スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ⅩⅢ番の魔符詠姫 2

あらすじ

夜な夜な街を徘徊しては悪人から血を奪い、
魔符詠姫の紅葉やマコトとイタチごっこを続けるキリク。

日中は紅葉たちと比較的平和な学園生活を送っていた。

ある日、いつものように夜の街を徘徊していたキリクは、
見知らぬ魔符詠姫から襲撃される。

紅葉よりも果敢で、マコトよりも攻撃的な魔符詠姫の執拗な追撃に
逃走もできず追い込まれたキリクだが、別の“ヴァンパイア”によって助けられる。

キリクを助けたヴァンパイアの名は良人。
こちらの世界へ来る前にキリクの友人だった少年だった。

その頃、敵であるはずのキリクと良好な関係を築く紅葉の姿を見て、
マコトは自分の正義は本当に間違っていないのか、
かつて自分の両親を殺したヴァンパイアの姿を思い起こしながら、深く悩むのだが・・・。

感想

XⅢ番の魔符詠姫の2巻

前回の話で元々住んでいた世界で戦争の結果死亡し、
気が付いたら平衡世界と思われる世界で自分自身として存在していたけど
他者から血を奪い吸わなければ消滅してしまう『吸血鬼』となってしまっていたキリク

『吸血鬼』に関わる事件に巻き込まれた事で縁が生まれ
そして不思議な力を持った『タロットカード』に選ばれた存在・・・『13番目の魔符詠姫』である紅葉

この2人がお互いの正体を知らぬまま出会い、キリクが先に正体を知る事になっても
それを隠し・・・一緒にいたためにお互いを想いあう気持ちが生まれ
『魔符詠姫』『吸血鬼』のために・・・同胞のために殺そうとしていた
前の世界での恩師にあたる相手と交戦してまで紅葉を守ったキリク
そしてそんなキリクに自分の血を吸わせた紅葉

1巻終了時点ですでに友達以上恋人未満を地でいく関係にまで発展した
主人公とメインヒロインの二人・・・さて・・・今回はというと・・・

別の魔符詠姫とフラグが立ちました・・・

相手は『正義』『魔符詠姫』であるマコト
彼女は家族を『吸血鬼』に殺され、それゆえに『吸血鬼』を憎み
そして人間を襲う彼らを『正義』にそって狩っている少女なんですが
彼女とも人間同士・・・という前提で知り合い後から『吸血鬼』とバレ
さらにキリクが悪人からしか血を摂取しない『ダムピール』と名乗って
血を集めている現状では見つけたら攻撃を仕掛けはするけど
日常生活でであっても襲い掛かりはしない・・・というなんとも中途半端な関係に

もちろん戦うときは殺す気で攻撃しているんですけど妙に真剣みが薄い感じがあり
それはまぁ・・・キリクの態度や行動が気になっていたマコト側の問題だったんですが
攻撃に夢中で電車の前に飛び出してしまい、キリクが庇って無事・・・
だけどキリクの足が・・・とかキリクマコトを敵として見ずに普通に助けたり
普通に話しかけていくものだから・・・マコトはどんどん『吸血鬼』という
存在そのものに対する疑問を持ち始めてしまう事に・・・

ってか最初からすでに気がありますよね・・・これ・・・

そかも紅葉はすでに前回の話で聞いていたキリク達が・・・『吸血鬼』
異世界からこちらの世界に生まれ変わった人間である事を説明される段階まで来て
ついにマコトの困惑はMAXに・・・

