スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不完全神性機関イリス 154cmの最終兵器

あらすじ

世界の四分の三が死んだ世界―。

宝条軍学校の傭兵科に通う貧乏生徒である俺・凪は、
機械工学科への転科に悩む機械マニアだ。

ある日、俺は廃材の山の中から少女の姿をした家政婦ロボを発見し、
早速家で修理することに。

「おはようございます凪」

―そう言って目覚めた彼女・イリスは、
だけど、家政婦ロボのくせに家事も何一つできないダメ家政婦で、
しかもその正体は軍事用の人型機械体!?

嘘だろ!?

―トラブルだらけの同居生活&大暴走な学園生活。
そして迫り来る正体不明の侵攻者『幽幻種』―。
人類の最終兵器『神性機関』として覚醒したイリスに、世界の命運が委ねられる。

感想

『氷結鏡界のエデン』シリーズ細音 啓さんの新作で
『氷結鏡界のエデン』のスピンオフ作品

中心となるのは『氷結鏡界のエデン』において主人公シェルティスの相棒である
機械水晶のイリスだと思われるアンドロイドの少女イリス
舞台となるのは『氷結鏡界のエデン』よりずっと昔の時代

イリスがめっちゃ可愛い・・・だと・・・!?

『氷結鏡界のエデン』の時代だと主人公の頼れる相棒として
武器を形成したり、情報収集したりととても有能な彼女

性格の方も茶目っ気がある感じで主人である主人公が
タジタジになってしまうような場面もあったんですけど
この時代の彼女は・・・

無能・・・だが可愛い・・・可愛いんだよ・・・

イリスは主人公であるがスクラップ置き場で拾ったアンドロイド
彼はかなり精巧なつくりである彼女をメイド用のアンドロイドだと思い、彼女を自力で直す事で
機械工学科に入学するつもりが間違って傭兵科に入ってしまった失敗を挽回し
転科できるようになるかも・・・という下心もありで彼女を修理する事に・・・

そして無事修理が終了して起動・・・思考回路などもかなりしっかりしてるし
が今の自分の持ち主である事もはっきり認識・・・成功かと思われたんですが・・・
     メ    イ    ド
ダ家政婦・・・降臨

実は軍用の機体だったイリス・・・家事能力は駄目駄目で
が入れたプログラムがあるにもかかわらず色々と不器用な結果に・・・

だけど自分を助けてくれたの為に何かをしたい・・・という健気さがとてもいい感じ
この娘がいずれ・・・ああなるのか・・・時間の流れとは残酷だなぁ・・・

彼女が世界の3/4を滅ぼした幽幻種と戦うための存在であり、
今の彼女を守るためには自分はこのまま傭兵として力をつけた方が良いのではと
悩んだり、イリスが学校にまでやってきてなんやかんやで特待生として入学してきたりと
色々あったけど2人の絆は徐々に深まっていってとてもいい感じ

自分の無力さを感じて家をでていったイリスを探しにいき
連れ帰った時のは文句なく格好よかった

傭兵科としての訓練では幽幻種を模したロボットとの戦いで惨敗を喫して
幽幻種の恐ろしさを体感したり、イリスが身を挺してまでを守ろうとしたりと
話は進んでいくんですが最後は・・・実践

