スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェンライ・エクスプレス

あらすじ

アジアの辺境、常夏の小国チェンライ。

人造人間の少年は、事故で失った人間の心を取り戻したかった・・・・・・。

出来損ないの魔法少女は、恋の魔法を覚えて少年の心を奪いたかった・・・。

これは奇妙で愉快で半熟な人外たちが、自らの願いを叶えようと駆ける欲望物語。

死神は自慢のカマを奪い返したかった。

狼男は大金と宝石を手に入れたかった。

人魚は黒歴史を闇に葬り去りたかった。

吸血鬼は好きな女の血を吸いたかった。

化け兎は元恋人を殺してやりたかった。

アンデッドはどうしても死にたかった。

謎の男はみんなの願いを叶えたかった。

──誰かの願いが叶う満月の夜、切ない感動がドミノ倒しのごとく連鎖する。

第18回電撃小説大賞<最終選考作>の極東ファンタジックアクション、必読!

感想

電撃文庫2012年5月の新刊

多くの登場キャラの視点に切り替わる群像劇って奴ですね・・・
群像劇の性質ゆえにというか・・・登場キャラは多いです。

基本的には登場キャラが目的を持った人間ではない・・・『人外』であるという点が
他の作品と違うかな?

登場キャラクター達が自分の目的を叶えるために行動して
それが他のキャラクターと関わり、交わり、最後の1つに収束していく感じです、

『人造人間』の少年・トウア・・・彼は『人造人間』ゆえに心を持たず
『いい事』をしようとするけど、それに感情や想いが伴わない

だからこそ心が欲しいと思っている・・・トウア
まぁ・・・心が欲しくてもその心がどんなものかわかってないんだけどね・・・

彼は元々人間であり、3年前の電車事故で体がボロボロになり
その体を錬金術師であった彼の祖父タントラ博士が作ったもの
魂は本人のものだから、体との歯車が合えば・・・という事らしい

そして彼に恋する『魔女』の少女・マナ
彼女は見習いでまともに『魔法』も使えないけど、3年前の事故のときに
トウアに助けられた時からずっと彼が好き。
だけど今の彼が『人造人間』である事を知らないし、記憶を失ってもいるので
色々と空回りしている子

相手の心を奪う『魔法』を使った弁当を作ってはトウアに食べさせるけど
なにせトウアには奪うべき心がなく、嘘は駄目・・・という思いやりもないトウア
『普通』という・・・なんとも残酷な感想を言う

って感じでこの2人はすれ違っている感じ

心がないゆえにどこかズレているせいか学校でいじめられるトウア
彼を庇うけど・・・同じくいじめられるマナ

2人のすれ違いは続くけど・・・トウアにとって自分に優しくしてくれるマナは特別で
この話の中で彼女がピンチに陥った時は助けに言ったし、
彼が求めていた心を得る事ができる・・・願いを叶える石を手に入れた時も
事件に巻き込まれて死んでしまったマナの蘇生をトウアは願った

この時のトウアは決して心がない『人造人間』ではなかったし
彼は心を願いが叶う石で手に入れる事よりも大事なものを手に入れた感じ。

エピローグではマナがいじめられた時に、暴力はいけないと思っていながらも
いじめっ子に殴りかかり・・・最後はいつも通りにマナの弁当を食べて
『普通』だと返事をしようとした瞬間に『魔法』が・・・マナが弁当に込めた
『心を奪う魔法』ではなく『心を込めた魔法』が・・・マナの想いが詰まった普通の弁当によって
トウアの心は動き出し・・・『美味しい』と・・・そして『嬉しい』と涙を流した

この2人の関係は結構殺伐としたこの物語ではいい感じに清涼剤になっててよかった。

残りのメンバーは愛情・策略・殺人・暴力上等のキャラ達ばかり

『死神』でありながらカマを失くしてしまい・・・それを探すケイ
『狼男』でイカサマで大金と宝石を手に入れようとしたギャンブラー・ジェリコ
『人魚』で黒歴史(笑)を闇に葬り去りたかったリ・リ・メイ
『吸血鬼』で好きな相手の血を吸いたいと願ったシウ
『化け兎』で元恋人の『アンデッド』を殺してやりたかった
『アンデッド』ゆえに死ねず、どうしても死にたかったディーラー・イアン
そして正体すら謎の・・・全て彼の手の上と思わせられたジンノ

彼らがそれぞれの目的の為に動き

ジェリコイアンと協力してイカサマを仕掛けるけどジンノの策略と
リ・リ・メイ、そしてイアンの裏切りによってその作戦はご破算

イアンジンノへの協力の引き換えに殺してもらおうとするけどそれは果たされず
彼が『アンデッド』である事を目撃したマナが彼によって連れ去られ

ジェリコは逃げつつ暴れ街は大パニック

『吸血鬼』であるシウに自分の血を全て渡す代わりにイアンを殺してくれるように頼んだ
は自分の主人でもあったイアンの望みを・・・死にたいという願いを叶えようと奔走し
偶然見つけた『死神』のカマを・・・探していたケイに渡す事で『死神』の力で
魂そのものを狩ってもらうことでイアンの命を終わらせる事に成功。

