スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正捕手の篠原さん 3

あらすじ

「希望ポジションは・・・・・・“正捕手”です!」

激動の夏休み合宿も終わり、今日から新学期。

秋と言えば、文化祭、クラスマッチとお楽しみイベント盛りだくさん。

浮かれ気分の篠原たち明学野球部員だったが、
忘れてはいけない重大イベント・秋期県大会が迫っていた!

エース綾坂真琴を軸に必勝の作戦を練るがそこには大きな落とし穴が・・・!?

一方、永らく仮入部員だった篠原の妹・杏は、愛理にソフトボールの才能を見出され、
ソフト部への体験入部を奨められて・・・・・・!?

果たして篠原さんたちは試合に勝利し、無事に文化祭を迎えることが出来るのか!?

フィナーレの第3弾!

感想

正捕手の篠原さんの3巻

表紙は主人公、篠原 の妹で帰国子女で
野球部の仮入部員である

今回もショートショートが基本でその合間に
短編くらいの長さの本編が進む形式

今回の話では表紙に登場しただけにが大活躍

最初は前回登場したソフト部の特待生・・・愛理の薦めで彼女がソフト部の部活に参加
野球で使う硬球ではへっぽこだったのにソフト用の球ではいい感じの投球ができ
ソフト部のメンバーからも正式に誘われるくらいの才能を見せる事に

だが、断る!

基本的に彼女の目的は兄であるを越える事。
なのでソフト部に移る・・・って選択肢はとりあえずない模様

でも正式な選手でもなく、仮入部扱いで実際の試合では
応援席で応援するくらいしかできない事に・・・野球部の役に立てない事に
悩んでいただけど、今回の話の中であった達の試合で
相手側の監督がのモーションを研究して、そのくせを元にサインを出している事に気づき
だけど応援席から助言は駄目・・・それでも助けたい・・・という彼女の思いに
こういう無茶な時に色々と融通が利く月夜が機転を利かせて
彼女を『野球部の監督』として登録する事でベンチに招く事に。

マネージャーはの世話をしなきゃいけないから自分が下っぽくて嫌だ・・・って感じだけど
監督だと明らかにより上だし、みんなと一緒に戦えて嬉しいって感じみたい

いやいや・・・無茶だよ!?ってか無理だよ!?

って感じなんですけど月夜が電話一本かけて手続きが終わり正式に認められる事に。
月夜・・・お前の家は一体なんなんだ・・・
学校内はどうにかなったとしても・・・野球連はどう動かしたんだ・・・
って感じなんですけどね・・・

結局、の見破った相手側のサインを転機に逆転して次に進めることに・・・
今まで中途半端な立場だったけど、ようやく彼女も野球部の一員として
みんなの役に立てる立場になってよかったよかった・・・って感じです。
ってか何気に一番偉くなってるよね・・・これ・・・

でもに勝ちたいと本気で思った理由とかも説明されていて
それについては・・・結構考えてるんだなぁ・・・と思わされましたね・・・

はいつもより後に同じ事をしていつも彼よりも少し進んだ成績をだした
だから最終的にはの上に行ける筈なのに・・・勝てた気がしない

それはやりたい事をやっていた
だけどできる事をやっていた

たしかに・・・これは違いますね・・・
できる事は・・・できるってわかっている事
だけどやりたい事はできるかわからない訳ですから・・・

今回の一件ではやりたい事を・・・野球部のみんなの力になる事を
自らの手で選び取った・・・これで追いつけるかな?って感じです。

まぁ兄であるに勝ちたいとは思っていても根っこの部分で
この子は明らかにブラコンなんですけどね・・・

そして・・・を挟んで立つ2人の女の子・・・真琴月夜

前回は月夜のターンって感じだったんですけど

今回は真琴のターン!!

うーん・・・やっぱり彼女の方が強い感じかなぁ・・・

は女の子として意識してますし、真琴の方もきちんと意識してる
今回はの方から文化祭を一緒に周ろうと誘ったし・・・どうだろうか・・・

まぁ月夜月夜真琴と同じタイミングでを誘ってしまったり
自分の楽しみを追求してしまったり・・・はたまたバッテリーである2人の間に
なかなか入れなかったりと・・・ちょっと押されぎみ

まぁ文化祭を一緒に周るのは真琴が休憩終わったあとは月夜
月夜が休憩終わったあとはと一緒に周っていたから
別に真琴だけを特別扱いしているわけじゃないんですけどね・・・

まぁ相棒というかパートーナーって部分では大事にしていますが・・・
異性の女の子・・・としてはまだも気持ちが定まっていない感じ。

最終的には真琴月夜と行動してましたしね・・・

爆発しろ、このムッツリ眼鏡!!


野球方面ではが少年野球では投手だったけど
その時に対戦した真琴の球が忘れられなくて・・・それを真正面から取ってみたくて
正捕手を目指した・・・って過去や

文化祭で野球部が企画したアトラクション・・・野球部が投げるためを打って
それによって景品が・・・という企画で真琴愛理が対決

愛理の選球眼は大したもので真琴の球をカットしまくる愛理
全力で投げてもついてくる愛理真琴は球を受けてくれるへの感謝と想いを込めて投げ
その球を愛理は空振り

その球はにとっても忘れられない球で、愛理も不思議に感じた球だったらしく
その球なら次に当たる強豪・・・前はコールド負けをくらった相手に通用する・・・
って感じだったけど・・・果たして通用したのかどうか・・・

だって、結果が書いてないし!?

試合で疲れた・・・とかチームが変われるかもしれない・・・とか
そんな日誌形式のページだけで勝敗がわからない・・・

しかもその後は過去の話だったり・・・翌年の夏の大会のシーンだったりと
おもわせぶりな展開だったので・・・マジどうなった!?って感じです。

って終わり!?マジで!?

あらすじにフィナーレって書いてあったから覚悟はしてたけど・・・
うーん・・・残念・・・面白かったのに・・・

ただ真琴月夜の恋の決着がわからなかったのはよかったかな?
どっちも好きなキャラなので・・・失恋するところは見たくなかったしね・・・

ちなみに・・・飛鳥もガチでが好きっぽいのも気になってたんだけどね・・・

最後に一文。

のセリフ

彼が真琴と出会い、彼女の球に魅せられ・・・そして中学のとき
同じチームになって彼が選択したのは彼女の球を捕れるポジション

彼がどれだけ真琴の球の影響を受けているかがわかりますね・・・

まぁ本当の意味でバッテリーとして信頼関係を深めたのは
真琴が今まで兄である飛鳥として偽っていた事がにバレ
それでもが彼女を引きとめた時なんでしょうけどね・・・

冷静に考えればは怒っていいし、常識的に考えても駄目
それでも引き止めるくらい・・・にとって大切な相棒って事なんでしょうね・・・

なのである意味、この作品の始まりというべき彼のセリフで・・・

「希望ポジションは──正捕手です」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
正捕手の篠原さん3 (MF文庫J)正捕手の篠原さん3
(MF文庫J)

(2012/05/24)
千羽カモメ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。