スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒会の十代 碧陽学園生徒会議事録10

あらすじ

ようこそ、私立碧陽学園生徒会室へ。
美少女役員四人+おまけ一人、生徒諸君のため、過去を振り返ります。

始まりはあまりにも衝撃的だった。

「ただの人間には興味あ(自主規制)」

・・・記念すべきシリーズの1巻目でまさかの自主規制。

物語は動き出すといいつつも、繰り返される日常。
暴走する妄想、青すぎる青春。

ここを読んでも内容が分からない作品紹介と、おかげさまでいろいろやらせていただきました。

でもあの頃があるからこそ、今がある。何もかもが特別だった十代の日々。
終わりじゃない、これは始まり。
じゃあ最後は、せーのでいきましょう。

せーの!

「これにて、第三十二代碧陽学園生徒会、解散っ!」

感想

生徒会の一存シリーズの10巻
表紙はくりむ

普通だ・・・表紙が・・・普通だ・・・

とくに肌をだしているわけでもコスプレしているわけでもなく普通・・・
いや・・・文句はないんだけどそこはかとなく残念な気がするのはなんでだろ・・・

そして今回はシリーズ本編の最終巻
ついに3年生であるくりむ知弦は卒業・・・そして椎名姉妹も転校が待っているという
状況がすでに待っている状態での今回

いつもの雰囲気の話の合間に卒業式の話が挿入される形なので
まずは普通の話の感想をそれぞれ書いて、最後に卒業式全体の感想
そして卒業式後の話・・・と書いていきます

○ 締める生徒会

卒業も近くなってきたと言う事でシリーズの締めを考え始める話

メタだ・・・激しくメタだ・・・今更だけどね!

シリーズのオチを登場人物たちに話し合わせるとか・・・・このシリーズらしいですね。
杉崎が書いている生徒会の活動記録がこの作品って事になってますから
無茶ではないんですけどね・・・

そして考えるのは良いけど、お前ら本当にそのオチでいいのかよ・・・ってのが満載

素で深夏が自分と杉崎キスシーンが・・・とか言っているあたり
彼女の凄まじいデレっぷりがわかるんだけど、残り三人も脇で・・・とか
思いっきり独占する気満々だったりもして、こういうところはあいかわらず女の子っぽい。

真冬『強くてニューノベル』というゲーマー的思想は
話が思いっきりつまらなくなるし、

知弦杉崎の墓前で・・・というのも黒すぎる・・・

最終的にくりむは収集が付かなくなって杉崎に全部投げる事に・・・
ここでようやく杉崎は自分が今まで長々とシリーズを書かされていた事にも気づくといく・・・
なんか色々と悲しい話・・・

ちなみにシリーズの締めを考える話だったので色んな意見がでていて
すごく定番な『めでたし めでたし』ってのもあったんですけど
実はこの本・・・本編は『めでたし めでたし』で終わっていて
最終巻最初からいきなり伏線が・・・没になってたのに・・・採用したんだね・・・

○ 託す生徒会

次代の生徒会に何かを遺そう・・・という物語

子作り、火の意思、呪われた風習、最強セーブデータ、BL本(杉崎×中目黒)、
エロゲセーブデータ、椎名流神拳最終奥義(使ったら死ぬ)、熊さん(本物)、
莫大な資金、Fateな聖杯、鬼畜になる眼鏡、イナイレカード
カメハメ波のコツ100、大量殺戮兵器etcerc


禄なのねぇ!?

