スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法科高校の劣等生 4 九校戦編(下)

あらすじ

九校戦中盤の目玉、『新人戦』。

一年生のみで繰り広げられるこの競技は、
第一高校の主席生徒・司波深雪の可憐かつ優雅な勝利を披露するステージでもあった。

兄である達也も、参加選手たちが使用するCAD(術式補助演算機)の技師としてチームに参加、
妹の活躍する姿に頬を緩ませていた。

劣等生であるはずの達也が調整したCADによって、
第一高校生徒の華麗なる圧勝劇が演じられる中、
とあるアクシデントによって彼自身も九校戦の選手として参加する羽目になる。

魔法による直接戦闘競技『モノリス・コード』に出場することになった達也。
対戦相手は、『クリムゾン・プリンス』と呼ばれる第三高校一年生のエース・一条将輝だった。

感想

魔法科高校の劣等生の4巻

表紙は前回登場の新キャラである幹比古美月

今回の話では主人公である達也の凄まじさが3段階に分かれて
わかるようになっている感じ。

1つめは今回から1年生メンバーの新人戦が始まった『九校戦』での話。
達也は技師として深雪・ほのか・雫を中心とした一年女子のサポートをするわけですが・・・

圧勝・・・うん・・・圧勝・・・ってか圧倒的ではないか!

なんていうかこう・・・実力も大事だけどそれ以上に・・・
サポートしてくれる裏方の力は偉大だな・・・って感じなんですけど
偉大すぎて選手達よりもその裏方のほうが警戒されるのってどうなのさ!?って感じになってます。

達也CADのメンテナンスに関わった生徒は軒並み入賞
深雪・ほのか・雫の3人や英美スバルといった他の女生徒に至っては
参加競技で上位を独占(1~3位独占や1・2位独占)というトンでもない快挙を達成

新人女子が不自然なまでに・・・深雪・ほのか・雫の3人のようにトップクラスの才能を
持つ魔法師がいるとしても驚異的な結果、そして今まで考え付かないような奇策の数々
そりゃ・・・本人達以外の要素を疑われるのは当たり前といえば当たり前ですけどね・・・

達也が劣等生・・・二科生だと知らない他校の生徒からしたら
高校生ばなれ・・・どころかプロすら置き去りにした超技術
さらに自分達では思いつかないような作戦を指揮してくる
スーパーエンジニア扱い・・・

これはあれだよね・・・達也が実は二科生って知ったら
他校のエンジニアとか選手は軒並み自信喪失するよね・・・
なにせ二科生である彼への反発からサポートを断った男子新人戦は
気合が空回りした事もあって散々な結果だったみたいだし・・・

あまりにも優秀すぎる達也の技術に親しい面々以外の一科生の1年女子の間では
達也の評価がまさにうなぎ上り状態でした・・・

祝勝会ムードの食事の席で彼だけ女子のメンバーのところで食事とか・・・
なんかもうモテモテ状態に・・・

まぁ彼がそうなっても深雪の絶対防御と、ほのかの猛烈アタックがあるので
他のメンバーがそうそう深い関係になれるとは思いませんけどね・・・

唯一、仲のいいメンバーで達也の技術を認めたうえで専属のエンジニアに・・・
と誘いをかけているとの関係は・・・とか思うところがあるんですけど・・・どうだろ?

達也に対する態度に恋愛感情はない感じだし、達也にももちろんない。
だけど基本的に物静か・・・って感じのこの2人のやりとりはなんかいい感じだった。

今後なにか進展があったりすると面白いかも。

2つめは・・・やっぱり新人戦・・・ただし男子

女子の活躍で達也達、一高は新人戦優勝を狙える位置に。
ただし男子メンバーの不振、そして大会の裏で暗躍するテロ組織の妨害によって
魔法を使った直接戦闘競技のメンバーが負傷し、代役として達也が選ばれる事に。

もはやアレだよね・・・生徒会メンバーとか上級生とか手段を選んでない・・・
一科生と二科生をわけ隔てなく扱っているって所はいいし、
そして代表に選ばれた人間としての責任を果たせ・・・というのも間違ってはいない
でも元々、技術側のメンバーとしてスカウトして連れてきたのは彼らなんだけどね・・・

