スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつか天魔の黒ウサギ 9 終末を嘆くカラス

あらすじ

世界の終わり。
一度しかない人生。

世界崩壊まであと二十七日しかないのならば、私は恋をするべきだろうか――

「好きって、いったら、どうする?」

――そう言って、私は微笑んだ。

来るべき世界崩壊の日を前に、必死に打開策を探す生徒会メンバーたちは、
各々が今出来ることをするために、生徒会室を後にする。

《教会》との交渉役を買って出た泉は、
普通の人間では、死んでしまうであろう《預言》へのアクセスを試みようとする。

一方、《天魔》と再び対峙した月光は、《鴉》に与えられたシナリオを知ってしまう。

絶望の声が聞こえる、学園リバース・ファンタジー。

感想

いつか天魔の黒ウサギの9巻
アニメDVD付きの限定版の方を購入

アニメの内容は生徒会メンバーの人格入れ替えネタ
なんか色々と・・・笑えた・・・

人格入れ替えネタはよくあるんだけど大兎の体に入ってもだえるヒメアとか
事情が全然わからないのにヒメアの体に入ってしまって困惑するとか・・・可愛かった

でもやっぱり一番最後・・・『伝説の勇者の伝説』とのコラボで

フェリスライナ VS 日向


の戦いがよかった。
日向の魔法はライナにコピーされて相殺、最後はフェリスに団子を食わされて終了

なんだそれ!?

ちなみにライナ日向が言い合うシーンがあったんだけど・・・
声優同じなのに頑張るなぁ・・・って感じ

『早口で喋るな、喋りにくい!』ってセリフは笑った・・・確かに喋りにくいだろうな・・・

さて本編はというと・・・

えっと・・・これ本当にどうにかなんの・・・?

厳しい・・・マジ厳しい・・・悪意というか絶望というか・・・そこらへんが酷い・・・

世界が滅びるまでのタイムリミットが27日と迫る中で
生徒会メンバーはそれを回避する為にそれぞれができる事を・・・って状況で
今までにないくらいに結束が固まっている感じでとても良い感じ

まぁそれでもあと1月も時間がない上に、真実を知らない『テンペロン・クローリー』
『軍』の崩壊を知って攻めてくるというのもどうにかしなきゃならなかったりと
追い詰められていると言ってもいい感じ

彼らが取る手段としては『テンペロン・クローリー』は相手にせずに逃げる・・・という手を
大兎が提案して月光がそれを採用する事になり
監視をごまかす為にヒメアがその為の魔術を作成する事に。

ヒメアも作成中は大兎とずっと一緒にいていいという条件だったために受諾
なんかこう・・・あいかわらず大兎か関わるとちょろいな・・・この娘・・・

大兎の方も彼女の自分と一緒に・・・という願いを叶えるために
魔術作成を前にヒメアをしばらく抱きしてたけどね・・・
コイツはコイツでヒメアを大事にしてる感じでそこはいい・・・・・・・・

残りのメンバー・・・『預言』をとりあえず見てレポートにまとめて『教会』
交渉してみると言い出し、結構前向きに行動

こちらはただの人間が見るのは危険なんだけど、セルジュハスガも同行し
黒守が安全性を確保すると言う事で実行に・・・

の前向きさは見ていて気持ちのいいものではあるんだけど
彼女が子供の頃から余命を告げられていて、
残された時間がわかってしまう人生を生きてきたからこその・・・
終わりまでのカウントダウンに他者よりも慣れていると言えるからこその
その行動原理を考えると色々とやりきれない感じでがあるなぁ・・・

ただ預言を見る過程でハスガがなんかいい感じに・・・
ハスガを危険にさらさない為に彼女が『預言』を見るのを止める
なんだかんだで優しいよね・・・ハスガ・・・

まぁ・・・これが恋愛とかに繋がるのか・・・と言ったらさて・・・って事になるんだけどね。

はそれでも・・・彼らが『預言』を見に行った後に、自分も見る事に。
前向きに頑張ろうと宣言するの姿に『軍』の人間も奮起したらしく
なんだかんだで彼女の前向きさはいいですね・・・

そして月光美雷『預言』について知るために『天魔』に会いに行くことに。

そこで月光は自分と日向『天魔』が作った『預言』を回避する為に
互いを喰らうことで力を高める『鴉』という存在である事を知り、
さらに日向を作った『天魔』・・・『西の魔』に襲われる事に。

美雷が頑張った!!

まぁ結果だけを見るならまったく相手になっていなかったけど月光が死に掛けた時に
今までにないほどの巨大な力を発揮したりと彼女の想いの強さがわかった感じ

結果的にどうにか無事に危機を脱した2人
前回の話でデレた・・・というか最初からデレていた日向と遭遇

なんていうかこの2人も・・・悲しい双子ですよね・・・
日向はすでに『預言』については色々と諦めてしまっている感じ。
天才的な才能を持っているがゆえに、『預言』をより深く知ってしまい
だからこそ、それに抗っても無駄な事を今までの経験で実感してしまっていて
唯一・・・大好きな兄ならもしかしたら・・・という希望を持って自分の力を兄に・・・
月光に喰われる事で託そうとしている・・・

そして月光はそれを知ってしまったからこそ、そんな手段で『預言』に抗う事をよしとせず
日向も助けて見せると奮起している感じ。

月光は天才だけど日向には圧倒的に劣る
だけど心だけは・・・兄である彼のほうが強い
なんか妙なところでバランスがいい兄弟ですね・・・

そして・・・

日向が生徒会の仲間に

なんかもう凄い展開だよね・・・1巻では完璧悪党で敵って感じだったのに・・・
そして兄の前で真実を全て告げて素直になった日向は結構いい感じのキャラ
ちょっと抜けている所とかなんか好感度が上がった感じ・・・

