スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽聖少女

あらすじ

高校二年の夏休み、僕は悪魔メフィストフェレスと名乗る奇妙な女によって、
見知らぬ世界へ連れ去られてしまう。

そこは二百年前の楽都ウィーン・・・のはずが、
電話も戦車も飛行船も魔物も飛び交う異世界!?

「あなた様には、ゲーテ様の新しい身体になっていただきます」

女悪魔の手によって、大作家ゲーテになりかわり、
執筆をさせられることになってしまった僕は、
現代日本に戻る方法を探しているうちに、一人の少女と出逢う。

稀代の天才音楽家である彼女の驚くべき名は──

魔術と音楽が入り乱れる、めくるめく絢爛ゴシック・ファンタジー、開幕!

感想

『神様のメモ帳』杉井 光さんの新シリーズ
イラストも同じ岸田 メルさん

ベートーヴェン・・・だと・・・!?

表紙の少女のことです・・・彼女がこの物語における『ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン』
この世界だと『ルドヴィカ・ヴァン・ベートーヴェン』

あれですね・・・最近見かける偉人の女性化もの・・・今回は音楽家とか・・・
二百年前のヨーロッパの偉人達って事ですね・・・
他にもちらほらと・・・有名人が登場してますし・・・

ってか自由だな!?オイ!?

なんていうかこう・・・偉人に対する敬意とか・・・そういうのが微妙に薄い気がしてならない・・・

色々と軽薄で・・・でも主人公の大切な友人って感じの文豪シラー

なんか色々と抜けている感じの時の神聖ローマ帝国の皇帝であるフランツ2世

フランツ2世の年の離れた弟でありなぜか主人公が大好きな美少年・後のルドルフ大公
主人公の為なら女装しても・・・とかかなり大好き

フランツ2世の娘で主人公が家庭教師をする事になるやっぱり主人公大好きなルイーゼ皇女
明らかに将来は・・・とか妄想するくらい主人公が好き

ひとりで・・・そして素手で2万4千の軍(戦車など含む)を壊滅させたナポレオン

格闘家を名乗りなんか変な武術を使うと豪語するハイドン

すばらしいレクイエムを完成させてから天国に・・・と言われ
生き返ったはいいけど完成させたらまた死ぬから嫌だ・・・と遊び人とかし
さらに初恋の相手であったマリー・アントワネット(20歳の状態で)も一緒に生き返らせ
自由を満喫しているモーツァルト

ナポレオンの先兵となって動く音楽家・パガニーニ

そして14歳の少女という・・・明らかに別人なのに
その名に恥じない才能を持つベートーヴェンことルゥ
彼女は・・・イラストもそうですけど・・・『神様のメモ帳』アリス
彷彿とさせますね・・・性格とか喋り方とか・・・

主人公からして悪魔メフィストフェレス(美女)・・・メフィと契約して若い体を
二百年後の未来から連れてきてその体の持ち主・・・ユキの魂と混ざり
若返ったという設定の『ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ』ですからね・・・

いや詩人・劇作家・小説家・自然科学者・政治家・法律家だったりと多才な人だったけど
そこまでぶっ飛んだ設定になってるのね・・・

ただ人格としてはユキのものが主体となっていてゲーテの記憶についても
聞かれれば答えられるし彼の知識もあれば、それを用意て原稿なども書ける
という状態・・・ユキゲーテをまるごと乗っ取たって感じがあるんだけど
そのせいでユキは元の世界に・・・21世紀の日本に帰りたいと願い
その方法を知っていそうな現在の自分の・・・ゲーテの記憶をたどるけど
どうしようもない・・・というのが現状でしかもメフィゲーテの契約は
彼が感動で世界の時間が止まればいいのにと・・・

   ファーヴァイル・ドホ    ドウ ・ ビスト ・ ゾ ・ シェーン
『時よ止まれ、汝はいかにも美しい』

という言葉を言った瞬間に満了となり魂が取られる・・・という事

なのでユキ自身は音楽とか聴いたり本を読んだりするのは結構好きみたいだけど
感動してしまうと危ない・・・とかなり危うい状況。
しかもゲーテ本人の著作を読んでも感動してしまうという罠が・・・

こんな状況下でユキと・・・ルゥは出会い、彼女の音楽を聴いて
心が動かされてしまいつつも・・・隣の部屋に引っ越してきた彼女の世話を焼き
音楽から離れられない・・・そんな状況にパガニーニが介入して
ルゥナポレオンのために作っていた曲の公開を停止させようとして諍いになったり
教会が悪魔を処罰する・・・とパガニーニと接触したルゥを調べたり、
実際に悪魔と契約している状態のユキを調べ・・・そして襲ってきたりと大変な状況