いや・・・真面目なものもあるけど・・・生徒会に遺すものじゃないよね・・・
カメハメ波のコツとか気になるけど・・・

最終的に心構えとか、注意点がわかるようなものを・・・となるんだけど
この作品そのものがそれに代わるという事で作品の原稿を遺す事に。

ただ最後・・・それをくりむ達から次の生徒会へ・・・と託されたのは杉崎
現メンバーで唯一、託される側であるのが彼・・・

杉崎にとってその事実は結構・・・っていうかかなりキツイ事みたい・・・
言い換えるなら彼だけ置いていかれるという事と同意だから・・・
出会いと別れは必然だけど・・・やっぱキツイよね・・・

○ お送りしました生徒会

最後ののオールナイト全時空

完全なアドリブによるドラマCDをくりむナレーションで実施
いきなりジャングルでさまよっている杉崎という設定で始まり
最強の格闘家である深夏、誰にも見られないところに何かを埋めに来た知弦と出会い
ナレーションが予告した悲劇を回避する為に深夏が怪しい気配をぶちのめしたら

真冬

悔やみつつ先に進んでまた何かが近づいてきたので
今度はナレーションを確認して相手がゾンビだとわかったのでぶちのめしたら

ゾンビになった真冬

ゾンビになっても皆の為にと近づいてきた彼女をぶっ飛ばしてしまったことを
後悔しつつも先に進み今度はオオカミに遭遇
今度は慎重に手を出さずに様子を見ていたら・・・

オオカミに食べられてたゾンビ真冬

・・・・・・ディスられてるよね!?

人気投票の結果を気にしたくるみの策略だとかなんだとか・・・

そして恒例の椎名姉妹いじめ・・・ではなく今回は杉崎知弦

いつもは杉崎知弦くりむが決めた言葉だけを雑談で使うという方式だけど
ネタバレしてるからと今回は設定を追加・・・という方式

深夏『話の変なところに急に食いつく』
真冬『知弦に両親を殺されている』

という設定で雑談するんですが・・・なんかとんでもない事に・・・

真冬知弦へ憎しみ全快で発言が色々と皮肉を込めた感じになったり、
深夏は雰囲気を変えようと杉崎達がしたちょっとした言葉を掘り下げようとしたりと
すごいカオスな展開に・・・

まぁこれは毎回か・・・

あいもかわらずネタバレせずに終了して2人を困惑させたまま放置

最後は投稿メールを読んで終了

くりむの自分を褒め称える自演メール・リリシアが情報を得るために聞いていたというメール
何故最後まで自分を呼ばなかったんだ!という真儀瑠先生のメール

でしたけどね・・・顧問なのに忘れられた真儀瑠先生が・・・面白かった

○ 改装する生徒会

卒業まで残り少なくなって生徒会室を掃除する事になる話

あー・・・あるある・・・って話

本当はもっと早くやっておくべきだったのに、ダラダラと引き延ばした挙句
この日が最後のチャンス・・・という状況下でローテンションで掃除を始めるメンバーだけど
色々と思い出の品が見つかったりして気をとられ時間が経過
いつのまにか夜に・・・という展開に

あー・・・あるある

その状況でなぜか備品を買いに言ったり、壁の修理をしたり・・・
ついでの食事をしたりしてさらに時間が経過

あー・・・あるある

夜遅くになりテンションも変な感じになって細かい所が気になってしまい
ついには生徒会室のリフォームに取り掛かることに

あー・・・あるあ・・・ってねぇよ!?

流石にそれはねぇよ・・・さすが生徒会メンバー・・・
テンションのあがり方が半端ねぇ・・・

後日、冷静になってからリフォームしたアレコレは自分達で片付けたみたい。
うん・・・テンションあがって、なんであの時あんな事を・・・って事は・・・あるねー

○ 卒業式

このシリーズのクライマックスを飾る最大のイベントですね。

杉崎も間に合い、リリシアが進行を乗っ取り、
生徒会メンバーそれぞれに見せ場がある・・・そんな卒業式

来賓?理事長?卒業証書授与?・・・なにそれ?

って感じでしたけどね・・・つまらないとか・・・確かにって感じだけど・・・

許されちゃうんだ!?

