スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストライク・ザ・ブラッド 3 天使炎上

あらすじ

南宮那月の助手として、
絃神市上空に出現する怪物“仮面憑き”の捕獲に協力することになった古城と雪菜。

しかし古城の眷獣でも倒せない“仮面憑き”を相手に思わぬ苦戦を強いられる。

そんな彼らの窮地を救ったのは、
暁凪沙の友人だという銀髪の少女、叶瀬夏音だった。

そして失踪した夏音を追う古城と雪菜は巨大企業メイガスクラフトに騙されて、
二人きりで無人島に置き去りに―!

世界最強の吸血鬼が、常夏の人工島で繰り広げる学園アクションファンタジー、待望の第三弾。

感想

ストライク・ザ・ブラッドの3巻

表紙はやっぱり本妻である雪菜です・・・

本妻・・・うん、やっぱりその座は揺るがないよね・・・

ってな感じで今回は古城に付きっ切りで行動していた雪菜
まぁ前回は眼を離した隙に自分の先輩で姉的存在である紗矢華といい感じになった上
吸血までしちゃったので警戒していたのかもしれませんけどね・・・

しれないんですけど・・・結局一緒でも無駄でしたね・・・はい・・・
という訳で新ヒロイン登場!

『王女』 ラ・フォリア

王女です、はい・・・
『第四真祖』暁 古城・・・コイツは一体どこまでいくんだろうか・・・って感じ

彼女の場合は仕方なくでもなんでもなく必要だから
そして嫌々って感じでもないし、古城を嫌っている感じもない
明確な好意を感じるわけではないけど、ちゃんと好意はある感じだし
これからに期待って感じにはなってる。

娘は結婚させない、欲しいなら軍と騎士団を倒してからにしろ・・・
という親バカの王様がいるみたいで大変・・・と言っていたけど
古城ならそれでも対抗できるから・・・って理由もあるみたいだけど
今回の話の最後・・・別れ際にキスをしていったし
ちゃんと新ヒロインの面目躍如って感じです。

古城を手玉に取る・・・って感じが今までのヒロインとは違うところですね。
王女としての自分をちゃんと持っていて、自分の意見をはっきりという感じ

さらに霊媒としても優秀な家系らしく、自国の騎士団達は
精霊炉と呼ばれる物からの加護を得て武器の霊格を引き上げて
擬似的な聖剣と化すって技術があるんだけど、王族である彼女の場合は
自分の中に精霊を召喚して、自分が持つ武器の霊格を上げるという
裏技的能力を持っていて戦闘能力も抜群でした・・・

基本は魔力を込めた弾丸を撃つ、特製の銃を使って戦いながらも
弾がないときは上記の力で力を付与した銃剣の部分で相手を攻撃し
今回敵対した獣人吸血鬼を倒したりしてました・・・

この作品はあれですかね・・・ヒロインは強くないと駄目って決まりでもあるんでしょうか・・・

魔力そのものを切り裂く槍の持ち主に、
空間の繋がりを切断して物理攻撃を無効化する剣(実際は弓)の持ち主
そして今回・・・魔力を撃ち出す銃と精霊の力を剣に付与する持ち主


誰も彼も・・・一般人とは程遠い感じですね・・・

最終的にどれだけヒロインが増えるのか・・・そこんところも今後楽しみな作品

正妻ポジションな雪菜については今回は色々と可愛かった

古城が他の女の子を気にしているとむくれる

古城が覗きに来たら怒る、だけど覗きにこなくても怒る

ダメージを追った古城を治療するために意識のない彼に
吸血衝動を活性化させて血を吸わせるために服をはだけて
抱きついて血を吸わせようとしたラ・フォリアの姿を見て
自分がやる!と立候補したり

あー・・・可愛い・・・行動が可愛い・・・

ってそういうばこの娘ってまだ中学生だったよね・・・
可愛いのは納得・・・ってか逆になんか色々と危ないよねこのシチュエーション・・・

古城は口移しで血を飲まされ、意識がない状況でも吸血衝動が活性化し
雪菜を抱き寄せ首筋から吸血・・・目を覚ましたときには胸の中で雪菜は熟睡
自分は上半身裸で、雪菜の服ははだけているという状況で
あたふたしてましたけどね・・・古城、爆発してしまえ・・・

