スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だから僕は、Hができない。 8 死神と美菜

あらすじ

「男子生徒パンツ脱がされ事件」
も無事に解決し、いよいよ文化祭開幕!

お祭り騒ぎに乗じて、一気に特異者探しを進めようとするリサラだったが、
「幼なじみ」の一線を越えようと勇気を出した美菜の良介への強烈アプローチに、
心は揺れ動くばかり。

ついには良介と喧嘩になってしまう。

そんな中、特異者を奪取するため、ついに“四雷斧”が動き出す!

暴走するアルカレア、
そしていまだ姿を見せていなかった“四雷斧”最後のひとり・ヘルガが桃園学園に姿を見せる。

身構える良介たちにヘルガが明かした、特異者の名前とは・・・!?

抑圧系ラブコメ、ついに恋の天秤が動き出す!

感想

だから僕は、Hができない。の8巻

アニメも始まったこのシリーズ・・・表紙はリサラですね。
格好がちょっとエロい・・・

さて今回の話なんですが・・・

めっちゃ面白くなってきたーーー!!

今回は凄く話が動き出しました・・・このシリーズでずっとリサラキュール・・・
宿敵であるガンダーブロウグ達も探す莫大な霊力を持つ『イレギュラー』の正体

そして良介を巡る恋模様にも・・・ついに動きが・・・
動きがありすぎて逆に続きが気になりすぎるという・・・ジレンマが・・・

今回は文化祭の話・・・

いきなりグパァって・・・!?

なんかもうこのシリーズは色々とギリギリな気がしてくる今日この頃・・・
直接的なアレはないけど特殊な性癖というか状況というか・・・そういうのが豊富すぎる

前半はそういうのがありつつクラスの出し物でクラブをやる事になり
女性人はドレスアップ・・・特にリサラ美菜押しな回でしたね・・・

クラスが別なキュールはちょっと押しが弱い感じだったし、
新参&男として学校に通っているランファンは男装だったしね・・・

という訳で今回はメインヒロイン2人による・・・良介へのアピール合戦って感じ

自分の想いを一歩進めようと決意して良介へのアピールを激しくする美菜
良介を休憩時間に文化祭を一緒に周ろうとデートの約束

リサラリサラでそれを聞いて、自分の休憩時間には自分の一緒に・・・と約束したりと
なんだかんだで2人とも惚れてるなー・・・って感じ

美菜とのデートでは幼馴染らしく昔語りをして・・・でもそれゆえに
良介美菜を異性として意識しにくいというか、しないようにしているというか・・・
そういう部分が美菜にとってはちょっと・・・って感じがありつつも
美菜とのちょっとHなイベントとかが発生してしっかり反応しちゃったり・・・
反応されて美菜が嬉しそうだったりと・・・なにこのバカップルって感じ・・・

良介・・・爆発しろ・・・


ただデートを許せないランファンキュールが途中から乱入して
デートはうやむやになっちゃったけどね・・・

良介はそれでも美菜は楽しそうだった・・・って思っていたみたいだけど
彼女はある意味で良介以上に彼がリサラに惹かれている事を理解している感じで
クラブの出し物でも良介は他の人が気づかないリサラの笑顔が作り物だって気づいていた事に
なにかしら感じていた感じ・・・

そしてここで騒ぎが・・・敵の幹部で体育教師として潜入してきていた
アルカレアが暴れだす事に・・・

実は前回の失態で処罰される事になっていたらしく、薬で無理やり凶暴化させられ
良介達の力を測るのに使われたという・・・なんとも哀れな状況だったんですが

良介・・・両断・・・まさに圧勝・・・

今回のグラムの覚醒はひさびさに・・・良介自身かなり自信満々で・・・
苦戦していたリサラ達を下がらせて一人で迎え撃ち・・・まさに一撃

残りの霊力は少なくなってきてるらしいし、回数も減ってきてる・・・
なのに今まで以上の力・・・本人は原因わかってないけど・・・やっぱりリサラっぽいですね・・・

ただその後、敵の最後の幹部・・・ヘルガが現れアルカレアの記憶を消去
さらに美菜こそが『イレギュラー』であるといい、彼女を誘拐。
『イレギュラー』を覚醒させる『本当の願い』良介なら知っているはずだと
1時間の時間を与えて考えさせる事に・・・

このヘルガってキャラは優秀すぎて問題を起こして姿を消した死神の女性で
彼女の不評を買った男性教師は・・・後日男として死んだ模様・・・
今は女教師として第二の人生を生きてるらしいけど・・・

なにそれ、怖い・・・((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

そしてここからが・・・大問題・・・

良介、鈍い!リサラ・・・いい出せない!