って感じでした・・・なんかアレですね・・・碧陽学園はどこまでいっても
生徒が楽しむって部分が一番優先されている感じ。
本当に楽しそうな学校ですね。

真儀瑠先生『卒業』・・・別れについて覚悟していても辛いという考えが
過去の出来事からあったけど、今回に関しては誇らしいと語り

知弦は生徒全員を最初に正座させる所から始まり
自分が学園に入った経緯とその結果を、
学園で過ごせた3年間が大切なものになったと涙混じりに語り

深夏は色々な部活動での助っ人やスポーツによる彼女が残した痕跡(天井に手跡とか)
そして自分も今日で転校すること・・・もう1年学園で過ごしたかったこと
学園が大好きだと言うこと、そして次の学校でも生徒会に入るという決意を語り

真冬は自分が1人でいる事が好きで、それが今も変わらない
だけどいつのまにか生徒会も学園も大好きになっていて
人も大好きになっていた事を語り

杉崎は卒業生の卒業を最初は祝っていたけど
途中からはそんなのは嫌だと、別れたくないと叫び
だけど巣立っていく彼らに誇りも感じると・・・大好きだと語り

最後に会長・・・くりむが自分は3年間本当に幸せだったと
生徒会も自分の好きなことをやってきたと、卒業したくないと思っていること
だけどこの学園での事は一生幸せな思い出で残ること
だからこそ笑ったまま卒業したいと語った

ところどころオイオイってツッコミどころはあるけどそれぞれの本心がわかるし
感動的な話でした・・・くりむが凄く会長らしかったし・・・・・・・・・うん・・・

『またねー』

で答辞を締めるあたり、彼女らしかったですしね。

○ 終わる生徒会

そして卒業式後に特別に許可を得てやった今代最後の生徒会・・・
内容はと言うと・・・

杉崎・・・爆発しろ・・・
杉崎・・・爆発しろ・・・
杉崎・・・爆発しろ・・・
杉崎・・
・爆発しろ・・・

というものでした・・・ハイ・・・

杉崎がやり残した事を・・・と提案し、思い出の場所をそれぞれ別々に巡ることになり
最初は2-Bの・・・杉崎のクラスの教室

待っていたのは深夏

『あたしは、鍵、お前のことが、好きだ』
『あたしと付き合って欲しい。─いや、あたしだけと、付き合って欲しい』


ガチ告白です・・・杉崎も好きと返しますけど
後半の告白に関しては拒絶・・・

だけど深夏はそれを覚悟していたし、そんな杉崎だから好きだと言い
彼の複数人を愛するという覚悟を受け入れる事にした様子
それだけ杉崎が好きなんだね・・・杉崎、爆発しろ

次は屋上で待っていたのは真冬

『真冬は、先輩と離れたくないです』
『でも真冬の考え方は、違います。真冬の一番は、先輩です。他の人と優劣、つけます』


やっぱりガチ告白・・・攫ってくれるならそれでもいいとか言っていたし
杉崎の複数人全員を・・・という考えを否定はしないし認めている
だけど自分はたとえ深夏杉崎のどちらかしか助けられないなら杉崎を助けると・・・
この娘は一番最初に杉崎への好意を顕にした娘ですけど・・・こんなにまで・・・

まぁ彼以上に自分が優先で趣味のためなら杉崎すら見捨てると
この後に宣言してたのでなんか色々と台無しでしたけど・・・
それは杉崎の考えで彼が罪悪感を持たないようにする為の冗談っぽいし
本当にそういう状況になったら真冬は確実に杉崎を優先するんでしょうけどね・・・杉崎爆発しろ

次は保健室・・・待っていたのはここで最初に出会った知弦

『「まいったなぁ、私この子のこと、好きになるかも」よ』
『なんか・・・その・・・胸のドキドキが、と、止まらなく、なってきちゃって』


やっぱりガチ告白・・・っていうか実は初対面ですでに落ちてた発言・・・速いよ!?

