スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トカゲの王Ⅳ-インビジブル・ライト-

あらすじ

自身の目の色を自在に変える、
ただそれだけの偽りの力『リペイント』で、偽りの『王』を演じた五十川石竜子。
彼は、カルト宗教教祖の少女・シラサギを打倒するため、
同じくカルト宗教団体で教祖が不在となった『ニュートラル友の会』の制覇に乗り出した。

カワセミから受け継いだ白装束を纏い、新教祖を名乗って布教に励むトカゲ。
そんな彼の前に、復讐対象であるシラサギがやってくる。
彼女の目的は、トカゲとのデート!?

一方、もう一人の復讐者・殺し屋ナメクジは猪狩友梨乃との奇妙な付き合いに辟易していた。
他人の考えを読む友梨乃に苛立ちを覚え、限界を感じていたそのとき、
『最強の殺し屋』の一人、ミミズが襲来する。

強大な超能力を駆使してナメクジを追い詰めるミミズ。
能力を持たないナメクジは、懸命に逃げようとするが、
その先にデート中の少年少女がいて・・・。

感想

トカゲの王の4巻

今回の表紙は石竜子シラサギですね・・・
ってあれ?この2人・・・特に石竜子からしたらシラサギは天敵のはずなんだが・・・?
って感じの表紙ですね。

まぁ・・・二人とも凄く微妙な超能力を言葉と頭で演出するって共通点はあるんですけどね。
今現在の結果を考えると・・・シラサギが1つ上だったわけですが・・・

前回の最後・・・石竜子カワセミ白ヤギミミズ超能力者の力を借りて
さも自分が凄いかのように大勢の人間の前で演出して対抗できる組織力を手に入れた・・・
巣鴨に錯覚させられたわけだけど・・・さて今回はって話。

作者よ・・・お前ナメクジさんにもっと優しくしろよ!?

うん・・・まぁ・・・石竜子よりも彼女のほうが主役じゃね?ってくらい
最近は話の中心になってる殺し屋・ナメクジこと麻衣

超能力が使えず仲間内で足手まとい扱いされ
1巻の最後にはあっさりと巣鴨の命令で右腕を切り落とされ
彼女への憎しみを糧に日々を生きている女性。

巣鴨への憎しみは常軌を逸していて彼女を前にすれば
それがどんな状況でも狂乱してしまうくらい狂ってしまっていながら
日常生活はそこそこに送れていて、ナイフ捌きはかなり凄く
相手が超能力者なきゃ圧倒ってくらい強い

前回は有名な殺し屋であるトンボを心を読む超能力である
友梨乃の力を借りたとはいえ撃破と大金星って感じで・・・
まったく悪意の欠片もない災厄である巣鴨はもうこいつにまかせていいんじゃね?
って感じではあったんだけど・・・世間は・・・この世界はそんなに甘くなかったみたい。

前回登場したカワセミ白ヤギと共に3強と言われる殺し屋であるミミズ
彼女を殺す依頼が来て・・・今回はカレに狙われる事に。

事前に友梨乃から『人差し指を操る』というミミズの能力を聞いていたけど
タクシー乗車中に運転手の人差し指を砕かれクラッシュで負傷

さらに追撃をくらい人差し指をぐしゃぐしゃにされて激痛
覚悟を決めて人差し指を切り落としたら・・・それが中を飛んで襲ってくる
なるほど・・・確かに『人差し指を操ってる』な・・・

って反則だな!?オイ!?

流石って感じで・・・麻衣さんボロボロ・・・

前回のトンボ超能力じゃなかった・・・正確には圧倒的な生命力が超能力
明らかに致命傷を受けていたのに生きていたみたいでしたしたが倒せた。
だけど超常現象を扱う超能力だととたんにその格差が明らかにって感じですね・・・

この作品の超能力は本当にピンキリで・・・基本的にラノベに出るような派手なものじゃない
だけどそれを殺人に利用すると一気に恐ろしいってものばかりだから・・・怖いですね。

