味はある。

なんか今回一番不幸だったのは彼な気がする・・・・・・

-------------------------------
上で紹介したキャラ以外にもの兄で生徒会長の恭平とその仲間。
そして母親と結構でてきた。
特にの兄と母には意外な正体が・・・

ヒロインのモニカは地球人的な恋愛についての反応が多くなった気がする。
遺伝子よりも、本人に対する感情がきちんとあるっぽい。

彼女の力にはレベルがあることが判明しあがるごとに迷惑度が上がる気がする。
とりあえず今わかっているのは

Lv1 無意識な災害操作
Lv2 無意識な人心操作
Lv3 無意識な災害操作+人心操作
Lv4 自己制御能力(怪力など?)


Lv8まであるらしいので続くなら追々わかるだろう。
とりあえずLv4以上の力は自分の意思で操れるようだ。
でも嫉妬とかで使われたらかなり怖い・・・

っていうかどこのフ○ーザだよ!

変身はしないがパワーアップはしていくなんて・・・・

そして他のヒロイン。

朝霧さんは相変わらずの周囲に張り付き彼の護衛。
彼女の場合、淳の事をどう思っているかちょっと判り難い。
嫌いではないんだろうけど。何気にしょっちゅう肌を晒してる。

一之瀬は相変わらず不幸な少女。
今回は”安産型”と騒がれる事に・・・

あいかわらずバカっぽくて笑えた。
どんなに緊迫した場面っぽくてもかならずコメディとなってしまう。
笑いながら読めていい。

最後に一文。
2巻の最後で母親から驚愕の真実を聞かされたのセリフ
いやいや、これでも十分冷静だと思いますね。
だって知らされた内容が・・・・ねぇ?
驚愕の真実なのにまったくシリアスじゃない所がこの作品らしい。

「・・・・・・嘘だと言ってくれよ、マイマザー」

「・・・・・・嘘だと言ってくれよ(以下略)」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

らでぃかる☆ぷりんせす! せかんどらでぃかる☆ぷりんせす!
せかんど
(2009/05/10)
周防 ツカサ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

九罰の悪魔召喚術

あらすじ

極東の国で起こった『天草の乱』。
倒幕に成功した抵抗運動は『聖シロウの革命』と呼ばれ、
その国はアジア最大の景教国家として栄えていった。
そんな『日本』に住む、信仰心ゼロの少年・遠野九罰は、
召喚した覚えのない美少女悪魔アイムに手を焼いていた。
その様子を見た妹には微妙に嫉妬される毎日で、
九罰には平穏なんて言葉は信じられなかった。
ある日。街で悪魔が事件を起こした。九罰は、
アイムの命を狙うエクソシスト・聖ルカと渋々犯人を探ることになる。
ソロモン72柱の悪魔から、プロファイリングによって犯人を探るアイム。
そこで判明したのは意外な事実で……!!
学園ゴシックストーリー開幕!

感想

一体どんな意図で子供に名前をつけたのか・・・

息子に九罰(くばつ)、娘に七罪(なつみ)って・・・・・・
世界観が”天草四郎の乱”で天草側が勝利し日本が敬虔なキリスト教の国として
栄えているという設定だからそっち系の名前が在ってもいいと思うが、
さすがにこの2つはかなり印象が悪い気がする。

○遠野九罰


なぜか神聖なものが苦手な主人公。
召喚した覚えもないのにアイムにまとわりつかれる。
本を読んだ限りかなりシスコン。

○アイム

九罰を召喚者と呼ぶ悪魔。
ソロモン72柱の魔神の1柱で火事を司る。
女の子です。
実際どうなのかはよくわかりませんが・・・

○遠野七罪

九罰の妹。
兄と違って敬虔なクリスチャン。
九罰がふしだらな事をたとえ不可抗力でもすると暴力による鉄槌が・・・
ブラコンなのかな?

○聖ルカ

九罰たちの住む街に現れた悪魔(アイムとは別の)を倒すために来たエクソシスト
悪魔という事でアイムとその召喚者である九罰を狙うが負けて、
一緒に街で悪事を働く悪魔を探す事に。
なぜか何度も何度も九罰に着替え途中の姿を見られてしまう。
まぁその度に九罰七罪の鉄槌を受けるのだが・・・

--------------------------------
天使や悪魔を題材にした話は好きなので面白く読めた。
悪魔は基本的にソロモン72柱の魔神が中心になるみたいだ。
続きがあるとして天使とかはでてくるのだろうか?

悪魔召喚術ってタイトルのわりには
本文中で誰も召喚してないのはどうなんだろう・・・

そしてこの巻の最後で九罰が持つ事になってしまったある”秘密”
この”秘密”はあっさりと語られるのかそれともずっと”秘密”のままなのか
ここらへんは楽しみです。

最後に一文。
九罰のセリフ。
戦いで力を使い果たし九罰から代償を奪わなかった為、
消えようとしていたアイム。彼女の求める代償は人の命。
彼女を助ける為に九罰が言ったセリフ。
ちょっとゾクッってしました。
九罰があまりにもあっさりとその結論をだしたので。

「アイム──僕の命、使いなよ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

九罰の悪魔召喚術 (電撃文庫)九罰の悪魔召喚術
(電撃文庫)
(2009/05/10)
折口 良乃

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

(アニメ感想)鋼殻のレギオス 第18話「ニーナ消失!ツェルニ緊急事態」

第18話「ニーナ消失!ツェルニ緊急事態」

ツェルニとマイアスの2箇所で物語が進行するので別々に書いていく。

<ツェルニ側>

reifonferi18-1.jpg

「僕のせいだ・・・僕が行けと言わなければ・・・」

     ------------------------------

「電子精霊は?」

「行方不明のままです」

     ------------------------------

「隊長は?」

「行方不明のままです」

「休めないんです。心が・・・心が休まらない」


レイフォン、荒んでる・・・


自分がツェルニ(電子精霊)の所へ行くように言ったせいで
行方不明になったニーナの事に責任を感じ戦いに赴くレイフォン。
仲間達の言葉にも耳を貸さず体を休める事をしない・・・

ニーナの存在がレイフォンにとってかなり大きい事がわかります。
ただレイフォンが戦うという事はフェリも力を使うという事で・・・
完全に周りが見えなくなっている感じのレイフォンです。

っていうかフェリにあんま負担かけんな!

reifonferi18-2.jpg

「むかつきます」

「時間があるなら少しでも探すべきです・・・隊長を」


「そうですね」

フェリが可愛すぎる!!

そしてレイフォンが馬鹿すぎる!!!

目を覚ましたときレイフォンがそばにいてくれた事を嬉しく思うフェリ。
だけど素直になれずニーナを探すように言ってしまう。
そしてあっさり部屋をでていくレイフォン。

∑(゚□゚;) おい


なんでしょうかコイツ・・・フェリが可愛そうだ。
まぁそれほどニーナの事に責任を感じているのでしょうが・・・でもムカつく。

reifonkarian18.jpg

「僕がこんな所でじっとしているなんて許されないからです」

「なぜ許されない?誰が君を許さない」

「逃げるな!なぜ答えられなのいか教えてやろう」

「君はこの街の状況など頭にない。」

「汚染獣の事もこの先の事もまったく考えてなどいない」

「ただニーナ・アントークがいない。その事実から逃げたいだけだ」

「君は戦う理由を他者に預けすぎてきたんだよ」


カリアン、キれる?

