スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドレッド -ヴァリアント覚醒-

あらすじ

《ハンドレッド》―─それは地球を襲う謎の生命体“サベージ”に対抗できる唯一の武器。

主人公如月ハヤトは、そのハンドレッドを用いる“武芸者”を目指すため、
海上学園都市艦“リトルガーデン”に入学を果たす。

だが―

「会いたかったよ、ハヤトっ!」

「お、お前は一体・・・?」

なぜか自分のことをよく知る(?)ルームメイト、
エミール・クロスフォードに、どこか懐かしい違和感を覚えるハヤト。

さらに入学早々、
学園最強の武芸者《女王》クレア・ハーヴェイから決闘を申し込まれてしまい・・・!?

箕崎 准(ocelot)×大熊猫介(ニトロプラス)がタッグを組んだ
《究極》の学園バトルアクション、ここに開幕!

感想

GA文庫の11月の新刊・・・新シリーズです。

地球を襲う謎の生命体『サベージ』と戦う『ハンドレッド』と呼ばれる武器で戦う
『武芸者(スレイヤー)』を目指す学園が舞台となる物語

まぁ・・・あれだ・・・

学園ハーレムもの・・・

え?説明と全然違くね?とか思うかもしれないけど・・・テンプレ通りの設定で
とても安心して読める感じでした。

まぁハーレムって言うわりには主人公とメインヒロインの絆が
お前らとっととくっ付けよ、相思相愛だしお互いにそこらへん気付いてるよね?
って感じはあるんですけどね。

ラノベらしく主人公が結構モテる外見をしているらしいのに自覚がなかったり
フラグが立っている感じなのに気付かなかったりするんだけど
他の完全無自覚主人公とは違ってメインヒロインが初恋の相手だし
めっちゃ意識している事もあってそういう想いを自覚している所はいいかも。

でもまぁ・・・この物語の場合はメインヒロインの方がもうデレデレ状態なので
主人公がお互いの想いを自覚して上で迫ったらオールokって感じになっちゃいそうで
話の展開もあったもんじゃないだろうけどね・・・

主人公であるハヤトは子供の頃に『サベージ』に襲われ、その時に一緒に居た少女と逃げた
そして少女が『サベージ』に傷つけられ毒のようなものに侵されたときに
傷口から毒を吸う事でそれを防いだんだけど・・・自身にも毒が回り、
さらに何故か後ろから殴られて意識を失い、記憶もはっきりしなくなってしまったんだけど
その毒が・・・『サベージ』の体内のウィルスこそが『ハンドレッド』を操縦する条件であり
他の人間と比べて直接取り込んだハヤトは他の人より適正が高く
命の危機が訪れると防衛本能で力が一気に解放される・・・という感じですね。

たださ・・・それ役得多いよな!?

解放後は力の消耗が激しく・・・とか解放中は凶暴性が増すとかデメリットもあるんだけど
同じ存在・・・ウィルスを直接取り込んだ『ヴァリアント』と呼ばれる存在の
暴走していない状態の粘液を得る事で暴走と消耗を抑えられるわけなんですが
この相手・・・というのがハヤトが助けようとした少女・・・学園で再会する事になった
エミリアであり力を解放してフラフラになったり、暴走しそうになったりするごとに・・・

キスされてます・・・ええ・・・

お互い相手を異性としてめっちゃ意識しているのに・・・ハハハ

ハヤト、爆発しろ!!

ハヤトを助ける為って理由だけじゃなくて明らかにエミリアの方は嬉々としてしてますしね・・・
お前らマジとっととくっ付けよ・・・もうくっ付いてる?爆発しろこの野郎

エミリアエミールという名前で実家から無断で男装して学園に来ていて
変な噂とか・・・どっちが受けでどっちが責め?とか言われてたけど・・・
その程度・・・役得の方が多いよね・・・

エミリア『ヴァリアント』だし本気を出せばハヤト以上に強いし
力の制御もすでにできる上に『ハンドレッド』も特注の特別製という
とんでもないチートキャラなんですけどね。

