スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくら荘のペットな彼女 8

あらすじ

「わたしは空太が好きよ」

「ウチな、神田君のことが好き」

生活破綻少女ましろと、声優志望の七海から告白を受けた俺、こと神田空太は、
二人に修学旅行が終わるまでに返事を伝えると約束する―。

そして迎えた北海道への修学旅行。
クラスメイトの繭とやよいの策略で、俺は七海と二人で札幌市内を回ることに。

その翌日には、旅行開始前からましろに頼まれていた取材の約束があり、
旅行中に改めて二人と過ごすことになった俺だったが―!?

変態と天才と凡人が織りなす青春学園ラブコメ、新たな局面を迎える第8弾。

感想

さくら荘のペットな彼女の8巻
表紙はましろ・・・今回はなんか凄くお嬢様っぽい感じでいい。

ついにアニメも始まったこのシリーズ・・・
だけど原作のほうでは結構大変な事になってるわけで・・・さてどうなるのかな?

アニメのほうは思った以上に美咲美咲ぽかったですね・・・ええ・・・
なんていうかこう・・・羨ましいくらい楽しそうな高校生活っぽくてよかったです。
まだ1話しか見てないけどね。

さて本編は修学旅行の話・・・そして空太ましろ七海の恋の決着の話

前回の最後・・・ましろ七海・・・2人の少女から想いを告げられた空太
まぁ薄々勘付いていたし、彼自身も2人への想いがあったんですけど・・・
相手が2人・・・ってのがやっぱり問題だよね・・・

ましろ七海にとってはすでにオンリーワンが決まっていて告白したけど
空太にはまだ2人のどちらの方が好きなのか・・・定まったいないという・・・

空太と同じ凡人であっても夢の為に努力していて
一緒にいると安心できる常識人である七海

天才画家でありながらその道を捨て、漫画家を目指しあっさりデビュー
だけど一般生活における諸々が壊滅的で常識もちょっとやばいけど
とても純真で真っ直ぐに想いを伝えてくるましろ

優柔不断・・・って感じではあるけど・・・やっぱり決めるの難しいよね・・・
読者でしかない私でもどっちのヒロインにも幸せになってほしいけど
どちらかが必ずフラれて・・・悲しむ事になるわけですから・・・恋愛って難しいわぁ・・・

まぁ・・・とりあえず・・・

空太、爆発しろ!!!

これは揺るがない事実だけどね!

開始時のさくら荘の状態としては新入生である2人・・・
おっぱい星人な伊織と穿いてない少女part2こと栞奈の歓迎会

栞奈に3人の様子がおかしい事から、告白の事までバレて変な雰囲気に。
栞奈が微妙に不機嫌だったのは・・・どういう事だろうか・・・

伊織七海が修学旅行後に一般寮に移るって聞いて
さくら荘のおっぱい力がダウンすると凹む通常運転だった・・・うん通常

ただ2人に告白され悩む空太にとっては結構色々と厳しい事が・・・
千尋『勘違い』に気付くように注意され、
からは頑張るように言われたんだけど、から言われた恋人に”なっていく”という事。
それについて考えたときに空太が想像できたのは七海だけ。

七海とは恋人になってからの日常とかデートとか・・・その先も想像できる
だけどましろに対しては・・・なぜかできない。
そして空太は気付いてしまう・・・

ましろへの想いは・・・憧れ?

その状況で・・・舞台は修学旅行・・・北海道へ・・・

ちなみにさくら荘の住人である空太龍之介は班作りもハブられて2人
女子班と合わせて正式な1班になるのも七海とその友達の班としか
合流してもらえず・・・という状況。
ただし・・・龍之介がいつも通り参加しない場合・・・男子1女子3という構成に・・・
なんなの・・・コイツ・・・
まぁ龍之介が参加してくれたのでそういう事にはならんかったけどね・・・

そして修学旅行・・・空太は↑の考えのせいでましろをまともに見れなくなり
微妙な雰囲気になり、さらに龍之介はすぐにホテルに篭り
女性陣も七海空太と行動させようとかなりわざとらしく別行動に・・・
という訳で・・・まずは七海とデート・・・爆発しろ

初々しいなぁ・・・ってなにしてるの、この人達!?

