スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法科高校の劣等生 5 夏休み編+1

あらすじ

今度の『魔法科』は特別編!
ウェブ未公開の最新書きおろし短編を収録!

魔法科高校生徒たちの意外なエピソードが紐解かれる!

『夏の休日』

───雫の別荘に遊びに来た、達也とその友人たち。
豪華なリゾート地でバカンスを堪能する中、達也に恋心を抱くほのかが気合の一大決心!?

『友情と信頼とロリコン疑惑』

───十師族・一条家の時期当主、一条将輝。
彼の友人である吉祥寺と共に過ごす彼のプライベートとは・・・?

『メモリーズ・オブ・ザ・サマー』

───達也と深雪が町にショッピングへと繰り出した。
深雪は、まるでデートのようなこのシチュエーションに心躍らせていたが・・・。 

『会長選挙と女王さま』

───三年生である真由美が、もうすぐ生徒会会長を引退するという。
その後継者に、とある人物を名指しするが・・・。

感想

魔法科高校の劣等生の5巻

表紙は達也真由美
うーん・・・やっぱりこの人ともフラグが立っていると見るべきか否か・・・
いまいちまだはっきりしないなぁ・・・

今回は短編集ですので短編ごとの感想を書いていきます。

『夏の休日』

達也・深雪・ほのか・雫・エリカ・美月・レオ・幹比古の8人での家が所有する
プライベートビーチ付きの別荘に遊びに行く話。

幹比古美月がちょっと怪しい・・・ってくらいで残りの女性メンバーが
ほぼ全て達也に好意がある感じ・・・

エリカレオはどうなんだろう・・・って感じもありますけどね。

達也にもちゃんと青少年としての衝動みたいなのはあるみたいで
美少女の水着姿には色々と思うところがあったみたいだけど
この話のメインはそれではない感じ

ほのかが達也に告白

達也は彼女の真摯な想いにきちんと受け止めた上で嘘偽りを言ってごまかさず
自分には強い感情が欠落していると・・・魔法によって消されてしまったので
復活もしなければ、解き放たれる事もない・・・
ほのかの事は好きだけどそれは友人として他の・・・レオエリカに向ける思いと
変わらないもので特別に見る事はできないから・・・と断る事に。

真面目というか・・・だからこそほのかはその結果を・・・フラれたという結果を受け入れた上で
それなら達也は誰の恋人にもならない、だから・・・

他に好きな人ができるまでは達也を好きでいる

という決意を新たにする事に。
その後の彼女は今まで以上に達也へのアピールが過剰になって
深雪と張り合っていたけど達也の様子は今までよりリラックスしていたらしいから
達也達也で彼女の気持ちを尊重している感じ

っていうか本当に・・・どうなんだろうね・・・
達也の感情ってどうにもならないんだろうか・・・
まだ詳しい経緯がわからないから・・・気になるなぁ・・・

ちなみに告白と同じ時間帯に深雪を呼び出して彼女の真意を・・・
達也の事を異性として好きなのか・・・という問いをしたけど返ってきたのは

誰よりも愛している

という事で異性として想っていないし、たとえどう思っていても
達也にそれを受け入れてもらう気はない・・・という事
彼女の想いは兄妹としては常軌を逸している事は本人も自覚してる。
だけど昔、死んだはずだった彼女を達也が助けたから・・・
今、彼女があるのは達也のおかげだから・・・
だから彼女は達也にこれ以上何も求めない・・・ただ彼に全てを捧げるだけって事らしい

いや・・・確かにこれは・・・愛としか言えないな・・・

おそらく達也の魔法で深雪が救われたんだろうけど・・・
それにしても・・・凄まじく一途な愛だよね・・・
これで恋愛感情を絡めない・・・って可能なのかな?

にはほのかに対して嫉妬はしても邪魔はしないと言っていたけど・・・
ここら辺の細かい事情や想いの行方は今後かな?

最終的に2人の美少女をはべらせてゆったりバカンスを楽しんでいた
達也は爆発した方がいい気がするけどね・・・

---------------------------------------
『優等生の課外授業』

達也をライバル視している森崎 駿が主人公の話

劣等生であるはずの二科生の達也に叶わず・・・前回の話である九校戦でも
敵の妨害にあってリタイア・・・その後、達也が直接と間接・・・両方で大活躍
って状況だった為か色々と焦っていた感じのある彼

リラックスにでた街で何者かに追われている美女・リンと出会い
実家がボディーガードの仕事をしている事もあって彼が彼女を守ることに

結果的に彼女を無事待ち合わせ相手の所まで連れていけ、
途中の追っ手もきちんと倒せたのでさすが優等生・・・なんだけど
この話では魔法師と一般人の確執が垣間見れた感じ。

リンも自分を守ってくれている駿が絡まれたチンピラを魔法を使わずに倒したにも関わらず
無意識に手を払ってしまったり、暴力を攻めたりと・・・意識の違いが見え隠れ・・・
チンピラも魔法師を化け物呼ばわりしたりと・・・ちょっと差別的

最終的にリンは自分の身を省みずリンのために戦ってくれた駿の事を認め
傍観して何もしない周りの人間より、よっぽど彼の方が・・・と言ってくれたので
救われはしたんだろうけど・・・この確執はやっぱり物語に関わってくるのかな?

