スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詠う少女の創楽譜(フルスコア) 5

あらすじ

いよいよ待ちに待った学院祭当日。

学院長から学院内の見回りを任された僕だったが、
明日香とベストカップルコンテストに出場したり、
シルヴィさんや花穂のクラスの出し物を回ったりと、楽しい時間を過ごしていた。

しかし、反歌姫団体による妨害行為により楽しかったはずの学院祭の雰囲気は急転する。
さらに、拍車をかけるようにドイツの宝石歌姫・ナスターシャらの襲撃を受ける。
その襲撃を首謀したのは僕と明日香がよく知る人物で・・・!?

歌の想いが世界を変える、スタイリッシュ学園アクション第五弾

感想

詠う少女の創楽譜の5巻

表紙はついに登場・・・神楽特区・カンタトリス音楽院の学園長にして
『宝石歌姫』でもある詩乃です。

お姉さんキャラで基本下ネタで主人公であるタケルをからかう感じながら
まだ19歳で・・・自分でお礼と称して温泉で全裸を見せた時はめっちゃ照れてた可愛い人

ついに詩乃回か!

そんな感じだったんですが・・・確かに彼女中心と言っても問題ない話でしたけど・・・

オウッ!?シリアスやんか!?

まぁ前回の話の最後に彼女がつぶやいていた事・・・

タケルとその妹で日本の『宝石歌姫』でもある明日香の母親
ヒミコを殺したのが彼女であるっぽい発言をしていたんで気になってはいたんですが・・・

お、重い!?この人の過去がめっちゃ重い!?

自分を庇ったせいで母が死んでしまったタケル
血の繋がった兄を愛してしまってる明日香
親友が不治の病でその為に一生懸命努力する花穂
姉が優秀すぎてうまく周りになじめなかったシルヴィ

といった感じで主要キャラはそれぞれ何かしら抱えていて
それに伴うあれやこれやに巻き込まれてきたんですが・・・
詩乃が抱えていた過去、そして今回の結末は・・・オイオイって感じですね・・・

恵まれた家に生まれ、優秀であったゆえに親の引いたレールから
外れる意義も見出せずに生きていたけど・・・
魔法の出現で自分にできないかもしれない事を見つけのめりこみ。
そしてその先駆者であったヒミコに出会い、憧れた・・・
でもその期待に応える為にドイツへ留学へ行き・・・
そこで行われていたのは『歌姫』に対する人体実験・・・それも精神面のもので
洗脳や薬で人格を消す事で均一の性能を持った兵器としての『歌姫』を作っていて
彼女はそれの実験体に使われ・・・彼女が次に自我を取り戻したのは
ドイツの『宝石歌姫』である『虚飾のナスターシャ』として戦場に立ち
彼女に致命傷を与えられながらも最後の力で詩乃の彼女の頭を撫で
言葉をかけてくれたヒミコの前・・・『お姉さま』と呼んで慕っていた相手をこの手で
傷つけた時だったという・・・

酷いな・・・オイ・・・

その後は、ヒミコの意志を継いで戦争を止める事に従事し
『歌姫』を戦争利用させないようにと神楽特区の設立などに頑張ってきた・・・

こ、この娘・・・頑張りすぎだ・・・なのに・・・

ここまで頑張って状況を整え、
後に続く『歌姫』達が学んで巣立っていける学園を作ったのに・・・
結果は・・・

ヒミコにその考えを否定される

という事に・・・

うわぁ・・・キッツイわー・・・

前回、奪われたヒミコの遺体
それを利用した人形・・・であるならばまだ良かった・・・
なのに相手は人形ではなく・・・完全に自我を保ったヒミコ本人

彼女は今の世界の情報を得て、その上で詩乃の気付いたものじゃ駄目だと考え
イタリア・中国・ロシア・ドイツの『宝石歌姫』とその国々の協力を得て
神楽特区を制圧・・・詩乃とも戦い・・・結局最後の最後・・・殺すことができなかった詩乃
ヒミコに敗北し・・・再び仮面を被せられてしまう事に

洗脳され憧れた相手を殺してしまい・・・その意志を継いで努力したら
その相手が蘇ってきて、それじゃ駄目だと駄目だし
叩きのめされて再び洗脳?って状況・・・

なにそれ・・・過酷すぎね?

詩乃に・・・幸福はないんだろうか・・・
何かもう・・・タケルが貰ってあげたほうがいいんじゃないだろうか
明らかにタケルの事だけはかなり意識してますしね・・・

あまりにも悲惨すぎて主人公と幸せになってくれって思ってしまったよ・・・

まぁその主人公は前半の文化祭では・・・

妹である明日香とベストカップルコンテストに出場してブーイング
さらに明日香がナンパされているのを助けて、相手が袖にされて
明日香に『ブス』って言った奴らに可愛いだろうが!と逆ギレ

シルヴィのメイドカフェでは専用メニューが用意されていて
彼女の手作り料理を『あーん』で食べさせてもらい

花穂が疲れている様子だったので休憩室でマッサージで嬌声を上げさせ

タケル、爆発しろ!

