スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デート・ア・ライブ 5 八舞テンペスト

あらすじ

夏休み前の七月一七日。
来禅高校の修学旅行で或美島を訪れた五河士道は二人の精霊と遭遇する。

「最後の決闘だ!この男―士道を、先に落とした方の勝ちだ!」

「承諾。―その勝負、受けて立ちます」

どちらが真の精霊かを争う八舞、耶倶矢と夕弦。
彼女たちの裁定役に選ばれてしまった士道は令音に相談するのだが・・・。

「・・・今回、私は、君をデレさせる。だから君はその上で二人をデレさせてくれ」

謎の通信障害によって“ラタトスク”のサポートは受けられない状況の中。
すれ違う二人の精霊の過酷な運命を覆すため、デートして、同時にデレさせろ!?

感想

デート・ア・ライブの5巻

今回の表紙は今回登場の新たなる精霊八舞の2人
右が夕弦で左が耶倶矢・・・双子の精霊です・・・

まぁ元々1人の精霊だったものが何故か分裂してしまった存在で
『ベルセルク』というコードネームで世界各地で目撃されている
つねに互いで争っている精霊なんですけどね・・・

そんな彼女達と修学旅行先の島で遭遇・・・世界中を飛び回って
補足するのすら難しい彼女達と遭遇するのですらかなり運がいいらしいのに
さらに今回は記念すべき100戦目・・・真の八舞を決めるための戦いの勝負として
その場にいた士道をデレさせるという・・・魅力勝負を2人は提案して
どちらがより魅力があるか士道に選択させようという自体に・・・

いつもと逆!?ってかヒロインまた増えた!?

って感じで今回は士道精霊にデレさせられる事に・・・
まぁ2人の力を封印するために士道からも二人を出れさせようとするんだけど
今回は向こうから競ってアピールかけてくるからね・・・

一緒にお風呂に入ったり
↑で逃げるのに海に飛び込んだ士道の看病したり
看病で添い寝してくらたり汗を舐めてもらったり
最後には裸で暖めて・・・だったり
海で二人に日焼け止めを塗って喘ぎ声を・・・


士道爆発しろ、士道爆発しろ、士道爆発しろ・・・

2人とも必死ですね・・・それはまぁ・・・
お互いいずれ1つに統合され・・・どちらかの人格しか残らないと
自覚しているからこそなんですけどね・・・

耶倶矢は素は普通の女の子なのにわざわざ厨ニっぽく喋るし
夕弦は冷静に見えて淡々と危ない事をする
だけど一緒のチームでバレーをして・・・挑発された時は
お互い怒って協力・・・仲のいい姉妹って感じ

そしてなにより・・・士道とお互いが二人きりになった時に
彼女達が士道に伝えた事・・・

耶倶矢は夕弦を選ばないと士道の友人達を殺すと

夕弦は耶倶矢を選ばないと士道を友人達を殺すと

お互いがお互いこそ生き残るべき真の八舞精霊であり
相手のほうが可愛くて綺麗で能力もある・・・って思ってる・・・

めっちゃシスコン姉妹だ!?

実はめちゃめちゃ仲いい訳ね・・・この2人・・・
ただ相手のためなら自分なんて・・・って発想に行っちゃうほど相手が大切だから
勝負して・・・お互いわざと負けようと思っているという・・・
なんともすれ違いな姉妹・・・

そしてその事について悩んでいる事を十香に気づかれ
彼女に2人のことを話したんだけど・・・運悪く2人ともお互いの言動を知ってしまい
これじゃ駄目だと・・・再び直接戦闘になる事に・・・

倒れたほうが勝ち

という・・・切ない戦いを・・・

士道は2人を止めようとするけど・・・ここで邪魔が入る事に・・・

最強の魔術師エレン・・・そしてDEM社

士道の実妹であるらしい真那が所属するDEM社に所属する最強の魔術師
今回の修学旅行先を変更したり、十香がコードネーム『プリンセス』と呼ばれる
精霊であるかどうかを確認するためにカメラマンとして同行していた彼女

生徒達に絡まれてなかなか調べられずに色々と残念さ満載って感じの人だったけど
耶倶矢夕弦が戦い始めたのを機に動き・・・士道十香の前に現れ
そしてそれを自らの天使である『鏖殺公(サンダルフォン)』十香が迎撃した事で
彼女が精霊だと確信し、彼女を圧倒する事に・・・強い・・・いくら限定状態とはいえ・・・

でも狂三を救えなかった前回の話での悔しさ
そして目の前で連れ去られそうな十香
それを目の前で見て無力さを感じていた士道の強い想いが新しい力を顕現

『鏖殺公(サンダルフォン)』・・・再び

十香エレンと戦い砕かれた『鏖殺公(サンダルフォン)』
今度は士道が顕現

さらに空中ではDEM社士道達に協力するラタトスク機関の空中艦が戦闘を行っていて
そちらの戦いは不在だった琴里の代わりに副指令である恭平が指揮を取り
変態だけど・・・実は折紙が所属するASTの元エースとしての実力を
如何なく発揮して敵を撃破

これらが重なり、十香を倒した後は油断して武装を解いていたエレン
士道達に逃げられ追おうとするも・・・何故か海岸にあった落とし穴に落ち
さらに自分が連れていた機動兵器に潰されてダウン・・・

えっと・・・なんだろこの人・・・凄く残念・・・

そして士道十香はお互いを助けるために互いを傷つけあう2人の元へ・・・

心の中の願いを思い描いて剣を振れ!

