スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機巧少女は傷つかない 7 Facing "Genuin Legends"

あらすじ

機巧魔術―それは魔術回路を内蔵する自動人形と、
人形使いにより用いられる魔術。

「誤解を恐れずに言えば、この夏、夜々と雷真は一線を超えました」

「嘘・・・よね?」

そんなわけで夏が終わり、“迷宮の”魔王グリゼルダのもとでの修行で実力を上げた雷真は、
ロキやフレイとともに順当に夜会を勝ち進んでいた。

だが、シャルが何者かの呪いを受け、人形サイズに小さくなってしまうという事件が起きる。

一方で、学生総代にして、“十三人”の第三位、オルガ・サラディーンに迫られる雷真。
そして、雷真とオルガの婚約が発表され―!?

シンフォニック学園バトルアクション第7弾。

感想

機巧少女は傷つかないの7巻
表紙はアリス

ついに彼女も正式参戦か・・・雷真争奪戦に・・・

という訳で生きていた事はわかっていたんですがついにアリス雷真の前に再び姿を現すことに。
彼女が関わった事件の最後、思いっきりフラグを立てていたせいなのか
最初から比較的彼への信頼が高い感じだったんですが
毎回恒例の雷真の命をかけた献身により彼女も完全にヒロインの仲間入り

この作品・・・7巻なのにまだ嫁候補が増えるのか・・・最終巻まで増え続けたら笑えるな・・・
っていうかリアルにありえそうで怖い感じだが・・・

今回、彼女はオルガ・・・学生総代で『十三位(ラウンズ)』の第三位の姿で現れたアリス
シンがその時はメイド姿だったらしいんですが・・・・

挿絵はどうした!!!

ってのは・・・まぁ置いておいて・・・
アリスは前より雷真への態度が良い感じがしたのでやっぱりフラグが・・・・って感じ

だけどシャルロットが呪いを受けて小さい・・・人形サイズにされてしまい
それがアリスの仕業で解除方法を教えて欲しければ婚約者になれ・・・という展開に・・・

女を助けるために別の女の婚約者・・・

うーん・・・コイツ刺されないかな・・・
っていうか毎回毎回刺されるよりも酷い目にあってる気がするが・・・
それがあるからこその状況なんだろうか・・・羨ましいけど・・・無理だよねぇ・・・

そして婚約者だからといって別にアリス雷真に・・・って訳ではなく
彼女らしい策略があったわけで・・・

そこでシャルロットを狙うあたりが彼女らしいと言えば彼女らしいですがね・・・

最終的に赤羽の・・・特殊な血筋である雷真を引き渡す事で
アリス自動人形であるシンが回収されるのを防ごうとしていたみたいだから
酷いと言えば酷いけど・・・それでもシンの為・・・ってあたりが良い感じ

しかもちゃんと手を回して父親である学院長の部隊を配置して敵を・・・
かつてアリスと共に雷真を襲ったローゼンベルクを捕らえて雷真の安全も考えていたので
なんていうかこう・・・丸くなったなぁ・・・って感じ。

だけどまぁ・・・雷真が関わる女性関係で事が簡単に済むなんて
ありえない事はないわけで・・・学院長の部隊までもアリスの敵に回る事に・・・

ラザフォード学院長・・・冷徹すぎだろ・・・オイ・・・

アリスの行動が自分が意図したものではないから、ローゼンベルクの方に味方したみたいだけど
そこに損得勘定をまず入れてしまう時点で怖い感じがする・・・
アリスは実の娘なわけですし・・・

まぁ最終的には色々と展開を考えていたんでしょうけどアリスがその過程で死んでも
特になにも思わなかった気がしてならない・・・怖い人だ・・・

そしてその絶望的な状況下で、アリスは父親にも見捨てられて放心状態に・・・
だけど・・・というか毎回っていうか・・・そういう状態の女の子を前にした雷真の行動はいつも1つ
自分の身を省みずその娘を救う・・・

いや・・・それが女難を招いてるんだけどね・・・

そこからは怒涛の展開・・・っていうか燃える展開

まずは夜々が呼んでいた小紫が合流して彼女の能力で姿を隠し
雷真を救うために捕らえられたシンを助けに行くためにアリスを元気付け策略を考えさせ
キンバリーに助力を求めるも、立場上動けないと断られるけど
彼女は彼女で噂話・・・というていでシャルロット雷真の事を伝える
そして・・・

全員集合!!

