スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女がフラグをおられたら 大丈夫、この臨海学校は安全だから、絶対敵に見つかったりしないよ

あらすじ

他人の頭上にそびえる「フラグ」を見て操る能力を持つ旗立颯太。
彼の通う旗ヶ谷学園の学期末恒例行事・臨海&林間学校が始まった。

海組と山組のそれぞれに分かれるという悲喜こもごもがあったものの、
青春の一大イベントにクエスト寮女子メンたちの期待はMAXだ。

一方、臨海にも林間にも強制参加させられた颯太は昼間は苦手な水泳特訓にスイカ割り、
夜は山組含む女子のお部屋に強行突入したり麦わらの美少女を追いかけたりとこれまた大忙しで。

そんな彼を見つめるクールビューティー・鳴と、
彼に急接近する妹キャラ・くるみ子。

二人の登場が颯太たちの運命を大きく変えていくことになるのだが!?

夏の嬉しいハプニングステージ満載の大人気イチャコメ第3巻。

感想

彼女がフラグをおられたらの3巻

あいかわらずタイトル長ぇー!?

そして今回の表紙は主人公・颯太の数少ない男?友達である

今回もちゃくちゃくと男?という疑いが・・・

今回の話で登場したの姉が颯太を逃がすな・・・とか
絶対損はさせない・・・とか言っていたし
しょっちゅうに女装をさせようとするらしいし・・・マジで女の子なのかも。

何気にほとんどの登場人物がを女性扱いしてしまうくらい女子力高いから・・・
女の子だった場合は凄い事になりそうですけどね・・・

さて・・・今回は臨海学校&林間学校

どっちだよ!?

って思ったんですけど・・・両方でした・・・

この学校では泳げない生徒と泳ぎが上手な生徒は臨海学校
テスト成績が駄目な生徒といい生徒は林間学校

という制度らしくて・・・でも場所は一緒という・・・
ちなみに林間学校組は・・・ぶっちゃけ補習とその手伝い

なんだこれ・・・微妙に嫌だな・・・
まぁ林間学校組にも海で遊ぶ時間があるみたいだけどね・・・

なので最初に颯太とヒロイン達の組み分けでちょっと騒ぎがあったけど
あまり意味はなかった感じ・・・ちなみに颯太は成績優秀だけど
泳げないので臨海学校・・・と思いきや両方・・・なんだそれ・・・

そして相変わらず・・・

ヒロイン達が颯太にめっちゃ優しい!?

特に菊乃がだだ甘だ!?

って感じだったら・・・

今度は孫可愛がり!?さらには妹・・・だと!?

今回フラグというか・・・仲良くなったのは今までもたびたび登場し
色々と助けてくれた学園の生き字引というか・・・本当に何歳なの?
って感じの月麦

上だけ着物という奇抜な格好の彼女だけど脱いだら意外と凄かったり
颯太の過去・・・彼が泳げない原因の事故とトラウマ、その後、彼に起きた事を聞き
こんな辛い目にあったんだからこれ以上苦しむ必要はないと可愛がるように・・・

まぁ海の近くに来ただけで青ざめて・・・入ったら嘔吐・・・
さらに無理やり沖に連れて行くと速攻で気を失って漂着・・・ってレベルだからね・・・
もはや颯太にとって害でしかない感じだからね・・・

その甘やかしレベルはおばあちゃんが孫を可愛がるがごとく・・・ってことに。
別に恋愛フラグとか立ったわけじゃないけど・・・とにかく仲良くなった感じ。
どちらかというといつも通り・・・ヒロイン側が・・・彼のために・・・・って感じ

ちなみにこの人・・・昔の写真を見たらそちらの方が身長とか大きかった・・・
年を取ると縮むと主張してたけど・・・無理あるよねー

そしてもう1人は大司教河 くるみ子

メッセージにあった『司祭』に対応する女の子ですね・・・
彼女は臨海学校&林間学校に行った先で浜でアイスを売ったりしていた中学生
両親を失い頑張っている子なんだけど・・・実は颯太が家族を失った事件に
両親が巻き込まれ死んだ女の子

ただ颯太のせいだ・・・と思っているのではなく両親が船員であった為に
客であった颯太にバッシングが言った事を申し訳なく思っていた感じで
険悪な感じではなく最初から好意的

さらに彼女がメッセージに書かれた『司祭』である事と
彼女の頭の上にストーリーを進める『ストーリーフラグ』が見えた颯太
彼女を色々と慰め・・・結果的に兄妹になる事に・・・

義兄妹じゃなくて兄妹なの!?

