スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GJ部 9

あらすじ

いつもの放課後、いつもの昼休み。
四ノ宮京夜は、いつものように部室の扉を開けた。

チビッコだけれど噛みまくり、部長の真央。

博識でゲームの天才なのに、常識知らずな紫音さん。

無口でお肉大好き、ミステリアスな綺羅々。

その笑顔は万人を救う!?ティータイムマスター恵ちゃん。

いつでもマイペース、『モエモエ』な一年生のタマこと環。

そんな個性的な五人の彼女たちとの、ゆるふわ時間。
いつもよりすこしだけ、ゆっくり進むひととき。

真央、紫音、綺羅々たち三年生の卒業とともに、
四コマ小説『GJ部』完結です。

2年間ありがとう!

感想

GJ部の9巻

ついに・・・最終巻!

最後の最後まで36話各4ページの形式の作品
これでこそ・・・ですね。

さて・・・基本的に行事イベントはスルーするこの作品ですが
流石にこれだけは・・・スルーできるわけもなく・・・卒業式です。

まぁ実際の・・・学校で行われる卒業式のほうはスルーされましたけどね・・・

とりあえずそれは最後にとっておいて、そこまでの話についての感想を・・・

いきなり・・・記憶喪失・・・だと!?

という訳でいきなり京夜が頭をぶつけて記憶喪失になった・・・という話があり
しかも失った記憶はピンポイントで『GJ部』関連のみという・・・

これには流石のメンバーも動揺し、さらにあまり自覚がない京夜

この中の誰が自分の彼女なのか・・・?

とか言っちゃったもんだから混乱が巻き起こる事に・・・
まぁ・・・うん・・・混乱が巻き起こったのは・・・メンバーがみんな・・・だからなんだけどね・・・

みんなアタフタしたり心配したりと・・・どうなるのかと思ったけど
連絡を受けて駆けつけたジルにタックルのごとく抱きつかれた時に
後頭部を強打・・・記憶が戻ることに

なんじゃそりゃ!?

ってな感じで始まり・・・まぁ最終巻だけどいつもらしく・・・
日常のゆるゆるふわふわした話

綺羅々が風邪?をひいてジルが迎えに来ておぶって帰ったり(シスコン&力持ち)

京夜が風邪をひいてジルがタックルのごとく・・・聖羅は消毒・・・ひどい!?

京夜の背がちょっと伸びていることが判明したり

ことタマ(逆だけどね)がマッチを擦れる事が判明してスゲーとなったり(軽く時代のギャップを感じた)

綺羅々が肉食系綾波さん・・・って語られたり・・・(あーわかるわかる・・・)

バレンタインデーにから貰える”かもしれない”チョコについて宿敵・烈人と勝負したり
(”かもしれない”って部分になんかこう・・・哀愁が・・・仮定で勝負してどうする・・・)

まぁ・・・色々ありましたけど・・・何点かピックアップ(すでにしてるとか言わないで)

1つはGJ部で京夜が妹のはブラコンだ・・・という話をし始めるんだけど
それが実は恋愛感情あるんじゃね?って話題になっていくんだけど
否定した京夜紫音兄兄ズが実は紫音を・・・とか
聖羅の姉大好きって態度が恋愛感情だって言われたら・・・と例えたんですけど・・・

なんか、めっさ心当たりあるらしい!?

紫音真央『あれ?そう考えるとなんか納得が・・・やばくね?』って感じに・・・
そして最後は京夜の元にからメール・・・

『お兄ちゃん。霞。もうお家にいるよ。はやく帰ってきてね

やっべーぞこれー・・・いや、うん・・・わかってたけどね。

っていうかこの作品の兄妹、姉妹愛は凄いレベルだよね・・・
たぶん健全なのはタマのところくらいなんじゃないだろうか・・・それでも仲いいみたいだから
仲の悪い姉弟とかはいないみたいだし・・・まぁいい事なのかな?
限度ってものがある気がするけど。

次がビリー来日・・・ゲームの天才である紫音がいつもネット対戦している
自称・世界統一王者(おそらくマジ)が来日・・・師匠である紫音に会いに来ることに・・・
それ自体は別に良いんですがこの話のメインはそれじゃない・・・

ビリー紫音に会って感極まってハグ・・・そしてキス(避けたのでほっぺ)
その時・・・穏やかな平和主義者の心を持ちながら、殺意によって覚醒・・・

オレマン・・・第四段階・・・最強戦士

京夜・・・いきなりビリーに殴りかかりそうに・・・キャラ変わってるよ・・・
いや毎回そうだけどさ・・・なんか完全に制御失って・・・

っていうか京夜が殺意とか口にしたり芽生えたりとか・・・ちょっと凄い
烈人に対して怒りを感じたりはしていたけど殺意って・・・
お前、実はめっちゃ独占欲強いだろ・・・

おそらくだけど・・・GJ部メンバー・・・特に初期4人の女子に同じ場面が起きたら
きっと同じ反応を起こしそうな感じ・・・

ちなみに今回の話の幕間とかでさらっと語られているんだけど・・・
紫音はどうやら『人類』ではない模様・・・じゃあなんだよ!?