レイフォンにとって自分の周囲の人間(親しい人のみ)を守ることは当然な事。
だけど彼にとって都市を守るということはどうでもいいことなのかもしれない。
ツェルニを守るのもニーナ達が守りたいと思っているからなのかも。
レイフォンには戦うための理由が自分の中にはないのかもしれない。
ここらへんの歪みは矯正可能なんだろうか・・・・・・

reifonferi18-3.jpg

「疲労が回復するまで念威の使用は禁じられました」

「でも、貴方が望むなら端子なしでも念威を飛ばせます」


「貴方が望むなら汚染獣の鱗の数まで数えてみせます」

「貴方が望むなら・・・私はそうします」

「どうしますか?」


「やめておきます」

「レイフォン・・・」


レイフォンを殴りたい・・・・・・

念威操者であることを嫌っているフェリがここまで言ってるのに・・・・・
もはやほとんど告白に近いって言うのに・・・・・・・

ゴルァ(゚Д゚メ)=3=3

事前にカリアンから言われた事、フェリの体調を心配してなど
色々あるんだと思いますがもうちょっと言い方を考えた方がいい気がする。
恋する乙女な感じになってたフェリが悲しい・・・

<マイアス側>

nina18.jpg

「極限の意思を持たぬ者よ」

「その感応で我を剣となせ」


「やめろ・・・やめろぉぉぉぉぉぉ」

「ツェルニ?行け?何処に?」


前回、廃貴族に憑りとかれたニーナ。
朦朧とする意識の中でツェルニに何処かへ行くように伝えられ
目を覚ますと学園都市マイアスに・・・

これは・・・マイアスに異常が起きているからか?
それともリーリンが居るからなのか?

都市の移動も一瞬でできる廃貴族の力は凄い・・・女王もできるのかな?

それと・・・・

ニーナとツェルニがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ


ツェルニの正面アップの絵はよかった。
キスも別にいやらしくはないんだが・・・・・・吃驚した。

ririnnina18-1.jpg

「さっそくおかしな事に巻き込まれましたね」

「うう・・・人生初のホールドアップ」

なにか異変が起きている学園都市マイアス。
そこに立ち寄っていたリーリンとサヴァリスは問題が解決するまで足止めされることに。
っていうかこのロイって奴、爽やかすぎて逆に怪しい・・・
そしてニーナは外縁部で下を見下ろしていた・・・

ついにニーナとリーリンの出会いが近づいてます・・・

savaris18.jpg

「己の大地を失った電子精霊の狂気、廃貴族」

「それが武芸者を超人的にまで強くする」

「強く・・・より強く・・・」


すでに天剣授受者として大きな力を持っているサヴァリス。
彼はさらなる力を求めているようです。
なにか目的があって・・・ではなく強さこそが目的っぽいですね・・・
怖い人です。

ririnnina18-2.jpg

「戻すのか?あまり関心はしないが・・・」

「あの・・・私、リーリン・マーフェスです。よろしければお名前を・・・」


「リーリン?・・・いや、思い違いか。」

「私はニーナだ。ニーナ・アントーク」


リーリンとニーナの出会い

ニーナはリーリンの名前を聞いてちょっと気にするが思い違いと考えたようです。
手紙の一件でリーリンの名前は知っていると思うけど同一人物とは思わないか・・・

リーリンがニーナの瞳の中に見た黒髪の少女と廃貴族。
ここら辺の力が女王がリーリンを守ろうとする原因なのかな?

ririnsavaris18.jpg

「あれ全部、鳥?」

「電子精霊!」


   ------------------------------

「どういうつもりですか?」

「貴方に傷一つ付けるなって言われているんでね」

「誰にですか?」


   ------------------------------

「あれが電子精霊」

「あれが?」

「光ってるじゃないですか」

「光ってる?なにがです?」


   ------------------------------

リーリンは自分に懐く鳥の行動から上空の異常に気づく。
ニーナは鳥が囲んでいるのが電子精霊だと気づき救出へ向かう。

この2人が異変に気づいたところが今後のポイントな気がします。
ニーナは子供の頃、電子精霊に救われ今は廃貴族を宿す。
ならリーリンは?
このことが今後描かれるのではないだろうか?

一方で汚染獣接近の警報が鳴り響きリーリンはサヴァリスに連れ出される。

女王命令


廃貴族<<<<<<<リーリン

女王命令でリーリンを守るサヴァリス。なければ気にもしなそう・・・・
しかしリーリンは電子精霊に気づき救出に向かう。
サヴァリスはこれまた命令により彼女の行動を止められない。

サヴァリスにも電子精霊の光が見えないことから武芸者の力とかは関係ないっぽい。
リーリンの力の謎までアニメは明かしてくれるのかな?

電子精霊がいないとレギオスの足は止まる。
汚染獣から逃げる事ができなくなるってことなんですね。

ririnnina18-3.jpg

「その力・・・我等と来い、ニーナ・アントーク」

「世界を変えてみたくはないか」

「オーロラフィールドがそれを可能とする」

「リグザリオの思想などイグナシスの無双の前には塵と同じ」


   ------------------------------

「これが・・・電子精霊」

電子精霊の元へ向かうニーナの前に狼面衆が・・・
リグザリオとかイグナシスとかオーロラフィールドとか完全にレジェンドの用語です。
ニーナが唯一、聞き覚えがあるのが彼女の故郷にある電子精霊を生み出す
リグザリオ機関の”リグザリオ”だけ。

ここら辺の謎とか最終回までに回収できるんだろうか・・・・・・原作もまだだけど。

リーリンは電子精霊を捕らえている装置に気づきそれを解除しようと動く。
危機に陥るがロイに助けられ無事に電子精霊を解放。
正体はリーリンに懐いていた鳥。

そしてロイは・・・・・・

リーリン、後ろにいる奴の表情を・・・

----------------------------------------------------------------------
regi19wa.jpg

次回は「導かれた出会い」

導かれた出会いっていうのはリーリンとニーナのことかな?
次回でニーナの行方不明関連の話は終了だろうか?

あと六話でこの物語は終わるのだろうか・・・・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。


続きを読む

テーマ : 鋼殻のレギオス
ジャンル : アニメ・コミック

電波女と青春男 2

あらすじ

E.T.ごっこして自転車で宙を駆け抜けた夜を経て。
布団ぐるぐる電波女の藤和エリオが、ついに布団を脱ぐ決意をした・・・のはいいんだが。

なぜ俺の傍を離れないんだ? 
え? 
バイトの面接に付きあえって? 
そしてなんでお前は、生まれたての雛が親鳥を見るような目をしてるんだ? 

