スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔弾の王と戦姫 5

あらすじ

ムオジネル軍との戦いから十日。
“銀の流星軍”はぺルシュ城砦に駐屯し、きたる決戦の準備を進めていた。

一方、五頭の竜を従えたテナルディエ軍は北上し、
ガヌロンの本拠地アルテシウムへ向かう。

三つ巴の戦いが勃発しようとするそのとき、
ジスタート王宮にもひとつの出会いがあった。

「ヴァレンティナ・・・」

「おひさしぶりですね、ソフィーヤ」

巨大な鎌の竜具“虚影エザンディス”を持ち、儚げに微笑む戦姫、ヴァレンティナ。
ソフィーも警戒する彼女の目的とは・・・? 

そして遂に切り開かれる戦端のなか、
ティグルは大切なものを失い、なお前に進むことを求められる。

そのとき、背中に吹くのは力強き銀色の風――。
最強戦姫ファンタジー、第1部堂々完結!

感想

魔弾の王と戦姫の5巻

表紙は今回登場の6人目の戦姫ヴァレンティナ
てっきり前回登場したエリザヴェータだと思ってたんだけどね・・・

さて今回を一言で表すならば・・・

第一部 完!

って感じでしょうか・・・長く続いてきたブリューヌでの戦い

最初は1領主として隣国ジスタードとの戦争に参加
そこで捕らえられ・・だけど敵国の戦姫と呼ばれる存在に認められ
自分の領地が自国の大貴族に襲われたと知って戦姫に助力を願い
その力を借りて領地を守り・・・
そのせいで反逆者と言われながらも領地と・・・そして他の人々のために
自国の大貴族2人と戦うことになり、その過程で自国の英雄とも戦い
自分を認めてくれた彼すらも謀殺され・・・
それでも新たに手に入れた力や絆を結んだ戦姫
そして大義名分とも言える自国の姫まで助け
ついに今回・・・大貴族と決着を付けることに・・・

明らかに田舎領主の人生じゃねぇ!?

って事で今回はとりあえずの決着を見る巻でもあります。

2つの大貴族・・・ガヌロン公爵テナルディエ公爵

最初にまずこの2つが互いを潰そうとぶつかるけど・・・勝利はテナルディエ公爵に・・・
といってもガヌロン公爵はわざと負けてますけどね・・・

彼にとってはブリューヌにあったデュランダルの使い手であったロランを殺し
しばらくその使い手がいなくなり、さらに国王にすら毒を盛り狂わせて
それ以上に特に目的はないらしい・・・

彼は竜の頭すら握りつぶせるような存在であるらしいけど
竜具やティグルの弓の力で滅ぼされると復活できないし、今の状況は万が一があるからと
国を去る事にしたみたい・・・今後も色々と暗躍しそう・・・

ちなみに腹心であるグレアストは連れて行き、部下たちの部隊は放置
テナルディエ公爵に負けて狂ったふりをして自分の街を・・・
実は王女であった王子・・・レギンが王族だと証明するための遺跡がある
その街に火を放って姿を消すという・・・かなりあくどい奴ですからね・・・
しかも遺跡には罠を残しておくし・・・最悪です・・・

そして戦いはティグルテナルディエ公爵の戦いを残すのみになり
力のないものを嫌うテナルディエ公爵が唯一例外に可愛がっていた
自分の息子であるザイアンを殺したティグルへの憎しみもあって
戦いを止めるのは不可能な感じ。

ティグルの元にはテナルディエ公爵に協力しない勢力も集まって
軍勢的には多少劣るって程度の差で勝負できるんですが・・・

戦姫と竜が・・・戦姫と竜が反則過ぎる・・・

1戦目・・・テナルディエ公爵双頭竜を含む5頭の竜を投入
だけどそのうちの3頭をエレンミラの同時竜技という・・・
ちょっと反則っぽい技で瞬殺・・・

冷気と風・・・相性いいな、オイ・・・

本人達は仲が悪いのにね・・・まぁ仲が悪いといっても
お互いをライバルのように感じている感じだからこそ
動きも合わせられるんでしょうけどね・・・

でも活躍もそこまで・・・残った2頭に苦戦することに・・・
どちらもデュランダルと同じ・・・竜技が効かない金属の鎖を付けていて
技が効かない・・・

その現象をを知っていたエレンはすぐ動けたけど
呆然としてしまったミラは動きを止めてしまい、火竜の炎を浴びそうになり
エレンが飛びついて助けるけど代わりに彼女が火傷を負う事に・・・