戦闘用アンドロイドがその加護を受ける事で圧倒的な力を発揮する
『機神』へと変化するという神性上位存在『禁断水晶』

それが観測された跡地に見学に行った、傭兵科一同は
そこで侵攻してきた幽幻種の大群と遭遇する事になり
それぞれチームを組んで隔壁を閉じ対処することに。

他がやられても自分達は決して動かない・・・というある意味で残酷で・・・
それでも対抗するすべがない彼らがもっとも時間を稼げる方法

最初の標的となったのはお約束というか・・・達のチーム

奮戦するが及ばず、イリスに止められていたにもかかわらず彼を庇い
谷底へ・・・そして・・・

アマリリス・ソフィネット・・・禁断水晶と呼ばれる存在

『氷結鏡界のエデン』残酷な純粋知性と名乗ったり、物語の根幹にありそうな存在
そしてさらに前作である『黄昏色の詠使い』でも似た存在がいた・・・

色々と繋がっていそうでそういう面でも楽しみなんですが・・・
すでに力を失いつつあった彼女を瀕死の状態で心によって知覚したイリス

アンドロイドとしてではなく、イリス自身に・・・『iris(希望)』を意味する彼女の為に
禁断水晶は加護ではなく自分の力を代執行する権限をイリスに与える事に

加護を受けただけで通常のアンドロイド『機神』となり他の追随を許さない力を得る
(まぁそれでも幽幻種に負ける事もあるんですけど)

だけどイリスの場合は直接、禁断水晶の力を・・・神性上位存在である彼女の力を
使うことが出来るように・・・『機神』ではなく『神性機関』に変化

幽幻種192体を1撃、さらに3507体を90秒ほどで殲滅
最後は変化による強制エラーの発生で危なかったけどがサポートして無事状況終了
まさに圧勝って感じでした・・・これを読んでいてふと思いました
『氷結鏡界のエデン』なんですけど・・・

イリスを復活させたら主人公とかいらなくね?

いや・・・まぁ色々と謎があるし役割があるんだろうし、
この時代にイリスがいて紗砂やツァリもいた上で
人類は浮遊大陸に逃げるしかなかったわけだから
彼女1人がいたところで・・・ってのはわかるんだけど・・・
明らかにシェルティスとかと比べても隔絶した強さだよね・・・コレ・・・
まさに次元が違う感じ・・・

『氷結鏡界のエデン』の7巻の最後に書いてある予告に

イリスが機神として再生するために~』
『ジール。どうかもう一度、私に機神としての力を与えて』


って言葉があったから再生する可能性はあるんだろうけどね・・・
2行目の『ジール』ってやっぱり凪・一咲・ジールと関係あるのかな?
イリスと呼んでいるからイリスのセリフではなさそうだけど・・・どうだろ?

最終的に今回イリスが振るった力は出力2%ほどだったみたいだし
底はまだまだ見えない感じ・・・まぁそれでも不完全神性機関らしいんだけど。

そしてそれに呼応してイリスの誕生を感知した別の国の代表らしい紗砂
彼女はやっぱり・・・『氷結鏡界のエデン』ででてきている彼女と同一人物なのかな?
そして彼女が話題にしていたさらに別の国の『ツァリ』も・・・そうなのかな?

彼女達が頑張って動いてその結果が『氷結鏡界のエデン』の状況なわけで
ハッピーエンドで終わるって訳ではないんだろうけど・・・どう展開していくんだろ
色々と想像できて楽しみ

それとは別ベクトルの・・・をめぐる恋愛模様のほうも色々と楽しみ

と同じ傭兵科のクラスメイトで飛び級のため年下でを先輩と呼ぶシィ
元々は軍用のアンドロイドで今は準人間権を持つクラスメイトであるミカエル
そしてメインヒロインであるイリス

シィは誰が見ても明らかなほどに好意を寄せているし、
ミカエルはなんだかんだでの言葉の影響を受けるし、気にしている
イリスは・・・もう色々と健気な感じ・・・それが恋愛感情までいってるかは謎だけど

って感じなのでこれからの展開が楽しみです。

まぁシィ以外は人間じゃないって部分がネックになりそうですけどね・・・

最後に一文。

のセリフ

イリスが自分の無力さ(の役に立たない事)を感じて
これ以上、迷惑をかけないようにと家を出て行った時に
探しにいってイリスに言った言葉

ある意味で・・・殺し文句ですよね・・・コレ・・・

「俺は、お前がいいって言ってるんだよ!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
不完全神性機関イリス  154cmの最終兵器 (富士見ファンタジア文庫)不完全神性機関イリス
154cmの最終兵器
(富士見ファンタジア文庫)

(2011/12/20)
細音 啓

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。