スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグダラで眠れ Ⅱ

あらすじ

異教徒最大の鉱山の町カザンに、近々入植があると気づいた錬金術師のクースラとウェランド。
それは、工房のある町グルベッティが戦争の最前線ではなくなることを意味していた。

二人はなんとかカザン入植の波に乗るべく、手柄を立てようと画策する。

そんな時、二人のもとに“伝説の金属ダマスカス鋼”の噂が舞い込んでくる。
どうやら鍛冶屋組合の若き長である少女イリーネが、その金属の秘密を知っているというのだが―。

眠らない錬金術師クースラと白い修道女フェネシスが紡ぐ、
その「先」の世界を目指すファンタジー。
シリーズ第2弾!

感想

マグダラで眠れの2巻
表紙はメインヒロインであるウル・フェネシス
これ1巻読んでない人からしたら思いっきりネタバレだよね・・・

まぁ、猫ミミは至高だから問題ないけどね!!

今回は前回のそのまま続き・・・おそらくほとんど時間が経ってないですね。
前作にあたる『狼と香辛料』は行商だったから結構間に時間が経っていたと
思われますしね。

前回の一件で『呪われた血筋』である半人半獣の少女であるフェネシス
自分の助手として引き取る事にした錬金術士クースラ

錬金術士それぞれの『マグダラの地』・・・夢があり
クースラは『伝説の金属オリハルコンで作った剣でお姫様を守る』って夢があり
そのお姫様役として彼女を選んだって事みたい。

錬金術士にとって『マグダラの地』はなによりも大事なもので
時に命すら担保に危険に飛び込むものであるからこそクースラにとっては
すでにフェネシスはかなり大事な存在になってますね。

まぁ当人としては・・・どういう括りで彼女を見て守るか・・・ってのを決めかねてますが。
その生まれゆえにたやすく『異端』として裁かれる可能性がある彼女だからこそ
守りがいがあるんだけど、女性としてみるか、保護すべき相手としてみるか・・・
ってのをまだ決めていない様子。

ここらへんはこれからなんだろうなぁ・・・って感じでかなり楽しみ

不幸な人生を歩んできたゆえに誰かに依存しやすかったり、
そのくせ素直すぎて人をなかなか疑えなかったり
そしてどこかで自分の人生を妥協というか諦めている感じがあるフェネシスに対して
とりあえず今はちゃんと『目的』を持ち、その為に生きれるように手助けしている感じ。

まぁそういう感じで彼女の面倒を見ている感じではあるけど
決して女性として意識していないわけではないみたいだしね。

フェネシスフェネシスで・・・その素直すぎる部分ゆえに
クースラにからかわれては怒るけど・・・それがちゃんと自分に警戒心を・・・
油断が即命に関わる身であるがゆえの教訓としていると言われて黙ってしまったり
色々と大変な感じ。

まぁ・・・どっからどう読んでも・・・明らかにクースラに懐き始めてますけどね。
っていうか今回の話を読んでいるに・・・依存しはじめているというか・・・

ぶっちゃけ、もう惚れてね?

って感じになってるんですけどね・・・

なんていうか・・・クースラに言われて持とうとした『目的』が
クースラと一緒にいる事なんじゃないかな?とか
今回の一件に深く関わった女性についても・・・なんか思うところがあった感じの反応が・・・

あーもう・・・可愛いな!コンチクショウ!

なんていうかこう・・・もろ猫って感じが・・・
気軽に触ろうとするとキシャーって感じだけど、
放っておいてもいつのまにか近くにいたりと・・・可愛いなー・・・

そして女性関係でももう1人・・・気になる相手が・・・

鍛冶屋組合 組合長代理 イリーネ

金属に魅せられた女性・・・というある意味でクースラと気が合いそうな相手だけど
人妻です・・・まぁ未亡人ですが・・・

さらに錬金術士が所属する『騎士団』からお金を借り入れている職人組合は
基本的に錬金術士に逆らえない感じで立場的にもあまり仲良くなれないし
基本的にイリーネクースラの事がそんなに好きじゃない感じだったので
前回も今回の最初も全然考えてなかったんですが・・・
今回の一件を通してみて・・・もしかして・・・と思う程度に可能性が浮上してますね・・・

今回は事件・・・っていうか次に行く為の布石って感じで
『異端』討伐の最前線の街だからこそ錬金術の研究も資金を自由にさせてもらえると
暗殺の危険を覚悟で来たクースラウェランドがこの街が・・・最前線でなくなると・・・
さらに北の町が陥落してそこが新しい最前線になるという事に気付き
その入植に選ばれる為に『騎士団』に成果を見せよう・・・という話で
前回のような悪意に満ちた話ではなかったので安心して見れたんですが
内容は・・・ダマスカス鋼・・・現実に存在しながら製法がわからないゆえに
伝説の金属と呼ばれる金属の精製にまつわるものになり
それをイリーネが知っていて・・・聞き出そうという流れ。

最終的に亡くなった旦那さんの意志を継いで自分の夢を諦めて
無視していたイリーネを心配した彼女の祖父的存在の頼み
そして彼らが隠していたダマスカス鋼の精製方法は
通常の錬金術士の考え方では・・・自分1人で研究してという
考え方では決して思いつかない・・・
クースラのように擦れてないフェネシスだからこそ気づいた事がヒントになっていて
その結果、クースライリーネを説得してダマスカス鋼を
作ってもらえるようになった所で今回は終了

その過程で結構クースライリーネに乱暴な事をしているんだけど
ぶっちゃけこの2人・・・どっちも金属に魅せられたって感じですからね・・・
まぁそれぞれ鍛冶と錬金で大分違うけど・・・それでも今後なにかありそうな予感

イリーネは未亡人だったけど相手は70歳だったみたいだし
イリーネに意志を継がせたいからこその結婚で財産の継承だったみたいだし
恋愛って意味ではもしかしたらイリーネは初心の可能性もある。
彼女も孤児出身みたいだし・・・なんかあるかも・・・

そのあたりも・・・今後楽しみかも。
なにせイリーネも一緒に次の街へ連れて行くというのが
彼女の祖父的存在が事情を話した時にクースラに頼んだ事であり、
ダマスカス鋼を実際に作れるのは彼女だけだったわけだしね・・・
今後の彼女との関係も楽しみだ・・・それとそれに対するフェネシスの反応も。

最後に一文。

イリーネのセリフ

彼女がクースラに言ったセリフ
夢を追いかけている錬金術士に対して皮肉っぽいセリフで
クースラ自身はそう言えるなら職人としていっぱしだし
世の中の摂理をわかっているって思ったみたいだけど・・・

本当は彼女自身が夢を押し殺していたという・・・
終盤まで読んでようやく本当の意味がわかったので妙に印象に残ったのでこれで。

「夢を追いかけている人間は、良き職人にはなれないもの」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
マグダラで眠れII (電撃文庫)マグダラで眠れII
(電撃文庫)

(2012/10/10)
支倉凍砂

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。