スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードアート・オンライン プログレッシブ 1

あらすじ

「このゲームはクリア不可能なのよ。
 どこでどんなふうに死のうと、早いか・・・遅いかだけの、違い・・・」

茅場晶彦によるデスゲームが開始されて一ヶ月。
この超難度のVRMMO内で犠牲になったプレイヤーは二千人にも及んだ。

“第一層フロアボス攻略会議”当日。
自身の強化のみを行うと決め“ソロ”として戦うキリトは、会議場に向かう中途で、
最前線では珍しい女性プレイヤーと出会う。

強力なモンスター相手にレイピア一本で戦い続ける彼女は、
あたかも夜空を切り裂く“流星”のようで―。

キリトが“黒の剣士”と呼ばれる契機となったエピソード『星なき夜のアリア』、
さらに“第二層フロアボス”攻略戦にまつわる、
とある少年鍛冶職人の悲哀を描く『儚き剣のロンド』他全三編を収録!

感想

ソードアート・オンラインの新シリーズ

期間限定で作者さんのHPに公開された1層からの順次攻略を描いた作品
73層までやるって事なんだろうか・・・

一応、電撃文庫MAGAZINEに収録されたり、作者さんの同人誌に収録されたりと
文章化はされていて両方とも既読済みなんですけどね・・・
1作目は何気にアニメでやってますしね・・・アスナとの出会いが大分違いましたけど。

とりあえず今回の1巻に収録されるのは3作品・・・1個ずつの感想を書いていこうかと。
その前に一言・・・

分厚いな!?オイ!?

《星なき夜のアリア》

キリトクラインを置いて1人で先に行った後・・・デスゲームが開始されて1ヶ月
未だに1層の攻略すらされていない状況でのキリトアスナの運命の出会いの話。

アスナさん・・・ちょっとヤンでる!?

全然ゲームしないのに・・・たまたまお兄さんが買ったナーヴギアを装着して
ダイブしたら・・・デスゲーム開始・・・え?



家は結構厳しくて・・・勉強遅れるし、時間が立てば経つほど社会復帰が・・・
と宿でひきこもって泣く



全然攻略が進む気配もなく、現実の自分の状況もわからない
もう駄目だ・・・みんな死ぬんだ・・・だけど死ぬなら死ぬで
せめて前のめりで・・・精一杯頑張った末で死んでやる



武器を大量に買い込んでダンジョンでレベリング
休息はダンジョンの安全エリア、武器が壊れたらすぐ交換で
今度はひたすらダンジョンにひきこもる



キリト、なんか凄まじい突きを放つ彼女を発見・・・
あきらかに無理しているのを見て話しかけてしまう。


ってのがアスナの行動と2人の出会い

思いつめすぎだ!?これがのちのち・・・

って感じなくらいです・・・アスナ・・・ちょっとヤバイです・・・
まぁマイクロチップでキリトの心拍数、体温、GPS座標を管理するようになるからね・・・
思い込みというか執着というか・・・この頃からすごかったのね・・・

ただこの時点ではアスナは真の意味で救われないんですけどね・・・
この2人が仲良くなるのは59層の昼寝の一軒だから・・・先は長いな・・

ちなみにこの話では本編では名前しかでてこない情報屋であるアルゴが登場
何気に・・・ベータテスターであり・・・そして”女性”

お前・・・まだいたのか・・・

キリトSAOの世界で実際どんだけフラグ立てたんだろうね・・・
って感じです・・・えぇ・・・
ちなみにアニメでは黒猫団の話ででてきましたね・・・
クリスマスのイベントの情報をキリトに渡したのはおそらく彼女。

そして攻略戦会議

集まったプレイヤーを統率する自称ナイトのディアベル
ベータテスターに憎しみを向け、さらに後々軍で専横を振るう事になるキバオウ
そしてキリトと長い付き合いになるエギル

色々なプレイヤーが登場し、そして一般プレイヤーとベータテスター
確執も明らかに・・・
自身の安全と強化の為に、一般プレイヤーを見捨ててレベリングへ・・・
確かに・・・全員が他のプレイヤーに教授して・・・って方法なら
犠牲者は減っただろうけど・・・オンラインゲームはリソースの奪い合い
全プレイヤーが平均的に・・・なんてやってたら話にならない一面もある。

