スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この家に勇者様もしくは救世主さまはいらっしゃいませんか?! 1

あらすじ

ある日突然、俺の家に異世界の巫女やらお姫様やら魔法使いやらが押しかけてきた・・・。

日本でごく平凡な生活を営む16歳の高校生、石川涼には秘密があった。

それは、生まれついて非凡な超常的な能力、勇者の素質などを持ち合わせ、
幼少の頃から頻繁に異世界に召還されてはその危機を救ってきたのだ。

しかし、今度は全員一度にどの娘も自分の世界を急いで助けてほしいと言いだして、
しかも運悪く幼なじみのお隣さん、佐賀夢乃にこの秘密がバレてしまい
自分も付いていくと言いだして・・・俺はどうすればいいんだ。

異世界の危機てんこ盛り、川口士の伝説のデビュー作、ここに復活。

感想

一迅社文庫の1月の新刊

同レーベルでは『星図詠のリーナ』『千の魔剣と盾の乙女』
別レーベルでは『ライタークロイス』『魔弾の王と戦姫』を書いている
川口 士さんの新作・・・・ではなく2007年にSQUARE ENIX NOVELSから刊行された
単行本の『ステレオタイプ・パワープレイ』を加筆修正分冊したもの。

上記作品の1巻を2つに分けて同時刊行したもので2巻も一緒に発売してます。
2巻の感想は28日で。

簡単に説明すると・・・異世界召還モノとSFと悪の秘密結社との戦いをごっちゃ混ぜにした感じ

主人公は現在16歳の

彼はこれまでにやってきた事を羅列すると

・6年前に異世界(ファルガードス)に召還され勇者としてその世界を救った(当時10歳)
・2年前に汎銀河を混乱に陥れた宇宙海賊であるクローン軍団を壊滅(当時14歳)
・去年、ノスフェラトゥ機関という武器商人組織を壊滅(当時15歳)

という感じのもの・・・都合3回世界を救った男ですね

ってやりすぎだよ!?

どれか1つだけ抜き出しても1つの物語を形成できる設定なんですけど
全てすでに解決済みで日常に戻って平和に暮らしていると言うのがこの物語開始時のの現状

それにしてもコレは・・・主人公体質っていうレベルじゃ最早ないよね・・・
物語そのものを引き寄せているって感じなんでしょうか・・・

そしてこの物語の始まりはが幼馴染である夢乃と共に学校に向かう途中にぶつかり
学校に付いた後、転校生として現れた少女・愛深の登場で動き出すことに。

まず愛深に父親が研究中に封印を解いてしまったという
魔導書の魔物を封印するのを手伝って欲しいと頼まれる事に

からしたら『またか・・・』って展開ですが、持って生まれた才能・・・
魔導や異世界の武具の力を引き出す力がある模様
彼女が持っていた魔導書の力を引き出すことができてしまった上に
彼自身が困っている人を放っておけない優しい奴なので引き受ける・
・・って感じになるとおもいきや事態はもっとトンでもない事に・・・

異世界(ファルガードス)からかつて共に戦った仲間の巫女であるシグ=リリンが現れ
異世界(ファルガードス)で問題を起こしたのかつての戦友ギーヴを止めてくれと懇願

さらに空からは宇宙船が現れが共に宇宙海賊と戦った銀河帝国の皇女スィーフィーアが現れ
宇宙海賊の残党が現れて議会の中枢を占拠されたと助けを求めて来て

さらにクラスメイトにして実はアンドロイドであるからノスフェラトゥ機関の残党が
怪しい動きをしているみたいなので自分だけでは難しいから・・・と協力を要請

極めつけはその状況を全て何も知らなかった幼馴染である夢乃に目撃された上に
スィーフィーアを追ってきた宇宙海賊側の人間と思われる2人組みが
の義母と義妹である美幸希美であったりと・・・

パンクするよ!?そりゃ精神がパンクするよ!?

