スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒の夜刀神 3.たりないものたちの鎮魂歌

あらすじ

月皎柊を元の人間へ戻す事ができるかもしれない。
わずかな望みを胸に、白毀廻は月皎志刃の行方を探っていた。

とは言っても、リチャード達に助けを求めたり、
ストリート・チルドレンに追いかけられたりとダメダメなのだが・・・。

やがてカイが真実に近づいた時、
志刃の刺客としてクラスメイト、イーシャ・バレンタインが彼の前に立ちふさがった!?

「ボクは、キミを助けたいんだ。キミがボクを助けてくれたように―」

カイとシュウとイーシャ、それぞれの想いと覚悟が激しく交錯する!
異能アクション・ファンタジー、クライマックス。

感想

黒の夜刀神の3巻

表紙は・・・かな?
そして今回が・・・

最終巻です!

えぇー・・・・って感じです・・・残念です・・・
まぁそこは置いておいて・・・感想を・・・

今回は最後って事で色々な謎が明かされていきます・・・

まずはイーシャ・・・四強契約者『朧』である彼女
彼女はの敵であるの兄である志刃を兄と慕っているんだけど
それは契約の代償でそれまでの記憶を失った彼女を今まで育ててくれたから・・・
一種の刷り込みに近いものであり・・・それゆえに人間が嫌いなイーシャ
彼だけは裏切れない・・・そんな関係

だけど前回の話で志刃に黙って事件を引き起こしたアルマを救い、
に優しくされれば照れて・・・そしてから友達発言されれば戸惑う・・・
そんな普通の女の子な面もあり・・・そしての存在が徐々に・・・
志刃よりも大きなものになっていった感じ・・・

特には前回彼女が目の前で殺されるシーンを見て
彼女が自分にとってどれだけ大切な『友人』であるかを理解したせいか
ほどではないけど・・・彼女を守りたいとは思えるようになっていて
もしもの時は一緒に逃げよう・・・なんて前向きだか後ろ向きだか
わからないセリフを言っていたし・・・は完全に彼女を友達認定

そのいっぽうで志刃志刃で彼女の事なんて実質どうでもよくて・・・
自分の『夜刀神』であるを完成させるために契約者の能力を奪う得る為・・・
そして四強の中でに最も相性がよさそうなイーシャの・・・『朧』の能力を
得させる為にイーシャを喰らわせようと画策していたわけで・・・
ぶっちゃけこっちの関係は完全に駄目だったわけですが・・・

その一方でを人間に戻せるかも・・・こそがの本来の体では?
と考えて彼女を探し始め・・・ストリートチルドレンに接触して
人探しが得意という人物を探す事に・・・そして登場したのが

最悪の四強・契約者『鳳』アイシャ

見たものを灰化するという・・・どんなチートだよという能力を持つ契約者
本人はちょっと天然でドジな女の子なんですけどね・・・
制御できないから始末に終えない・・・目隠ししていても・・・
能力の上澄みである千里眼で遠くを見渡せるわけですし・・・
彼女に接触したイーシャはその力を存分実感する事になり
さらにそこにカナメが登場・・・1巻でに絶望に追いやられたジュドーを
追いかけてきてんですが・・・この時点での四強が揃い踏みすることに・・・

最恐の契約者 『夜刀神』 廻
最強の契約者 『東方不敗』 カナメ
最凶の契約者 『朧』 イーシャ
最悪の契約者 『鳳』 アイシャ


うーん・・・ある意味相関ですね・・・前作であるマルクシリーズでも
4人揃う事はなかったですから・・・まぁ主人公がイーシャの後任で
カナメアイシャと共に同じ屋敷で働いていた上に元四強もいたりして・・・
ちょっとカオスな屋敷でしたけどね・・・主人は最強の精霊と契約してましたし・・・

ちなみにジュドー・・・この場で最後の自動人形を壊されて完全に消沈
この人の作品のいつものパターンで妙に改心・・・っていうか
事情を聞いてみるとこの人は志刃に奪われたものを奪い返す為に動いていたのに
のせいで技術も奪われプライドずたずた・・・という目に・・・
あーうん・・・色々と言い訳できない事もしてるけど・・・も大概だからね・・・
なにせこいつ・・・相手を破滅させる事前提で動くから・・・