さらに人間である以上は他者より上に・・・と考えてしまうものもいて
最終的には格差が生まれるんだろうけどね・・・

キバオウは・・・うーん・・・なんだろう・・・
周りのプレイヤーの事を考えてはいるんだろうけど・・・空回りしてる感じ。

その後、キリトアスナとパーティーを組む事になり
さらに風呂がついていると聞いてキリトの部屋でお風呂を借り
さらにさらに・・・キリトの剣をかなりありえない高価で買いたいという
怪しい取引の仲介をしていたアルゴが来て、アスナと鉢合わせたりと・・・

お前、この頃から女難の相とフラグが・・・

って思える展開が・・・ってかキリトのおかげで
微かではあるけどゲーム内の世界を肯定できるようになってきているアスナがいる。
通常ならここから徐々に・・・って感じなんだろうけど
アスナが意識するようになるのは59層・・・疎遠になる時間帯があるって事か・・・

キリトはこの頃からアスナの剣に可能性と希望を見ているし
アスナキリトの剣から色々と学びそれを糧としてる感じ。

そしてボス戦・・・アスナキリトは2人だからボスの取り巻き退治
まぁ二人とも実力者だからメインで取り巻きと戦ってる部隊より凄いという
なんかとんでもない事してたけど・・・

だけどキバオウはいまだ彼に憎しみを向けていて、
キリトベータテスターであること、そしてボスに最後の一撃を与えたものに
与えられるラストアタックボーナスキリトβテスト時代に
取り捲っていた事も知っていた。

そして彼こそがキリトの剣を買い取ろうとしていた相手なんだけど
実はそれすらも仲介で黒幕は別・・・その正体は・・・

ベータテスター・ディアベル

リーダーである彼もまたベータテスターであり、
そしてキリトの事を知っていたから・・・今後リーダーを続ける上で
強力な装備は必要だからと・・・キリトの戦力を削り
そして自分がそれを手に入れようとした・・・

だけど・・・βテストの時とは違うボスのモーションによって
彼は死亡する事になり・・・彼を看取ったキリトにボスを倒してくれと頼み消滅・・・

悪人では・・・なかった・・・

彼は彼なりにベータテスターである事を隠しながらも
みんなの先頭に立ってゲーム攻略に挑み、そして他のプレイヤーに希望を与えようとした
だけど最後の最後・・・油断とそしてラストアタックボーナスへの誘惑によって死んでしまう事に。
うーん・・・もったいないと言うか・・・

その後、ショックを受けるキバオウ達を叱咤してキリトアスナが中心となって戦い
エギルの援護、そしてボスのモーションがキリトが記憶している
βテスト時の別モンスターのスキルモーションと同じだった事による見切りもあり
無事倒す事に成功・・・ラストアタックボーナスキリトが手に入れ
それこそが彼の代名詞ともいえる黒いコートだったわけで・・・

その後、ディアベルの仲間から何故技を知っていたのにディアベルを見捨てたのか
キバオウの仲間からはベータテスターで情報を隠していた・・と詰め寄られ
ベータテスターと一般プレイヤーの確執がこれ以上強くなるのは・・・と心配し
彼は最後の手段を取る事に。

ベータテスターすら見下す悪役を演じる

彼は自分がベータテスターの中でも特に先に進んだプレイヤーで
一般人に毛が生えた程度の普通のベータテスターとは違うといい
それがチートだ・・・という発言を呼び、ベータテスターとチートが組み合わさり
蔑称である『ビーター』という言葉が生まれ自らそれを名乗る事に。

これで・・・完全にソロの道

これから長らく1人で動く事になり・・・そして途中疲れてギルドに入るけど壊滅
待っている未来がわかるだけに・・・きっついなぁ・・・

ただアスナエギルは彼が何をしようとしているか理解していたし
キバオウもとりあえず感謝してはいたので・・・思っていたほど孤独ではないのかも。

アニメだとキリトを責めるのがキバオウに変わってましたけどね・・・

キリトは最後にアスナに誰かに誘われたら仲間になれと助言を与え
さらにゲージの名前の見方さえ知らなかった彼女に自分の名前を見せて別れる事に。

この時点だとアスナキリトを呼び捨てにしてるんで・・・ちょっと新鮮
まぁ次に会ったときには・・・↓↓の話では君付けになってるんですけどね。

《ヒゲの理由》

↑の直後・・・自らビーターを名乗ってベータテスターと一般プレイヤーの仲が
崩れるのを防ぐ為に悪役をしたキリトが1人で2層に降り立ち・・・
別のプレイヤーに追われるアルゴを発見して助ける話。

あぁ・・・つまりフラグ立ててるのね・・・

ちなみに彼女を追っていたプレイヤーは忍者のロールプレイをしているプレイヤーで
アルゴが忍者には必須ともいえるエキストラスキル『体術スキル』
習得する為のクエストの情報を持っていたために追われた。

