スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷結鏡界のエデン 9 限界決戦-アマリリス・コーラス-

あらすじ

「単純この上ない二択です。このまま穢歌の庭の扉が開ききって浮遊大陸が滅亡するのを待つか、
 それとも、ありとあらゆる犠牲を覚悟のうえでセラの虚像と戦うか」

氷結鏡界を突破した三体の強力な幽幻種―『セラの虚像』。

天結宮を追放されたシェルティスの前に現れた異篇卿イグニドは、
セラの虚像を一緒に倒そうとシェルティスに提案を持ちかける。

一方、天結宮では巫女のユミィが統政庁のゼアドールたちと共に
セラの虚像の討伐に向かうことになり―。

交錯するそれぞれの思惑、壮絶なる死闘、そして明かされるイグニドの正体―。

絶望の中で少女の祈りが世界を守る、重層世界ファンタジー。

感想

氷結鏡界のエデンの9巻

前回、『魔笛』を宿しているとして拘束され、査問を受ける事になり
その間、塔から一時追放として、僻地の巡回任務を受け
シェルティスが憧れた相手であり、さらにユミィに幼馴染だと知り
自分を信じてくれなかったのかとモニカから責められながらも
仲間達の助力もあって、モニカとも仲直りできて最悪の状況からは脱したシェルティス

だけどシェルティスという・・・『魔笛』を宿した人間がいた・・・という困惑
塔の最上部が『穢歌の庭』と繋がっている事が知れ渡った結果による困惑
そして巫女の1人である春雷異篇卿に誘拐された事
そして結界を抜け『セラの虚像』と呼ばれる強大な力を持つ
3体の幽幻種が現れた事・・・

まだまだ問題は山積み状態で始まった今回の話

現れた3体の幽幻種はそれぞれ
                          アマデウス
その意思に牙むく者───黒竜
                              ミクヴェクス
ただそこに佇立するもの───巨蛇
                         ヘケト・ラスパ
主であり母でなき者───聖者

上二つ・・・凄く聞き覚えがある・・・『黄昏色の詠使い』にでてきていましたよね・・・
まぁ今回のこれは凄まじく強くはありますけど・・・前作の各々みたいなものではなかったですが・・・
どちらも敵ですしね・・・

これに対抗するための天結宮・統政庁・異篇卿・・・普段は協力する事がめったにない・・・
異篇卿にいたっては完全に敵対組織であるこの3つの組織の精鋭がチームを組み挑む
というのが今回の話

これは・・・燃える展開だ!

さすがに『セラの虚像』には異篇卿も焦ったらしく、
さらに異篇卿の1人であるノイエ黒竜に取り込まれたため
彼らの計画の最重要な存在の1人である彼女を助けるために
誘拐した春雷を通して天結宮に情報を送って動かす事に・・・

統政庁も事態に気づいて、普段はめったに守護すべき場所から動かない
統政庁の特務部隊、天の車・『第一』ゼアドールとサポートとして黒猫を派遣

シェルティスの元にはイグ二ドが自ら現れ、現状の説明と
協力を要請・・・シェルティス春雷の解放を条件に同行する事に。

ちなみに・・・精鋭部隊という事なのかモニカ達は今回お留守番

ただし前回の一件でさらにシェルティスに対する好意が増した感じのモニカは・・・

無事に戻ってくると約束させた上でキス(ほっぺ)

なにげに積極的になってます・・・前回うじうじしていた反動でしょうか・・・
ってかズルイ・・・前回、シェルティスから彼とユミィエルベルト共鳴で触れられないって聞いたのに
そんなの関係ないとばかりに・・・まさに恋は盲目って感じです・・・
シェルティスはフリーズ状態になりましたけど・・・はてさて・・・
こいつはモニカの想いに気づいたんでしょうか・・・そこの描写がなかったので
そこらへんは次回以降になるんだろうか・・・気になる。
まぁこれで気づいていなかったら鈍いどころじゃないんですけどね

そして戦闘・・・

最初は異篇卿メインチーム

『白銀』アルマデル『真紅』ナタラーシャ『鈍色』ベルトマー巨蛇と開戦

最強の防御能力を持つ巨蛇相手にはアルマデルの豪撃も鱗を一枚砕く程度
まぁそれでも巨蛇は彼を脅威だと認識するくらい凄いみたいですが・・・

ベルトマーの銃撃による援護やナタラーシャの炎の援護で戦うも
決定打は与えられず、その眼の力で情報を取られる事に・・・

めっちゃ硬い&超再生・・・なんじゃそりゃ!?