そして達也がそれを了解し、何が起きたか・・・というと・・・

圧勝、圧勝・・・そして・・・優勝

うん・・・まぁ・・・わかってたけどね・・・
一緒に戦うメンバーとして幹比古レオを選択し、短い準備期間で二人のCADを調整
さらに作戦立案まで行い他校を圧倒

そして最後の最後・・・ライバルとも言える三高との戦いでは

『十師族』である『一条家』の次期当主である将輝
『カーディナル・ジョージ』と呼ばれる有名な天才魔法師である真紅朗

ようするチームとの戦い。

最初は戦力的にも厳しいから負けても・・・と考えていた達也だけど
深雪から『勝利を信じてる』と言われて負けるわけにはいかなくなり
色々と策を練って勝ちに行く事に。

シスコンだよねー

まぁこのあたりは・・・彼の消されたという感情に由来しそうな感じもありますが・・・

戦いは激戦となり力を制限され、さらに『分解』の力を隠す達也は苦戦
将輝を追い詰めるもとっさに放たれた競技レベルを越える威力の魔法に直撃する事に
だけど・・・ここでなんか凄い事が・・・

自己修復しました・・・

・・・あれー?
なんか・・・おかしくね?
重症だ・・・と思われてたのが一瞬で完治とか・・・あれ?

これが・・・あれでしょうか・・・達也のもう一つの魔法ってやつなんだろうか・・・
いや・・・でも・・・なんか達也の意思を無視して自動で発動していたんだが・・・どういう事・・・
っていうかコレってあれだよね・・・

どんなチートだ!この野郎!

片やありとあらゆるものを『分解』してしまう圧倒的な攻撃力を誇る魔法
片や自身の傷を瞬時に・・・しかも自動で修復してしまう魔法

ぶっちゃけ・・・本当にぶっちゃけ・・・彼に勝てる相手とかいるのか・・・コレ・・・

まぁ先輩であり達也を認めている感じの『十師族』『十文字家』
次期当主である克人が使う彼の家に伝わる『ファランクス』との相性は
悪いとか言ってたけど・・・実際まだまだ達也には奥の手がありそうな気がする・・・

今回の話の中でも深雪が望んだ事ではない感じだけど
達也の力を制限しているって感じの描写があったし・・・まだ本気じゃないのかよ・・・

そして達也は自分自身が活躍する傍らで事故以来調子が悪かった幹比古
自身が調整したCADとアレンジした術式によって立ち直らせ、
さらにレオにも相性のいい装備を渡す事で活躍の場を作った。

あまりにも有能すぎてひくわー・・・って感じです。
いや・・・これで劣等生ですとか・・・嫌味にしかならんだろ・・・どうすんだよ・・・

幹比古なんか神童って呼ばれてた時より凄くなっちゃってて
真紅朗を独力で倒すという快挙を成し遂げてたしね・・・

っていうか『一条家』の次期当主・・・実力隠されたまま敗北とか・・・
真実知ったら怒りそうだよな・・・いや・・・しょうがないんだけどさ・・・

っていうか達也『分解』使って戦うと試合にならないしね・・・

そして彼の凄いところ3つめ・・・

鬼だ・・・鬼がいる・・・ってかシスコンだ・・・

最後は裏で暗躍していたテロ組織相手の戦いでの達也
前回関わりがあるとされた部隊の仲間達の協力を得て彼らを殲滅する事に

同じ学校の生徒が狙われたり、怪我したりした時点では警戒を強める・・・に留めていたけど
深雪CADに細工をしようとした事を突き止めた時点で警戒に留まらず
冷静に色々な事情を鑑み、自分の中で最適な答えを導き出した上で決意・・・ではなく

殲滅を決定・・・妹に手を出すヤツはぶっ殺す!

というなんか凄まじく物騒な・・・それでいて冷静な決定を下しちゃった達也
深雪に事に対してだけ本気で怒れたりする・・・と自分でも言っていたから
やっぱり前回の話で言及された唯一残っている強い感情ってのは深雪への思いなのかな?

