スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘヴィーオブジェクト 第三世代への道

あらすじ

不良兵士クウェンサーとヘイヴィアは、不真面目な態度の功績(?)が認められ、
晴れて戦場から『左遷』された! 

その赴任先は『クック追加諸島』。
一年中常夏の青い海。

オブジェクトの天才設計者の住まう人工の『楽園』で、
周囲は第二世代オブジェクトが四機体制で守ってくださっている、
世界で一番安全な地域だった。

戦地留学生と没落貴族の少年二人は、
いよいよ俺たちにも幸運の女神が抱きついてきやがったぜ!と喜んだ・・・のだが、

「・・・ちくしょう。何で俺達はいつもこんなのばっかり見つけてしまうんだ!?」

その『楽園』は、目的のためなら手段を選ばない
非情の独立部隊『ユニコーン』に支配されていたらしい。

その片鱗を発見してしまったクウェンサーとヘイヴィアは、
戦地の最前線よりも過酷な作戦に挑み・・・! 

不運な二人に、今後ラッキーエロ展開が来ることはあるのか!?

感想

ヘヴィーオブジェクトの6巻

話の中心はクウェンサーヘイヴィアに戻りいつも通りの展開です・・・
つまり安全な所で楽してー・・・って2人が生身で死線を乗り越える話。

ってか・・・よく死なないよな・・・この2人・・・

ちょっと普通の兵士に比べると明らかに遭遇する事態のレベルがおかしい・・・
不真面目なのに・・・不真面目なのに・・・やる時はやっちゃうからなんでしょうけどね・・・

さて・・・今回の話はとても単純・・・書いてみるととてもわかりやすい・・・

① 

今までのあれやこれやで左遷・・・場所は軍を自主除隊させるための
安全で快適な島・・・オブジェクトの研究者もいて、クウェンサー的にもおいしい

クウェンサー達とは別の理由(結婚詐欺)で左遷されていたジェーニリアと知り合いになり
さらにクウェンサーは憧れていた研究者であるクレアオブジェクトについての会話
と出会いもあっていい感じ・・・と思ったら

でも研究者の1人が他の国に内通し、さらに怪しげな特殊部隊・ユニコーンを使って
機密情報を漏洩させている可能性に気づき抵抗

実は囮捜査で軍の高官の黒幕的存在をおびき出すためのものだったと判明

研究者のクレアからは軽いオシオキは受けたものの特に問題なし

ただし別の場所に左遷!



左遷された先は軍的には存在していない事になっている、機密作戦を遂行する部隊
極寒の環境の中、味方に打ち落とされたステルス機から機密物資を運び出す任務

完璧アイドルと呼ばれるパワードスーツに乗った女の子が登場
なんか色々と干されて派遣されてきたらしい・・・

パワードスーツって・・・オイオイ・・・


その後、物資を狙った他国に襲撃されさらにはオブジェクト同士の戦闘に巻き込まれるも
機密物資が自分達の国である『正統王国』の高官が敵国に賄賂として渡すつもりだった・・・
つまり奪われる事前提のものだった事に気づいたクウェンサーが機転をきかせて
その物資を違う形にして運び出す事に成功
軍の高官は裏切ったとして敵のオブジェクトに乗っていた機体を撃墜でめでたしめでたし

でもクウェンサー達がいた部隊は基本壊滅
完璧アイドルは無事・・・これもフラグなんだろうか・・・

そしてやっぱりこの一件の裏にはユニコーンの存在が・・・



またまた左遷されたクウェンサーヘイヴィア

いい加減にしろ!?

