スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬とハサミは使いよう Dog Ears 2

あらすじ

天才作家秋山忍こと夏野霧姫の飼い犬として、
日々読書に勤しむ俺、春海和人。

その妹、円香が高校に合格し、入寮前に夏野家を訪れたのだが――
何でお前らそんなに険悪になってるの? 
そして"エターナル和兄プロジェクト"って何!?『犬は災いの元』、

夏野にある相談をするためやってきた映見。
だがそこに鈴菜が来襲、映見が発する強力な"苛めてオーラ"に戦慄し・・・
ってだからそれ何!? 『千里の犬も一歩から』

他、俺を取り巻く混沌【カオス】な日常を描く、短編集第2弾!

感想

犬とハサミは使いよう Dog Earsの2巻
短編集の2巻ですね。

表紙は主人公、和人の妹である円香
この話から晴れて女子高生・・・ただし手にする『鮪喰・零式』
相変わらず違和感バリバリ・・・っていうかこれ料理に使う巨大な電動包丁なんだぜ!?

そして・・・レシピ本はやっぱりカレーばっかり・・・

さてまぁ色々とツッコミどころは置いておいて・・・短編集なので短編ごとの感想で行きます。

・犬は災いの元

最新刊の後の話・・・まだ姫萩 紅葉がマンションの隣の部屋に
引っ越してくる前・・・そして和人の妹である円香和人が通っていた
高校に受かり入学を控えた時期の話

寮に入る事になる円香がそれまで霧姫の家に泊まることになり
そこでおとずれる騒動の話・・・

お前ら・・・和人、大好きだな・・・

まぁ部屋の片づけで拷問部屋とか・・・気になる点はあったけど
この話の焦点になるのは『選定人語(カ・ディンギル)』

本編最新話で紅葉が使っていた文章を登録した人物の声で読み上げてくれ
多少のノイズはあるとはいえ、ほぼ人間が喋っているのと変わらない・・・という
あいかわらずのトンでもアイテム
これを霧姫が貰ってきていたのが・・・騒動の原因

カディンギル・・・バベルの塔の事で確かあれは神の怒りで破壊され
人々は言語をバラバラにされたせいで散っていった・・・って話があるから
そこから連想して付けられた名前かな?

とりあえずそれに和人の声をインストールして・・・色々喋らせられる事になり
それによって和人がまるで喋ってるみたいと・・・
ブラコンの円香と実はもう将来まで考えちゃってる霧姫の・・・
義理の姉妹対決に発展することに・・・
ちなみに・・・完璧に再現するほどの和人の声のデータですが
円香が持ってました・・・USB数本分・・・

怖い!?わかっちゃいたけど・・・この妹、怖い!?

そしてバトルは2巻の時のあれが再び・・・そう・・・

霧姫&ハサ次郎 VS 円香&鮪喰・零式&鮪喰・無限

という訳でトンでも武器バトルが再び巻き起こりそうに・・・って

なんか増えてる!?

『鮪喰・零式(タイプゼロ)』はかつて霧姫から円香が貰ったもの
そして『鮪喰・無限(アンリミテッド)』はかつて霧姫に破壊された彼女自身のもの
二刀流です・・・

一応それ包丁って体裁だったよね!?

もはや・・・なんてもありの世界です・・・

ちなみに戦いのほうは『選定人語(カ・ディンギル)』を使って戦いを止めようとし
それに挿さっていたUSBをついでに処分しようとしたら円香以外が触ると爆発する・・・
という仕様だったらしく、和人が触れたとたんに爆発

『選定人語(カ・ディンギル)』もろとも木っ端微塵に・・・
円香・・・お前はそんな機能を付けてまで守りたかったのか・・・
明らかに和人の許可や協力を得ずに集めた和人の音声データを・・・

・諸刃の犬

和人霧姫のハサミ・・・ハサ次郎を封印させようという話
時系列的には1月ころなので・・・まだマキシすら登場していない
3巻の事件のちょい後くらいの話ですね。

あまりに暴れすぎてこのままだと姉にハサ次郎を取り上げられるかもという話から始まり
そこから霧姫がいつからハサ次郎を持っているか・・・という過去話になり
そこからじゃあ一時的にでも封印して姉の心象を・・・って流れ

ちなみに霧姫の過去は写真を見ることで振り返るんだけど・・・

赤ん坊の時点ですでに持っていやがる・・・どんな家だ!?