彼女を年下の物凄い美少女である・・・という客観的な認識から入っているけど
それとは別に唯一無二の彼の感情が妹として彼女を愛せ・・・という風に語りかけてくるって
いう場面があるから逆にそれが彼の想いを押し留めている可能性もあるっぽいけどね・・・

なんかこの人・・・『妹として』って部分がなければ法律とか倫理とか完全無視しそうですしね・・・

最終的にテロ組織のメンバーは一人残らず達也『分解』を利用した長距離狙撃によって
まさに灰となって消滅するという悲惨な状況で壊滅する事に

何気に彼らが深雪を傷つけようとしたからこそ、感情が揺り動かされ
その激情から魔法の威力が底上げされていたらしいので、
今後登場する敵が深雪になんらかの危害を加えた場合はなんかもう色々と悲惨な事になりそう。

この人って本当に・・・一度仲間認定した人はなんだかんだで守るけど
興味ない人や関わりが薄い人はそのまま・・・って感じ
だけど仲間ですら・・・深雪よりは全てにおいて劣るって感じの価値観っぽい・・・

これ・・・もうシスコンってレベルじゃない・・・別のナニカだよ

って感じで今回の話は前回で活躍が少なかった反動なのかまさに『達也無双』って感じの話でした。

何気にあずさが彼がトーラス・シルバーなのでは?と気づいたり
真由美とはフラグが立ってるっぽいし(克人に彼女と結婚して『十師族』に・・・と言われもした)
ほのかは相変わらず・・・というかますます好意を寄せてるし
仲間達のアレコレも色々とわかってきたり
達也への周りの反応も色々と変わってきたし

なんていうか色々と・・・この先が楽しみになる部分も多かったです。

なにげに将輝深雪にガチで惚れていたらしく、達也が彼女の兄と気づいて動揺
さらに達也が彼とダンスでもどうだ?と深雪に薦めたら今度は感謝
となんだこの純情少年は・・・って場面も見せていて笑えた。

これはこれでフラグが立っているのか?って感じだけど
達也的には深雪のほうが彼に興味を向けない限りは特になにもしないみたい。
っていうかアレだよね・・・深雪が『恋人です』とかいって連れてきて
彼が納得できなかったらその恋人の人生が終了しそうで怖いよね・・・

まぁ将輝の場合は『一条家』の跡取りであり、深雪『四葉家』の次期当主
どう考えても結ばれる可能性は低いよね・・・

まだ『四葉家』の血はひくけど一族の人間と認められず
だけど多彩な才能を持つ達也『七草家』の跡取りではない真由美と・・・
って可能性はありえなくもないんだろうけど・・・
まぁ恋愛感情自体がない可能性があるからそこが問題だけどね・・・

やっぱり達也の感情関連に関する過去話が欲しいかも・・・
今回登場した達也が所属してる部隊の話とか・・・
あとはトーラス・シルバー誕生秘話とか・・・楽しそうなんだが・・・
やってくれるといいなぁ・・・

次巻は初夏予定で短編集の予定
エピソード6本で書き下ろし2本って事はWeb版にない話が2本って事かな?
とりあえずweb版は呼んでないのでどれも楽しみ

コミック連載も本編と深雪視点のスピンオフの2つが始まるみたいだし楽しみだ。

最後に一文。

レオのセリフ

おもわずオイオイって感じになるセリフ

試合中、将輝の衝撃魔法の直撃を受けてダウンしたレオ
でも終盤、真紅朗を倒したけど力を使い果たして
三高の3人目にやられそうになっていた幹比古を立ち上がり
相手を倒し試合を決めた。

その時の衝撃を以前に受けた衝撃の例をあげてレオは語ったわけだけど
それでも当時・・・セリフの状況下で後ろにいた子供を助けるために直撃を受けて
肋骨3本ひびが入る程度ですんだらしい・・・

改造人間かなんかなのか・・・コイツ・・・

ちなみに将輝の魔法も得意の硬化魔法で防いだのではなく
生身で受けたらしい・・・いや・・・マジ硬いな・・・コイツ・・・

「そりゃ、まさかだぜ。しばらく本当に動けなかったんだよ。
 あんな衝撃は、二年前、大型二輪にはねられて以来だ」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
魔法科高校の劣等生〈4〉九校戦編〈下〉 (電撃文庫)魔法科高校の劣等生〈4〉
九校戦編〈下〉
(電撃文庫)

