スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デート・ア・ライブ 4 五河シスター

あらすじ

最悪の精霊、狂三を救ってみせると、そして真那も救ってみせると、
言いながら結局、士道は何もできなかった。

もし、あのとき五河琴里が現れなければ全ては終わっていた。

「今から五年前。─―私は精霊になった。士道の回復能力はもともと私の力よ」

琴里の口から告げられる真実。

彼女が精霊になり。
士道が初めて精霊を封印し。
折紙の両親が精霊に殺された五年前の事件。

「今日で私は私でなくなる。その前に、おにーちゃんとのデートを」

タイムリミットはたった一日。
可愛い妹で、苛烈で強気な司令官を救うため、デートして、デレさせろ!?

感想

デート・ア・ライブの4巻

表紙は今回の話の中心となる主人公・士道の妹である琴里(精霊Ver)

これは・・・いい感じだ・・・

今までの表紙を飾ってきたヒロイン・・・精霊たちの中では
ビジュアルという意味では個人的に一番好きかもしれません。

さて・・・今回は前回終了直後からそのまま続き・・・
『時間』を操作する能力を持つ精霊である狂三を・・・
人を殺し、それによって『時間』を補充するという・・・悪い精霊である彼女すら
救ってみせると頑張ったけど、逆に彼女によって危機に陥った士道

その前に炎を纏い、天使『灼爛殲鬼(カマエル)』を引きつれ現れた琴里
という場面から始まる事に・・・

あぁ・・・やっぱり精霊だったのね・・・って、あれ?ちょっと違う?

圧倒的な力と回復力によって狂三を追い詰める琴里
士道が持っていた再生能力は彼女の力を封印して体内に持っていたからこそ・・・だった模様
今はそれを返してもらったから琴里が不死身のごとく・・・攻撃もなんのそのって感じでした。
まぁその代わり、士道は再生能力を失いますし、彼女の精霊の力は5年前に謎の存在・・・
士道琴里本人も記憶を封じられていて今回の話の後半まで思い出せなかった相手から
与えられたもので、元々は人間だったせいなのか力に意思が飲み込まれてしまうらしく
一定時間たつと徐々に凶暴性がでてきてしまった便利とは言いづらい感じ

精霊の力を封印する事で自分の意思とは無関係に破壊を振りまいてしまい
人から排除されかねない精霊を救う『ラタトスク』の指令でありながら
あやうく狂三を殺しかねなかったですしね・・・

今回は士道から琴里に戻った精霊の力とそれによる自我の侵食?によって
普段の琴里が消えてしまわないようにする為に、再び精霊の力を封印するしかない
つまりは・・・

義妹をデレさせろ!

という話です・・・最後はもちろんキスする必要があるわけですし・・・

って、どんな状況だ!?


琴里に残されたタイムリミットギリギリの日にデートする事になるんだけど
彼女についてはパーソナルデータが現れてみないとわからない精霊と比べて
色々とわかるので簡単だ・・・って言われているんだけど・・・
実際にやってみたら選択肢やら指示やら・・・ラタトスク側の手を知っているだけに
微妙にうまくいかない感じで士道は一筋縄では・・・って感じなんだけど

デートには十香四糸乃も付いてきていて不機嫌になったり

十香士道に抱きついたのを見て、対抗して抱きついたり

前回の話で士道の実の妹らしい真那
対抗心を燃やして爆弾発言したり(3巻、最後の一文参照)

士道の自分を褒める言葉に素直じゃないながらも満更じゃなかったり・・・・

実はとっくにデレてね?ってか最初から・・・

って感じなのが読んでいてバレバレなんですけどね・・・
まぁそれに気づかないあたりがラノベ主人公なんですけどね・・・

途中からは士道琴里が薬を飲んで無理やり苦痛を抑えてでも
自分とのデートを楽しみにしていた事を知って、ラタトスクの支援を切って
いつもの自分らしく・・・自分も楽しみつつ琴里を楽しませる方針に変更

琴里を連れまわし、楽しませ・・・とてもいい感じに
まぁ・・・変に型にはめようとするからこそうまくいってなかった感じですからね・・・これが正解

ORIGAMI、襲来

これが・・・いつも通りの・・・士道へのストーカー行為によるものなら
まだよかったんですが(よくないだろ!?ってツッコミは置いておいて)

琴里を殺すために・・・フル武装で・・・

という状態。

5年前、士道折紙が住んでいた町で起きた火災
それは泣き虫な自分が兄に・・・士道に嫌われてしまうんじゃないかと落ち込んでいた琴里
強くなれば嫌われないと唆した謎の存在によって精霊化した琴里によるもの

そして折紙はその火災の中、精霊によって目の前で両親を殺され、
その事件の犯人・・・火災を起こした精霊『イフリート』に復讐する為にASTチームに入り
そして狂三と戦う琴里の姿を見て、彼女が『イフリート』だと確信

チームに送られてきたばかりの新装備を無断で持ち出し襲撃をかけて来た・・・という状況

士道の制止であっても折紙は止まらず、周りの被害を無視して琴里を攻撃
琴里精霊の力で反撃・・・新装備の力を使いきれない折紙を追い詰めるけど
彼女が両親の仇だと・・・5年前の火災の時の精霊のせいだという話を聞いて
記憶が定かではないがゆえに自分を信じきれない琴里は戦意を喪失・・・

そりゃ確かに・・・不安だよね・・・

折紙はそんな琴里に止めを刺そうとするんだけど・・・

ここで立たなきゃ男じゃ・・・いや兄じゃない!