と罵られ・・・

後半・・・ヒミコ達の攻撃が始まってからはシルヴィの姉で
フランスの『宝石歌姫』であるメアリーとチューニング(キス)をして
さらにはシルヴィともチューニング(キス)

タケル、爆発しろ!!

なんかもう・・・フラグ乱立してましたけどね・・・

シルヴィにいたってはタケルの演奏でメアリーの得意技である『電子劇場』
単独で発動に成功・・・さらにメアリーがそれに重ねて歌う事で敵を圧倒と・・・
タケルだけの2人の『歌姫』に対する同時演奏をここでも成功させましたね。

メアリー曰く、『歌姫』同士の心を反発させる事なく共鳴させられる存在の模様。
これってあれかな・・・両方ともタケルに惚れてるからとかそんなオチがつきそうな気が・・・

とりあえずタケル明日香は母親が生きていた事は嬉しいけど
彼女の目的・・・新しい技術である『魔法』をもっと役立てる為に
『歌姫』こそが世界を主導する存在に・・・という主張に対立する事にする模様。

4巻までの流れだと『反歌姫団体』が動き出して『歌姫』の立場が悪くなって
それに呼応した問題が・・・ってのを予想してたんですが
予想とは逆に事態が動いたのはビックリしましたね・・・さて・・・どうなる?

それと今回の話でついに『宝石歌姫』が全員登場!

イタリアのモニカは好戦的で炎を使う『宝石歌姫』
イギリスのクレアは冷静沈着な水を使う『宝石歌姫』

中国の貂蝉は元気な女の子って感じの『宝石歌姫』
アメリカのリアーナはお嬢様系で光を使う『宝石歌姫』

ロシアのアナスタシアは幻獣・ドラゴンを呼び出す『宝石歌姫』

って感じですね・・・クレアリアーナメアリー明日香が味方陣営
それ以外&ヒミコ詩乃が敵陣営って事になりそうで全面戦争って感じなんですが・・・

リアーナが残念すぎる!?

この娘の残念さぐあいに逆に可愛く感じてしまった・・・
イラストがないからまだビジュアルがわからないんだが・・・早く知りたい・・・
あまりの残念っぷりに・・・この娘もヒロインになってくれと思わず思うほどだった。
ってかまともな『宝石歌姫』少ないな・・・オイ・・・
とくに味方陣営がもう色々とあれだ・・・クレアに期待するしかないレベル。

まぁ敵陣営も詩乃にBLを教えたのがヒミコっぽかったりするんだが。

さて・・・この状況で話がどう動くのか・・・楽しみです。

最後にセリフ色々・・・

今回はオイ!?ってセリフをいくつかピックアップって形で・・・

最初はメアリー

コスプレコンテストがあると事前に知って気合入れて用意
だけど事件が起きて中止・・・半べそをかきながらのセリフ

「わかってる、私だってフランスの宝石歌姫。
 その辺の判断はちゃんと出来る。
 でも、今日のことはお家に帰ってから
 『絶対に許さないノート』に詳細を記録する。絶対にだ」


次はリアーナ

日本を訪れた貂蝉を待ち伏せして頭が高いと跪くように言うけど
貂蝉が普通に座るでいい?と聞けばok
さらにリアーナも座れと言えば正座で座り、貂蝉がやっぱり立つと言って
いつのまにかリアーナが見下される状況に

しれにも気付かず会話して・・・その中で貂蝉が自分の切り札
歌でロボットを呼び、そのロボットが変形合体ビームも撃つと聞いて興奮
その結果・・・彼女が頭を地面にこすりつけながら偉そうに懇願
貂蝉が思わず踏んでいいかと聞いたら・・・こう返ってきた

「ロボットを見せていただけるなら喜んでっ!」

この後、見せてくれるなら核爆発の歌を見せてあげてもいいとか言い出してた・・・
予想を遥かに超える残念さだったよ・・・うん・・・これが世界ランキング2位か・・・

どんな選考してるんだ!各政府は!?

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
詠う少女の創楽譜5 (MF文庫J)詠う少女の創楽譜5
(MF文庫J)

(2012/10/24)
雨野智晴

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【詠う少女の創楽譜(フ】

あらすじいよいよ待ちに待った学院祭当日。学院長から学院内の見回りを任された僕だったが、明日香とベス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

タケルはそのうち、チューニングした女キャラ全員同時に演奏とか、敵や状況に合わせてタッグを組み替えて演奏とかやりそうですよね。

ついにッ!

遂に5巻来ましたね=
もうウハウハですよっ!
アマゾンが、発売日前日に持ってきてくれたっ!!
やはり、我々の眼に狂いはなかったっ!
イイサクヒンジャナイカー
挿絵の中で、シルヴィ&メアリーが胸熱!!
して、現ドイツの宝石歌姫の中の人は一体?
やはり人形?
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。