ただ単純に『人類の敵』として・・・『正義』の名のもとに戦う相手として
思えなくなってしまう事に・・・まぁ根底にあるのはキリクと戦いたくないって感じですが・・・

その状況下で新しい『魔符詠姫』・・・そして『吸血鬼』が登場

14番目・・・『節制』の『魔符詠姫』・いろり

爆弾を使う『魔符詠姫』で建物の被害とかおかまいなしに攻撃してくる過激な少女で
キリクに襲い掛かってきて戦う事になり苦戦

それを助けてくれたのがキリクの前の世界の友人・・・同じように『吸血鬼』として
こちらの世界に来てしまった良人

この2人の出会いから物語りは加速して・・・キリクの妹・シエラの友人である夜鷹と
いろりの共通点・・・目に眼帯をつけている事や
紅葉が彼女から『魔符詠姫』の気配を感じた事で最初は彼女がいろり?と
キリクは考える事になるけど、シエラは彼女も自分達と同じようにこちらの世界に来た
『吸血鬼』であるといい・・・困惑する事に

そして良人いろりと戦い行方知れずになり
色々と事件を調べている中で再びいろりと遭遇

だけど彼女の目的は黒鷹を守ることであり、良人こそが黒鷹を狙った相手
そしてその目的は・・・

復讐

良人には好きだった相手が・・・元の世界ではキリクとも知り合いだった琴音がいて・・
彼女も一緒にこの世界に来たけど彼女は人間に捕まり・・・
『吸血鬼』をどうすれば殺せるのかの実験に使われ苦しんだ末に死んだ

だからこそ良人はその実験に関わった人間やその家族を皆殺しにし
さらに夜鷹も・・・ある意味で『吸血鬼』の苦難の元凶でもあった彼女を
殺すためにこの街に訪れ、いろりはそんな彼女を守るために戦っていたみたい

なんて過激なツンデレ!?

キリクを襲ったのも黒鷹と一緒にいたので危険を感じたことや
彼女がかつて助け・・・そして自分と同じ『魔符詠姫』が苦戦している相手と
知った上での行動だったみたいで根は凄く優しい女の子みたい。
口は悪いし攻撃は過激なんだけどね・・・

ここにきてキリクにとっての味方と敵が逆転して・・・困惑することになり
黒鷹を見捨てるわけにも行かず良人と戦うことになるけど
人間の血を多く吸った良人の力はかなり強力で苦戦

そして・・・

マコトの家族の仇は良人・・・

マコトの父親こそが琴音に行われた実験に参加した研究者の一人であり
だからこそ良人に殺された・・・
お互いにとってお互いが復讐相手の出会いであり・・・
そして強い激情がマコトの意識をタロットに飲み込ませ暴走を引き起こすことに

そして良人良人キリクが最初から気づいていたように・・・
全ての復讐を終えた後に憎む対象が・・・今ですらも・・・一番憎んでいる相手は
琴音を助けられなかった自分自身であり
マコトの暴走による圧倒的力を前に彼はついに諦め・・・
本当の望み・・・死んで琴音のもとに・・・という境地に達してしまうことに・・・

まぁ・・・どっちも許しませんけどね!

キリクマコトを助けるために、そして良人を助けるために
マコトの暴走を止めるために行動し、自分の復讐の意味を考え立ち止まり
全てを終わらせようとしていた良人に活を入れ自分の援護を頼み・・・
さらに紅葉の力も借りて、キリクマコトの元へ近づき・・・

血を吸いました・・・

またか!?ってか前回からそれで大体なんとかなってるな!?
吸血のショックでマコトの暴走は止まり事態は無事収束

良人は姿を消したけど・・・無意味な復讐はもうやらない感じかな?

マコトは目を覚ました後、良人にも事情があったこと、
そして自分が力に呑まれてしまった事を悔いることに。

わだかまりは消えないけど・・・良人に何が何でも復讐を・・・って感じじゃないし
『吸血鬼』だから狩るって事も今後はなくなりそう。
ただ自分を助けたのがキリクだった事を知り
さらに空音から・・・最強の・・・『愚者』『魔符詠姫』から『魔符詠姫』をやめる方法を・・・
条件である『吸血鬼との関連』『処女であること』のどちらかが満たせなくなればいいと聞き
後者のほうを想像・・・しかも相手として思い浮かんだのがキリクという段階になって
ようやく自分がキリクに感じていたもやもやが『吸血鬼』のくせに・・・というものだけではなく
キリク個人のことが気にかかっていた事に気づき、さらに見舞いにきたキリクから
止めるために血を吸ったことを謝られ、その時の感触を思い出して真っ赤に

