スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織田信奈の野望 8

あらすじ

強敵・浅井朝倉連合軍を打破し、意気軒昂な織田信奈。

一気に領土が拡大したことで、信奈は柴田勝家や丹羽長秀、
そして相良良晴などの主だった家臣を各地に配し、いよいよ戦国大名としての地歩を固めた。

また、竹中半兵衛に匹敵する頭脳を持つ、南蛮かぶれの軍師・黒田官兵衛も戦力として加わり、
層も厚くなった織田家。

磐石な基盤を整えつつある中、西国で異変が!
中国地方の雄、毛利家が進軍を開始したのだ。

猛将の吉川元春と知将の小早川隆景を擁する毛利家は、
姦雄として知られる宇喜多直家を先兵として攻め込んでくる。

受けて立つ相良良晴はどう立ち向かうのか?

一方で京でも異変が!

怒涛の天下布武ラブコメディ第八弾。

感想

織田信奈の野望の8巻

表紙は戦国時代を代表する二大軍師・・・竹中半兵衛黒田官兵衛の2人

あれ・・・そういえば信奈じゃないのって初めて?

なにか重要な意味があったりするんでしょうかね・・・ここにきて・・・

そして今回のカラーイラスト・・・最初と次の見開きは・・・まぁまともです。
ただ最後の一枚が・・・一枚が・・・

これ、ちょっとヤバイだろ!?

なんかこう・・・あれ?なんか作品違くね?
って思ってしまっても仕方がない1枚・・・っていうか青少年が見て大丈夫かコレ・・・
まぁ・・・出版されたんだから大丈夫なんだろうけど・・・いや、まじで大丈夫なの?

さて、前回の最後、ついに官兵衛が登場したんですが
彼女は良晴を未来に戻す方法を知っていると言い、帰す気満々
さて・・・どうなる・・・って感じだったんですが・・・

うわぁ・・・メッタメタだな・・・オイ・・・

今回の話は結構厳しい感じです。

官兵衛信奈に仕官・・・城持ち大名になった良晴に仕えるように言われ
彼の元に行くことになったんですが、良晴こそが天下を統一する信奈の邪魔になると
彼に人工精霊である『すねこすり』を憑けて女の子が近づくと相手を
その『すねこすり』が・・・現在は良晴しか見えないそれが触り変体扱いされるようにしたり
信奈十兵衛が来たときに、前に五右衛門に貰った精力剤を2人が飲んでしまい
女性が飲むと媚薬効果があったらしくて『すねこすり』の事もありとんでもない事態に
まぁ・・・それが問題のカラーイラストの場面なんですけどね・・・

いや・・・まぁ・・・凄い大問題ですけどね・・・
状況だけみたら・・・

怒られはしたけど・・・まぁここらへんはまだまだ全然対したことではなく
その後はあまりに頭の回転が速く先鋭的な為に理解してもらえず
責められる官兵衛を庇ったりと持ち前の優しさを見せる事で彼女の態度も軟化

ああ・・・うん・・・早いな・・・とか思っちゃだめだよね・・・

官兵衛が失敗して敵方の武将である宇喜田直家との戦いでピンチになった時は
自分を逃がそうと頑張ってくれた良晴に徐々に心を開き
彼が信奈に悪い影響を・・・という意見を間違ってるのではと思い始めたし
その戦いで援護に駆けつけてくれた山中 鹿之助(やっぱり美少女)も仲間になり
いい感じに・・・

早いな!?オイ!?

その後、信奈がいる京都で火事がおき信奈が巻き込まれた事を知った事で
良晴が錯乱状態になり・・・そこでようやく彼が未来の事を・・・
信奈に待つ運命・・・『本能寺の変』について自分だけでは未来を変えられないと
2人の軍師に・・・半兵衛官兵衛に伝えることに

ここまでは・・・ここまではいい感じだった・・・

この一件で官兵衛良晴の存在を肯定的に見るようになったし
2人とも信奈に待つ未来を変えるために協力してくれる事になって
心強い・・・って感じだったんだけどね・・・

官兵衛半兵衛の命が残り短いことに気づき問い詰め
半兵衛は自ら古い因習を消し去る為の細工をずっと続けていて
それが古い存在である陰陽師で体が弱いゆえにその力で延命していた彼女の命を削っていること
そしてたとえそんな事になっても良晴信奈の・・・
自分の命に意味を与えてくれた二人のために何かしたかったという意思を知る事に。

なんていうか・・・彼女の想いの深さが凄い・・・

ただ彼女に無理をさせまいと官兵衛は1人で直家を説得する為に敵の下へ行き
囚われる事になり、さらに彼が官兵衛が寝返ったと風潮した事で良晴軍は混乱

彼自体はそれを信じなかったけどまわりは動揺

さらに火事の時に怨霊(おそらく朝倉 義景)の瘴気に当てられて倒れた信奈
周りの人間は怪しい人間ばかりで、いつもの仲間は各地に散っている状態
その周りの小姓衆が勝手に官兵衛が裏切ったのなら人質としてだされた
彼女の妹を斬るように良晴に命令
もし命令を破るなら攻め入るというオマケ付き・・・

いやいや・・・なんじゃそりゃ・・・

官兵衛の妹の件は半兵衛がなにか手を打ち、斬った事にし
五右衛門が忍び込んで官兵衛の無事と彼女が裏切っていないことを確認

だけど彼女がいない事で半兵衛の負担は増え、
良晴に色々と厳しく、大将としての行動を教えつつも
最後は彼と二人で話、自分の現状と想いを伝え意識を失うことに。

彼女の命を救う為に御所にある香木を手に入れようと京都に戻り
頼み込むけど駄目・・・さらに信奈に会おうとしても周りの人間に阻まれ会えずじまい

絶望状態で陣に戻ってみれば、官兵衛と交換で渡せと言われていた
鹿之助が未来のことを立ち聞きしていた前鬼から自分の未来・・・
毛利方に囚われ、殺される事を・・・そして良晴がそれを止めようとしていてくれた事を知り
彼のために・・・自ら直家の元へ向かったと聞かされる事に・・・