美菜の願い・・・それはまぁ・・・好きな人がいてその人と付き合いたいというもの
その相手が誰であるか・・・周囲の人なら大体わかってる・・・当人以外

そしてリサラ『イレギュラー』を覚醒させるという目的はあったとしても・・・
それをしてほしくない・・・そんなのは嫌だ・・・という気持ちがあって
それを当人に・・・美菜の好きな相手に・・・良介には言えない・・・
それが必要だとはわかっていても・・・言えない・・・

駄目だ・・・この2人・・・色々と駄目だ・・・


もどかしいっていうかなんていうか・・・

お前らとっとと付き合っちゃえよ!

って感じですよね・・・

キュールランファンにも協力してもらい、救出作戦を結構
とりあえず良介が一人でヘルガの元へ行き交戦となったんだけど
なぜか・・・アルカレアの時みたいにグラムを覚醒させる事ができずピンチ

グレイプニルでどうにか凌いで・・・リサラが援軍に来るのを待った感じ

だけどリサラでもヘルガには・・・グラムと同格のダーインスレイブを持つ
彼女には叶わずピンチに・・・

だけどそんな中で良介リサラの手が握られ・・・そしてリサラを後ろに守ってという
状況下で再び・・・良介の気持ちが乗りグラム覚醒・・・

いや、良介・・・なぜそれで気づかない・・・

美菜なんかデート中に手を・・・と言ったのに繋いでくれなかったのに
リサラとは・・・って気にするぐらいだったのに・・・
そこまではっきり動機があって・・・コイツは何故に自分の想いに気づかないのかね・・・

グラム覚醒後は苦戦しつつもヘルガを退却させる事に成功
めでたしめでたし・・・

とはいかないのが今回・・・

ヘルガ美菜に残した言葉・・・『このまま美菜が何もせずリサラが不戦勝』という言葉
そしてヘルガ良介に危害を加える可能性・・・それらを考えた上で美菜リサラに宣言

良介に告白したい

と・・・良介、爆発すればいいのに・・・
美菜もなんていうか・・・ある意味で凄いですけどね・・・
その許可を・・・自分と同じように良介が好きだとわかっているリサラに伝え
彼女の許可を得ようとしてますし・・・

ただリサラはこんな急に事態が変わるとは思っていなかったからしどろもどろ・・・
リサラも告白すれば・・・と言われてももし断られたら・・・良介がいなくなったら・・・
と考えたら怖くて動けないみたい・・・

そして・・・タイミングがいいと言うか悪いと言うべきか・・・この言い合いを聞いていた
良介を見てリサラは逃走・・・良介は彼女を追おうとするけど美菜に捕まって・・・
そして・・・

というところで今回は終了

なんかもうクライマックス直前って感じですね・・・
ぶっちゃけこの恋の決着が付いたら作品の決着も付いちゃう気がしますからね・・・

敵は準備を虎視眈々と進めるなかで・・・味方はもう精神面がぐちゃぐちゃだけど・・・
さて・・・次回はどうなるのか・・・気になる所です。

っていうか女の子を悲しませないという良介に・・・女の子を振る事ができるんだろうか・・・
そこが問題だな・・・ハーレムは・・・なんか違う気がするし・・・

最後に一文。

美菜のセリフ

今回のラストの彼女のセリフ
最後まで書いてないけど・・・続きは今まで読んできた読者になら
わかりきってる内容だよね・・・

「私ね、良介くんのことが───」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
だから僕は、Hができない。8  死神と美菜 (富士見ファンタジア文庫)だから僕は、Hができない。8
死神と美菜
(富士見ファンタジア文庫)

(2012/07/20)
橘 ぱん
商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。