スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だから僕は、Hができない。 7 死神とパンツ

あらすじ

ついに自らの想いを自覚したリサラ、キュール、美菜、そしてライファン。

ヒートアップする一方の恋の鞘当てバトルだが、
本来の目的である特異者探しも忘れちゃいけない!

良介らは次なる候補を男嫌いで有名な五十嵐に定め、調査を開始した。

一方、学内では謎の女性に男子生徒のズボンが脱がされ、
パンツが見られるという痛ましくも羨ましい事件が発生。

変態を捜すには変態を、ということで、犯人捜しを押し付けられた良介は、
被害者である親友・大平だけにいい思い(M的な意味で)をさせられるかと、
特異者探しと並行して調査を開始するが、事態は意外な方向に・・・!?

抑圧系エロコメ、恋の女神は誰に微笑む?

感想

だから僕は、Hができない。の7巻

良介、爆発しろ!!

な話でしたね・・・

モテモテだよ!?

エロ介とか言われて学校でも変態扱いされている良介
なのにいつのまにやら4人の女の子から想いを寄せられるように・・・
しかも全員が本格的に自分の想いを自覚したいるので・・・めっちゃモテモテ

リサラはなんかもう奥さんばりに良介の生活を支えているし
キュールは結構直接的なアピール(良介は気づかないけど)
美菜は上記の2人の事もあって自分も・・・と考え始めたみたい
そしてランファンは敵だけど・・・それでも良介が気になる・・・自分の立場も無視して・・・

まぁ・・・良介は気づかないけどね!!

一番自覚もしていなければ、気づいていない・・・それが主人公だからなぁ・・・
彼の場合は明らかにリサラを特別に思っているけどそれが何故なのかはわかっていないみたい

そして今回・・・良介を巡る女の戦いというかアピール合戦をしながらも
恒例の『イレギュラー』探し・・・こっちがメインの話なんだけどね・・・

そして合気道の達人である五十嵐先輩(男性嫌い・美少女)を調べることになり、
さらに学校で男子生徒のズボンを脱がせるという事件がおきて
その両方を調べることに・・・

まぁ読者からしたら序盤でガンダーブロウグ(人間の姿)が襲われていた五十嵐先輩
調べる対象である『イレギュラー』候補になにかあったら・・・という理由で助けたせいで
彼女とフラグが立ち、さらにその時ガンダーブロウグが女物の下着を着けていたこと
五十嵐先輩が強くて・・・女の子っぽい男性が好きと発言した事から
ズボンの事件の方の犯人が彼女だとは比較的簡単に予想できるんですけどね・・・

ただなかなか良介は確証を得られないし、敵の幹部であるアルカレア
体育教師として潜入してきたりして結構大変な状況

そんな状況下であいもかわらず良介は『立たない』状態が続いているけど
色々とおいしい状況に・・・リサラと密室で添い寝・・・とかしたり
彼女から良介だから・・・と言われたり美菜からどう思っているかを
ちょっと遠まわしに伝えられたりしてるんだから・・・やっぱ爆発した方がいい・・・

事件の方はアルカレアがまどろっこしい事は苦手と動き、五十嵐先輩が目的の相手を・・・
杉浦先輩・・・69にこだわる学園の変態の1人のズボンを引きおろす状況を作り
彼女が『イレギュラー』でない事を確認・・・杉浦先輩・・・その正体であるガンダーブロウグ
姿を現し彼女の自分への想いを一蹴、さらに霊力を彼女から搾り出す・・・

いやいや・・・それは・・・マズイよね・・・

女の子は宝だ!女の子は大切にする!・・・たとえHでもそれだけは変わらない良介の前で
そこまでやって・・・タダで済むはずもなく・・・良介グラムを覚醒

立ちはだかったアルカレアをまさに一蹴という感じで片付けるける事に・・・

やっぱ、グラム強い・・・でも良介にもやっぱり秘密が?