いやぁ・・・もうね・・・ここはかなり燃える展開でした。
シャルロット、ロキ、フレイのいつものメンバーが救援に駆けつけ全員の力を合わせて戦う事に
なんやかんやあっても彼らの絆は巻を重ねるごとに強くなっている気がしていいですね。

ロキもこの一件がある前にオルガ(アリス)の挑発を受けて夜会中雷真と戦い始めたんですけど
これは誰かがなにかを仕掛けようとしていると感じていたロキが注意をそらすためのもので
雷真も彼が自分を倒す気がないと言う事はわかっていたみたい・・・
本人達は否定してるけどコイツらめっちゃ仲がいいよね・・・ちょっと笑った

そして戦いのほうはちょっと凄い事に・・・

アリスによって呪いを解く方法を教えてもらい元にもどっだシャルロットフレイ
学院長を味方に引き入れるための取引材料となるものを取りに行き
さらにシンの救出へ

こっちは特に問題なく順調にいったために問題はなかった模様
ただフレイシャルロットの・・・友情が描かれていて良い感じだった

次がロキ

小紫と組んでローゼンベルクと戦う事に

逆鱗に触れたバカ・・・哀れ・・・

ローゼンベルクコードPXと呼ばれる自動人形・・・伝説級の『フェニックス』を操って
ロキに挑み彼を追い詰めたんですが、彼の目的が復讐
自分を傷つけたロキに対する復讐であり、その為に自分を機巧兵士に改造したとまで言った
だけどそれはロキにとって・・・機巧兵士に改造されロキに殺される事を望んだ
かつてローゼンベルクが使っていたソフィアの命と釣り合うものではまるでなく
ロキの怒りを買った模様

彼が修行で得た新しい力でローゼンベルクを下し・・・それでも彼を殺さず
利き腕と魔術師として再起できないように恐怖を刻んで逃がした模様。
このあたり彼が本当は優しいヤツだとわかる・・・

この力は心臓が機巧化されている彼と・・・そして姉であるフレイも使える模様
詳しい描写はまだだけどこれから説明があるのかな?

実際にフレイは今回の話の中で夜会において40位の相手を無傷で倒したようで
ロキ曰く、今の彼女は『十三位』クラスらしいから能力の上昇幅は凄そう
さらにロキは元々『十三位』ですから・・・どれくらい凄いんだろうか・・・
ただ描写的には結構危険を冒している気がしますね・・・どうなんだろ

そして最後が雷真夜々&アリス

彼らの戦いが一番きつい事に・・・
最初はラザフォード学院長その人が前に立ちふさがりピンチになるが
お師匠さまこと<迷宮の>魔王グリゼルダが救援に駆けつけ
先へ進む事に

なんやかんやでこの人も雷真の嫁の1人になってるよね・・・
本人もめっさ乗り気ですし・・・ただ嫉妬による攻撃は一番怖い・・・なにせ魔王だから・・・

彼女と学院長の戦いは凄い事になり、グリゼルダの知り合いから頼まれた剣型の人形・・・
ロキの使うケルビムと同型の人形を使って戦い、
さらに肉体の運動方向を分子レベルで操作する魔術・・・機巧兵士に搭載されてる完全統制振動
生身の肉体で使用すると言うさすが魔王というトンでも能力を発揮

だけど19世紀最強の魔術師と言われるラザフォード相手にはそれでも不足だった模様。
まだまだ余力のある彼の呼び出した神話の悪魔の一柱である女王イシュタルの前には苦戦
40分の1の力とか・・・どんだけだよって感じ・・・

ただラザフォードアリスの目的に気づいている感じもあったので
グリゼルダとの戦いそのものを・・・正確にはその場であった事を全てなかったこと・・・
として干渉しない事にした模様・・・この人・・・魔王より強いんだな・・・学院長、パネェっす・・・

そして先に進んだ雷真を待っていたのは・・・マグナス
雷真の一族の・・・妹の仇である兄・天全だと思われる存在

もちろん戦いになり、雷真グリゼルダとの修行で得た金剛力の自分への付与だけでなく
奥義である紅翼陣を・・・10本の糸ではなく5本の糸を片手で操る事で
才能の不足を埋める方法で挑むけれどその技・・・雷真が自信満々に披露した
裏門紅翼陣『捨法散華』マグナスは知っていて(雷真は名前を知らなかった)、
彼いわく安易な道だった模様