『強制的に右を向かせる』
『目に捉えたものをテレポートさせる(短距離)』


どっちも微妙ですが・・・使い方で人を容易に殺せるわけですしね・・・
でも・・・そこから事態をひっくり返す・・・それが麻衣

ナメクジさん、かっけー・・・狂ってるけど

途中で石竜子シラサギと出会い手当てを受けて、
シラサギから鞄を貰いそれを利用する事でミミズが飛ばしてくる大量の人差し指を封じ
残った少数は体に突き刺さるのを無視して・・・ただ巣鴨への憎しみを糧に突き進む
ほぼ全ての人がミミズの圧勝を疑う事のなかった勝負を紙一重まで縮めた
さすがのミミズも心からの賞賛を与えるほどでした・・・負けたけどね。

大逆転を続けてきた感じの麻衣だったけど、ついに限界が来たみたいですね・・・
ミミズの奥の手で最後の攻撃を防がれ・・・殺されるのを待つ事に・・・
ただ運がいいのか悪いのか・・・うん、きっと悪いんだろうなとは思うけど
話の途中で石竜子やシラサギ、麻衣ミミズが出会った『1号』と呼ばれる
シラサギがしていた超能力の研究の実験体の唯一の成功例で脱走者が
ミミズと出会った事で口封じに動き・・・彼の手でミミズは殺される事に。

超能力じゃなくて車でひき殺したんだけどね!

うん・・・『1号』の能力は時間とか空間とか飛び越えるようなものらしいけど
なんか凄い使い勝手が悪いもので逃げるくらいにしか使えないみたいだからなんだろうけど
最後はひき殺されるって・・・どうなんだろうね・・・

ちなみに・・・麻衣も一緒に引かれたけど体重が軽い事もあって
うまくボンネットの上に乗り、さらに相手の能力に巻き込まれて即死は免れたけど
もうボロボロで瀕死・・・あーついに彼女も使い捨てに・・・と思ったら・・・

えっと・・・喜べネー・・・これ喜べねー

超能力開発の研究所の管理人でシラサギの知人であるある辰野 浅香に救われたけど
完全拘束状態で目を覚まし、3時間そのままだったら左腕を斬り飛ばすと言われ
服薬された事で右腕を斬られた時の幻覚を見せられつつ絶望する羽目に・・・

だけどそれは彼女の可能性を感じての事だったみたいで
シラサギが思いついた最後の手段・・・電話越しに巣鴨が笑っている声を聞かされ・・・

ついに覚醒!

あれー?主人公じゃない方がなんか覚醒しちゃったよ!?
まぁ・・・主人公はすでに能力持ってるけどさ・・・

まだ能力内容は詳しくはわからないけど・・・目覚めちゃいました超能力・・・
なんかこう・・・最後まで無能力で頑張っていって欲しかったんだけど
考えてみたらもう限界だったしね・・・っていうかこの女性・・・運命が過酷すぎる。

覚醒したうえ、シラサギに気に入られたらしい麻衣
さて・・・どうなるのかな?

なにせ彼女が狙う巣鴨は護衛が半端ないうえに、本人が色々と外れてますからね・・・
この作品で一番壊れているのは間違いなく巣鴨だし・・・今後の展開が気になる所。

ちなみに本家主人公の石竜子は上で少し書いたけど
手足となる組織を手に入れて、ちょっとずつシラサギに対抗するための準備をしてたんだけど
シラサギが護衛をつけずに会いにきて・・・そのままデートへ

オイ!?

さらに復讐心を無くさせるとシラサギに胸を触らせられ・・・

オイ!?

彼女の事を考えると復讐の前に胸の感触がぁぁぁ!?
と思いっきり狙い通りの状況に追い込まれた挙げ句、シラサギが襲われた時は
彼女を守った挙げ句に一緒に逃亡・・・

えっと・・・主人公とヒロイン?

マジでこう・・・表紙に二人で並んでいるのに相応しい状況に・・・

いいのか・・・石竜子・・・

人心掌握って点では遥かにシラサギの方が上って感じみたいですね。
ただシラサギシラサギで自分と唯一似た存在。
超能力を持ちながらそれがまったく役に立たないという彼の存在は貴重に思っていて
普通の人より思うところがある感じ・・・あれ?微フラグ立ってる?