2人の言動はぶっちゃけ初々しいカップルって感じで微笑ましい・・・
もしこの二人が付き合うとしてもこんな感じで順調に絆を深めていくんだろうな
って感じでとてもいい・・・まぁ・・・それも途中で朝、3人を見送った人物が・・・

美咲伊織栞奈を連れて北海道へ・・・
どうやら空太達だけ修学旅行とかズルイ・・・って事で
後輩2人を拉致って連れてきた模様・・・さすが美咲先輩・・・行動力がパネェ・・・

まぁ合流したけどすぐに次の場所に興味を抱いて行っちゃったけどね・・・
この人の行動力だけは・・・ブレないなぁ・・・
との関係が微妙になって落ち込んでいた時はアレだったけど
もはやとは結婚しちゃったからね・・・恐れるものは何もないって感じ?

この後は再び2人で行動し・・・七海の想いにふれ
自分も彼女が好きだという気持ち、そして彼女とならその想いをもっと育んで
恋人に”なっていける”という想いを抱く事に・・・

あれ・・・これは決まっちゃう・・・?

そう思っていた時期がありましたが・・・ここからは・・・

ましろのターン龍之介のターン・・・だと!?

空太が前にゲームの企画審査でお世話になったさくら荘のOBである

和希から新しい企画・・・参加側が開発チームを作りゲームを作成
審査を通ればタイトル審査会を突破すれば開発費が支払われる。
ただし落選したタダ働き・・・というものだけど
学園祭でのみんなで作ったゲームが理想である空太には
かなり興味がある内容だったのでかなり乗り気に・・・

一緒にゲームを作ろうと勧誘した龍之介にも知らせようとしたんだけど
彼は・・・別の修学旅行生2人と・・・中学の同級生だったらしい2人と邂逅
その雰囲気は決して仲がいい・・・って感じではなくどうしたもんか・・・
別れた後も龍之介自身も気にしていない感じのわりに集中できなくなっていて
ゲーム企画の話も彼も協力はしてくれるけど、グラフィックとサウンドの
メンバーも決めなくてはと・・・そこまでで話は終了

さらに龍之介の中学時代の同級生の女の子から
彼とゲームを作るのはやめた方が忠告され、空太は無理と即答したりと
変な感じに・・・

ちなみに他にも風呂で伊織から栞奈の事が気になってしょうがない・・・
という相談をされるけど空太『それって恋愛相談?』って疑問には
おっぱい大好きの自分が絶壁の栞奈なんてないわー・・・と返されるけど
コイツ、絶対に自覚してないだけで惚れてるよね・・・

でも・・・伊織の想いには重大な欠点が・・・

栞奈・・・空太との方にフラグ立ってるよ!?

風呂をでたあと・・・ばったり栞奈と遭遇
眼鏡を忘れてよく見えない彼女に接近されたり、
素顔のほうが可愛いとか言っちゃったり、
売店に売っていたぬいぐるみを空太が買って上げたりと・・・
なんか無駄にフラグ立ててた・・・今それどころじゃねーだろお前は・・・爆発しろ

栞奈はストレスを感じていてやっぱりノーパンだったけど
その原因が『空太が自分にやさしくしたから』って言ってたし
その相手が今別の2人の女性の間で揺れ動いてりゃ・・・そりゃストレス溜まるわ・・・
っていうかどうすんだよ・・・この後輩・・・明らかに芽はないけど・・・
伊織とは・・・今のままじゃ難しそうだしなぁ・・・
美咲空太達と同じホテルのロイヤルデラックススイートをとったけど
一緒は嫌だと伊織は追い出されて空太の部屋で寝起きしてたし・・・

ただ伊織の音楽的才能は確かなもので・・・空太の参加するゲーム企画の
チームのサウンド担当候補筆頭は間違いなくコイツ・・・

そしてここからがようやく・・・本当に・・・

ましろのターン!

