スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩子さんとラブコメ

あらすじ

僕こと平和島隼人は、平和島財閥の跡継ぎ候補。
いずれ財閥のトップに立つべく、メイドの鳩子さんから帝王学を学ぶ日々なんだけど―─

「坊ちゃま。ぶつぶつ独り言を呟かないでください。気持ち悪いです」

「坊ちゃま。わたくしに押し倒されたくらいで動揺するようでは、跡継ぎ候補として失格です」

「坊ちゃま。いくらわたくしが絶世の美女だからといって、
 いやらしい目で見ないでください。警察を呼びますよ」

・・・うん、今日も鳩子さんは平常運転で容赦ないね。
そろそろ新たな性癖に目覚めそうだよ僕は。

とまあそんなわけで、僕と鳩子さんがお送りする、
タイトルに偽りなしのド直球ラブコメ!始まります!

感想

富士見ファンタジア文庫の2月の新刊

同じレーベルだと『ご愁傷さま二ノ宮くん』シリーズ
別レーベルだと『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』シリーズを書いている
鈴木 大輔さんの新作

読んでみて思った事は・・・

主人公が・・・鈍く・・・ない?

って事でしょうか。

ラノベの主人公によくある自分に好意を寄せる相手に気づかないとか
裏で彼のために色々とやっていても気づかない・・・とか
好きな女の子ができてもなかなか先に進めない・・・とか
そういう感じの主人公が多いですが隼人はちょっと毛色が違う感じ

流石に本心まで看破している訳ではないけど
鳩子がどういうつもりで自分の近くにいてくれるのか・・・とか
告白に関してもまさに相手の虚をついてあっさりとしたし・・・結構したたか

同級生である杏奈から明らかに好意を寄せられていて、
それを親友だ・・・とか流してる部分がわざとなのか素なのかわからないので
あくまで印象は『鈍く・・・ない?』と疑問系なんですけどね
これでわかっていてスルーしてたらそれはそれでちょっと酷い奴だけど。

主人公である隼人は実家と縁を切っていた母親がその父親・・・隼人の祖父と和解した結果、
大財閥である母方の実家の後継者候補に急遽なってしまった少年

当主としての帝王学を教える・・・という名目で
幼馴染であり、妹であり、従兄妹であり、嫁候補であり
さらには現当主である祖父のお気に入りで帝王学を学んできた鳩子
隼人の元へやってきて一緒に暮らしながら教育を・・・というのが物語が始まった時の状況

主人公とヒロインの関係が複雑だな!オイ・・・

って感じですね・・・

まぁ幼馴染・従兄妹・・・ってのは同年代の親族だったら普通にありえるからいいとして
妹・・・ってのが曲者

まぁ隼人の父親が鳩子の母親と再婚した結果らしいんですけどね・・・

鳩子自身が平和島という隼人と同じ苗字を持っていて後継者候補の1人・・・
しかも最有力候補だったわけですから直系ではあるんでしょうけど
この場合、どちらが平和島の家の人間だったのかな?

母親なら隼人の父親は別れた妻の姉か妹と再婚したっていう事になるし
父親だったら現在の鳩子の両親がどちらも平和島の直系ではない・・・という事に

どっちにしろ複雑な家庭環境ですね・・・

嫁候補ってのは・・・まぁ大財閥の跡継ぎ候補で現当主にとってはどっちも孫だし
あくまで候補・・・って意味では妥当なのかな?
一応、隼人鳩子は子供の頃に結婚の約束をしているらしいからそういう意味でなのかも
しれないですけどね・・・

ただこんな状況で、しかも鳩子の性格が厳しく毒舌家だし
彼女には隼人が次期当主として相応しくないと判断したなら即刻それを報告して
追い落とす事ができるわけで・・・隼人は色々と大変な目に・・・

ただしめっちゃ際どい格好で・・・まるで誘惑しているかのような体勢をとって
手を出したら責任を取ってもらった上で、自分が財閥を・・・とか言ってたけど
なんかこう・・・責任を取って・・・の部分が彼女にとっては重要なんじゃないかな?
って思える感じが少ししましたね・・・

隼人は終盤、最有力の後継者候補である彼女がさっさと自分を排除しないのは
最初から排除しようとしていない・・・むしろ彼女が真っ先に隼人に働きかける事で
ほかの候補者が隼人になにかするのを思い留めさせようとするものじゃないかと推測してたので
おそらく・・・それで間違いないのかな?

毒舌で厳しい・・・でも実は隼人ラブなんじゃないだろうか・・・この娘・・・
って雰囲気がちょっとするんだけど・・・どうなんだろうか・・・

隼人隼人で・・・

コイツ鳩子さん、大好きだな!?

