スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はたらく魔王さま! 5

あらすじ

修理の終わった魔王城(築60年・六畳一間のアパート)がまさかの地デジ対応に!

テレビなど贅沢品と思っていた魔王だが、
芦屋に反対を言いくるめ、ついに薄型テレビ購入に踏み切る。

とはいえ家電に詳しくない魔王たちは、
日本の社会人代表として、恵美の会社の同僚・梨香を誘い、
大型電気店に向かうことに。

なぜだか異世界の聖職者・鈴乃もそれに便乗し、
魔王一行の“お買い物ツアー”がスタートする。 

そんな中、魔王に恋する女子高生・千穂に危機が迫っていた──!

フリーター魔王さまが繰り広げる庶民派ファンタジー、緊迫の第5弾登場です。

感想

はたらく魔王さま!の5巻

表紙は鈴乃がメインっぽい感じですね・・・

いや、全然メインじゃなかったけどね!

どちらかと言うと今回はちーちゃん無双・・・千穂が大活躍の話でしたから・・・
まぁその活躍するまでの間は昏睡状態でしたけどね・・・

そして今回の話は・・・

色々わかってきた!盛り上がってきた!!

って感じで続きが凄く気になる転機となる話でもあった感じ

今回の話では貞夫達が修理が完了したアパートに帰ってきたら
地デジに対応していて、家賃に受信料が含まれるという事で
色々な情報を得るための手段としてTVを購入しようとした事から始まる話

それでいいのか!?魔王サタン!?

うん・・・まぁ・・・このシリーズでここら辺を気にしてたら駄目なんだけどね・・・

そしてTVを買うのになるべく節約したい四郎恵美の友人である梨香を誘い
貞夫四郎鈴乃梨香の4人で電気屋へ・・・

悪魔元帥・・・聖職者・・・お前らも・・・

まぁこの一軒に関しては・・・特に四郎とフラグが立っていた感じの梨香
めっちゃ四郎を意識してさらにそれを貞夫に気づかれて真っ赤になったりと
にやにやしながら読んでいられたんですが、この買い物の最後には
ちょっとした事件が起き・・・

さらにこの買い物の前日・・・千穂の身の上に何かが起き
この買い物当日に母親であるライラを探そうとしていた恵美
千穂が昏睡して入院している事を知ることに・・・

一気に話がきな臭くなってきたな・・・

巻き込まれたり人質にされたりしたけど実質的な被害を受けていなかった千穂
謎の昏睡・・・原因は魔力による中毒・・・原因は天使・・・

天使なのに!?またコイツらなの!?

貞夫が天使を崇めるエンテ・イスラの大法神教会を邪教として糾弾しろというセリフに
返す言葉もないと答えることになった鈴乃

もうアレだよね・・・人間にとっては悪魔天使も同じくらいはた迷惑な存在になってるよね・・・

千穂のピンチという事で貞夫四郎半蔵恵美鈴乃が共同戦線をはる事に・・・
魔王悪魔元帥堕天使勇者聖職者の共同戦線・・・それどんなパーティーだ・・・
もちろん貞夫を父、恵美を母と認識するアラス・ラムス千穂の為に頑張る事に

かーわーいーいー・・・

今回の天使は恋に破れて黄昏ているサリエルでもなく
前々回・・・貞夫達を追い詰めたガブリエルでもなく
天使に堕天の宣告を下す監視者と呼ばれるラグエル

彼は恵美の母親で貞夫の恩人でもある大天使・ライラを探すために術を
TV放送を利用して発動していたらしく、かなり無差別に・・・
人間がどうなろうが関係ないってスタンスだったみたい。

ガブリエルも流石にそれは知らなかったみたいで多少は罪悪感を感じていたから
もしかしたらコイツは多少ましなのかもしれない・・・

天界は基本的に天界が危機にならないなら、人間がどうなろうとどうでもいい
だけど彼らは異常なほど地球に・・・貞夫の周りに現れちょっかいをかけてくる。

前々回は貞夫『大魔王サタン』について知っている事を知って殺そうとしたし
今の天使側の最大の目的は貞夫・・・ですらなく恵美

生物的に異なる存在同士なら生まれるはずのない混血の・・・
天使と人間の間に生まれた彼女の存在は天界の天使の存在そのものに
疑念を抱かせるから・・・というのが理由みたい

基本ニートで・・・自己防衛だけは躍起になる

それが天使みたい・・・なんだそれ・・・なんかもう・・・駄目じゃね?

そんな天界が嫌で天界を去って堕天したのがルシフェル・・・半蔵らしいけど
彼は彼で・・・現在もニートだけどね。

それでも今回は千穂には色々助けられているからと、今までにないくらい
色々と考えて色々と手伝っていたけど・・・

お前が頑張るとなんか不安だ・・・


とか思ったり・・・
半蔵・・・ルシフェルは面白そうだから貞夫・・・サタンの手伝いをしていたらしく
さらには『他の魔王サタン』とも繋がりがあり、天使側の情報も元天使なので知っていて
ある意味で仲間内では一番事情を知ってそうなのは彼なんだけどね・・・
コイツが色々と情報を開示してくれる事はあるんだろうか・・・
聞かれなかったから・・・とか言い出しそうだ・・・

最終的にみんなで協力して行動するけど
別行動中に恵美ガブリエルを発見

彼から父親が生きている事・・・そして自分の存在が天使に危機感を覚えさせている事を
知らされるんだけど恵美にとって後者よりも前者が問題だったみたい・・・

普通の娘だった彼女が執拗に力を求め勇者として立ったのは
父親を殺されたという怒りと悪魔に対する憎しみのため

これまでも何度もその事を口にだして貞夫を責めたりしたわけだけど
生きていると知らされて彼女にとって最大の悪魔に対する攻撃理由がなくなってしまった感じ。

アラス・ラムスの励ましと千穂の為になんとか持ち直したけど
問題を先送りにしただけだから・・・この一件の決着はどうなるのか・・・今後が期待

そしてここで真打登場・・・

千穂、参戦!!