杉崎が自分の事情を初対面の知弦に話し、その状況でも頑張っていた姿に
知弦は冷静を装っていてもドキドキしていたらしく、
それを今更ながらに照れて語る彼女はめっちゃ可愛い人になってました・・・

でも最後は彼女らしく・・・杉崎をベットに押し倒して初体験を迫り
時間切れだと杉崎が断ると、彼に始めては自分と・・・と約束させて解放
やっぱり策士な知弦でした・・・想いは純粋なんだけどね・・・杉崎爆発しろ

そして最後は生徒会室・・・待っていたのはくりむ

『あ、ううん。杉崎のこと好きだよ、私』
『私、やっぱり杉崎がいいなって思ってるから!』


彼女の『好き』はまだ自分でもよくわからない・・・両親や友達に対する好きと変わらないもの
それでも杉崎のことはちゃんと意識しているし、
もしそうなるなら・・・と考えるなら杉崎がいいと思っているみたい。
人、それを惚れていると言う・・・違うんだろうか・・・

会長らしく気丈に振舞っていたのを、杉崎の胸で素の自分を・・・
みんなと別れるのが・・・卒業が嫌だと大泣きもしていたし
十分すぎるほど彼に心を許してるよね・・・この娘・・・
それでも他の3人と比べると明確な恋愛感情として表に出ていないのが
珍しいと言えば珍しい気もする・・・それでも杉崎爆発しろ

最後はホームルームの出欠確認を・・・となり最初は悪ふざけ
だけど最後は出欠をとる役が杉崎になり、彼がそれぞれ名前を呼び
真冬深夏知弦くりむへの告白とどんな所が好きかを語り、
そして最後・・・杉崎の名前が呼ばれ4人全員が想いを告白

杉崎がずっと目指していた『ゴール』
好きな女の子全員を・・・という彼の無謀とも言える決意が
ついに実を結び、最後はくりむが生徒会を解散する宣言をして終了

本当にハーレムを成立させやがった!?Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!

えっと・・・凄いと言うべきか・・・
ヒロイン全員が幸せになるにはこれしかなかったと言うべきか・・・
本当に大変なのはこれからなんでしょうけどね・・・林檎飛鳥もいるわけですから・・・
とりあえず一番の敵は・・・法律かなぁ・・・相手がでかすぎる気が・・・

男からしたら『死ねよこの野郎』、女からしたら『女の敵』みたいな最後
キャラ達が幸せならそれでいい終わりかた・・・なんだよね?

エピローグでは杉崎が曲者ぞろいで色々と大変な新生徒会の本格始動を前に
扉の前で色々と覚悟を決めるシーン

深夏は転校初日の登校時に転校先の学校を裏の裏の裏から支配していた生徒会長を倒し
新生徒会長に就任・・・

真冬深夏を認めず挑んだ相手の治療や看病をしていたら女神に崇められ
深夏と勢力を二分する存在に・・・

くりむは大学でマスコット扱い、知弦も人気があるみたいだけど
杉崎と遊ぶために休日は空けているからイベントなどは関わっていないみたい

他のメンバーはそれぞれの場所で頑張っている・・・
そして杉崎の頑張りはここから・・・そんな最後でした

---------------------------------------------------------

シリーズそのものは番外編の碧陽学園生徒会黙示録の方が1冊出て
卒業式直後の話も入ると予告されていたんですが、あとがきによるとさらに2冊
杉崎の新メンバーによる新生徒会の様子を書いた話が上下巻くらいの予定である模様。
まだしばらくはこのシリーズが続くみたいで嬉しい限り

特に新メンバーは色々と予想は出来ている分、どんな内容になるか、かなり楽しみ
やっぱり流南とか1-Cのメンバーとかだろうか・・・

最後に一文。

ヒロイン達の台詞

ある意味、杉崎が目指したゴール
それを知らせるセリフでもある。

とりあえず思うことは・・・現実にはねぇよ!?