(2011/12/10)
佐島 勤

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法科高校の劣等生 5 夏休み編+1 (電撃文庫 さ 14-5) |佐島 勤

魔法科高校の劣等生 5 夏休み編+1 (電撃文庫 さ 14-5)佐島 勤アスキー...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

またまたども

まあ、この作品でいう「劣等生」っていうテーマは、一巻のあとがきやタイトルの英訳にある通り、「イレギュラー」ですからね…

しかし、魔法ってかなりズルイ気がする。
熱エントロピーの逆転とか(氷炎地獄)、昇華熱の有効利用とか(魔弾の射手)とか。
まあ、それが魔法なんでしょうが…
現代にこれがあったら、特に真夏の車のクーラーとか不要ですよね…

なお、差し出がましいですが、達也が担当したのは、氷柱倒し、早撃ち、ミラージで、全員入賞しています。
軒並み、ってレベルを超越してますね…

あと、克人の意外な一面にもびっくりしました。

さて、願わくはこれ以上本が重くならないことを…(笑)

No title

達也の感情関連は番外編の次の次くらいなので巻でいうと8~10巻目ぐらいになるのではないかと。
トーラス・シルバー誕生秘話はWEBにもないので、どうなるか楽しみですね

Re: またまたども

コメントありがとうございます。

> しかし、魔法ってかなりズルイ気がする。
> 熱エントロピーの逆転とか(氷炎地獄)、昇華熱の有効利用とか(魔弾の射手)とか。
> まあ、それが魔法なんでしょうが…
> 現代にこれがあったら、特に真夏の車のクーラーとか不要ですよね…

そりゃ魔法があれば便利ですけどね・・・
ただ使える人と使えない人がわかれてしまうと・・・色々と問題かも
車もクーラーも全ての人が持ってさえいれば使える・・・という
利点がありますからね・・・

> さて、願わくはこれ以上本が重くならないことを…(笑)

ホライゾンレベルまでは許容できるのでokです。

Re: No title

コメントありがとうございます。

> 達也の感情関連は番外編の次の次くらいなので巻でいうと8~10巻目ぐらいになるのではないかと。
> トーラス・シルバー誕生秘話はWEBにもないので、どうなるか楽しみですね

感情関連の話あるんですね!
よかったです。

トーラス・シルバーは・・・まぁ今後の書き下ろしに期待って事で。

No title

Web版は、近日には、削除されるようですね。
三章を大幅な加筆修正をするそうです。

No title

ネタバレになってしまうかもしれませんのですみません。

レオは祖父がドイツ人の強化人間なんですよね。
なので改造人間の3世代目という公式設定があるはずです。

それと、自己回復はもう一つの能力ではありません。
もう一つの能力の副産物的ななにかです。
もう一つの能力についてもおそらく次の次くらいで判明します。

Re: No title

コメントありがとうございます

でもネタバレは勘弁してください・・・orz

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは

ホライゾンって…あれ、持ち運び不可だと思うけど…!?

まあ、確かにシスコンではないですよね…
妹命?う~ん、何だろう…

Sister priority(シスター プライオリティ 妹最優先)
略してシスプリでどうでしょう?(笑)

あ、管理者のみ、ってのも見れたら見て下さい。

Re: こんばんは

> ホライゾンって…あれ、持ち運び不可だと思うけど…!?

いや・・・仕事先に持っていって普通に休憩時間に
読んでますが・・・


> まあ、確かにシスコンではないですよね…
> 妹命?う~ん、何だろう…
>
> Sister priority(シスター プライオリティ 妹最優先)
> 略してシスプリでどうでしょう?(笑)

いや・・・それ違う意味ですでにあるよね・・・

> あ、管理者のみ、ってのも見れたら見て下さい。

えっと・・・個人的なやり取りについては勘弁してください。

No title

了解です。
すみませんわざわざ。

まずそれだとシスプラでしたね(-_-;)

まあ、今後もよろしくです。
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。