まさか京夜がみた夢よろしく・・・邪神の血を引く・・・とか?
まさかね・・・ってか完全にそれいらない設定だよね!?

次がバレンタイン・・・今年は協定解除ということらしくメンバー全員、京夜にチョコ
なんかは城を建築・・・京夜を名前で呼ぶようになったし何気にこの子が一番
京夜とどうにかなる可能性は高いのかな?
来年もう一年一緒に過ごすわけだし・・・まぁ烈人にもあげていたけどね・・・
多分、義理と本命の区別を付けていないんだろうけど・・・

何気に幕間で森さんがチョコを用意している絵があったけど・・・
あげる相手ってやっぱり・・・

そして森さん関連の話はもう1つ・・・

前回、森さん(母親)をそのブラッシングの技術で敗北せしめた京夜
今回は彼女の仕事の進退を賭けてまで聖羅の提言の元、森さん(娘)が参戦

京夜ももし勝ってしまったら森さん(娘)が仕事をクビ(もしくは自害)になるし
さらには負けたら京夜に雇ってもらうとか言いだされ困惑
その場で土下座して負けを認めることに・・・

これが平和的敗北主義者か!?

ただしこの話にはちょっとしたオチがある・・・
京夜聖羅森さん(娘)の態度からからかわれていた・・・と判断したようだけど
森さん(娘)京夜から離れ際に一言・・・言葉を残していた模様・・・

『いくじなし』

と・・・え?それって・・・雇ってもらいたかったの?
京夜の所に行きたかったの?そういう意味なの?
はっきりさせてー!!

そして終盤は恒例というかなんていうか・・・
GJ部メンバー一人1人と京夜が同じテーマで過ごしていくやつなんですが、今回は・・・

デート

です・・・

タマとは彼女の弟の誕生日プレゼントを一緒に買いに・・・
紫音は一般常識ナイトとして彼女が自販機でジュースを買うのに付き合い
綺羅々とは喫茶店でお茶・・・しかもメールで会話(文章だと日本語がめっちゃ流暢)
とは買い物・・・持参の紅茶&サンドイッチを振舞われることに・・・

ちなみにのターンで彼女に言われてようやく今回の企画がデートであったと気づくことに
鈍いよ・・・っていうかもしかしてこの程度ならデートじゃないと思ってるのか?

そろそろ・・・言うべきだろうか・・・嫌、最後にしとこう・・・

そして最後は卒業式

京夜の成長・・・

卒業式が近づいて先輩達3人がいなくなる事を実感して京夜が涙するシーンとかありますけど
卒業式当日はきっちりと・・・学校の卒業式が終わった後に『GJ部』だけの卒業式

きちんと彼女達に卒業証書(自作)を渡し、京夜真央から部長職を譲られる事に。
そして最後に真央京夜『噛み付き方』を伝授するといい・・・

唇に軽く噛み付かれる・・・

禁止じゃなかったの!?って感じだけど・・・
きっと今回の話で真央だけデートイベントがなかったのはこれに繋げる為。
ある意味でデートとかを一気にすっ飛ばしてるもんな・・・

あとがきで京夜が部長になってからの話は機会があればいずれ・・・と書いてあるけど
ぜひ読みたいですね・・・彼が部長をしている姿とか・・・想像つかない・・・

『GJ部』は今回で終了ですけどシリーズそのものは続投
来月には『GJ部中等部』が発売するし、まだまだ楽しめそうです。

『GJ部中等部』の方に京夜タマの高等部の面々
そして卒業した真央紫音綺羅々は登場したりするのかな?

紫音以外は中等部メンバーに妹がいるから無理っぽくはないけど・・・
あえて登場させない・・・もしくは出し惜しみ・・・という事も考えられるし・・・どうだろ・・・
まぁ1巻はメインのキャラ達中心でいいと思うけど・・・はたして・・・

さて・・・感想はここまでにして思いのたけを一言

京夜・・・爆発しろ!!!

どんだけメンバーに好かれてるだお前・・・
しかも年下、年上にも好かれてるし・・・まぁ実妹も含まれてるのがアレだけど・・・
これだけは言っておかないとね・・・最後までとっておいたし・・・

そういえば『GJ部中等部』の方には新入生で男子2人が入部するみたいだけど
彼らがジル聖羅に想いを寄せるような事があったとして・・・
京夜の存在によって凄まじく前途が多難になりそうな予感

最後に一文。

京夜真央のセリフ

真央『GJ部魂』を理解しているか聞かれ、『もちろん』と返答
実際は真央もわからない・・・誰もわからない受け継がれていく魂がそれらしいけど
それをきちんと継承した京夜真央から次の部長に指名されて返した答えと
それに対する真央のセリフ

まぁ・・・うん・・・色々と危ない気もするけど・・・京夜がこのノリになるまで成長したって事で
このセリフをチョイス・・・パクりやん・・・とか言っちゃ駄目!

「俺がGJ部だ」

「完璧だ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
GJ部(9) (ガガガ文庫)GJ部(9)
(ガガガ文庫)

(2012/03/16)
新木 伸

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。