スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンタイム 4 裏腹なる don't look back

あらすじ

とある深夜、束の間だけかつての記憶が戻り、
当時抱えていた想いそのままにリンダのもとへ駆けつけようとして見事にこけた多田万里。

翌朝。
万里は唇を腫らし超絶ブサイクになっていた。

発熱までしてみんなの看病を受けることになるが、
なぜかその流れから香子と夏に海に行く話が持ち上がる。

先立つものは金、とバイトを探す万里だが、香子からは大反対され―。

かつての自分が好きだったリンダといまの自分が好きな香子。

二人の狭間で揺れる万里の心の旅路はまだ半ば?

竹宮ゆゆこ&駒都えーじが贈る青春ラブコメ、第4弾。

感想

ゴールデンタイムの4巻

これまた・・・厳しい展開だな・・・

前回は記憶を失う前の自分に・・・『万里』に戻り
想いを寄せていた相手であるリンダに会いたいと強く想い移動しようとしてコケ
それで万里に戻り愕然・・・という最後だったわけですけど
その瞬間に万里に流れ込んだ感情は莫大なものだったらしく
『万里』リンダへの想いが万里にも刻まれてしまい、香子という恋人がいるにもかかわらず
彼女への想いは一片も褪せてはいないのに・・・それでもリンダへの想いが募ってしまい
さらにコケた時の怪我のせいで熱をだして寝込んでしまうことになった万里

散々だけど・・・精神的にもキツイな・・・これ・・・

万里『万里』は完全に別人で感情を向ける先も別・・・って感じだったのに
前回のふとした瞬間に『万里』のような発言をしたりも別人格・・・みたいな感じだったのに
想いが混ざる・・・っていうのがなんとも・・・怖い

そのせいで万里は自分が自分であるか・・・という疑問を抱いてしまい恐怖することに。
1分前の自分と今の自分は違う・・・とかありますけど
彼の場合は自分を失う可能性がありますからね・・・怖いですよ・・・

そんな状況でNANA先輩に助けられ、そこから連絡が行ってリンダに看病
そこからさらに香子に連絡が行って・・・と軽く修羅場になりそうな状況

香子が来た事で万里の精神が多少は落ち着いたあたり
彼女への想いは健在であり、その想いこそが彼の存在証明な感じになってますね・・・

香子と2人きりになり、看病してもらってる時に彼女に2人で海に・・・と誘われたり
彼女との日常でどうにか精神を安定させる万里なんだけど
やっぱりリンダの事を考えるのはやめられず
香子と海に行くための資金を得るためにバイトを紹介してもらえば
そこにはリンダもいて・・・そしてテンションあがって仕事してたら
バイトのことを秘密にしていたせいで心配して探していた香子が現れ修羅場に・・・

どうやら前回、過去の『万里』リンダが一緒に写った写真を持っていったのは彼女だったらしく
万里が事情を話してくれるのを待ちつつ、それでも不安で少しでも一緒に・・・と考えていたみたい。

香子の行動は拘束的でかなり粘着的ではあるけど・・・ようやく得た好きな人・・・
一方通行じゃなくて相手からも返してくれる万里だからこそ失いたくないと・・・
嫌われたくないという思いが強いみたいですね・・・

彼氏が別の女性と過去に取ったらしい写真
その女性は彼氏と同じアパートに住んでいる
現在は先輩でサークルも一緒・・・仲がいい
写真の事を彼氏は話してくれない
自分に内緒で一緒にバイト


そりゃ心配になるよ!?

その後、万里香子に部屋の鍵を渡して待っていてもらい
事情を正直に・・・リンダとの関係や記憶のフラッシュバックによる想いの事を話すけど
香子の不安はより一層増してしまったようで、彼女にもう過去を思い出さないでと言われる事に。

記憶のフラッシュバックが制御できるようなものでないとわかっていても・・・
そして自分の中にいる『万里』『嫌だ』という声も無視して・・・
自分の一部となった想いを切り捨てて・・・それでも香子の願いに応えることにした万里

お互いに名前で呼ぶように決め、一緒に写真を撮ると約束する事に・・・
そしてリンダにはただの先輩と後輩として・・・一定の距離を置くようにと頼み
事態は一応の解決を見る事に。

だけど・・・これは・・・

『万里』が言っていた万里香子のワガママや粘着を許すのは
リンダへの想いが捨てきれない罪悪感からじゃないといいな・・・という言葉

さらに自分自身が酷い事をしていると自己嫌悪しているからこそ・・・
自分が穢れた存在だと思ってしまっているからこそ
触れることで香子を汚してしまうのでは・・・と思ってしまう万里

根本的な解決になってない!

