スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VS!!-正義の味方を倒すには-

あらすじ

俺は21号。
悪の組織の下っ端戦闘員だ。

キーって叫びながら、変身ヒーローにアッサリ倒されちゃう、
全身黒タイツのアレだよ、アレ。

キー。

毎度毎度、新たな怪人に率いられ、懲りもせずにヒーローへと挑み、敗北ばかりの日々。
ほんと、よくみんな飽きねぇな。
というか、ヒーローに勝つなんて、無理に決まってるじゃん。

そんなある日、史上最強の怪人“ジャバウォック”が誕生したという噂が流れたのだが、
なんとソイツは―。

怪人ですら敵わない無敵のヒーローに挑む、雑魚戦闘員の熱血ストーリー。

感想

電撃文庫2012年1月の新刊
ジャンル的には・・・特撮モノ

ってコレ面白いな!!!

分類的に言えば改造人間でも宇宙からきた光の巨人でもなく戦隊モノ
まぁ軽く改造人間な仮面のヒーローも混じってますけど・・・

ヒーローが悪の怪人を倒す勧善懲悪もの・・・・ではなく

主人公は戦闘員・・・つまり悪の組織の下っ端

えっと・・・どうなるの?

って感じで先の展開を楽しみにしながら読み始めたんですけど
これがなんとも熱い展開で面白かったです。

主人公である戦闘員21号悪の秘密結社アルスマグナの一員・・・
っていうか名前を見てわかるように下っ端の戦闘要員
生まれからしてホムンクルスという人工生命体であり
その21号って事に・・・

親しいメンバーからは21号をもじってニーイチと呼ばれているので
感想ではそっちの名前を使用していく感じで・・・

基本的に戦闘員は本命の怪人を補助するための存在で
英雄からしたら十把一絡げで特に意識もせずに蹴散らす存在で
この物語では81人と人数は固定でやられたら同じ数だけ作って補充
番号や役職も能力や経験に関係なく継承・・・って感じみたい

その中でニーイチは他の戦闘員英雄に勝つ・・・と意気込む中で
そんな事は無理だと諦めを口にしつつも、平均4回の出撃でで死ぬといわれる
戦闘員の中で13回という驚異的な経験を持つ彼だからこその・・・
もしかしたら彼自身の性格からくるかもしれない性質から
生き残る事を主眼において行動しているキャラ

もちろん自分だけが・・・という独善的なものではなく
助けられるなら仲間も助ける・・・なんかひねくれてるけどいい奴

表紙の左側が彼で右側・・・22号(通称:ジジ)も彼に命を救われ懐いている感じで
世間を欺くために身分上は兄妹として一緒の部屋で暮らしている。
まぁ明らかに・・・ジジニーイチを特別に思っているわけですが・・・

お前ら・・・本当に悪の組織の一員なのかよ・・・

って感じの性格なんですけどね・・・

そして”史上最強”と言われるジャバウォックが出撃するといって
期待に沸く組織なんだけど・・・ジャバウォックは失踪・・・失踪・・・

ってなんでやねん!?

そして探索に出たニーイチジジジャバウォック・・・人間体は女性である彼女を発見
ジャバウォックは戦いたくないと・・・きっと勝てないから・・・そして理由もないから
という事情を聞きニーイチは彼女を見逃す事にするんだけど
彼女はニーイチジジを気に入り一緒に住むことに。

戦闘員隊長である1号は説得をニーイチに任せるとそれを容認
なぜか料理が出来るジャバウォックに餌付けされたり
66号・・・ロクロク隊長も一緒に鍋を食べてお酒を飲んで騒いだりと
なんかいい感じの雰囲気に・・・

だけど戦闘員が廃止される事になり事態は一変
ジャバウォック戦闘員でなくなり違う部署に移る事になるであろう
ニーイチ達と一緒にいたら迷惑になると家を出て行き
ニーイチは素直じゃないのでそれを追わない・・・

そんな中で戦闘員の廃止に抗議するために一部の戦闘員が暴走
街で人を遅い英雄達と戦いに・・・

まぁ存在理由を否定されたら暴れたくもなるけど・・・
街でやっちゃうあたりが悪の組織の戦闘員だよね・・・

そして戦闘員では英雄達に勝てるわけもなくピンチになるけど
戦闘用の変身状態の戦闘員は区別が付かないために、ニーイチが戦っているかもと思い
ジャバウォックが駆けつけ英雄達と戦闘に

それを知ったニーイチジジも駆けつけ英雄にやられそうになっていた
彼女を助ける為にジジが一般人の不利をしてニーイチの人質になるという方法で
ジャバウォックを助けようとするんだけど英雄達の行動により失敗
ジャバウォックは最後の力でニーイチを遠くへ放り投げ・・・そのままやられてしまう・・・

もったいねーよ!?そのヒロインは・・・もったいねーよ!?