ついに戦闘にまで介入してきました、この健気な娘・・・
今まではみんなを支えるというかサポートというか・・・精神的支えになっていた彼女
だけど今回は謎の女性(明らかにライラだけど)から力を借りて昏睡状態から目覚め
さらに力を授かって登場

貞夫四郎に魔力を供給して本来の・・・魔王サタン悪魔元帥アルシエルの姿に戻し
それでもガブリエルの圧倒的な力に苦戦する2人の前に登場したと思えば
天使の力を無効化したりと・・・なんかもう・・・凄かった・・・

弓道の心得があるからと銀色の弓を使ってたんだけど・・・凄いなオイ・・・
まぁ今回限りのチートみたいなものみたいですけどね・・・

それによって天使組は撤退・・・ラグエルは納得してなかったけどガブリエルのほうは
今の世界のありさまや地球の事について思う所があるみたいで
ラグエルに今後手出しさせないようにする・・・と言って去っていった・・・

ガブリエルについては明らかに手を抜いていたし・・・底が見えないんですよね・・・
貞夫はあくまで”今の”魔王サタンである『大魔王サタン』と呼ばれて伝説の存在と比べれば
若造レベルらしくガブリエル級には敵わない模様・・・うーん・・・パワーアップとかあるのかな?

恵美の方はアラス・ラムスと融合すればガブリエルすら凌駕するんだが・・・
頑張れお父さんとしか言えないな・・・

エピローグではライラが与えた力によって千穂の中に彼女の記憶の一部が・・・
貞夫の・・・サタンの子供の頃の記憶などが残り
さらに残留思念によって自分が何を目的にしているかなどを貞夫に語ったんだけど・・・

地球がエンテ・イスラと隣の世界で・・・聖と魔が奇跡的なバランスを保った世界であり
エンテ・イスラではそのバランスが崩れた・・・でも天界は動かず
だからこそライラは行動を起こした様子

その他にも貞夫に謝ったり、世界の真実に繋がる鍵を恵美と・・・彼の父親が持っていること
さらにエンテ・イスラ『ダァト』を見つけるように伝言を残して終了

日常生活を・・・随分と人間くさい日常を描きつつも
徐々に彼らが元いた世界の真実に繋がっていく・・・とてもいい感じ

この作品から日常パートがなくなると色々な意味で残念ですし
だからといってずっと日常パートでも駄目っぽい・・・
やっぱりバランスなんでしょうね・・・読んでいて楽しいです。

鈴乃が天界や天使そのものに対して疑問を抱いたり
恵美の存在こそが天使と人間の相似性を証明していたり
さらにかつてアラス・ラムスが言った『うそをついてかみさまになった』という言葉
『大魔王サタン』の事
恵美の父親・・・そして母親であるライラの事
エンテ・イスラで起きようとしている人間同士の戦争の事
梨香自身がはっきりと自覚した四郎への恋心
そして恵美が父親の仇という最大の動機を失ったこと
それによる関係の変化について・・・

まだまだ気になる事はあるけど・・・少しずつ前には進んでいるし
ガッ!と盛り上がるって感じじゃないけど・・・徐々にって感じで面白い

それにしても・・・問題起こしてるの男ばかりだなこの作品・・・
それに反比例して・・・女性はみんな結構凄い・・・

戦闘能力ではエンテ・イスラ組はみんな強いけど
千穂が怒ったら全員正座しそうな感じがありますしね・・・
物理的な力=強さではないって事なんでしょうが・・・

そういう意味ではその事をわかっていなかった貞夫
それを学びなおすという点において彼女はとても重要な存在ですよね・・・

王としての心を千穂から学んでいる感じがあります
彼女自身にそんな意図はないんですけどね・・・

そんな彼女だからこそ、彼女のピンチにはみんな動くわけだから
彼女の強さは・・・ある意味メンバー中、最強なんでしょうね・・・

恵美恵美で・・・貞夫達に対して普通に心配したりしだしているし
変ってきてはいるんですけど・・・ヒロイン力では明らかに千穂には敵わないしね・・・

さて次はいつ頃かな・・・楽しみです。

最後に一文。

鈴乃梨香のセリフ

梨香のこのセリフは鈴乃に色々と考えさせる事になった言葉であり
さらに・・・天使に関する核心を付いているような気がする・・・

そして・・・凄まじい説得力を私自身が感じてしまったので、このセリフで
あー・・・・そうだよねー・・・って思っちゃったんで・・・

「『自分の言うことを聞かない奴はぶっ殺しちゃえなんて言う神』
 が神でないのだとしたら、それはなんだ?」


「あ、あー、さっきの話!?
 自分で言っておいて忘れてたよ・・・。
 でも、まぁ決まってんじゃん。
 神様の名前出して悪さするのなんて」


「人間しかいないよ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
はたらく魔王さま! 5 (電撃文庫 わ 6-5)はたらく魔王さま! 5
(電撃文庫 わ 6-5)

(2012/06/08)
和ヶ原 聡司

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。