うーむ、こつこつ貯めた俺の大切な青春ポイントが、
エリオの社会復帰ポイントに変換されている気がする・・・・・・。
しかもそのエリオの脱電波系少女ミッションが一人歩きして。
天然健康少女のリュウシさんとコスプレ長身美人の前川さんが
俺の家に遊びに来たり(しゅ、しゅらーば)、
みんなでロケット遊びしてる最中、女々さんの秘密と遭遇したり。
・・・・・・というわけな第②巻。
なんだかんだで青春、なのかなぁ。

感想

単発だと思ってたら続いた電波女と青春男の2巻。
これは・・・続くのかな?

今回は前回なんやかんやがあって電波女から普通の美少女になりつつあるエリオ
彼女の社会復帰にが協力する話です。

布団を身体に巻いて街を徘徊していた娘がバイトをしようと思い立ちました・・・
結果はもちろん・・・・

不採用!

世の中そんなに甘くないですよね。
奇行を知られているわけでかなり厳しいですが・・・
最終的に母親である女々が探してきた駄菓子屋でバイトすることに。

今回は青春ポイントの他に
エリオ社会復帰ポイント女々幸福ポイントが加わってなんか変な事に・・・

エリオはこれまでの奇行のせいか嫌っている人もいて流子がそのことで
孤立するのではと心配するのですが、エリオの味方である事は揺るがず。
以外にも根性があります。何気にかっこよかった。
まだ実際に孤立しているわけじゃないのでこれからどうなるかですが・・・

そして真の周りの女性陣の動きもなんか混沌としてる。
流子は真に好意を持っているっぽいけどまだ恋と認識してないっぽいし
前川さんは皆を弄って楽しんでる感じだし、
エリオは好きって言うより懐いてるって感じです。

ここらへんはこれからどうなることやら・・・・
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃんと違って”変”なベクトルが明るいから面白い。

今回はエリオ達に平行して女々視点の話もあります。
エリオ達が色々やっている間、彼女がどのように動いていたかがわかってよかった。
大供だけど彼女は彼女なりに色々と考えているんだなぁ・・・モチモチ先生だけど。

電撃の缶詰に載っている入間人間さんの”わたしと1億”
目標が20億部ってすげぇ・・・目指すならトップっている姿勢がなにより凄い。
相手はアガサ・クリスティらしいです・・・・・

最後に一文。
女々の行動が最初から最後までこの言葉に収縮されている気がします。
っていうか子供の頃からずっと考え続けてたのかな・・・この巻で40歳になるのに・・・

「生きた心地がした?久しぶりに」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

電波女と青春男〈2〉 (電撃文庫)電波女と青春男〈2〉
(電撃文庫)
(2009/05/10)
入間 人間

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

(アニメ感想)アスラクライン 第6話「闇の向こうに浮かぶ贄(いけにえ)」

第6話「闇の向こうに浮かぶ贄(いけにえ)」

asuraGD6.jpg

「ほんの少し、瞬き程度の時間だよ」

里見恭武と千代原はる奈、登場

瑶と同じGDのメンバーなわけですがこんな所ででてくるとは・・・・
そもそもGDについてまだほとんど情報がでてきてないし。

あれ?そういえば原作でも介入してくる事はあっても
話の主軸に組織そのものが関わった事がないんじゃないか?

kagakubu6.jpg

「なぁに?智春。そんなにあたしに会いたかった?」

風邪をひいて朝起きたら同級生と先輩が汗を拭いてくれている・・・・

どんだけだよ!

あと朱浬のバランスが・・・・ちょっと怖い。
首の方向に対して顔が・・・・

とりあえず前回の最後で記憶が戻り朱浬さん復活です。
紫浬についてはぐらかす朱浬。
そこに電話が・・・・

yousyuri6-1.jpg

「取引しないか?朱浬」

「本物のスタビライザはそばにあるんだろ?」

「答えはYesか・・・」

「ここにある君の大事な手紙と交換だ」


「彼女も機巧魔神の演操者?」

「ええ、しかも最悪のね」

「瑶に対抗するには智春の機巧魔神が必要なの」


関東学生連盟の武装生徒指導員(ガーディアン・ドラグーン)=GD:雪原瑶
本で文字で見ればまだ判るが音だけだとわかりにくい気がする。
さらに第一生徒会の前生徒会長。
あの白い服は生徒会の伝統か?それとも佐伯兄の趣味か・・・

生徒指導員が武装してるってそれこそ指導されるべきだと思うんだが・・・・
悪魔がいたり生徒会長が銃を携帯しさらに機巧魔神を持っている。
そんな世界だからなのか?

tomokanade6.jpg

(#゚Д゚) 智春・・・・なんだコイツ!!

奏の胸を鷲づかみ。
まかり間違ったら智春もミカンと同じ運命を辿ったんじゃないだろうか?

yousyuri6-2.jpg

「白銀──抜刀!」

「空間そのものを切断する。あれが瑶の機巧魔神の力よ」

「スタビライザってなんなんですか?」

「機巧魔神のプラグインよ。機能拡張用の増設部品」

「じゃあ、副葬処女っていうのは?」

「機巧魔神に捧げられた生贄」

「多分、スタビライザは副葬処女を機巧魔神から解放する鍵よ」


智春は熱のせいで倒れ・・・

朱浬の胸に・・・・∑(゚□゚;) おい

白銀を呼ぶ時の瑶のセリフはかっこいい。
そして何気に無双状態だ。

機巧魔神の演操者ってある程度、自身を鍛えてないと危険だよね。
狙われたらかなり危ないから。
何気に白銀の空間切断能力はチートっぽい。
移動、防御、そして攻撃・なんでも使える優れものだ。

そういえばタクシーが止まらなかったら瑶はどうするつもりだったんだろう?

ritukanade6.jpg

「大丈夫です夏目君。私、保険委員ですから」

フルアーマー朱浬

護法榴弾砲って人に向けて撃つ大きさの火器じゃないですよね・・・・

一方、智春は熱を下げるために律都の薬(座薬)を奏に挿入される。

なるほど、こんな所に罠が・・・


----------------------------------------------------------------------
yousyuri6-3.jpg

「私とあの子の区別も付かなかったくせに!」


「闇より昏き絶望より射ゆし──」

「──其は科学の罪に嘆く牙!」


「自分自身を副葬処女として機巧魔神の人柱にしているのか」

「闇より深き深淵より出でし──」


「朱浬・・・姉さん」

「──其は科学の幻影(かげ)を裁く剣!」

「白銀に対抗できる力は存在しない・・・今はね」

「所詮、君がやっている事は徒労。ただの自己満足なんだよ」


朱浬の火力などまったく問題にしない白銀の力。
強すぎです。

そして朱浬の奥の手である機巧魔神の力!
やっぱり呪文はいい感じです。

それに対抗する白銀の力。
呪文の前半が鐵と一緒。
さすが対になる機体なだけはある・・・。

激突の結果は白銀の勝ち。
やはり本物の力にかなわないのか?
それとも白銀が強すぎるだけか?