凄まじい防御力な上に一撃で倒せなければ即再生という・・・
なんともチートじみた相手です・・・
どうすんだこれ・・・

次は異篇卿であるノエルを取り込んでいる最強の牙を持つ黒竜

これの相手はユミィゼアドール黒猫チーム
途中で解放された春雷も合流してなかなかの布陣

とくにユミィ禁断水晶からアプローチを受けて神性を帯びてきたせいか
凄まじい力を発揮・・・雑魚戦はまさに瞬殺って感じの力を発揮

だけど黒竜『魔笛』を帯びたブレスの余波だけで防備を重ねていたにもかかわらず黒猫はダウン
巫女である春雷すらその『魔笛』の力に倒れ、ゼアドールユミィを庇い大ダメージ
ユミィの全力でどうにか拮抗できる攻撃って時点で防ぎようがないという・・・
かなりの無理ゲー・・・

専用の防御手段を持っていたり、耐性が高い巫女ですら無力化する攻撃と
絶対防御ってわけではないけど強靭な体・・・そりゃ無理だ・・・

いかんせん・・・攻撃力が足りない・・・

3つめはシェルティスイグニドノエルチーム

唯一人間に近い格好の聖者が相手だけど
この個体の特性は無限の進化

他の2体が得た情報&戦闘中の相手の動きから進化していくという・・・
これまたチートっぽい相手

相手の防御を無効(自分もだけど)できるシェルティスでも、攻撃を当てられなければ・・・という・・・
イグニドが強力な『魔笛』に対する耐性を持っている事もわかるけどやっぱり苦戦

時間が経てばたつほど強くって・・・これまた厳しい相手・・・

これって・・・3体同時とかだったらもう絶対無理だよね・・・

だけど黒竜巨蛇がそれぞれの戦いで受けたダメージによって
3体が形成しようとしていた『穢歌の庭』の扉が揺らいだ事で、
どれか1体を倒せば事態は収束できると確信を得たイグニドシェルティス黒竜の元へ
イグニドは合流した『黄金』マハ聖者の足止めに・・・

さらに春雷を助けるために怪我をおして駆けつけたレオン巨蛇を任せ
アルマデル黒竜の元へ

レオン・・・春雷を助けようとかなり必死だったのに着いてみたらすでに解放済み
しかも自分に重症を負わせた記憶喪失であろう兄に怪物と戦わせられる・・・

なんか・・・扱いがひでぇ!?

アルマデルは記憶が戻ったわけではないけど、レオンの事は気になっているようで
セリフから彼が強くなる事を期待している感じがあるんだけど・・・どうなのかな?
自分と渡り合える存在に・・・って感じなんだろうか・・・

この戦いには心配して付いてきた同じ千年獅であるも助力・・・足止めに

そして最終決戦・・・

最後の最後・・・全力の沁力で・・・禁断水晶の力を引き出して黒竜に抵抗するユミィ
だけど力及ばず・・・って所に・・・

シェルティス&アルマデル参戦!

『魔笛』障壁を無効化してダメージを与えるシェルティス
その圧倒的な力でダメージを与えるアルマデル
そして禁断水晶の力を借りたユミィの沁力

黒竜の攻撃を押さえ込める力を持つサポート役に
ダメージを与えられる攻撃役2人・・・・

まさに最強トリオが誕生してます・・・

本来ならレオンって所なんでしょうけど・・・
アルマデルと比べると・・・まだ未熟だし・・・
一時的とはいえ現状での最強トリオですね・・・

まぁ何気にシェルティスは最後の一撃のためにゼアドールの援護
そして大剣の生成にイリスの力を借りているから厳密にトリオではないんですが。

黒竜の力の源である牙を砕いた事で力が弱まり黒竜は撤退
同時に他の2体も撤退して一件落着

ユミィシェルティスが駆けつけてくれた事でいい雰囲気に
自分だけで・・・たとえ千年獅がいなくても・・・と思いつつも
ずっとシェルティスを求めていたユミィですから実際はめっちゃ喜んでましたし。