落ちた・・・もう完全に落ちた・・・

素直じゃないからそう簡単に口にはしないだろうけど・・・完全に惚れてます・・これ・・・
状況的に明らかだったけどキリクは気づかず・・・紅葉も天然で気づかず・・・
気づいたのはシエラだけだったけど・・・これからこの恋模様がどうなっていくか楽しみ

最強の『魔符詠姫』である空音・・・彼女と同じ存在でありながら人格が違う・・・
それこそがシエラの友人である黒鷹であり2人はお互いを区別している模様
ただし記憶は同一なので・・・色々とややこしい模様。

『魔符詠姫』でありながら『吸血鬼』でもあるがゆえに
2つの勢力から裏切り者と思われることもあり、そんな彼女が可哀想だから・・・
というのがいろりが彼女を守る理由らしいので・・・口のわりに本当に優しい娘だったり
するんですが・・・今後彼女ともなんかあったりするんだろうか・・・

シエラ『魔符詠姫』の事とか空音の状態とか・・・すでに知っていたみたいだけど・・・
さてさて・・・彼女も今後は活躍したりするんだろうか・・・

そして最後・・・今まであまり触れていないキリク紅葉

お前らとっとと付き合っちまえ!!

って感じでした・・・いや、本当に友達以上恋人未満で・・・お互いを意識しすぎてる・・・
紅葉キリクにお弁当を作ってきたり、自分の血を(正確には自分の血だけを)吸えと強要するし
めっちゃ意識してるんですけどね・・・その一方で『魔符詠姫』になるまでは病弱だったので
保健体育の知識が箱入りの中学生レベルで『魔符詠姫』をよめる方法に関しても
『処女を失う』という行為の意味がわかってなかったし・・・色々と難儀しそう

キリクキリクで血を吸うとそれだけではすまない・・・理性が吹っ飛んで
なにをするかわからないってのがあるせいで、基本真面目なせいか
なかなか血を吸えない模様・・・・・・・爆発しろ・・・

ただこの2人の・・・『魔符詠姫』『吸血鬼』という天敵同士の関係でありながら
手を取り合い共に入るこの2人の姿こそ、空音が別の世界から『吸血鬼』を呼んだ理由・・・

キリクがいた世界が平行世界と衝突し、それによって生まれた『灰色の影』との戦いで滅びた
そしてキリク達が生まれ変わったこの世界にもいずれその『灰色の影』は現れる
空音はそれがわかっているからこそ戦力を・・・『魔符詠姫』『吸血鬼』の手を結ばせたいと
考えているらしくキリク紅葉の関係はその先駆けになるかもしれない模様

紅葉がメインヒロインであることはおそらくぶれないだろうけど・・・さて今後どうなるのかな?

良人の話を聞く限りは人間側にもろくでなしはいるし
前回の最後に逃げたキリクの恩師・・・『吸血鬼』の為に『魔符詠姫』を倒すといっていた逆井

色々と問題はあるわけだけどね・・・

最後に一文。

キリクのセリフ

いろり『魔符詠姫』『吸血鬼』の手を結ばせるという
できもしない事をするのは可哀想だという言葉に対してのキリクの言葉

キリクはそうは思えない・・・なぜなら自分達という実例が確かにあるから・・・

「独りじゃないから。
 力尽くでも、解りあおうとしてくれる人はいる」


           ヴァンパイア  タロットソーサレス
「少なくとも 俺 と、 紅葉 はそうして手を取りあえたよ」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
XIII番の魔符詠姫2 (一迅社文庫)XIII番の魔符詠姫2
(一迅社文庫)

(2012/06/20)
手島 史詞

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。