白銀の呪文が聞こえた時の朱浬の呟きが気になる所。
やっぱり彼女は・・・

BlackWhite6.jpg

「無駄な努力でも、自己満足でもなかったよ。」

「そう思ってたのはあなた1人だけ!」


「来い、鐵」

「闇より深き深淵より出でし──」

「──其は科学の光が落とす影」


「スタビライザは渡さない!」

「鐵!」

「白銀!」

「もういい白銀。スタビライザを破壊しろ」


「だめだ、あれは・・・護れ!鐵!」

鐵 VS 白銀

燃える展開でした。
空間を切り裂く白銀に対して空間を歪める重力場を発生させる鐵
確かに戦えば互角かもしれません。

2機のぶつかり合いは智春に謎の映像を見せる。
どうやら見たのは智春だけっぽいですが。

最終的に鐵がスタビライザを取り込み戦いは終了。

ちなみに鐵が空間を押し広げたとき天地無用GXPを思い出した・・・

----------------------------------------------------------------------
asuraED6-1.jpg

「食べちゃったねぇ」

「ハハ、そうだな」

今週の操緒は作画のせいか幼く見える。

そして瑶が持つ手紙の内容は・・・・・
明らかに今の朱浬からは想像できないような内容みたいです。

そして律都が操緒を見て・・・・

----------------------------------------------------------------------
asuraED6-2.jpg

「水無神操緒です!よろしくお願いします」

朱浬と紫浬が双子の姉妹である事を知る智春。
そして

操緒、キタァァァァァァァァァァ!

スタビライザを取り込んだ影響で一般人にも見えるようになったみたいです。
でも編入を許す学校側もある意味すげぇ!

これでますます智春の周りは騒がしくなりそうです。

----------------------------------------------------------------------
asura7wa.jpg

全てが薔薇色に見えた   喜びと希望に満ち溢れ

 いつまでもずっと一緒     そう、あの日までは

    全てが              全て

    終わった            始まった


次回「無常な空に散った夢」

作画が・・・・作画が・・・・・

予告を見るかぎり次回も・・・・・
なぜいきなりこうも崩壊が・・・・・

来週の内容は黒崎朱浬&紫浬姉妹と雪原瑶の過去話になりそう・・・
多分オリジナルだと思うんだけど・・・・作画が

なぜにこんなことに・・・


せめて再来週は戻っていてほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。

テーマ : アスラクライン
ジャンル : アニメ・コミック

星図詠のリーナ

あらすじ

父である国王の命を受け、辺境へと地図作りの旅に出た賢く若い王女「リーナ」と
護衛の騎士たちは、正体不明の一団の襲撃を受け壊滅の憂き目にあったところを、
流れの傭兵「ダール」に助けられる。
何があろうとも任務を全うしようとするリーナと臨時護衛に雇われたダールは、
妖魔をかわし、夜盗を退け地図作りの旅を続けていく中で宮廷の陰謀を掴むのだが、
時を同じくして辺境の迷宮に眠っていた強大な何かが目覚める・・・。
正統派ファンタジーの新鋭が贈る「本格マッピング・ファンタジー」。

感想

地図を書く事が目的のファンタジー小説。

面白かったです!

あくまでマッピングが目的で戦いなどはその引き立て役って感じでしょうか。
この作者さんの作品の世界観やキャラクター同士の掛け合いは好きですねぇ。
派手ななにかがある訳ではなく地味に見えるのですが・・・面白い。

富士見ファンタジア文庫の”ライタークロイス”も騎士を目指す少年の話で
そちらは戦いも多かったですがそれ以外の所に作品の”きも”があった気がします。

ファンタジー世界で地図を作っていくという事は冒険小説では些細な事になりがちな
日常の街の景色などがよくわかるのではないでしょうか?

私自身は少々、方向音痴ぎみで地図なしだと初めての場所は結構不安です。
地図を読む事ができるのですが描くとなるとまるでダメですね。

このシリーズの主人公のリーナ
輪郭だけを描いた白地図を完成させることが夢。
今は父である王の命令で街の地図を作ったりしているけど、
いつか世界に旅立つのかな?

無愛想なメイドさんっていうのはこの作者さんの本では定番なのだろうか?
ちなみにお気に入りはリーナの姉であるパルヴィ

・・・あれ?

お気に入りのシリーズになりそうなのでこれからも続いて欲しいですね。

最後に一文。
リーナの地図作り、その始まりとなった彼女の母親のセリフ。

「あなたはあなたの地図をつくりなさい」

「あなたが歩いた道を、見つけたものを、その中に描いていくの。

  この星の──あなただけの地図を」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

星図詠のリーナ (一迅社文庫)星図詠のリーナ (一迅社文庫)
(2009/04/20)
川口 士

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

購入履歴(5月序盤)

電撃文庫の新刊です。
今月はGWの為、販売が早いか遅れるかと思っていたんですが前日発売。
11日発売になってる所もあるから2日早いのか、もしくは9日発売の当日なのか
どっちなんだろ?
調べる所によって発売日が違う場合があるからなぁ・・・

<電撃文庫>

狼と香辛料XI Side ColorsⅡ
葉桜が来た夏 4 ノクターン
Kaguya4 ~月のウサギの銀の箱舟~
電波女と青春男(2)
森口織人の陰陽道 巻ノに
らでぃかる☆ぷりんせす! せかんど
ラプンツェルノ翼Ⅱ
スイート☆ライン
放課後限定勇者さま。
九罰の悪魔召喚術
クリスナーガ


ookamitospice11.jpghazakura4.jpgkaguya4.jpg
denpa2.jpgmoriguthi2.jpgradhical2.jpg
rapuntuhel2.jpgsuiteline.jpghoukagoyuusya.jpg
kubatu.jpgcrisnaga.jpg

狼と香辛料は2期が決定。今月のシリーズ物で抜きん出ている感じ・・・巻数とか。
葉桜は帯に書いてあった事が凄かった

今度のアポストリはゴスロリです


シリアスな話なんでしょうけどね・・・・・

kaguyaはあいかわらず表紙が・・・・私がプレゼントですってことかぁー!!!
電波女は楽しみにしていたので読むのが楽しみだ。
陰陽道は前回の内容を忘れ始めてる・・・読み直さなきゃ。
らでぃかるは・・・・・・・続きが予測できないなぁ。
ラプンツェルのまた3巻で終わるのかな・・・ツァラトゥストラの続きが読みたい・・・

新シリーズは4冊購入。
上から作者、あらすじ、表紙、あらすじ買い。
九罰の悪魔召喚術だけデザインが違う文庫みたいだ・・・・



ディスプレイアダプタが故障して汎用デバイスで動いている最近の私のPC
新しいPCを買うためにお金を貯めなきゃいけないんですけどね・・・・・
3,4ヶ月、ラノベを買わなければ安いPCくらい買えそうなんですけど

本を買うのを止められるかぁーーーーー!!!

禁書目録、アスラクライン、狼と香辛料ⅡのDVDもすでに予約済みだし・・・・
無理だよコレ・・・
気長に1年くらいコツコツ貯めるしかないかなぁ・・・
それまでこのPCが動いてくれてればいいが・・・・・

電撃の缶詰を見ていて思ったのだが
1億冊突破キャンペーンの電撃文庫1年分が当たれば・・・・・・・

ドラマCDがでるようだ・・・・出費がぁぁぁぁぁぁl!


