スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BIG-4 2.ククク…ついに勇者が現れたか。ってぼくの妹じゃねーか!?

あらすじ

六六六万の魔族の頂点に君臨する魔王軍最高戦力―──四天王。

メンバーは露出過多なツンデレ“雷”のアーディンブルグ。

自爆癖を持つ巨乳“雪”のヴォルフォレカ。

性別不明のクールキャラ“焔”のイグナレス。

そして、巻き込まれた不遇な元高校一年生“知”の山田。

一向に人類抹殺計画を進めない彼らの前に、ついに勇者(山田の妹)が現れた。

「ラァァァァイ!ペイン」

勇者が放つスレスレのオリジナル魔法に一触即発!

と思いきや

「ゲームのデータ消えてる!?」

「わたし達の冒険が!」

「・・・もう魔界の終わりだ」

いつも通りグダグダだった・・・。

勇者も振り回される残念系日常ファンタジー!?

感想

BIG-4の2巻

今回の表紙はブリザードキングと呼ばれる氷人族の王にして
四天王の一人、雪のヴォルフォレカ

フラグが立ちました。

という訳で前回の最後・・・四天王の一人、“雷”のアーディンブルグ・・・アディとフラグを立てた
我らが”知”の山田・・・今回は彼女とです・・・

展開的にはコッテコテというか王道と言うか・・・あるあるというか・・・
彼女にお見合いの話が持ち上がり、それを回避するために婚約者の振りを・・・という展開

まぁお見合いをセッティングしようとしていたヴォルフォレカ・・・ユキの妹であるエルフォレカ
初対面で魔力7(他3人は平均53万)の山田を思いっきり疑ってましたけど・・・
まぁ四天王であることは事実・・・かなりエリートな地位らしい・・・婚活にも有利(オイ!?)
さらに事前に魔王城で2人は婚約者である・・・という風に口裏を合わせるように命令済みだったので
渋々ながら納得したんですが、芝居では?と疑われ前回ユキが作ったヴォルフォレカクエストを・・・
仮想世界で実際に冒険する例のアレを一緒にプレイする事になるんですが

せっかく4人揃ったんだから・・・

ゲームの設定(色々ツッコミどころ満載)のせいでユキのステータスは全て1
という状況で開始され、どうしろと?って感じだけどユキ四天王に対する想い・・・

山田が来るまで4人揃わない四天王だと揶揄され悩み
それゆえにせっかく4人揃ったのなら自分からそれを崩さないという決意

それを聞いた山田は彼女を背負ってゲームの世界を駆け抜ける事に・・・
最後は想定外の隠しボスが登場でピンチになったが山田ユキを見捨てる事無く
ぎりぎりのところを心配したアディイグナレスが駆けつけてあっさり退治

エルフォレカも芝居だとわかっていながらも、今回は諦めることに。

ただこの一件でユキ山田に好意を抱いたらしく告白しそうに・・・
まぁそれを察知したアディが無理やり掃除に連れて行ってうやむやになったけどね・・・

その過程は色々とツッコミ所満載で命の危機も満載だったけど

婚約者のふり→一緒にいるうちにマジに・・・

というラブコメの王道展開にてユキとフラグが・・・
これは・・・どうなっていくんだろね・・・本当に・・・

他の話ではやっぱりというかなんというか・・・仕事してない・・・

1つは人気投票・・・アイドル雑誌を見て人気投票を開催(もちろん山田は反対)

アディは写真集付き投票券
ユキはヴォルクエⅢ&水着生写真付き投票券
イグナレスは自作ゲームレビュー雑誌(イグ通)付き投票券
山田は投票券のみ

で投票券を配って第一位を決めることに・・・
ちなみに最下位は1位の命令を聞くという罰ゲーム付き

そして結果は・・・

1位・・・山田・・・なぜに!?

2位のユキは意外にもゲームが好評(山田は写真のせいだと思っていた)
3位のイグナレス(困ってる魔族を助けたりしていたらしく、それによる投票)

というまぁ順当な結果だったんだけど最下位であるアディの敗因
それは露出度のレベルが違う・・・とうたった写真集が・・・露出度が減っていたための抗議
そして販促の時に山田が世間話をしていたスライム夫婦の旦那の方・・・
スライムでありながら魔力20万(何度も言うが山田は7)で人望もあるバルバドス中将だったらしく
彼が投票するなら山田に・・・という後押しがあった模様。
それと地味に真面目に仕事しているところが評価されたみたい

うん・・・人間なのに・・・ね・・・

アディ山田の言う事をなんでも・・・と言うことで
バルバドス中将のように見た目から危険性がわからない相手を教えてもらうことに

そうだね、命にかかわるもんね・・・

ちなみにアディ・・・どんな恥ずかしい命令をされるのかと思ったら・・・とか言ってたけど
これはこれで不満だったらしく、かわいいキャミソールとか用意していたのを考えるに
実は結構期待していたんじゃないだろうか・・・この女・・・

もう1つはイグナレスが女性に・・・という話

男・・・だったんだな・・・一応・・・

性別は怪しい感じだった彼だけど一応は男性で確定
ただし種族的な問題で女性因子も持っており活性化すると女性になってしまう模様。

男性因子を活性化させるために山田に協力を要請

男らしく一緒に服を買いに(山田からしたら美少女とデートみたいなもの)
昼間から麻雀(ただし脱衣・・・オイ!?)
男同士でサウナ&背中を流す(だからイグナレスは現在、美少女で・・・)