まさかの世界の危機のカルテットブッキング・・・さらにそういうのとは無関係だと思っていた
家族まで関係があるようで・・・さすがのも返答は明日という事にして
家に帰ってからは鉢植えのサボテンに1人でブツブツと話しかけてた・・・うん、まぁ・・・元気出せ

夢乃が好物のカレーを作ってくれたりしてくれたおかげでなんとか調子を取り戻し
さらにシグ=リリンスィーフィーアから事情を聞いた夢乃愛深も同行することになり
まずは異世界(ファルガードス)へ。

この世界はかつてが救ったわけで、その時は人間と魔族が領地争いと
お互いの信じる神についての齟齬で争っていたみたいで
どちらかが正義・・・ってモノではなかったみたい。

基本的に人間側の味方として戦っていた
戦いの中で出会った当時の魔王の娘であるサラと親しくなり
彼女が反魔王派の魔族に襲われ父親を暗殺された時は
ともに危機を乗り越え、彼女を守って反魔王派を壊滅すると言う事もあったらしく
魔族の侵攻がなくなったのも反魔王派の主だった魔族がやられて
戦力を維持することができなくなった為だったみたいだから
結果的には敵を打ち倒した・・・というよりは戦争を終結させた英雄

『魔族=悪』っていう安易な設定じゃないのはよかったかも
っていうか実は人間側の・・・とくに王が屑だったりした感じ。

自分は初代王が残した『甲冑』を操ることができないのに
部下であるギーヴは13のうち5つを・・・10歳であったは13個全部使用できたので
色々と鬱屈としたものがあったらしく、戦いの後はを暗殺しようとしたし
シグ=リリンが今回を呼びに来たのも妨害した模様

さらにギーヴが魔族の守護神として祭られている『大魔神』を奪取したのも
王が彼を自分に代わる王にしようとする勢力があるとしって
自分の暗殺をたくらんだと濡れ衣を着せたのがそもそもの原因
まぁ彼が魔族嫌いってのもあったみたいですが。

そんな状況では戦友である彼を助けるために魔王となったサラと接触
自分を犯人にすることで今回の一件を自分個人の罪として
人間と魔族の戦いに発展しないように提案
もちろん犯人の死体は別途用意するお芝居になるわけですけど

えっと・・・16歳で発想がちょっとおかしい・・・

人間の街に侵攻する3万の魔族の大群を『甲冑』を纏っているからといって
単身で突っ込んでいって指揮官を止めたり
自分に罪をかぶせて戦争を回避させようとしたりと
根性と言うかなんていうか・・・性根が据わりすぎている感じ。
それはそれで不幸な感じもするなぁ・・・

そして異世界(ファルガードス)におけるヒロインと思っていたシグ=リリンなんですが
彼女は確かにに好意を持っているみたいなんですが・・・サラに比べると・・・

ってサラ、大好きだよね!?

久しぶりの再会で抱きついて、部屋にあるぬいぐるみの1つには
おそらくの名前を付けているし・・・
が自身の名誉を傷つけるような提案をした時は不機嫌になったし。

そもそもこの物語の最初が過去の彼女との戦いの場面を夢で見る・・・というものだったから
彼女と再会した時点でシグ=リリンは色々と置いて行かれた感じがする・・・

最終的に『甲冑』の力で王への復讐と自分が王になって魔族を倒すと言って聞かなかった
ギーヴを打ち倒して説得。

、自身が汚名をかぶってギーヴがそれを止めた事にした上に
王に名誉を回復させるように交渉してあると言われれば根がまじめなギーヴが断れるわけもなく
魔族に対する態度についてもに言及されて渋々ではあっても改めると約束

この人は真面目すぎて道を踏み外しちゃうタイプですね・・・
ただ異世界(ファルガードス)においても魔導書の魔物が登場したり、
ギーヴ『甲冑』『大魔神』が同質なもので『甲冑』が使えれば『大魔神』も使えると
唆した相手がいるらしいけどそれについては謎のまま

先がつかえているからとは帰ることに。
サラは戦争を止めてくれた感謝という事で自分を召還することができる札をに託してたから
と再会するチャンスを少しでも増やしたかった感じ。