その直後に雪菜の血だけでは新しい眷獣が目覚めない事に気づいた
ラ・フォリア古城に吸血する事を求めそれによって3番目の眷獣を覚醒
したんだけど雪菜は↑の行動をして古城の胸の中で眠るハメになり
さらに目を覚ましたら古城は別の女性の血を吸っているという・・・
なんか色々と不憫な状態でした・・・古城、爆発しろ・・・

独占欲とか仕草とかいちいち可愛い・・・雪菜にもうちょっと気を使ってやれよって感じです。
あとがきによるとラ・フォリアと出会う前に2人きりのバカップル的展開が予定されていたけど
そのシーンはカットになってしまったらしく残念な感じ
短編とかで補完されないもんかな・・・

本編は古城・・・そして雪菜古城の妹である凪沙の友人の少女・夏音
最近絃神市上空に出現する怪物“仮面憑き”である事を知り
“仮面憑き”同士の戦いの中で自分達を庇ってくれた彼女の事を知るために
彼女の養父が勤める会社に調べに向かったところ騙されて無人島に連れて行かれ
脱出手段もない・・・という状況に追い込まれる事に。

そしてその島に“仮面憑き”によって飛行船を襲われ
脱出していたラ・フォリアがいて、狙われている彼女と共に行動を共にって流れ

ラ・フォリア夏音は親戚同士でラ・フォリアの祖父・・・先代の王様が
夏音『父親』である事や、それを知った彼女が夏音を迎えに来た事などがわかり
2人の容姿(銀髪と碧眼)が似ている事の理由がわかったり

霊媒として優秀な血族の血を引いているからこそ、夏音擬似天使の実験に使われ
ラ・フォリア自身の身も狙われている事が判明

前国王は怒り狂った奥さんから逃走
彼は彼なりに夏音の母親のために色々としていたみたいだけど・・・駄目駄目だね・・・
奥さんの方は夏音の母親と友人でもあったらしいので夏音には遺恨はなく
会ってみたいと思っているくらいなのでとても出来た人っぽい

ってかラ・フォリア夏音よりも年上なんですけど関係上は夏音の姪
ラ・フォリアからしたら年下の叔母って事になるんですから・・・
前国王のおじいさん・・・お盛んだったんですね・・・爆発しろ・・・

そして現在の養父は養父で娘(実際は妹の娘で姪)を実験に・・・
彼は彼なりに娘が・・・夏音天使になる事で色々な苦しみから解放されると
彼女のためを思っての行動だったみたいだけど・・・めっちゃ自己中ですね・・・
娘はそんなの望んでないって気づけよって感じです

古城はそれが許せないと戦う事を決意するけど、夏音擬似天使の力は強大で
聖なる武器を使う雪菜天使にその力が通じるはずもなく、
吸血鬼・・・魔族である古城の力は全てかき消されて眷獣すら意味を成さず
逆に天使の剣を受けて再生不能な大ダメージを受ける事に・・・

だけどその直後、夏音も意識が古城を傷つける事を拒絶して暴走
一時的に夏音の父親や彼の秘書である吸血鬼と護衛の獣人から逃れる事に

受けた傷については彼の中に眠る新たな眷獣が中和する事で致命傷を避け
上記の雪菜ラ・フォリア・・・二人の血を吸うことでその力を掌握
古城は新しい力を得る事に

毎回毎回・・・役得だよね・・・古城って・・・
『第四真祖』眷獣は12星座に対応しているみたいで今回のは双子座
だから霊媒も2人必要だったみたいで・・・そうじゃなければラ・フォリアとは・・・って感じ
いや本当に・・・役得だよね・・・爆発しろ・・・

               アル・メイサ・メルクーリ
三番目の眷獣『龍蛇の水銀』

眷獣の力すら防いでしまう擬似天使としての夏音の圧倒的な力に
高位な属性だからこそ低次元の力を寄せ付けない天使の力に
どんな風に対抗するのかなぁ・・・と思っていたんですが・・・これは・・・これは・・・

チート能力じゃねぇか!?

『次元喰らい(ディメンション・イーター)』・・・次元ごと空間を喰らう双頭の龍
それが新しい眷獣の力

低次元の力を寄せ付けない?
触れる事すらできない?