って感じだが厳重な監視の下、もうお前ら戦うなって感じで過ごしていたけど
彼らがいた基地が敵の襲撃にあい応戦

クウェンサーヘイヴィアはいつもどおり相手の兵器とその特性を
すぐさま理解して対抗策を考えて抵抗

さらに『正統王国』に属する『王族』ステイビア(美少女)が
継承争いのいざこざで敵対候補に襲われている事が判明。

彼女にかつて付いていた護衛部隊を全滅させた部隊こそが・・・ユニコーンというオマケ付き

クウェンサーヘイヴィアは彼女を助けに行き、彼女付きのメイドであるミクファ
嬉々として助け・・・まじで嬉々として助けて・・・

パワードスーツ再び・・・

ミクファの安全を守るために彼女を乗せたんですけどね・・・
なんだろう・・・パワードスーツに美少女を乗せるのがマイブームなんでしょうか・・・
おいおいどうなるんだ・・・と思っていたら・・・

かっけー!?ユニコーン、まじかっけー!?

かつて壊滅したステイビアの護衛部隊・・・だけどそれは全滅を装い
隊員全員が整形し5年前から進められていた今回の・・・
『王族』同士によるオブジェクトを使った決闘という名の
ステイビアを合法的に殺すこの作戦を止めるための作戦

そしてユニコーンこそがその部隊・・・
彼らは5年間、手を血に染めながら・・・非道な事に手を染めながらも
色々な人脈をつくり、全てはこの時の為に・・・
ステイビアを泣かせないために・・・彼女を護る時のためだった・・・

orz orz ← クウェンサーヘイヴィア

あれー?俺達ってピエロじぇね・・・・って感じですね・・・
ステイビアを助けに来たのはいいけど・・・ユニコーンの決意に比べたら・・・
となってしまう2人・・・まぁうん・・・フラグ立ちそうにないしね・・・

それでも敵側のオブジェクトは今まで戦場にでていた
『第一世代』『第二世代』を超える・・・『第三世代』
今までとは一線を隔した設計思想による産物なんですが・・・

クウェンサー・・・やはり対抗策を見つける・・・

敵のオブジェクトはエネルギーを宇宙に送り、宇宙空間にある砲台から
攻撃するという・・・なんともチートくさい化物機体

だけどクウェンサーはその仕組み・・・自分の安全を得るために
自分の位置情報を砲台の方に知らせる方法に気づき
さらにユニコーンの協力を得て、自分達もその方法に便乗

さらに相手が調子に乗りすぎたせいで相手のその位置情報を送信する装置が
故障(これもクウェンサーは予想)し、空白地点を生み出して
自らの砲撃で敵にダメージを与える事に成功

ってか・・・あいかわらずパネェな・・・


そして①の時点で伏線が張られていたパイロットが意識を失った際などに
使う予定だったオブジェクトの遠隔操作の機能が搭載されている
ステイビアの乗った機体を製作者であるクレアがゆっくりと操作して
ダメージで動きが鈍っていた敵のオブジェクトを破壊して戦闘終了

ユニコーンの行動は確かに正義で・・ステイビアも護れたけど
彼らが人脈を得るためにして来た行為は懲罰ものであり
最後は護衛部隊だったころの上官が彼らを逮捕・・・

でもその前にその上官の計らいで部隊のみんなはステイビアと再会
ユニコーンに今回の話で色々と煮え湯を飲まされてきたクウェンサーヘイヴィアによって
何かを吹き込まれたのか・・・部隊長にマジキックで金的をかましてましたけどね

痛いよ!?それ女の子に絶対わからないけど・・・痛いよ!?

相変わらずクウェンサーヘイヴィアは頑張っていたしこの話では
何故か①で出会ったジェーニリアや②で出会った完璧アイドルからメールを受け取ってたし
相変わらず・・・変な所でフラグは立てているんだよね・・・

今回は『王族』オブジェクトの研究者であるクレアとも繋がりができたし
人脈という点でも・・・凄い事になってきたな・・・

最後は左遷されたけど、正直激務から解放されて
多少なりとも休息が取れれば・・・とクウェンサーヘイヴィアの事について
考えていたフローレイティアの元に上官に当たる女性からある情報が・・・