でも3体を『穢歌の庭』に戻す力がついでに周辺の幽幻種も回収して言ったんですが
それが『魔笛』を宿すシェルティスにも反応し、ユミィも彼を追って扉に飛び込み
共に『穢歌の庭』へ・・・という所で今回は終了

そろそろ・・・色々な謎が明かされていきそうな気配です・・・
次回はついに謎の源・・・『穢歌の庭』が舞台となりそうですし楽しみです。

今回の話の途中・・・姉であるノエルが取り込まれ取り乱すノエシスを優しく慰め
自分の本当の名前・・・『ユミエル』を教えたイグニド

最後にはシャワーシーンがあり、ナタラーシャが素顔と姿を目撃
それは女性であり・・・そしてユミィと同じ顔

『Yummy Ele』・・・ユミィ、ここに在りき

幽幻種が使う『魔笛』言語で『真なるユミィ』を表す名前であり
そしてユミィを自分の虚像(ゆめ)と呼ぶ少女・・・

予想はしていましたけど・・・はっきり明かされたので
次の展開が色々と楽しみです。

異篇卿の目的が限界が近い氷結鏡界ではなく
ノエルノエシスの姉弟による新しい結界で『穢歌の庭』と隔離する事らしいので
決して悪って感じではないし、結構印象はいい

ちょっと・・・っていうのはベルトマーくらいかな?
マハは前に明かされたまさかの正体で印象が変わりましたしね・・・

ユミエルノエルノエシスには優しいし・・・
だけど確かに狂気をはらみシェルティスユミィに思うところがある・・・
単純に結界が切り替わるだけではすまなそうな気配

まぁ切り替わったら天結宮を中心とした社会構造そのものが変わるので
それはそれで大変な事になるんでしょうけどね・・・
世界そのものの推移もどうなっていくか楽しみ

ちなみに『不完全神性機関イリス』を読んだせいで色々気になったイリス
今回は不調を訴え、最後の一撃の前には別れを思わせる言葉を放ったんですが・・・

ただのオーバーフロー

『セラの虚像』の3体を・・・強力な幽幻種を感知したせいで処理落ちしただけだったみたい
あれ・・・なんかヤバくね?とか読みながら思ってたのに・・・全然大丈夫だった・・・
だけど逆にイリスらしいっちゃらしいよね・・・

『不完全神性機関イリス』の2巻が6月・・・って事は次の巻はもっと先か・・・
この状態で待たされるのは・・・結構厳しいですね・・・

最後に一文。

華宮のセリフ

総力戦とかなんのその・・・それとはまったく関係ないセリフ
だって笑っちゃったんだもの・・・

巡回で山菜やキノコを採取して帰ってきたヴァイエル華宮
意気揚々と料理に向かう我らの料理長・・・ヴァイエル

巡回中、華宮には飴をあげ、
料理は治療のため、一度天結宮に戻っているモニカの皿も用意
料理そのものは暖めれば食べられるようにしておき
もし彼女が食事をせずに帰ってきた場合にそなえる気遣いっぷり

もう彼の事をいっそ兄貴と呼びたくなるな・・・オイ・・・

って事でその行動を見た華宮のセリフ
なるほど・・・こういう使い方も・・・あるのか・・・

「ドS(親切)ですね」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
氷結鏡界のエデン9 決戦限界‐アマリリス・コーラス‐ (富士見ファンタジア文庫)氷結鏡界のエデン9
決戦限界‐アマリリス・コーラス‐
(富士見ファンタジア文庫)

(2012/03/17)
細音 啓

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ああ…

ものすごく読みたくなりました。

…たしかに見覚えありますね。
この前、中古で一気に買ったのですけど…確かあの2体って勝ち負けない気が…
つか皆チートだ…敵も味方も…

しかしいろいろと変わりますね次の巻から。
モニカ…暴走?
イグニド…真相への鍵?
舞台…『穢歌の庭』

さて、どうなることやら…
とりあえず、ヴァイエルに会ってみたい…というか兄貴と呼ばせて!
ではまた。

Re: ああ…

コメントありがとうございます

> とりあえず、ヴァイエルに会ってみたい…というか兄貴と呼ばせて!
> ではまた。

悪態をつきながらもなんだかんだと面倒を見てくれそうですよね・・・
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。