やめてー良晴のHPはもう0よ・・・

ただここから良晴前鬼に発破をかけられ奮起
すべてを救う・・・それを自分でやるには無理がある・・・
なら己自身を全て捨てて・・・命はもう自分だけのものじゃないから無理だけど
望みや願いなど・・・全て捨ててでもみんなを救うと立ち上がり鹿之助を追う場面で終了

最後の最後で主人公が今まで以上の境地に達して次回が楽しみではあるんですけど
肝心の信奈は自分が意識を失っている間に官兵衛の妹を斬るように命じたこと
さらに官兵衛が実は裏切っていなかった事を聞かされ、
自分がうなされながらも命じたと聞かされた事で自分自身に絶望
良晴に嫌われた・・・と思い込んでしまったという問題が残ってる・・・

なんかもうメッタメタって感じだけど・・・逆転劇は・・・あるのかな?

今回登場の山中 鹿之助は正統派の美少女で
史実どおりに月に七難八苦を祈ったりしていたんですが・・・
なんか現代風に言うとあれですね・・・ドMだ・・・と・・・

身もふたもねぇ!?

基本的に尼子家の再興を目指し、忠義に厚い娘で
良晴の事もご主人様と呼びますか?とか言っちゃってたし
『すねこすり』に触られた時は、良晴が体を望んでると想って夜伽を・・・とか
なんか微妙にチョロい感じでしたが、彼女は彼女でちゃんと良晴を見定めていた模様

女性に軽い・・・と『すねこすり』のせいで思っていて
さらに頼りない・・・とも思っていたみたいだけど
実際は半兵衛官兵衛の為に奔走し、さらに鹿之助の待ち受ける運命を・・・
死という運命を知っていて、それが訪れないようにと考えていた事を聞いたので
無事生き残ればフラグは完全に立っていると見ていい感じ。

なんていうか良晴・・・・1人の女の子を愛すると決めてから
モテ期が到来してるよね・・・やっぱり・・・

そして何故か彼の周りには幼女が集まるという・・・
根が素直でさすがに子供には欲情しない分、懐かれるって事なんだろうか・・・
そういえば今回の話で妹分であるねねが嫁に・・・とか言っていたんだが
歴史に沿う形なら豊臣秀吉の代わりである良晴と結ばれる確率から言えば
彼女が一番高いんだよな・・・まだ幼女だけど・・・

さて・・・とにかく次回・・・

半兵衛は助かるのか
官兵衛は助かるのか
鹿之助は助かるのか
信奈を救えるのか


など気になるところ

そして・・・松永久秀が毛利側に寝返って挙兵して播磨騒乱に続くわけですが・・・

信奈の母代わりの彼女の寝返りの真実や
宇喜田直家が史実通りに織田の臣下になるのかとか・・・

そこらへんも楽しみです。

最後に一文。

半兵衛のセリフ

官兵衛が来てくれたことで、自分がいなくなっても彼女がいれば良晴は大丈夫と
安心して無理をしだした半兵衛

彼女は体調が限界を迎えて倒れ、良晴に抱きかかえられながらも
自分の選択は正しかったのか・・・たとえ自分がいなくなっても
官兵衛は生き残れるのか・・・という事を気にしていて
それを未来を知っている良晴に問いかけたセリフ

彼女の望む返答は彼女が生き残れないというもの・・・
それがわかっていながらそれを聞いたということは
自分の命よりも、後に残る良晴信奈を優先しているということ・・・

この娘・・・まじでいい娘だわ・・・

「・・・史実では・・・どちらが・・・生き残るのですか」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
織田信奈の野望 8 (GA文庫)織田信奈の野望 8
(GA文庫)

(2012/03/16)
春日 みかげ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは。
7月に九巻でますね!
滅茶苦茶楽しみです!

しかしこの作品、アニメ前評判がかなり悪いらしいです…(汗)
そりゃ戦国コレクションとか先行で放送中なんだものなぁ、そりゃイメージも時期も悪いよなぁ…
この作品ほど読むとイメージ変わる作品も、滅多に無いと思うので、せめて四巻、いやせめて二巻ラストシーンまで読んでもらえれば熱い展開好きな人は好きになってくれると思うんですが(汗)
自分も読む前だったら、イメージ悪い人の仲間だったと思うので、皆さんを悪くは言えないのですが…
読んでくださいとしか言えないですよねぇ。悔しいなぁ。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます

> こんにちは。
> 7月に九巻でますね!
> 滅茶苦茶楽しみです!

私も楽しみです

> しかしこの作品、アニメ前評判がかなり悪いらしいです…(汗)
> そりゃ戦国コレクションとか先行で放送中なんだものなぁ、そりゃイメージも時期も悪いよなぁ…
> この作品ほど読むとイメージ変わる作品も、滅多に無いと思うので、せめて四巻、いやせめて二巻ラストシーンまで読んでもらえれば熱い展開好きな人は好きになってくれると思うんですが(汗)
> 自分も読む前だったら、イメージ悪い人の仲間だったと思うので、皆さんを悪くは言えないのですが…
> 読んでくださいとしか言えないですよねぇ。悔しいなぁ。

アニメは実際見てみないとわからないですからね・・・
カットされたり改変されすぎてオイオイってアニメも少なくないですから・・・
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。