お互いを想いあう二人を止めるために士道は力を求めるけど
『鏖殺公(サンダルフォン)』は力を出さない・・・本来の持ち主である
十香士道が呼び出したそれは使えない・・・だからこそ十香
天使の使い方を・・・そして呼び出した士道だからこそと
助言を与え、士道は2人を止めたいという意志の元で剣を振るい
2人の戦いを中断させる事に成功

そりゃそうだ・・・いきなり斬撃が・・・無害だと思ってた相手から
しかもとんでもない威力で飛んできたらビックリするよね・・・

士道は真の八舞に相応しいのは両方だと宣言し
どちらかが生き残るのではなく、精霊の力は失うけど
両方とも生き残る可能性があることを示し戦いを止めようとする。

2人はその言葉に戦いをやめ・・・本心を・・・
互いに消えたくないと・・・そして互いに一緒にいたいという願いを口にし
そうできるのであればそうしたいと願う事に。

その後、DEM社の空中艦が失敗を取り戻そうとこの2人に襲い掛かるんだけど
和解し、そして未来への希望を感じた2人の前に・・・一蹴される事に・・・

   ラ フ ァ エ ル         エ ル ・ カ ナ フ
<颶風騎士>・・・『天を駆ける者』

彼女達それぞれが同じ天使を持ち、それぞれ槍と刃が付いたペンデュラムを使い
霊装時にはお互い別の肩に天使の翼が生えるというのが2人個人のもの
だけど八舞としての本来の力は槍を矢としペンデュラムの糸を弦として
二人の天使の翼を弓とする力・・・

まさにテンペスト・・・風を操る精霊って感じの技でした・・・
そういえば・・・遠距離攻撃型って始めてかな?

四糸乃も近接じゃないけど・・・弓ほど遠距離って感じじゃないですからね・・・

これで今回の一件は解決・・・
2人は自分達が和解できたのは士道のおかげだと、2人揃って同時に彼にキス
図らずもそれにより二人の力は封印され・・・二人とも消滅せずに
そのままでいられる事に・・・まぁ精霊の力でだしていた服は消えて全裸になりましたが・・・

ってか攻略完了してたのね!?

2人は自分達を和解させてくれ、救ってくれた士道にデレたみたいで
姉妹喧嘩もしたくないという事で2人で士道を自分達のものに・・・ってアピールするくらい
士道を認めているみたい。

ってかアレだね・・・十香が何も知らなすぎるだけで2人の感覚は
人間と大差ないし恋愛感情も知ってるから・・・ますます大変になるな・・・うん・・・

ただ今回の一件でDEM社十香精霊である事はばれたし
士道がその力を使えることも知られてしまったので今後どうなるのか気になるところ。
エレンは残念だけど・・・力は結構凄いみたいだしね・・・

さらに士道天使を顕現させた事でラタトスク機関の偉い人が
もしもの時は適切な処理を・・・と言い、それに対して琴里
そのときは自分が士道を殺す・・・と言っていたりとちょっと物騒。
今回、折紙エレンに人間か?と問われていたように
彼自身の存在の謎が・・・まだまだわかってないですからね・・・

そして結構序盤で・・・狂三との戦いで気を失った後
ようやく目覚めた真那を浚った謎の黒服の存在・・・

まだまだ謎は多いし・・・さてどうなるんだろうね・・・
次回は12月発売の『美九リリィ』・・・また増えるんだろうか・・・
でもリリィ・・・百合の花だし・・・まさかそっち!?

そしてアニメはいつからだろうか・・・気になるところ・・・
あとキャンペーンはどうしようかなぁ・・・コミック2冊買うかなぁ・・・
0巻欲しいしなぁ・・・

ちなみに折紙は今回も変わらず変態だった・・・
士道に二人きりで話したいといわれたら問答無用で女子トイレに連れ込んで
いきなり脱ぎ始めたしね・・・・

痴女だ!?変態だ!?折紙だ!?

夕弦に変なことを吹き込んだりもしてあいかわらずだったけど・・・
前回の事件で独断で新兵器を持ち出して琴里を襲ったので謹慎処分・・・
しばらく武装できないらしく今回は戦えず・・・無力さを痛感して力を求めてた・・・

DEM社の社長が新兵器を起動させた折紙に処置をほどこせば
いい魔術師に・・・とか不穏なことを言ってたから・・・危ないかも・・・

それほどまでに両親の仇の精霊を追いながらも疑いのあった琴里
士道に言われたから仇じゃないと信じたのには・・・相変わらず愛を感じたけど・・・
極端すぎるよね・・・この娘の感情のふり幅って・・・

最後に一文。

耶倶矢夕弦のセリフ

多少違うパターンがもう1回でてくるんですが
2人の前に共通の敵が現れたときの2人のセリフ。

互いに争って・・・でもその本心では互いを誰よりも信頼してる
そんな想いが透けて見える感じのセリフだったんですけど
2回目のこれはお互い素直になった状態で・・・だったのでこれで。

ってか仲良いなぁ・・・やっぱり・・・

「やっちゃう?」

「肯定。やっちゃいます」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
デート・ア・ライブ5  八舞テンペスト (富士見ファンタジア文庫)デート・ア・ライブ5
八舞テンペスト
(富士見ファンタジア文庫)

(2012/08/18)
橘 公司

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。