秋葉原…それは時間とお金が吸い込まれていく魔の街

oresannzyou.jpg

「俺、参上!」

バイト先のみんなでアキバに行った時の購入物。
色々買ったけどこれが一番お気に入り。
400円程度だったし・・・
いやまぁ他で色々散財してしまったわけですが・・・・

食事代のほとんどをだしてくれたMさんには感謝してもしきれない・・・


テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

ダンタリアンの書架 3

あらすじ

ダリアンは荒れていた、怒っていた、罵倒していた。
読み終えた王都で人気の流行小説第二巻。
その三部作の最終巻が刊行されぬまま作家レニー・レンツは半年前に死んでいたのだ。
だが、そのレンツからヒューイへ助力を求める手紙が。

「奇怪な書物によって囚われた私たちを助けて欲しい」と—。

ダリアンは手紙の住所に向かった、続きを書かせるために。
人の欲望に応え、不思議な力を発揮する悪魔の本を巡る、少女の冒険、第3弾。

感想

ダンタリアンの書架の3巻。
ザ・スニーカーで連載が再び開始されたのでまだまだ続きそうです。

このシリーズは短編形式で読みやすいからいいですね。
そして表紙は立ち絵。全体を見れるのはいいです。
ダリアンの首をちょっと傾けているのがGood!

あいかわらず主要キャラはヒューイダリアンの2人だけ・・・かと思ったら、
今回ついに他の読姫との接触がありました。

”壊れた読姫(ロング・ロスト・ライブラリー)”または”銀の読姫”と呼ばれるフランベルジュ
そしてそのパートナーである焚書官ハル

読姫でありながら本を焼くことに力を貸すフラン
元々そういう存在なのか、それとも”壊れた”ことが原因なのか?
まだまだ謎が多い存在です。

ハル達は基本的に幻書を焼く事が目的の為、明らかに他の読姫達と相性が悪いです。
ですが今回はヒューイ達となりゆきで協力する事に。
最終的にはヒューイの方が一枚上手でハルに肩透かしを与えた感じでした。
これからもこういう遭遇があるなら面白いかも。

幻書を生み出すことが目的の”赤の読姫”ラジエルとその鍵守である”教授”
彼等との遭遇もこれから語られる事になるならかなり楽しみです。
彼等の場合はヒューイハルの共通の敵って感じなのかな?

読姫同士は知り合いなのかはちょっと判りませんでしたね。
ダリアンフランは結局、知り合いっぽい会話がありませんでしたが、
ハルの事を知らないとは言っていましたがフランについては言及してませんでした。
どっちなのかな?

今回の1、3、5話は真面目な話で救われない感じのものもあったが、
2、4話の話はオチがどっちも笑えた。
どちらの話も”女性は怖い”ってことを表していたような気もする。
そういう意味では1話も”女性は怖い”話だったが・・・・・・

それと挿絵がいい物が多かった。

最後に一文。
今回はハルフランベルジュの力を解放する時の受け答えと、
ハルがその力を使うときのセリフ。

ベルカ式アームドデバイス・スルトってあっても違和感ないなぁ、
もしくはユニゾンデバイス・フランベルジュとか・・・

「”壊れた読姫”フランベルジュ!

    I ask of thee    Art thou mankind
 我は問う・・・・・・汝人なりや?」


『否、我は天──堕ちた天なり』

 カートリッジ・ロード    ブレイズ
「幻書装填──起爆!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

ダンタリアンの書架3 (角川スニーカー文庫)ダンタリアンの書架3
(角川スニーカー文庫)
(2009/05/01)
三雲 岳斗

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

(アニメ感想)鋼殻のレギオス 第17話「サリンバン教導傭兵団、出陣!」

第17話「サリンバン教導傭兵団、出陣!」

17syoutai17-1.jpg

レイフォンからの伝言でツェルニに異変が起きている事を知るニーナ達。
ニーナはカリアンから詳しく事情を聞きツェルニ(電子精霊)のもとへ・・・。
他のメンバー+ダルシェナはレイフォンのもとへ。

レイフォンからの伝言を聞いてすぐに走り出したニーナ。
すぐに錬金鋼を復元したフェリ。
女性人の行動の早さが凄いです。
それだけレイフォンの事を・・・・・・・

うらやましいやつ・・・・・・

----------------------------------------------------------------------
reifonhaia17.jpg

「うちが受け持つのは半分の6体、そういう契約さぁ」

12体の眠る汚染獣の前でのハイアとレイフォン。
あいかわらず仲悪い。

サリンバン教導傭兵団は半分の6体を相手にし残り6体をレイフォンが相手にする。
多分怪我がなければ・・・もしくはあってもレイフォンなら12体倒せそうな感じがする。

reifonferi17.jpg

「なにをしているのですか貴方は」

「すいませんが、今はこの不治の馬鹿を患っている馬鹿に用があるのです」

「部外者は出ていってください」


「隊長はツェルニの所へ行ったんですよね」

「・・・・・・はい」


いきなり念威端子を奪ったうえに部外者扱い・・・・
今日のフェリも絶好調です。

不治の馬鹿を患った馬鹿

どんだけ馬鹿って言いたいんでしょうか?

レイフォンはフェリに汚染獣との戦闘を映像として記録する事を依頼。
今後のための参考にってことでしょう。

regiBattle17.jpg

「能書きはどうでもいい・・・一匹残らず刈り取れ」

「狩りの時間さぁ」

「止まる時は死ぬ時だ」

「調子はいいんです・・・今日はこの空だって斬れそうだ」


戦闘を開始するレイフォン&サリンバン教導傭兵団。
あいかわらずレイフォンは強いです。

手術直後でこれだけ戦えるんだから普段どんだけって話です。

今日はこの空だって斬れそうだ

なんかカッコイイこと言っちゃてます・・・フォンフォンのくせに。
レイフォンの戦いを始めてみるダルシェナはかなり驚いてます。
当たり前ですが・・・。

sarinban17.jpg

「見事なもんだ」

「1人1人が分散し陽動をかけ汚染獣の動きを封じています」

「その隙にあの男が、ハイアが倒していく」

「だがレイフォンに比べれば」

「本来の汚染獣との戦い方はあっちです」

「僕のは無謀な馬鹿がやることだ」


完璧な連携で無理なく汚染獣を倒すサリンバン教導傭兵団。
多分これが普通の汚染獣との戦い方。

危険ですので良い子はレイフォンを真似てはいけません。


本人も馬鹿がやることといっているのでかなり無茶な戦い方です。
基本的にノーダメージで勝たないといけないですからね・・・1人で。

reifon17.jpg

「一緒に戦ってほしいから」

仲間として皆とも一緒に戦って欲しいから、だから傭兵団の戦い方を見せた。
レイフォンもかなりまともな考え方ができるようになってきました。
ただ敵を倒しお金を稼ぐ事を考えていた過去からかなり成長した感じです。
まぁ無理する所はまったく変わってないっぽいですが・・・

----------------------------------------------------------------------
nina17.jpg

「何故居る、何故貴様が・・・廃貴族!」

「我が魂を所有するに足る者をうるため、我、行動を起こすなり」

「状況が人を変革させ、成長させる」

「お前には極限の意思というものがない、だが奇妙な感応がある」

「この都市を守ろうと思案する者よ、ならばお前で試そう」

「我を飼う極限の意思がなくとも、その感応に全てを賭けてみよう」


「やめろ・・・やめろぉぉぉぉぉぉぉぉ!」

ツェルニ(電子精霊)のもとに辿り着いたニーナが見たのはそこに立つ廃貴族。
廃貴族はニーナの電子精霊と感応する力を察知し彼女に憑りつく。

ニーナの電子精霊に対する感応は
過去に電子精霊に命を救われた事が原因なのかな?