いや、お前ら実は仲いいよね・・・

前もミラエレンに飛び掛った暗殺者を自分がエレンに斬られる可能性があっても
助けてたしね・・・

ティグルの方は軍内に潜んでいた裏切り者が動き出したけど
彼の超絶弓技で裏切りの首謀者を射抜き、総指揮官でありながら
戦場の真っ只中で戦う彼の姿に士気は向上して相手を押すことに・・・

この後、お互い一回引いて・・・再び戦い

エレンミラは再び竜と対峙
火竜の炎は冷静に対処すれば竜具の力で防ぎ
鎖のない部分を直接切り裂いて倒し・・・
双頭竜エレン竜具の力で空高く飛翔し、落下の力を使って
貫き、体内に竜技という荒業・・・

外側が効かなきゃ、内側から・・・

これは定番ですけど・・・燃える展開ですよね・・・

これによってティグル達は勝利・・・テナルディエ公爵は引くことに・・・
その後、少数だけでレギンの王族である事の証明をするために
ガヌロン公爵が焼いた街の地下に入るんだけど・・・
テナルディエ公爵・・・再び

彼は先読みして待ち伏せ・・・

テナルディエ公爵、強い・・・そしてバートラン・・・

テナルディエ公爵は弱いものが嫌いというだけあって
自分自身をしっかり鍛えていてエレンとも戦えるくらい。

彼の腹心であるスティードも強く苦戦・・・結構危ないかも・・・
という所でガヌロン公爵の罠が発動・・・遺跡がある地下の岩盤が崩落
その状況でもティグルを狙うスティードから彼を守るために
ずっとティグルの家に仕えてきたバートランが彼を庇い斬られる事に。

スティードは崩落で死亡・・・バートランティグルの無事を確認し
ティグルに亡き彼の父・ウルスを重ね彼にティグルは心配ないと語り
息を引き取る事に・・・

そしてどうにか脱出できていたエレンレギンティグルを助けに・・・と
考えていた所で天を突く黒い竜のごとき一撃が・・・

ティグル、ついに自力で弓の力を解放・・・

やっぱりというか・・・憎しみとか怒りに反応して力を出すみたいですね・・・
この後、ティグルバートランの死について悩み・・・怒り、憎んで・・・
ちょっと調子を崩したけどエレンのおかげでどうにか本調子へ・・・

弓から聞こえる声についてはティグルは無視していたけど・・・
そのうち向き合わないと駄目なんだろうなぁ・・・

そして戦いは最終局面・・・

国王が正気を取り戻したと宰相がじかに報告に来てくれ、
さらに彼もレギンが男装していた王子であると彼女と話して信じてくれ
彼女の事を国王に伝えるために彼は王都へ・・・

ティグルも向かうけど・・・それはまずいとテナルディエ公爵が待ち受けていて
戦いは大将同士の一騎打ちで決まる事に・・・
普通の戦いではティグルが押していたけど・・万が一テナルディエ公爵が逃げれば
彼には再び同じ規模の戦力を用意する余裕がありますからね・・・

この時のティグルは彼の姿を見て憎しみで弓の力を引き出しそうになったけど
エレンの叱咤でどうにか自分を取り戻し・・・
みんなの為にテナルディエ公爵を倒すと決意し決闘へ・・・

剣 VS 弓

1対1の決闘で・・・お互い馬に乗って・・・しかもティグルは矢を一本で挑む
ぶっちゃけ無理ゲーです・・・相手はエレンが苦戦するほどの戦士であり
回避も防御も選べるし、即死じゃなきゃそれでも勝ち・・・

それでもティグルは不利な状況で戦いを挑み・・・風すら読んで
見事矢をテナルディエ公爵の額に射る事に・・・

すげぇよ!?ってか奇跡とかそういうレベルかコレ!?