アルゴは正当な対価にはちゃんと情報をだすけどこの情報だけは・・・と渋り
追い掛け回されていた模様・・・ちなみに相手はござるキャラ・・・語尾がね・・・

っていうかクラインを見捨てた事を悔やみ、1人でレベリングして
さらに1層攻略では悪役を演じたりもして他人と距離を置いていたのに・・・
結局困ってる人がいると助けちゃうんだね・・・この人・・・

まぁ忍者の人もアルゴも同じベータテスターだってのもあるんだろうけど。

ちなみにこの後・・・助けたアルゴには背中に抱きつかれ
さらに彼女がつねに付けている顔の三本ひげのペイントの下の
素顔が見たいというキリトにそれを見せよう・・・という話になって
あれ?これなんか・・・変な雰囲気に・・・となったキリトは急遽
『体術スキル』の情報に変更

ヘタレ・・・チキン・・・いくじなし

ちなみに最後のはアルゴにもぼそっと言われてます・・・
でもそれって素顔を見せていたら・・・っていう意味にもとれる
この天然タラシめ・・・

アルゴの案内でスキル習得クエストを受けられる場所へ案内してもらい
彼女が誰にも話さなかった理由・・・恨まれる可能性があるから・・・
というのを聞いてもなお、剣が破壊された時等に素手でも攻撃できる
『体術スキル』は便利だし、アルゴを恨む事はないといってクエストを受注

習得の為のクエスト内容は・・・

巨大な岩を拳のみで砕け!

アルゴ曰く・・・『それ鬼だよ』・・・って硬さです・・・
キリトは流石にこれは・・・と逃げようとするも習得するまでは取れないペイントを
アルゴ曰く『キリえもん』にみえるペイントを施され・・・結局挑戦する事に。

アルゴβテストでこのクエストを受注して諦めてひげのペイントを消せず
その状態で『鼠のアルゴ』という通称で有名になった情報屋だったので
正式サービスでも宣伝の為に自らペイントをして・・・ってのが
彼女のペイントの正体だったみたい・・・

それにしてもキリえもん・・・www

ちなみにキリトは三日かけて無事岩を破壊して事なきを得たらしい。
それにしても・・・なんつー大変なクエストだ・・・
便利な分・・・内容が過酷って事なんだろうな・・・やっぱり・・・

このスキルなかったらクラディールに襲われた時に死んでたしね・・・
あってよかった『体術スキル』・・・頑張ったな少年・・・

《儚き剣のロンド》

2層攻略の話と平行して起こるゲーム内での詐欺行為の話。

最近始まった某国民的RPGのオンラインゲームでも色々と問題があるみたいですが・・・
ゲーム内のプレイヤーがリアルな人間であるからこそ・・・の問題ですね。

オンラインゲームじゃなきゃイベントでもない限りはお店のキャラに騙されたり
装備を密かにパクられたりはしないもんね・・・

2層で再びアスナと遭遇して・・・一緒に行動する事に

あれ!?ソロの覚悟どうしたの!?

って感じですが・・・まぁ将来の嫁だしね・・・

二人は目の前でプレイヤーの鍛冶屋が他のプレイヤーの武器を
4連続強化失敗して責められているのを目撃
キリトアスナも強化を頼もうとしていたけど、確率を上げる為に
素材をもうちょっと・・・というキリトの提案で素材集めへ・・・

この時点で努力家・・・というか目標を定めると一気に邁進するアスナ
MMOの知識をかなり蓄えてきている感じ。
さらに圧倒的な剣の正確さと剣速はすでにキリトを超えていて
空を飛ぶ蜂形モンスターにクリティカル連発という・・・とんでもない才能
さすが将来、閃光と呼ばれるだけはあるって事かな?

ちなみにキリトはどっちが先に50匹狩れるか・・・という勝負を
覚えたばかりの『体術スキル』を使ってもなお敗北
デザートをおごる事に・・・デートか?それデートじゃないのか!?
ただデザートを食べて笑顔になるアスナを見て大金を散財したけど
まぁいいか・・・となっていたから・・・めっちゃ意識してるよね・・・

その後、デザートに幸運値をブーストする効果があったので
適用されるかわからないけどどうせなら・・・とアスナの武器強化へ

何気にアスナ・・・不安だったのかキリトの指を握って
貴方の幸運も・・・とか言ってたけど、手を握るのはそういう仲じゃない!
との事・・・いや、あのさ・・・十分意識してるぞ?それ・・・