この時点でどうやらフェリはニーナを見失ったような感じです。

----------------------------------------------------------------------
ririnsavaris17.jpg

「サヴァリス様、どうしてここに・・・」


「極秘任務で他所の都市に行かなければならなくてね。長い旅になる、よろしく頼むよ」


       --------------------------

あんたが優先するのは廃貴族確保じゃなくてリーリンの安全だからね」

「彼女に毛ほどの傷があっても許さないんだから」

「潰すからね、プチッっと」

「あと彼女に頼まれたらちゃんと言う事、聞くのよ」

「もう女王命令と思ってもいいから」

「彼女の安全を守るのも当たり前、彼女の言う事を聞くのを当たり前」

「両方やって見せなさい。普段、天剣授受者だって威張ってるんだから」

「うるさい、とにかくそうしろ」


レイフォンのもとへ向かうリーリン。

ついに正妻が動きました!


そしてそれに同行するサヴァリス。
任務はツェルニにいる廃貴族の確保・・・・ではなくリーリンの護衛。
廃貴族は完全にオマケのようです。

どんだけ過保護なんだよ、女王陛下

リーリンは知らぬ間に天剣授受者であるサヴァリスを従えるような立場に・・・・
リーリンの旅は汚染獣に対してはかなり安全が保障された気がする。

----------------------------------------------------------------------
17syoutai17-2.jpg

「ニーナ・アントークは何処にもいません」

「ニーナ・アントークが・・・消えた?」

「レイフォン・・・」

フェリがちょっと辛そうです・・・

17小隊の中でこの時点で唯一ニーナの異変を知っているフェリ。
その事を伝えられずに辛そうです。

そしてリーリンにもついにシャワーシーンが・・・・!!

----------------------------------------------------------------------
regi18wa.jpg

次回は「ニーナ消失!ツェルニ緊急事態」

来週は

いまだ異変が続くツェルニでニーナがいない状態のレイフォン。
別の学園都市で事件に巻き込まれるリーリン。
そして廃貴族に憑りつかれたニーナ。

この3人が中心となった話かな?
ニーナがいなくなるとレイフォンがかなり取り乱しそうだ。依存してるっぽいし。

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。

テーマ : 鋼殻のレギオス
ジャンル : アニメ・コミック

生徒会の五彩 碧陽学園生徒会議事録 5

あらすじ

私立碧陽学園生徒会室
―そこは、選ばれし者だけが入室を許される聖域にして楽園(かどうか最近微妙)。
思わせぶりなタイトルでお届けする、長編第5巻。
出会いと別れをくり返し、人は成長するもの・・・・・・そう、「生徒会」だって。
あの人の妹と出会ったかと思えば、あの人との別れがすぐそこに――!? 
そんなこんなで、いよいよタイトルが苦しくなってきた第五弾もきゅ!

感想

表紙が男主人公オンリーって・・・・ある意味凄い。
これでとりあえず生徒会役員はフルコンプ。

あとは真儀瑠かと思って表紙をめくったらカラー絵の最初がそうだった。
そして最後のカラー絵にやられた・・・・。

もきゅもきゅ?

第1話:キャラ付けする生徒会

生徒会メンバーが新しいキャラクター性を付け合う話。

もきゅもきゅもきゅもきゅもきゅもきゅでした・・・


なんていうか・・・・とにかく知弦が恐ろしく可愛かった。
これがギャップ萌えというやつなのか・・・・・・。

ガン○ムネタも面白かったけどもきゅもきゅの前には全てが・・・

第2話:稼ぐ生徒会

生徒会のメンバーがバイトについて語る話。

ガクブル(((;゚д゚)))ガクブル ヤンデレ怖い、ヤンデレ怖い・・・

いや・・・なんていうかヤンデレって怖いですよね。
好かれすぎるっていうのはもしかしたら怖い事なのかも・・・。

オチはお金を巡る醜い争いになってた。

第3話:嫉妬する生徒会

エリスちゃんが可愛かった。

ちっちゃい子は可愛いものです・・・・決して変な意味でなく。
藤堂リリシアの妹であるエリス杉崎が生徒会室で預かることに。
なぜか杉崎に懐いていいるエリスに周りのメンバーが嫉妬を・・・

この話でさらに杉崎に好意を持っている人物が判明。

どんだけモテるんでしょうか、コイツ?

本人はハーレム作るとか言ってるのに気づいてないけど・・・

副会長男

電車男のパロディなんでしょうか?
”モテるため”というスレを立てたキーとそれにコメントするユキの話。

ユキ=あの子なんでしょうけど・・・・
ネット上だと強いなやっぱり。最近はリアル(生徒会室限定かも)でも強いが・・・
この出来事が4巻の爆弾発言に繋がっていっているのかな?

第4話:決闘する生徒会

決闘と書いてデュエルと読む!

生徒会メンバーがカードゲームをする話。
といっても戦うのは杉崎くりむ会長のみだが。
しかもくりむが富士見に作らせた彼女完全有利なカードゲーム。

人類共通の敵のミジンコは絶対神にも勝てるんだね

カードゲームは単純な力で決着が付くものでは必ずしもないがこれは・・・・・
なんていうか自身のアイデンティティーを捨ててでも勝ちにいったな杉崎

・・・・というかこいつら生徒会役員だよね?

第5話:泣ける生徒会

生徒会の一存シリーズを泣ける話にするために相談する話。

このメンバーでは無理がある気がする

結局どういうシチュエーションで泣けるかを話し合ったが最後はグダグダに・・・
シリアスだと結構感動できるんだけどね・・・

第6話:仕事する生徒会

生徒会の仕事をする生徒会メンバーの話。

?????

なんか違和感を感じました。これが普通だと思うのですが・・・・
まぁ細かい所で杉崎がネタを入れていたので笑えましたが、変な感じでした。

実際、杉崎が有能なのでいつも遊ぶ時間ができてるのかもしれません。

第7話:予告する生徒会

アニメ化が決定したのでアニメの予告を考える話。
原作のキャラ達がアニメの予告を考えるって・・・・

雑談メインのアニメの予行って実際どうなるんだろうか?
”らきすた”みたいな感じだろうか?

