スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 3

あらすじ

勇者試験直前に魔王が倒されてしまい、勇者になれなかった少年ラウル、
父親である魔王が倒されて居場所がなくなった魔王の娘フィノ、
そしてラウルの勇者予備校時代のライバル・アイリの三人は、
王都にあるマジックショップで、なぜか一緒に働いていた。

そんなある日、店長の提案で三人はミスコンに出場することになって―。

「・・・ミスコンって、女の子が出るコンテストですよね?」

「ええ。もちろんそうですよー」

「俺っっっっ、男なんですけどっっっ!!!!!?」

勇者の卵と魔王の卵が織りなす、ハイテンション労働コメディ!!

感想

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。の3巻

今回は水着回だ!!

そして・・・

ついにラウルが店長に!!!

というのが今回・・・ある意味で最終目標である店長になる事がついに達成されます。
店長であるセアラが勘とその天才的な才能で作り出した精神を交換するマジックアイテムで
彼女と精神を交換する事によって・・・

それ違うよ!?なんか・・・違うよ!?

確かに店長になってるけど・・・言葉って難しいよね・・・

上記で書いたようにラウルは今回、セアラの体に入って
ミスコンに参加し客注品である1位の賞品をゲットするという任務をセアラから受ける事に。
精神男なのにミスコンとか・・・どんな苦行だよ・・・と思ったんですけど・・・

爆発してまえ・・・お前は爆発してしまえ・・・

体が女性だから・・・着替えとかも他の参加者と一緒
日焼け止めをぶちまけてしまったり、抱きつかれて塗られたり・・・

これ色々とアブねー・・・

ってか中身はラウルだし自分自身の現状の体が美少女だからね・・・
それでも色々と耐えてたのは凄いけど・・・

あっさりと体を貸しちゃうあたり、セアララウルへの信頼というか・・・
違う意味での興味のなさが・・・

実際にミスコンの前にアイリフィノの歓迎会を開いて
その時も入れ替わっていたけど、セアララウルのフリはほぼ完璧
男性の体でもまったく動揺せずに行動できてたしね・・・

ただ中身がセアラで気遣いができるせいか
アイリとかフィナに優しい言葉かけてるせいかフラグが・・・
特にアイリに対してのフラグがガンガン立ってた・・・

自分の体使って他人がフラグ立ててくれるとか・・・
どういう状況だよって話ですけどね・・・

そしてミスコン本戦・・・

みんな水着でフィノアイリも参加し好評を受ける中、ついにラウルの出番
だけどPRとか苦手なラウルはピンチ・・・と思ったらセアラ登場

彼女の助言でお店でよく使う挨拶をみんなの前で披露
これに何の意味が・・・と思ったら・・・

セアラ・・・コイツ・・・マジ過ぎる・・・

挨拶をキーワードに水着の紐が外れるように仕組んでいたらしく
観客の前でポロリ・・・・・・・・

自分の体を衆人環視に見られてもかまわないという・・・
そこまで全力に勝ちに行ってるのかよ!?って感じです。

もちろん結果は・・・トップの特賞!

って狙ってる賞品は1等・・・
というわけで作戦は失敗でした・・・

アイリは2位、フィノは3位でしたしね・・・
なんか色々と大切なものを犠牲にした気がするラウルでした・・・

その後はそれぞれ元の体に戻ったんだけど
ミスコンの1位・・・色々と行動が怪しかったソニア
ラウルに一目ぼれしたと急接近

いきなりキス・・・だと!?

しかもアイリフィノに目撃されるしまつ・・・

爆発しろ・・・マジで・・・

目撃したアイリラウルに文句を言って去り、フィノも彼女に同行
フィノアイリが怒っている理由が『恋』ゆえとは理解できなかったけど
自分も同じように・・・ラウルが他の人と一緒にいるのは嫌だ・・・という
胸のうちをアイリに打ち明けて・・・アイリはその想いが自分のものと同じであると
理解はするけど・・・フィノにはうまく説明できなかったみたい。

フィノの問題は・・・彼女が魔人であるがゆえに人間の感情とかについて
本当に疎いって事ですね・・・恋を自覚できないわけですし・・・
そんなフィノをなんだかんだと世話しちゃうアイリはいい子なんですけどね・・・

そしていきなりモテてる?ラウルはというと・・・
ソニアからショック銃を突きつけられてセアラから貰った特賞の賞品を
渡すように迫られる事に・・・まぁ・・・裏があるよねー

どうやらその賞品を組み込むことで人を大勢殺すようなマジックアイテムが作れるようで
だからこそ渡せ・・・というソニアは悪人?かと思われたんですが
最終的にはそういう事件を追う捜査官で自分が優勝してそれを狙う犯罪者に対する
囮になろうとしていたけど負けてしまったので奪いに来た模様