4人の女性が全員自分に好意を寄せて、自分は誰か一人を選べない
全員平等に・・・という考えを4人ともが受け入れてる・・・ないわー

まさにハーレム達成を知らせるゴールなセリフ

まぁ・・・杉崎の頑張った証でもあるんだろうけど・・・凄いなオイ・・・

『杉崎 鍵』

『私達は、キミが大好きです』


「自分の体をボロボロにしてまで
 女の子を追いかけてしまう先輩が」


「強くなりたいと願って、
 本当に強さを手に入れてしまう、ひたむきな鍵が」


「この人に頼りたい、寄りかかりたいと強く思わせるほど、
 ぽかぽかと温かいキー君が」


「一番ワガママなこと言ってるくせに、
 結局そのワガママで一番傷ついている、
 本当にどうしようもないお馬鹿さんの、杉崎が」


『そんなキミのなにもかもが、私達は、大好きです!』

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
生徒会の十代  碧陽学園生徒会議事録10 (富士見ファンタジア文庫)生徒会の十代
碧陽学園生徒会議事録10
(富士見ファンタジア文庫)

(2012/01/20)
葵 せきな

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

生徒会の十代の感想レビュー(ライトノベル本編完結巻)

富士見ファンタジア文庫のラノベ、『生徒会の十代 碧陽学園生徒会議事録10』(葵せきな先生、狗神煌先生イラスト)が発売中です。 本編最後の表紙を飾るのはやはりこの人!というわけで、くりむ会長(゚∀゚)キタコレ!! 見た目はちっちゃ可愛い彼女ですが、鍵くん達にと...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

結局ハーレムを作り出すのかwwwww

まぁ、杉崎らしいっちゃらしいけど、新生徒会とやらでどうなるのやら・・・

完結。

遂に本編終了。
漫画も読んでますが、最後の最後で杉崎ハーレムだとっ!?

『嘘ですよね?全員告白なんて創作だよな?
誰か、そう言ってくれよぉぉぉぉ!orz』
失礼!取り乱しました。

まあ、今後は例のゾンビとのコラボがあるようですので楽しみです。

Re: No title

コメントありがとうございます

> 結局ハーレムを作り出すのかwwwww
>
> まぁ、杉崎らしいっちゃらしいけど、新生徒会とやらでどうなるのやら・・・

きっと新生徒会でも犠牲者を増やすんだぜ・・・きっと・・・
っていうか異性として意識しだした巡の事とかも触れられるといいなぁ・・・

Re: 完結。

コメントありがとうございます。

> 『嘘ですよね?全員告白なんて創作だよな?
> 誰か、そう言ってくれよぉぉぉぉ!orz』
> 失礼!取り乱しました。

それどころか全員ハーレム容認してるよ・・・orz
しかも飛鳥と林檎はおそらく内定してる・・・

感動

いい終わり方だったなぁー感動!!

Re: 感動

コメントありがとうございます

> いい終わり方だったなぁー感動!!

誰も不幸にならない・・・って意味ではいい終わりかたでしたね。
メインヒロインが選ばれて・・・だと他のヒロインが・・・
って気にはなりますからね。

まぁ特定の1人を選ばれるのこそが普通なんで
その意味では最初の信念を最後まで貫いたって事なんでしょうけど。

No title

十代は二重表紙(リバーシブル)だそうですね。

はやく見てみたいです!!!

Re: No title

コメントありがとうございます

> 十代は二重表紙(リバーシブル)だそうですね。
>
> はやく見てみたいです!!!

ぜひ見てみてください。

No title

凄い・・・・・・・何か想像するだけで涙が・・・・・・

Re: No title

コメントありがとうございます・・・

> 凄い・・・・・・・何か想像するだけで涙が・・・・・・

怒りの悲しみの寂しさの嬉しさの
色々と混ざりそうですけどね
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。