『王族』の継承問題にまで首を突っ込んだので
 引き取ってくれる部隊がいない・・・古巣に押し付けよう・・・

ですよねー

って事で次回からいつもの部隊での行動になるのかな?
それはそれで楽しみです。
それとも・・・また全然別視点とか入るのかな・・・

最後に一文。

泣き虫のステイビアを励ます護衛部隊隊長の言葉・・・ではなく
オブジェクト研究者であるクレアクウェンサーに対する評価

クウェンサーが自分と同じオブジェクトの設計士になりたい事は彼女は知ってる
だけど①の段階でクウェンサーと色々話し、さらに誤解とはいえ彼の行動を見て
その上で彼女がクウェンサーに下した評価

隊長のセリフはいいセリフで印象に残ってるんですが
①における最後の彼女のこの呟きが・・・それ以上に印象に残っているのでこれで。

「あれは設計士には向いてないなあ」

「・・・あんなヤバい思想でオブジェクトを組み始めたら、
第三世代どころか第七世代ぐらいまで時代が一気に進んじゃうよ」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ヘヴィーオブジェクト第三世代への道 (電撃文庫 か 12-35)ヘヴィーオブジェクト
第三世代への道
(電撃文庫 か 12-35)

(2012/06/08)
鎌池 和馬

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ナイスキック!

まぁ三年も爆死偽装して音信不通にして不安がらせたんだから金的の一発ぐらい当然ですね
とでも吹き込んだのでしょう

金的→ハグとかB級映画のオチを観ている気分でした

なんというか前巻の『資本企業』に続いて『正統王国』という『連合』にスポットを当てた話と感じました


そしてパワードスーツ系美少女完璧アイドルには不覚にも萌えてしまいました
でもスターター+一巻完結のブースターって方式だともう出てこないだろうなぁ
…そろそろ一度統合してタイトルをセカンドエデイションにしたりしないかな


つい最近、兄弟と『攻撃衛星へロボ本体の炉からエネルギー送信して逆サテライトキャノン』とか『アルミが燃えやすいのは知ってたが火力が想像以上に高くてビビった』とか話してたんだがこれは何を意味するのだろう(笑)
念写を逆探知でもされたかな


第三世代は守破離というやつですかね
オブジェクトの基礎を忠実に守り(第一)オブジェクトの常識を破り(第二)オブジェクトの定義から離れる(第三)
そう考えると第七世代とかもはや何なのやら
第三を基礎として後二回位定義を離れるレベルとか?


…ラグビーボールはあれで出番終わりか?

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます

> ナイスキック!
>
> まぁ三年も爆死偽装して音信不通にして不安がらせたんだから金的の一発ぐらい当然ですね
> とでも吹き込んだのでしょう
>
> 金的→ハグとかB級映画のオチを観ている気分でした

ぐっジョブ!って感じでしたね・・・

> そしてパワードスーツ系美少女完璧アイドルには不覚にも萌えてしまいました
> でもスターター+一巻完結のブースターって方式だともう出てこないだろうなぁ
> …そろそろ一度統合してタイトルをセカンドエデイションにしたりしないかな

人脈だけ拡大していくよね・・・もったいない・・・

> つい最近、兄弟と『攻撃衛星へロボ本体の炉からエネルギー送信して逆サテライトキャノン』とか『アルミが燃えやすいのは知ってたが火力が想像以上に高くてビビった』とか話してたんだがこれは何を意味するのだろう(笑)
> 念写を逆探知でもされたかな

ブレインハック!?

> 第三世代は守破離というやつですかね
> オブジェクトの基礎を忠実に守り(第一)オブジェクトの常識を破り(第二)オブジェクトの定義から離れる(第三)
> そう考えると第七世代とかもはや何なのやら
> 第三を基礎として後二回位定義を離れるレベルとか?

惑星をオブジェクト化ですね!
武装を全部体内に向けとけば怖くてみんな戦争できんよ!
脅迫だけどね!

>
> …ラグビーボールはあれで出番終わりか?

えっと・・・多分・・・
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。