ならその力が帯びてる空間そのものを消滅させちゃえば良いじゃない・・・
という凄まじいまでの力技ですね・・・ってか凶悪すぎます・・・

島1つを破壊しかねない古城の今までの眷獣と比べたら
及ぼす効果範囲は狭いですけど・・・凶悪さはダントツですね・・・
防御不可ですもんね・・・コレ・・・

存在する空間ごと喰われるとか・・・どうしろっていうんだよってレベルです。
その力で天使としての力を消費させ同じ次元まで引きおろし
その事でようやく力が届くようになった雪菜が槍で夏音に刻まれた文様を無効化して
彼女の天使化を解く事で今回の事件は終了

被害者でもある夏音はお咎めなしという事でよかったよかった・・・って感じ
天使化して意識が希薄になっていながらも古城の事を・・・
友人である凪沙の兄で自分が拾ってきた猫の里親を探してくれた彼の事を
忘れなかったりと・・・ヒロイン候補になりそうだし今後の彼女の出番にも期待

彼女が他のヒロインのように戦えるのか・・・という部分はあるけどね。

夏音の養父が擬似天使の完成を急いでいたのは『第四真祖』が出現したという事は
『あの御方』と呼ばれる存在が現れる予兆だから、それと対峙するために・・・
という理由もあったらしく今後古城を中心にまだまだ何かが起きそうな予感

養父は古城の友人で監視役でもある基樹が連れて行き、何かに協力させるみたい
自己中ではあっても夏音の事を想ってはいたから、
死んだり処刑されたりって展開にならなかったのは・・・よかったかな?
まぁやってた事は絶対に許される類の事ではなかったですけど。

今回、敵の吸血鬼が使っていた眷獣は武器の形をしていて
力を凝縮して対個人用にする事で使い勝手をよくする・・・ってのがでてきたので
今後、古城眷獣にも似たような属性を持ったのがでてくる前フリなのかも・・・とか
気になる事もありましたし

次巻以降の展開に期待したいところです。

さて・・・あらかた感想を書いたところで他のヒロインについても少々

古城の妹である凪沙魔族恐怖症でそれがいずれ問題になりそうな予感があったり
彼女の中に先代の『第四真祖』であるアヴローラが存在してそうな事などがあるんですけど
今回の話でわかった事はこの兄妹・・・シスコンでブラコンだ・・・って事

古城凪沙が男の子からラブレターらしきものを貰っているのを見てパニック
後日、凪沙の後をつけて彼との会話を盗み聞き&誤解して激昂と
凄まじいシスコンっぷりを披露

凪沙凪沙でこの一連の話を嬉しそうに浅葱に語っていたので
古城の行動を諌めつつも嬉しかったみたいで・・・やっぱブラコン

いずれ彼女から吸血・・・って展開もあるんだろうか・・・期待

そして前回ヒロインであった紗矢華

うわぁ・・・・・・・・

相変わらずの素直じゃないっぷりでしたけど・・・バレバレだ・・・
古城には全然バレていないけど・・・読者や周りの人間にはバレバレだ・・・

紗矢華は父親が暴力を振るう人間だったために男嫌い
なので電話についても男の声が耳元で聞こえるなんて・・・と
仕事上でも極力それを配するくらいに電話嫌いでもあると
雪菜は作中で言ってるんですけど・・・夜中に頻繁に古城に電話している模様・・・

わかりやすすぎるよ!?この娘、わかりやすすぎるよ!?

もうなんかデレデレじゃないか・・・雪菜に変な事をしていないか確認のため・・・
とか言っていて実際にその理由もあるんだろうけど古城と話がしたいだけだよねコレ・・・
ラ・フォリア古城が一緒に・・・って想像で嫌な予感を覚えたりと嫉妬心もあるみたいだし
ここまでくるとなんかめっちゃ可愛い感じが・・・古城、爆発すべし

そして最後に浅葱

前回の最後に古城にキスをした彼女
さすがの古城浅葱が自分に好意を寄せているのに気づいて色々と悩み
自分が吸血鬼になった事を話そうか・・・と悩んだり
彼女の美術の課題・・・友人の肖像画のモデルを頼まれて
2人でなぜかウェイトレスと執事服姿になってツーショット写真を撮ったりと
いい雰囲気で、肖像画の続きも休みの日に古城の家で・・・
しかも凪沙がいない状況で・・・と古城は特に意図なく誘って
なにか起きそうな予感・・・があったんですけどね・・・