相手の剣が矢を叩き落すと思った瞬間に風に乗って剣を避け
相手の額にとか・・・どういうレベルだよ!?
相変わらず弓の腕にかけては尋常じゃないな・・・この人・・・

エピローグではティグル達は王都へ凱旋
国王がレギンを王女と認めるお触れを出した上で
ドレスアップ状態の彼女と一緒にとか・・・裏を感じるところ・・・
戦姫2人は自分が隣じゃないのが不満だったみたいだし・・・

さらに国王から深く感謝され、ティグルエレンにしている借金も
国の英雄のためだからと国から出してもらえるように。
ただし捕虜期間である3年間はティグルエレンの元へ・・・

ティグルの心配事だったアルサスの領地はエレンレギンの共同管理で
国交のための道を切り開く工事を目的としていたエレンにとっては
それもまた良い状況だったみたい。

まぁエレンティグルを3年の間に篭絡して返す気はないみたいだけどね・・・
レギンレギンで明らかに彼が3年ジスタードってのは不満みたいだし
国王はティグル『月光の騎士(リュミエール)』の称号を授与

この称号はほとんど名誉称号みたいなもので今まで誰が授与したかも
定かではないくらいマイナーなものらしいんだけど
宰相と国王は前にその称号を得た騎士は王の娘と結婚して新しい王となった事を
知っていたみたい・・・ティグルさん・・・なんか外堀埋められてる・・・

国王は戦争の混乱に乗じてレギンを後継者に指名
さらに色々と指示をだしティグル達へ感謝し・・・そして数日後死亡

ブリューヌブリューヌで・・・違う意味で色々大変そうな感じ

逃げ延びたガヌロン公爵グレアストはどこでも移動できる竜具『虚影エザンディス』を持つ
ヴァレンティナと合流してジスタードに潜伏する事になったし
彼女自身の目的も不明で・・・怖い所・・・

この女性・・・何気にティグルの寝所に侵入してほっぺた突付いて
その際にティグルが動いて胸触られてと・・・変なフラグ立ててたけど
イマイチ目的や真意がわからない・・・ティグル個人には害意はない感じだけど・・・
どうなんだろうか・・・

レギンティッタと仲良くなった・・・ティグルの話を色々聞いたりとしてたけど
アピールって点ではちょっと足りないかな・・・まぁ王女だからね・・・仕方ないけど
ティッタももうちょっと頑張らないと危ない感じ・・・

最近じゃ彼女より身近にいるのがリムになってきてるからな・・・
彼女は彼女でぶっちゃけ過保護ってくらいティグルに尽くしてる感じがあるし・・・

何気に前回登場のエリザヴェータも今後のお近づきに・・・と戦いのときに
物資を送ったりしてきてたし・・・

ティグルさん・・・色々な意味でパネェ!?

そして次回からは舞台はジスタード・・・さてどうなるか・・・楽しみ

最後に一文。

ティグルのセリフ

彼の真意を尋ねた宰相に彼が返したセリフ

捕虜になり国に見捨てられ、それでも領地を守るために
敵国の兵を引き入れて領地を襲った大貴族の部隊を撃退
その後は兵力を集め、その貴族と戦いつつも別の敵国の侵略とも戦い
そして今、敵である大貴族も倒せる位置にいたティグル

レギンをも助けて・・・これで彼はその後なにを望むのか・・・
野心は・・・策略は・・・大貴族2人に取って代わる気なのか・・・
と考えていた宰相に対してこのセリフ

え?

ってなるよね・・・普通・・・
しかもロランから預かっていたデュランダルに関しても
すぐに返還するという徹底ぷり・・・そりゃ呆然となるよね・・・

王都で貴族達と色々と策略をやりあって生きてきた人からしたら
何?このまったく無欲な青年?今の状況なら多少以上のワガママ言っても
良いところだよ!?ってか普通なにか要求するだろ!?
しかも戦い終わった後、捕虜だからちゃんとジスタード行くって・・・どんだけ!?

って感じだよね・・・って事でコレで・・・
ティグル・・・もうちょっと・・・欲持った方がいいよね・・・

「いえ。アルサスの安全か確保できたら、
 捕虜待遇でジスタードへ」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉5 (MF文庫J)魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉5
(MF文庫J)

(2012/08/23)
川口士

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

そして、少年は大きくなっていく【魔弾の王と戦姫5 (MF文庫J)】

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉5 (MF文庫J)(2012/08/23)川口士商品詳細を見る 類まれなる弓の才覚をもつも 弓が軽んじられる国故に 辺境の若輩領主にすぎなかった 16歳の少年ティグル ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。