って事で士道が彼女の前に立ちはだかることに。
流石の折紙も想い人を無理やり排除できない・・・でも両親の仇は討ちたい・・・となり
それでも両親の仇を・・・復讐を・・・となるけど十香四糸乃が駆けつけて
折紙の足止めをしてくれる事になり、士道琴里と2人きりに・・・

告白&告白・・・そしてキス

士道琴里に大好きだと伝え、琴里士道が大好きと返しキス
それによって精霊の力だけではなく、琴里の封印された過去の記憶
そして士道の記憶もフラッシュバックして思い出す事に・・・

それによって士道琴里精霊してから移動していなかった事、
琴里精霊にした謎の存在のこと
そして琴里によって重症を負った士道謎の存在の助言で力を士道に封印させ
傷を癒した事

それらを思い出し、琴里折紙の両親を殺していないと
あの場には少なくとももう一人・・・精霊と思われる存在がいた事を折紙に伝え
それでも納得しない折紙に、それでも『イフリート』が憎いのなら・・・
すでに力を封印されてただの人間に戻った琴里ではなく
今現在、その力を宿す自分を・・・・自分が『イフリート』だから殺せと言い、
そして自分を信じてくれと折紙に伝え・・・結局折紙琴里を撃てず限界が来て倒れる事に

彼女が士道の言葉を信じる事にしたかどうかわからないのがもどかしいですね・・・
それに今回は目の前で・・・士道精霊の力が移ったのを見ていたので
今後彼女がどういう態度・行動を取るのかも気になるところ・・・
まぁ今までのスタンス・・・妄信的なまでの士道ラヴ精神は変わらないでしょうけどね・・・
ただ武装を無断で持ち出してただで済むかどうかが・・・わからないですね・・・

エピローグでは今回の一件について、無駄に気を回しすぎて・・・
士道とのデートをとても楽しみにしていた琴里の姿を見てそれを止められず
結果的に大事件に発展させてしまった事を令音から謝られる事に。

実際はデレさせる事も・・・デートすらも必要なく・・・
すぐに士道キスさえしていれば力は封印できたのだから・・・と

だって・・・最初から琴里の好感度はMAXだから!

あー・・・やっぱりね・・・って感じです・・・
作中で色々とやっても琴里の好感度は上がりもしないし、下がりもしていない・・・
って令音が言う場面があったんですけど最初から常にMAXじゃ上がりようがないし
多少のことじゃ下がる事もないくらい、琴里士道が大好きって事らしいですね。
まぁ子供の頃から好きだったみたいだし、士道から強くなれるともらったリボンを今も付けて
それを付けている時は強い自分に・・・と自己暗示をかけるくらいなんだから
もはやブラコンとかそういう域をとっくに越えていたヒロインなんですね・・・この娘・・・

まぁ前回の真那とのやりとりでわかってはいたんですけどね・・・
ただし今回の士道の告白はエピローグで『妹として』という但し書きが付くことが判明
色々と納得がいかない琴里だけど・・・まぁ一応納得

士道がどう思っていても彼女の想いは変わらない・・・って事かな?

今回の話で士道の再生能力の秘密はわかったけど封印能力については未だ謎
琴里に力を与えた謎の存在のことも全然わからなかったし
その謎の存在狂三と会話し、その存在が狂三士道の存在を教えた事

そして狂三の目的が精霊1人だけの力では使うだけで枯渇してしまう時間転移の力を使い
30年前に行き、最初の精霊を殺すことで精霊という存在そのものを消去する事とわかる
枯渇しない為に、精霊の力を複数体に封印している士道『食べる』必要があるらしい

謎の存在はそれを聞いて狂三は優しいと言っていたけど・・・さて、どういう事かな?
精霊がいなかった事になればその犠牲者は全てなかった事になる・・・とかそんな感じかな?
でも自分自身が消えてでも・・・って事だからよっぽどの理由がありそう
本当の本当・・・根っこの部分はこの娘も悪い子じゃない気がするから・・・
そこら辺の事情を知りたいところ・・・何気に彼女は彼女で・・・士道とのフラグは立ってるんだよね・・・

そして今回はずっと・・・前回の事件以来ずっと眠り続けていたらしい真那の体のこと
あとがきに書いてあった次回は精霊が2人登場することなど
色々と気になることは多いし次回も楽しみです。

そういえば士道とその妹である真那の出自とかも未だ謎なんだよな・・・

今回は四糸乃の活躍も増えたしよかった。

誰の水着姿で一番興奮するか・・・そして一番興奮させた相手が士道デート・・・
という勝負を琴里とのデートの前に十香四糸乃折紙の3人で行い
きわどい水着などで士道をドキドキさせた十香折紙だったんですが
勝者は・・・四糸乃

パペットであるよしのんを持ったままではうまく着替えられなかったらしく
試着室で肌をはだけた状態でパニックになっていた姿を見た結果
士道がドキドキしたので彼女が勝利

一日デート権を獲得したわけだし・・・その話も見てみたいかも
こっちはあるとしたら短編かな?

最後に一文。

今回の最後・・・士道琴里のセリフ

なんていうかこう・・・2人の間にある確かな絆を感じられるセリフだったのでこれで。

「琴里!」

「・・・何よ!」

「・・・そのリボン、最高に似合ってるぞ!」

「・・・・・・!」

「・・・ん。ありがと、おにーちゃん」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
デート・ア・ライブ4 五河シスター (富士見ファンタジア文庫)デート・ア・ライブ4
五河シスター
(富士見ファンタジア文庫)

(2012/03/17)
橘 公司

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ヤバイ!精霊の琴里カワユス!
女だけどホレるかも!!
『さぁ、私達の戦争<デェト>を始めましょう。』
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。