ジュドーからはと・・・そしてに使われている『あわせ鏡』の情報を聞き
が死んでいる可能性、生きている可能性、鏡に魂を宿されている可能性など
良い事と悪い事・・・両方を聞き・・・そしてもう2つ・・・
志刃が実家である月皎を・・・そしての家・・・白毀を襲ったのも彼だと知る

白毀については子供のと戦って負けた事を気にしていて
海外で得た技術の集大成で襲ったけどが暴走して敗北

その状況で月皎に帰ったら父親が白毀を襲った事に激怒
しかたなく皆殺しって事らしい・・・

完全に狂ってるわ・・・コイツ・・・

はこの時点でイーシャに自分が彼女が契約者である事を知っている事
隠すのは当たり前だから気にしていない事・・・なぜなら友達だからと伝えて
ちゃくちゃくとフラグを立てていたんだけど
アイシャの居場所を探してもらい・・・彼女がと一緒にいる事を知ると
イーシャには目もくれず助けに飛び出すという・・・なんとも女心がわからないやつです・・・

志刃に襲われ前回の事件でと出会った事で徐々に能力による擬態・・・
人形の体を人間のように見せる力が失われつつあり、さらに今回は鏡同士の共振で
ついに志刃の目的だったものを・・・月帝眼すらコピーされてしまう事に・・・

人間をベースにした究極の自動人形
契約者としての異能
未来を予測する月帝眼


これら全てを兼ね備えたのが志刃が目指す『夜刀神』の完成形
ここにきてかなり感性に近づく事に・・・

は戦うけど苦戦、彼女を保護する為に駆けつけたリチャードドム
2人の契約者のおかげで逃げる事はできたけど・・・ドムは2人を逃がす為に残り
に力を奪われる事になり死亡・・・この人・・・めっさ良い人や・・・

リチャード『神風』って有名な契約者・・・だけど彼が有名なのは
ドムっていうの下の力持ちがいたから・・・だからこそ彼の死は悲しいですね

その後、入れ替わりで達が現れ・・・志刃と対峙・・・
彼の狂気のさらなる一端を知る事に・・・

人体は最高の素材、だからそこから材料取ればいい!

怖いわー・・・この人・・・マジ怖いわ・・・
才能を認められていたけど、6歳のに敗北
さらに妹が自分以上の才能を見せ始め・・・そしてその妹は
自分が敗北したを一蹴して見せた・・・
確かにまぁ・・・プライドとかボロボロだろうけど・・・それでもね・・・

の体は人形に人間の肉体を被せたもの・・・
はそれを聞いて激怒・・・仮面を取り出して『夜刀神』の力を
使おうとしたんだけど・・・仮面は奪われる事に・・・

避難していたから彼女の魂が宿った鏡を奪い
その場に現れた『朧』・・・イーシャの手によって・・・

ここでか・・・せつねー

カナメはそれでも戦いイーシャの能力を破ってダメージを与えたけど
困惑と仮面を奪われた事では戦えず逃げられてしまう事に・・・
その後、は動かなくなった・・・人形のを見て絶望するんだけど
が手に握っていた紙片を見て・・・希望を取り戻す事に・・・

イーシャからの呼び出し・・・そうきたか・・・

イーシャは自分の能力で志刃に鏡を受け取ったと思い込ませ
本物の鏡は自分が持ち、を呼び出した・・・
ぶっちゃけこの行為そのものがすでに彼女が誰の味方なのかを
現している感じがありますね・・・

イーシャとの会話で自分の正体を話しても友人として接し
そして自分が何を求めているか、どうすればいいかをに諭されていて
に助けを求めろと言われ、志刃に奪われるくらいならイーシャに・・・と
自身の意志で鏡を託されていた。

だけどあっさりとに助けを求められるほど彼女は素直ではなく・・・
そして友達を・・・の魂を兄と慕っている相手であろうと渡せなかった。
だからせめての手で殺されて、彼に鏡を・・・と思ったみたいなんだけど・・・
やっぱりそれと同じくらい救って欲しいって気持ちの間で迷っていたみたい