次にエミールが原因&ハヤトの適正値が高い事で生徒会長で学園最強であるクレア
勝負する事になって・・・つい押し倒してしまって胸を揉んでしまい・・・
さらに彼女と引き分けるという快挙を成し遂げて彼女に意識されるようになり
後半・・・生徒会の選抜メンバーに誘われ、戦場では彼女のピンチをハヤトがお姫様抱っこで救出
エピローグではエミリアの正体を知った事で2人の部屋を別々にして
さらにハヤトのお見舞いに来たときに、ハヤトが体勢を崩して押し倒してしまい・・・キス

アレ・・・怒らない・・・

アレ・・・この人・・・ちょろい?ってくらいハヤトに対する態度がおかしい
ああ・・・うん・・・フラグ立ったんだね・・・ハヤト爆発しろ

ただここまではなんとなく最初の頃からそうなるんじゃないかなーって思ってたんだけど
ハヤトが今回参戦して活躍した戦場で世界的アイドルがコンサートを行なっていて
エピローグの最後でその彼女・・・サクラが自分を助けてくれた男性(ハヤト)に会いたいと
マネージャーに頼み込んでいた所で終了で・・・ヒロインはまだ増えそうな予感

クレアと戦う原因となったのが入学式に遅刻した女生徒2人を退学にしようとしたのを
エミールが非難し、それを原因としてハヤトが決闘って流れになったので
自分達の為に戦ってくれるハヤトって認識ができていたみたいで
決闘の前に応援に来てくれたりしていたんで・・・潜在的なキャラは他にも居そう

まぁ最恐・・・もとい最強は・・・

実の妹であるカレン

ですけどね・・・

体が弱くて、彼女に最新鋭の治療を受けさせるのを条件にハヤトはこの学園に入学していて
昔から色々と面倒を見てきてせいなのかかなり兄大好きな妹。

褒めてほしいときとか、謝罪の時は言葉じゃなくて額にキスを求めるくらい。

ブ、ブラコンだ!?重度のブラコンだ・・・

黒魔術とか占いで兄を占って、女が近くにいる気がする・・・とか
危険な事に巻き込まれそうな気がする・・・とかピンポイントに当てるあたりちょっと怖い。
生徒会長であるクレアに対しても決闘でハヤトが気絶して病院に運ばれたこともあって
凄いこと言ってたし・・・エミリアが男装状態のエミールとして出会っても女性?と疑い
それが晴れてもそっちの趣味?と疑ったりと・・・兄に近づく存在にかなり敏感な感じ。

まぁエミリアは凄いポジティブな子なのでクレアよりは全然
コミュニケーション取れてましたけどね・・・

それにしても・・・1巻にしてメインヒロインとキス3回
別の女性と1回、妹の額に2回キスをしている主人公・・・

リア充、爆発しろ!

まぁそれ以外は両親が『サベージ』の攻撃で死んでから施設で妹と共に暮らし
施設への入金と妹の治療の為に戦場に出ることになる学園に入学したって
彼個人は偉いし好感が持てるキャラなんだけどね・・・

力も求めているけどそれは子供の頃のエミリアを護れなかったことが起因で
誰かを自分の力で護りたいって想いが起因だし・・・めっちゃいい奴。

友人となったほかのキャラや生徒会の他メンバー(女性2名・クレア大好き)との
今後の交流とかも気になるところ。

続くみたいだし絵の感じとか物語の内容も結構好きなので楽しみ。

ただ『サベージ』の存在自体の謎
ハヤトエミリア・・・『ヴァリアント』の謎
エミリアの実家のこと

とか色々と伏線が

最後に一文。

カレンのセリフ

年上の・・・さらに自分が入院している病院がある海上学園都市艦の艦長でもあり
高等部の生徒会長でもあるクレアクレアが言ったセリフ。

入学早々兄と決闘の約束をして、翌日決闘
本気をだしたあげく兄を病院送りにした相手だから印象がいい訳がないんだが・・・
思わず笑ってしまったのでコレで・・・

カレン・・・何気に黒いぞ・・・いや、特徴を思いっきり捉えているけどさ・・・

「会長・・・つまり、このドリルが兄さんを酷い目にあわせた・・・」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ハンドレッド-ヴァリアント覚醒- (GA文庫)ハンドレッド
-ヴァリアント覚醒-
(GA文庫)

(2012/11/15)
箕崎 准

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。