なんか山田が地獄・・・とか言ってたけど

ふざけんなよ、てめぇ・・

って感じです・・・

ただ制限時間切れでイグナレスが女性に固定され、ヒロイン追加か?と思ったんだけど
山田が落ち込むイグナレスに自分がイグナレスを守ると宣言し
そのあまりにも男らしい青いセリフに男性因子が活性化して無事男性に戻ることに

なんだろ・・・イグナレスの場合はフラグが立つのか立たないのかわからないな・・・

そして今回の話の最初と最後の話・・・

勇者登場・・・山田の妹・雫だけどね

なんか魔王を倒すためには魔王を復活させる必要があり
その為には人類抹殺計画を進める必要があり
だからこそ山田は人間でありながら四天王に無理やりされたわけですが

肝心要の・・・魔王を倒す勇者が妹って・・・なんでやねん

彼女はB級アイドルらしく、人気と箔を付ける為に勇者になったみたいで
彼女の行動はネット配信されている模様

荒れるよ・・・そりゃ荒れるよ・・・

明らかにネット配信を舐めていた・・・
最初はコメントもいい感じだったけど、アディがゲーム(FF?)をやっている時に
雷系呪文(修行の成果・・・名前はかなり危険・・・別の意味で)で攻撃

彼女達はもちろん無傷だったけど・・・セーブデータがアボーン・・・
四天王に同情が集まって、が逆切れ・・・結果炎上・・・

さらにせっかく覚えた呪文もイグナレスに微妙と言われは泣きながら去っていく事に・・・

なんだ・・・この勇者・・・

最後の話では魔界で地道にバイトしてそのお金でジムに通って鍛えていたらしい
さすがに魔物を襲ったりできないのでそうしてたらしいけど・・・

なんかおかしいよね?

そもそも勇者が魔界のジムで鍛えるとか・・・なにやっちゃってるの・・・
しかも生活費も稼ぐとか・・・明らかにサポート体制に問題がある
そういえば今回は出てこなかったあのスズメ・・・なにしてるんだアイツ・・・

四天王の弱点を知る為にと山田四天王の座を譲るように提言
とりあえずは補佐として仲間入りし、いずれ折を見て・・・という事の模様。

山田四天王なんて・・・との案に賛成をとりあえずするが
山田の楽しそうな様子から本当にそれでいいのか?と悩み始め
なんだかんだと他の四天王と仲良くなったを見て山田は意気消沈

どうやら自分じゃなくてもいいんだ・・・と拗ねた模様・・・
だけど彼が元気ないと他のメンバーも元気なくなり
さらには山田が自分に嫉妬していると・・・本当は四天王であることが・・・
他の3人といる事が好きなんだと遠まわしに指摘

さらにを山田にだけプレゼントを用意しなかったからでは?と思った3人が
みんなでプレゼントを用意しているのを見て山田は自分の気持ちに気づくことに

これで山田の覚悟みたいなのが決まり、これからは人類抹殺計画よりも
付き合ってみてわかった魔族の良さを・・・
もしかしたら人間と共存できるのかもしれないという希望を感じて
そっち方面に持っていくことにした模様。

はとりあえず兄のために再び修行へ・・・
っていうか四天王に全然かなわないのに・・・魔王に勝てるんだろうか・・・彼女・・・
そもそも山田が急げば急ぐほどが急かされる立場だったわけだから・・・
スズメの計画って穴だらけなんじゃないだろうか・・・

エピローグの最後では今後の展望を考える山田の前に
魔王軍最高司令官のベラが現れ、山田が出場する四天王選手権
まもなく開かれることを発表・・・3巻はその話になりそう・・・
ちなみに・・・

四天王選手権ってなんだよ!?

って疑問は華麗にスルーされているので次までやきもきしながら待つしかない・・・
なんてこった・・・こんなに気になるのに・・・

今後の展開で不安なのが大楽さんの作品は唐突に重い設定がでてきたりするので
このシリーズもちょっと怖い・・・

山田が今回考えた魔族と人間の共存についても
山田が魔族であるという前提で四天王や魔族達と関わってきて
その中でそんなに悪い奴らじゃない、人類抹殺計画についてもなかなか仕事しないし・・・
って結論をだしたわけだけど本当のところはわからないわけで・・・
アディユキイグナレスが人間なんて滅ぼして・・・とか素で言い出したとき
山田は一体どうするのか・・・とかそこらへんが不安

このままゆるーい、残念な雰囲気で最後までいってほしいけど・・・さて・・・どうなる・・・

最後に一文。

山田のセリフ

彼が今回の話で気づいた自分の気持ち

自分はただの山田だった・・・だけど今は四天王”知”の山田であり
その自分でいる事が・・・そして他の四天王との何気ない日々が好きであることに気づいた
だからこそ山田は魔族と人間・・・全部を救う道を考え始めたわけだけど・・・

それはそれで・・・茨の道だよね・・・

「つまり・・・ぼくは、ここにいたいんだよ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
BIG‐4 2.ククク……ついに勇者が現れたか。ってぼくの妹じゃねーか!? (富士見ファンタジア文庫)BIG‐4
2.ククク……ついに勇者が現れたか。
ってぼくの妹じゃねーか!?
(富士見ファンタジア文庫)

(2012/03/17)
大楽 絢太

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。