はそこで自分も自ら命を絶ち・・・血はシウに・・・
愛するものの血を全て吸い尽くして殺す事で初めてまともな『吸血鬼』になれる
呪いを受けた彼に捧げ、最後にカメラマンでもある彼に自分とイアンの2人の写真を撮ってもらい
穏やかに死ぬ。

この過程でジンノからトウアに願いをかなえる石が・・・『賢者の石』と呼ばれる
人の命を蘇生させる力を持つ石が渡り上記の状況に

最後はジンノジェリコが賭けに使用した彼の宝石を返還し
紛失していた『神の眼』と呼ばれる瞳を取り戻し
そして協力したリ・リ・メイの黒歴史の・・・隠したい過去の権利を譲渡

全ては彼の計画どうり・・・という終わり方
それぞれがそれぞれ・・・個性的で破天荒で面白いキャラで面白かったですね。

ただツッコミどころが何点かありますけど・・・

1つはケイが探していた自分の・・・『死神』のカマの事・・・

死神のカマ・・・って”釜”!?

釜でした・・・ええ・・・自前のナイフをその釜の中に入れて煙を纏わせる事で
ナイフに体から魂を引き離す力を付与するってものらしいんですけどね・・・

鎌でいいじゃん!?なんで・・・なんで”釜”?

思わずツッコミしてしまったよ・・・予想外というか・・・
作中でずっとカタカナでカマと表記されていた理由はこの為だったのね・・・と・・・

何気に3年前に死に掛けていたトウアの魂をボロボロの体から引き剥がし
タントラ博士が作った体に移し変えたのは彼みたい。
だからケイトウアの事情を知ってる数少ない知人って感じ

それにしても・・・トウアの体はトウアの母親の・・・
タントラ博士の娘の肉体からできてるんですよね・・・

自分も死にかけて・・・それでも息子を助けて欲しいと・・・
自分の肉体を使ってでもそうして欲しいと自分の父親に・・・
タントラ博士に頼んだ・・・それが結果的にトウアを救ったわけだし
タントラ博士タントラ博士トウアに心が戻るようにと色々行動してたし
愛されているんですよね・・・トウア・・・

だからこそ彼の心が動き出したのは・・・ハッピーエンドだったですね・・・
まぁ・・・その時も釜を使っていたと考えるとちょっと笑いそうになりますが。

2つ目はリ・リ・メイジンノに協力した理由・・・
彼女の黒歴史を・・・封じたい過去を隠したいが為・・・

彼女の封じたい過去・・それは魔法少女もののTV番組に出演していて
魔法少女(『人魚』に変身する)役をしていたというもの

オオーイ!?ってマジ黒歴史!?

いや、確かに黒歴史だよ・・・封じたい過去だよ・・・
でもなんか違うよ・・・考えていたのと違うよ・・・
黒歴史は黒歴史だけど・・・なんかめっちゃ浅いよ!?

しかもここまで協力して・・・ジンノが与えたのは初代の放映権
どうやら何回かシリーズが続き、劇場版まであるらしく
それら全ての放映権を手に入れ、誰の眼に留まらなくなるまで
リ・リ・メイの安息はなさそうな予感・・・

直前にイアン『アンデッド』になったのは彼女が『人魚』で・・・
かつてイアンが彼女の肉を食べたせいではないかと・・・
昔の恋人だったのでは?とジンノが推理してリ・リ・メイが意味深なしぐさをして
シリアス風味の雰囲気だったのに・・・台無しだよ!?
爆笑したよ・・・ビックリだ!

3つ目はこの作品のタイトルの由来っていうか意味というか・・・
作中で終盤ようやくでてくるんだけど・・・

ん?これだけ?

って感じがツッコミどころでしたね・・・ただの配達の特急便の名前って・・・
ううん・・・なんかちょっと納得いかないけど・・・この作品らしいちゃらしいかも・・・

さて・・・作品を読む限りは1巻完結でも違和感はない終わり方になってます
続くかどうかはわからないけど雰囲気がいい感じだったので続編とかでるといいなぁ・・・

最後に一文。

トウアのセリフ

彼が手に入れたかった心・・・それがあれば本当に手に入れる事ができた。
だけど彼は・・・心がないと思っているのにそれは違うと・・・
今ここで叶えるべき願いは自分が心を得る事ではなく
こんな自分にいつも優しくしてくれるマナを助ける事だと彼は思った

この時点ですでに・・・彼の心は動き出していた・・・
そんな感じがしますね・・・あとは最後のマナの込めた心が
本格的に彼の心を目覚めさせたって感じでしょうかね・・・

「良いんだよ。
 今、彼女を犠牲にして手に入れた心なんて、間違ってる。
 わからないけど──そう思うんだ」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
チェンライ・エクスプレス (電撃文庫)チェンライ・エクスプレス
(電撃文庫)

(2012/05/10)
百波 秋丸

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

自分はエクスプレスを特急列車=強行軍と変換しました
一人一人が意図しない(ジンノなどの思惑だけど)事態によって
駆け回らせられる状態ではないかなー、と。
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。