サラは仕方ないけど・・・やっぱりシグ=リリンがちょっと残念かな?
異世界(ファルガードス)の人間だからもちろん残ったわけで・・・ここで出番は終了
まだ2巻は読んでないんだが・・・出番あるんだろうか・・・

元の世界に戻った後は家に来てスィーフィーアと家の世話をしてくれていたと合流
夢乃からも事情を聞いて色々と辟易

ノスフェラトゥ機関との戦いは異世界(ファルガードス)『甲冑』
宇宙で使っていた『機士』と呼ばれるロボットなどと違って直接的な力ではなく
が姉と呼ぶ魔導士などと言った豊富な人脈(父親も関係?)によるものだったらしく
身体能力は平凡でも精神面での強かさは相当なものの様子。

異世界(ファルガードス)に行く前に帰ってくる予定の1週間後に家に来てくれと頼み
異世界(ファルガードス)で報酬としてもらってきた道具を資金源として渡して
さらに魔導書の魔物を封印する能力だけをコピーして量産
人脈を駆使して魔物封印チームを作って派遣

その間にスィーフィーアと共に宇宙へ・・・という作戦だったみたい。

どんだけ・・・どんだけ先読みを・・・

これくらいできないと4つの危機を同時に・・・というのは無理かもしれないんだけど・・・
コイツの覚悟を決めてからの進み方は凄いな・・・

夢乃は6年前に異世界(ファルガードス)の話を信じてあげられなかったから、
今回も話だけを聞いても信じてあげられるかわからないから・・・と
宇宙にも付いて来る事に。
愛深は封印チームに参加で残る事になるから3人で宇宙に向かって今回は終了

2巻は宇宙海賊ノスフェラトゥ機関と魔物を相手にするのか・・・
愛深がちょっと怪しい仕草をみせていたり、異世界(ファルガードス)組に出番があるのかとか
色々と気になるところです。

感想ではめっちゃサラ押しですけどメインヒロインはおそらく夢乃
というか夢乃視点での話が結構あるので彼女が主人公の物語でもあるのかも。

素直ではない感じだけど・・・の事をとても大切に想っている娘
異世界(ファルガードス)を見せたいと思っていたり、
彼女の叱咤で調子を戻したりと、なくてはならない相手って感じがしていい。

スィーフィーアもかなり本気での事が好きみたいだし
恋愛事情も色々と面白そう。

まぁ・・・

一番のお気に入りはだけどね!

が自分をちゃんとアンドロイドとして扱ってくれることが嬉しいらしい
まぁ存在を肯定されているって事なんだろうけど、彼女がに感じている想いは
とても人間らしいものっぽい。

出かける前に彼からお守りを貰いたいと求めたり、
得意料理がの2番目に好きなパスタ(1位は夢乃が得意で同率2位は美幸が得意)
愛深夢乃が家にいることに対して不機嫌になったり・・・

めっちゃ気にしてるよね・・・この娘・・・
2巻では彼女の活躍が多いと嬉しいんだが・・・さて・・・

とりあえずこの記事をアップしたら2巻に突入・・・・どんなかな?

最後に一文。

愛深のセリフ

冷静に考えると凄くトンでもない事を言っている
ツッコミどころ満載だよね・・・

1回でも凄いのに3回
しかも今回の話で異世界(ファルガードス)の危機をもう一回救ってるから4回
どんな救世主だよ・・・

「・・・いったいあなたは、
 いままでに世界の危機をいくつ救ってるの?」


「・・・三回だよ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
この家に勇者様もしくは救世主さまはいらっしゃいませんか?! 1 (一迅社文庫)この家に勇者様もしくは救世主さまは
いらっしゃいませんか?! 1
(一迅社文庫)

(2012/01/20)
川口 士

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

主人公どんだけだよwwwwww

こりゃ勇者どころじゃないな・・・英雄といっても過言じゃないね

Re: No title

コメントありがとうございます。

> 主人公どんだけだよwwwwww
>
> こりゃ勇者どころじゃないな・・・英雄といっても過言じゃないね

まぁ英雄でも異世界と宇宙と世界を救ったりはしないよね・・・
どれか1個でも十分英雄って言われるから・・・
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。