廻・・・駄目だコイツ・・・

問題はですね・・・イーシャが自分より弱いと考えていたせいで苦戦
彼女の能力は感覚全てを騙す幻覚という・・・とんでもないものに加え
彼女自身の体術も達人レベル・・・は彼女を捉えることができず
持ち前の臆病さから・・・諦めかけるけどイーシャは幻覚で彼の家族を・・・
殺された人々の姿を見せ挑発した結果・・・暴走

ブチギレテ暴れる事に・・・こいつ・・・こんなんばっかだ・・・
この状態のは流石にイーシャも苦戦
だけどまるでなにかに縋るように暴れるの姿にイーシャは彼を止める方法に気付き

キス

の暴走は癇癪みたいなもので・・・慰めてあげればおさまる・・・ガキか!?
まぁキスで困惑して正気に戻ったりと・・・マジでおさまりましたけどね・・

その後、破壊された瓦礫でイーシャがピンチになりがそれを助けたりと
直前まで戦っていたとは思えない感じで助けあったりしていたけど・・・
結局・・・イーシャがした事に対してどんなに怒っていたとしても
心のそこで彼女を守りたい相手だと考えていたから・・・
いや・・・イーシャにとっては・・・なんとも複雑な状況ですよね・・・

ぶっちゃけこれがいなければ最優先はイーシャってくらいは彼女を大切にしてる
だけどがいて・・・イーシャにとってもはや大切な友人

それでも自分の怪我を心配してモタモタしているを叱咤して
鏡をの元へと彼に託して、自分はここで待っているからと
先に行かせたイーシャは格好良い女性ですね・・・

まぁ・・・その決断が・・・悲劇を生むわけですけどね・・・
カナメに受けた傷、そしてと戦って受けた傷、さらに瓦礫の直撃を受けた傷
どれも厳しいけどイーシャ自身は死ぬ気はなかった・・・
だけどそこに彼女の力を手に入れようとする志刃が現れ・・・喰われる事に

えぇー・・・それは・・・キツイワー・・・

ただその行動は・・・『夜刀神』の逆鱗に触れる行動なんですよね・・・
の鏡を学園の教師に託し、志刃からそれを伝えられ攻撃

『朧』の能力まで得たには対応できない・・・と思われたけど対応
今までの怒りにまかせた力任せの攻撃ではなく・・・理性を持って
自身が持つ武術の技で・・・技術を持って相手を破壊する戦い方

暴走するのはキスをしてまで止めてくれたイーシャの想いを無駄にする事だから
だからこそはもう仮面がなくても・・・暴走せずに戦える
それがイーシャの為になるから・・・

どんだけ影響受けてるの!?

前作もそうだけど・・・主人公にとって欠かせない2人のヒロインって
構図は・・・切ない結果が待っているけど言い感じ・・・

ただが自動人形であるだけではなく・・・操り人形
本来の月皎家が操るそれでもあり・・・志刃が彼女を操る事で
単体ではできない動きやの予測を超える攻撃を繰り出してきて苦戦
どうなるのか・・・と思っていたら・・・

『だから、いっしょに戦おう』

が駆けつけ・・・自身が契約の代価は『勇気』だと思っていたのは勘違いで
彼が失ったのは『平常心』であり、だからこそ怒りだろうと恐怖だろうと・・・
つねに振り切れた状態で現れてしまう・・・そしてだからこそ
昔の・・・冷静な彼のように戦う事はできない。