そして・・・持っていない写真は1枚だけ・・・母親に取り上げられた小学校の
入学式の写真・・・霧姫めっちゃ不機嫌な家族写真

霧姫の母親は・・・持っていやがる!姉も!

何を・・・とは言わんよ?ハサミじゃないことは確か・・・
霧姫は父親(ハサミでガレー船を切り裂くで60%あっているらしい)似で
うんまぁ・・・こう・・・絶壁だったり・・・遺伝子って・・・残酷だね。

ちなみに無事説得が完了してハサ次郎を封印させることに成功した和人なんだけど
鈴菜が訪ねてきて・・・それを聞いたとたんいきなり超真面目な編集者に変貌したり
外へ出てみたら晴天という予報だったのに吹雪・・・

街へ出てみれば吹雪の中・・・街の住人達は笑顔で雪遊び・・・

怖いよ!?なんでだよ!?

ここらあたりから・・・どうやら霧姫ハサ次郎を持っていないと・・・という
推測が和人に生まれるんですけど・・・まぁみんな幸せそうだし自分も
斬られる心配がないから・・・と楽観していたんですが・・・

もはやハサ次郎と霧姫は一体!

手ぶらで和人にオシオキしようにも切れなくて・・・不機嫌だった霧姫だけど
ついになにか目覚めちゃったのか・・・無手でも離れた位置にいる和人を切れるように・・・

なんでもありだな!?本当に!?

結局・・・まだ凶器が見えているほうがマシ・・・という事で
ハサ次郎の封印は解かれ・・・天候も回復することに・・・
もうあれだね・・・揃ってないと因果律とか狂っちゃうんだね・・・
なんて恐ろしいコンビなんだ・・・

・千里の犬も一歩から

これもまた3巻の後の話・・・映見霧姫の所で
執筆の為の修行・・・って感じ。

まぁ執筆についてだし・・・主に精神的な・・・

って思いっきり体育会系だよ!?

2キロの万年筆で素振りとか・・・作家はそんな事してんのかよ!?
って感じになってます・・・

そしてメインとなるのはそれですらなく・・・ドMな鈴菜
天然のイジメてオーラを出しているという映見を敵視して色々ちょっかいをかけること。

父親から教わった執筆術(というナニカ)と秋山 忍の模倣という・・・
自分自身というものがない自分の作品に対してどうも自信がもてない映見
しょっちゅう謝ってばかりだったんだけど・・・
なんというか・・・化学変化というか・・・無茶振りというか・・・
鈴菜の存在のおかげで光明が見えることに。

最初は映見を排除したがっていた鈴菜だったけど、霧姫から彼女が作家を目指しているから
原稿を試しに読んで感想を・・・と言われて嫌々ながら・・・明らかにボロクソ言うつもりで
目を通して・・・青褪めることに・・・

彼女は変態ではあっても編集者としては有能・・・あくまで変態だけどね
だからこそ映見が別の出版社からデビューした新進気鋭の作家『藤巻 蛍』である事に
原稿を読んだだけで気付き・・・そして謝罪の為に彼女を追い掛け回す事に・・・
他社の編集長お気に入りの作家に暴言とか・・・下手したら首が飛ぶからね・・・