もちろん完全なる紅翼陣を操る彼に叶うはずもなく全6体中3体の人形を相手に敗れる事に

マグナス・・・レベルが違うな・・・オイ・・・

雷真は修行後の夜会においては連戦連勝を重ねていたみたいだけど、
そして金剛力を自分にも付与できるようになったから怪我が減る・・・と言われていたのに
結局怪我を負う事に・・・

敵のレベルが、そして周りの状況が彼に無傷でいさせない感じだな・・・・
ちょっと可哀想になってくる・・・

マグナス赤羽の事について雷真が知らなかった技の名前すら知っていた事から
彼が天全である事がさらに濃厚になってきたんだけど・・・
ここまであからさまだと逆に本当にそうなのか疑わしくなってきたな・・・
普通に彼が天全だと拍子抜けしそうになってきた・・・

そして怪我を負った雷真を助けるためにアリスが自身の能力を使って雷真の姿に化け
夜々の協力を得て戦って身代わりになろうとするけどそんな覚悟を雷真が許すはずもなく
殺されかけるけどアリスが考えた作戦が成功したと言う事でラザフォードマグナスを止め
ラザフォードアリスに自分がアリスの味方をせざるをえない成果を挙げたことについて
褒める言葉をかけた後に姿を消す

この親子の関係は・・・どうなんだろ・・・

って感じだけど命がけで雷真を助けようとするあたりアリスは完全に落ちてるよね・・・

それで状況は終了・・・ラザフォードが今後の目的のために利になると行動した結果
雷真の行動はお咎めなしになったけど、国家間の印象としては雷真の存在は
色々と火種になってきてるみたい・・・世界大戦への・・・

そしてシンアリスの再会

なんだかんだ言ってシンアリスへの忠誠
そしてアリスシンを大切に思う気持ちはとても良い感じ
ふと気づいたんだが・・・雷真と仲良くなる相手って自動人形をどこかで『人』として
扱う考え方のキャラばっかだな・・・

類は友を呼ぶって事なんだろうか・・・ことごとく落としていくのはどうかと思うけど。

エピローグではオルガ(本物)が登場

どうやら入院していたらしくその間の行動をアリスに頼んでいたみたいで
彼女を殺して・・・とかではなかった模様

雷真との婚約に関しても彼女に持ち上がっていた婚約話をぶち壊すためにでっちあげたらしく
アリスの能力や正体を知っているあたり生半可な相手ではなさそう

最後に彼女が開催した『十三位』の会議では破竹の勢いで勝利を重ねる
雷真、フレイ、ロキに対して苦情がでていると言う事で
ロキと同じように自主降格する事で彼らに対峙するという方法を提案

ついに『十三位』も本格的に参戦してきそうな気配

その作戦で徒党を組み気がないと席を立ったロシアの『女帝』ソーネチカ
最初から興味を持っていないマグナス
オルガに敵意(雷真との婚約についてで?)を持つイザナギ流のお姫様
『下から一番目(ラストワン)』と呼ばれる少年
ゼカルロス兄弟
インドからの留学生
黒塗りの剣を抱いた女学生
10歳くらいに見える幼女
アリスが化けるセドリック
そしてシャルロットと共にいるジグムントと同型らしいトールを持つオルガ

これにシャルロットロキ『十三位』
さて・・・どの相手も一筋縄でいきそうにないけど・・・どうなるのか・・・
これからが楽しみです。

イザナギ流のお姫様は今回の話で雷真の回想ででてきた婚約者・日輪なのかな?
オルガ雷真の婚約についてショックを受けて泣き出したりしてたみたいだし・・・
っていうかもしそうなら会いに行っていない雷真は酷いヤツだな・・・
それとも知らないとか・・・?