前回に続いてだけど・・・まさかコイツに対して好感度が上がるとは思わんかったなぁ・・・

そしてそういう未来に希望が持てたり、前向きな希望を持てそうな事柄がありそうなのに
最後の最後で・・・一気に落としてくるのがこの作品・・・

『預言』を見ようとして心停止状態にまで行ってしまった
だけど彼女はその状態で『預言』を知覚

その内容は

『テンペロン・クローリーのリーネとは和解?』
『自分が月光に告白する』
『だけどそれは心臓に仕掛けられた『鴉』を殺す呪いを感染させる為』


というもの・・・
それをさせようとしているのは・・・彼女の頭の中に隠れていた存在
そしてその姿を見たは一時的にだけどその相手のことを・・・
見知っていたはずの相手である『彼女』の事を思い出す・・・

時雨


前回消え、そしてみんなの記憶からも消えてしまった彼女
彼女がなぜ『鴉』を・・・月光を殺そうとしているのかは謎だけど・・・
また色々とややこしい事態になりそうです・・・

に生き返してもらい、だけど呪いを入れられた彼女
でもその内容を覚えているわけではないみたいだけど・・・さてどうなるのかな?
なんとなく・・・だけど彼女が今後の事態の鍵を握る事になりそう。

何の力もない彼女だからこそ・・・っていう王道的展開だといいなぁ・・・

については誰も覚えていないけど、彼女が関わった事柄に対する違和感を感じたり
大兎『知らない少女』と認識してるけど『預言』でその姿を見てはいる
彼女の事を思い出すことも今後重要な課題になっていきそう。

それにしても・・・前回の彼女が与えたヒントが全然いかされてない・・・
『預言』が示す未来ではなくて過去にこそ希望がある・・・そっちはどうなんだろうか・・・

今回の話の最初・・・『最古の魔女(ラミエル・リリス)』と彼女が孤独を埋める為に作った木偶人形
そして彼女の孤独を埋める為に考え続けて・・・なにか別のモノになった木偶人形
彼女の腕を切り落として作った分身体・・・

右腕から生まれた彼女の孤独を照らす光『源書の光(サイトヒメア)』
左腕から生まれた彼女を守るための存在『終末の幸福(シグレハルカ)』

そして最後に木偶人形は『最古の魔女(ラミエル・リリス)』の孤独を・・・絶望を消すために・・・
これ以上彼女が悩み苦しまないようにするために彼女を喰らった

その木偶人形・・・異形のバケモノになったその者の名前こそが

『孤独を埋める人(クロガネタイト)』

なんていうか・・・大兎、ヒメア、の3人の関係は並大抵のものではない模様。
どういう事が起きて、そしてどういう状況になった上で今に繋がっているのか・・・気になりますね・・・

とりあえず今回の話が終わった時点で世界が滅びるまで22日
そんな感じで展開していくのか・・・楽しみなような怖いような・・・そんな感じです。

それにしても次で10巻か・・・『伝説の勇者の伝説』も書きながらだけど・・・
随分多くなったなぁ・・・ってか書くの早いよね・・・

最後に一文。

のセリフ

なんていうか・・・せつない事だけど
長く生きられないと言われて生きてきた彼女だからこそ
絶望的な状況下でも明るく・・・精一杯生きられるのかも知れない

そしてそれは時として他の人に勇気を与える事がある。
そんな風に感じる場面での彼女のセリフ

『預言』を見る前に彼女が言った言葉。
この言葉に『軍』の人間は集まり、そして彼女に対してサポートを約束した
機械的に対応するだけでもよかったはずなのに言葉を交わして、
そして激励した・・・それはがその人達の心を動かした結果だったと思うので
このセリフで・・・

なんだかんだで最近はが一番好きなキャラになりつつあるなぁ・・・

「みなさんこちらにご注目~。
ではいきます。
はーっと息を吐き、すーっと息を吸ってからの~、
さぁあああああ、みんなで世界の崩壊を、
止めるぞぉおおおおおおー!」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
いつか天魔の黒ウサギ9 DVD付限定版  終末を嘆くカラス いつか天魔の黒ウサギ9 
DVD付限定版
終末を嘆くカラス

(2011/12/05)
鏡 貴也

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

最高でした!もう美雷が今回はホントに頑張りましたよね!泉もなんだかんだいって生徒会役員なんですね~。ちょっと泣いちゃいました。・・・何巻まで続くんでしょうか?楽しみです!え~っと、メリークリスマスです!! (自分は塾とかあるのでクリスマスどころじゃありません・・・orz)

Re: No title

コメントありがとうございます

> 最高でした!もう美雷が今回はホントに頑張りましたよね!泉もなんだかんだいって生徒会役員なんですね~。ちょっと泣いちゃいました。・・・何巻まで続くんでしょうか?楽しみです!え~っと、メリークリスマスです!! (自分は塾とかあるのでクリスマスどころじゃありません・・・orz)

クリスマス・・・・・普通に仕事ですけどね・・・ハハハ
ってかクリスマスだからこそ忙しい・・・

大変ですね~

・・・仕事ですか~。
確かにクリスマスって忙しいですよね~。
・・・でも、仕事したいな~。
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。