その約束の日に雪菜と一緒に無人島に拉致られてドタキャン
凪沙と共に夏音の所にいるのではないかと訪れてみれば
調査に来ていた紗矢華と遭遇・・・険悪なムードに

まぁその後は得意のハッキング能力で古城雪菜の行方を調べ
夏音の父親の会社が怪しい事をしている事を突き止めたりと
紗矢華が思わず何者?って思わせる働きをしていたけど
結局は紗矢華と共に蚊帳の外だった感じ・・・

前回、勇気をだしてキスまでしたのに・・・この境遇はひでぇ・・・

しかも紗矢華から古城達が戻って来ると聞いて凪沙と共に出迎えに行ったら
古城ラ・フォリアから別れのキスをされている場面を目撃
散々だな・・・オイ・・・

次回こそ彼女が報われるといいなぁ・・・

それととりあえず紗矢華のセリフを借りて一言書いておこうかと・・・

古城・・・灰になれ!!!

そうだよ!これだよ・・・コイツ爆発しても再生するけど吸血鬼だから灰になれば・・・

最後に一文。

古城ラ・フォリアのセリフ

眷獣を目覚めさせるためには彼女の血を吸う必要がある
だけどラ・フォリアには王女という身分があり
おいそれ身をゆだねる訳にはいかない

だけどそれでも彼女は古城にそれを求め、
だからこそ古城は覚悟を決めた

その時の2人のセリフ

「あんたの親父の相手はしてやる。
 だからあんたは後悔するなよ、ラ・フォリア」


「ええ、もちろん。
 わたしの目に狂いがないことを、
 見事証明してみせなさい、暁古城」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ストライク・ザ・ブラッド〈3〉天使炎上 (電撃文庫)ストライク・ザ・ブラッド〈3〉
天使炎上
(電撃文庫)

(2012/02/10)
三雲 岳斗

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

そうですね。某テイOズのセイクOッドシャインでも喰らわせたいですね。
シャウト<古城、灰になれ!!>

自分としては、ラ・フォリア王女に一票。
こういうキャラ、大好きです。

凪沙ちゃんは…古城の敵が、動揺させるために彼女にばらしたり…
なんて感じかなぁと思ってます。

あと、浅葱にはきちんと話してほしい。
たぶん、許してくれるだろうから。

…あと、チートは仕方ないかと。
なんてったて、「世界最強の(怠惰な)吸血鬼」。最強ですからね。
………アニメ化しないかなぁ…?

Re: No title

コメントありがとうございます。

> そうですね。某テイOズのセイクOッドシャインでも喰らわせたいですね。
> シャウト<古城、灰になれ!!>

古城、灰になれ!!

> 自分としては、ラ・フォリア王女に一票。
> こういうキャラ、大好きです。

こういうキャラは私も好きです。
深読みすると彼女も最初から古城の嫁として
あてがわれる為に島を訪れる予定だったのでは・・・とか考えてしまいます

> 凪沙ちゃんは…古城の敵が、動揺させるために彼女にばらしたり…
> なんて感じかなぁと思ってます。

あとは王道的展開としては彼女が危機に陥って
それを助けるために力を使い・・・って展開ですかね?
なんにせよどういう状況でバレる事になるのか楽しみです。

> あと、浅葱にはきちんと話してほしい。
> たぶん、許してくれるだろうから。

ここまでくると彼女にバレるのはいつになるんだろうね・・・
ちょっと引き伸ばしすぎな気もします
っていうか色々力になってるのに根本的なところで蚊帳の外
キスまでしてるのに不憫すぎる娘です

> …あと、チートは仕方ないかと。
> なんてったて、「世界最強の(怠惰な)吸血鬼」。最強ですからね。
> ………アニメ化しないかなぁ…?

なんていうか・・・こう・・・古城自身が強ぇぇって感じがほしいですね。
受け継いだ眷獣が強いだけ・・・って感じがします。
なんか彼独自の強さを見てみたいかも
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。