でも『十三位』については調べただろうし・・・どうなんだろ・・・

オルガトールと一緒にいた描写があったし彼女とはシャルロットが戦う感じかな?
『十三位』なので夜会にはまだ参戦しておらず、戦いにおいても妙に出番が少ない彼女
そろそろ大きな見せ場が必要だと思うんだが・・・どうなんだろうか・・・

グリゼルダケルビムと同型の『ミカエル』『ラファエル』はどうやら5巻登場のイオ
送ってきたものだったらしく彼女も近いうちに帰ってくるとの事で
雷真の周りはますます賑わいそう・・・それと同時に修羅場も増えそうだけど・・

だからこそシャルロット・・・ヒロインとしての見せ場はともかく
戦いにおける見せ場を作らないと・・・今後やばい気がする・・・
ヒロインとしての見せ場は・・・今回もあったんだけどね・・・
裸を見られたりとか・・・色々と・・・

そういえば・・・オルガとの婚約騒動はどうなったんだろ・・・
演技だったともなんとも発表されてない感じだけど・・・
このままだと学院での認識は雷真オルガは婚約者って話になったままに・・・
まさかオルガもヒロイン入りしたりしてな・・・

ありえないと言い切れないところが・・・この作品だからなぁ・・・

なにはともあれ今回の話を読んでいて思った事は・・・

アリス可愛いな!めっちゃ可愛いな!

これですね・・・ヒロイン勢の中でも今回の話で結構上位に印象づけられた感じ
これからの彼女の行動にも色々と期待したいです。

最後に一文。

雷真シャルロットへのセリフ

雷真は人の好意に鈍感・・・というよりも気づいているけど
自分には復讐があるから・・・と気持ちを受け取っていない感じ。
日輪との婚約についても色々と考えているみたいだし。

だけど・・・それでも目の前で困っている相手は助けずにはいられないのが彼
だからこそむやみやたらにフラグが立ってしまって今の状況になっているわけだけど
今回はアリスシャルロットにかけた呪いを解くためにキーワードを口にして
彼の中では今までで一番直接的な彼からの好意を示した感じ

キーワードの意味を言う人間が嘘を言わない事も条件となっていて
雷真が通常では言わないセリフを設定したらしいけど
シャルロットにとっては変なところで幸せな結果を呼ぶ事になっていた。

まぁ雷真の場合はこの呪いを解く状況に関しては

夜々・いろり・小紫・硝子・シャルロット・フレイ・アンリエット
アリス・イオ・エヴァ・グリゼルダ・日輪


あたりが相手だったら普通に解呪しそうだけどね・・・爆発しろこの野朗・・・

ちなみに解呪キーワードは↓のラストの英文の部分だけです
そういえば雷真は日本人だけど・・・学院では英語を喋ってるんですよね・・・

「シャル。おまえは、その・・・・・・乱暴だ」

「素直じゃないし、何かっちゃラスターカノンをぶっ放すし。
 人の話を聞かない」

                  ノブリス・オブリージュ
「だが、おまえは<高貴なる者の義務>を知っていて、
               オートマトン
 相手や相手の自動人形を気遣う、優しいやつだ。
                       I love you
 俺はそんなおまえが・・・好きだ」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
機巧少女は傷つかない 7 (MF文庫J)機巧少女は傷つかない 7
(MF文庫J)

(2011/12/21)
海冬 レイジ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おはよーございます

う~ん、セドリックは完全に別人じゃないですかね?
キングスフォート家にはばれてますし、アリスはラウンズの会議を知らなかったみたいだし。
まあ、ただの推測ですが。

そしてまあ、日輪さん、泣きたくなるわな…
大好きな人の周りにどんどん女が集まるわけだし。

あと、この作者の書く話ですきなとこ、それは良くも悪くも、皆に芯があるとこだと思う。
だから、ほとんどのキャラを好きになれる。
ああ、ケルビム作ってみたい…(ミカエル、ラファエルでも可)

それにしても、学院長のグリモワールは反則でしょう…
そしてコードPXは哀れだな…
ローゼンベルクに使われたがばかりに…

さて、これから夜会本番。
≪アリアドネの糸≫、どう活用していくんでしょうかね。
楽しみです。

No title

この本5巻までしかもってなくて正直買う気が起きませんでしたw
けどこのブログの感想をみさせてていただいて買うことを決めました
これからも拝見させていただきます<(_ _)>

Re: No title

コメントありがとうございます。

> この本5巻までしかもってなくて正直買う気が起きませんでしたw
> けどこのブログの感想をみさせてていただいて買うことを決めました
> これからも拝見させていただきます<(_ _)>

これからもよろしくおねがいします。
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。