なんていうかフラグが見え、それを折るのも発展させるのも直感でできる颯太
彼が色々と慰めた結果、くるみ子颯太『お兄ちゃん』と呼び慕う事に・・・

ちゃくちゃくと増えるな・・・ヒロインが・・・

そして何気に・・・色々と残念だった生徒会長・・・美森とデートする事になり
彼女の過去や考えを聞き、颯太が彼女を拒絶しなかった事、
颯太の今までの経験ゆえに幸せを諦め死を受け入れているかのような彼の表情に
美森は悲しみ・・・そして颯太を幸せにしようと誓い・・・『恋愛フラグ』が立つ事に

それからは颯太の前だけは女の子らしくなったりと・・・なんか可愛くなってる・・・
いや、最初からそのキャラだったら色々と残念じゃなかったのにね・・・
すでに『攻略済みフラグ』が立っているはこの状況下でも
颯太の味方が増えたと喜んでいたし・・・ヒロイン達の仲良さがここに極まりって感じ・・・

ぶっちゃけヒロイン勢は自分の恋の成就よりもどうしたら颯太を幸せにできるかを
考えている感じで颯太からしたらありがたすぎる状況なんですよね・・・
一度は受け入れた『死亡フラグ』に抗って見せようかと考えるくらいには・・・

アンドロイドである瑠璃も自我が芽生えている感じで・・・
そのほとんどが颯太への想いに向けられている感じだし・・・もうモテモテですね・・・

1巻で表紙を飾ったのに未だにいい感じの雰囲気がない菜波くらいか?
今現在の颯太の近くにいて普通にしているのって・・・

菊乃の場合は『お姉ちゃん』に拘りすぎて他に発展が難しそうだけど
彼女の意見だけには颯太は反射的に従う感じもあるし・・・影響力はでかいからな・・・
うーん・・・颯太、爆発しろって感じ・・・

ちなみに前回加わった新ヒロインであるはあいかわらずチョロかったですね・・・
簡単に『攻略済みフラグ』がガンガン立つし・・・すでに済んでても立つんだね・・・

一番恋人関係に近いっぽいの事は颯太も気にしている感じだけど
やっぱり彼女の一番の目的は颯太を幸せにしたいって事で、
ちょっと恋愛方面ではアピールが足りない感じ・・・ただ今回はそれじゃ駄目だと
頑張ってはいたから・・・今後どうなるかだね・・・

という訳で今回の臨海学校&林間学校では既存のフラグの強化
さらに新ヒロインやら既存ヒロインと新たなフラグ発生って感じで
凄い事に・・・颯太本人もみんなを陰気な気分に巻き込まないように
自虐状態にならないようにしてるし・・・いい傾向ではあるみたい・・・

さて・・・色々と書いてきたけど今回の話で一番の問題・・・
っていうか前回の最後に意味ありげに登場して颯太と同じようにフラグが見える
らしい事を言っていた・・・

遅!?出番、遅!?ってかチョロい!?

菜波はが自分の祖国の人間である事、
彼女の視線から颯太と同じようにフラグが見れる事
彼女が『七徳院』と呼ばれる組織の人間である事

に気づいて話しかけるシーンが最初のほうにあるんだけど
彼女の次の本格的な参戦は270ページを超えたあたり・・・遅いです・・・
そして彼女の参戦から事態は急展開って感じ

颯太に関係するからとくるみ子の学園の中等部への編入を手助け
に不屈の友情を押し付けられ、くるみ子には何故か第二の母と慕われる事になったけど
彼女はついに颯太と2人で話し合いの場を持ち彼の能力の事
そして彼に力を与えた・・・サクラメントの危険性や
颯太自身が世界を監視する組織である『七徳院』から警戒される存在だと教え
さらにフラグに干渉する力はアカシックレコードの書き換えに辺り
本来ならゆるされざる能力である事を告げることに。