って感じの雰囲気が・・・

基本ことなかれ主義で今の状況も変われるなら変わってほしいとか
子供の頃・・・まだ平和島家と交流があった頃から財閥を継ぐなんて面倒って
考えていたみたいなんだけど、今は後継者になるのもやぶさかではない模様

その理由は凄くあっさりとしたものなんだけど、それゆえに大物感があるんですよね・・・
器が大きいというか・・・こういう人が後継者に向いてるんじゃないだろうか・・・とか・・・

彼のチャンスは絶対に拾う・・・という考え方は奔放な母親に振り回されて
世界中のあちこちを周ったゆえに生まれた考え方なんだろうけど
だからこそ・・・決め時を逃がさないというか・・・
鳩子が唐突に起こす彼を試すための出来事についてもうまく対応してるし
終盤では鳩子が予想だにしない事をいきなり言って彼女を驚かせたりと
妙に聡いというか・・・鋭いというか・・・そんな感じの主人公
まぁ何をしたかというと・・・

いきなり結婚を申し込んだんだけどね・・・

1巻だよ!?とか思ったりしたけどかなりあっさり告白
流石の鳩子も驚いていました。

今の生活を快適にするために・・・という考えもあったみたいだけど
それはそれとして・・・彼女を一生の伴侶として口説き落とす気はちゃんとあり
たとえ振られたとしても諦めない・・・という意思の元でそれを実行しているので
この時点ですでに一般的なラノベ主人公っぽくなかったですね。
ここまで潔いいと凄いです。

まぁ結果は・・・・振られた・・・って事になるんでしょうか・・・
隼人には別にちゃんと婚約者が定められているけど知っていますか?
と言われ、その相手について言われただけなので振られた・・・と見るべきか
それともそれを知った上でなお自分に告白してるのか?という確認なのか・・・
ここら辺がちょっとまだわからないのがもどかしいですね。

まぁタイトルからして彼女がメインヒロインでしょうし、
この時点ですでじ隼人がはっきりと彼女への好意を露にしているから
彼女が中心なんでしょうけど・・・隼人の婚約者にしてクラスメイトである杏奈
結構いいキャラ。

典型的なツンデレ・・・というか・・・なんかこう・・・ツンしきれてないけどね・・・

隼人と結婚する・・・と前々から宣言している元はお嬢様(今は没落して普通の暮らし)な杏奈
平和島の血を引く隼人と結婚して、その地位と財産を使って自分の家を復興・・・
という事まで口にしていたんだけど、彼女の場合は読めばすぐわかる事ですが
隼人にガチで惚れてます

実際に隼人が後継者候補になったと聞いた時は『あれ?それは予想外』って反応してたし
ぶっちゃけ照れ隠しで後継者であろうとなかろうと隼人が好きなんですね・・・この娘

元お嬢様という事で鳩子とも交流があったみたいで天敵扱いしているんですが
鳩子からしたらイジりやすい・・・っていうかイジメやすいキャラだったらしく
鳩子が来るまでは生徒会長でその権限で鳩子隼人の同居について干渉しようとしたら
あれよあれよという間に会長を解任され、鳩子が会長になり彼女は副会長に

弱い!ってか鳩子が強い!?

ただ隼人に一番近しい女性であるからこそ鳩子の態度が・・・とかも考えられますけど
どうなんでしょうね・・・鳩子杏奈隼人の婚約者であると知っていたっぽいですし

隼人の気持ちが鳩子に向いているので彼女の恋がどうなるのか
わかりませんが・・・どうなるんだろうか・・・

落ち込んでいてもすぐそれを払拭して動くポジティブなキャラで
ちょっと素直じゃないだけでいい娘ではあるんですが・・・なんか残念

今回はまだ始まったばかりでメインの3人の登場と
現在各々が置かれている立場の紹介って感じだったので
本格的に事態が動き出すのはこれからかな?

なにはともあれ・・・続きが楽しみな作品です。

結婚を申し込まれ、さらに子供の頃の約束を持ち出された時に
ずっと隼人の事を『坊ちゃま』と呼んでいたのに、
おそらく子供の頃の呼び方である隼人くん』に戻った瞬間があり
そこら辺は読んでいてニヤニヤしてましたね・・・
これからの展開にも期待です。

最後に二文。

隼人が後継者候補になった理由
そして彼が自分に定めているルール

凄く有名な言葉だけど、財閥の後継者をこれで決めるのはどうなの?
ってくらい軽い感じがする理由

でも彼が自分に定めているルールと一緒だと
彼が確固たる意思を持っている事がわかる。

手に入れたものの使い道は手に入れてから考える
考えて手をこまねいてチャンスを逃すくらいならその方がいい

彼は現当主である祖父や
奔放で祖父の子供では一番祖父に似ているらしい彼の母親について
変わっていると表現していたけど
おそらく彼は彼で十分・・・平凡からは遠いんだろうね・・・きっと・・・

「そこに山があるから」

「”チャンスは絶対に逃がさない”ってこと」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
鳩子さんとラブコメ (富士見ファンタジア文庫)鳩子さんとラブコメ
(富士見ファンタジア文庫)

(2012/02/18)
鈴木 大輔

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

面白そう
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。