失敗・・・しかも破壊・・・

強化はまさかの失敗・・・しかもβテストではなかったはずの
失敗による武器の破壊というキリトも知らない最悪の形で・・・

キリトは謝る鍛冶屋・・・ネズハを許しショックで固まるアスナとベンチへ・・・

1層のダンジョンで何本も武器を買い込んでひたすら使い捨てにしていたアスナだけど
キリトにもらい・・・そして剣士として始めて自分の剣だと思えたその剣は
とても大切で・・・心のよりどころにもなっていて・・・かなりのショックだったみたい。

これは・・・ちょっとわかるかも・・・
私自身がゲームで武器とか・・・捨てたりできないタイプなんですよね・・・
特に初期武器・・・なんとなく捨てられずアイテムボックスを圧迫するという・・・
なんでしょうね・・・アレ・・・

キリトも結構そういうのを大事にするタイプらしくて
より強い武器が手に入ったら剣をインゴットにして別の物に・・・
ってタイプらしいです。

ただ傷心のアスナと別れた後、ネズハに感じた違和感を調べる為に尾行
彼と・・・そしてその仲間の怪しい発言を聞き・・・そして起きた出来事を考え
ネズハがした詳しい方法はわからなかったけど、
アスナに所持アイテム全実体化コマンドを実行させ、無事剣を取り戻す事に成功

彼女の泊まっていた部屋に突入し、薄着の彼女の手をとってコマンド操作を指示
さらに実体化したアイテム・・・下着なども含めたその山を探り
無事に実体化した剣を発見・・・だけどね・・・

キリトさん、まじパネェ!?

アスナが殺すべきか・・・と悩んでたけど・・・そりゃ仕方ないよね。
一応感謝の念の方が大きくて許してもらえたけどね。

ここから『強化詐欺』の具体的な方法を探る事と2層攻略が並行的に進行

攻略部隊は1層でキリトを責めたディアベルの仲間のリンド
ベータテスターに怒りを向けるキバオウが二大派閥として台頭
だけど互いに対抗心があるせいでレイドはあまりうまくいっていない感じ。
ただ彼らと同様にレイドに加わっていたもう1つの・・・パーティーが
ネズハの仲間達。

ネズハは武器を客から預かって、それが消滅した・・・と見せかけて
実は自分のアイテムストレージに入れている・・・
強化失敗についても強化が低い別の剣と入れ替える事で
それを取得したりしているみたいで・・・ぶっちゃけ最悪です。

実際に命がかかっているデスゲームで相手の生存率に直接関わる
装備を騙し取るとか・・・一応彼には罪悪感があって
仲間がごり押ししている感じなんだけどね・・・それでも・・・ねぇ?

ただそれで彼が責任を感じて自殺・・・ってのも許されないこと。
プレイヤーの数だけ希望・・・と考えられる世界ですしね。

だけどネズハ・・・Nezhaの本来の呼び方は”ナタク”
他のパーティーメンバーと同じ英雄の名前であり
彼も元々戦闘職希望だった事。

だけど彼はフルダイブ適性に問題があり
フルダイブ中は遠近感がつかめないと言う欠点

さらに謎の男の『できるって事はやってもいい』というふざけたセリフと
今回の強化詐欺の具体的な方法の教授もあって
仲間たちと共に罪に手を染めた・・・という事らしい。

うーん・・・

だけどキリトアスナにばれてやめる事にし、
キリトはそんな彼に『投剣スキル』『体術スキル』が必要な
投擲武器を渡し・・・『鍛冶スキル』を捨てさせ剣士の道を提示

この行動が2層のフロアボス戦・・・βテストでは
取り巻き1体とボス1体という内容だったのに
取り巻き1体、ボス1体・・・と真のボス1体になっていて
真のボスの登場で壊滅の危機に陥っていたキリトの元へ
スキルを習得したネズハが到着し、それが勝利に繋がったわけで・・・
なんていうか・・・良かったのか悪かったのか・・・という感じ。

そして・・・謝罪と・・・仲間

ネズハは戦いの後、自分がしてきた事を告白
しかも彼は仲間のことは話さずに自分だけで責任をとろうとし
彼の詐欺のせいで武器を奪われたプレイヤー、
そしてそのせいで死んだプレイヤーがいるらしい・・・という話がでて
こいつは人殺しだ・・・PKだ・・・と言って彼を責める流れに・・・

だけどそんな雰囲気を変えたのはネズハの・・・
彼の仲間である5人の行動。

ネズハが姿を消し不安を感じながらも、詐欺で得たお金で強化した強力な武具で
攻略に参加して大活躍した5人。
最初はネズハと距離を置いていたけど・・・責められる彼を見て彼らが取った行動は
自分達の罪だと・・・自分達がネズハに詐欺をやらせていたと明かしての謝罪

キリトが最悪の事態として考えていた、ネズハが仲間から切り捨てられるという予測は
いい意味で・・・裏切られる事になりましたね。
ネズハは引け目を感じていたみたいだけど・・・ちゃんと絆があったって事か・・・

彼らは今まで騙し取った武器の弁償、そして自分達の強化された武具のオークション
って事で話はまとまりつるし上げは終了。
死んだプレイヤー・・・ってのもまだ噂段階の話だったみたいだし
めでたしめでたし・・・かな?