自分の過去を知る人間は皆殺し・・・ってくらい苛烈で凶悪な人間なんだけどね・・・
まぁ少なくとも母親は生きていて普通に親交あるみたいだけど・・・
まだまだ彼女の底が見えない感じ。

っていうか石竜子・・・シラサギの事を考えるたびに
胸を揉んだ右手をニギニギしちゃうようになったみたいだけど・・・駄目なんじゃないだろうか。

今回は比較的荒事に巻き込まれなかった石竜子
まぁあくまで比較的であって襲われはしたし、
今回の始まりは巣鴨宅の檻の中だったんだけど・・・まだマシだよね。
今回は重傷を負わなかったうえに最後は組織を拡大させ
自分の力を信者に信じさせるためにも超能力者の協力をって考えていたら
浅香からトンボを売込みされて雇い、
さらに最後は『心を読む』超能力者である友梨乃が雇ってくれと現れたりと
なんかあまりにも順調すぎて後々ひどい事になるんじゃないかって不安になるな・・・

友梨乃麻衣の情報をミミズに流したのでは・・・と麻衣が疑っていた件もあるので
安全できるようなものではないけどね・・・

浅香は作者さんの短編で母親として登場して
誕生日プレゼントが思いつかなかったからと
超能力を故意に発現させる実験に息子を使ってそれをプレゼントにした
マッドな人だから今後も色々とありそうだし

石竜子が探させていた人類の始祖の血筋の末裔・・・
その一つに米原家があり、そこの一人娘が行方不明って話も気になる。
なにせ本名が『米原 麻衣』という超能力覚醒したてのキャラがいますからね。

そしてもう1つ・・・麻衣だけではなく今回はもう1人、力を覚醒させている。
シラサギの本名を前回の話で意図せず知ってしまった少女。

石竜子の同級生で友梨乃こと鹿川 遊里の妹である成実
彼女は石竜子の事を巣鴨に聞くために彼女の家に訪れるという最悪な事をして
そのままカワセミと遭遇・・・シラサギに言われて殺すか連れてくるように言われていた
彼を前に・・・さらにミミズ麻衣を殺す為に起こした事件
それらに巻き込まれた事で兆しがあった能力が覚醒

姉と同じ『心の声が聞こえる』という同じ能力っぽかったけど
それでシラサギの思考を読み取ってしまう逃亡
でも舌を切り取られた挙げ句・・・捕まる事に・・・

巣鴨に関わっちゃ駄目だよ!!

という重大な教訓ですね・・・もう遅いですけど・・・

うーん・・・今回はあれだね・・・石竜子は比較的いい目にあって順調
その分のしわ寄せが他のキャラに一気に降りかかった感じ。

でも両方とも巣鴨が基点という・・・なんて恐ろしい女・・・巣鴨 涼

最後に一文。

巣鴨のセリフ

ミミズ麻衣を狙いタクシーの運転手の人差し指を操作した事で起こった
車の暴走とそれにともなう人身事故とそこから連続して起こった大惨事

成実はその悲惨な光景に声を失い、カワセミも気にしないとはいえ見ていたけど・・・
そんな状況下での巣鴨の一言・・・

殺し屋でもなんでもない・・・ごく一般人の女子高生が・・・この状況でこのセリフ
ゾッとしたのでこれで・・・

「あ、石竜子くんだ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
トカゲの王IV ―インビジブル・ライト― (電撃文庫)トカゲの王IV
-インビジブル・ライト-
(電撃文庫)

(2012/11/09)
入間人間

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

今回もリンクさせていただきました

こんにちは。

巣鴨に関わってはならない、
この世界において最も大切な教訓の一つですね。
巣鴨の心を読んでしまった成実には、どんな声が聞こえたのでしょうか……。

さてさて、次巻以降、どのように物語が展開されていくのでしょう。
底が見えない人物、思惑が読めない人物、覚醒した人物、新たな伏線……続きがきになります。

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。