スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無気力勇者と知りたがり魔王

あらすじ

大陸を混沌の渦に陥れた魔王を勇者が退けてから五十年。
勇者の孫は周囲に期待されながらも無職をつらぬいていた。

しかし世界は戦争の真っただ中。
無職でい続けることが許されるはずもなく、ついに就職した先が――

『魔王城で魔王教育』

その仕事内容とは、偉そげで平和主義なかわいらしい魔王に『世界は平和だ』と信じ込ませること。

「きちんと余と遊ぶのだぞ! 余は退屈が嫌いであるからな、
 余の勇者であるならばそのぐらいはして当然であるぞ!」

次世代勇者の仕事は『魔王と遊ぶこと』!?
ただし失敗したら世界滅亡――! 

魔王城日常系ファンタジー、開門!

感想

MF文庫Jの1月の新刊

勇者の孫だけど、自分が祖父のようになれるわけないと
無気力に頑張らずにニート一直線な勇者と人殺しは嫌いな平和主義な魔王
魔王城で繰り広げる日常物語

なんか最近多い気がするなぁ・・・

魔王 = ちっさい女の子

って感じの設定とか・・・

小さくなくても美少女だったり・・・
男でも真面目に働いていたり・・・

なんか段々と魔王のイメージがいい方向にシフトして行ってる気がする
まぁどんな設定でも果敢に改変していくよね・・・この業界って・・・

なんにせよ・・・嫌いな設定じゃない!

これだけは言っておきます。
勇者より魔王のほうが好きだったりするんで・・・
なんかこう・・・絶対的正義って逆になんか嫌な感じがあるんですよね・・・
だから無気力勇者とか落ちこぼれ勇者とかの方がどちらかというと好きですね。

この物語の世界での魔王は別の世界である魔界に住まう
魔族の王ってのは変わらないんだけど、人間達の世界に出現する
明確な理由が1つある

それは人の心に闇が巣食い、世界が乱れて大地が悲鳴を上げたときに
星を救済する為にその原因である人間を滅ぼすための出現するというもの。

つまり魔王が現れるのは人間が滅ぼされるだけの事をしてしまった時・・・
という事で魔王自身には責任がまるでない感じ。

しかも今回の魔王であるアイアリスは人死にも人を傷つけるのも嫌いな平和主義者
だけど世界そのものから呼ばれているがゆえに、人間の心の闇が多くなれば多くなるほど
力を増して魔界から眷属を呼び出してしまい、最終的には人を滅ぼす機能となって
自分の意思とは関係なくそうするようになってしまうもの・・・って事

その事を一番憂いているのが彼女自身であり、
それでも人が争いあって死ぬくらいなら、自分が全て殺し尽くす・・・という矛盾した考えを
自分の中から消す事ができない存在でもある

ある意味で・・・一番きつい立場なんじゃないでしょうか・・・

そして主人公である勇者・・・名前は不明

いや、名前だせよ!?勇者って称号じゃん!?

まぁこういうのも最近結構ありますけどね

彼は基本無気力・・・だけどそのせいで母親にまで家を追い出されてしまい
どうしたもんか・・・と祖父が魔王を倒した後、廃墟となっていた魔王城の前で
時間を潰していたところ、ヴィヴィという女性と出会い
彼女に勇者と呼ばれ、魔王を倒すように言われ
城の中にいたアイアリスと出会う事に。

だけど無邪気で人を疑う事を知らない無垢な彼女を倒すという選択肢を彼は選ばず
その選択ゆえにヴィヴィから彼女が世界を滅ぼさないように
世界は平和だと教え込む仕事を与えられる事に。

その後は、アイアリスが呼び出してしまった

側近である竜人族の長の娘・ミナギ
魔王軍先鋒である人狼族の長の娘・レイラ

を加えた4人でドタバタ・・・

アイアリス大好きで色々と暴走気味だったミナギ
アイアリスの下着が紛失した事件で彼女の為に頑張った勇者の姿
そして実は犯人で勇者のせいにするつもりで下着を履いていた彼女が
勇者アイアリスの為に夜になっても下着を探索する姿を見て
自供・・・どこにあるのか・・・という勇者の質問に裾をまくって見せたんですけど・・・

竜人族の娘は足の付け根を異性に見られたら嫁

という凄まじい異文化の掟で勇者の嫁候補に

しかも・・・その前に勇者の頑張る姿を見ていたために結構なガチ惚れに・・・

なんでやねん!?