『ビーター』だから・・・と心配していたキリトもレイドでは
リンドキバオウも確執はありながらもキリトに一目置いていて
ボス戦前には彼の助言を聞いたり、戦闘中の提案も一応聞いていた・・・
リンドキバオウが対立しているからこそ・・・ってのもあるみたいだけど
本人が思っているほど・・・悪役になってなかったみたい。

ただ何気のこの2層のボス攻略戦・・・

最初の取り巻き1体目はキリトラストアタックボーナス
2体目のボスだと思われていた相手も真のボスが現れて
混乱する中、まずはコイツを・・・と攻撃してキリトラストアタックボーナス

さらにネズハが頑張り、他のプレイヤーも協力して真のボスに挑み
最後のトドメ・・・アスナとの同時攻撃も・・・
アスナラストアタックボーナスを取得していなかったので・・・おそらくキリト

汚い!?さすがキリトさん、汚い!?

別に狙っていたわけじゃないんでしょうけど・・・それでもひでぇ!?
ある意味で・・・強さもまたSAOの世界では正しさの証明の1つだし
それが間違った方向に使われなければいいけど・・・タナボタだなコイツ

次は3層攻略・・・キリト曰く『ここからが本番』らしいけど・・・
さてどんな話のなるのか・・・楽しみです。

ちなみに・・・途中またアルゴアスナの2人がそろう場面があったけど
やっぱり場の空気がなんか変な感じになってた・・・お前ら・・・

そしてネズハ達に詐欺の方法だけ教えて消えた謎の男・・・
やっぱりアイツなのか・・・って予想はあるけど・・・どうだろうね・・・

そしてこのシリーズ・・・1年に1冊だせれば・・・って感じらしいけど
それだと何年かかるの・・って話だよね・・・楽しみだけど

あとがきによると12月にアシリゼーション編の3巻・・・11巻が発売予定らしいので
そちらも楽しみだ・・・あの2人がどんな目に合わされるのか・・・ってのが
かなり鬱だけどね・・・

最後に一文。

アスナのセリフ

本編を読んでいると・・・え!?って感じのセリフ
だけど1層の・・・最初のときは彼女はこんなセリフを言って・・・
そしてゲームの世界そのものに意味を感じていなかった。
そして色々と諦めていた・・・

それがよくわかる一言なのでこれで

「・・・・・・どうせ、みんな死ぬのよ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ソードアート・オンライン プログレッシブ1 (電撃文庫)ソードアート・オンライン
プログレッシブ1
(電撃文庫)

(2012/10/10)
川原礫

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ソードアート・オンライン プログレッシブ1 レビュー

《ソードアート・オンライン》で浮遊城アイン・クラッドを第一層から順に攻略していくという新シリーズ。 正直、それ自体は望んでいましたが、何でこのタイミングでというのが正 ...

ソードアート・オンライン プログレッシブ1巻の感想レビュー(ライトノベル)

電撃文庫のラノベ、『ソードアート・オンライン プログレッシブ1』(川原礫先生原作、abec先生イラスト)が発売中です。 折しもアニメ版がアインクラッド編のクリア=原作1巻

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

物語が開始した時点でキリトさん中学2年だったのか…。
つまり中2でビーター言われたりアルゴにフラグ建てたりしてたんだなぁ。

No title

ラフコフ絡みが待ち遠しいな

No title

本編との整合性を気にして59層までアスナと仲良くなれないのはどうかと。個人的にはそこらへんは改変しちゃってもいいかなと思います。

No title

SAOPまだ読んでないけど、Web掲載あった話か。。。
本編もプログレッシブも次が楽しみでなりませんなぁ。
それにしてもキリトの女性陣攻略スキルェ・・・

25Fと50Fの話は見たいですね。あとは、ラフコフの討伐戦も。攻略組に情報を流した内通者にも登場してほしいです。…ちなみに私は、そいつが誰かも知ってます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。