ましろは化粧をして、服装もばっちり決めて・・・旅行前に約束していた
小樽の取材に空太と共に行く事に・・・

だけど空太は彼女のそんな可愛らしい姿を褒められないし
手を繋ぎたいといっても繋げない・・・

何故なら・・・まだ答えを出していないから・・・

ましろにとってそれは何よりも辛い事だし・・・ショックだった。
彼女は彼女なりに事前に理想の・・・初々しいデートを考えていて
でも結局それはギクシャクしたまま終わり、最後はましろが怒ってしまった。
それはスケッチブックをどこかに忘れたのにそのまま・・・ってくらい
絵を描くことが自然な彼女にはない事をしてしまうくらい。

だけど空太ましろの理不尽さに怒りながらも・・・
スケッチブックを探す為に街中を走り回り・・・そして怒りながらも
ましろのことを考え・・・そして自分の気持ちに向き合うことに。

怒っても呆れても・・・ましろ空太の中にいて
彼女に困らされた思い出とか彼女の無防備さとか・・・
才能におぼれず努力して夢を実現させていく姿とか
そういうものの全てが彼女と過ごしてきた日々と共に空太の中にあって
それは決して『憧れ』なんて一言では言い表せない感情
まぁ・・・つまり何が言いたいかというと・・・

空太はましろ”も”好き

ここにきてようやく空太は二人の女性に惹かれている事を認める事に。
まぁ・・・同時に惹かれるなんてそうそうないだろうからね・・・そりゃ困るわ。
しかもその両方が自分に好意を抱いてくれているわけで・・・

この後、栞奈が発見してくれたスケッチブックを受け取って彼女と会話
彼女から『人を好きになること』について聞かれて空太はそれに答える事で
さらに自分の想いを確かにしていくんだけど・・・
読んでいて思ったのは栞奈もまた自分の想いを確認している感じがしましたね・・・
しかもおそらく・・・空太への・・・きっついわー・・・

そして・・・決着へ・・・

修学旅行最終日にましろ七海・・・二人と待ち合わせして
空太が選んだ相手の下へ行く・・・そう3人で決めて・・・そうする事に。

空太は前日の夜、ずっと迷い・・・そして千尋の助言・・・
彼女が言っていた『勘違い』に気づいた事・・・
自分がどちらか片方を好きだと思っていたという『勘違い』を伝え
自分がどれだけましろ七海を好きなのかを語り
それでも自分は選ぶという事を伝え・・・翌日へ・・・

空太が向かったのは・・・七海の元・・・

自分を好きと言ってくれた彼女に・・・きちんと結論を・・・
彼女を傷つける事を伝える為に・・・

あぁ・・・やっぱりそうなったかぁ・・・

七海空太の姿を見て最初は嬉しがった・・・だけど近づいてくる彼の表情を見て
来た理由を察し・・・そして空太の想いを確認。

美咲から聞いたオーディションに受かった事の報告
そしてましろの元へ早く行くように言った・・・決して涙を流すことなく。
それは空太が去ってから・・・と決めていたように・・・

彼女のこの後の描写がないのは・・・まぁ・・・当然というか・・・
多分・・・せつない描写になっちゃうもんね・・・想像するだけで凹む・・・

なんて・・・良い女・・・

こういう場面があるからこそ・・・複数のヒロインに魅力があって
そして結論がでてしまう作品は・・・せつないなぁ・・・

ファンタジーとかならまだ・・・全員って希望があるけど
現代の学園ラブコメじゃ流石にね・・・

そしてラスト・・・空太ましろの元へ

ましろの全部が好きだから

ましろの良いところも悪いところも全部含めて好き
それが空太の結論・・・七海に会いに行って遅れてしまい
待ち合わせ場所ですれ違い、どうにかましろが祈りを捧げていた教会で再会