そういえば”残響死滅(エコー・オブ・デス)”って言葉ずっとでてるけど
作者さんのお気に入りなのかな・・・

最終話:楽園を遠く離れて

1巻から続く学園の裏で動く謎の出来事の解決編。
真儀瑠先生の様子が変だったのが気になってたがなるほど・・・・

”神”の存在がでてきたあたりでもしかしてとは思っていたんですが
そうだよなぁ、真儀瑠先生と神との関係は友達だもんなぁ・・・。
ある意味、無敵ですよね。

とりあえず杉崎が裏で頑張る”企業編”は今回で終了し、次巻からは”卒業編”
考えたら翌年の春には3年2人は卒業し、椎名姉妹は転校。
杉崎だけが学園に残されるわけです。
そこまでの経緯を描くのが恐らく”卒業編”なのかな?

基本今までと同じほとんどギャグで
ラストがシリアス+前後or間に何かが入る形なのかな?

表紙は一体だれなのか?杉崎の幼馴染&妹の登場はあるのか?
とりあえず6巻が楽しみだ。

最後に一文。
これが頭から離れない・・・知弦は一番好きなキャラなので破壊力がハンパなかった。

「・・・もきゅ。もきゅきゅーきゅぅ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
生徒会の五彩  碧陽学園生徒会議事録5 (富士見ファンタジア文庫)生徒会の五彩
碧陽学園生徒会議事録5
(富士見ファンタジア文庫)

(2009/04/20)
葵 せきな

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

(アニメ感想)アスラクライン 第5話「交わり合う心と身体」

第5話「交わり合う心と身体」

syuri5.jpg

機巧魔神と戦いを繰り広げる朱浬。
やっぱり鐵と似てるなぁ。

機巧魔神によって殴られ朱浬は海の中へ・・・
ってか大丈夫なんだろうか?
いくら朱浬でもアレはキツイのでは?

tomoyukari5-1.jpg

「ありがとうございます。あの、お兄さんのお名前は?」

「どうしてこんなに親切にしてくれるんですか?」

「あの朱浬さんって誰ですか?」

「紫浬です。私の名前。」

「浅海中学2年の黒崎・・・黒崎紫浬」


なんでしょう、このうらやましい状況・・・

目隠しして女の人の服を脱がすなんて・・・どんなプレイなんでしょうか・・・
最終的に智春は見ちゃうわけで・・・

なんだろ、このラッキースケベ


黒崎紫浬さん登場です。
どっからどう見ても朱浬なんですけどね。性格を除けば・・・

前回の事件でちょっとは信頼するようになったのか
智春は朱浬を名前で呼ぶようになってる。
前は”先輩”だったのに・・・。

tomoyukari5-2.jpg

「おはようございます、智春さん」

「あ・・・智春さん、ネクタイ曲がってます」


なんか新婚さんっぽくなってる・・・

っていうかシャツ1枚にエプロンって・・・・

ここまで性格が違うともはや完全に別人に思えるのだが・・・・
中学の頃はこんな感じの性格だったんだろうか?
だとしたら時間の流れってヤツは残酷だ。
まぁ普段の朱浬の性格も嫌いではないですけど。

----------------------------------------------------------------------
tomoyou5.jpg

「ボクは雪原瑶、無理に覚えてくれなくてもいいけどね」


朱浬の家族などの事を調べるため彼女が住む教会を訪れる智春達。
そこで朱浬っぽい幻影と智春がかつて巻き込まれた飛行機事故の記事。
そして写真を見つける。

そして雪原瑶が登場。
なんか智春が胸を押さえてますが・・・・・ときめいているんでしょうか?
まぁ女性なので問題はないはずですが・・・・ねぇ?

瑶は言われればどっちにも見える気がしますね。
ボクっ娘なんですけど男装の麗人の方が似合うなぁ。
原作だとヅカ王子とか呼ばれて。似合いすぎる。

----------------------------------------------------------------------
kagakubu5.jpg

「ボクの副葬処女(ベリアルドール)」

            -------------------------------

「智春さんはそっちのほうがいいんですか?」

「水色のほう?」


            -------------------------------

「ミツケタ。スタビライザ、ミツケタ」

「夏目君に手を出すのは許しません!」


「やぁ、これはヤバイっすね」

「ヴィヴィアン、スタビライザを持ってくっす」

「来い、鐵」

「いけない、夏目君」

「駄目・・・トモぉぉぉぉぉぉ」

「うぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

「機巧魔神からあの子を・・・あの子を・・・」

            -------------------------------

紫浬が見る白い機巧魔神と瑶の夢。
やっぱり鐵にそっくりだよなぁ・・・

なんか潰したぁぁぁぁぁぁ!

凄い残酷な描写な気がする。

智春が教会から持ってきた朱浬の下着を渡そうとする。
何気に智春の好みを気にしている紫浬が可愛い。

そして智春達を襲う殺人人形(ガジェット)
殺人をする事が前提の人形なんでしょうか・・・他の名称は考え付かなかったのか?
それとおかしな気配を感じただけで智春の元に駆けつける奏。
なんかすごい能力な気がします。
どんだけ智春の事を気にかけているんでしょうか?

智春、うらやましいヤツ

そして真日和と彼の使い魔・ヴィヴィアンの登場。
名前はヴィヴィアンに決まったようで完全に仲直り(?)してるみたいです。

鐵を呼ぶ智春だが異変が起きて操緒と鐵は消えてしまう。
原因は多分、風邪。5話開始直後から操緒が結構ブレてたし。

鐵を見て甦る朱浬の記憶と彼女の残した言葉。
スタビライザを使って誰かを救おうとしているようです。

智春の家はボロボロですね・・・。
殺人人形が暴れ、奏の炎で破壊され、ヴィヴィアンに窓を破壊され、
最後はミサイルを乱射される。
もう絶対住めない気がする。まぁ次回には直っていそうだけど。

----------------------------------------------------------------------
youmahiwa5.jpg

「ところでスタビライザって一体なんなんすか?」

「秘密の花園への甘い鍵だよ」

「やるじゃないか、朱浬」


真日和にスタビライザの奪還を依頼したのは雪原瑶。
しかしトランクを開けると爆発。
真日和はヴィヴィアンに、瑶は白い機巧魔神によって自身を守る。

やっぱり機巧魔神はかっこいいよなぁ。
特に白銀はいい感じだ。

----------------------------------------------------------------------
asura6wa.jpg

願いは1つ     それは解き放つための

    ああ               渡さない

  待ってて               その瞳に映るのは

                   罪と幻影

                  私じゃ


次回「闇の向こうに浮かぶ贄(いけにえ)」

原作3巻の話はとりあえず次回で終わりかな?

EDのキャストのところを見るとちょっと問題がある気がする。
見た人は大体判っていたとは思うけど明言されてないんだからねぇ・・・・

来週は機巧魔神同士の戦いがあるようだから楽しみだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。

テーマ : アスラクライン
ジャンル : アニメ・コミック

RPG W(・∀・)RLD 1 -ろーぷれ・わーるど-

あらすじ

「え~と、憧れてやまない剣と魔法のファンタジーワールドに、来ちゃってる!?