うーん・・・ニーイチといい感じ(去っていく前日にキスをした)だっただけに・・・残念
英雄達に勝つ事をあきらめ、戦う理由も見つけられず戦う事から逃げていた彼女が
戦いに赴いたのもニーイチの為だったし・・・色々とやるせない結末に・・・

ぶっちゃけお前、本当に怪人なのかよ・・・ってくらいにいい娘だったのでマジで残念・・・
一命を取り留めたとかでもいいから助かって欲しかったよ・・・本当に・・・

ニーイチの決意と決戦

ここまできてようやく主人公であるニーイチは自分で目をそらしていた事に・・・
英雄に勝ちたいという思いを深く自覚し、それを為すために彼らしい行動をとりだすことに・・・

まずはジャバウォックと一緒に外出していた時に英雄の一人・・・
機械装甲【鎧】『桜花』を纏う戦士であると出会っていた事を生かして
英雄達の組織から事情を聞こうと接触してくるのを待ち、
事前に戦闘員とばれないように色々と処置したうえに、ジジの人質の一件・・・
身分上は妹である彼女を助けてくれた事に対する英雄達への感謝と
妹を人質に取ったアルスマグナへの激しい怒りという演技を完璧に演じきり
言葉巧みに情報を・・・英雄達が使う機械装甲【鎧】の事を聞き出し、
その欠点ともいえる情報をゲット・・・戦闘員の廃止を撤回するために
戦闘員たちだけで英雄達と戦う事になった仲間たちのところに合流し
彼が知りえた機械装甲【鎧】の欠点をついた作戦を提案・・・実行に移す事に

これは・・・変身中に攻撃!?

特撮モノで禁じ手っぽい変身中に攻撃を実行
圧倒的な機械装甲【鎧】の力を使わせず・・・さらにその欠点・・・
英雄の血という特別な血統で驚異的な運動神経を誇る英雄達でなければ
数分の起動も不可能というその欠陥を利用して
彼らを生身で限界まで疲労させ、その上で変身させて倒すというのが目的

いや・・・卑怯だよ・・・めっちゃ卑怯だよ・・・だけど応援したくなるのが不思議・・・
戦闘員の唯一の利点ともいえる数の力で一人に対して複数人で対処
いい感じに疲労させるんだけど・・・そうは問屋が卸さない
正義は必ず勝つ・・・という格言どおりというか・・・

英雄の一人・・・『疾風』を纏う隼人機械装甲【鎧】の召喚を許してしまうけど
事前の作戦通り相手の行動を一時的に止める手段を為すための場所に
隊長が自分を犠牲にして追い込み・・・そして相手の武器を奪ったニーイチ
それを使ってフルボッコ・・・

よし!そのまま行け!

って思わず思ってしまったんだけど・・・他の4人の英雄機械装甲【鎧】を召喚
隼人への攻撃を全て遮断し形勢は一気に逆転

でも隼人『疾風』は消滅したので戦果は十分と撤退に移る事に
ニーイチは時間を稼ぐために怪人を巨大化させる薬を英雄達の前で飲む事で
注目を集めて仲間達を逃がすけど、彼自身は巨大かも出来ずただ苦しみ倒れただけ

英雄のリーダーである『紅蓮』を纏う緋崎ニーイチに・・・
戦闘中、彼を驚愕させるような動きを垣間見せたニーイチを倒そうとするけど
が仲間を庇おうとしたニーイチの助命を嘆願

だけどそれは仲間である『水蓮』を纏う青葉に間違いだと指摘される
なぜなら英雄による助命なんてニーイチは望んでいないからと・・・
彼女は立ち上がったニーイチを見ながらそう説明

なんか英雄達の中でのニーイチの評価が・・・上がってる!

