スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だから僕は、Hができない。 6 死神と海水浴

あらすじ

無事に美菜を助け出し、人間界に帰ってきた良介たち。

再び桃園学園のどこかにいるという特異者を探すべくドタバタと駆け回る彼らの前に、
敵だったはずのライファンが転校生として姿を現した!

それも・・・えっ!

玉野先輩の弟だって!?

さまざまな思惑が絡む中、
特異者を探すという名目でやって来たのは、何故か海!

海水浴とくれば、やはり水着に肝試しに恋の花!

良介をめぐる恋のバトルにライファンも参戦(?)し、
リサラもキュールも美菜もますますカゲキに大暴走!?

一方、良介の方も何やら主人公の自覚が芽生えてきたようで・・・。

抑圧系エロコメディ、大波乱の新展開。

感想

だから僕は、Hができない。の6巻

アニメ化決定!

したこの作品・・・・・・・・・まじか!?
なんか色々と大丈夫なのか?って感じではあるけど
そういえば『ハイスクールD×D』が大丈夫なんだから・・・大丈夫だよね。

今回は水着回・・・・・・ってアレ?2回目・・・?
前回はプール・・・今回は海ですけどね。

死神から浚われた美菜を取り戻したけれども
彼のグラムを覚醒させられる力の源であったらしいファヴニールを失った良介
ただしリサラ、キュール、美菜に加えて今の死神のあり方を変革しようとしている
組織『雷神の雹(ティールハガル)』の一員で家の跡を継ぐために
男装している美少女ランファンともフラグを立てたりと女性関係は色々といい感じ

っていうかなんかハーレム化しはじめてる・・・

本人はHな事が大好きで色々なフェチズムもある奴なんですけど
肝心なところで一番大切にしている信念というかなんというか・・・
『女の子は大事にする』という部分が女の子的には良く思えるのかな?

色々と妄想したり、覗きとかもしようとするけど
本当に相手が嫌がるならしない・・・そんな感じで
身を挺して頑張っちゃうからこそフラグが立っちゃうんだろうなぁ・・・

今回もリサラは相変わらず良介の行動に色々と反応していたし
キュールのアピールは強くなり、かなり大胆

さらに美菜も2人の好意が表面化した事とランファンの事で
危機感を覚えたのか今回は勇気を出してアピールしています
血が出た良介の指を咥えて止血したり、
その後、自分で咥え良介に間接キスと指摘したり・・・
流石の良介も彼女を意識せずにはいられなかったみたい・・・

ランファンもイレギュラーの探索で人間界に来ているんだけど
なんだかんだで良介を気にしているし、彼が自分を監視しにきていた
『雷神の雹』の女死神・・・アルカレアに襲われそうになった時は
おもわず身を挺して庇ってしまったりと完全にフラグが立ってしまっている感じ
良介が自分を助けてくれた・・・という事実にニヤけてましたしね。

まだ彼女自身が自分の気持ちにはっきりと気づいているようではなかったけど
最終的には人間と契約する・・・という今の死神のあり方に反対する組織の死神でありながら
良介の安全を確保するために自分と専属契約を・・・とまで提案してきたので
ある意味で一番押しが強いキャラなのかも・・・

まぁなんだかんだいって良介が一番意識している相手はリサラ
今回の話で一緒に風呂に覗きに行った玉野先輩リサラの姿が見れなかった事に
安心したり、他人に見られたくないって感じていたみたいで
そこらへんは流石メインヒロインって感じ。

彼女自身も他のヒロインより一歩リードしている感じで
最初に良介に水着姿を見せたり、良介が自分に興奮しないのは悔しいといったり
なんか段々取り繕う事が少なくなってっきた気がする・・・
もうなんか完全に落ちてるよね・・・

本編のほうでは回数制限ができてしまったグラムの覚醒の代わりに
良介の魂の力を元に魔力を溜め込んで武器化するグラムの鞘から作られた
グレイプニルが新しい武器として登場

ただし良介の魂の力・・・具体的にはHな事に対する衝動の発露によって
生成される魔力5回分で1度使えるらしく、溜まるまでは常時興奮できない
賢者モードでいなければならないという・・・・なんとも生殺しな武器

これからはリサラから力を奪われなくても男としての衝動が
常時抑制されてしまうみたいですね・・・・・・・ひでぇ・・・

まぁグレイプニルの封印を説く方法が腕輪の革をリサラが剥く事で
今回の話ではリサラがそれを口で・・・というシーンがあったから
どんなものでもフェチにしてしまうのは相変わらずでしたけどね・・・

すれ違いざまにスリーサイズを見抜く集中力とか妙な技を会得して
すぐに興奮できるように修行したりしてましたしね・・・・・・・
修行か?それ?とは言っちゃ駄目なんだろうな・・・きっと・・・

最終的にアルカレアと対決

リサラに封印を解いてもらってグラムを覚醒
同時にグレイプニルが右腕と右上半身を覆う鎧のように展開
グラム自体はショートソード程度の長さだったけど
今まではなかった防御力も利用してアルカレアと戦い無事勝利

と言ってもアルカレアはかなり大柄な筋肉質な・・・女性
直前に興奮するために彼女のスルーサイズを良介が見破り悲鳴を上げていた事もあり
結局、トドメを刺さずに寸止め

かなり話を聞かず直情的な性格であるアルカレア
毒気を抜かれたのか今回は引き上げる事に

まさか・・・フラグは立ってない・・・よね?
って感じだけど・・・果たして・・・

最後は誰が良介と一緒に花火をするか・・・と女性陣が争いになり
リサラ良介を連れ出したんだけど・・・良介の股間に倒れこむ事になり
いつもの展開か・・・と思ったんだけど
良介グレイプニルのせいで『立たず』、リサラも自分に対して反応しないのは腹が立つ
と変な事を考えたりという状況で今回は終了

良介、そのまま不能になってしまえ!!

今後の伏線としては『雷神の雹』にいる4人の幹部の内、

4位 ランファン
3位 アルカレア
1位 ガルダーブロウグ


と3人出てきているので次あたり2位の奴とかが登場するかもしれないし
前回の話でガルダーブロウグ良介の存在に疑問を持った事
さらには良介を巡って激化する女の戦い

などこの先、どうなっていくのかまだまだ楽しみです。

最後に一文。

美菜のセリフ

リサラキュール・・・そしてランファン
3人の美少女が良介に好意を表し始めたことで色々と思うところがあったらしい彼女

だからこそ自分も嘘をついたり素直な良介に対して並ぶためにも
自分が良介をどう思っているかをちゃんと伝えた。

流石に好きだとを伝えたわけじゃないけど、美菜良介のそんな部分を・・・
えっちな妄想とか願望もそのまま口に出しちゃうって部分があっても
素直で正直な彼のそんな部分をどう思っているかを伝えた

控えめな彼女からしたら大きな一歩だったんじゃないかな?
なのでこれで・・・

「うん。だから良介くんも、
 私が格好いいって思っていること、
 ちゃんと知っていて欲しいな」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
だから僕は、Hができない。6  死神と海水浴 (富士見ファンタジア文庫)だから僕は、Hができない。6
死神と海水浴
(富士見ファンタジア文庫)

(2012/02/18)
橘 ぱん

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。