 いつの間にやら!すっげ!すっげッス!!!」

普通の高校生、俺―ユーゴは気付くとプレイしていたゲームの世界に入り込んでいた。
しかも、LVは最強クラス。
知り合った村娘は超美人。
もう元の世界になんかもどりたくな~いくらいウハウハだった、ハズ―ハズですが。
美人姉妹の依頼に鼻の下を伸ばして、調子にのってダンジョンクエスト。
あれ、で、でもこの世界ってリセットボタンとか、復活の呪文とかってあるんでしたっけ!?

「ふぅ、勇者ってのも、けっこう大変なんですけど・・・」

俺たちのクエストの未来は!?
どたばたRPG、スイッチON

感想

気が付いたらRPGの世界に入っていた・・・
という良く聞くような展開ですが面白かったです。
他の作品と違ってHP、MPバーが自分も相手もNPCまでも常に見えていて、
さらにステータス画面まで開示する事ができる所が面白かったですね。

最初から主人公達が高Lvなところも面白かったです。
であうキャラがみんなして「人間離れしてる」って驚くのが笑えました。
でも考えてみたら凄く失礼な事を言ってるんじゃないだろうか・・・

主人公のユーゴは結構、冷静に状況に対応してましたけど冷静すぎる気もします。
一方で友人のショウは喜びすぎですが・・・・・
これはこれでバランスが取れてるんですかね。
そういえばあらすじの文ってユーゴよりもショウの物って感じがするのですが・・・。
本文中にこんな軽い感じの描写は見られなかったんだが・・・・・

表紙はキャラクター達のデフォルメキャラ+ファミコン。
もしかしたら毎回違う本体ってことにならないでしょうか。
それならそれで面白い気がします。

この本を読んでてフラグは自ら立てようとすると大体失敗するなぁと思った。
基本的にフラグって本人が知らない所で立ってますよね大体・・・ラノベとかは。

キャラクターはユーゴ、ショウ、イシュラ、レヴィアが主要キャラ。
とりあえず・・・・・

レヴィアが可愛かった!


そしてこの話の大きな岐路になる”即死魔法”
ゲームならセーブポイントからやり直しができますが、
実際その世界に入ったとなるとこれほど恐ろしいものはないのではないかと。
完全に運による判定ってどんだけ怖いんでしょうか。
もし勇者が即死魔法を完全に防ぐ装備をしてないなら
魔王はそれだけ使える部下を延々と送り続ければいずれ倒せるんじゃ・・・・
そういえばラノベのファンタジーってあまり即死魔法ってでてこないなぁ。
やっぱり強さのバランスが崩れちゃうからかな?

面白かったので次が楽しみ。
1巻だけでていつの間にか消えたりはしないでほしいなぁ。

最後に一文。
ユーゴのセリフ。

彼は別の自分になる事ができるRPGが好きだった。
彼はRPGの世界に入って高Lvの騎士の力を手に入れた
けれど彼の心は現実世界の自分のままだった
だからこそ・・・

「おれは変わりたいんだ。変えたいんだ、自分を」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

RPG W(・∀・)RLD1  ―ろーぷれ・わーるど― (富士見ファンタジア文庫)RPG W(・∀・)RLD1
―ろーぷれ・わーるど―
(富士見ファンタジア文庫)
(2009/04/20)
吉村 夜

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

神のまにまに!~カグツチ様の神芝居~

あらすじ

頭上に“ヘッポコ”様なる可愛い(?)神様が取り憑いている品部人永は、
そのせいで女の子にモテない不幸な人生を送っていた。
そんな人永のもとに、ある日政府から美人な才媛・高峰小町が派遣されてくる。
曰く、雲隠れしてしまった八百万の神々を探してほしいのだという。
強制的に、小町が所長を務める『やおよろず神議会』に所属させられてしまった人永。
小町の色気に逆らえず、ある温泉街に神様探しに向かうことになる。
そこで人永とヘッポコを待っていたのは、神様らしからぬ気さくな女神様で―?
可愛い神様ヘッポコ様が大活躍!?
第15回電撃小説大賞“選考委員奨励賞”受賞作。

感想

完全に表紙買いだったんですが面白かったですね。
神が実際に姿を現して権利を持っている世界。
突然、姿を消した彼等を探す主人公とその主人公に憑いている神様の話。

ヘッポコ、かわいいよ。ヘッポコ

ヒロインがなんか可愛かった。

ちっこくて言葉も片言な感じの神様。
スタイルのいい純情な女神。
クールでお姉さまな上司

主人公にムカついたのは内緒です。

日本の神話とか(世界のもですが)好きなのでこういう設定は結構好きですね。
神話が好きなわりに神の名前は知っていてどんな関係かとか物語の方は
それほど詳しくないんですけどね。
考えてみると神話ってある種のラノベみたいなものですよね。
魔法とか凄い効果を持った武器とか普通にでてくるし。

それと昔から”騙る”って言葉が妙に好きなのでこの話は面白かったですね。
嘘を利用して事件など問題を解決する展開は好きです。
ここら辺は推理小説とかで主人公が使ったりするのですが・・・。

続きそうな感じなので次も楽しみにしようかと。

そういえば作中でカグツチが炎の龍になるというのがあったのですが

炎+龍=


kaagututhi.jpg

これを想像してしまいましたね。
考えたらコイツだけ異常に強かった気がする。

最後に一文。
主人公である人永の頭に乗っかってる小さな神様・ヘッポコ様(人永が命名)
彼女の返事。「はい」ではない所がクリティカルだった。

「あい」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

神のまにまに!―カグツチ様の神芝居 (電撃文庫)神のまにまに!
―カグツチ様の神芝居
(電撃文庫)
(2009/04/10)
山口 幸三郎

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

購入履歴(4月終盤~5月序盤)

4月終盤~5月序盤の新刊です。

<角川スニーカー文庫>

ダンタリアンの書架 3
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 2 無垢なる歪み


dantarian3.jpggundam002-2.jpg

待望のダンタリアンの書架の3巻が発売。
もう1冊はガンダム00です。

ダンタリアンは連載がまた始まったのでまだmだ続きそうです。

<MF文庫J>

剣の女王と烙印の仔 Ⅰ

kenraku1.jpg

杉井先生の作品だから+表紙で買った1冊。
あらすじを読むかぎりは面白そう。さて内容は・・・・まだ未読です。

<なごみ文庫>

リトルバスターズ!エクスタシーSSS Vol.5

littlebastersEXsss5.jpg

なんとなーく買っているリトバスEXの短編集5巻。
気楽に読める短編集なので短い時間でも読めるところがいいですね。
笑えるし。

<おまけ>

狼と香辛料 狼と金の麦穂

ookami+DVD.jpg

狼と香辛料Ⅱ・・・アニメ2期の未放送番外編が収録されたDVD付きという事で購入。
税込みで3360円は高かった。
今月7日に出かける予定があるのにお金が・・・・・・・

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

カレンダー(月別)
04 ≪│2009/05│≫ 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。