ついには国からも停止命令が出るんだけど・・・芸術家として音楽家として・・・
演奏を中止する気がないルゥユキは手助けして・・・演奏会を開こうと行動し
ルドルフの協力やルゥのファン達、そしてハイドン・サリエル・モーツァルト
オーケストラを担当する音楽家の手助けもあり無事開演

だけどユキは一人で演奏を台無しにしにきたパガニーニと対峙
相手にもならず・・・追いつけられるけど・・・

                   マ グ ス
物語の実体化・・・魔術師

それこそがユキゲーテに選ばれた理由であり
彼はゲーテが書いた物語を実体化・・・その登場人物の能力を得る事ができる
これによりユキは反撃・・・パガニーニを倒すことに。

パガニーニに救いを・・・

ユキパガニーニを倒しはしたけど殺しはせず彼に未来のことを伝えることに
彼が自身の風貌などから自分を悪魔だと自虐しているけど人間であること・・・
そういう風貌になってしまう病気があること・・・そして彼の音楽が後の世にも
すばらしいものとして残っていることを伝える事に・・・

パガニーニは最後まで拒絶していたけど・・・彼がその後どうしたのかは・・・わからないまま
少しは自分を肯定できるうようになってればいいんだけど・・・

その後、ユキルゥの・・・ベートーヴェンの曲を聞き、
メフィから時を止めたいほど満足かと聞かれるけど首を振り
ルゥの行く末を見守ることを決意

エピローグでは序盤で姿を消したゲーテの友人であるシラー
ユキが現代から持ってきた教科書の記述から自分の死期を語り
結核ということもあって遠くの病院にいたのを発見(メフィストの力で)

彼が病気をうつさないために・・・そして心配をかけまいとしていた事
そしてメフィのこともゲーテが考案した物語の悪魔として聞いて知っていて
ユキが感動したら魂を取られること、その為に行動を怖がっていることを察知
魂を取られる危険があるにしてもそんなのは生きているとはいえないと・・・
自分にとって一番新しい友人であるユキに・・・ゲーテではなくユキ
ちゃんと人生を謳歌してもらおうと色々と裏から手を回して
彼がウィーンに呼ばれるようにしたりしていたみたい。

シラー・・・まじいい男・・・

結局運命は変わらず・・・彼はそのまま無くなる事になるけど
彼がしたことでユキのこれからは・・・灰色にはならないだろう事はわかる。
本当に・・・いい友人って感じですね・・・

幸(みゆき)・・・ファウスト

最後にユキは自分の名前が幸(みゆき)である事を・・・
メフィに奪われた名前を思い出し、これからは自分で物語を紡いでいくと・・・
決して自分を彼女には渡さないと宣言

最後に新しい原稿を前に自分の名前を書き込んで・・・
シラーが最後に残した手紙で気にしていた彼の本名を・・・
シラーがわかるようにとドイツ語で記入して書き始める・・・というところで今回は終了

これは・・・続くのかな?
色々と伏線はあるし・・・続くなら楽しみ。

それにメフィ・・・軽く天然入ってて、ユキをすぐ性的に誘惑するお姉さんキャラなんだけど
ユキが欲しいという想いは心の底から願っている感じ

ゲーテは自分が考えた物語の主人公に成りたいから、メフィすら騙して
自分が考えた物語の主人公の名前と同じ意味を持つユキを選び
ゲーテユキを・・・ではなくユキに自分を同化させた。

ユキゲーテになったのではなく、ゲーテユキになるために呼んだ
最初からミスリードされていたみたい。

そういえば調べてみたらゲーテは作中の2年後・・・1806年に内縁の妻と
正式に籍を入れたって書いてあるんだが・・・これどうなるんだろうか・・・
20年付き合いがあったと書いてあるなら作中ではすでに知り合っているはずだけど・・・
ってかそれどころか子供が4人・・・さて作中ではどうなるんだろう。

それにファウスト・・・として考えるとやっぱり結婚して・・・最後は息子に殺される
いや本当に・・・どうするんだろうこれ・・・

ヒロインであるルゥからしてメフィ曰く本人すら違和感を感じないくらい
周到に記憶を改ざんされ認識を改変された存在らしく彼女もこの時代の人間でない可能性があり
さらにユキには彼女に見覚えがある模様
そっち関係の話も・・・今後あるのかな?