さらに瑠璃にデータを送って魔法陣を形成させ・・・颯太を平行世界へ・・・

なんか・・・一気にファンタジーになったなオイ・・・

そしてその平行世界では颯太と同じ苗字を持つ元の世界では担任教師である
高校生の頃の深雪と出会い、颯太はその力によって彼女に『主人公フラグ』を立て
彼女がその世界において中心になるように運命を書き換える事に・・・

それが何を意味するかはわからないけど・・・のちのち何かに繋がりそうな感じ
ただもとの世界に戻った颯太は自身の『死亡フラグ』が輝き始め死に掛ける事になり
は禁忌であるフラグへの干渉を颯太を助けるためにするんだけど・・・

敬意が思慕に・・・そして恋慕へ・・・え?

なんか・・・・早くね?
ってかそれで恋愛になっちゃうの?

フラグに干渉するという事への責任や重圧
それを初めて感じた、だからこそそれを自然にやる颯太に敬意を感じ
それが一気に恋慕にまで言っちゃったみたいだけど・・・ある意味でチョロい!?

しかも颯太の命を救った後は彼が死ななかった事に安心して額にキス

『攻略済みフラグ』が立ちました

だからチョロいだろ!?ってかこの娘・・・全部自分の中で完結させやがった!?
颯太が何かを彼女にしたり、言葉をかけたんじゃなくて
彼の今までの行動と現在の状況だけで惚れて攻略済み状態に・・・どんだけ!?

ただは色々知りすぎていて、その知識は颯太が得るには早すぎて・・・
サクラメントにとって颯太のフラグに干渉して彼を救った事は許せたけど
それ以上の行動は看過できないとして記憶を奪われる事に・・・

颯太が目を覚ましたときにはも普通に対応していたけど
『攻略済みフラグ』はそのまま

でも『七徳院』やフラグを見る能力の事、平行世界の事・・・そして颯太への想いも
全て忘れてしまっている状態みたい・・・

記憶は失っても『攻略済みフラグ』は立ったままだし
『一時的とはいえ記憶と共に仲間を失った』と書いてあったから
いずれ戻るんだろうけど・・・さてどうなるか・・・

『七徳院』の動きでも怪しいのがあるし・・・サクラメントの目的もまだ不明
颯太自身の死亡フラグもいつ発動するか分からないし・・・
女の子達との事も・・・色々と大変・・・美森月麦もクエスト寮に住む事になって

颯太、菜波、茜、菊乃、恵、凛
瑠璃、深雪、美森、月麦、くるみ子


の11人となり部屋は全部埋まったみたいなので・・・これで全部かな?
まぁの部屋とかはないわけだけど・・・

4巻がどうなるか・・・楽しみです。

最後に一文。

今回の話で臨海学校&林間学校という特殊な環境下で
カップルになろうとヒロイン達に告白を敢行した男子たちがいた・・・

そんな彼らの『恋愛フラグ』を一撃の元に折った颯太の言葉

ちなみに3種類あるのは颯太茜・凛・菊乃への告白に対して
全員に縋られ相手の『恋愛フラグ』を折ったから・・・

っていうか・・・何故この状況で女の敵・・・みたいな扱いにならないんだろうか・・・
なにせこの後、場面はないけど菜波瑠璃に対する告白に対しても
颯太が対処したらしいし・・・
本人に明らかにその気がないってわかってるからだろうか・・・

それにしても・・・菊乃への告白に対する颯太のフラグ折りのセリフが・・・
何故コレで『恋愛フラグ』が折れる・・・

「僕の女に手を出すな」

「僕の女に手を出すな」

「・・・僕のお姉ちゃんに手を出すな」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
彼女がフラグをおられたら 大丈夫、この臨海学校は安全だから、絶対敵に見つかったりしないよ (講談社ラノベ文庫)彼女がフラグをおられたら
大丈夫、この臨海学校は安全だから、
絶対敵に見つかったりしないよ
(講談社ラノベ文庫)

(2012/08/02)
竹井 10日

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。