最後は緋崎ニーイチと一騎打ち
結局ニーイチは負けたけどダメージを受けた彼をジジが助けに来て無事離脱
緋崎ニーイチの気迫に負けて一瞬攻撃が遅れ、ニーイチの攻撃が先に当たっていた事で
彼を見逃す事にした模様。

同じ力だったら負けていたのは自分だったから・・・
だからこそ止めを刺すことを・・・それで終わりにする事が嫌だったらしく
最後はその事が気になって悔しくなり訓練に向かっていたから
彼の中でもニーイチの存在は特別になっていそうで面白い

英雄達から・・・ヒーローから特別視される戦闘員・・・やばい・・・面白すぎる設定だ・・・

最後は自分の治療を担当しているミクニという医療用ホムンクルスだと思っていた相手が
実は一番最初に怪人の創造に成功し、ジャバウォックと・・・そして戦闘員の生みの親である
パラケルスス博士だと判明したり、ジジに心配をかけたせいで抱きつかれたり
今回の成果で再び生み出されるようになった仲間や彼が助けた生き残り達が押しかける中
英雄達に今度こそは・・・と意気込む場面で今回は終了

ここまで書くとニーイチ達がいい奴で英雄達が悪人に見えてくるんだけど
あくまでニーイチは世界征服を企む組織の一員だし、
彼自身はその事についてはまったく疑問に思っておらず、
人間相手にはカツアゲしていた相手からカツアゲして、さらに被害者からもカツアゲするという
なんかひどい事をしてた・・・やっぱりここら辺が人とは違う・・・悪って感じではある。

まぁそれでもなお・・・読んでいても全然彼らを応援する気持ちが萎えないのは
なんとも不思議な感じなんですけどね・・・いやマジ・・・なんだろ・・・
これも一種のストックホルム症候群ってやつなんだろうか・・・

緋崎とか・・・他3人の英雄達の事情とかも色々と気になるところだし
ニーイチの行動による彼らの戦闘員への認識の変化とかも気になる

そもそも狙ったかのように戦闘員としての姿や怪人態のジャバウォック
【鎧】を纏った英雄の姿などのイラストがないのがこの作品
ニーイチ緋崎の戦いには絵はあったけどなぜかニーイチは素顔の絵

そういうイラストはあえて出さない趣向なんだろうか・・・
怪人が巨大化した後に英雄達が呼び出す【巨大鎧】とか
ディティールがめっちゃ気になるんだが・・・

色々とシリーズモノとして続けられると思うんだけど・・・さてどうだろうか。
続くんなら楽しみに待っていようと思うんだが・・・こればっかりはわからないなぁ・・・

ジャバウォックが死んじゃったんでメインヒロインはジジなんだろうけど・・・どうだろ?
とかは流石に無理っぽいけど人間として多少関係はできてしまったし・・・
なぜかニーイチを嫌うアルスマグナの受付の女性型ホムンクルスとの関係も気になる・・・

続き出てくれないかな・・・マジで・・・

そういえばこの作品は戦隊モノ+仮面ライダー要素
他にも特撮系で仮面ライダーっぽい感じの作品・・・たとえばGA文庫の『EX!!』とか読んだけど
M78星雲から来た光の巨人って感じの作品は見た事ないな・・・
探せばあるんだろうか・・・その系統のラノベ・・・それも気になるな・・・

最後に一文。

ジャバウォックのセリフ

ニーイチが自分をごまかすように英雄には勝てない
戦闘員は生き残れば勝ちだと言っていたセリフ

だけど彼女には彼の本心が・・・彼の心の奥に勝ちたいと願う心がある事に気づいていた。
だからこそ絶体絶命のピンチのあの場で彼にこのセリフを伝え
本当にそう願うなら、悪の組織の戦闘員らしく
自分の思った事をやれと言って彼を逃がした・・・

彼女が短い時間であってもニーイチを深く理解していた事がわかり
それだけに・・・彼女の最後は色々とせつない

なので彼女のこのセリフで・・・

「勝てるよ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
VS!!―正義の味方を倒すには (電撃文庫)VS!!―正義の味方を倒すには
(電撃文庫)

(2012/01/07)
和泉 弐式

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おひさです。

センター試験で忙しく、最近コメント出来ませんでした。
あと、俺が読んでいないのが最近書かれていた、っつーのもありますが…

確かに面白いです。これ。
カツアゲ二連続は吹きました(店で)

あんまりこういう作品は読んだことないので新鮮でしたね。
まあ、ヒーローたちの弱点多いと思いますが。

しかし、パラケルスス博士がジャバウォックもっかい造りそうな気がします。
つかそれ希望。

んでは。

Re: おひさです。

コメントありがとうございます

とりあえず受験頑張ってください。

No title

同じ事思ってる人に会えてよかったです。

VS面白いです。
自分的には隊長が好きです。

投稿は初です。

Re: No title

コメントありがとうございます

> 同じ事思ってる人に会えてよかったです。
>
> VS面白いです。
> 自分的には隊長が好きです。
>
> 投稿は初です。

隊長、いいですよね・・・それだけに残念でしたけど・・・
設定的には次の生まれる1号が隊長になるんでしょうけど・・・
どうなんでしょうね・・・
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。