ちなみにこのリンという女性・・・前回の話で達也が結果的に壊滅に導いた組織の長の後継者
彼女は駿に助けられた事で組織が日本に今後手を出す事を禁止していたから
結果的にはよかったのかな?

跡取りではあっても彼女は魔法師ではないし・・・まともな倫理観も持っていたしね。

---------------------------------------
『アメリア・イン・ワンダーランド』

英美ことアメリア=明智=英美=ゴールディが主人公の話

『魔弾タスラム』

彼女は海外の有名な魔法師の一族の出でそれが使えなければ
当主の座がもらえないと言われる魔法を祖母から受け継いでいたらしく
友人といったテーマパークでその術を狙った親族の手のものに襲われる事に

テーマパークの経営に関わっているらしい百家・十三束家と共にそれに対峙という話

なんていうか・・・万能の天才とかよりもこういう必殺技的な技術を持ってるキャラの方が
個人的には好きですね・・・

まぁこの作品・・・ほとんどが個別の特殊技能持っている感じなんですけどね・・・

最後は英美『魔弾タスラム』を実際に披露して敵を撃退
にはその術の秘密について黙っている代わりに、彼が見せたオリジナルの技術の事も
秘密・・・って事になったみたいなんだけど・・・

これってもしかして2人にフラグが立ってるんじゃないだろうか・・・今後に期待

---------------------------------------
『友情と信頼とロリコン疑惑』

前回、達也が戦った将輝真紅朗の話
どちらかというと真紅朗中心

彼の過去や彼がどれだけ一条家に恩を受けていて、それを返そうと思っているかがわかる話

もはや家族の一員

って感じなんですけどね・・・将輝は自分の参謀としての彼に信頼を預けているし
将輝の妹である(小学生)にいたっては将来は彼と結婚する気満々
将輝も含めて家族は反対する気はない模様・・・ただし今手を出すのは・・・って思ってはいる
真紅朗からしたら心外だけど・・・まぁそれがサブタイトルに繋がってるわけで・・・
まぁ将来どうなるかは・・・本当にその時にならないとわからないでしょうけどね・・・

真紅朗は恩義があるだけにその家の一員になるのに多少戸惑っている感じですけどね。

将輝真紅朗達也にめっちゃライバル心を持っている事とかもわかって面白かったです。

っていうか将輝・・・達也に勝てないようじゃ深雪に交際は申し込めない・・・って言ってるけど・・・
彼女の兄は君が思っている以上の規格外っぽいけど・・・大丈夫なのか?

---------------------------------------
『メモリーズ・オブ・ザ・サマー』

このバカップルがぁああああああああああ!

以上・・・というのは冗談ですが・・・これでほぼ全て表現できる話
達也深雪のある夏の一日の思い出・・・

深雪はデート感覚で達也に抱きついて歩き(一応、男避け)
服屋では20着以上試着(達也は1つ1つ的確な感想・ベタ褒め)
レストランでは絡んできた女優&社長を撃退(周りの反応が女優<深雪
逆恨みの社長&手下を撃破(駆けつけた警官は高校のOB・・・サインを求められる深雪
後日、銀行にいったら強盗(深雪、怖がったフリで達也に抱きつく)

うん・・・甘い・・・ってかもう胸焼けしそうだよ・・・
っていうか本当に・・・?本当に君達ってお互いを兄妹としか思ってないの?
多分、目撃していた周りの人間は絶対に恋人同士だと思ってたよ?
って感じでした・・・おまえら・・・自重しろ・・・

---------------------------------------
『会長選挙と女王さま』

3年である真由美が生徒会長を引退し生徒会選挙が・・・という話
基本的に主席入学者だった2年生・・・しかも生徒会役員が引き継ぐ感じで
身内の争いって感じらしいんだけど候補であった主席・・・あずさが気が弱くて辞退
もう一人の候補予定だった範蔵は部活連の会頭になるので無理・・・という事で
真由美深雪を・・・と言ってくるけど我らのブラコン達也君・・・
深雪にはまだ人の上に立つのは早すぎると拒否

あずさを説得する事に・・・

ちょろい!?めっちゃちょろい!?