でもだからこそそんな彼をが助けると宣言し
もまた人形の体で苦労する彼女を助けると改めて誓い
共に戦う事を決意。

完全に冷静な判断というものが不可能である
月帝眼を持つが操り人形の要領で操り戦う・・・

夜刀神 × 夜刀神

これは・・・強い・・・
まずお互いへの信頼が絶大では体の操作をに任せ
ただ戦う事と能力の発動に集中
幻覚能力も月帝眼と客観的に外から見ているには効かず破り圧倒

最後は2人が別々に動き、志刃を狙って動いたのを見て
自我があるからこそとっさに志刃を守ろうと動いてしまった
が迫っているのを見て戦うように命じてしまった志刃

操り手と操られる側の意志がばらばらになってしまった事・・・
それがこの2人の敗因となる事に・・・

志刃に殴り飛ばされ、に心臓を貫かれ停止・・・これにて決着。

残りはエピローグ・・・

物語の終結・・・物語の始まり・・・

エピローグでは色々な出来事が・・・

カナメが街をでる・・・というのでいそいで見送りに行く
は途中でスリにあるんだけど・・・その相手は前作の主人公マルク
時間的には彼が契約者になった直後くらいですね・・・

さらにカナメカナメ契約者ではない男と戦って苦戦した・・・って話をしていて
それは明らかに前作の登場人物であるドミニクであり・・・
はその後、彼と・・・そして彼が連れる少女・・・エルミナとも出会ってる

彼らも・・・ここが始まりだった模様・・・アイシャジェノバもここにいたしね・・・

そんな前作からの読者へのサービスの他には・・・まぁあまり人死にがでない
この作品らしいというか・・・イーシャの生存も確認されます。

前回の事件でイーシャに密かに救われたアルマ
彼女が志刃に殺されかけていた彼女を救う為にカナメに頼み
カナメはそれを了承した・・・

そんなカナメは引き止めるイーシャを託して去っていったわけで・・・
なんとも切ない別れです・・・では結局彼女が本当に求めていたものは
与えられなかったわけですからね・・・まぁ前作から読んでいれば
彼女にそれが与えられ救われる事は知ってはいるんですが・・・それでもね・・・

ちなみにアルマイーシャの傍にいただけでから警戒され締め上げられ
がそれはやめさせたら『友達』発言をしてきたけど拒絶されたりと
なんかギャグ要員になってましたね・・・まぁ彼女も契約者なので
根本的なところで・・・人とは違うんですが・・・
結局彼女はイーシャを2人に託して再び姿を消す事に・・・
なんだかんだいって・・・今後も手助けしそうな気がしないでもないですが・・・

イーシャは能力を奪われたせいで意識不明で目覚めないけど
は今度は自分が待つと決意を固め・・・
そしてと一緒にいると改めて誓って物語は幕

志刃が逃走した
から回収した鏡が2つでは安定
教官であるノエルが元四強の『神剣』という契約者であること
志刃の本体を研究の素体として持っているかもしれないこと

など伏線はあるんですけどね・・・今回で終了・・・
残念・・・

鏡が2枚とも割れての手から離れ・・・
それがいずれエルミナの手に渡って『空白の契約書』になるらしかったりと
一体その間に何があったんだよ・・・と激しく気になるんだけどね・・・

最後に二文。

選べなかったので2つ
両方とものセリフ

1つ目はから本当の代価が『平常心』だと伝えられたときの会話
いつも容赦がないのはの方なんだけど・・・
スパッと断じたこの時のの言葉はそれ並に容赦がなくて笑ったので

「え・・・あれ?
 それじゃあ俺、心の平穏とかって絶対ないの?」


「うん。ないよ?」

2つ目は2人が一緒に戦うときに共に口にした呪歌
月である月皎と夜である白毀
2つの歌はセットになってるんですよね・・・こうやって並べると・・・

「我は月──夜を束ねし<夜刀神>」
「我は夜──月に傅く<夜刀神>」

「分け身を紡ぎて牙となし-分け身を括りて祟りを撒く」
「分け身となりて牙を鍛え-分け身と走りて罰を与えん」


「我が身は虚ろ-虚構に揺れる彼方の天-届く牙は現世になし」
「我が身は剣-無我の果てに突き立つ鋼-砕けぬ盾は現世になし」


「全ては意のままに-定めのままに」
「全ては命のままに-望みのままに」


「満ちる月の見据えるままに」
「荒ぶる夜の呑み逝くままに」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
黒の夜刀神  3.たりないものたちの鎮魂歌 (富士見ファンタジア文庫)黒の夜刀神
3.たりないものたちの鎮魂歌
(富士見ファンタジア文庫)

(2012/09/20)
手島 史詞

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。