ガンダーブロウグはそれが借り物の力でない事に・・・
ファヴニールが残した霊力を使ったものではないと思っているようで
五十嵐先輩を助ける代わりにもう一度調べさせろと要求。
良介にとって女の子の人質は・・・超有効だからね・・・

だけどランファンが・・・敵である彼女がそこへ割ってはいり
五十嵐先輩の・・・女の子の恋心を踏みにじるのは同じ女性として
そして同じように恋心を秘めているものとして認められないと協力してくれ
事態は逆転・・・さらにまだ本調子でないガンダーブロウグ
グラムを持った良介と戦わせられないと誰かが介入し戦闘はお開きに

介入したのは敵の幹部・・・ガンダーブロウグアルカレアランファン以外の最後の1人
『雷神の雹』の第二位の死神なのかな?
読んだ感じだと女性に思えるけど・・・どうだろ?

魂を激しく損傷した五十嵐先輩良介が魂の力を分け与える事で・・・
今まで以上に彼の魂の力の回復が遅くなるのだとしても分け与え回復
ついでに彼女の恋心の原因となった事件、そしてここ数日の記憶も消えることに

ただ最後の瞬間・・・魂同士が触れ合った時、五十嵐先輩良介への想いが
生まれ始めていたらしくて魂の状態だったけど良介の頬にキス

翌日、記憶は失っていたけど良介への想いが多少は残っていたらしく
彼を見て赤くなっていたし、評判はアレだけど・・・悪くないと言っていたから
なにかしら影響は残っていた感じ・・・またヒロインが・・・
と思ったけど彼女は自分の席が良介の周りにはないと感じたらしく
それをランファンに告げただけで終了。

流石に・・・これ以上、ヒロインは増えないか・・・
席がない・・・という言葉にランファンはちょっと考え込んでいましたしね・・・

結局のところ、今回の話では良介リサラのパンツを他人に見られたくない・・・とか
リサラを傷付けられて・・・それでグラムを覚醒させたりと
やっぱり彼女に関しては特別な感じ・・・やっぱりメインヒロインはさすがって感じ
今回のラストは上記の五十嵐先輩の魂に魂の状態でキスされた事について問い詰められ
2人で倒れこんでしまってリサラ良介の頬にキスをしてしまい
現実ではリサラだけだ・・・というセリフにめっちゃ照れてましたしね・・・

ただ良介が想いを自覚していないだけに今後どうなるのかはわからないかな?

美菜を異性として意識しない・・・といっていたけど彼に対する気持ちを
ちゃんとしようとしている最近の美菜の態度には色々と反応しているから
どうなるかはわかりませんしね・・・同じ人間同士だし

ランファンなんかはついには組織に対する裏切り行為まで
しちゃいましたしね・・・本当に・・・どうなるのか・・・

良介を巡る戦いは今後も激化しそう・・・爆発しちゃえよ・・・この野郎

その一方で未だ謎に包まれる良介の力の由来
『雷神の雹』の最後の1人の存在
ガンダーブロウグ達が特定したらしい『イレギュラー』の存在

今後どういう展開になっていくのか・・・楽しみです。
アニメも7月から始まるみたいだし・・・放映中に少なくても1冊は発売するだろうし
それを楽しみに待っていようかと・・・

最後に一文。

良介と・・・そしてグラムのセリフ

リサラを傷つけたものを倒す為に良介は力を貸してくれと望み
グラム良介のその望みに答えた

でももうこの2人の関係は力を貸す、貸さないの関係じゃなくなって・・・
もっと確かなものになっていた・・・そう感じたのでこれで・・・

1文字合わないのが・・・まだまだ・・・って感じでもありますけどね。

「行くぜ、相棒!」

(行くぞ、相棒!)

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
だから僕は、Hができない。7  死神とパンツ (富士見ファンタジア文庫)だから僕は、Hができない。7
死神とパンツ
(富士見ファンタジア文庫)

(2012/04/20)
橘 ぱん

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。