ってくらい簡単に説得成功しましたけどね・・・
かなり高圧的に話を持っていって怯えさせておいて、トーラスシルバーの最新型CADの
モニター用の試作機を手に入れてたので会長就任祝いにはこれを・・・と言った瞬間に
あずさの態度が一変・・・たとえどんな対立候補がでてこようとも勝ち取って見せるとやる気に・・・

あずさ達也トーラスシルバーだと感づいている感じだから余計に確実だったんでしょうけど
それにしても・・・ちょろい・・・大丈夫か・・・次期生徒会長・・・

ちなみに候補者がいなくて達也が・・・という話も出ていて
投票では無効票ではあるけどあずさと10数票差で達也に票が集まってたから
学園でも認められてきた感じ

ちなみに投票のトップは真由美が生徒会役員の選抜に二科生も入れるという
新しい提案に文句を言った一科生がその過程で達也を馬鹿にするような発言をし
それに怒り魔法を暴発させて周りを震撼させた深雪だったんですけどね・・・

女王さまとか言われる事になりあずさ以上の投票・・・もちろん無効だけど

真由美達也魔法師の闇に・・・自分と同じ十師族や数字を剥奪された数字落ち(エクストラ)
ではないかと疑ってちょっとした手を使って観察して
達也がそっち関係だという確信を得たみたい。

ただし真由美数字落ち(エクストラ)だと思っているみたいだから・・・
完全に気づいているわけではない感じ

お風呂で達也の事を考えている挿絵があるけど・・・やっぱりフラグ立ってるのかな・・・

---------------------------------------

短編集は短編集でやっぱり面白いなぁ・・・
っていうか主人公の日常を描くと甘々になってしまうな・・・この作品・・・

次は『横浜騒乱』編のスタートという事らしい・・・
何巻なのかはわからないけど・・・早い間隔でだしてくれるといいなぁ・・・
秋までは・・・・長いしなぁ・・・

最後に一文。

深雪のセリフ

彼女が達也にどんな想いを抱いているかがわかるセリフ
達也の事を恋愛相手として好きなのか聞かれた末のこの言葉

なんか色々と超越しちゃってるな・・・やっぱり・・・
っていうか達也はともかく深雪・・・この娘って恋愛できるんだろうか・・・このままで・・・

「わたしはこれ以上の何も、お兄様に求めない。
 わたしの気持ちを受け取ってもらうことさえ求めはしない。
 この想いを表現する言葉は・・・
 やっぱり、愛しています、以外にないんじゃないかしら」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
魔法科高校の劣等生 5 夏休み編+1 (電撃文庫 さ 14-5)魔法科高校の劣等生 5
夏休み編+1
(電撃文庫 さ 14-5)

(2012/04/10)
佐島 勤

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

では俺もエピソードごとに感想を…

「夏の休日」
WEB版は、達也が雫のCAD不使用の魔法で投げ飛ばされてたけど…さすがに無理があったかな?
しかし、「水蜘蛛」は便利だな…
ちなみに、俺が教わった愛と恋の違いは「相手を求めるかどうか」だそうです。
その点、深雪は達也を「愛してる」し、ほのかは達也に「恋して」いたのだと思います。
ま、吹っ切れてほのかも達也を「愛し」始めた感がありますが…

「優等生の課外授業」
プライドがあるが故の焦り。
ある意味、魔法科高校の中で一番高校生らしいんじゃないでしょうか、森崎君は。
逆にリンは、ものすごい大人びている気がしました。
性格的にはお似合いなのに…
少しかわいそうです。

「アメリア・イン・ワンダーランド」
何か一つ、切り札がある…
そんなキャラはいい味だしますね。
さて、この二人はくっつくのだろうか…

「友情と信頼とロリコン疑惑」
これに関しては完結に…
うん、二人とも、色々と頑張れ。

「メモリーズ・オブ・ザ・サマー」
この一言で十分です。
このバカップルがあああああぁぁぁぁぁぁ!!!

「会長選挙と女王様」
ほのぼの?した選挙の話よりも、真由美の方が気になりました。
現代魔法の闇…少しずつだけど明らかになっていっている。
さて…いつになったら達也は救われるのだろうか…

ふと思うと、この巻幹比古、レオ、エリカ、美月は完全に空気な気が…
そして、次は七月ころと予想。初秋ですし。
九校戦とともに、最も好きなエピソードなんで楽しみです。
長文にて失礼。

甘い巻でしたねぇ…(^^;

横浜騒乱編は、作者のツイートだと、前後編630枚でぶ厚い二冊だそうです。
今回は空気だった皆さん全員見せ場があるので、楽しみです。
しかし、一番楽しみなのは、横浜騒乱編の次の、過去編だったりします。
三年前の、兄弟の過去に何があったのかが、分かります。
早く出ませんかねぇ。

通りすがりです

この巻の中で気になったことがあるんですけどどこで書いたものか迷った結果、この場をお借りしようと思いました。
短編最後の『会長選挙と女王さま』の冒頭の会話シーン。
一夏の体験談で盛り上がってたところですが、生徒会室にいたのはいつものメンバーかと思います。
ならば達也や美雪は当然として、十師族である七草会長も一夏の体験ができるとは考えられませんし、あずさがそういう話を進んでするとも思えません。
そうなると、「パーカーを無理やり脱がされて」や「首筋にかかる息」等の発言は摩利か鈴音がしたものということになります。
ですが、九校戦のときの様子を見る限り、摩利が恋人を拒絶するようには思えません。
となると、あんなに際どい発言をしていたのは鈴音ということになるのでしょうか。
よろしければ、みなさんの意見を聞かせてください。
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。