自分を切り捨てた万里を・・・切り捨てられた血まみれの姿で見つめる『万里』
そして万里自身も血まみれで・・・

ここまでくると記憶を失う前、失った後や二重人格に近いって関係よりも
完全に互いを拒絶する敵対関係になってきてしまった感じ。

最初はただ万里の後ろで彼の生活を見ているだけの幽霊でしかなかった『万里』だけど
リンダへの想いを切り捨てるって事だけは許せないんでしょうかね・・・
今後も続くであろう記憶のフラッシュバック・・・そして時折よみがえる『万里』の意思

問題の火種が何を隠そう主人公である万里自身の中にあるんだから
これからも一筋縄じゃいかない感じですね・・・

っていうか『万里』が復活した時の彼の香子への態度
香子の対応・・・周りのみんなの対応・・・そこらへんはやっぱり気になるな・・・

香子万里をあきらめるって選択はないんだろうけど・・・
同じくらいに『万里』リンダをあきらめる選択肢はないみたいだしね。

万里は記憶のフラッシュバックで知った過去が
リンダ『万里』を好きじゃないと後輩達に言ったシーンだったので
彼女からの想いは、前回彼女が言っていた姉弟のような関係だった・・・と信じたいみたいだし
リンダもそれを万里から言われて肯定していたんだけど
『万里』が覚えている記憶には続きがあって・・・

これを見ると・・・リンダの本当の想いも気になるし・・・
本当に続きが気になるんだけど・・・これみんながみんな幸せに・・・って終わり方が
想像できないんだよな・・・どうするんだろうか・・・

ちなみに香子の元想い人である光央は・・・なんかもうネタキャラになってたな・・・
変な方向に頑張っちゃ気がしないでもない・・・

最後に一文。

過去にリンダ『万里』に言った一言

後輩達から『万里』との仲をからかわれて

弟みたいなものだ、好きじゃない

と答えてしまったのを『万里』に聞かれ、無視されるようになったリンダ

対応が無視っていう・・・お前は小学生か!?って『万里』の対応もそうだけど
リンダのセリフも・・・なんか典型的な照れ隠しのセリフですよね・・・

こいつら高校生だったのに・・・

その二人が仲直りの切欠となったのが雨の中、万里を待っていてリンダのこのセリフ
彼女は自分が時折思ってもいないことを・・・時には真逆のことを言ってしまう事を話し
『万里』に許しをこい、『万里』『万里』で泣いている彼女の姿を見た瞬間に
彼女を無視すると言う行為をやめてしまった・・・

さっさと付き合っちゃえばよかっただろうに・・・

だってさ・・・これってほぼ告白みたいなもんじゃないですか・・・
『万里』はそれは都合よく考えすぎだ・・・って思っちゃったみたいですけど・・・
そんな風にセーブしてたから進展しなかったんだろうなぁ・・・この2人・・・

リンダリンダで気さくで元気で明るい・・・ってキャラなのに
肝心の本音の部分が・・・微妙に素直じゃないみたいだし・・・
この2人の関係も・・・どうなるんだろうな・・・すごく気になる。

「全部逆なんだよ、万里」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ゴールデンタイム〈4〉裏腹なるdon’t look back (電撃文庫)ゴールデンタイム〈4〉
裏腹なるdon’t look back
(電撃文庫)

(2012/03/10)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴールデンタイム4 裏腹なるdon’t look back レビュー

記憶喪失になる前の事故で幽霊となったリンダに想いを抱く万里、事故後の記憶喪失で香子と付き合う万里。 幽霊の万里が身体の所有権を取り戻したという形ではなく、同化して香子 ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。