だけど映見霧姫から変態と聞かされ、いきなり迫ってきた鈴菜におびえ逃走
ついに追い詰められ・・・修行で体力的にも・・・精神的にも限界の彼女は・・・

大沢映見流執筆術一の型 ハーミットセイヴァー

を取得・・・限界に達したとき・・・ついに自分自身の技に目覚めて鈴菜を撃退
彼女は自分だけのはじめての技を会得して・・・多少自信が持てるように。
ちなみに最初は『無尽光撃滅烈覇(ブラストエンドカラミティ)』って名前をつけようとしたけど
将来死にたくなるかもしれないからやめとけと霧姫にやられて今の名前に・・・
どっちにしろ・・・引っ込み思案のわりにアレな名前だよね・・・

さすが作家だ・・・この娘もおかしい・・・

ってあれー?向かってくる相手を撃退する術で作家として自信が作ってどうなの?
っていうかこの作品の作家達って・・・なんであんなに攻撃力高いの・・・
この人たちは一体何と戦ってるんだろうか・・・
某ゲームの5作目にでてきた図書館みたいに本を開くと魔物が・・・じゃなくて
原稿用紙に魔物でもすんでて倒しながら書いてるんだろうか・・・不思議だ。

まぁ・・・おもしろいからいいけどね。

・鬼の犬間に洗濯

霧姫が友達の結婚式に招待されて和人が自由を満喫する話・・・と思ったらホラー

って友達いるんだ!?

でも数少ない・・・って感じらしい・・・

アメリカでラスベガスのホテルで働いている・・・ワールドワイドな友人
アフリカのジャングルの奥地に住んでる・・・ワイルドワイドな友人
さらにはロケットで大気圏を突破してドリルで・・・これはきっと嘘だよね・・

って事で彼女が外出・・・自由に何の気兼ねもなく読書できるぜ
イヤッホー!!って感じの和人

その気持ち、凄くわかる!!

家人がでかけると・・・こう・・・解放された気になります・・・
本とか・・・1人で読むほうが落ち着きますから・・・

だけど・・・・本を読むための環境作りから始めた和人を襲う

霧姫が仕掛けたトラップ・・・はなんとか全部解除

作家・大澤 愁山からの批評・娘である映見の謝罪・呪いのFAX・・・
はFAX用紙が切れたので・・・とりあえずok

おなかがすいたのでご飯を・・・と思ったら用意されていたのは
円香のカレー・・・とりあえず後で霧姫と一緒にという事で封印

窓の外でぶら下がっていた鈴菜は・・・とりあえず排除

これにて本を読める・・・と思ったらカレーのにおい・・・
どうやら床に置いてあるカレーが入ったタッパが空いていた為・・・

さっき棚の奥に封印したのにね・・・(((;゚Д゚)))ガクブル

これ嫌だわ・・・夜とか完全に家に1人のときにふとそういう事を考えてしまい
不安になる事が自分でもあるだけに・・・これは嫌だわ・・・

そして感じる視線・・・(((;゚Д゚)))ガクブル


恐怖で気絶した和人が目を覚ましたとき・・・そこには彼を介抱する
早めに帰ってきた霧姫が・・・

優しい霧姫さん・・・(((;゚Д゚)))ガクブル

だけど翌朝・・・目覚めた和人が朝帰りしたらしい霧姫に聞いてもそんな事実はなく
優しい霧姫なんて夢だよな・・・って話になるんだけど

カレーは全て食べられ、そして和人が色々と設置したものは元通り・・・

あれ・・・どれが夢・・・(((;゚Д゚)))ガクブル

二段構えの夢って・・・マジ怖いよね・・・悪夢だと特に・・・

寝ていたら金縛り・・・目を開いたらベッドの足側の空間から
腕が徐々に近づいてきて・・・目覚める

うわぁ・・・夢か・・・焦ったわ・・・
と横を見ると子供が・・・ギャー

目覚める


とか体験した事ある・・・後から思い出すと夢の時の
シチュエーションが前住んでいた家のベットと家具とかの配置だから
明らかに両方夢なんだけどね・・・目覚めたときの恐怖は洒落にならなかった・・・

・躓く犬も縁の端

円香が高校入学後の話・・・時系列的には一番新しいのかな?