なんか・・・駄目だコイツ・・・

犯罪者のほうは優勝したセアラを狙い彼女を気絶させ誘拐
ラウルソニアも連れて助けに行くけど罠にかかり捕まる事に・・・

だけどこの状況下で・・・セアラが作った精神を入れ替えるマジックアイテムが大活躍
それと知らずそれを手にした犯人にラウルがぶつかり起動
ラウルが犯人の体を使って自分自身を拘束・・・というまさに裏技的に危機を脱出

まぁこの装置・・・現状では無理といわれる領域にすら手を出してる装置で
セアラ以外じゃまず作れない装置らしいから・・・犯人も予想できなかっただろうけどね・・・

でも犯人はそこから脱出・・・用意していたゴーレムというマジックアイテムを
起動して襲い掛かってくる事に。

だけどフィノからの魔力提供、そして今回の事件でラウルが気づいた魔力の運用法で
どうにかゴーレムを撃破・・・事件は解決に・・・

なんていうか・・・相変わらずフィノが電池ですね・・・
一応、故意にエラーを起こしたマジックアイテムの暴走を使って牽制はしてたけど
ガチ戦闘だとフィノがサポートにしかならないんですよね・・・
まぁ潜在能力とか考えると彼女がガチ戦闘できるようになると
ぶっちゃけ色々とまずいんでしょうけどね・・・

ラウルラウルで・・・勇者目指してた時よりも工夫するようになって
強くなってるんじゃないだろうか・・・それってどうなの?って気もするが。

エピローグではラウルが心配していたアイリ
お客さんに対する態度も改善の兆候が見られ
ソニアから1位の賞品ももらえたのでセアラの依頼もクリア

ただソニアはただのショップ店員だと思っていたラウル
強くて・・・事件解決にも協力してくれたことで
マジになってしまったらしくデートの誘い

フィノがそれを阻止したけど・・・彼女は諦めなそう。
という訳でヒロイン1人追加・・・

だけどフィノが嫉妬みたいな態度を見せた事で
ラウルはよりフィノを意識しちゃったみたいだし・・・
これからどうなっていくのかが楽しみ。

最後はラウルの元に故郷にいる妹ミュリが訪ねてきたところで終了

今回の流れだと・・・セアラはヒロイン候補にならなそうだな・・・
副店長であるバイザーとの方が可能性あるかな?
バイザーにとっては友人の妹で大切な妹分

セアラ『バイザーおにいちゃん』って呼んだりしてたけど・・・
でもそれって十分過ぎるほどの信頼があるって事だし・・・どうだろ

次回はミュリが中心で話が進むのかな?
彼女には勇者が廃止された事とか話してないみたいだけど・・・
嘘をつき通そうとするのか・・・それともきっぱい話すのか・・・
どっちになるんだろ・・・気になるところです。

最後に一文。

フィノのセリフ

彼女自身が気づいていないラウルへの想い
だけどそれは確かに彼女の中にあって・・・だけど理解できないから
それに付随して沸いてくる感情についてもどういうものかわからない。

それに対する悩みみたいなのも感じられるけど
逆にだからこそ想いの深さがわかる気がしたのでこれで

「・・・ラウルとアイリが一緒にいると、
 なんだか、胸がざわっとするんだ」


「オレ様、アイリのこと好きだし、
 今度がはアイリがラウルにお店の事教わる番なんだってことも、
 ちゃんとわかってるし・・・でも、だめなんだ。
 ラウルがオレ様だけのラウルじゃなくなっちゃうと思ったら、
 胸がぎゅっとして、じわって、つらい感じがして・・・
 アイリの場所にいるのが自分だったら、って思っちゃって・・」


「・・・それ、なんか、すっごくイヤで。
 ワガママだし、自分勝手だし、
 いけないことみたいな気がして、なのに、止まらなくてっ・・
 どうにもならなくってっ・・・
 こんな醜いこと考えちゃうの、
 オレ様が魔人だからなのかなって思ったら、
 どうしていいか分からなくなって・・・」


「──ねぇ、オレ様だけじゃないの?」

「オレ様が魔人だから・・・
 悪い存在だからこんな気持ちになるんじゃないの?
 アイリも、人間も、こういう気持ちになったりするの?
 この気持ちって、悪い事じゃないの?
 ねぇっ・・・オレ様は、いった、どうすればいいのっ・・?」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。3 (富士見ファンタジア文庫)勇者になれなかった俺は
しぶしぶ就職を決意しました。3
(富士見ファンタジア文庫)

(2012/07/20)
左京 潤

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。