空太は彼女に告白し、ましろはそれを受け入れて・・・キス

うーん・・・良かった・・・かな?
七海の一件があるけど・・・これはこれで良い終わり方。

あとがきによるとあと2冊らしいけど・・・どうなるんだろうか・・・
2人の仲にまだ波乱が残っているのか・・・それともまだ問題を抱えているらしい
龍之介の問題が顕在化するのか・・・そこらへんがどうなるのかも楽しみ

ああ・・・あと後輩2人の問題もあったか・・・それにしてもあと2冊・・・
やっぱり作品が終わるって聞くと寂しいなぁ・・・

最後に一文。

今回は色々なセリフがあって候補もいっぱい・・・
だけどあえてセリフではなくあとがきに載っていた一文を上げようかと。

私のコレに対する答えは・・・無理、選べない・・・ですかね。
正直・・・選べる気がしません。
選べた空太を尊敬したいくらいです。

さて・・・みなさんだったらどうしますか?

修学旅行の最終日。
もしあなたが、


一、ましろのもとへ

二、七海のもとへ

と、選択肢を突きつけられたとしたら、
どちらを選びましたか?


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
さくら荘のペットな彼女8 (電撃文庫)さくら荘のペットな彼女8
(電撃文庫)

(2012/10/10)
鴨志田一

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ブログ拝見しました。
私は3巻でギブアップしてしまったのですが、割りと綺麗に纏まりそうなんですね。
しかしやはりというか当然のようにましろでしたか、こういう取捨選択をできる主人公は好感もてますね。
まぁ個人的には迷わず2番なのですが・・・TT

No title

ブログ見ました!
わかりやすくまとめられていて、わかりやすかったです。

私はどちらも選べませんねw

No title

 ブログ、拝見しましたー。
 あらすじ、きれいにまとめられていてわかりやすかったです(^^
 もち、ちゃんと文庫も読みました。

 第三者の視点から選ぶなら1になるんですが・・・、自分がその立場に立たされたとしたら・・・・、選べなかったと思いますほんとに・・・
 あの局面で空太はよく選択できたなぁと思います。
 それだけでもすごいのに、結果による判定じゃなくちゃんと空太自身の言葉で白黒はっきり決着つけたというのが、もう尊敬ですわ・・。
 そして今回、千尋先生もいい先生していたと思います。
 ああいうことをちゃんと教えられる先生というのは貴重ですよねー。

No title

お久しぶりです超合金です

なんか普通に
普通に七海が振られてしまって
もう
なんかもうね本当に

まさかこんな普通に振られるなんてさ
そら泣きますよ ええ泣きますとも

内容は概ね良かったですけど
最後の挿し絵ちょっと手抜いてません^^;?

普通に七海選ぶでしょ
でも作品タイトル的に2を選ぶことはないとわかっているだけに
もうちょっと七海の扱いをどうにかできたんじゃないかと思う
振られるという結末がほぼ決定している七海が空太に惹かれていく過程が切なすぎるし
何よりもすごくいい子だからこそきつい
七海>リサ>常識人の壁>美咲>>>>ましろ
七海が振られたので続刊を見ることはもうないです。

blog拝見させていただきました

七海が振られたのはとてもとてもショックですよねー…
普通に泣きましたよわめきましたよ。
僕の予想ではタイトル的に七海は最終的には振られるにしても今回の告白は七海と結ばれて付き合ったのちそらたのましろへの態度に七海が気付き七海がそらたのことを後押しして最終的にはそらたとましろになるんだと信じていたのでこんなすぐ振られた七海がかわいそうでたまりません

No title

1か2かと言われたら
間違いなく3
龍之介の元へでしょうか
1,2どちらを選んでも厳しい選択・・悲しい泣
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。