世界観そのものが19世紀なのに飛行船やら戦車やら・・・電話すらある世界で
色々と現実の歴史とは食い違っていて、若い肉体を召喚する・・・という話も
わりとよく聞く話・・・という世界なのでまだまだ現代人の記憶を持った偉人がいそう
さて・・・この物語はどう展開していくのかな?

そして一番気になるのがユキの家族について・・・

父親は楽器ができる音楽プロデューサー
母親は世界的に有名なピアニスト
母方の祖父は有名な指揮者
父方の祖父は音楽評論家
母方の祖母はハンガリー人


あれ・・・これって・・・桧川家・・・?

この物語の作者さんの作品である『さよならピアノソナタ』
その主人公とヒロインの息子っぽいぞ・・・こいつ・・・
家族の構成と仕事とか出自がそのまんま当てはまる・・・

はっきり明記してあるわけじゃないからお楽しみ要素なんだろうけどね・・・
こっち関係も今後触れられると楽しいかも
まぁ直巳真冬からしたら息子が行方不明って話なんですけどね・・・

最後に一文。

メフィユキのセリフ

ユキメフィに始めてあった時に犬の姿で現れ
そのまま人の姿に変身して、だけど犬耳だけは残していた彼女が
可愛いポーズをとしてみますかとセリフ付でしたときに
そのアベコベさに状況も忘れて思わずツッコんでしまったユキ

なんかこのツッコミを読んで・・・あぁ・・・杉井さんの作品の主人公だ・・・
って雰囲気がでてきたのでこの会話で・・・

悪魔と人間が出会う場面でも思わずツッコんでしまう・・・
それが主人公だ!

ちなみに主人公である彼のことはとりあえずユキと記載しておこうかと。
今後、違う呼び方が正規になるようならそっちにしていきます

「にゃん」

「あんた犬だったろうが」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
楽聖少女 (電撃文庫)楽聖少女
(電撃文庫)

(2012/05/10)
杉井 光

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

シラーの手紙の方が印象に残りました(なので最後に一文はそれかなと思ってたんですが・・・)
あとキャラクターの性格が神様のメモ帳と似てましたね。
次巻も気になります

Re: No title

コメントありがとうございます

> シラーの手紙の方が印象に残りました(なので最後に一文はそれかなと思ってたんですが・・・)

印象に残りましたし、いい文だったんですけど・・・
ぶっちゃけ第一印象のインパクトで決めてるんで・・・

> あとキャラクターの性格が神様のメモ帳と似てましたね。

幸 = 鳴海
ルゥ = アリス

が顕著でしたね

> 次巻も気になります

めっさ気になります・・・でも神様のメモ帳も気になるんですよね・・・

No title

冒頭で僕は語り部であり、この巻は物語の序章に過ぎない…
みたいま事が書いてあるので再び長編ものが始まると思うとすごく嬉しいです

実在のゲーテーは翌年結婚しているようですが、英雄交響曲も生まれなかったのでどうなるのか
神様のメモ帳とあわせて次巻が楽しみです

とても楽しい物語で、続きが楽しみです。皆さんの意見に全面的に同意ですが、一つ付け加えるなら、神様のメモ帳でのアリスの言葉にあったように、失われたものに触れられるのは探偵と作家だということからも、作家の物語を書きたかったのかなぁ。とか考えたりしてます。

Re: No title

コメントありがとうございます。

> 冒頭で僕は語り部であり、この巻は物語の序章に過ぎない…
> みたいま事が書いてあるので再び長編ものが始まると思うとすごく嬉しいです

嬉しいですよね・・・ただ神メモが遅れるのが残念かも

> 実在のゲーテーは翌年結婚しているようですが、英雄交響曲も生まれなかったのでどうなるのか
> 神様のメモ帳とあわせて次巻が楽しみです

ゲーテの人生とベートベンの人生を調べてみましたが・・・
さてどういう風に描いていくんでしょうかね・・・楽しみですね。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます

> とても楽しい物語で、続きが楽しみです。皆さんの意見に全面的に同意ですが、一つ付け加えるなら、神様のメモ帳でのアリスの言葉にあったように、失われたものに触れられるのは探偵と作家だということからも、作家の物語を書きたかったのかなぁ。とか考えたりしてます。

あぁ・・・なるほど・・・
でも神メモもある意味では作家の物語ですよ。
鳴海は探偵にはなれないけど作家には・・・って描写がありますし
一応・・・彼が主人公ですから。
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。