語り部は円香・・・ではなく彼女と寮で同部屋になった奈央
一般的な女子高生・・・といってる彼女だけど
兄が一杯いて・・・なんか誰も只者じゃなさそうな感じがする・・・

そんな彼女と円香の友情・・・そして同じ学年とクラスである
空戸・L・アリシアことアリス

探偵の一族で一人前ととして認められるために
指定された相手を捕まえなくてはいけなくてそれが
この物語の舞台となる街を騒がす『怪盗二面相』

情報提供者として霧姫の姉で現役警察官である夢見がいるみたいだけど
まぁ・・・うん・・・色々残念・・・

学校に潜んでいるという情報を信じて普通に受験して入学
入学式で入学生代表として挨拶のときにいきなり

『この中に犯人がいる』

発言・・・当たり前ですが・・・追い出されました・・・
別の話でライオンを飼育小屋の檻で飼っていたり図書室が地上3階地下4階
という・・・ちょっとおかしな学校だと判明してたんだけど・・・
そこは普通なのね・・・
円香は担任との初ホームルームでは他の生徒が妙な威圧感を感じる中
担任が去った後にいきなり『覇気をぶつけてくるなんて・・・』とか言ってたから
教師陣も・・・なんか色々とアレそうなんだけどね・・・

ちなみに最初彼女は別行動で円香奈央が2人で行動して
円香奈央に本を薦めてそのシリーズの本を探して和人が生前住んでいた部屋へ

そこをアリスが見張っていて・・・奈央『怪盗二面相』だと断言
まぁ・・・もちろん間違っていたし・・・騒いでいたら和人の部屋で騒ぐなと
円香に止められる事になったんだけどね・・・

その後、事情を聞いて情報集めを手伝う事になり
の家である書店に行き・・・アリスに変装した『怪盗二面相』
アリス宛の伝号を残していてアリス憤慨して外へ・・・

円香から映見から図書委員会に誘われた件について聞かれ
悩んでいる様子を見せるけど・・・奈央のセリフで・・・吹っ切れる事に。

その後兄が・・・和人が強盗殺人に巻き込まれて死んだ事
案内した本が一杯の部屋は彼の部屋だった事
そして兄も図書委員会に所属していた事を奈央に話した
それは自分が本が好きだという事を・・・奈央が思い出させてくれたから。
それで図書委員会に入る決意ができたから・・・

この2人は・・・いい感じのコンビになりそう・・・
まぁ・・・円香のアレとかアレは・・・まだ知らないわけですけどね。

そこにさらに隣の部屋だったらしいアリスが自分にはチームが足りないと現れ
円香が友達なんだからちゃんと頼めば・・・といい彼女とも友達になり
3人トリオが完成・・・いい感じです。

まぁ・・・この後・・・親睦を深める為に円香がカレーをご馳走・・・
という流れになったみたいなんですけどね・・・

逃げてー、早く逃げてー

という訳で・・・なんか本編以外でも面白そうな伏線が張られ
今後コレがどう生かされるのか・・・楽しみです。

毎回短編では彼女達の話もしてくれると・・・うれしいな・・・

最後に一文。

奈央のセリフ

図書委員会に入るか悩んでいた円香奈央がかけた言葉。
和人の事とか・・・この時点では知らなかった・・・無知だった。

だけどだからこそ・・・彼女のこの言葉は
素直に奈央円香の言動から思った言葉・・・だからこそ届いたのかな?

「それは、円香が、本を好きだからだよ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
犬とハサミは使いよう Dog Ears 2 (ファミ通文庫)犬とハサミは使いよう
Dog Ears 2
(ファミ通文庫)

(2012/09/29)
更伊俊介

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

>大沢映見流執筆術一の型 ハーミットセイヴァー
たしかFBオンラインのバージョンだとトリシューラだったんですよね…当時既に禁止だったのに…
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。