何気に日常では『勇者は自分のもの』と主張するアイアリスと火花を散らすくらい
勇者の事に関しては本気っぽいです・・・
痺れ香を炊いて体の自由を奪って・・・とかしかけてましたしね・・・

うらやましくなんかないぞ・・・この野郎・・・

レイラに関しては戦闘力は高いけど日常では色々とアホな娘なので
アイアリスの役に立てないと勇者に対抗意識を抱いたり、
失敗して落ち込んだりしていたんだけど、そんな彼女を見かねた勇者
アイアリスを楽しませる事も考えた上で剣闘を提案

士官学校に通っていて中退した勇者
人間でありながらレイラと戦えるのは凄い・・・って感じで
アイアリス達に賞賛されながら戦い、無気力な彼にも戦いの中で
徐々に勝ちたいという気力も沸いてきて、
レイラの攻撃を裁きつつも隙を狙い、彼女の尻尾を握って気をそらすことで勝利

人狼族の少女と戦い尻尾をつかんで勝利したのでご主人様

という凄まじい異文化の掟で勇者が彼女のご主人様に

それ以来、ご主人様としてレイラとボール遊びなどを定期的に・・・
さらにご主人様とは戦えないからと別の部分で・・・
家事手伝いを頑張るようになった。

フラグか!?またフラグか!?

という感じで男女比率1:3で全員とフラグが立つことに・・・
勇者なのに最早魔王軍の身内といってもいい感じになってます・・・
終盤ではそれぞれの部屋で一晩を過ごすことに・・・とか
コイツまじなにやってんだよ・・・って感じです・・・

でもまぁ・・・こういう何気ない日々を暮らす事が
魔王が世界を滅ぼすことを留めているんだから仕事しているといえばしてる
色々と苦労も多そうだけど・・・それでも役得のほうが多い気がしてならないけど

勇者勇者で彼女達との生活を・・・祖父のようになる事を共用されず
期待はずれだと・・・不必要な存在だと蔑まれずにすむ環境
さらに戦争が日常化する今の世界で戦わずに済む場所ですからね・・・
ある意味で理想の職場なんでしょう・・・

唯一のしこりはアイアリス達に『世界は平和』と嘘をついている事で
勇者は結局、アイアリスにそれを告げて彼女に騙されていたとショックを与える事に
ミナギレイラは自分達までもが召喚された事から気づいていたみたいですが。

アイアリスはそれを許した上で、自分が世界を滅ぼす前に
自分の勇者である彼に自分を殺すように頼むけど勇者はその選択をすでに否定している
それを伝えようとするんだけど、彼の仕官学校時代の友人で
今は戦争で活躍して英雄と呼ばれているリーが彼と戦う為に襲来

その前からちょくちょく登場したんですけど、
彼は最初から勇者に興味が・・・一度とはいえ自分に勝利して
自分の左目を奪った彼に恨みを持っていたみたい。

左目の恨み・・・ではなく今は英雄といわれて多大な期待をよせられているゆえに
一度の敗北でも許されないと考える彼だからこその勇者への執着

彼は勇者に本気を出させる為に、アイアリスを殺すと・・・
勇者が否定した『勇者』としてのあり方を実践すると宣言

勇者アイアリスを守り、魔王城の日常を守るために
そして敗北を許されないと思い込んでいる友人のリー
敗北を彼だけは許してあげれるようにと本気で戦い
苦戦はするけど、アイアリスが魔法で協力してくれ
勇者の祖父の形見の剣が聖剣化して勝利

リーは敗北を認め、彼が元々着くはずだった任務・・・
他国を巡っての聖剣・・・勇者の祖父が持っていた剣を探す事に
色々とあるけどリーは数少ない人間で勇者を認める相手ですね。
いい友人って感じ・・・問題がありすぎるけどね・・・

勇者魔王城の日常を守り、アイアリスを守り
そしてついでに世界も守る事を決意

聖剣勇者魔王が協力して生み出されたもの
先代の魔王が封印されたのは2人で話し合った結果
魔族の血を引いているものがでれない魔王城からでれない勇者
子供の頃、祖母に連れられて来た魔王城アイアリスと出会ったらしい勇者
長い時間を生きているらしい人形?であるヴィヴィの正体
リーが疑問に思っていた終わらない戦争の本当の原因

色々と伏線が隠されているので次回以降も色々と楽しみ
でもまぁ・・・日常パートが一番楽しみですけどね。

魔王城の日常が楽しみ・・・ってのもおかしな話ですけどね・・・

最後に一文。

勇者アイアリスのセリフ
特に最後のやつがストンって感じで心に残ったのでコレで

それってどんな魔王城だ!ってツッコミは野暮ってもんですね・・・

「世界では戦争が起こってる。
 ・・・戦争は嫌だ。俺は平和が好きなんだよ。
 で、さ。
 がんばらなくてもよくて、かわいい女の子がいて。
 戦争に直接かかわらなくていい、
 そんな職場どこにある?」


「あるのか?」

「魔王城にしかねぇんだよ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
無気力勇者と知りたがり魔王 (MF文庫J)無気力勇者と知りたがり魔王
(MF文庫J)

(2012/01/23)
冬木冬樹

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。